やる夫+まとめ -戦国系-

戦国系やる夫シリーズのまとめを

やる夫で学ぶ柳生一族 その72 慶安御前試合 前編


711 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:31:14 ID:uwRO02aM0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生内膳宗冬(やぎゅう ないぜん むねふゆ)】
             .柳生茂左衛門利方(やぎゅう しげざえもん としかた)
             .柳生七郎兵衛厳包(やぎゅう しちろうべえ としかね)


       / ̄ ̄\
     /  \  / \
     /   (●) (●)ヽ         ._    .柳生内膳家当主、
    .| u   (__人__) |       .//   柳生内膳宗冬です。
    .|      `⌒´  |      .//
    ヽ  u.      /     .//       .兄上が戻られるまで、
    / ヽ        ノヽ  .//       私が頑張らねば…!
    (⌒ヽ、       ィ.ヽ//


     ヽ、              ヽ      ,
   , -― ’   ,  _____     `ー--‐'"/ 
  / , /  /  /: : : : : : : :.|  |   、     /
. /  ,イ ,'   |  ム、-――-..|  |   |    <__     尾張徳川家兵法指南役にして、
 // /.     | l>、ヽ < _,.一|  |   |         .新陰流正統五世、柳生七郎兵衛厳包だ。
.  / /l___   l | ,>、 ー’┤ :|   |   ___ / 
  |// ̄ ̄|/\|`_´ 〈 |:   ̄|_/|   |   `''ー-‐    そこのお前!
,.ー/  ,r'   __\   ` _,  |   |)         この俺と剣術ファイトを一本どうだ!
 / ー、、_   ´_   ̄ヽ三 ―〉  |   ,'   __,..
 {   }  l/ 厂  `'' ┴、  ̄   」 /  、  `ーッ
 ! lヽ/_/ヽ\_l,、    |  / l/ |  |`ー‐ '
 | {\ヽ柳/∠ ヽ _j- '"  / .|/リ
 | ゝ、 .生/. l    〉      |\、
 ヽ、≧('x')≦ /   / `ー- ...._」/ ト、_


      _
    /O \
   .|   °.|
    \,_/
        \
        /  ̄ ̄ ̄ ̄\
       /             \
     /           /   ',       尾張柳生家当主、
      |   u.       =   ',     柳生茂左衛門利方です。
      |      ⊂⊃ 、_,、_, |
.      ',           {_ノ /       七郎、その辺の人を
      '、            /      試合に誘うのはやめなさいっての。
      l三三三三三三三l /⌒)
      / ___     ヽ /

713 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:32:08 ID:uwRO02aM0
>>1からのお願いコーナー】
 毎度お馴染み、今回も次回(その73)の解説役を投票で決めたく。
ルールは以下の通りでアリマス。

 ・ 支援の際、以下の条件を満たすキャラについて名前なりAAなりを挙げて頂いた後、
  集計を行い、投票数が最も多かったキャラを次回の解説役にする。
  (例:支援。○○(キャラ名)とかでOK。作品名もあると更に吉) ※一応、1人1票でお願いします。

 【条件】
 ・ 女性キャラ。または外観が女性のキャラ(女装美少年込み)
 ・ AAが複数ある(できれば20行以下のバストアップAAが3種類以上があると嬉しい)

 既出キャラ有りなので長門なり翠星石なりも投票数次第で再登場可でアリマス。
でもできれば作中の登場人物に割り振り済みのキャラはややこしいのでご勘弁をば。

 ちなみに、票が同数のキャラが複数いた場合、恐縮ですが、その中から>>1が使いやすいキャラを
選ばせていただく所存(AAの使い勝手がいいとか、そのキャラを知ってるとか)。
あと、解説役の相方は>>1が適当にチョイスします。
よろしゅうですー。

【過去、投票で決まった解説役-1】
 その13 : マシロくん(舞-乙HiME)                 ......その32 : 閻魔あい(地獄少女)
 その14 : 渡良瀬準(はぴねす!).                   ..     : 輪入道・骨女・一目連・山童・きくり(地獄少女)
 その15 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)                .その33 : ドロッセル(ファイヤボール)
 その16 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!).        ..     .: ゲデヒトニス(ファイヤボール)&AA色々
 その17 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる)       ..その34 : ゆの(ひだまりスケッチ)
 その18 : 菊地真(THE IDOLM@STER)              ....     .: 宮子・ヒロ・沙英・吉野家先生(ひだまりスケッチ)
 その19 : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣).           ....その35 : 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
 その20 : ドリィ&グラァ(うたわれるもの)             ..      大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
 その21 : 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく).                .その36 : 田中井律(けいおん!)
 その22 : 大佛はずむ(かしまし)                 ......      秋山澪(けいおん!)
 その23 : マコ(みなみけ).                      ....その37 : イカ娘(侵略!イカ娘)
 その24 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目.        .....      諌山黄泉(喰霊-零-)
 その25 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※2回目             その38 : なし
.      : シモン(下妻市非公式マスコット)            ..その39 : 羽衣狐(ぬらりひょんの孫)
 その26 : 藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)            ....      三浦あずさ(THE IDOLM@STER)
.      : 須王環(桜蘭高校ホスト部)              ......その40 : 神代マヤ(世紀末オカルト学院)
 その27 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる) ※2回目        ケンシロウ(北斗の拳)
.      : 菊地真(THE IDOLM@STER) ※2回目         ..その41 : インデックス&上条当麻(とある魔術の禁書目録)
 その28 : ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)       ..      ナージャ・アップルフィールド(明日のナージャ)
 その29 : 草薙素子(攻殻機動隊)                  .その42 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※4回目.
.      : タチコマ(攻殻機動隊)                 ......      渡良瀬準(はぴねす!) ※4回目
 その30 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※3回目           ......その43 : ラミア・ラヴレス(スーパーロボット大戦)
.      : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣) ※2回目      ...      ゆっくり霊夢&魔理沙(東方Project)
 その31 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※3回目          .その44 : 嵐山歩鳥(それでも町は廻っている)
.      : レベッカ宮本(ぱにぽに)                .....      辰野トシ子(それでも町は廻っている)

714 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:32:34 ID:uwRO02aM0
【過去、投票で決まった解説役-2(今回含む)】
 その45 : イカ娘(侵略!イカ娘) ※2回目           ..... その66 : ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)
       キュウべえ(魔法少女まどか☆マギカ)       ....        月影ゆり(ハートキャッチプリキュア)
 その46 : 来海えりか(ハートキャッチプリキュア)        . その67 : 庚夕子(黄昏乙女×アムネジア)
       花咲つぼみ(ハートキャッチプリキュア)        .       佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※9回目
 その47 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※5回目         . その68 : ルーラー(Fate Apocrypha)
       泉こなた(らき☆すた)                          赤セイバー(Fate Extra) ※2回目
 その48 : 秋月涼(THE IDOLM@STER DearlyStars)       . その69 : 天龍(艦隊これくしょん-艦これ)
       秋月律子(THE IDOLM@STER)           ......       龍田(艦隊これくしょん-艦これ)
 その49 : 泉野明(機動警察パトレイバー)           .... その70 : 贄波生煮(めだかボックス)
       シャーロック・シェリンフォード(ミルキィホームズ)         佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※10回目
 その50 : 佐倉杏子(魔法少女まどか☆マギカ)         .. その71 : 呂布(恋)(恋姫無双)
       巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)           ....       三浦あずさ(THE IDOLM@STER) ※2回目
 その51 : セシリア・オルコット(インフィニット・ストラトス)     その72 : 如月千早(THE IDOLM@STER)
       やらない夫                        ....       カリオストロ(グランブルーファンタジー)
 その52 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※6回目         .
       キョン子(涼宮ハルヒの憂鬱@二次創作)      .
 その53 : ヘンゼル(BLACK LAGOON)              .
       グレーテル(BLACK LAGOON)            
 その54 : イカ娘(侵略!イカ娘) ※3回目           .....
       インデックス(とある魔術の禁書目録) ※2回目   
 その55 : ドラゴンキッド(TIGER&BUNNY)            
        暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)       ...
 その56 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※7回目         .
        セイバー(Fate/stay night)               ..
 その57 : ニャル子(這い寄れ!ニャル子さん)        .....
       柳生九兵衛(銀魂)                     .
 その58 : 比良坂初音(アトラク=ナクア)            ...
       綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!) ※2回目  .
 その59 : 邪神モッコス(ゼノサーガフィギュア)        ......
       柏崎星奈(僕は友達が少ない)           ......
 その60 : 長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目       ...
       綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン)          ..
 その61 : みどろさん(涅槃姫みどろ)              .....
       輿水幸子(アイドルマスター シンデレラガールズ)  .
 その62 : 藤乃静留(舞-HIME)                   .
       赤セイバー(Fate Extra)                
 その63 : ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール(ゼロの使い魔)
       タバサ(ゼロの使い魔)
 その64 : イカ娘(侵略!イカ娘) ※4回目
       オリオトライ・真喜子(境界線上のホライゾン)
 その65 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※8回目
        八雲紫(東方)
 外伝6 : 中野梓(けいおん!)




715 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:33:01 ID:uwRO02aM0

【慶安三年(1650)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .義仙    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)   .(主膳/内膳)  (幼名:六丸)   ..|
         (如雲斎)                 .(幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)            |
           |                      .|                ..|               |
           ├────┬────┐        .├─┐               .|               |
          .清厳    .利方     厳包       娘  娘            五郎兵衛            友傳
        .(新左衛門) (茂左衛門) .(七郎兵衛)

716 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:33:33 ID:uwRO02aM0
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~68)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
そして、宗矩の惣目付就任、柳生藩一万石の大名への立身や、
柳生新陰流の全国への広がり、嫡男十兵衛の赦免など好事が続き、
途中、江戸時代最大の一揆「島原の乱」の発生や、次男刑部少輔友矩の夭折など、暗い影がないわけではなかったが、
その剣才を開花させ始めた七郎兵衛厳包を得た尾張柳生家も含め、柳生一族は繁栄の絶頂を迎える。
しかし、寛永という時代が過ぎた後、友である沢庵の入寂を追うように、
柳生一族を繁栄に導いた男、柳生但馬守宗矩も、遂にこの世を去ったのであった。

【第3部(その69~71)のあらすじ】
 宗矩の死後、家光の差配により、十兵衛、宗冬は遺領を相続する。
分知によって、柳生本家は旗本落ちとはなったが、家督相続は認められ、十兵衛は新たな当主となった。
同じ頃、尾張では、宗矩の後を追うように、兵庫助が亡くなる。
流派の道統を厳包へ、家督を利方へとそれぞれ継がせ、己の役目を果たし終えての大往生であった。

 そして、柳生家を継いだ十兵衛は、
将軍家指南役に就くこと、諸侯の列に戻ることを願いつつも、
突然の死によって、その願いを果たせずに亡くなったのである…。

717 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:34:22 ID:uwRO02aM0
 

                        ── 十兵衛の突然の死 ──


                                -‐‐-
                             /       \
                            / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
                           ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.
                           { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }
                           \ :.:::::::::::::::::::::.  /
                             > :::::::::::::::::: <
                           / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
                           /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
                          ./  .:.:.::::::::::::::::::::::::.:.  `、
                         / :; :.:.:::::::::::::::::::::::::.:.
                          :.:l :.:.::::::::::::::::::::::::.:.:  i
                          :.:| :.:.:::::::::::::::::::::::::::.:. | |
                         { .::|  :.::::::::::::::::::::::::::::.:.  |  }
                         ヽ _ク  :.::::::::::::::::::::::::::::.: (r_ ノ
                           |   :.:.::::::::::::::::::::::::.:.: |
                           '.  :.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:  ,
                            、  :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:  /
                            {   ┬---┬  ,′
                            ',  |    |  ,
                               |    |
                             }   |   | {
                            ノ  |   |  ヽ
                            ` ー┘   └一 '


              ── それは当然ながら、柳生家に大きな混乱をもたらした ──

.

718 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:35:10 ID:uwRO02aM0
::::::::::::::::::::/,...:':::/丿:::::://:::、::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
::::::::::::::/-='─´ /:::::://///ノ/:::::ハ::::::::::::j::::、:::::::::::::::::::::::::::::::lヽ,
:::::::::::/    ´ヘ;;;;;;;;;;;;;::::::::::ヽiノ,,/ノ::///::::/ i:ノ|:::,:::,:::::::::::::::::::::::;、 `
::::::::/      //  \;;;;;::::::::`::...,,,、 iノ::::/ ///:/!::|`;:::::::::::::::::::::;:::`:.、
::::::/       iノ/;;´=ィ ;; ;、'ー;;;;;;;:::::::ヽ//,,,,,,,ソ/ノ,,|;/,|::::,:::::::::::::::::l` ̄`
:::::j        "`' ー-`'''''´ーヾ ミヾメ´ ヽ|;;;::::::::::::::::::::,|::ノ!::::::::::::::::::、
::::j          ..::;;;;;;;;;;;;;;;:::...'''\::ヽ  マ´、''_''__¨"`//'ノ:::::::::::::::::::l
::::|         ...:::;;;;;;:::...:::::::::....ヘ ` ';  ;¨::;;''、ミソ`ヾ//:::::::::::::::::::::l
::::|::;;,         '''            |  ';:::;;;;;:::...`''´(:::::::::::::::::::::、/      つい先日、顔を合わせた時は
::::|::;;;;;;;;::..              _...  '''  ';::;;;;;::...  イ:::::::::::/ノi ノ     病の気配などまるで感じなかったんだがな…。
::::j  .::;;;::..            :「 ,  ' ` -./::::...''  /:::::::::::'/ノ
\!    .;:.           ::ゝ、..;;;`i  /i:::.:..   /:::::::::;::::'、         …で、十兵衛殿の遺体の検分は済んだのか?
       .:             ̄´、/¨::::::....  /::::::::::::'、\`_、     
                   _,,.、`::.. _,::::::....  /::::::::::ハ:';\ 
               _,,、ノ ´,´-、_`二、i..::...  /::::::::::/ |:ノ  `
              ;´-ーー¨¨ー─ヽ\:.  /::::::/'、l
;               ...:::、:::_:::: - ,,;..\.\´:::::i、! `、
;;,,              ..:;;;;;;:::::゙   ー、:.... \.\::'、`、
;;;;;`、           ..::::::::::..     `;::.../:::.`、シ:.ヽ
         中坊長兵衛時祐
     (なかぼう ちょうべえ ときすけ)

 十兵衛の突然の死は、流石に公儀も放置出来ず、南都奉行・中坊長兵衛時祐自ら検視にやってきた。

719 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:35:51 ID:uwRO02aM0

 そして、検分の結果 ──

        __] : : : : \: : : : : : : : /
       __7: : /⌒⌒\: : : : : /
        ⌒7: :./       \: : / 、
       .7: : :         V  ‘,
.       __].: :.{      .-―- Y. -- ',
.       ⌒].: .:.|   l        :{     ',          はっ。
____ ._]: :.|  }  气‐tッ-ノ rtッテ 〉        十兵衛様の御遺体に、これといった傷はなく、
. _厂 ̄ \]: :/⌒Y /  ̄彡 ] ¨   〈         .この者たちの証言でも、直前までおかしなことはなかったと…。
 {     / ̄]   {    .-(   .]-   /
 |  ::人__/∧ .{\      ⌒{^   .Y{           ただ、亡くなられる直前、「頭が痛い」とこぼしておられたそうです。
 | :::::://////∧l  .Y ∠二二二]  l.|
 |  ::///////∧.   {       .{  |       ∧
 |  ::////////∧  人⌒ー===┘  }       / ∧
 |   :::/ ̄ ̄]/,}\   ̄ __,,..   /         ///.∧
 |  :::{人___// l.  \    ) /[ ̄ ̄ ̄ ̄人/// ノ
 |  ::::∨///////|    ー―‐彡.| \       ̄ .∧
_人   ∨////./ .| |     :::::::::  }  \        ./ ∧
           南都奉行所同心


  ||  _
  ||/●\    .殿様は、その後、
  ||(;-Д-)  急に倒れられて、それっきりで…。
  ⊂    )
  || ∪∪

  ||  _
  ||/●\    もしかすると、卒中だったかも…。
  ||(;-_-)  殿はよく飲んでおられたモナ…。
  ⊂    )
  || ∪∪


     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |    そうか、ならば…。      |
      ゝ______________,乂

.

