やる夫+まとめ -戦国系-

戦国系やる夫シリーズのまとめを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫で学ぶ柳生一族 その68補足 柳生宗矩逸話集(本編未紹介分)


499 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:31:58 ID:856a9wxY0
        r =-- ..,,
        { /´  ̄  \.
         ! {
      __ >ヾ  ̄ ̄ ̄ ` <      \_从_人_人_从_人_人_从_/
      {/            >    ._)                    (__   /  , =- .    丶
    i 7 ,             `ヽ. .   ) (ようやく)その68補足篇、  (     ヘ _ ノ O  \    ヽ
    ム /   、       /   ト ヽ   ) 開始「なのだ!」「ですよ!」.(  .  〃 O 从〈  ̄トヽヘ
    }_〉  {  ト!/ \ {ヽ  !メ.. / ヽ} {  ̄ ̄)                   ( ̄ ̄. .{0/`ヽ大 {! ● lⅣ     ’
   .く{  !  三三≧ \! ≦三. i   ヽ  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´\   Ⅵ ●  ̄     ⊂⊃ i 
    i〉  ヾト.{ {{::::::::}}    {:::::} {   ヽ                         .N⊃   v  ̄ヽ  l! l.| :|  ’
   乂ヽ  ヽ ゞ= ソ __    ゞ;ノ , ,〉、 ./                       ..  从、   丶 _ ノ  j 从乂从ヘ
    .{_ム  \' ' '  {   ̄V   /イ.レヽ                    . r- ,_  ム乂ヽ . ____,. イ ≠―z、
   r-} 7:.\  \ー-ゝ __ノ...イ:.:.:.:.:{ .{ } フ                  ... l、  ~'''TTト≠ニ!rf<`Y´ >サlニニ「 ̄/7-
   ゝ} }:.:.:.:.:.ヽ!\!.  ヽ \:.:.:.r-、:.:.レト!                   ...  ヽ、  .l | |ニニ|&∞∞∞メ.|ニニ| //
    .マ:.:.:.:.:.:.rヘ:.:.(  ̄ ` ̄ )'                        ...   ` ー.l_l_|ニニ|::::::::人:::::::: |ニニ|ー'  ̄

500 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:32:22 ID:856a9wxY0
                     .           _____
                            .   ´     `
  さて、本編にて、        ...     ./ ___    r―‐- .  \
 遂に宗矩が亡くなった訳ですが、     ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
 彼には、まだ紹介してない逸話が ..  . /o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
 かなりあります。           ... .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
                       . .| |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
  それらを紹介しなかった理由は ... .| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
 色々あるのですが、        ...... .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
                       . .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
  「数が多くて、全部紹介すると、   .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
   .話のテンポが悪くなる」       . ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
                       ..  |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
  という点が一番大きかったので、   /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
 ここで補足篇として、まとめて     .    -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
 紹介することにした訳です。       /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ
                        ./ニニ\ニrf∧   `マ,ノ_,.ニニニニニニ%ニ/ニ/ニニ
                       //}ニニニニ%。o 〉  }::/____)。o%¬冖'^∨ニニニ|


                      -─‐-  、
              -‐  ⌒ <
             /   ァ   、    、_    ノ
       -‐  ァ   //     \    \`ヽ
        / / .′/        ー----‐
        .,        ′i    |     \ ハ      7周年目の週で補足篇ってどうなのかのう…。
         /      」{ーi }     l   |i   \}
       /    く赱ァ| |   \{  八     i\     .しかし、わざわざ別分けするほど多いのか?
      /イ   | i   ̄│}   _jL _{ l\  {     本編でも宗矩の逸話はかなり紹介していた筈だが。
       |i | | │    }八  ^f赱ッ |  \ {\
      ..八{ 个 {      \{   | |   \
       / | i圦    __ ′      }ノ   i 八
     ./i  |ノ ,、     `      /八 {\ \
        |  |/: :i \     . ィ〔/. 、 \  \ \
     { |  |: : : :| _ -‐_≦⌒八: : :.\ \  ヽ  ー
  __    }八{: : ノ(-‐┐|r‐. 、|\\: : : : : 〉   }ハ
  ァt __ー-  . _/: : :.│||: : : {⌒丶 ヽ:_/-─ァ },八
/.// //7ァ─ -\: :.:│||: : :ノ>‐-  _  ⌒___

501 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:33:34 ID:856a9wxY0
                                  ,.  …=…‐-
                                .'"     '"`゙`     ミx、
  多いですよ。           ....        /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
 剣豪の中でもトップクラスです。          // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
 この辺りは、生前の名声が   ......      .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
 ダイレクトに影響していますね。       /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
                           ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
  無論、逸話なだけに、      ...    ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
 全てが史実という訳ではなく、    .   .,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
 創作であろう逸話も割とありますが、  i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
 それは他の剣豪も同じですしね。    |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
                         ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
  今回も、全ての逸話を         /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
 紹介できる訳ではありませんが、     .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
 主だった話は紹介していこうかと。     .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                           ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ〉
                         ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,兮 、 |しリ   }i潤・:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::...     ー=彡 // イ


           _
    ,r ´> ´ ̄ ̄   {r ´ ̄`.、
    > ヽ.   /      ヽ.   ヽ
    {  /  /    /    丶、  \
   .Y  ヽ. /    /     } `ヽ  ヽ
   ゝ   ノ/     {!     i!,!  ',
   }  く. ,'     ハ     /リ| !   ',       ふむ。
   ト  ソ !      ト. 、マー=ミ!i   il     .まあ、残ってる史料の数が全然違うし、
   ゞ ノ |       .{    、.{:il ',   i|     当時の知名度の高さを考えれば、逸話が多いのも当然か。
   r彡,  |     ヽ ',       ヽ ル′    その分、出典がよくわからん話も結構あったが…。
   ::/:::;i |.       ',       /  
   :{::::::i!. |    ヾ 、 ',  , __ / ヽ       とりあえず、どの辺りから紹介していくのだ?
   リ::::::|`il i|   .ハ ヽ ',   ̄,´   ヽ
  ::::::::::i| .レ ハ    ハィー-  __/ ,.     ヽ
   ー- 、:.:.:.:.ヽ. ` ',:.:.:.フ}≧、 },  {`ヽ}
  / /:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:..`ヽ ヽ //ミ:.:.:.:', ヽ  ',
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.>ミー-`、 ヾ_ヾ:.:.:.:.:ヽ ヽ }




502 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:33:58 ID:856a9wxY0

                       . -‐…=- ..._
                    /  ̄ Z._厂 ̄ミx、
                   /            iヽ
  そうですね。         ./ 〃 ̄ )  ( ⌒ヽ、  |.ハ
 まずは有名どころで、 .....  li  |-+‐(    )ー- l   |  l
 『撃剣叢談』の       . | | トハ!夊_メ,ハ/メ人..丿 |
 猿と浪人の逸話から    人_人 |=== ∨ === i{ニ} .|
 始めましょうか。    ......  ){ニ} 从        l!""   |
                  |"" l人  丶  ' _.ノjノ\ノソ
                  ノ⌒)ノ,;ニ三二二三ニミxソ丿
                     ,二三⊂ニ⊃三三ニミ、_
                    ィニ三三|::I::|三三ニィ=Z


      / ̄,二ゝ、
     /  /   `ヽ\  ,ゝ‐v-壬ネ ̄ヾヽ.
     ./ /   /´`ヽル',ィゝ、 `ヾミ、>、"i`ヽ.
    /, '   ./ ,ィヽゝ'メハ ´、`ヽ.  `ヾ.ヽゝ、 .i!、
   i/    /  /'´,  "    .、 ヽ   ヽ ∨i./ .i
   i    / , ,' '   i     i ハ   、i 人i 丿
   ヾ、  / ./,  ,  i: | i :i  :i i: i   ゙iノメ、i丿      …その逸話、
     ∨ / , _i___i_.i! ! !、,ィ‐!-!i-!-  .i/'i.ノ,'      昔、某スレ(http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-1063.html)で
        i .i .i .i ト、i、`i`ハ. i、 !´ゞ彡三ミ   ト、レ'_      .紹介されてなかったか? …もう6年も前に。
        l i:!人i彡三ミミ ゝ^' "´i!:i ゚!:i!i.  i: |` i、:.`ヽ.
      ! 乂:|:ト. f!:U゚::i      ゞ¨:c.l  | .!,丿:::::::メ     「このスレでは初めてだからノーカン」
       人 ヽ!リ、i 廴゚ノ  ,   `¨¨´ i  ! ハ::)_/
       乂 V `!     、 ___   U .ィ! ,'∧,、_\
        ヘ 、i ゝ、        ` ィ≦リ ,ノ≧=ヽ. `´
        ヘ从  __`¨ フ7i::´:::メyイ'/ヾヾ゙`ヽ`ヽ、
            ,ィメニ―ヲハ/,'_ィ彡ii:ノ'.:::::::::::::;;;;;;;//i