720 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:37:49 ID:uwRO02aM0
   /;;;彡ニ、、、;;;;;;;;ミ;;;;;;;、-ー''''";;;;;;、;;;;ソ;;;;;;;;ニヽ、、;;;;;;;;三ミ')、
. 、 |r'/";;;;";;,、-ーー'";;、-'",、-'";;;;;;;;ij i,,;;ii;;;;ヽ、、;;ミミ、シ三ミミ      イ爾 ニ
 ミミ三、、,、'''";;;;彡;;;;";;;;"";;;;;;;;;;/;;j i|}i;;i i;;;t;、、 、;;;ヽヽ、、ミミリ、        イ
  ,,r''""";;;;''"~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;";;; ///;;|;||;||;| |;;;;i;;ヽiii)ハ、;;;;;;;;~'ー-、、ノ     己 イ    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
ヽこ彡彡;;;;;彡";;;;;;;;";;;/;,;;;;;;;"i/;;;;;;;;ツ;;ハ;iii;;;;;;;;;ヽソ;;;f|;;;!;;;;;;;~'-、''"、、ー          l  十兵衛殿は(病で)既に死んでいる.  |
ヽ、;;;レ;;;;;;;、'"";;;;;;;;;;;;;//;;|、;;;;ij;;i;;ヽ;;;;;;;/ij;;;リ;;; ;;;;、ソ;;;;ti;;;;|};;;;~' 、;;;;ノ"    經 チ    .ヽ、________________ ノ
ヽ、;;;;,、-'";;;;,、-';;;;;〈;;t;;/|;;i;;;i~t;i;;;;;';;;;/) );;;;;;;;;;;;;、-'彡jjリ/;;;;;;;;弖"ヽ       ン
  r'";;;;;;;;",,";;;;;;;;;t;;iヽレ;;'キェチヽ;;;;;彡= マ;;ヱモヨニ>ゝ"t;;;;;ミ ミヽ))    死 ス
、,,ゝ;;(/",,/;;;;;;;;;;;;ミヽ""""""~;;;;;;こ''t t~'' 、:::::::;,   |;;;;;;;;;ミ;;;弓
  (j;;彡",,r;;;;;;;;;;;{、    ;;;;;;;;;;;;;;;;;t、,, ア ヽ"  ""  ,/;;;;;|、、;;;;三シ    了 ラ  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 ー''ニ、-'";;;;;;;;;;;;;t::::      ;;;;;;(,、-ヽ,, ノ-);;   '''"};;;;;i ii;;;;;;;爪          |    取り急ぎ、代々の墓所へ葬り、  .|
""フ-ー;;;;;;;ij、;;;;;;;;;;;t:::::     ;;" ;;;"'',,,、-'"      "リ;;;リ、ii;;;iヽメリ         |  このこと、江戸へも早急に伝えよ。 |
彡ア;;;;;;;;;;;;;|:i::r'、;;;;;;;t:::       ,、 ;;、-ー''''、;;     |;;;iソリ;;;;;; }}          .乂_______________ノ
  イア;;、 ';;;t、、-、;;;;;;;t:::::;;r '''' -、 ル'~::::::"~'''':::~'     i;;/ソ;;;;;;;、ヽー'",,,,
  リ'"彡,、-'"ヽゝー- r""'"   ,ヽ::::::::::r '''' - 、  ::"r';;;; i;;;;;;;;;;;ー'彡"
,,,、-=ニ/;;r;r '~:: :::::ノ:ソ;;;;,、==、、ヽt:::::::::::     /;r';;;;;;;:: i;;;;ヽ;;;}}iミ
   i|(,,r'(:: :i:::::::::::::::t;;;;""   ヽiリ:::::::::::::::  ノ ';;;;;;;;;;;::: i;;;;;;ヽ、ソ
 ,r''~~::::::::::;、y::: :::::::iit;;;;,、- ニニ、 ii、:::::::::::::;;、 '";;;;;;;;;;;;;;:: i;;;;;;;;;;;~''' ー-、
ri;(  :::::::、"/::   ::::iii'!;;;;,",,、---、, ii;;t""~;;;;;;;;;;;;;;'" ;;;;;;  i;;;; ;;;;;;;;; リ リ
/ノ;;;::::::::::::::iii:::::   :::iii|;;;;;" '"  t. ii;;ヽ;;;;;;;;;;;;;'"  ;;;;;;:: ;; i;;;;;;;; :::::/ /
:::::::リ:::::: ::::::ii::::    ::iiii{;;;|:: ,,,, ,,、ノ |;;リヽ、;;;;;;;;  ;;;;;;::  ;; };;;;; ;;;;:::::i .リ,,,
:::ヽi:::::  :::ii、:::    iiiii|::::'''~     リ;;;;ノ::::::~ '' -、;;;;;;::  ;;;; i;;;;;;;;;;; ;;| ソ~''、
::::::t、:::   ::iii::::   ;;;;iiiiヽ、,,,,,,,,,,,、-'"/;;;::::    ヽ;;:: ;;;; t;;;;;;;;;;;;ソ j;;;;;;;ヽ
 ::::t、:::   tt:::  ;;;;;;;;;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii";;;;、-'   :::::::  i;:: ;;;;; /;;;、-ー(ソo;;;;;;;ヽ、
  ::::t、:::   :tt::,、- '"ー';;;;;;;;;;;;iii,、- '"   ::::::::::::::::::: リ;  ;;;; ;;r"'"~''"~;;;;;; ;;;;;;;;;;
  ::::t、:::   :::tt、"、-ー''":;、- '" ,,,,,:::::::::::t ヽ::t:::::::;/"  ;;;;;;;i i;;;;::::i:;/~
   :::::t、::;;;;、-ー;;~''ー---r",、 ''"  tヽ;::::::::t リ;;;ii;イ;;;;"、、、、、;;;|.|:::::::iii
t::  ::::::ヽ、;ー''";;;;;;;;;;;;iiiiit ヽ,    ヽji:::::::::ii;;、-' リ;;;;'''"~~~ ソリ::ノiii

 十兵衛は、「病死」と判断され、
この時点での柳生家の菩提寺である中宮寺へ葬られた。
享年44歳、戒名は長岩院殿金甫宗剛大居士。

 そして、この件は江戸へも早々に報告された。

721 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:38:32 ID:uwRO02aM0

 ──江戸、柳生家上屋敷

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

722 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:39:28 ID:uwRO02aM0

              ,. ───────‐ 、
            /   u         \
.          ./   __     __  \
          ,/   /   \  /   \  \
         /    ,    、    ,    、    ヽ
         /   / / ̄\\ // ̄\\   |
        /    |  |. ○ .| | | |. ○ | |   |      あ、兄上が…?
        |    \ \_// \\_//    |
        |         ,     |     、     |     杢之助、一体これは、なんの冗談だ…?
        |         |      |      |  .u   .|
        |       \__/\__/       |
        |          ヽ-―--''            |
        |     u.                  |
        丶                      /
          \..____________../



        / ̄\   わたしにも くわしいことは
       .| ^o^;|
        \_/   ただ これは じょうだんなどでは ありません
        _| |_
       |     |
    野殿杢之助光則
.(のどの もくのすけ みつのり)

723 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:40:26 ID:uwRO02aM0

   / ̄\     .なかぼうさまよりの ししゃのほか
  .| ^o^ |   くにづめのものからも おなじしらせが とどいております
   \_/
   _| |_    …とのは おなくなりに なったのです
  |     |


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)    …なんという…ことだ。
  .|::::::u:::   (__人__)
  .|:::::::::::::   |r┬| |     しかし、そうなれば、
  ヽ::::u:::::::   `ー'./    早急に後の事を考えねばならぬが…。
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

724 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:41:00 ID:uwRO02aM0

 =離れ=

        ____  _/    /ヽヘハ、ヘ  ,  Y´    お母様!
 __ ==   ̄ ̄ ̄`Y´ /V      ___ヽ^i,イ l    お父様はいつ戻ってこられるの?
'´ ̄              l lハ! ,. =     ´ ̄`  l  l   国許から知らせがあったんでしょう?
             l  l ´ ___    ,=、、 |_  l           , -‐、
   /`ヽ        | 、l, _〃rヽ     {t㌧ } l-ヽ ',        /   , '
.  {   \       | f ヘ´ヽtソ  ,   ` ´  ! ,ノ ヽ     _,,..ノ   /
   ヽ   ヽー、     / ヽい ,,,  r,==i  ''' ノ´ヽ  _ヽ-r'´    '´|
     \    ヽ-―¬、 ___ヘ.  ヽ.. ノ /,>'´ ̄'   l     /-亠‐- ._
   ___,,ノ` 、   i     ヽ ヽ`ヽj ー- '´Y´{        l,    '´   、    `ヽ
-‐'´     ヽ  `ヽ、      | i ヽ、 ,r ! l ,    /   ノ    ト、    ヽ
                    お松

                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/_
             -}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.X:.:.:.:.:.\
         /:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:ヽ
        /:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐=ヘ:.:.:.:.′
        {:./:.:.:.:./:.:.:.|:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:/
        /:.:.:.:.:.:.':.:.:.:廾¬:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
      /:.:.:.:.:/:.:.:/ -=ミ:.:./:.:.:.:.:.:/:.イ:.{
     ./:.:.:.:.:/⌒V マ{ 刈 ∨//メイ:.:.:.:.|      えっ、そうなの?
    |:.:.:.:.:.{ ┐   V)ソ_    イfハl:.:.:.:.:|     .だったら、おとうさまのおでむかえは
   /:|:.:.:.:,ハ __           、V .ハ:.:.:.:.|     .こんどは、たけがいちばんで…。
    ヾ|:.:./:.:.:.:.:.八     __ ′ }:.|:.:.:.:|
      V:.:./:.:.:.:.}/\  (  ソ  .イ:.:|:.:.: ′     …おかあさま、どうしてないてるの?
      乂:.:.:./∧       ィi〔:.:.:./|:.:/
     -‐=≦ {  \  √ :.:.:} ̄∨:.:./
    /    ヽ ∧     、∧\/  .)/
            お竹


               ′            ヽ
               冫    、       __   ヽ
               /'、.   ヽ   、   ′〕  .|
             / "`゛` ゝ--,ヽ、 ヽ   l ノ   /
    ,---、  ,,../::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ {、 /  .ノ
   ./ ''⌒ 、 ヘ'''´   ::::::::::::::::::::::::::::: /'ゞ-― ̄
   |    ノ.       :::::::::::::::::::::::::l
   ヘ、 _ 〉        .|l:  丶  |          …なんでもないわ。
     ゝ lゝ     u.  .,l:      \       二人とも、今日は大事な話をしておられるから、
   /                  _ノ       表の方に行ってはいけませんよ…。
  /                _/
../        `-、        /           (…ああ、あなた…どうして…!)
            > - 、   /
           '´  r`  ̄
          おるい

725 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:41:35 ID:uwRO02aM0
      /          /  /!  |      ヽ
     /          //  / l  l      ヽ '、
     /   /  /    〃//  !| l,    l !', !
     l  ,ィ  !     lィ<_     ! l ハ  !  | lヽ !
     !  (l   ! l  l |r=テミ、  l l/ l l l   ! l ! |
    l   l   l l  l!l ヾビ`ヾヽ l/ _,l l l  l l! ! l
    /   l   l,!l ハ!   `   ′イテl ll l|/l ll !l 
.   /   |l   トヽ ', u.    ::::::: 、 `゙l ll|! / / .リ     十兵衛様の御子はお二人とも姫御ゆえ、
. //  | !   ! ヾ'、         リj! !//       このままでは、御本家は…。
 / /  l' ,!   lヽ、     ____ -''´、イ/ /´
 / ,ィ  l l ハ ! ヽ'ト-ヽ、   、`"´ィ´、ノィ´
 l { ヽ  ヽ',l '、 ', ヽ'、 r、 ヽ、__,ィ ´   !|
. ``ヽヽ、ヾ',! ヽ'、 ヾ` r  ///、 ヽ  ト,'、
  \ \`ヾヽ、 ヾヽ ヾ゙ //ハ ',ヽヽヾ',ヾ'、
   \ \ `ヾト、 ト,ヽ、ヾ-rr'` ヾ、r、ヽヽヽ、
     ヽ  >、  `} ヽ `` !`ヽ  ヽ` ヾ、r'、
        庄田喜左衛門常俊
      (しょうだ きざえもん つねとし)


      / ̄ ̄\
    /  u.    \
   /           ヽ
   | u   \,i||i,/ |     …わかっておる。
   |    (=) (=).|  . 兄上は跡継ぎを立てておられなんだ。
   ヽ    (__人__) /
   /   ヽ  .`⌒´ノヽ     法に倣えば、柳生家は…無嗣断絶だ!
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

 この時代、跡継ぎを立てていない状態で当主が亡くなった場合、
その家は無嗣断絶-即ち改易というのが、幕府の法であった。

726 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:42:05 ID:uwRO02aM0

    / ̄ ̄\
  / u.   ノ \
  /      ( ●)ヽ     杢之助、
 .|       (__人_)   .兄上は、お前には何か言っておられなんだのか…!?
 .|  u     .`⌒ノ
 ヽ         ./     
 /   ヽ     ノヽ
/           ヾ


  / ̄\
 .| ^o^;|    …ざんねん ながら
  \_/
  _| |_
 |     |

727 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:43:15 ID:uwRO02aM0

     / ̄ ̄\
   /:::::::    \
   /:::::::::   u.  ヽ
  .|:::::::::::         |     …最早、どうしようもないのか。
  .|::::::::::::: u.       |
  ヽ::::::::::::::      /      このまま、御本家が絶えるのを、
  /::ヽ:::::::::::    ノ     何より、代々の名字の地たる柳生庄が
  /::::       く      .一族の手から離れるのを、座して待つしか、ないのか…!
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)


  / ̄\
 .| ^o^ |  …………
  \_/
  _| |_
 |     |

728 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:43:49 ID:uwRO02aM0

  / ̄\      ないぜんさま
 .| ^o^ |
  \_/       こと、ここにいたれば、
  _| |_    .すぎたことに こころをとどめても しかたがありませぬ
 |     |


           て
     / ̄ ̄\  そ
   /    \  /
   /  u  (○)(○)     なっ!?
  .|      (__人__)   .杢之助、お前、何を…!?
  .|       |r┬| |
  ヽ      `ー'./
  / ヽ       ノ
  /        く

729 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:44:39 ID:uwRO02aM0

                              おおとのさまの へいほうにも

                             「何事も心の一すぢにとどまりたるを病とする」

               / ̄ ̄ ̄\         .とございます。
            ./        \      いまは とののしに とらわれず 
            .|    ^ ^    .|      .おいえをいかすためのてを うたねばなりませぬ
            .|     o    .| 
             \        /        いま それができるのは
             ∥\___/\       ないぜんさま ただおひとりのみなのです
          ,.,r''"`ヽ、_,,,,.,.,.,ノ ヽ ヒー-、  
         ハ、,,__  ゙ヽ   ヽ、  i  `ヽ ゙iー――-- 、 
      ,.r''"~t__  `ヽ,.,.r‐=''ヽ ヽ、ノ  ,rヲ l       `ヽ、
    ,r''"    ``ヽ,.,」´ヽ、'''('´ー--、,,.f='" ノ     (ヽ ヽ `ヽ、  
    /        ,j ヽ、 ) j゙゙´i''フ_,,., ィ       `ヾ、i, 、 `ヽ、
   ,/        ( ヽ、゙Y  ノ`~             ヾ、)   ヽ
  /         i`ヽ,,ノ`",r/´                 ヽ    i
  (         ,/、ミー-- '"/                   ゙i,     l
  ヽ   ,,.,ィ''"^ー/  >-- '/                    ゙i  _ヽ,


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (○) (○)ヽ
 .|    (__人__) |   …………!
 .| u.    `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