503 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:35:05 ID:856a9wxY0

┌────────────────┐
│  逸話:宗矩と猿と浪人(撃剣叢談)  │
└────────────────┘

                                     , -- 、
      マ 、,__、                          f'    Y
      ヽ`ミ i!_                        レ' ̄ ̄ヽ|
       \ {__                         __6! ^ ..^ ノ!
         Yス ̄                         ̄ ̄`iヌ竺/ |_, -ォ、_
         Yス ̄ ̄                     ,_ノ;1    ,.ィ( !(   }
.           Yス、         r'  ̄`ヽ        .′  ! iv‐- 'YYYヽ> ´
.            Y⌒Y        厂 `ヽ   }        /   i | 〈 tm'´ ̄ ̄ /
           l 八        (^..^ ノ 9 !      /  /ミYノ  _ノ  !
     , ‐‐ 、  l    ̄`ー‐- 、 竺二ノ 〈       f'r'´ ミ/ !` 、   ノ
      ! 厂 ̄{m、ヽ _      `ー─=ニ、 `ー 、  (   ィ〈_ i _ |   ,′
     6〈 ^..^ノ l!__  ‐-  _          ` 、   ̄ ! ノ !  |   /
.     トミ竺) / ̄ ̄       ヽ        !   |    ノ ト_ノ_ { /
      ノ '´ ミ彡 ̄ ̄.       ヨ}`      j   j! ノ ̄二ニニ=──-{
   ム/ /  ,く、             ! /ミ       /|':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::7
   |'  〈    ヽ          `!         /ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   レ、     〈            ヽ       〈:::::::::::::::::::;;;;;::''''::::::::::::::::::|
     ' ,     ヽ      ..>.....::::::┐      ヽ:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::j
      ヽ    _', _ >.: - 、::::::::::ト――=ニニ::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ',  /:::::::Y:::::::,'     ヽ> 、ニン⌒ヽ 〕',:::::::::::::::>  -‐t て(二ー←っ,
        }´::::::::::::/:::::::::{__   7/ヘ_)_ -<::::ヽ:::>'´ (  ( <ゝ..、   ̄ ̄ ̄
        |::::::::::::::!::::::::::::〉 __ __〉 /9  /::::::::::::::::::::::ノ:::',   ヽ/:::::::::::::\
        |::::::::::::::!::, - '  ー、_/ ´  |:!::::::::::,,,,;;;;;;/:/|::., - 〈::::::(:::::::::ー、一
        |:::::::::::>    ̄    !  j::!:::::::::::::/:::\/ Y:!   ヽー::::::::::  - 、
        }:::::/    , 、 、  ノ ̄ !:!::::::::::r'::::::::::::\ |〈    ',  f'´  ノ ̄ヽ
      /Y/  , <:´  Y   / ! {:!__:::! \:::::::::::::\ヽ.   ∨ !   {  ^  〉
     /:::/  /::::::ヽ   ノ   ト 个/:::::::::(`ー 、>、::::::::::\;     ∨| 6、 ヽ _,_ケ
   /:::::::/⌒ヽ/::>'´! /:::::::::──'.:::::::::::::|_:::ノ   \:::::::::::.;.    Y!  ー_ノ:\
  /_n_:/Yス/:::ノ::::::::| ':::::::::::::,,::::::::::::::::/:::::::j─<     \::::::::;    !   ー-、:::::::::〉
  ━/  / }:://::::::/::::::::::::::::::::'''''''''::::::::/^'''' ̄━━━━━━',          ̄`ヽ
  七  /  |/ .|::::/:::r─、::::::::::::::::::::::::f'              |  !    !     / !
  彡_;/.     |:/::ノ:::::::ノ:::::::::::::::::::::,、!               '  ',    l      \
 //  // /::~::::::/ヽ::::::::;:ヘ::/ ヽ               '.  ヽ   ̄  ̄  ノ   ヽ
. /   // /::::::/   j::::::〈                     '.  /!  | ヽ !ヽ    ',
   /   /:::::::/!     ̄)/                      |    _人_ ! \
                   (早業を見せる猿の図)

 『宗矩猿を二疋飼れしに、日々の稽古を見習ひ、其早業人にまさりたり』

504 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:35:31 ID:856a9wxY0
                   __
                 /:::::::::::ヽ
            ___ノ;;;::::::::::::::::::ヽ
                |:::::::::::::/;;;:::::::::::::::ヽ::::::\_
           ト|::::|:::::::;;;;;;:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ、
           |:|:::j:::::::|ヾY''´):::::)::::::::):::::ハ::j
              j:|:::{:::::::ヽ  (::::(::(ヾ::从ミ:::ヽ      ねえ、但馬守様。
           |:{:::::ヽ::::人  )イィt7ハノ/^i:::ヾ     ひとつ、僕と立ち合ってくれませんか?
              `ト(::::::j:::汽ソ ゝ'  ¨    /::/
             (''ソヽ`¨ ,        ハ;)      (フフフ、僕の腕前を見れば、
                     ',.   r-ヲ   / .l)        指南役への推挙も問題ないはずさ!)
                  丶、  ̄ /  |、
                    |`==.´-一゙゙:.:t_
        _____,,-一'.:.:.:.:.:|:l:|:.:.:.r.yヽ:.:.:`ー───、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:l:|:./ / /ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
      /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f Y / / ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)     j.:.:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:.:.|
                 槍使いの浪人


             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |     ふむ…。
            l` ⌒´    |
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『其比槍術を以て奉公を望む浪人有、心易く出入りける。
  或時宗矩の機嫌を見合せ、憚ながら何卒御立合被下、某が芸の程を御覧候へかしと望む』

505 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:35:53 ID:856a9wxY0

          / ̄ ̄\
       /   _ノ   \
       |   ( ●)(●)     まあ、構わんが、まず、そこの猿と仕合せよ。
          |     (__人__)    その猿が負けたら、相手してやるでな。
        |      ` ⌒´)
          |         }
        ヽ         }
          >       ノ
       /         \  /て⊃
       |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
          |  |      |   \__/.

                            __
                             . ::ヤ::::::}
                          , イ {::/::::::::i
                    . イ { ヘ マ::::::::::i
                    .ィ´{_ .L. _-‐ヤ:::::::::::l
                 i´:γ;: -―-、:ヽ!::::::::::::!
                l::::lノ.二エ二.ヽ|::::::::::::!
                    !:f{ ○`_´○ }::::::::::::   キー?
                ハ:{ヘ.   ゞ   /:::::::::::;'
                    (ヘ::ヽ. -- .〃:::::::::::!
                       `l\:::::::::/::::::::::::::l
                     ノ|_ ::ラ'::::::::::::::::::;
           ≠: ̄:¨:¨:´-;'´::::::::::::::}:::::::::::'
         . ィ_::: _/:´::::::、/:::::::::::::::::/::::::::::,'
       ≠´::::::::::::/::::::::::::::!:::::::::::::::::/::::::::::::!
    ,. -≪:::::::::::::::ノ{::::::::::::::::!:::::::::::::ノ::::::::::::::;
    (:::::::/ >.、´  ヽ:-:-:‐ 'ゝ‐<::::::::::::::::::,'
    ヽ.{ / / / > 、ゝ:Y´:::::::::::::::ヽ::::::::::::,'
       ` ‐- .. _ /:`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::,'
                 猿

 『宗矩答て易き事也。先此猿と仕合れよ。此猿負たらば立合んずと申さる』

506 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:36:15 ID:856a9wxY0
            _
         ィ;ヘ:::::´:jト、ミ::::、
       ,ィ:::::´::::::::\/:l::::::\::::
      r:j::::::::ハ:::::::ト:;ィ!:::ヽ::::\::、
      j/::::::/:::::}:::::ノ~´ |::::イ:::::::;イ〈         わ、わかりました…!
     /::::::人::メ::::(   {:〈,{::ハ:/:ハ::ヽ_
     ト:::(:::::「ト-y' :::::、)斗チj:r-:::Y       (クソッ!僕を馬鹿にしているのか!?
     从ハ个}ノTエ´:::::::::┴'-从 j:リ        こんな畜生と僕を立ち合わせるなんて…!
      `⌒ヾ{ハ u   `    rイ::{         もう許さない…こんな猿、すぐにでもぶっ殺してやる!)
    「 ̄、 ̄`ヽム  ,,ィ=ぅ ノ人:ハーァ 、
    |   ヽ  ト≧'ーrr-≠   イ   j
    }    Y   ヽ  マ{ 彡  /    /
    ハ    j「  ー   」ム    ハ    {
    /     7      川    V    ヽ
    /    j{       | i !    }     、
   ′    ハ      l | !    ハ     !
     ミ、/  }        ! ij    {! V
  { イ/⌒ーォ      | lト   イ ≠⌒ヾ  |
―┤    ア´⌒ヽ――┴┴ f ̄`マ      j―――
   L   j!   ̄]       [ニ  ヾ   _ノ
    ̄ヽ ム  ニイ      ト_ j /!  /´
      `⌒ー- ´       `ー-'‐^ ̄


                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               /::::::::::::::::::::::::r、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                  ,::::::::::::::::::::::::/ ゙  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `メ:::i
                  ;:::::::::::::::::::/   ヽ.._        !:|
         _     ,!:::::::::::::/    _   `ヽ. __ ...ノ V
        /:::::::}--.、 {::::`::::::::i    / ___ ヾ   八,.ィ=く i!
      ,.ィ'::::::::::;:::::::::i--、:::{:::::::|    ',´ ̄ソ  ヽ /{-=ミ } ,     ウキー
     ::::::/::::::::::{::::::::::|::::::}ミ:::::::::メ    `¨´   ! | ゝ= ' /
     :::/:::::::::::::i:::::::::::!::::::!::::}:::::::::::ヽ          //    /
     ::{:::::{;;:::::::::::::::}::::::::::ヽ::ト、:::::::::::ヾ       '    /
     :::!:::::',:::::::::::::;'::::::::::::::::::!:::\::::::::::::`''r rirv-rーr-fイ'
     :::::::::::!:::::::::::|::::::::::リ::::::ハ::::::::\:::::::::::`¨`^ー'ー':.ソ
     ::::::::::::::::::::::::!::::::::/::::::'::/:::::::::::::\:::::::::::::::::::::::/
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::`ー--- イ
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::`、:::::::::::::::::::::::::::|
     ';::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::ト、
    /ヾミ、:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::j:::::ヽ
    ヾミ三ミ::,、::<{::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::/:::::::::::\ー--...、

 『浪人心中に怒る。いかに我等を軽ぜらるるとも、此小畜生と立合とは遺恨也。
  いで突殺してくれんずと、追槍取て庭に下立ちければ、
  猿を頬に合たる小き面取て打かぶり、短きしなへおつ取て立合たり』

508 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:37:05 ID:856a9wxY0
.          ∧::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::: |::::∧::: ////|:::::::::::: l ::: |:.
           Ⅵ ::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::: |∧` ∨///∧:::::::::: |::::::l:::::::::::: |:::::::::::::::{
            Ⅶ ::::::::::::: / :::::::::::::i:::::::::|´: : :`´ : : : :..|::::::::::ノ ::: | :::::::::: l ::::::::::::∧
.             |:::/ :::::::: / :/:::::::: /| ::::: |: : : : :    .: :l::::::: l :::::: | ::::::::::::| ::::::::::::::: 〉
            /: ̄:゙i__.:::::::::: /:::::::: /. | ::::: l: :      /:::::::ソ:::::::::{、 ::::::: l ::::::::::::::/
.     / ̄二二二二`ヽ、:::::: /_l ::::::廴      ./::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     .i: ://二二二ミヽ: :i:::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
     .l: i::f/r‐──ミミi:i:::l _::::ヽ -- l::/`    ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /
     .l: l::i:::f//////7li :i::l: l ...}:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{
     .l: l::k::∨//////:/l::l::l.ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′      猿風情が!
 槍⇒ .l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l        僕の槍を食らえッ!
     .l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l .: : .       / :|           /′ |
     .l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト : : :       ヽ::::l           / / /
     .l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、.: :  r-____ __ _ ノ,     /  ./
     .l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',:   l` v ー… - ― v /     /  /
     .l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´
     .l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ. : .     ー―      /::::}
.  ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉.l` 、            < l::::/
. ´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ハ|::::::>. 、       <    |/
. r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ .|::_:::::::≧ 、 ≦.       l― - 、
.     `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / ̄|::::l>..― - ― ――.┴ ´  |
            l: : : : :l    i___/ : : :|::::|::::::|                |


       \:.:.:}` :.:.:.:.:{:/ ̄:.:.:.:.:.:.:.:/           .:.:./:::::
          `.′   ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:/            .:.:./:::::
           ,      \:.:.:.:/          .:.:./:::::
          .′      `¨¨            .:.:./:::::
            ,                   r 、.:./:::::        ……キッ!!(キュピーン!
.          /                     _! }/:::::
        ヽ:.:....              ....::´:::`¨:::::::
          ':.:.:.`              /::::::::::::::::::::::
          ':.:       r 、r 、  /::::::::::::::::::::::::::
           :,  ./∨ヽ| | |/:::::::::::::::::::::::::::::
           :, .ハ! │__j,ノ`´:::::::::::::::::::::::::::::::::
             「| ノ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ‘'´ ゝ:_;: -―::::::::::::::::::::::::::::
                 ヽ;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::
                   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  ゝ::::::::::;: -――
                 `¨´

 『浪人は此畜生何をかせんと突かかるを…』

509 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:37:36 ID:856a9wxY0
    ,ゝ                      / /      `'''ー ..,、     .`'-、     '!、.ヽ      ,!
  .,..ノ                      / ./       ____`--..,,.     ゙''-、¬―ヽ ヽ .,,,_、  .i|_
、 /                    _..ィ  ./ ,i彡―''''''二二 ---―¬ ̄ .`''-..、    ゙゙ゞミ" .l, ヽ.- ...二¬ヽ ,..、
.‘      /|       ._..-'"  .`" / ,i'――"´                   `'ー..、   `'-.l  ヽ    .゛ ¨ ー |ュ′
     _/\_/\_/\/|_―/ ./                         ゙''-、.    l  ヽ     .lx.
     \ うわっ!?    /./ ./                               `'-、.  l  l,. 、   .!ヽ
     ./なんだコイツ!? \ /.!              \人_从人__从_从/      `'‐ l  . l .`'-、, │ヽ
.   /  ̄|/\/\/\/ ̄ /  |               >        <       l  . l   .`''″ヽ
..l   /  ./             ゙i ̄"   `"''て           > キー!!  <           !  .l      ゙
 ! ./  /             「"       │           >        <         !  .l\.
  l./ /              /            l          /Y⌒YW⌒W⌒Y\            |.   l ,゙x、
  l ./              /          l、                                 !   .l.-'"ヽ
  ..l、             `\、       /                                _.. ‐',゙. l   l,  ..l
   ヽ            l.ヽ____/                          _..-''',゙ / '´  .|   .l   .l,
r    ヽ           l   ヽ                            _..-''',゙ -'".、  ,  ,!    l
.「'、   ヽ           ヽ.  \                        _..-''',゙ -'"   _/`゙''". l  .l゙    l
/ ヽ,   ヽ           `'、、 \        |\     /\     / |   //  /  .ゝ l     l
   ヽ   \           \  . \     _|  \/\/   \/\/ |∧/ /// . _,,.〉/     │
    \ .,, .,\            ヽ、   \   \                     /l/  ./      ,ィ tー
    .,,、゙ / ゙゙.\,゙_ο          \,   ゙'' ∠  畜生これなら…痛えっ!?   >  /      !  l
    .l゙ ´       て               \  /_                 _ \'´     i、 ! /
    l         ヽ.,             \  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄       ,.i!゙.ゝ.l
   .ヽ    \__人__人__人__人__人__人__/,/ノミ,゙  //   |/     \/     \|          ,i'l′  .!_,
    .l_、  ≫              ≪/    `''-..、        `゙._,, ‐'″          /       ヽ
      `'≪   ウキャキャー!!  ≫       `''ー、、  . _..-'"゛   .,,イ          /
        ≫             ≪             _..-'"´      /  l,       .,ノ゙,,,、
       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\      .,,, -''″   ,,   /    .\___. v   . ´゙―――-
              ! ././-、   ゙'-、  .,.. -'"゛       l `─゛              !

 『(猿は)かひくぐりて手元に入り、丁と重ね打ちたり。
  浪人彌(いよいよ)怒て、此度は入られじものをと構え居る所へ、
  猿は速に来り、飛掛り槍に取付たり』

510 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:38:13 ID:856a9wxY0
                       ,、ヘ、   ,,,、-ーー、
                   __/::::::::::::ヽ、/::::::::::::::::ヘ___
                  「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::`i、
                   }::::::::::「::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::::',:::::',:ヘ
                   /:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',::!
                  /::::::::::/::::::::::::::;ヘ:::::::::,、::::::::::::::::::::',:::ヘヽ
                 ノ:::::::::::ノ:::/::/:::::!ヾヽ:/ヘ::::ヽ::::::::::::::}:::::ヽ
                /;:/:::::/::::ノ:::i::::::::ミミ∨彡;)::::::〉:::::::::::::::::::::ヘ
                {; l:::::(::::::ノ:::::::);::::ノ u.  /:::::/::::::::)::::)::::::ト;:} 
                { !::::::)::))::/ )::)    ヽ;:)ヘ:く::::(::::::::ハ!    畜生なんだよあの猿!
                 ヾ=/7::!\ (::/      /://ノノ)::):::/
                  /ゝ((ヾミ三ミゝ′ ヾ((彡三ミ∠ノニヽ
                     ∨ヘ  / /``       i i   /ノノ
                   ∨ヘ 〈 ノ メ.  、,,     し  / ノ
                    ` ):.、   Fニ二二j #.  /ソ
                     リヾト、 |::::::::::::::::::!  /り
                      _ヾlヽ L二ニニ┘/iソノ
            ____ ,,,、r、/<!  > __ <  :!フヽー、,,,____
        /::::`´::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::`ー -、,,,,-ー::´::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::`´::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::|;;|;;|::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::',
       /:::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;|;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー:|;;|;;|:ー::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::',


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)          まあ、お主の腕ではこんなもんじゃろ。
.   |     (__人__)         予想しておった通りじゃな。はっはっは。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )      「キー」
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

 『浪人せんかたなく赤面して座に戻りければ、宗矩打笑ひ、
  それ見られよ、其方の槍察する所に違はずと嘲らる』

511 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:38:38 ID:856a9wxY0
     / `丶 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `≧ 、
.     /: : : : : \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :心
    | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
    l : : : : : : : : : : : : : :∧: :/.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
     〉 : : : : : : : : : : : :∧.∨././l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :人
   / : : : : : : : : l : : : :|\ ∨//|: : : : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
.   /: : : : : : : : : : : :',: : : |.ヽ|/ ′ ∨ : : ヽ: : {、: : : : : : : : : : : : : ト八
  / : : : : : : : : : : : : :∨: :l       | : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : |'  `
 ,:∧ : : : : : : : : : : : : l : ∧      `< 、:ト: : : :|`ヽ; : : : :ヽ: : : : :l     クソッ、今日のところは引いてやるけど、
.::'  l : : : : : : : : : : : : :ト,: : :〉         }: }匕: :L /: : : : 人: : : : |    覚えてろよ!
|:l  ヽ : : : : : : : : : : :`マ〈      、≦,チ ̄ ̄「 》: : : :〈  ヽ: :「j
{′  / : : : : : : : : : / _≧zュ、    /   l   と/`<: /   〉:ノ
   〈 : : : : : : : : : : 〉《 マ  ̄「  _     `¨¨´.   / ′. //:ヌ
   `¨女 : l :ト 、{ ヘ つ孑七、 l ///      /  l /:/
       〉:ハ:{  ./  ̄/   _ ノ > 、///.       |/: : :{
.      {:′ ヘ  |  /.   /´> ´  ノヽ_、    / マム:{
      `     l  l   / /   ,≦´  lf- }     /  /. マ
           〈| .|   レ   //   / ̄´  /   /  マ
            /    /    //   /     /  /     ヌ
          {    /    //   /   /  /    /
.          ∧     ー-/     { .../| ̄ ̄     /
           ∧          l |::l::|       /
              Ⅶ        ∧ |::l::|
            ∧             ∧::l::| /
             ヽ、        |::l::|/
               l          l::l::|