730 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:45:18 ID:uwRO02aM0

.     / ̄ ̄ ̄\.
    ./         \.     われら かしんいちどう
   |    ^ ^    |.   おいえのため ぜんりょくをもって はたらきまする
   |     o     |
    \        /     どうか ないぜんさまも ごりかいいただきますよう…
    ∥\___/...
. ,.,r''"`ヽ、_,,,,.,.,.,ノ ヽ
. ハ、,,__  ゙ヽ   ヽ、  i  `ヽ ゙i


      / ̄ ̄\
    /       \
   /           ヽ
   | u   \,  ,/ |
   |    (-) (-)      ……わかったよ。
   ヽ    (__人__) /   杢之助、気を使わせたな。
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |    「いえ」
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

731 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:46:06 ID:uwRO02aM0

      / ̄ ̄\
    /   \  / \
    /   (●) (●)ヽ       杢之助。
   .|    (__人__) |      まずは早急に公儀へ兄上の死を届けよ。
   .|      `⌒´  |
   ヽ         /       既に南都より公儀にも知らせが行っておるかもしれぬが、
.    /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  こちらから届けるのと、公儀より召し出しがあるまで待つのとでは
    |  ,___゙___、rヾイソ⊃   .やはり、印象が違うからな。
   |            `l ̄
.    |          |


  / ̄\
 .| ^o^ |   しょうち しました
  \_/
  _| |_
 |     |

732 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:46:48 ID:uwRO02aM0

     / ̄ ̄\
   / \  /\
  |  (●) (●) ヽ     その上で、現状を一切を包み隠さず開陳し、
  |   (__人__)  .|    .全て上様の御沙汰に従う旨、申し上げるのだ。
  |  u.  `⌒´   |
  /         /     .最早、御本家に生き残る目があるとすれば、
  /  ヽ ____   .ノヽ    上様の、父上への情に望みを掛けるより他にない…!
 /   (  )   |  |
 (  / ノ    .|  |
 .\__/      |  |


                               _,,,,,,―=ニ'''''-、
                            _,,x'"      `、 .∩
                        ,.. ‐"._/'"´\、   、 / /゙゙l
                    /   ./ / ̄ ̄\  ...! .", "., く
                      |    .|....|  ^ ^  |....} l .-'"   !     おまかせください
                  ,r'l.     l |.  o.  | < ひゅっ!.
                     l゙       .\__/....../、ゝ _..."      では ──
                     l  、      ̄゛ ../".,.... Уf'´「|'}
                 ....r  \. .、   .,..‐゙_ /.   ‐「i ' ノ
                   / !     `゙゙',广゙゙´ '".       ̄ ̄  `'、
              /  !     .-'|   _,,iiiy;;;;;;;;;;;;'''''"     ヽ
     __ 00      ./    │  ー-;;/ l彡'"゛   \,,  ゙゙̄^"..    l
    く,ニ !   [][]「l       l.  //  `'、    l、{゙'ー、、     .!
     くノ     くノ       . .|、." .′  ., ‐'!iy 、 .! !、゙'  ーニ二.. -'´
             ./    / .r'"'i    | ./ . " ,,`'>、''―'"゙゙"゙'、
       |    ._..-''ヽ_._,,_,,,, /    ゙̄'- -゙ |i   .!´  \      l
     \、ノし ’       ,/´             ll .iく_ ''‐.  .ヽ ...../
 ___)(⌒      ..″            ゙'ー`-.´゛
     ̄ ̄^\

733 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:47:28 ID:uwRO02aM0

     / ̄ ̄\
   /:::::::    \
   /:::::::::      ヽ
  .|:::::::::::         |     …父上。
  .|:::::::::::::         |   兄上に比べ、未熟至極なるこの身ですが、
  ヽ::::::::::::::      /   .柳生家存続の為ならば、この身、如何様にも致しまする…!
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く  
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

734 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/08/22(月) 02:47:47 ID:uwRO02aM0

             _. -―――- 、._
           /          `ヽ、
             /               \
           /   u.            \
          ./                        、
         /                _      ',
       ./ `ー 、. .i|||i   、 -=´、          ',
      /  /  .ヽ    ,      ',          .i      どうか、御力を…!!
     .,'  { ── i    i ──  }     u    |
     {   ゝ ー  '    ゝ    ノ          |
     {   /           ヽ          |
     i   {     i          }        |
      {   ゝ____ノ ゝ ________ ノ           |
     ヘ.                        /
       \                     /
        \                    ´
             ゙> 、_             / ̄  ̄ ヽ、
           i /          /        \
          / /                        ヽ

763 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:20:12 ID:xPD6Eof.0

  宗冬に登城の命が下ったのは、
十兵衛の死から僅か十二日後の四月三日であった。

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、_,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^~v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ~vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、

764 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:20:35 ID:xPD6Eof.0
::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′       内膳。
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l       十兵衛の突然の死、まこと難儀であったな。
.{ i、               l    |
 、 `                   |   |         正直、俺も驚いたぞ。
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l       .まさか、あいつがこんなに早く死ぬとはな…。
:::| ` ー,                 ´     ,'
/    、      ,,.- -‐─ 、  /
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /
    ',    >         /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-
       徳川家光
    (とくがわ いえみつ)


         / ̄ ̄\
       /   _ノ .ヽ
       /    (●)(●)    …はっ。
      .|      (__人__)   兄も、さぞ無念であっただろうと…。
      .|   u    .`⌒´| 
      ヽ         /   (こんなに早く召し出しが来るとは…。
      / ヽ       ノ    .本家の扱いは、どうなったんだろうか…?)
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

765 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:21:03 ID:xPD6Eof.0

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ      さて、早速だが、お前が最も気に掛けているであろう件に、裁定を下す。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ 
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ     .柳生本家のことだが──
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       /    (○)(○) 
      .|      (__人__)    …………。
      .|   u    .`⌒´| 
      ヽ         / 
      / ヽ       ノ  
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

766 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:21:33 ID:xPD6Eof.0

          ,,..-''"::::::::::::::::::::::::`"''-.,,_
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"''-.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  `゙"''‐-..,,_:::::::::::::ノ
.     i:::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::/        ノノリリ
..    l::::::::::::::::::/, 、ヽ::::,.‐‐'   ‐-、       |
    |::::::::::::::::,'/=//::/      __\     .|
    i::::::::::::::::iヽ/ i::/       ヽ_tソiヽ  _j     .柳生本家は、お前が継げ。
      ',::::::::::::::| } .レ     ,     -― ./:/
      i::::::::/`        ;         ',i       十兵衛の跡一式、お前に申し付ける。
.      ,'ヾツ   |        ;           .',     あと、あいつには娘が二人いた筈だが、その養育もお前に任せる。
.      i       ヽ              ` r‐'
..    |    |    \         ー―-、l
.    /|     .|     \  ヽ     ̄/´
   / .|    .|      `''-..,,_   _/
_,,.-'"        i        /  ̄{ヽ
 _       ヾ            /  \_
    ̄"''‐                   `ヽ



    / ̄ ̄~\
  /   ⌒  ⌒\
  /   (○) (○)ヽ 
 .|    (__人__)  |
 .|      (_/´  .|
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

767 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:22:02 ID:xPD6Eof.0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     ただし、お前が本家を継ぐことになった以上、
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    お前に分知していた四千石は、公収するものとする。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′     以上だ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、



            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\         は…ははあっ!
          /,//::       \       ありがたき…ありがたき御沙汰でございます!
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ 
       /  /、:::::...       |ヽ_ \   (やった…!これで本家は、我が柳生は…活きた!!)
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

768 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:22:31 ID:xPD6Eof.0

  |      ゝ.._  _.. -―、ノ
.   !        ヾ::::::

    ヘ      >‐-‐''" ̄ ̄"''‐-..,,__          ── 内膳。
.     ヘ    └――――――――`
     ヘ
     .ヘ      、____,,..-
       .ヘ       ̄ ̄
        ヘ
        i         i
.         !       |
          ヽ      |        _,,.. ‐
        / > ..____..  -:::::::::::::::::::
       /    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

769 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:23:05 ID:xPD6Eof.0

       _,--──-、_
    ,-‐´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ__
   /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
   i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ |゙゙゙
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,-i; |.  〉
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/| /|;/  | 
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ヽ|| ´.  |i        但馬の家、努々潰してはならぬぞ。
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/  |)   |´
   .|; ; ; ; ; ; ; ;/    |   /         心して励め…よいな?
.  r|;/;/;/;/;/     |  /
. / ー-、____  ト、/
_/  `ー       `┴、____
ミニフ-_______    /
  /    ─────´  ̄ ̄─-、
 /              /´  \
/                 /      \
i              /         i
           |  /            |
           | ./   / ̄      |
_          | /   \   -、  |
__ ̄───、__||     `丶、 \ |
   ̄ ̄ ̄ ̄──┤      __二>〈
              |    i-二-─´ ̄ |



         / ̄ ̄\
       /    \  /
       /    (●)(●)
      .|      (__人__)     ははっ!!
      .|       |r┬| |   
      ヽ      `ー'./
      /ヽ       ノ
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


  ── こうして、柳生本家は宗冬が跡を継ぐことで、断絶を免れたのである…。

770 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:23:34 ID:xPD6Eof.0
                       /: : |
                   ∧    /::::::::|
                   /:::V    /:::::: : |─  ,.. __   /
                ′::::V  /:::::::::::::|        ィi「/
                 《:::::/-==\:>''"    ィi「::::::/ \
             //⌒:::::::::::::::::::::::::::⌒“''*、《:::::::::::/    `、
               /:::>''"  ̄⌒“''*、::::::::::::::::::: 、::: /
            /:/          `ヽ、::::::::::⌒,      ∨
              {/./  /          /\::::::::::::o∨     V
              / /  /          /   \:::\::∨
          / ′ ∥           ∥    ヽ:::::〉_》     ‘,
             ′.{  i|         |  ハ   .|  .`、:::∧}       ‘
          {  ‘, ハ        |  | V   |   V:::::i|      ≧=-       はぁーい☆
       ィヽ V  ∧⌒“''*、     |  |  ∨  |    }: : i|     \  >''"   美少女錬金術師のカリオストロです!
     _ /厂ニ7>'"ヽ`ィTミ  ≧=-  _」   `、.|    |: : i|    |  \
   /   ̄ヽ <__ハ {::j㌧     ̄`゛`  ヽ.     !Y/      |    ≧=-    お姉さんが今回、
   ハ ⌒“''*、 _、+==イ 夊ソ     x==ミ  リ    | 》 |              カリオストロと一緒に解説してくれるの?
  /::::::`~、、 `ヽ、/   {""" ,         `/    |/ `、    `、   ⌒ ̄  .よろしくね☆
. /:::::::::::Υ ⌒“''*、)  .人   、      :::::::/     ハ        ≧=-  _
/:::::::::::::: { _ 、ヽ` /   />〕h、 ゝ  ̄_ァ)   /     /::::::≧s。\
\:::::::::::::|     (   /-_-_-_-_〕h、  .。s≦/     />''"-_-/》≧=- ───
   ̄ ノ     \ /-_-_-_-_-_\::::::::::{  /     /-_-_-_/-_-∨\
"''< __  -=≦ヽ(-_-_-γ≧=‐ \:: | .′    ./-_>''"-_-_-_-}-_- \
     /   V:::::::\-_-_-| -_-_-_-_''<人    ( ⌒-_-_-_-_-_-_|-_-_-_-`、
      /    ∨:::::::::\-_ | -_-_-_-γ ⌒ヽ≧=-彡ヽ、-_-_-_-_-_|-_-_-_-_-}


                              , -─- 、, - 、
                            , <:;:::'" ̄`'⌒丶ヽ
                          /:::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                         ./::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  え、ええ。               ...  |:/::::::::/:::::ハ::::i:::i^^i::::i:::ヘ::::::',
                         i':::::::::/:__ムj:::j:::! ___、_、:::ヘ:::::}
  その前に伺いたいのですが、     .|:::::::/:::.ノ,.//レ'   ヽ:ヽ:::レ'
 その、あなたは男、なんですよね…?  ト、イ;イ代ラ`  '゙ヒナ〉ヽⅥ
                         |:ヽヘ|'''    ,   ''' |ム):!
                         |:::::::`ト .u.  __    , .':::::::|
                         |::::i:::::::::::`r 、_ , イ::::::::::i:::|
                         |::::l:::::::ハi┴──.┴iハ::::::|::|
                         |;.-─'レト───‐イヘ|`─-、

771 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:24:15 ID:xPD6Eof.0

                                  …なんだ、ばれてたのかよ。
                                 無粋な入れ知恵する奴もいたもんだな。
                    |',     /|
                    |∧   , |     /   ま、バレたならしょうがねえ。
                       >' " ̄〉_r ミ //   じゃあ、ここからはお勉強の時間と行こうか。
                   / /  /    丶 /    .お嬢ちゃん?
                  '   / /i|  |   〈
                  { {_/{/{八 ハ i  :           /⌒ /⌒ヽ /
                _ ノ Y 芯   ⌒∨  i:、    _    /__/__/___
              / / {  |   、  苅>人 八\¨¨´   ``丶、:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i\
            -==/  人 人 ヽ ==-_ ノ  (   \ ー= ⌒ヽ   \:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
         / ⌒> ( /  /:i:i:i\ _/:i:i:i:iV ∨ (_ ∩:∩Y~「i/}    ):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
       //  (/   /---- ミヘ}__/:i:i:i:i:i:i:i:ハ  ∨〉:i:i} {:」 |--'//| | 彡 '"¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
        人―=7    /{:i:i:i:i:i:i:i:/( ))-==ニ):ノ  }~Y r―/ ̄/⌒´        __
     /:i:i:i\:人_/:八:斗-―==彡\ ̄:i:\  ノ 7== /¨¨¨´   /     /
.    /斗七<⌒ヽ:i:i:i:i:i:i:>' /|二 \`¨¨彡K  '二V { ―――=彡 /¨¨¨´
-― /:i:i:i:i/  \___彡イ ニ|マ二ニ:\{_:|: \iゝ=彡}         /
:i:/:i:i:i:i:i '     /   / ( l.ニニ|_∨二二二二ト 人  ノ―――=彡


                      ..             _,......::―:::...、
                                  ,..:´::::::::::::::::::::::::`´`ヽ、
                                  ,.:´::::::::::::::::::::::::,、:::,、::::::::::::ヽ
                               /:::::::::::::::::::::::/::::ハ}/:{::::::::::::::::::.
                                /::::::::::::::/::::::/l:::/    ::::;:::::::::,:::.
                                /:,:::::::::: イ::::,:'_/:/  、_',:::l::::::::{:::!
  はぁ…よろしくお願いします。       .   {イ:|::::;:::::,'/イ /イ       Ⅵ、:::::}::l
                          ..   {::l::::l:::/,ィチ㍉     ィ斥圷, }Ⅳ::!
  (事前に「本当はおっさんだ」って         |リハ:Ⅳ 弋zリ     弋zリ ハ/:: !
  プロデューサーに教えて貰えなかったら.     |::ヽ,ム      ,      {-'::::::!
  ころっと騙されるところだったわね…)     ,::::::::::∧           u  /::::::::::|
                               /::::::::/:::::\   r っ   /:::::::::::::{
                               ,:::::::::/::::::::::r >    イ:::::::::::::::::: |
                              ,::::::::/:::::::::::/\ |  `´  |/ヽ::::::::::::: !
                             ,:::::,. - T  ̄!   >  / / ∧_::::::::::i
                            ,::::/   |  \_/__   _{  ` } >、::.

772 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:24:47 ID:xPD6Eof.0
.           |、
  、,_         |/\    /|
  \iト.,     |///>、   //|
    \/〕iト.,  ∨///{ __〈//〉
     \//〉 ´/> ⌒ </{_
       '〉/// i     ヽ\`.,             .じゃあ、まずは
     / 〈//  . .}、 }    }  Vハ           今回、宗冬が本家を相続した件について話していこうか。
       j/ i. . / }八   八 }
     '  i  {. / 斗 ⌒¨¨ ⌒V  :.           早速だが、お嬢ちゃん、
      . }  V ィぅて    たぅ }   }
      {/. .'   } 乂ツ   ヒツ 八_ /           「当主死亡時、跡継ぎがない家は無嗣断絶」
    /. ./ r‐「{7^>   rく ̄Y`{ノ `r=---- ミ、
   . . . ./  Ⅵ ' ⌒ヽ _{ }  { }、rァ 乂i:i:i:i:i:i:i:} }     って法度があるが、どの程度それが起きてたと思う?
 /. . .イ . . . ¨ハ:. :.. }i:i乂rzzz彳⌒ヽ: :¨¨: > ´    そうだな…この慶安三年を中心に前後5年の10年間でさ。
. . . ./. 乂 . . .{ `ー彡7i:i:(⌒)i:i:i:i:ハ   }-=¨´      大名家に限定してていいぜ。
. . ., . . <i:i:i:i〕iト`ォ‐<{i:i:i<_j_j_>i:i:i/  ノ、
. . { . . /ニニ∧ ノi:i:i:i/ニニニ∧ニニニ⌒´ニニ',
-=ニニ  ̄ ̄ ',`ー/  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ¨¨ ニ=-
            ー'                       ̄ ニニ=-  __


                                   __ ------ __
                               , <::::::::::::::::::>'"::::` - __
                             /::::::::::::::::>'"::::::::::::::::::::::::::ヘ::` - 、
                            , '::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::ヽ
                      .     /:::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::::::::':,
                           i::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::イ:::::;イ::::::/::::i::::::l:::::::i
                          i:::::::::::::::/:::/::::::/:::::::::://::://::/`'゙¨i:::::l:::::::}
  ええと…当主が死んだ時、   ....    i:::::::::::::/:::/::::::/::::>'´////    .i::::l:::::::}
 跡継ぎがいない場合、ですよね。     i::::::::::;r{:::/:::;.ク/---一''"´        i:::}::::::リ
                          i:::::::::::l .{::i::::i゙  `r'7"ス>、    ``ー--}::}::::/
  2・3件くらい…でしょうか?    ..   i:::::::::::::',.レ{::::{   `乂_ヲ     ィ'ス)`ri::}::/
                         i::::::::::::::::ヽ、'ヘ!            {Eリ /イ::/
                        i::::::::::::::::::::::::!           ’   / .゙'゙
                      .  i:::::::::::::::::::::::::ヽ、        _     /
                      . i:::::::::::::::::::::::::::::::::!         ` , イ
                       i:::::i::::::::::::::::::::::::::_|_  、    , イ::::::|
                      . i:::::i::::::i:::::::::::::;へl::::::::: ̄¨` -- <:::::::i::::::|
                      ..i:::::i::::::i:::::::::::/  `ヽ、::::::::::::::::::::} ヽ:::i::::::|
                      .i:::::i::::::i::::::::::/     ∧:::::::::::::::::}  ハ i::::::|

773 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:25:30 ID:xPD6Eof.0
       |、    V、  /:::::/
       |::V   V\{:::::::ノ ィi〔>
       {::::V,>''_ゝ、:::::__:::::>'"、
        》'"::::::::____ :::::::゙''≪  \  ィi〔
      >'" ⌒     ⌒“''*、::\  ィi〔::::/
    / / /  /      ヽ \:ヽ___ /
   /  ′∥ ./          ヽ∨ .∨
.  /   |  i|  / |      }    }  .}::V        いや、それがな、
 ∥   { ハ / {     ノ  .! }  ':::::}  }      その10年間で改易された大名家21家のうち、
 ハ  ノ  ~ぅぇk、    /{  } ′ }::::′ |      無嗣断絶が理由だったのは、14家。
   \/ヽノ  乂ソ `^^`≧s。ノ/  |:/         なんと全体の7割だ。
    マL./゛゛      V/ソ /  ..レ  
    /マiL     '    ` ´ /   {〉   .|       ちなみに、江戸時代全体で見ても、
   《 VL\   r - 、  ./    ′   .!      無嗣断絶が改易理由のトップなんだぜ。
   《\〉 (ヽ〕iト.ゝ   ィi〔⌒ }  {    |      .いや、すげぇよな。
   / \〉ノ⌒》/ ヽ ´ /-_-\ ノ  ′   |
.  人\/ヽ }.∥\ 〉-イ-_-_-_-ヽ        /
 /  ヽ≧=イ{}-_圦_ノ-_-_-_-_-_∨ /    ∨ /
. (   }::::::::::::|ヽ / ヽ---、-_-_-_∨      V
  \ .|::::::::::::|  }  /    /、-_-_       }
   r、|::::::::::::|  |  /    / ヽ-_-_     ノ
〕iト/⌒“''*、_ノ /   ./\/∨-_\  /
 r⌒《::::::::/:::::::::::::::    /ニニニ∨-_-_》
´  __≧=- :::::::::::《  ./ニニニニ∨-_ \
         ≧=- イ ̄ ̄ヽ__\-_-_ヽ
                  \
                   \

                .                __
                           ,. -─- 、/´:: : : : :`ヽ‐- 、
                         /: : : : : : : ! : : : : : : : : :\: :\
                        /: : : : : : : ::r、|: :ハ : : : : : : : : \: :ヽ
                         /: : : : : : : : ::|ハ|/:::l: : : : : : : : : : ::\: ',
                         /: : : : : : : : : ::!   !: : :ト、 : : : : : : : :ヽ|
                      / : : : : : : : : : l :!   ∨::| \ : : : : : : :∧
  そ、そんなに…!?      .  ,': : : : : : : : :l :/l::|    ∨:!   \: : : : : : ∧
 じゃあ、今回の柳生家も、 ......  |/: : : : ::!: :/|/≧、_/,, |、∨≦ ̄ ∨: : : : : :ハ
 相当危なかったんじゃ…?    |: |: :l: //,,.-==ミ 、   // ,ィ==、∨: |: : :l: l
                      ヽ|: :|/ く {::Po::)      {::Po:) 〉∨|:: :/l/
                       |>く|  ヽ`='       `=' '  |/=く
                       | {ハl  ,,,,, ̄    l::      ̄,,,,  l(ノ| }
                       |. (∧                /ノ ノ!
                       |:\_∧           u.  /-イ: ::!
                       |: : |: |:|:\    ,.-‐‐-、    /|: :l:|: : |
                       |: : |: |:|: |: |\   -    /|: : |: :|:|: : |
                       |: : |: |:|: |: |/|>___<| \: : :|: :|:|: ::|
                       |: : |: |:|: |:/  {::|:::::|:::::|:::::|::}  ∧:|: :|:|: :::|

774 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:27:55 ID:xPD6Eof.0
          ∧        /}
          / ∧     ./ /
    {\   〈  {_____{   ハ
    | ∧ /:∨ {_____」 / \
    ∨ ∨/  ____  \  \              まあな。
     7   <        >  \ ∨            .尤も、無嗣断絶で改易された14家のうち、
.     / / |            \∧ :∨           .7家は近親者が新たに家を立てる事を許され、
    /ィ    ;      、      :マム  ,            2家は若死で親が存命だった為、所領還付され、
.   / {   { ,       ̄ ̄`   マム ∨          本当に断絶したのは5家だが、
.  /    { ∨  |   {\  ハ   } }リ  :∨         .それでも改易された21家のうち、
 /  {   :∧ {\ \ \\ィ==z} |_    ,         全体の1/4が無嗣断絶で家が絶えた訳だ。
./  :∧  / z==ミヽ{\{` V::::ソ人}...| )   \
{     \   :{ V:::ソ  ,   ¨¨¨´ }/ }∧      \        今回のように、弟が兄の跡を継ぐというのは、
| ∧  } ∧ : ゝ-        ,   人 :| :\.      \     .当時でも有り得ない訳ではなかったが、絶対でもなかった。
|/ \N  :}  人   -==   / :{  :|   ヽ      \   血縁者がいたにも関わらず、絶えた家もあるしな。
.    /  :/   __.>  _ ィ   ∧  ,    }   }\ ∨
.  /  :/   / \\ }   :{  /:∧    ∨   |  }  }
 ⌒7 :/   / .r<\}-┐┌-/ /_\  }:/::...   |  |  |
  / :/    {/ヽノ--Y´ ̄`Y´ ̄    ̄}:/}:      |  |  |
. /   {    / \ヽ}.) :{(__)}--┐    / |:     | / /
../  /\__:{ ヽ}/ {  /<>'___     /  \   / / /
. {  /_   |)   / :/ / }\\><___}  / > ,/ / /


                        ......         __
                               ,>'": : : : : : : :` - 、
                              /´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                             ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                             !: /: /: : :,ィ: : : : : : : : : : : : l
  なら、どうして今回、          ......   {: ! /: :/ /ハ : : : : : : : : : : :!
 宗冬が家を継げたの…?             ハ: :!/ヘ  !Lハ : i: : : ': :! : : l
                        ......    Yi ヒソ  'z-ミ ヘ: : :}: ! : : !
  弟でも確実に継げるとは限らないなら、      } 、   ヒソノヽ}! : !/: : : !
 何かしら理由があったんじゃ?           .!、 _     //ソ : : :|
                               l: ヽ` '  _ /!: ̄: : : : :|
                               {: : ,ィァ<-- ノ1 : : : : : |
                              __ヽ/ }r':/ノハ~  V : : : : :|
                             〃  ,イ//7,」ハ /^\ : : :!
                            _}:}  Y///, !/ ´ , _  ヽ: :!

775 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:28:28 ID:xPD6Eof.0

                             《 》>'" ::::::::::::::::``~、 \
                           /::::,>''"~ ̄~"''<::::::\ ヽ /
                          // /          ゙''≪ \∨ /    …お嬢ちゃん、なかなかカンがいいな。
                           ∥´ /          | | ヽ::}.∨
                           ′ ′          | |  | V :.     ああ、そうだ。
                           | |          .ハ .|  |   }    今回の宗冬の相続には、理由があった。
                           | .|  _ 斗ヒ≦  ̄ ィ==ミ     '/,
                           | .| 圦. ィ忙ミァ   ィんハア| ′  '/,     こいつだ。
                        ′ |  トヽ Vソ     ゞ イ .i { /  '/,
      __               .′ .′ |ム      '     .ノ .V /   '/,
     《    `ヽ              /  /  .′ ヽ   ` - ´  /. !  .V    '/,
     v≦ ̄``~、∨    __  ./  .′ /__   ≧=- ィi〔   |       .'/,
     ) --  、  .V,>''"~    `ヽ  (  .(  ノ) ヽ-     ハ ´ .|   | 》    '/,
   γヽ∨ixixixixヽ__,>''"~ ゙''≪ 》  .ヽ ⌒-_ヽ V_ _ ア´-_-_-_`ヽ_ノ/     '/,
   ゝイ .∨ixixixix Vixi∧ixixixixixixix`ヽ/ {-_-_-_-_γ  )-_-_-_-_-_-_.}-_`ヽ       /
   ☆   ∨ixixixix.Vix ∧ixixixixixixixi }-_-|-_-_-_-_-ゝ-イ、-_-_-_-_-_-′-_- /    .∨ /
   ☆    ヽixixirヽ{ヽr、∧__ixixixixixi ′-.!-_-_>'" /ニ∨ ゙''≪-_-_ /-_-_-_∨ /    .∨ /
   ☆    ` -ヽ.! Vヽ { }____/_ ノゝ´-_-_/‐=ニ \-_-_`ヽ/-_-_-_-_∨     V /
                \ ` ` ヽ)、__ __ /   { >'"‐= .ハニ=‐ \-_-《\-_-_-_ノ  /    V /
    ☆         ゝ -- イ    }` ./|‐=ニニ/ ∨ニニ=‐゙''≪ V ⌒∨: ∨ /    V  ≧s。
   ☆            / ゙''≪  /__ ノ‐=ニニ./   ∨ニニ=‐《: : .V   \:∨      ゙''≪  \

              /\
            /.    \
           V.         \         【徳川実紀(慶安三年四月三日)】
           i          \、__       『柳生十兵衛三厳死して男子なし。
  斗‐''"¨ ̄ ̄`ヽ{          //、_      遺領八千石餘を弟内膳宗冬につがしめられ。
  {、         ヽ        /'   ゝ>    三厳が女子を養育すべしと命ぜられ。宗冬が四千石をば収公せらる。
  {ミヽ         \     // // ヽ    これ父但馬守宗矩年頃の勤労を思召し。
  ヘ: ヽ            \    ':/// ´_彡}    かく命ぜらるれば、彌怠らず勤仕すべしと仰下さる』
  ヘ:. :',             \ {,//, /'"´
   ヘ  :':,    _ -=====ミヽ|./ /'
    ヘ :::':,、/´ _,. -====ミゞ斗}
     ヘ  ::彡'/´       `¨¨¨´

776 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:29:41 ID:xPD6Eof.0
                .             _,......::―:::...、
                           ,..:´::::::::::::::::::::::::`´`ヽ、
                         ,.:´::::::::::::::::::::::::,、:::,、::::::::::::ヽ
                         /:::::::::::::::::::::::/::::ハ}/:{::::::::::::::::::.
                        /::::::::::::::/::::::/l:::/    ::::;:::::::::,:::.
  ええと…つまり、    ..       /:,:::::::::: イ::::,:'_/:/  、_',:::l::::::::{:::!
                .       {イ:|::::;:::::,'/イ /イ       Ⅵ、:::::}::l
 「宗矩の働きを思い返すと、      {::l::::l:::/,ィチ㍉     ィ斥圷, }Ⅳ::!
  .柳生家を潰すのは忍びない」    |リハ:Ⅳ 弋zリ     弋zリ ハ/:: !
                .        |::ヽ,ム      ,      {-'::::::!
  …ってことですか?  ..       ,::::::::::∧           u  /::::::::::|
                       /::::::::/:::::\   r っ   /:::::::::::::{
                      ,:::::::::/::::::::::r >    イ:::::::::::::::::: |
                      ,::::::::/:::::::::::/\ |  `´  |/ヽ::::::::::::: !
                     ,:::::,. - T  ̄!   >  / / ∧_::::::::::i
                     ,::::/   |  \_/__   _{  ` } >、::.
                    /::/   {    /  `  ´ \_/   / `ヽ
                    ,:::::l    l    {ヽ     /}    {   }


                       /:|
                       /:::!
                        /:::::|
                     /|    /:::::::{        /|
                     /::|   _《:::::::::》.. _   /:::::′
               /::::|xi(:::::::::::。。o=- ::::::`《:::::::::}          そういうこった。
                  《>''~⌒"⌒“''*、  `寸::::/、         理由から見て、まず家光の裁定だろうな。
              /  /        \  \::::::∧ヽ /
                ∥     ∨    ヽ  ヽ:::::::% ∨ /      実際、この裁定、かなり出るのが早いんだぜ?
            /    i|      ∨   〝  ‘ ::::::} ∨     十兵衛が死んだのが3/21、この沙汰が下ったのが4/3だから
              ′    i|         、  八 .i|  %:::::|       この間、12日間しかない。
              |   iハ      ハ  ′ ヽ   |:::::|  ‘
           { {   {抖\    ノ )/ ___i|   .:::::|   }      十兵衛の検死、南都から江戸に連絡が行く日数、
             人   ㍉  ~"''^  ィ垳符豺   .|)::′ |    柳生家から公儀への届出などの時間を考えると、
            ’  ≫=ィ匕莎     `⌒~/    /     /   ほぼ即決に近い裁定だったんだろうな。
            八    ヽ~⌒´ ,      ゛゛/     |     V
          /  }    ’        ,  ′     |     \
         /    ′   人   -= ´  (      ≧=- __  ≧=-
        .: "    /     / .〕h、    xi(\     \⌒ ̄ 》      ≧=-
    >''"        /     ィi〔≧s。ミ 壬>''~ :\     \-_-_{
 / /        /    /-_-_-_-_-_ヽノ/-_-_-_-_\     )/ ̄ヽ_ ォ‐ャ、