  『浪人恥入りて退出し、久く来らざりしが…』

512 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:39:18 ID:856a9wxY0

 = しばらく後 =

                  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;'             l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;'
                ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;'
               _ノj ̄`li.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ、             ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'`ヽ
               i≧≦テニ≡≡=ー'"!          γ´`ヽ:il´ ̄ ̄`li:.:レ }        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |i>≦ij           j           {`"'==ニ≧≦ニ≡='"}        | 但馬守様  |
               li>≦ij          l          i     !i;ゝくij       !         乂_____ノ
               ヽ夂ヌ,,,,...__   __..,,,ノ             ヽ、   !i;ゝくij      ノ
                  `',メij` ̄ ̄´!′                 ヽ、__!i;ゝくij___,,、-''´  .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    !メij    l                l  !iⅩij l      | 御無沙汰しておりました |
                   lメij     !                 l  !iⅩij l       乂__________ノ
                   lメij    l                  l !iⅩij l
                   lメij     l                     l !iⅩij: l
                   lメij   l                 ,イ! !iⅩij: l
                ノメク   l、                {∨ゝ!iⅩij: l
                ∠jメ少へ  ノ}                ∨/ !iⅩij_ク
               /メ少"   \ {                   i!   !iⅩij イ
            /メ少'    ヽ、   ハ                   l   !iⅩij: l
           _ノメ少'        ̄  l                  l   !iⅩij: l
        _.,、r"ヾソ"           |                 l   !iⅩij '、
     _..,、r''´          ______..}                l   !iⅩij  ヽ       ザッ…!
   {           _..,,、r====ー''"                ,'  :!iⅩij   ヽ
    {ゝ、,,,,,,,,,,,,,,,,,,、、ャfユフ"                          /   ヾ;;;ソ    }
    ` ̄ ̄  ̄ ̄´                           {            ,'
                                        ヽ          /
                                        ヽ      /
                                         ヽ、   ./
                                            ̄ ̄

                / ̄ ̄\
             /ノ  ヽ、_ \
          |(●)(● )  | _))
           |(__人__)    |   ̄     ん?
          {(`⌒ ´    |
              {           |
           {        ノ
           ヽ     ノ
            /⌒''   |
             /  /    |

 『…半年餘過ぎて又来たり』

513 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:39:44 ID:856a9wxY0

               l 、    ゝ-厂:.V´:::::|:::::l、:ヽ、   l\  . . . . . . . . . . . . : :::::::: /.二ニ7
                 ヽ 7 ´ /::|:::::八ヽ::::|:::::::l:::::::\ー┘:lハ  . .    . . . . . : ::::: /.二ニ7
                 ∨  /.:::|::::.ヽ l:::.V|:::::::!:::::::::ノl::::l:::l::::l   .      . . . ::::::: /.二ニ7 .:
                   /   ーl:::::|:::::::::::j:::::::i|:::::::!::::::::〃.::l:::l::N          . . :::: /.二ニ7 .:::
               、_ .ノ   `lヽ:|::::::::::l::::::::i|::::/l:::::::::ll::::::Y从,....ァ        :: /.二ニ7 .::::::
              >-  \ l:::::ヽ::::::l:::::::::i|:::l八:::::〃:/l::::::l::/          /.二ニ7 .:::::::::
              `ヽミ=-   「`^ ーvヘ:::::::i|:::l::ノィi/Vl:::::l::::::l/'        /.二ニ7 .:::::::::::
                 V、 _ヽ{ . . . . . Vソ |:::! . . . . イ::::::!::::/_           /.二ニ7 .::::::::::::::
               `ヽーzァ/` . . . . . . . . |:::l〉 . . .〈::::ノ.:/´/        /.二ニ7 .::::::::::::::::      先日は、未熟をさらけ出し、
                 Vニ/ `丶、 . . . . . |:/. . ./ ヽl∨Y        /.二ニ7 .:::::::::::::::::::    面目次第もありません。
                 「 ヽ < f戉i >  , / ´它弌>: l/´l     . . . . ./.二ニ7 .::∧::::::::::::::
                 l (ハ ° . . /⌒^ ´.  : : : : : :/:〉:l. . . . . . . . . /.二ニ7 .::∧∧:::::::::::      どうか今一度、
             . . . . . . . . .ヽi_ハ  . . . {i   :i : : : : : : : /'/.. .. .. .. .. .. ./.二ニ7 .::::} == {:::::::::::    .あの猿と立ち合いを致したく…。
. . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : :lハ . . . . . . .l:〉: : : : : : /イ : .: .: .: .: .: .: /.二ニ7 .:::::ノ:::i:i:i:.、::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/イiハ  . ー- " ‐‐: : : /l∧: :: :: :: :: :: ::/.二ニ7 .:::::::]iエiエi[:::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: レ l:丶. . . .`¨´: : : / l:ノ l :: :: :: :: :: /.二ニ7 .::::::::::.YニニY.::::::::::
: : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: :: :: :: ::〈`丶. \ : : : : //ノl′ :: :: :: :: :: /.二ニ7 .::::::::::::: l ⌒ l ::::::::::
.: .: .: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/ |  - 二:::TロT:::二 -...^ヽx-────<三三三>、- 、:::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : _,. ィ '´ ̄ ..::::::|  ::::::::::l::l  l::l:::::::::::::::::::::::マ二二ニニ|三三三三ハ 三\::::::
:: :: :: :: , '´ ̄   ̄ |: : :-- : : : : : :::::: 、 ::::::::l::l  l::l::::::::::::::::,. '" マ二ニニ=|三三三三ハ三三\
:: :: :/         |ヽ、: : : : `丶、 _::::.ヽ:::::::::ヽ∨ノ:::::,. '"::::::::::ノ マ二ニ==|三三三二二!三三 /
:: :/      ヽ  |: : : : .ー─  --   > ー── <   -- '′:::. マニ===|三三二二=/三二/
::/          ハ j: : : : .::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\/ ̄.::::::::::::::::::::::::::::...マ====|、三二二=/二二/
                   槍使いの浪人(修行後)


      / ̄ ̄\
     / _ノ  ヽ、_ \
   . | ( ○)(○ ) |
   . |  (__人__)  │    ワーオ
     |   `⌒ ´   |
   .  |           |
   .  ヽ       /
_,、n「!  ヽ      /   「!n,、_
\ヽ Y')  >     <  ('Y  /
  ヽ  l  |      |  /  /

 『望み申様、今一度猿と立合を賜らんと云』

514 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:40:20 ID:856a9wxY0

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
       .| ( ●)(● ) |    今のお主なら、あの猿と立ち合う必要なくね?
       .|  (__人__)  │  随分腕前も上がってるようじゃし。
        |   .`⌒´.   |
        .|           |    ていうかもう別人だろAA的に考えて。
 r、     r、ヽ       /
 ヽヾ 三 |:l1.ヽ      /
  \>ヽ  |` } >     <
    ヘ lノ `'ソ       ヽ
     /´  /,1      | |
     \ ノ .|     | |


                        ーz-、   `つミヽ、   ト、
                     ァ辷⌒ミ弌ヾミ彡  ⌒Y   }}}、
                      `ツ≧ =彡'   ⌒≧Y   弋ヽ、_ノノハ
                    ,イ彡'< ー=彡⌒ヽ弋  ヾミ辷ミ彡::}
       -‐ァ─‐ァ-、     ヘ彡彡イィZ     弋 ヽ、 爪}}}ツ  イ
      //  ,ィ´   ヽ   ノ≧彡イ ー=ニ三≦ミ `>ミヽ川ルツツ
    レ'   /     弋 Z彡歹 `ヾミ辷ニ二三三ミ`ヾー-从;;;彡〉___     だが、それでも、
    |   /    z<ミ三ニ=ー- =彡ム ー=ニチ¨´      `|' ̄7/    是非にお願いしたい!
    |   ナ¨ ̄ ̄`弋彡≠ニニ三 彡イr:::} ー''´   -─-、__   |  ム=イ
    >''´       ソ=ニ二 -ー=彡|       , <_゚ノ ̄ メ、_____ノ    どうか、今一度あの猿との仕合を!
               (>≧=--ー彡rオゝ|            ノ \
                 イ⌒       | ∧     ,ィ‐-、   r<
                       .> ヽ.   ( 弋ヾ=セ''
               ⌒ミニ=- 弋¨´   \  ヽー〉
             <´ ̄   ヽ ̄`ヽ    ヽ、___7
            / `ヽ      ヽ  ヘ
          /    \     ハ   }
            {         \       j

 『宗矩いやいや今日は(猿を)出し申さじ。
  其方の工夫一段上りたると思はる。最早無用也と申さる』

515 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:40:46 ID:856a9wxY0
                  _,,....,_
               ィ´(_ノ: : : <__,ィ
              ト、/: : : : : : : : : : :/ト.、
              |: :i: : : : :::: : : : : ,::i:!:rヽ
             Ⅵ::::ト、: ::::: : :..::::..,:::i:|: ゝ      さあ来い猿よ!
            _ヾ:/  {:r‐'‐'"^´′ |:/      此度の我が槍は一味違うぞ…!
            /  ヾ`。、{ _,..ィ ,::::i:::|′
          /.....  l `} ゝ,`゚ /::::!::::!_
         ,. イ :.:.:,:'  ∧ 、___´_ /:::::i:::::|: :`ヽ
        /:.:.:.|'" i   /:.:ハ `''''´/::::::i:::::::!:.:.:.:.:.}
        |.:.:.:.:\ノ、 /: 、:.:ハ. ̄/::::::::i:::::::|:.:.:.:.:.!
        ∨:.:.:.:.:.:} { : : :}: : :∨ ::::::: !:::::::|,,--ミ
       ∨:.:.:.:ハ. |: : :「 : :.:′::::::,;;i::::::::|   ヽ}
         \.:.:.:.:ヾ: : :..:./ :::::::::,;;;;;!::::::::!,,≦「`ヽ    
          \.:.:./ヽr/ :::::::::,;;;;;;;:! ::::::|:.:.:.:.::ハ_,. \
               V { :::::::::::::';;;;; i :::::|.:.:.:.:.:.:.|__  ノ
            \∨`ヽ:::::::: ';;:i  ::::|.:.:.:.:.:.:.:.:./
                }∨:::::`ヽ  j,. -‐/´「 ̄ ̄
                八‘,::::::::::::: /;;;::::/: : |
             /|. :| |::::::::::: /;;::::/ : : ‘,
             , イ:.:| /..:!:::::::: /::::, ′,.ィ:.´!
         /: ヽ/j/、.:.|::::::./::::/´: . :.:.:.:.:.|
         /: l: . : l/、/`~!:::::′ ′: .,.ィ.:´:.ム
    ,,<: . : : |: . :/ |`ー |:::::::/´ ̄: . : .:.:.:.:.ハ
   /:.:.:.:.:.i: . : . |:/ : | : : : |::::/: . : . : . :.:.:.:.:.:.:∧