777 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:30:46 ID:xPD6Eof.0
               |:∨ /::| ./|
            ≧=-|─/ゝ'./:/
         ア´ />'" ̄ ̄ `ヽ
        ,イ  /::::/  /   | | .∨
        /  ∥:/  ハ   | | | .∨     おかしな言い方だが、
       ′  .{|∥ /  ∨ .! .′il .}    十兵衛が亡くなったのが家光存命中だったのは、
       .|   .∥′{ィ==ミ ̄⌒___ |! ′   不幸中の幸いだったと思うぜ。
       .{  γ、  .!ゝゞソ    {ソ》 {    ぶっちゃけ、家光の宗矩への情あっての沙汰だよ、これ。
      ..′  {(..| ..| ¨^    ' `^|i...| 
     ../     | ..|      _   ′′    .形式上、当主が空白になった形の内膳家は、
      /       .| ..|〕iト. __  ィi〔 {    .改易扱いとなり、その所領4000石こそ公収されたけど、
    ./   >'".|  .',   .{--、 ノ  /     本家の8300石はそっくりそのまま相続を許された訳だから、
    ′  /-_-_.ヽ  ≧=-》 }´_ ノ、     かなり温情だぜ。
   ∥   .′---- ≧=--´ヽ- 、-_-_}  /
   ∥   .{-_-_-_-_{-_-_-_-Y´::::}-_-《∨     無嗣断絶で改易を免れた大名家も
   {|   .′-_-_-_.|-_-_-_-ゝ::::/-_-_} }    所領自体は一旦公収されて、
   {|   {-_-_-_-_-ヽ-_-_>'"``~、ハ    旗本として存続ってのが殆どだからな。
   {|   {-_-_-_-_,>''"~:::::::::::::::::``~ノ
  ∥   .}── ´  \__,>''"~`ヽ}
  ./    .!::::} :∧    } }     /ヽ
 /    ′/ /::∧ _ _.|__|斗ヒ≦ ´__ノ>'"


                     ....        ,. <: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`> ._
                            /: : : : : : : : : _: : : : : : : : : : : : :`ヽ
                          /:/: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : :ヘ
                         / : / : : : ハハ: : : : : : ::∧: : : : : : : : : : : : :ヘ
  はぁ…なんていうか、         .   /: : ,': : : :/  V: : : : : : :∧: : : : : : : : : : : : :ハ
 結局、宗矩あっての江戸柳生家、 ..../: :|: {: : : /   l: : |: : : : : :∧: : : ヽ: : : : : : : : ',
 ってことに変わりない感じなのね。...... !: /|: :',: :/── l: :ハ: : : : : : ∧: : : :l : : : : : : : : ,
                     ....  l/ ! : ヽ| ─  |/ V: : : : : : ハ : : :! : : : : : |: : :}
  でも、こんなことになるなら、    .    ヽ|ヽl  ̄l ̄`l  V: :ト、: : : :}: :: l : : : : : | : : !
 十兵衛はどうして跡継ぎを      .     ノ   廴 ノ   l :/ V: /⌒く: : : : : : !: : :!
 決めておかなかったのかしら?       |      "   l/  .∨二) }: : l: : ::l: : ,'
                     .....     ',             ⌒ /: : :|: : ::l: :,'
  そうすれば、こんな騒ぎに    ..       ', -     U   ,r┬ :':|: : : : !: : ::!: l
 ならずに済んだのに…。     .....      ヽ   __     弋: ::|: : : ::l: : ::l: :!
                               ̄ l: : __r=j____ノ-ュ_:| : :|: : ::!: l
                                |ノ V: : : : : : : :>'´ }l: : | : : l: :|
                             ,ィ´/  .〉: : : : : /    /\ ! : : !: :!
                              /l  |/ /: : : : : ∧  /   >、:l : |

778 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:31:42 ID:xPD6Eof.0
     , -\    | __/__      ∧
   , ´    `⌒> ----- ミ 、   | '.
 /     ,  ´    ___ `ヽ、|  |
_    , ´   ,  ´      ` <\|
< \/    /              `ヽ
      /                     \
` ̄/   '             \     ヽ
  |  /               ヽ
  |  |                    '.   :.   '.
,:  |  :          |      '.   |   |   '.
  ∧ 。 | |i      |  |   、_|_ノl |   |   ,: |     そう言ってやるなよ。
    V、| |i  | 、_|ノ {    ハ_从_|l_ハ |    十兵衛には息子がいなかったし、
 ,:  乂| |i  |\_从_〉、___,ィチ斧ノ | | l  ∨    まだ44だったんだからな。
::/ .:::::rハ |i  下芹笊Yミ     乂ツ  | | |
/   乂|   ∧乂zツ    ,  :.:.:.:.: ム  、|   '.     養子を取ろうにも、
  /::  ∧     \:.:.:.:.:.      u 人   V      柳生家という家の特殊性を考えれば、
  >- <'.     ヽ     _   イ     '.   }   そう簡単にはいかなかっただろうしさ。
/ニニニニ>、    '. ´ ̄   <ニ|     }  /
ニニニニニニニ\   }`  r ´ニニ∧      |\
ニニニニニニ/⌒\ |\、{ニニ/ニノ     八ニ>、
ニニニニ/ ̄ニニニニ>-、}。}「{ニ/   /ニニニニ>、
ニニニイニニニニニニニニ><{   イニニ/ ̄ ̄ ̄


               ....       ,,r===、,,イ ̄ ヽ
                     /: : : : : l: : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : ヘ: : : : : : :::ヽ
                   ./: : : : : : :l: : /^ヘ::\: : ::、: : :ハ
                  /: : : : : /::j|::/`´ \::\: :ヘ: : ::i
                  /: : l: : :/::/|/    ,,>-\:ヘ: : l
                  i: : :|: :/ノ─-    ´ ,ィ=-<. \i: :|
                  ∨: |::l _,ィ=-、     ヒツ/  }:j〉:|
 …柳生家の特殊性?    .\|∧ く ヒリ          .|/: ::|
                    i::ヽハ      ヽ       j: l: : i
                    .|: : :∧     , -.、     /: : l: : l
                    |: : : : \        /_: : ::|: : :i
                    .|: : : : : : :>t -‐__ノlV \:|: : :ハ
                     |: : : : : :/ |:|:|:|:|:|:|:|:|:ノ  〉: : :::ハ
                     |: : : :: / nト、_:|:|:|:|:ノ|ヘ  / ̄ ̄ ー、
                    /"´ ̄ ヽ/ |: :|:|:|:|:|:|:|| ∨     / ヽ

779 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:32:29 ID:xPD6Eof.0
       |、    V、  /:::::/
       |::V   V\{:::::::ノ ィi〔>
       {::::V,>''_ゝ、:::::__:::::>'"、
        》'"::::::::____ :::::::゙''≪  \  ィi〔
      >'" ⌒     ⌒“''*、::\  ィi〔::::/
    / / /  /      ヽ \:ヽ___ /       ンだよ、忘れたのかい?
   /  ′∥ ./          ヽ∨ .∨     柳生家は「芸道の家」でもあるんだぜ。
.  /   |  i|  / |      }    }  .}::V       しかも、「将軍家御流儀」の家だ。
 ∥   { ハ / {     ノ  .! }  ':::::}  }
 ハ  ノ  ~ぅぇk、    /{  } ′ }::::′ |       だとすれば、養子にする奴だって、
   \/ヽノ  乂ソ `^^`≧s。ノ/  |:/        .単にそれなりの家の出身、ってだけじゃなく、
    マL./゛゛      V/ソ /  ..レ        .十兵衛が自分の後継者として認められる程度の
    /マiL     '    ` ´ /   {〉   .|     才能がないと無理だろ?
   《 VL\   r - 、  ./    ′   .!
   《\〉 (ヽ〕iト.ゝ   ィi〔⌒ }  {    |       無論、才能があるだけじゃ不足で、
   / \〉ノ⌒》/ ヽ ´ /-_-\ ノ  ′   |     .新陰流の…というか、宗矩か自分の弟子の中で、
.  人\/ヽ }.∥\ 〉-イ-_-_-_-ヽ        /   .という縛りだってあるしな。
 /  ヽ≧=イ{}-_圦_ノ-_-_-_-_-_∨ /    ∨ / 
. (   }::::::::::::|ヽ / ヽ---、-_-_-_∨      V
  \ .|::::::::::::|  }  /    /、-_-_       }
   r、|::::::::::::|  |  /    / ヽ-_-_     ノ
〕iト/⌒“''*、_ノ /   ./\/∨-_\  /
 r⌒《::::::::/:::::::::::::::    /ニニニ∨-_-_》
´  __≧=- :::::::::::《  ./ニニニニ∨-_ \
         ≧=- イ ̄ ̄ヽ__\-_-_ヽ


                               /: : : : : : : : : : :_: _ : 、 : : : :、 : : : : : : : : : :ハ
                             /: ::/: / : | : : : //-'-'∨:',: : : : l : : : l : : : : : : ::l
                             /: :/ :/:::l: :| : : //    V ',: : : :| : : : l : : : : : : |
                             l :/ :/: __l: :| : // , --‐─|/.',: : :|: : : ::l: : : : : : : :!
 つまり、養子の条件としては、          | l: /:|: :/l:`|:/|/: : :      V:::l、: : : |: : : : : : : |
                              l/|,'l: |/: : : : : : : :: ┬─┬‐ァ∨. ',: : |--.、 : : : l
 「相応の家の出身で、           .      l: l|ハ:TTT: :   !:::::::ク       !: /,くヽ}: : : :l
  宗矩か十兵衛の弟子の中で、      .      |/  l: ::ヒl|    ̄         |/lノ ソl: : : :l
  十兵衛が認められるくらいの才能の男子」      l: : : :ノ               _ノ: : : ::l
                                    '     __          | : : : : : : l
 ってことですね。           ......           \  └‐┘     /   l__: : : : :!
                                   |:\      , "    __jイ}) V : : l
 …そんな都合のいい人間、いるのかしら…?.       |: : :>- =く___,.ィl:l:l:>'   l : : :l
                                   |: : : >'´ィ〉l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:/     }: : : !
                                   l : :∧l´ ,'l:l:l:l:l:l:l:l:l:l/.}       /-\::!

780 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:33:07 ID:xPD6Eof.0
                     |::::|:::'. ,. -- |:::|:::::/-、--/::::/'
                   \:V:|::´::::::::V:/:: ̄:V:::::/:/
                    /::>__:/⌒\:::::::::::::|/_/ ヽ
                  //⌒ /    `⌒ヽ::::::::: ∧  '.
                  // / /     |   ⌒\:::∧  '.
                  ' /  ,:  | |  |l |       ヽ::ハ       あー、一応、
                / 〃 //|  { |  || {    :  |  |:::::|     その条件を満たしてそうな奴もいることはいるぜ?
                // //ハ  V{  |{ l\  {  |  |:::::|
               | l |l |/⌒∧ l | リ| l__|_l| l|  |:::/ l |    鍋島元茂の嫡男、鍋島直能のことだが、
               | : |l ィチ≧、|__从_|_|从__,ハ |  V  l |   こいつは小城鍋島家の次期当主だ。
               ∧|八 { vzツ l、_r, イ芹ミ、 V l |  V|   ま、常識的に考えて、養子は無理だわな。
               /  \}\====''⌒乂__vzツ,ノ}/  ∨}   、
               , // l圦      '    ̄ ̄ /   l|,八  \
            / / ,   个    、       ィ/イ   {  \   \
           / ,:  /    /-、>  _  ィ// |    V     、  `   、
      ,   _´   /  /'ニニ\}  , -、  {/ィニ|     }     `r- 、 `ヽ、
   , r、-r-r^Y ∧ /    /ニ{ニ/--/|/ ,.:  Y |、〉从  l V \    \ '.`ヽ  '.
  / | \\\  \ {   { ∧ニ∨- /  (_/ // ̄|ニ/ / /  }-、  ヽ   \ ノ  }
     ||:\\\\  ヽ 人{ニ、ニ∨/   >´ / ̄ ̄|' /  ,ニニ、 ':.         〈
 {  ,:||:::::::\\\\  VーニニV >´ > ´    ------、/ニニ{  }        \
  } , ||、::::::::::\\\ 、  Vニニ//  ´  _  -=≦  ̄ ̄l |ニニム  |        }
 / / ||、\::::::::::>>、___}ニ/´´ -=≦      --::::::::: { |ニニニ∧         /
,:     ||:::\\:::::::::::::::::} ≦⌒≧「  r :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |ニニニニV       /  |
  / /||:::::::::\\:::::::::::|(_|---- |__) |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |ニニニニ∧    ,
  ,:   ||----- \\:::::l |---- l   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |、ニ≧=-:::∧  /
 /   ,||------::::\\l |     l   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |/\:::::::::::/ ∧/
  / || :::::::::::::::::::::: \l |     l   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |:::ー、\イイ:::::〉


                       .          __
                            , -‐''":::::::::::::::::::::`::ヽ
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  …結局、この時点だと、     .....  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::',
 十兵衛が死んだら、まだしも    ..  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::/ .',::::::|
 本家を継げる見込みがあるのは    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::/_|;'ノ .',::::|
 宗冬だけだったんですね。      .  |::::::::::::::::::::::::::::::r.,:|!:/ ‐‐┳ |iヘ|
                       .  |::::::::::::::::::::::::::::/r,||ソ   ┃ ',. '|
  で、その宗冬も、          ..  |:::::::::::::::::::::::::::ヾゝ|      ヽ
 既に別家を立ててるとなると…。  .  ./:::::::::::::::::::::::::::::::|ミ` レ     〉
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::|   '' (_`/
                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::|''' ̄7ニ " 
                       /:::::::::::::::::::::::::::::/_`_'   /ソ.〉 
                       ::::::::::::::::::::::::/   >'''ヽi

781 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/05(月) 03:33:41 ID:xPD6Eof.0
                 _    _|\_
                '.:\::..、 \:::::r,::/
                \_\>--≧\-、__|\
               ,  /:> ⌒´ ̄\---、_|
                ´/::/            \
              //:::::/    /    |  ∨  : '.
               ',::::: //     :' /    | |  |   | '.
             / |::::::| '   / /-/- 、l| |  |   |       そういうこった。
              {::::::/    | '|_∧_/|_ハ  |-、/   |    大体、周りの誰もが、十兵衛が死ぬなんて
             | V::|    {/ ィf亢ミ   ー'{_/`| l |    考えてなかった訳だしな。
             | /V |    |   (_ソ    ィ亢ミ∧_/
             ,   {  |    |         , (_ソム{       この状況で跡継ぎを決めてなくとも、
             /  |  |    |          {  |      責めるのは気の毒ってもんだろ。
           ,    ∧ 、   |      r  、   人 '.
           /   / ∧ }  , >        イ  }        実際、息子が生まれる可能性だって
         /  _/_/- } /  |-、   ` 7 ´   |  ,:  }    まだ十分あった訳だしな。
        /  /ニニニ|'    |ニ\ {---、  | /  ノ     親父を鑑みるに。
       ,    /ニニニニ人  {ニ\ ∨ニ>- / {  {
       /    /ニニニニニ\ \ニ>=くニニ{   \ |
      ,:    /ニニニニニニニ ーニ{{:::::::}}ニニ`ヽ   ヽ
      /   /ニニニニニニ{ニニニ=-V='〈ニニニニ}   }


            ....                          ___     ___
                                   //: ̄ ̄:`:´-― 、\
                                   //: : : : : : : : : : :   . \ヽ
                                  //: : : : : : . , : : : : . : : : : :.\、
                               /: : : : : : : : : :/: /.::.::.ヽ: : : : : : :. \
                            /.: : : : :/; : : :./! /^V^、: \: : : .',: :..丶
  そうですね…。  .                /:: ./: //: :.//: /     \::\: : l: : : }
            .....              |: : l:: //:/__//     __\ : : l : : |
  それじゃ、話が長くなりましたけど、    .|: : ..l //´ ̄`     ´ __ `\: :}: :./
 本家を継ぐことになった宗冬の話に  .  ヽ.: ハ:| Y´「[」ヽ      /|└|`Y l:ハ.イ
 戻りましょうか。 ......                  |〈  、 ┴┘       └┴'   l ノ|
                               |::.\ハ       ,       ル':.|
                               |::.::.:: .:、     ___,     /: :l: :..|
                               |: ::.::.: . \          /.: : :l : :|
                               |: : ::.::.::.::::.::>.、       イ.: : :   l: : |
                               |: : : ::.::.:/| ̄:`: ー .´ ̄|7ヘ: : : :l: : |
                             : : : : :|: :i: :.i:/ _,ト 、: : : /二`ヽ/^ハ: :.:l:.: .|
                         : : : : :, ┴┴┤ / |: : :>' ̄.   \l__〉.:|: : |