.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::n_  -=.       .:|ト、
 .:::::::::::::::::::::::::::u::::::::::::::|´         .::l .冫
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:ヽ `ー - ´ ̄ ヽ, ∧
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: /   _ , zz ュ 、ソ∧ユ
 :.::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅴ/ヽ/>'  ̄ ヽマ ./ .ヘ/      キ、キ~…
. ∧:::::::::::::::::::::::::::::::/     │ ,.ィ廴 ./   `\
  ∧::::::::::::::::::::::::::/   u.    !∠   ,/    {z_
   ∧::::::::::::::::,|./,ヘ、     ^ヽ _〃      「
.    ∧:::::::::::く:::::::::::´\          _ z Z|
.      〉、:::::。人:::::::::::::\. . . . : : : : .「i i i i i i/
    /::::` ̄´::::/\::::::::::::`ミ-― ´¨ミ、ヌ´「
   /:::::::::::::::::::::::::::::`::-::、:::::::::::::::,;:::::::::::´:::::::.
  ,;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::=-:::::_::::_:::::::_:ノ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ア ̄

 『浪人是非是非と望む。
  さらばとて猿を出されしに…』

516 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:41:23 ID:856a9wxY0

     |
      |!l       |_
   | |!l |    |_
   | l! !l |     ユ
  i!| l|!l |!i     ツ    \_人人∧从_//
  l!|  |  |!l            )       >
  l!| l! !l |!l           <  キーッ!  >
  li| li|il |il            <       (
  li| li|il |il            /^Y∨Y^^Y^
  li| li|il |il
  !i| l|il |i!
   | |il |
      |il
     |


                                       r=ー-   て
                               N イ彡<ーイ≦、  そ
                                ト弋( (r   ≠ミ=ー
                                { ムミヾ(爪 〃 辷ミ、      あっ!?
                                  )ミ}´ヾ.从彡弋彡ミr     おい、逃げるなっ!
                      y-r Z       `rイ、_. 〉   ム彡ソ
                    辷Xア       ト| rュX  イュ レY\
                        //  __,,r<⌒ヘ' (  |j   .jノ ̄`ヽ
                 //  ≠ --< ヽ:::::::::::::\Y⌒) / |   /\、
                //__ィチ フ/   `''}::::::::::::::::::辷'/:::| ノ  ./  ', \
              __/ィ<::::::弋ー-、_    |:::::::::::::::::::::::::::::::::レ'  .ノ   〉\\
               /::::::::::/::::::::::ヘ   ヽ、__ |:::::::::::::::)ヽ:::::::::ノアヽ/__> ´  〉 ヽ \
          -<::::::::::::::::::::::::::::::::::}__  ノ   |:::::::::::::::`ヽ):|:(イ:::::::¨ハ_,,=ー'¨  )'¨ヾヽ、
       /::::::::::::::::::::::::::jー---‐''  \   ノ::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::}´  `¨ー弋    人__ミ丶、
      /:::::::::::::::::::::::::::::ノ          {  /:::::::ヽミ::::::::::::人::::::::::ノ       ー=彡____ ヾミ三ミ、
   __/::::/::::::::::::::::::::::/          Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ                 `¨< r 、¨〉
 r<::::::::::イ/ ̄ ̄ ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::ノ                   ヾ\\
./:::::::::ミ弋l                     |::::::::::::::::::Y:::::::::::/:::::∨                       \\
::::::::::::::ノ                       |:::::::::::::::::::}:::::::::::j:::::::ナ                        \\
   >´                     /====ミ、:::::::::メ:::::/弋l                        \\
___ノ                        /      ||二二母小 ヘ                         \\

 『…立向ふと其儘、しなひを捨て、啼號(なきさけ)びて逃走したり』

517 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:42:03 ID:856a9wxY0
        \: : : : : : : : : : : :/: : : : :/: : : : : : : : : ./ : : : : :/
        _\: : : : : : : : :/: : : : /: : /: : : : : :.:./.:.:.:.:.: : : /_                  /
        `ヾ`: : : |\|: : :i! : : : /: : /: : : : >‐ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             /
           \ ミ〉 `^\:jj.:./.:.:.イ> ''"  〈:.:.:.:.:.:.:. : : :. ′              /
            : ィ     ∥ヾ'"´        ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:./             / |  /
            |ヾ     ∥    , u.    / `ヾ:.r 、:/           /|  .| /ニニ
                い \_  \  ノ  _,,..ィ´    ´r: }|           イ   ! ./ニニニニ     …但馬守様。
            ヽ! r气テt::〈 、{ '¨´'弋歹¨>   /: ,小._,.ィ      ./ |  /ニニニニニニ   猿が逃げて、仕合になりませぬ。
             _:,・  ̄   \     ̄     _/:.:.:r―'"    ./    /ニニニニニ/∨
             ´ :.      | 《         / 「:.:.:.:.|     /    /ニニニニニ/
          /     丶     | ::`ー‐     / ,′\|    ,イ{.  /ニニニニニ/
           /         \  ヾ::       / /:::::::::::::\ /ニ| ゝイニニニニニ/
.         /      / : :\ー ー―一 /'  /::::::::::::::: ィ´ニニニ|ニニニニニニ./
         ′    /: : : : : : :ヽ  ̄   / / /:::::::::::: / | ニニニ\__/、
        ,    /: : : : |: : : : : ヘ ー‐ ´_,,<:::::::::::::/ニニ.| ニニニニ/ : : : \
        / .:::::::/: : : : : : :! : : : : : :ヘ  /:::::::::::::::::::,.イニニニニ∧.ニ/: : : : :__\
.      / ..:::::::: i: : : : : : : ‘, \: : : | /:::::::::::::::/ニ{ ニニニニニ/: : : :  ´  : : : ヽ
     / .::::::  |: : : : : : : : ‘,: : \:j:'::::::::::::/ニニニ:、 ニニ./: : : : : : : : :    ‘,
      / .:::    |: : : : : : : : :/ : : : : : : : : :/ニニニニニニゞ/ : : : : : : : : :       ‘,
.    .′:      | : : : : : : r'’ : : : : : : :./ニニニニニニニ/ : : : : : : : : :        i
   │       .::| : : : : : : | : : : : : : /ゝ=======./  : : : : : : : : : :         |


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ⌒)(⌒)       .ははは、じゃから言うたであろう。
  |     (__人__)      立ち合う必要はないと。
   |     `⌒´ノ      今のお主には勝てぬと、猿でもわかるというところじゃな。
   |   ,.<))/´二⊃ 
   ヽ / /  '‐、ニ⊃      .今のお主なら、
   ヽ、l    ´ヽ〉      わしの肝煎で、しかるべき所へ推挙してやろうぞ。
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

 『宗矩さればこそと申候へとて、後其浪人を或家へ肝煎して出されしと也』

518 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:42:32 ID:856a9wxY0
                                 .  - ─ -  .
                               /             .
                             .∠ノ{    「 `  .   \
                            . '(⌒ 入 _ ノ  (⌒ヽ.\    ヽ
  …と、まあ、こんな感じですね。  ...   /  _      __   ーく\  ハ
                           l /´ . l i Y il 〈´ !く ` <⌒.Y  i
  話としては割と有名ですけど、  .....   i_〉i l i レ' _人_ノ\!ハ   ノ⌒ }  i!
 流石に創作だろこれ、というのと、     .l l l l〈 ⌒Y⌒   〉`ヽ /\ メ 从
 どのタイミングで入れたらいいか       片l l iイ\ ij _. イj匕 !Y   i! / i{
 悩むところがあったので、        .   / i.l ト、i匕リ     j匕.ソl|  /⌒ヽ |
 出せず仕舞いでしたから、        彡'. イj.从ハ""" .   """ .リ  ij ij ij 从
 今回紹介できて良かったですね。  .    从j i∧   _ _.   ムi / / レ 人
                            人八.j\    . イ リ/ /   !/\\
                                Nノ r てこ斗<jル' jK人
                              __ . <|⌒Y´ ̄{ Y.:: :\!
                            /´. :: : ::.%! 人 _斗人: :: :: :>-- .