839 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 04:56:59 ID:obi5hYxY0

 柳生本家、上屋敷──

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

840 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 04:57:52 ID:obi5hYxY0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| / 
//   
/       / ̄ ̄\
       /    ─ ─
       /   . (●)(●)
      .|      (__人__)     .…義姉上。
      .|       `⌒´|    左様な訳で、御本家は私が継ぐよう
      ヽ        ./    .上様より御沙汰がございました。
      /ヽ       ノ
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


               ′            ヽ
               冫    、       __   ヽ
               /'、.   ヽ   、   ′〕  .|
             / "`゛` ゝ--,ヽ、 ヽ   l ノ   /
    ,---、  ,,../     -─   \ {、 /  .ノ
   ./ ''⌒ 、 ヘ'''´            /'ゞ-― ̄
   |    ノ.         ー─ゞ l          …そう、ですか。
   ヘ、 _ 〉           丶  .| 
     ゝ lゝ               \
   /                  _ノ
  /                _/
../        `-、        /
            > - 、   /
           '´  r`  ̄

841 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 04:58:10 ID:obi5hYxY0

    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\       .お松、お竹の二人についても、
  /   (●) (●)ヽ    然るべき相手へ嫁入りさせるまで、
 .|    (__人__) |    .養育せよとのお達しでした。
 .|      `⌒´  |   .
 ヽ         /      .…義姉上は、如何されますか?
 / ヽ       ノヽ    御望みがあれば、出来るだけのことは致しますが。
/           ヾ  


            r<: : :  ̄: `丶
         -<: : : : : : : : : : : : : : \
      r≦: : : : : : : : : : :_: : : : : : : : :\
     .′: : : : : : : : : : : ⌒)ノ: : ヽ : : : : : : ヘ
     i/: : : : : : : : : : : : /: : : : : }: : : : : : : : '.
     l〃:/ : : : : : : : : : : : : : : : / : : 、: : : : : :!
      {: :/: :/i : : : : : / : ノ: : : /lヽ : :ヽ : : : : l
       Y : :{⊥ハ : : / /--ノノ 八: ヽ:__ ヽ: : j
       ヽ从T卞、\{  笊示x  \/´l: : :Y       私の望み、ですか…?
         ! 上シ.    上シ    j リ : /
          '.   ノ         oイ: : /
          .  ヽ         | :ノ:/
            \  .--    . ′!≦ニ二三三三i
             \   ,. ィ    |:\     ̄ ¨ ヽ′
                ノ:千!       ト、:丶
              (: : :r┤  __,丿 i : : 冫
             〉:丿广 ̄ /  |.: :く

842 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 04:58:45 ID:obi5hYxY0
       /     //  ./        〃 ヽ 、ヽヽ
        /     l !  / l...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'´:.:ヽ.....! ヽ、!
       i   ,   'l ..:l.:.:.:|.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:l:.:.. ',l
      ! /  , '人:.ト;.:.:l、:.:.:.:ト:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.!:.:.;':.:.: i
      ! l  .:/..:.// ヽ!ヽ ',ヽ__ lヽ:.:.:.:._;リ;/_,イ:.:.:. /
       | l /:.:.:.:/:/ ‐'"_二ヽ`ヽゝヽ:.:.〃=く l:.:. /
      !i :.!:r ‐く:.l -マ´!:;;c' ヾ     レi:;;c' ノィ ´     …私は、御家が残り、
      '、l|:l( ヽ,`   ` ー‐'-      ー'‐  !     娘二人も無事であるならば、
       ヽl:.l、、 ー,             ';    .,'     .特に望みはございません。
        ヽl:.ヽ''_,,         . ノ   /
         ` 、ゝ:.!\     _    _  ,.'         .娘達が嫁ぐ日まで、
   _,,.. -― '' " ̄_,l  \      ̄''  ∠,       .静かに過ごせれば、それで…。
  <    ,. -‐'"´.:':.:l:. : : :`ヽ、    / /
   ヽ/,. '´ /:.:.:.:.:.l   : : : `: ーiく ̄`
   , '´ /:.:.:.:.:.:.:.:;'     : : : : :!:.:ヽ
  /   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'        : :.l:.: ',
  !   .:.:!;.:.:.:.:.:.:,-ノ..,, _       ヽ i
  ヽ   :.:.:.ヽ/_' /   /`'"ヽ、---- 、\
  / `)  :/   `    - 、 ,.へ、  ` ヽ


    / ̄ ̄\
  /  \  ./\
  /   (●) (●)ヽ     承知しました。
 .|    (__人__) |    そのように致します。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 / ヽ       ノヽ           |  …内膳様   |
/           ヾ          ゝ_______乂

843 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 04:59:10 ID:obi5hYxY0
   ノ′        /′  /          -     ヽ、   │
 /′   ′    /    {                 ヽ   ヘ、
./           ′   |               、   '、   ヘ
.l    |  .│    |.    i             ′ }   |   ヽ.|
.{    l.  │    ′   |            ..、    | ノ、   .l
│   i.       |     |         、 ノフ  、 l.丿 |    |
│    ヽ       ヘ    ヽ       ,..ィ/ン'''/ .〃 /|  .|   .|
弋     `ヽ、 ゙ゝ、 ヘ ヽ ∟ '、ヘ   ノ'ン⌒ -─ー_j/ ./ '、 丶  /.l
 ヘ、   ノヽ lゝ、>fぅr ̄ ̄''lゝヘ ゝ /   f'フ゛ ``'i{ミゝ..、 } rー / 丿       柳生の家を──お願い致します。
  \.. .//´ Y1-〃 l}__  │   `|/   -{_....、   .| ゙|)-ゥ / ´.|/
    ` .{  |.l┤. 丶゙ゞ 丿 /         |二-┘ 丿 ` ,'ハ 、_フ
      ゙ 、ヽ '|'、  ''''''''''""´     .|    `゙゙'''''''''''′ ,'ゞ_ノ ノ
       \ '从  -丶丶       _'、    ‐‐ ‐  ,'ニ ン
_____,-ニ之         ... _l丿          lヒニ--一‐'''''' ̄フ
           '、                   /         ./
    __--っ‐   ゙ゝ       ー--ー      ./     '-―ー--/
`ー‐" _-‐'´      `ー、       ̄      /       `\
_..-‐"´            |ヽ、          /|         .│
′             ′ ヽ       -'´  |           |


    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |    ………。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

844 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 04:59:36 ID:obi5hYxY0
. 









                        `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                         |    ──承知仕りました。     .|
                         ゝ_____________,ノ









.

845 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:00:02 ID:obi5hYxY0
               ′            ヽ
               冫    、       __   ヽ
               /'、.   ヽ   、   ′〕  .|
             / "`゛` ゝ--,ヽ、 ヽ   l ノ   /
    ,---、  ,,../    . .r‐'〆ソ  \ {、 /  .ノ
   ./ ''⌒ 、 ヘ'''´       ′ { /  /'ゞ-― ̄
   |    ノ.          `‐ゞ  l  
   ヘ、 _ 〉           丶  .|        ………あなた…
     ゝ lゝ               \
   /                  _ノ
  /                _/
../        `-、        /
            > - 、   /
           '´  r`  ̄


 十兵衛の死後、その妻であるおるいがどのように過ごしたかは不明。
ただ、『玉栄拾遺』によれば、貞享四年(1687)に亡くなり、
麻布の天真寺に葬られたとあるので、その後も江戸で過ごしていたようである。

 【玉栄拾遺(十兵衛の項)】
 『室、宝林院殿玉英宗珠大姉、貞享四丁卯年三月八日卒玉フ。
  .武州麻布天真寺ニ送葬アリ。和州秋篠和泉守某女』

846 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:00:50 ID:obi5hYxY0
 十兵衛の二人の娘、お松、お竹については、
宗冬が成人まで養育した後、それぞれ十兵衛の弟子と思われる直参旗本の家に嫁いだ。

                  /、    ィ
                |ヽ/∨  \/ :|/| /| /
            |\|             "  l厶イ
        ト 、|                 /
       、|                      厶イィ
      _ヽ                        ′
      \                       /         生まれは寛永八年(1631)で、
        \    / / /| | 、、     ∠ _        慶安三年の時点だと20歳だな。
.     , -‐=\/ //!/|/{ | | ! }\ ヽト /   `ヽ.
   /        l /7Tトミ_,ィチ丁 フ ヽr} }        \      .二千石で両番筋の家だから、
.   /        l.`ト=イ⌒'ー‐ '   レ/           \   .十兵衛様の娘を嫁取るのもおかしくはないぜ。
  /             ',  {       /´|-―――- 、   }
           _ヽ  、 _   厶斗   ´ ̄  /
         ∠   _\_  -‐ ´        〈 
             跡部民部良隆
          (あとべ みんぶ よしたか)


        ____  _/    /ヽヘハ、ヘ  ,  Y´   ちなみに、孫八郎(嫡男・良顕の幼名)は
 __ ==   ̄ ̄ ̄`Y´ /V      ___ヽ^i,イ l   後に国学者として功績を残してるんだよ!
'´ ̄              l lハ! ,. =     ´ ̄`  l  l
             l  l ´ ___    ,=、、 |_  l           , -‐、
   /`ヽ        | 、l, _〃rヽ     {t㌧ } l-ヽ ',        /   , '
.  {   \       | f ヘ´ヽtソ  ,   ` ´  ! ,ノ ヽ     _,,..ノ   /
   ヽ   ヽー、     / ヽい ,,,  r,==i  ''' ノ´ヽ  _ヽ-r'´    '´|
     \    ヽ-―¬、 ___ヘ.  ヽ.. ノ /,>'´ ̄'   l     /-亠‐- ._
   ___,,ノ` 、   i     ヽ ヽ`ヽj ー- '´Y´{        l,    '´   、    `ヽ
-‐'´     ヽ  `ヽ、      | i ヽ、 ,r ! l ,    /   ノ    ト、    ヽ
   _,.ィ ,    `    ヽ    l l ヽ、 ´ j  l {.    {   ,      \   ` ー-‐'
. ‐'´  /         }    ノ j   `t-‐'′ ! ヽ .  ', /    ,.!  ヽ
    /   /   !  ヽ  /-―' /    l /    ヽ `>Y   ,_i  l l    ヽ
   ′  /  ,'ー|.  Y´  〉 /     li     ヽ/、 /  / !  l 、   }
  l   /  /  l   !/ {`       l!      `}.{  /  {   ! `ー‐'
  t__,.イ /)イ ハ  ハ. ハ  !      l|   i   /l ヽ.イ ノ} ,ヘ._,ノ
     `´   ヾ ヽ ' `i   l       l !   |   ト( '´ ´

 長女のお松は跡部良隆に嫁ぎ、万治元年(1658)に嫡男・良顕を産む。
その後、更に一女を得て、元禄二年(1689)に亡くなったという。

 【玉栄拾遺(十兵衛の項)】
  『長女。字松、跡部民部某に嫁ス。元禄二巳巳年正月廿一日卒し玉フ。号長春院殿』

847 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:01:47 ID:obi5hYxY0
                 /: : : : : : : : : : : : :``、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : '、
               /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : '、
              /: : :./: : : : : : : : : : : : : : ,、: _: : :i
              i: :i:./: : : :./: : : : : : : : : :.i `ミミ、:.i
              i: :i.!: : : : :i: : : /: :./:/://    i::ij、!
              i: :i|: :!: : :.i: : ,イ: ,イ: !: !:i    i::::|j      僕は正確な生年は不明だけど、
               Yr!:.|: : : ト=L|;/ |:/!.ハj _/ j::ノ      この5年後で初お目見えだから、
              人 !j、: : i:./-r-ミメ、リ ,イ:{「〉|/      跡部殿と比べたら年下だろうね。
             /  リ-!: : |i'ir'::Y^`   {└'´ ト、
            /    i::`、 i   ̄    ij   /:  \     ちなみにこの年、父から遺領千石を継いでるよ。
           /     '、:::N、     ' ノ   イ::     \
        /        ::'、::::`、  --一 ,イ:::      \
       /   、      ;::ゝ  ゝ __ ./:::    ノ     `、
                    渡邊久蔵保
               (わたなべ きゅうぞう やすし)


      !     /           〃 ヽ     !
      l     i     _ - ,.ニ〃ニ.- !     !
      l     l 二二....:::::::::::::::::::i::::::. i:     ',
     /      :', :_;;l!_:::l:::::::::::/!::_/!_:: /::.       ',
.    /     .::,ヘ  l'、l、:::::://::///ヾ;:::       ',
    /     /, ‐,ニヽヾヽ::l//,.‐,ニ、ヽヽ:.     ヽ      …私達の間には子供が出来なかったらしくて、
.   /    ,.ィ ーi 〃;r‐`` ヾ!  〃;に' lrヽ:..     ',    義兄(渡邉均)さんの三男・廣(ひろし)を養子にしたの。
  /    /‐、! `! .!:r:;7:リ      !rj;;:::リ '  l,ゝ、     ', 
  ,'    /::!   !   `ニ'-      `ニ´‐  l  ノヽ:..   l     .久蔵さんが寛文九年(1670)で亡くなった時、
 ,'   .::/:::::ヽ.,_',         '         ,'ー'´::::::ヽ:..  !   . 廣はまだ5歳だったから、もしかすると、
 !  .:::i:::::::_;;::::::ヽ     ー -- ‐     /;;: -―-::、:::. ,'    末期養子だったのかもしれないね。
 l  ::::l:/  〃::`ヽ、           ,.ィ´:::::::ヽ   !::: ,'
  ', :::::l    ,ゝ:;;::ノ /l'::.. .,   ,..イ、 ヽ::;;;;::/     !:::,'      .でも、せめて、ということかもしれないけど、
  ヽ ::::l    ( ::::::::>' lXヽ,、  ̄_,. ィXlヽ(:::::::..ヽ   l::/     .お姉ちゃんの娘(姪)を廣の嫁に貰ったの。
   ヽ :ヽ,-―ヽ,.ィ'   !, X  ,`-、 X  ! ヾー r '   / '
    /ク`.::, '´ !  l/、 ,.イ   〉, X !   lヽl
    /.:/   l   ! / ヽ⌒l ヽ l    ! \

 次女のお竹は渡邊保に嫁いだが、二人の間には子は生まれず、保の三男・廣を養子としたという。
しかし、その廣も実子を得ぬまま、お竹に先んじて亡くなった後は、大崎邑(現在の品川近辺)に移り住み、
そこで享保十九年(1734)に亡くなったという(渡邉家は更に養子を得て存続)

 【玉栄拾遺(十兵衛の項)】
  『二女。字竹、渡辺久蔵保ニ嫁ス。享保十九甲寅五月五日卒シ玉フ。号福寿院殿昌室宗久大姉。
  蓋享保十七壬子、長子久蔵広卒、後有故武州大崎邑別業ニ引取居住セシメ玉フ。
  且渡辺氏ハ石川氏ヲ養、号新之丞滋後幽操、其子久蔵』

848 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:02:33 ID:obi5hYxY0

 …さて、話は戻る。

 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /        / ̄ ̄\
//         /   _ノ ヽ_\
/           /   (-) (-)ヽ    …どうにか本家が断絶せずに済んだのはいいけど、
           .|    (__人__) |   私の元の四千石は収公されるんだよなあ…。
           .| u.    `⌒´  |
          . ヽ       nl^l^l   あっちの家臣、どうしよう。
            / ヽ      |   ノ
          . /        ヽ く