           _
    ,r ´> ´ ̄ ̄   {r ´ ̄`.、
    > ヽ.   /      ヽ.   ヽ
    {  /  /    /    丶、  \
   .Y  ヽ. /    /     } `ヽ  ヽ
   ゝ   ノ/     {!     i!,!  ',        そりゃ見稽古だけで
   }  く. ,'     ハ     /リ| !   ',      ここまで腕の立つ猿が実在したら、
   ト  ソ !      ト. 、マー=ミ!i   il      .その方が凄いからのう。
   ゞ ノ |       .{    、.{:il ',   i|
   r彡,  |     ヽ ',       ヽ ル′      そういえば、宗矩と浪人といえば、
   ::/:::;i |.       ',       /        もう一つ有名な話があるな。
   :{::::::i!. |    ヾ 、 ',  , __ / ヽ
   リ::::::|`il i|   .ハ ヽ ',   ̄,´   ヽ
  ::::::::::i| .レ ハ    ハィー-  __/ ,.     ヽ
   ー- 、:.:.:.:.ヽ. ` ',:.:.:.フ}≧、 },  {`ヽ}
  / /:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:..`ヽ ヽ //ミ:.:.:.:', ヽ  ',
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.>ミー-`、 ヾ_ヾ:.:.:.:.:ヽ ヽ }
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ' / ̄``ヾ `ヾ:.:.:.:.:ヽ `

519 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:43:09 ID:856a9wxY0
                             /   /   / ヒ弐: : :.f¨´: :ri〕 : : :ム. ‘,
                               /   /     /ぇ,,_: : : : :.ゝ'ヘ 》:r-、: : i}:,. i!
                           /   ,   /  , √r': : /`ヽ: : V:》, ゙:,: :} :,
                         /    ,   i  i!弋ノ: :j{  \ }: :ノ :リ〉, .L:i} :,
                        / イ   i  イ  i!ゝ-: : i!ヽー ノ: :`¨´::/ノ ! ト、 :,
  ああ、『葉隠』に載ってる   .  ー ' ノ   ノ/ i!   .i}`'ー:ノィ忙ミ、\.: : :./iリ.! ;! {》=-ュ、
 「即日印可」の逸話ですね。   .   /八 ' ´  i!   i}>''ヘ 乂シ  \/  八ノ i!`ヾ:、 ヽ
                          /  ゝ   i i!  ,《〕   :,        ′′}! 八
  じゃあ、そこから始めて   ...   ;! /`i! λ i! 彡' ノ、    :,   、 _ ,  / ;! .i!/
 『葉隠』にある宗矩の逸話を        .イ! / ゝノi  ;! i} ヽ.  i}s。.    イ /ゝ'′
 紹介していきましょうか。  ....        / i!′〃 l ノイ二二゙:,ノ、i:}´  ̄  レ
                        /  リz*'’  /./////.:}//≧s。ヘ.
                       .イ! 〃  .ィ//////.:.:.:.:i!///i}、ヽ 〉,
                       / i{ノ_,.z} "/////.:.:/.:.:.:.i}///i}ノ、_ 》:、


              ,.-==.、
              / '´ ̄`,ヽヽ.__,、
            /, ′  /,べv',へ\
              //    /イ´" ̄ ̄゛ヾヽ
          //   ,ィ'´           ゙:、
         i ,′  ,:'    .       ゙:、
         l,′  i i .i: i. i、 i、 i  i: i!:i i i
         ′   i .|:iハトiメi、|ヽ:|、i、|ィlォリ|;: |     しかし、毎回さっきのペースで紹介していくとなると、
                ヘ、トィ≠=、` ``'ィ≠ミメリ: |    随分な量になりそうだが、大丈夫か?
             |:ベ弋:リ     乂:リ/,':: !
            /|:i::::ハ "  '   "ノ、!:: .ト、    「…まあ、一つ一つは短いから(震え声)」
            \l !::i!/>,. ^  .ィ:::`メ.: ノ‐'´
            ,ゝメ、ヾ:、_メ、::i.!i::::i、!:ノ_ノ=.、
         ,ィ,'イ::`ヽ:i:i:/イ`ヾ、|./ ヘ.;::i:i:i:i:iヾ:.、
       ,ィ,'イ.::::::::::::::::::、/;'       ヽ!:::::::::::::::::.`ヾ.、
      〈〈::::::::::::::::::::::::::/´_ `ヽ , '´_ ヽ:::::::::::::::::::::::::>>
      ヾ.>:::::::::::::::::::,''´   .`ヽO'´  ``ヽ:::::::::::::::::</
       /.::::::::::;ゝ‐{    ‐=O=‐    }_;ィ::::::::::::::\

520 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:43:49 ID:856a9wxY0

┌────────────┐
│  逸話:即日印可(葉隠)......│
└────────────┘

           _,.,.,. -ー一''''"" ゙゙゙゙̄''''ー--ッ、_
          トミミミヾヾゞゞゞゞ|///////ィ`l
           トミミミヾヾ`ヽ-、_ | _,..r-ー''フ彡彡彡!
          jミミr'"⌒`ヽ、ゞゞ、|///ッ-ー''' ̄r'彡|  
         /ミミ!   ノ:::フ、ミレ'"..::::::::  ヽツ彡ヽ、 
        /ミミミ> ノ::::ノ:::..    ..::::::::  <|手ミミミ゙ヽ、_     但馬守殿。
      _/ィライ 、_ ::ノ::::.    ::::::::::  _,.r'}ミミミミ_,     本日より弟子入りをお願いしたい。
    _///メ|r''"Z>=-、_::.   ..::::_,.=ニ"1゙〉!メミ
 ゙゙̄''''"ー'"/ _入ゞト、 `、`ー",.>yム゛r''"   レ'7ノ/
三ニッ-ー''"/ 彡ヽλヽ ̄ ̄ ノ 1 fゝ、  _/V`ー/ 
ミミ,._,.r--'",r-ー'''‐-ム_ヽ、`''''" τ_レッ::. ̄  イヽ:/  
彡-‐ /~ ...;:;:;:;:;:;ノ:::...\\   ,----ァ   /j::::::|;:::.. 
  /    ,.,.,.,.{`ー-、_.\\ `ー-‐'  /:: j /|;:;:;::::
  /   _,. .:;:;:;:;:;(_;:;::.... \゙、 ヽー--ー''".:: /,::::|;:;::  
 f _,.r''".,.;:;:;:;:;:;:::..ヽ`ヽ、  `ヒ、_:` :::::: ..:: / _,.,.,.,.,.,.__ 
                某旗本


                 u.     .|
           \            |
            /`゙''―‐┬   |      …えっ?
              |  ●  l   ..|
              ヽ    丿   |
                          |
                      l\
              l      ,'  \
      人        丿      /    \


 『柳生殿極意に「大剛に兵法なし」と。
  其の証拠に、但馬殿へ御旗本何某参られ、弟子に罷成るべき由に付』

521 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:44:22 ID:856a9wxY0

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      貴殿は、既に一流を極めた御仁でござろう。
     |     (__人__)     何を今更、それがしに弟子入りを望むのか、承りたい。
     |     ` ⌒´ノ     
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


           _,.,.,. -ー一''''"" ゙゙゙゙̄''''ー--ッ、_
          トミミミヾヾゞゞゞゞ|///////ィ`l
           トミミミヾヾ`ヽ-、_ | _,..r-ー''フ彡彡彡!
          jミミr'"⌒`ヽ、ゞゞ、|///ッ-ー''' ̄r'彡|  
         /ミミ!   ノ:::フ、ミレ'"..::::::::  ヽツ彡ヽ、       …いや。
        /ミミミ> ノ::::ノ:::..    ..::u:::  <|手ミミミ゙ヽ、_   拙者は今まで武芸など一つも稽古した事は
      _/ィライ 、_ ::ノ::::.    ::::::::::  _,.r'}ミミミミ_,     .ありませんが…。
    _///メ|r''"Z>=-、_::.   ..::::_,.=ニ"1゙〉!メミ
 ゙゙̄''''"ー'"/ _入ゞト、 `、`ー",.>yム゛r''"   レ'7ノ/
三ニッ-ー''"/ 彡ヽλヽ ̄ ̄ ノ 1 fゝ、  _/V`ー/ 
ミミ,._,.r--'",r-ー'''‐-ム_ヽ、`''''" τ_レッ::. ̄  イヽ:/  
彡-‐ /~ ...;:;:;:;:;:;ノ:::...\\   ,----  ./j::::::|;:::.. 
  /    ,.,.,.,.{`ー-、_.\\   ̄  ./:: j /|;:;:;::::
  /   _,. .:;:;:;:;:;(_;:;::.... \゙、 ヽー--ー''".:: /,::::|;:;::  
 f _,.r''".,.;:;:;:;:;:;:::..ヽ`ヽ、  `ヒ、_:` :::::: ..:: / _,.,.,.,.,.,.__ 


 『但馬殿申され候は、「御自分は何事ぞ一流成就の人と相見え候。
  有体承り候上、師弟の契約可仕」由に候へば、
  「武芸一事も稽古仕りたる儀無之」由申され候』

522 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:44:48 ID:856a9wxY0

    ノL ̄ ̄\
  / ⌒ _ノ  \
  |   -=・=- -=・      ほほう…。
 . |     (__人__)     貴殿、この但馬を愚弄しに参られたか?
   |     ` ⌒´ノ     .将軍家御指南のこの但馬の目、間違えまいぞ。
 .  |         }
 .  ヽ        }       .…あるいは、何か心得などはあるか?
    ヽ     ノ
    /     ヽ


           _,.,.,. -ー一''''"" ゙゙゙゙̄''''ー--ッ、_
          トミミミヾヾゞゞゞゞ|///////ィ`l
           トミミミヾヾ`ヽ-、_ | _,..r-ー''フ彡彡彡!
          jミミr'"⌒`ヽ、ゞゞ、|///ッ-ー''' ̄r'彡|  
         /ミミ!   ノ:::フ、ミレ'"..::::::::  ヽツ彡ヽ、 
        /ミミミ> ノ::::ノ:::..    ..:u.::::  <|手ミミミ゙ヽ、_    誓って、嘘偽りなど申しておりませぬ。
      _/ィライ 、_ ::ノ::::.u   :::::::::  _,.r'}ミミミミ_,
    _///メ|r''"Z>=-、_::.   ..::::_,.=ニ"1゙〉!メミ        …ただ、そうですね。
 ゙゙̄''''"ー'"/ _入ゞト、     .>yム゛r''"   レ'7ノ/       心得といえば…。
三ニッ-ー''"/ 彡ヽλヽ    ノ 1 fゝ、  _/V`ー/ 
ミミ,._,.r--'",r-ー'''‐-ム_ヽ、`''''" τ_レッ::. ̄  イヽ:/  
彡-‐ /~ ...;:;:;:;:;:;ノ:::...\\   ,----  ./j::::::|;:::.. 
  /    ,.,.,.,.{`ー-、_.\\   ̄  ./:: j /|;:;:;::::
  /   _,. .:;:;:;:;:;(_;:;::.... \゙、 ヽー--ー''".:: /,::::|;:;::  
 f _,.r''".,.;:;:;:;:;:;:::..ヽ`ヽ、  `ヒ、_:` :::::: ..:: / _,.,.,.,.,.,.__ 


 『さては但馬守をまぶりに御出で候哉。
  公方様の御師匠を仕る者に候目がねははづれ申す間敷」と申され候に付て、誓言を立て申され候。
  「左様はば、何事ぞ御得心の事は無之哉」と尋ねられ候に付…』

523 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:45:26 ID:856a9wxY0

           _,.,.,. -ー一''''"" ゙゙゙゙̄''''ー--ッ、_
          トミミミヾヾゞゞゞゞ|///////ィ`l
           トミミミヾヾ`ヽ-、_ | _,..r-ー''フ彡彡彡!
          jミミr'"⌒`ヽ、ゞゞ、|///ッ-ー''' ̄r'彡|           十ナノ-ァ
         /ミミ!   ノ:::フ、ミレ'"..::::::::  ヽツ彡ヽ、            ノ┐、/      「武士たる者、命を惜しまぬこと」
        /ミミミ> ノ::::ノ:::..    ..::::::::  <|手ミミミ゙ヽ、_       ロ.」ノ\
      _/ィライ 、_ ::ノ::::.    ::::::::::  _,.r'}ミミミミ_,.r-ー''" ̄     |       幼少よりこの言葉を聞き、
    _///メ|r''"Z>=-、_::.   ..::::_,.=ニ"1゙〉!メミ/             人      数年掛けて、この心を得心致しました。
 ゙゙̄''''"ー'"/ _入ゞト、 `、`ー",.>yム゛r''"   レ'7ノ/             /  \     今では、死ぬ事についてなんとも思いませぬ。
三ニッ-ー''"/ 彡ヽλヽ ̄ ̄ ノ 1 fゝ、  _/V`ー/            、  / 
ミミ,._,.r--'",r-ー'''‐-ム_ヽ、`''''" τ_レッ::. ̄  イヽ:/             ニ)ニ(ニ     拙者の心得といえば、このこと位でしょうか。
彡-‐ /~ ...;:;:;:;:;:;ノ:::...\\   ,----ァ   /j::::::|;:::..            |==`|
  /    ,.,.,.,.{`ー-、_.\\ `ー-‐'  /:: j /|;:;:;::::           ̄丶丁 ̄
  /   _,. .:;:;:;:;:;(_;:;::.... \゙、 ヽー--ー''".:: /,::::|;:;::            |干| マ
 f _,.r''".,.;:;:;:;:;:;:::..ヽ`ヽ、  `ヒ、_:` :::::: ..:: / _,.,.,.,.,.,.__           丁─-ァ
. レ'  ,.;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::..... ヽ、 ゙ミ_`-‐''" ̄ ̄       `ー 、     _工._亅
/  ;:;:;:;::/⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ "` 、               `ヽ、   _⊥_
|   / ::..    ..::::....../      >---ーーー一ァ-ー一''" ̄    / 八 \
  /::;:;:..    ..:::.r-/     ,.r-''";;;;;;;;;,_,.r-ー'''" ̄            lニ|コ
 /  /;:;:;..   r'"c/_   /;:;:;:;::,.r-''"                ー‐亠─|
. { ;:;:/;: :::.  ト、`ー- 、__ヌ==--''ツ
 ヽ;:;{   ::.. `ーミニ、___,.,.r=ニフ


 『「幼少の時分、武士は命を惜しまぬに極みたりと、
  不圖(ふご)存じ附き候て、数年の間心にかかり得心いたし、
  今は死ぬる事を何とも不存候。此の外に得心申したる事無之候」と申され候』

524 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:45:47 ID:856a9wxY0
     |                 ゙
     i!、                  i
      |! \    i!           |         うむ!
     ! 、_ヽ  人、__,x≦_        |       やはりそれがしの目に誤りはなかった!
     ,:  ̄ミヘ !,彳¨弋_ソ )        |       それこそが兵法の極意よ!
     |     i  `¨ ゛ '';:.:': .        !
    ハ (   !     、  : :;     ,         貴殿には、今更木刀を取って教えるまでもない。
    r‐ ヘ ー ゝ ___.ノ, ゛ 7   リ !        この場で印可を授けよう。
    人  ` 、- 、`    i!  l   .イ/
    ハ    ` -.、   |   } / /  {    _
     l          ̄    |´ /  ≠´  ̄~ |
    }            i! ムイ      /
.    {              j ´        /
     )              /      _ -―-` 7
    ヽ_             /     〃      {
       `ヽ          /     ´         \
      ,、  `l _ -- _ i!   /               `ヽ
.     / ` ¨´     ` ー≠
                   i!

 『但馬殿感心、「拙者目がね少しも違ひ不申候。拙者兵法の極意はその一事にて候。
  唯今迄数百年の弟子に極意を免し申す人一人も無之候。木刀は御取り候に及ばず候。
  即ち一流附属仕る」由にて、印可巻物即座に相渡され候由。村川相傳咄の旨なり』

525 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:49:50 ID:856a9wxY0
               r-y-、
           > ´ ̄ `ヾメ、三ミ、
   ト..,,_ _,,> ´   ヽ  ヾ メヽ |!|ハ
   `ー -- ィ''´       ',   ',ヾ く// ! /:.ヽ        最後に、「村川相傳咄」とあるということは、
        ./    .i     |   | ヾy} /:.:.:,.:.:i       村川伝右衛門から山本朝常が直に聞いたということか?
      ,      | | | |   ト. { く:.:.:./:.:.:j
      i ! .i |. } ,!ィf刃   ,!ノ  / ヾ:.:.<:.ハ        それにしては、ここで出た「武道の極意」は、
      | ハ i!从ハ! '' ゞソ  ハ  /   \:.:\:.ヽ     伝書から伺える宗矩本人の兵法思想とは
        ヾ マソ     ' '|  | >-.、   \:.:\\    .若干ズレがあるようにも思えるが…。
        | ヽ' '  , - ;|  |/ /:.:.ヽ     ヾ:.:.ヽ:.ゝ
        |  >:.. ー≦ニ=ミ;:.:.> 二ミ= 、r==-、__     …あと、この話、浪人の話でなく、
        |   __/フー 川_}∨/    `ヾ\:.:.:.:.:〉   旗本の話だったな…(>>519投下してから気づいた)
        |/!/.:{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} i    ',  ∨:.:.:.:./
          ',:.:ヾ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ !    !   }}:.:.:.:.`:..=-<
             }:.:.:.-=:.:.:.:.:.:.:イ:ヽヽ      ノノ=- 、:.:.:.:.:.:.:.!
          /:.:.:.:..:.:.:r'',Z ヽヽ:.:.:`ー 二 彡:.:!   i:.:.:.:.:._/ヽ.


                      ...         _
                             ,ィ´     ` 、
                            〃  _    ヽ
  その辺りの真偽は        ......     / ^ー ´   `ヽ   ',
 何とも言えませんね。        ...    ,'/i  rー- ..、  ',. ハ
                      ..    ハ{!.ノ  乂斗チ.}___i  ハ
  ただ、武道の極意として     .....    / .レヘ __ ノイ仍! 〉-{   ゝ
 心法を挙げ、それを語るに際し、    ./イ 八 j    /,i {ソ iヽ {
 宗矩を配役したのは、       .....    レ从ヘヽー /イ|/, ハ| ト!
 その方が説得力が出るという   ....      _,,..`禾爪.}::::ゝ..__jメ__
 証左と言えるかもしれません。   .    /:::::rォハ___ ノメ:::::/:::::::::::ヽ
                          ./;:::::::jト、:::/:::::::::::::::メi:::::::::::::::::r:.ミ、
  あと、旗本と浪人の件は、       /,::::/::ァィ__ノ..+ニ+ニメ!::::::::::::::::|:.',:.:!`ヽ
 >>1の勘違いですね、すみません   /:/:/::::::/:.:ハ:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:.:.';.:i_メヽ
                        <:.:.:/:.:i:::::::;:.:.:.!:.:.!::::::::::::::::::|:::::::::::::::::!:.:.:',:|乂` )

526 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:50:31 ID:856a9wxY0

         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }        まあ、ミもフタも無く言えば、
      / Y      ,    ∨∧ ソ
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',       「偉い人もそう言ってる」
       Vヽ 1 ≡   ≡  i∨i   ! .}ヽ
.         / .|           / 'ソ  /./  \     という話だからなあ…。
        | .人  ` ~'  ,/    /ノ __>´    若干もにょるものがあるな。
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
        〈{::.(__8.__):::::::}〉
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\

                                     __-===一- 、
                                  イ"      、  ̄ヽ
                                / ,オ代    /芹7ト、ヾ  \
                              / /乂乂ヒ込-丈乂乂乂心   ヽ
                              /乂乂斗、乂乂乂砂⌒ヾ乂乂   ',
                             //乂/   ∨乂∨    Ⅶ乂ハ   .',
                             ,',ハ乂 从从 |乂乂l从  从}乂乂リ  ヽ
  ただ、同じ『葉隠』の逸話でも、         ,',乂メ}ハ- 、ハノ乂乂ト、∠´ハ,{乂乂/    .\
 宗矩本人の言に近い話もありますよ。    ,' ',乂イ イセュ 、乂乂/ィ戒リ}  ヾ〈   ヽ  `ヽ、
                             ,' /イ | | |ヽ処リヾイ"  ゙㌢'} / | |乂\ヽ | ヾヽー--==、
  次はそちらを紹介しましょう。        //ツツl 从|    l     レ イl乂乂∨l l
                           /77ッッ| |从ヽ   ┌ー 、  .ソ / })|)|)|)|)ハ.|
                          イィイイ | |ヾヾヾ\ ヽ-‐' .// / /ヾヾヾl__,,,-ーー 、
               ィ-、        ___レ 从 l lヾヾィイヾ |ヽ-イ /// //'"´   ィヽ ヽ
             ///フフフフヾヽ  / ソ ツ { ヾ', |ヾ{┌  ̄ ̄二}8二辷 プ"     /  {  丶
           イ// レ´ イイイ辷ニニ/ //ぐ< ヾト l彡 |'"ヽ /  ',8         /   |   ヽ