   / ̄\
  .| ^o^ |  たいへん ですね
   \_/
   _| |_
  |     |

 本家を継ぐ事になった宗冬であるが、
その代わり、それまでの所領四千石を返上することになった。
一族全体で見れば、四千石分減った形となる。

 【玉栄拾遺】
 『慶安三年庚寅年、家兄三厳公因于早世無嗣。
  同四月三日、家秩八千三百石ヲ賜ッテ相続シ玉フ。
  此時始ノ四千石返呈、武州・常州・下総等也』

849 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:03:30 ID:obi5hYxY0
         /           、 ヽ       `、
        /           / /'´ヽ  '、        ヽ
        l         / /   '、  l         l
         !       l / /    ', ト、        l
.        l  !    l /!/__    ', l `,        !
        !  l   l  l トl'---ゝ、   l!  ヽ       !
        l ,イ   l l!l'Tテニミ、    l -=! l l     l  
        ! l!|   ll l弋ゞ=ソ`   ′処ニ!|l    ll      両家のうち、新しく抱えた者たちは召し放ち、
.        l 'l   |l l !         ゞ=! l l    ll    後は、なんとか調整するしかないでしょうね。
        l  l!    l l l'、     ..:: 、   ノ//   |ll
       /  ll!   lヾ'、ヾ      ,. -=',;'/   / .jl      あ、ちなみに私も本家に戻りますので。
       /  i!l|  ト、゙ヾ、   ― 、 `"´/   〃 /i!
      /    ヽl、  ヽヾ'、    -  _トゞ=‐'  // / !
   ,.ィ'´/     ト、',\ヽ`、 ヽ、   ,.ィ´ `ー-イ´/'´
.   / ,イ/l l l ヽヽ ヾ、 ヽヽlヽ `〒´イ   | /
  ヽ/ l! i!'l l  lヾ=‐  、/l/ ,'//,' j  l!  ヽ l
     ′ ヾ'、  \_   l r l//ソ l/ ,ィ ll ヾ ヽヽ、


    / ̄ ̄\
  /  _ノ ヽ_\
  /   -=・=- -=・=-
 .|    (__人__) |     …割といい性格してるよね、お前。
 .| u.    |r┬|  |    まあ、いいけど。
 ヽ     `ー'  /
 /   ヽ     ノヽ

 なお、直参には召抱える家臣の数が定められており、

  八千石級(十兵衛) .: 171人
  四千石級(宗冬)  : .79人

 概ね、このようになっている為、ざっと80人ほど召し放つ事になったと思われる。
おそらくは本家分家共、新しく抱えた者から召し放っていったと思われるが、詳細は不明。

850 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:04:48 ID:obi5hYxY0

                    ________
                  ,.ィ升三三三三三メ,
                 ,イ三三三三三三ア/ム
               ,イ三三三三三三ア/,<'//,\
            >く三三三三三三ア//イl| `'ミ//,\
        l二ア´三三三三三三>く彡イ:::|::|  /`'寺/≧=ァ
         `寸ZZZZZZZZZ彡イニニニニニニ7 _二><
         .|| l\ >´/ ̄l:l::| ̄¨ア ̄ ̄7__./二__|   |
  二 ̄ ̄ ̄7‐‐=彡_ ∠___∠」jl:|__,ィ───/__/__/_|__,,.. |
 ::i:i:i:/___/i:i:i:i:i|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l‐.|:|::| .TT    _____,,..
  .:i:i:i:|」」」|i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|柳|::|「「「「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
  ..」幵幵:i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|生|::||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
    . 二ニ=-[二二]」∟∟」L.l:|::|_|::||i:|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
      .          二ニ=- .」_||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                        ̄  =-  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                ̄ ̄


    / ̄ ̄\
  / u.   ノ \
  /      ( -)ヽ     …初めて得た「自分の屋敷」だったのに、
 .|       (__人_)   三年で返上かぁ…。
 .|  u     .`⌒ノ
 ヽ         ./     ちょっと切ないな。
 /   ヽ     ノヽ
/           ヾ

               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ ┘    ,ヘ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ー 、     〈:::::',
             /:::/:::::::::::::::::::;ィ::::::::/::::/ ̄`l  , ‐ 、ヽ::::',
.           {:::;i::::::::::::::::l;:::{_!:l::::ハ:::/___」/}::::::::``::::l
            i:::ハ::::::::::::トハ:{ ヽ'、{ ヽ{    ` ソィ::::::::::::;:!
          ゙ヾ丶:::::ト;lz=≡ミ    ,ニ=ミ、'ィ::::::::/:::/'     でも、戻るのは生まれ育った元の屋敷でしょ?
            { lヽヽ`〟    ,     ノ ィ7イ;ィ′
              ∧!:::',`    ::l    ″ /:::l,ノ:{       どことも知れないところに飛ばされるより、
             /::::l:::::ヽ    、    ,   ,イ:::::l:::::|      いいと思わなきゃ。
             /::::::l::::::::l:\    ̄   ,.ィ::l:::::::l:::::', 
             ノ:::::::::!:::::::l:rーヽ、 ,- <-'1::l:::::::l:::::::',       「…まぁね」
      -―∠___l::::⊂ニ彡;三二;;;、゙ヽニZl::::::::l:::::::ヽ___
               j::::;; - ''´ , ;-r;r‐-二ぅ-ゝ、::l´ ̄    ,.-1
           , -''"´    / _lj__ゝ \    `ヽ    /  l
          /   __      ̄__,,,,,フ   `- 、  ヽ /    l
               宗冬正室・美弥(仮名)

 また、内膳家に与えられた屋敷も、今回の公収に伴い、これも返上となった。
こうして、僅か三年で「柳生内膳家」は断絶したのである。

851 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:08:16 ID:obi5hYxY0

 ── そして

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_

852 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:08:52 ID:obi5hYxY0

    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |     .…呼び出してすまない。
 .|      `⌒´  |    助九郎。
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


               ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,、、、,,,,
        ,、-ー'''''''''"~            ~'-、
     ,,、-'"" , '" r''"   ,、 '''iiiiiiii,,,,,;;;;;;;;;;;;;、、、 ヽ
     )  ( (  (Y イii"イ"iiiiiiiiii """"   ,,,,、,,,, ヽ
    r'   ミ((iii、,ii,,ii,,,,、、|iiiiiiii",、'"";;;;;;;;、z',彡三ミ ヽ
   り ミヽ,、-'"~~    "ヽ|:''"ノ"" "   ;;; 了ミ ヽ
   {  ミ |(::::::::     ii|   :::::::: ::::    ;;;; ミ   〉
   'y ≧入::::::::   ~::、ヽ;;::::::::::''"/:::...... ;;;;;;  ミミ  リ
   / ''"彡乙:;、ー '''""''ヽ;; ;;;:::''":''"ノ:::::::'''ー-:::: ミ、 ヽ
  j ''",、-'r"::,,,,,_____t::ノ ;、,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;、、::: iiミ'  ヽ
  t、、ツ"'イ:::"シ;z-ミ;;テ-;;、;;Yュヌ);;;;;r;玉ヲ三ミミミ~'、ミ \ )     …内膳様。
  /rイ|彡ii  シ,," ̄ ̄::::'"{ァ ~リヽ:::::::::::... フア:::" |ミ ミi| 'i    この度の十兵衛様御早逝、まことに…。
  i|'ii| |ヽィii   ""::::::::::::: 〉 、,j :|i:::::"""" tt  jレ)リリ リ
  ヽ、tヽ't、t::::    ::::::(,,,(  ),,,)::::::::::   )),,;;iヒノ/  t 
 、 ノ:::ヽマ'';;;:::::::::::'' '''",ゝ::~'''''"''"、、,,;;;;、::..../ "|、,,/、  、リ
  ''/ :;;/~'ー'i''''::::::: ,、'",, ,"iiiェ、;;ii、_ミミミヽ、::::::  i:::  リ,  t
  レ ,i    i  :::: iiii"ii,、-''~"""~''''マヽiiiリ::::::  |:::  ノ/  〉
、,  | i.    |  :::::'"tii'":イ;;;;;;;::::::;;;;;;、,,~')iiij:::::  リ:::  ヽii|/-、
;;;~'、,ゝ|    t、  ::::::::::::::;;、 '"::::::~'-、;;''   ::" ノ:::::   リ t:::
;;;r'"三|     ~'' 、 ''''':::" ::::::::::      ,、 '":::::   ヽ:: t:::
;;j 三ミ|    :::::::::::~' 、    '':::::::::''"  /、:::::::::::::::   リリノ;;
;|:: ミミリ   :::::::::::::;、 '":ヽ    '''''''" , r"::: j:::::::::::::::::::  ,r'三
;;i;;三::ヽ,   :::::/::::::::::::::~''' """"""::::::::: ノ:::::::::::::::::::;;;、-'ー''''
                  ,,,,,,,,, 、、、、 --ーー''''''""::::::
           木村助九郎友重
        (きむら すけくろう ともしげ)

853 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:09:19 ID:obi5hYxY0

      / ̄ ̄\
    /       \
    /          ヽ
   .|    :::::::::::::::::::::::|    .…うん。
   |    :::::::::::::::::::::: |   .だが、家の件は上様の御情を賜り、
   ヽ    (__人__) /    なんとかなった。
   /   ヽ   `⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |    問題は…流儀の件だ。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


              ,,,,r‐==‐-、
.        _,,rf‐=〃〃彡彡三ミュ、
.     rf〔ミ《巛彡;,彡´`゙巛三;;ミミュ 
.      {ミミミ》i!rf¨゙;::.   ミミミミミミ 
      ミ广゙゙゙゙,´ /:: .___::... ``'ミミミミミュ     ……はっ
     ミ1  :;;; ::ゞ‐tァ=‐ .、::....ミミミミミミ、
.     ミi =tァ.》 ;;;;:      ';:::..ミ)刀ミミミ
        ii! ゙゙゙゙〈,.,,、   . ,.'::::...、夕゙ミミ゙゙ミ、 
       `、   ,;;;;;;;;;;;;;;;,,、 ',;:::::ll;;::. レ巛゙、゙、‐-、, -‐‐
          ヽ lili!'゙゙¨゙゙゙```  ゙:::.》:   ',ミミレ′;;:::
          ',   '゙゙゙゙゙`   ;; /;;:.   ',ミソ;;::...   /
         , ヘ ;;,,,,,,  ;; /;:: : ;;:.     《;::..  /
         /;;;;;;;!  ''゙´ /;;: :  ;;;::.     》;;:. /
       /;;;;;;;::::::`','⌒´::::::::::   _;;;.. ‐-、;;;||;;:. /
     〃;;;;;;::::::::__:::ヽ--‐‐==升     .|:::||__/

854 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:09:51 ID:obi5hYxY0

     / ̄ ̄\;:
  .;/:::::::    \;
   /:::::::::      ヽ
  .|:::::::::::         |;      …私は、兄と違い、
  ;|:::::::::::::         |      未だ、印可を得てはおらぬ。
  ヽ::::::::::::::      /;:  .  だが、兄が亡き今、いずれ私が竹千代様…いや、家綱様の御指南をせねばならぬ。
  /::ヽ:::::::::::    ノ       さもなくば、当家の新陰流は、御流儀たる面目を失ってしまう…!
  /::::       く;
  |:::::        \       .助九郎、私は…!!
  |::::        ヽ、二⌒);


                     ____
             __,ィ7ア´ ̄       ≧、
             rf⌒/{/ // _r'⌒ト==彡⌒ヽ
             }ト ミwー┴‐一'´    ミ==≦  │
.           } }  __,r―一   }二  ミー--|
.            {´厂 }'"´      ミ==―  ___|
             V  j八==r‐tチァ    ̄ト--- 、{     …皆まで申されますな、内膳様。
          `モtッ }  ト ̄`     } ミリハ |    この助九郎、既に手筈は整えておりまする。
             厂}  ー {_     ,ィ'⌒}ミク ノ} リ
          八 >ーへ__       |(し'| l |     お前達、来てくれい!
.              Y_,rーーミ、}         |  ハ从{
             | -=ニT         }    | 
                }    \    j_ イ ̄ ̄ ̄           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄γ
             |      /   /                 l    応!!   l
.              __|___/     /                  ヽ、______,/
             / /    {     / |    / ̄ ̄
.          /  /\__}____|   /
..   __/    /{           | /
.  // /     /o\________| |
. / /   /    {/ ̄ ̄    /  \
/  {   ∧    /ー―   ニ二/ (_)   \
   \/ \  {\_   -―{  (_)

855 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:10:18 ID:obi5hYxY0

          -'''ー'`'''''"`"`'ー、
         .´ ,,  ,,,// ィ ,,,rr  `
       、'´   |从 lll",,," llllj '' `'、
      .{  ,, l从从从iiiiiii lll从 ll ,,   '、
      {  jj゛|||'''从从:::''''""/"jj   }
      、-、|lllll|、,,, l|||l从;;;;/''"'彡シ   }
      (ミ'ミ   ゙゙''' 、ィヽ)ヽ::    '彡:シ }
      ミッ|      リノノ:::::::  ィ彡,,ノ,、}
      { ミ}r 、_ {  "彡::::::''" ,,゙'' 、::j´、',      .フフ…このような時、
        }::l|ー-、ヽ}_ O'"_,,、-''イ::ツ }jリ, リ     我らに声を掛けて下さらぬとは、水臭いですぞ。
        ヽ',シミ゙'、;;ヶ、ili、ィ;ィ;;乏彡ミ /ノ''/|,,,,__   内膳様。
         '、 `""´: | ''''''::::: ̄  /イ,,/:::}
     ,,、- '''"ヽ   ,l,,  、:::::::   /リ:   } | ̄
 ,,、-''"      ヽ  `'-''´  ッ::  j::   レ         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
'"(         :ヽ  ー-ー ''´:::   ノ::: ヽ/           |   与三…!  .|
  ヽ,,,,,, 、-、    ::ヽ  '''''''"ツ:::: /:::   /           ゝ_______,乂
        ヽ  ri::::ヽ   レ' /:::::  /
゙' 、      ヽ/ t::::::::'、,,_,,/::::::  /
 ̄`'' -、     ゙' 、ヽ、::::::::::::::::: ::::/      ,,
          村田与三久次
       (むらた よぞう ひさつぐ)


         , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_
        /             "'‐-‐ァ ,
      /                ^ーノ ノi
     /   /          ,      ̄"__ノ __丿
   /   /        ,'   ノ     、   二-''
_,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ
    , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ',
 ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '
            /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '    今、ここにはおりませぬが、
             / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′   (庄田)喜左衛門や(狭川)新三郎をはじめ、
          / / |l |      ,  ',       .皆、気持ちは同じでございます。
          , ' ∧ |.i l      r= - '
        / ,、' '、 i '、'、    -‐r′  
         , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
       /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´
      /升     , -''"           "''         |  平兵衛…!  |
    /ィ斗   /                        ゝ_______,ノ
        出淵平兵衛盛次
     (でぶち へいべえ もりつぐ)

856 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:11:19 ID:obi5hYxY0
                          _______
                        ,ノ_,ノ/二ニ=─   \
                     _rァ'⌒{ r―==彡ー―~'   \
                    入i{ i{   jf⌒  ̄`ー==一'⌒  ヽ
                     ト->へーヘ廴{し'ー====彡く__   i
                  ミニ }   i    リ      }ミヽ   }
                     {レj     \  ノ      ミ三三  l
                    〈//  __\八{  _    ミ、 ̄ 人        我ら、但馬守様に御恩を受けし一同、
                  }ハーt‐もテト { 亡をテラ'  トミ_   }     内膳様をお支え致しましょう。
                      V| ´ ̄ ̄ハ  i ´ ̄ ̄`   jリハ j }`Y
                  N   r‐〈  {  }      /イク^リ 人      なに、この助九郎の見るところ、
                 }ヘ     `ーヘ \___     |ー' |i{  }     .内膳様は技に於いては十分な腕前。
.         ______| | |  f⌒ ̄_⌒ミ、 i`ヽ   {  jノ 八    必要なのは自信…いや、納得でござろう。
.         /  /  / L| l  ,レ' { ̄ ̄ ̄) リ      |   廴{___〉 / .
       /  /  /  /_」人   ´丁¨¨`     _ノ    { //
.    /  /    { |   {__{ l \|   ノ      jリ //     /{
..  /  //     | |   {__}_l   |_____/イ  /  _,ノ _{
.       / /     | |   /\\    }      / / ̄ー___/|
...    {  |      | |___/   \\       / / ー/ /} |
    /|  |       | | }\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /⌒∨


    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (○) (○)ヽ
 .| u   (__人__) |    自信…納得…。
 .|     `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

857 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:12:04 ID:obi5hYxY0

                 ,,,,,,__,、  _
              ,r ' ., , .ii, , .))``` ヽ,,
            f`、__(_(_((iii,ヘ__ノノノ .`、
            < 彡   .:: :::ノノ::::.. ´彡'、
            f 彡ri、 ::::'' ::::::,  ,, , ミ .'i
              (,(ノl vゝニニノ'((ニニニノノミ f      その通り。
               frゝ '─’ゝ l `‐¨‐'´ / /,     助九郎殿の申すように、内膳様に必要なのは、
               '、゙.',    r__ゝ........:::::yノlj     .己の腕前に対する自信でござる。
            < ,t',  ャ,-----.ァ::::::,',-.'
             ',/ ',  .' ,r--ァ/ :::: / 'ノ       .既に但馬守様も十兵衛様もおられぬ今、
            ,'.  ヽ   ̄ ´::::::, .'::::l       お二人に比して嘆かれても仕方ありますまい。
         /ヽ´,'  ::::ヽ__, .'::::::::::l .ヽ__
      , -f _, -/l   :::  :::::::::::::::::::: .l;;;  l─- 、、
ヽ-、,  '  .l / l;;;l   :::::... ::::::::   ::::: l;;;;l ',   ',',-v--─--
 //   .', //l_    :::::... :::::::::: :::::/ノ  .',   .',',
//      l    丶<── 、 ,──;;;/   ノ    ',',-u--、
   _     ゝ- 、    ヽ─── /  , - 'f   ____ .',',-, r‐ 、
 f  ヽ o ./ l   `ヽ、   `── ´ ,r '   l o .f   )o',f   ,'
  `--'   .ト、 丶、  丶         , - l    `- '  //-- '


                    . : ´ : : : : `ヽ、
                   /: : : : : : : : : フ‐z_
                  ′:  :/ | : /: :/ r、: : \フ⌒`
                 /: :  /_ノ_ノ/ノl/| | i|: : }
                     /: :  / ir‐tッミい}ノ i八|: |/:     これが、剣を握った事もない赤子ならともかく、
              //: : :;イ  `二≧( rら=、Ⅵ: }   内膳様は、但馬守様より直に教えを受けられた御方。
             /: /: : /:/         |¨⌒ У7    .何の遠慮がございましょうや。
            \ /  / / ハ    __ ーう′ /: /
                 \/ / /Y{   `ー ニフ  ハ/      . そもそも、但馬守様ですら、
                  ) ) ) ノ /   ヽ    ー‐   /: i′     御自身の腕前に納得されたのは、知命(50歳)に達してからと
               ノ / )ーく     \      /: :|       申しておられたではありませぬか。
  ⌒         / / (∧>、   ヽ __ノ : レ⌒フ
  ⌒ ⌒ ⌒   ( (  /⌒ ノ 〉r个ーx    / : : : |/ イ⌒ヲ  _
  > ´ ̄ ̄`ヽ   ツ( ( r' 人|ノ、V }} r彳: :  {/  ⌒7/  >
  / /=< ̄ ̄     ⌒Y⌒ヽ\|Ⅳ/ |: (r‐'イ  //> ∠⌒ヽ
 /  イ/ /´ ̄ ̄` (/    ⌒   〉 }/X:|rゝ  ヽ   ⌒/⌒⌒>`ヽ
  //  /  ((ノ   〉 ゝイ V( ヽ )ノ⌒ヽ!ノノ /    ⌒  ⌒ヽー ) )

858 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:13:04 ID:obi5hYxY0

                        }廴ミミヾ丶`    ,,.. -‐-- `辷  ミ、ヽ
                       廴_ミ ;   ,. '´ ;:    ,.:―  `辷 =ミ\弖
                    辷_ミ  ゞ'"´   ;、 ≧==布二ゝ''  Ⅵヽハ ミ__弖
                       廴_ミ ,′ ___ッ、  ァ^≦_,,,       }i,ハ :| ミ、_弖     .…十兵衛様が亡くなられた以上、
                        辷ミ、 , ク布アハ ;            /^|ノ 八  Y弖   内膳様に印可を与えられる者など、
                    /廴ミ、└' _彡' }   }ヽ、_,    ′:しヘⅥハノ弖   この世におりませぬ。
                        /   `辷ハ.    ミ/`ー‐く、、   `、   {/,   廷弖   .ならば、その納得は自ら得るしかございますまい。
                    /   |∧^ヽ      从小从仏爻    {/,  廷弖 
.                ∠二二}|_,ノ/|ll込廴ゞ     ハX´ ...._       .{/  廷弖    それまでの諸々、手が足りぬことがあれば、
             ∠二ニ=-| l|_,ノ/|l廷Ⅵ⌒:,      .'"...:::::::       八 / 廷弖   我らがお助け致しましょう。
             ∠二ニ=― |l|| ̄  |:l廷弖,∧      ::::::'"       .∧∨  廷彡'   …如何ですかな?
.          ∠二ニ=-  ,}|il|_____,ノ|l:l廷弖,,∧             ∧∨  {/
       ∠二二=ー   //|||(   |l:l:l廷弖,/j`ヽ、        ,∧∨   /
       ∠二ニ=-.     ///|l|ハ    |l:l:l:l廷弖,∨∧\    ___,ノ∧/ ,/


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |_
      |   (_ノ j {. '、 \
      |    }‐イ-上 〉.  \
      |    ノ´     /)゚o  ヽ.    …お前達…っ!
     i      r‐‐人__)    |
     ヽ   .ノ ` ⌒´    |
      i  !,         /
      .',  ヽ、      ノヽ
        \  .         ヽ、
         \          |.i
           |       .   | |

859 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:13:56 ID:obi5hYxY0

    / ̄ ̄\
  /  \.i||i./\
  /   (○) (○)ヽ    …やるぞ、私は。
 .|  。'゚~(__人__)~ |   父、そして兄より受け継いだ新陰流…絶やしてなるものか!
 .|  o   |::::::| 。 |
 ヽ     .l;;;;;;l  /    御流儀は…私が継ぐ!
 / ヽ    .`ー' .ノヽ
/           .ヾ


              ,,,,r‐==‐-、
.        _,,rf‐=〃〃彡彡三ミュ、
.     rf〔ミ《巛彡;,彡´`゙巛三;;ミミュ
.      {ミミミ》i!rf¨゙;::.   ミミミミミミ       フフ…この助九郎の読み通り…!!
      ミ广゙゙゙゙,´ /:: .___::... ``'ミミミミミュ
     ミ1  :;;; ::ゞ‐tァ=‐ .、::....ミミミミミミ、               γ´【与三】 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.     ミi =tァ.》 ;;;;:      ';:::..ミ)刀ミミミ、               |   …というか初めてじゃね?  |
        ii! ゙゙゙゙〈,.,,、    ,.'::::...、夕゙ミミ゙゙ミ、              ゝ______________,乂
       `、   ,;;;;;;;;;;;;;;;,,、 ',;:::::ll;;::. レ巛゙、゙、‐-、, -‐‐     
          ヽ lili!'゙゙¨゙゙゙```  ゙:::.》:   ',ミミレ′;;:::                γ´【平兵衛】 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ',   '゙゙゙゙゙`   ;; /;;:.   ',ミソ;;::...   /               l   大体いつも不覚だったからな…  |
         , ヘ ;;,,,,,,  ;; /;:: : ;;:.     《;::..  /                ヽ、_______________ ノ
         /;;;;;;;!  ''゙´ /;;: :  ;;;::.     》;;:. /
       /;;;;;;;::::::`','⌒´::::::::::   _;;;.. ‐-、;;;||;;:. /    …ここは綺麗に終わらせて差し上げろお前ら。
     〃;;;;;;::::::::__:::ヽ--‐‐==升     .|:::||__/


 …結局、宗冬が、十兵衛から印可を得たことを示す明確な史料は見つかっていない。

 だが、既に相応の腕前に達していたことは間違いないと思われるし、
また、宗矩・十兵衛によって技法や心法が伝書の形で整理されている事、
木村助九郎を筆頭に、数多くいた宗矩の門弟達が、宗冬を支えたであろうことを踏まえると、
宗冬が「御流儀」たる江戸柳生系新陰流の宗家となることに、周囲の同意は得られていたようである。

860 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:14:51 ID:obi5hYxY0

 そして、一通りの事が片付き、
柳生家当主としての宗冬の生活も進み始めたある日…


   / ̄\
  .| ^o^ |  おおとののもくぞう で ございますか?
   \_/
   _| |_
  |     |


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .|    (__人__) |    ああ、そうだ。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

861 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:15:51 ID:obi5hYxY0

     / ̄ ̄\
   / \  /\
  |  (●) (●) ヽ    柳生家が今あるのは重ね重ね、父上の御力故だ。
  |   (__人__)  .|  此の度も死してなお、御家を守ってくださった。
  |     `⌒´   |
  /         /    故に、その御姿を遺すべく、像をこしらえたいのだ。
  /  ヽ ____   .ノヽ  腕のよい職人を探してくれ。
 /   (  )   |  |
 (  / ノ    .|  |
 .\__/      |  |


  / ̄\
 .| ^o^ |    しょうちしました。
  \_/    では さがしてみます
  _| |_   
 |     |

862 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:16:26 ID:obi5hYxY0

              _ /丶- ´ヽ      __
             //_丶´ ´´´´`゙_,,丶 ,,ノ /
      ,,,---ヽ丶,,,|___∠ ----ヽ ,,  ```´ / _
    / ,, -っ---、_゙゙ --  ```--゙\  _ //i
   / / /,    ``丶-_-、-─弋_v i ″ |
   | /  /  _ _ 、/ /゙゙゙゙ヽ_ ヽ /´`ヽ  / -    なに、柳生但馬守様の木像だって!?
   |   //  / ヽヾ  /,,,,,゙) l  ヽ|/ι; | ι//    ようし、俺の仏像魂(プラモスピリッツ)を見せてやるぜ!!
   ヽ´_   `゙゙i゙i゙i゙゙ヽ  ゙ /   ヽ ソ ノ  /
    \ ゙>  iヾ゙゙_`        ヽ-´  -´/      まずは首が回転、胴に収まるようにして、
      `---、、 丶 ,.. --      |、=´      飛行形態に変形できるように…!
          ヽi    -     ,,___ヽ----ヽ
            ヽ、    ,, --\       |
           __ -ヽ-- っ /    ヽ、    /
        ---´     |      /   /i
         ```- 丶,   |     / /ヽ/
             ヽ_  /  _ - ┌\ヽ´
               〉---l´ || -l-´
              ヽi i--l゙゙゙
             康看法橋
          (こうかん ほうきょう)


              / ̄ ̄ ̄\
           ./        \
           .|    ^ ^    .|       やめてさしあげろ
           .|     o    .|
            \        /      【杢之助の声にこわいものが混じった】
            ∥\___/
          ,.,r''"`ヽ、_,,,,.,.,.,ノ ヽ ヒー-、
         ハ、,,__  ゙ヽ   ヽ、  i  `ヽ ゙iー――-- 、             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄γ
      ,.r''"~t__  `ヽ,.,.r‐=''ヽ ヽ、ノ  ,rヲ l       `ヽ、           l   アッハイ    l
    ,r''"    ``ヽ,.,」´ヽ、'''('´ー--、,,.f='" ノ     (ヽ ヽ `ヽ、         ヽ、_____,/
    /        ,j ヽ、 ) j゙゙´i''フ_,,., ィ       `ヾ、i, 、 `ヽ、
   ,/        ( ヽ、゙Y  ノ`~             ヾ、)   ヽ   
  /         i`ヽ,,ノ`",r/´                 ヽ    i
  (         ,/、ミー-- '"/                   ゙i,     l
  ヽ   ,,.,ィ''"^ー/  >-- '/                    ゙i  _ヽ,

 こうして宗冬の依頼による宗矩の木像は、京の仏師・康看法橋の手によって翌慶安四年に完成、
芳徳寺へ移され、以後、現代まで寺宝として保管されている。

863 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:17:30 ID:obi5hYxY0

       / ̄ ̄\    ヽヽヾ
     /  \  / \    \\\       家綱様も既に御歳十歳…。
     /   (●) (●)ヽ    \\\_  兵法教授の話が出るまで、あと数年もなかろう…!
    .| u   (__人__) |   ヽ   \//
    .|      `⌒´  |    \//     それまでに、己の兵法を万全に仕上げねば!
    ヽ  u.      /   \//
    / ヽ        ノヽ  //
    (⌒ヽ、       ィ.ヽ//
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ
    |    \ , '⌒く/ /
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /

 こうして、柳生家の当主としての宗冬の生活も順調に進み始め、
ようやく柳生家も安定を取り戻せるかと思われたが…。

 ── 意外なところから、情勢は大きな動きを見せる事になる。

864 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:17:52 ID:obi5hYxY0
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。   
           τ'::/ .;: \__人人从/
            )/....  _)      (__
         。.       )  ゴホッ! (         ;: 。
                   ̄ ̄)     ( ̄ ̄    .`'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,.. /⌒Y⌒Y⌒\    ..!:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `      \__人人从/      ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    _)      (__─ '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`            )  ゲホッ! (  ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!    ̄ ̄)     ( ̄ ̄
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ    /⌒Y⌒Y⌒\
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

865 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:18:17 ID:obi5hYxY0
         ,,..-''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨''ー..,,_
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..--..,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /     `~''ゞ..,,_:::::::::::::::::::::::::}、
     ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡           `~- 、::::::::::::!
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡     _,,.. -‐-、    }:::::::ノ
    i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  u.     ̄`ヽ::\  /:{:{:〔
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ::::::::::三/                \:ヽ  .i
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::/  _   〉::::::::i~                    ヽ:ヽ  |
    |:::::::::::::::::::::::::::::::'  /:::`ヽ/:::::::/                ', ̄`ヽ!::::{  {
    |::::::::::::::::::::::::::::::{  ..:::/:〉、:::::{   u.            ヽ fツヾ::> 〉     …こ、これ…は…!?
    |::::::::::::::::::::::::::::::ヘ !::ヽ:〈 ヾ从             .|||\/ ニ-T´
.     |::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ ヽ::,,_ヽ                   .||||ii   u \
.    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                          ヽ
.      !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!\__ノ    U                    }
      ∨:::::::::::::::::::::::::::::/  i !                          ̄` ノ      \人从人_从人/
.      ∨::::::::::::::rr''"´   |                    , -、 < ̄         >       <
        }:::::::::::::从       | ヽ                   /-、__У          > 上様! <
.      /::::::::ノノノ        !.   \                /‐、::::/            >       <
     /:::::/                \      u.     ヽ..,,ヽi            /Y⌒YW⌒YY\
    彡川                    :::::\             )
     /       u.              ::::::\          r '                 人人人人人人人人人
.    /                          ::::::\         !                 <              >
   /                          /≧。.._    _ '                 <  医者を呼べッ!! >
.__/                          /      ̄                    <              .>
                          /                            Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`

 慶安四年(1651)、将軍家光の病が再び悪化したのである…。

867 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その72)[saga] 投稿日:2016/09/19(月) 05:28:22 ID:obi5hYxY0
 てなとこで、今回は終了です。
なんかもういつもにも増して時間帯ズレまくりですが、
明日が祝日だからできる暴挙ということで、ご容赦頂ければ。
ともあれ、こんな時間にお付き合い下さってたら、ありがとうございます&御疲れ様でした>ALL

 さて、今回は宗冬が本家の家督相続を許されてからの話と、
十兵衛の遺族についての話が主体でアリマス。
実際、宗冬からすれば、急に本家を継ぐ事になった上に、
形式上、自分の家は所領返上で断絶となる訳ですから、
まあ、色々苦労しただろうなーと。

 特に、印可を得てなかった家伝の新陰流については、
宗冬を宗家と認めることについて、何かしら異論もあったりしたのかと
探ってみましたが、割合、そういうのはなかったので、
印可状の類こそ見つかってはいないものの、
それなりに周囲が納得する程度の腕前ではあったのだろうなと思うところ。

 あと、十兵衛の娘二人ですが、何気にその子供同士(片方は養子ですが)で結婚してたので、
これも色々あったのであろうなあと。
嫁入り先の跡部家、渡邉家については、それぞれネタがあるのですが、
まあ、それは総括篇の時にでも話しまする。


スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/08/01(火) 00:13:43|
  2. やる夫で学ぶ柳生一族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やる夫で学ぶ柳生一族 その72 慶安御前試合 後編 | ホーム | やらない夫は伍子胥なようです 【一一一】「越の動きが各所に伝わっているようです」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yromtm1059.blog117.fc2.com/tb.php/571-bd6d762c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)