527 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:50:54 ID:856a9wxY0

┌─────────────┐
│  逸話:牛の角突き(葉隠) ...│
└─────────────┘

                        イ         ト
                     / /    _ _  \ \
                    /. (   /;';';';';';';';';';'\ ) ∧
                     {   \_/;';';';';';';';';';';';';';';';'V   }
                    ∨  , ';';';';';';';';';';';';';';';';'/  ∨
                     \, ';';';';'/7 ‐--‐ヽヘ;';'ヽ--イ
                           { ;';';';'/〈 `Y´  〉‘,;';';';';' }
                      {;';';';';'i ヒ_ュ  イ_ユ i;';';';';' }
                           {;';';';';'i |  |_|  | i;';';';';' }
                      {;';';';';' i  、______,イ ,イ;';';';',’
                        ,ノ{;';';';';'/ヽ、'┴┴ ' / i;';';';'}
            -―=  、_,.イ  从 j丿    ̄    iノル' `ト、_  , イ   ̄ `丶
        /          ヽ、 /       ∨     ト--- 、            ハ
   -‐   イ              /    ―――‐-    /    丶 \        ヘ、
/        |              /  /              Y        \ \       !` ̄へ、
        |            /  /            ミ|彡           ヽ 〕      イ    ヘ
        ゝ         /  /            人          )     / `丶--イ ‘,
     /            /  /           __ 彡|ミ __      /ゝ'   /          ',
   <               / / \ _ ー―┬ーー''""''''''ー┬ー--‐/|   /            \
   〈         人/  `、   \  |ミ< ヽ、___::;;::_ ノ  彡 /  ト、                   `、
                              牛


  /つ_⊂ヽ
  | (´Д`;)|    いつ突かれるかわからんモナ…。
  \    ノ,   近くによるのはコワイヨー
  ( () ),
  (__)__)))


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   何を怖がっておるのじゃ。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

 『柳生殿傳授に、道にて牛に行合ひて、恐るる気色あるは見苦しきなり』

528 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:51:49 ID:856a9wxY0
                        ,_、
              ∠|        ヽ_ヽ
              レ{            ノヽ|
                    Vヽ, ´~~~~~~`ヽヘ /
                 V:::::::::::::::::::::::::::::V
                    (:::::|↑v イ|:::::::}- 、 ,-― ―‐-、
              /{::::| l≧ii≦X:::::::}  x         i
          __/  {.人| _二_ | |:::::}ヽ ,        l
       / ̄   ´     iヽ二 ノ´丶´ /         ト
      /           、  \    //        i   ノ::::\
     _/           ̄ ̄ \/           丿_ノ:::::::::::::::\
   /´ l  _             ヽ         /::::::::::::::__::::\
   /      ` 、 λ            )       丿ヽ:::::::人   ¨丶}
  /        ノ 了        丿_____イ   Ⅴ\ \,┴─、|
  / 冫───=´_  ヽ、____〃 |    /    ヽ 、__/    ヽ
. { r´:::::::::::::::/    ̄ヽ 、`         |   /       ヽ,´    ,  ゝ
 `i´:::::::::::γヘr´ `  ̄`´ ヽヽ、 -─´ ̄  ̄丿       <≡i==/`y´Y
  |::::::::::::::{  } (´ ̄ ̄)__l   l-──ノ ̄ ̄ノ           υr丶/丶/ /
  `、:::::::::::ト、{ (´ ̄ ̄)∋_/___丿─´/::::\        `´  ̄ ̄
    ` ゙ 、 \ }. (´ ̄ 丿 /_/_|__|__ソ:::::::::::::\
        処ァ`(´ ̄ )´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            ̄    (構える牛)


         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |    牛というものは、突く時、いきなり突くのではなく、構えてから突くものじゃ。
.      |  (__人__) .|   じゃから、そこを心得ておれば、脇を通るにせよ
       |  . '´n`'  .ノ   無闇に怖がるものではないぞ。
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)


   ∧_∧
⊂ヽ(´∀` )' ⊃   そりゃいいこと聞いたモナ。
  ヽ     /   これからは牛の側を歩くのも怖くないモナ
   ( ヽノ
   し(_)

 『牛の人を突く時は、常の形にてその儘突くものにあらず。
  屹と角構へをしてから突くものなり。
  斯様に心得候へば、脇を通りても恐るる事なし、と有之由。
  如斯事迄も武士は嗜むべき事なりと』

529 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:53:25 ID:856a9wxY0
               ヤヽ
             V小へ    ___
                 V   ヽy 7ニニ≧z、                                  \  /
                  }   / 7ニニニニニニニ≧                                 ×
              j⌒ヽイ 7ニニニニニニニニニニ≧                             /  \  キラッ
              {ミY´ Vニニニニニニニ=/  ̄ ̄`>==ー                     /
                   し′  `¨''<ニニニ/ -─-./代/´                      ./
                       >/    / ヽ. /丿                    /
                        /     |ー { ヽ x
                           {       爪ー 弋乂乂乂小ッ,     |〉.  \、人/
                      イ     ∧彡  >乂乂乂乂う,.   j l  `):.  て
                    /:/   弋   z辷チ乂乂乂乂乂小  /`V  //Y^\   ドカッ!!
                  -=弋¨/ ./      \乂乂乂/乂乂乂乂厂´  ∨
             ,仁二ニ=込  ./>、      乂乂乂/ 心__ `f‐ァ乂) ) /    ハリケーンミキサー!!
               ,仁二ニニニニ任込レ|       弋ソソ (⌒ヽ 」ヒテ小込¨¨´
            ,仁二ニニニニニニニニニ|       〉 ∧  ̄二ヽ小く ⌒ヽ.
           ,仁二ニニニニニニニニニ /\     /⌒   >ー=くム      V
         ,仁二二ニニニニニニニニ∧   ` T ´        \}       }<
           ,仁二ニニニニニニニニニ /ニ弋   ヽ.     ___ >'⌒ヽ __   ム  \
        ム-=ニニニ二二二二 /ニニニニ>- _\  /ミヽ/㍉.    ∨ `ヾニ=ー<\
        } |  /  >、二二ニ/ ⌒'y彡′    >{ミ Y ㍉/㍉   ',-一Yニニ==ーヽ.
        Y  ̄ `ヽ/  Vニニ/  /         込ム/㍉ /㍉.  }ー- lニニニニニニニ≧
      >''´     )ニ二ノ<´ ≦              ヽ イ㍉/ミノ/___}ニニニニニニニニ=l
 >          ∨                           `'<ムィ<   /ニニニニニニニニニj
(            V                              \_ >'ニニニニニニニニ/
  ≧           V                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ≧     レ
            ≧='


     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|       …じゃから構えておったら危ないと言うておろうに。
   .|    ( ー)ヽ ヽ      馬でもそうじゃが、そもそも近く寄り付かねば当たらんものじゃ。
   .ノ| U   (___人_\\__    .
 /  |     `⌒(⌒_   \
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /

 『私に云ふ、馬のはぬるを度々見候に、はぬるにてはなし。足を引き上げて延べて踏むなり。
  馬に寄り附かずば、はねても当るまじ。一足立直りても当るまじきなり』

530 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:54:07 ID:856a9wxY0
     /     /        ヽ     `ヽ
      {     /            ,   ヽ
         /  i   ハ    !    ′     }!
         ;   |  , !   ト、    |   |   }!
         l   |`ヽ{ } ; 斗匕、  |   |   }!
         |i ,:  x笊ミ }{ ,x芹示ミ|   l   ,ハ       この話は宗矩らしいな。
.         八ハ! ;.  {:し}八 l {::し:} 〉  rv /_:{      家伝書でも説いておった目付の話に通じるのう。
           | ハ 乂ノ  `^ 乂ソ |   レ ,..::{:::ハ
           l l圦  ′        l   {/}::: {:::::{
        _ ノ八个o。ゝ   ノ  ,   八,::::::{___{
       人__{_,}ハ!r==个ー=・・ニ〔  ,: `トミ: {
        i{ r'::::ゝ__j  jf^|::::|!:::::::::厶イ〕トミ  `ヽ
        i{ |:::::::::::::ゝ,ノ  `ー=≦   }「リ{  ヽ__,ハ
   fVハ__ハ ノ::::::>'゙´{   _     / } }!  }V, \
   }  {fリ八_,     'v_´__ ノヘ  i{__ ノ  }!  } v,_ノ
  ノ   ノ:::::::{    oi}        、/::::::ゝ,_ノ!_ 人__j「
 〈     }::::::::人   ,:       }:::::::::::::::::::::::} |::::{


               ..      . -‐…=- ..._
                   /  ̄ Z._厂 ̄ミx、
  そうですね。     ..   /            iヽ
               ..  ./ 〃 ̄ )  ( ⌒ヽ、  |.ハ
  あと、この他にも、     li  |-+‐(    )ー- l   |  l
 こんな話もあります。   | | トハ!夊_メ,ハ/メ人..丿 |
               .. 人_人 |=== ∨ === i{ニ} .|
  こちらは家光との     ){ニ} 从        l!""   |
 稽古絡みの話です。     |"" l人  丶  ' _.ノjノ\ノソ
                 ノ⌒)ノ,;ニ三二二三ニミxソ丿
                    ,二三⊂ニ⊃三三ニミ、_
                   ィニ三三|::I::|三三ニィ=Z

531 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:54:25 ID:856a9wxY0

┌─────────────────┐
│  逸話:御前での不意の働き(葉隠)  │
└─────────────────┘

.________________________________
|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.《》 ||| 《》..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||_______________|||_______________||
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ●)(●)       上様。
       |     (__人__)      .但馬、参りましてございます。
         |      `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    /  ⌒ヽ    '´(               |  うむ、入るが良い.  |
   / ,_ \ \/\ \              乂_________ノ
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


『柳生殿御前にて不意の働きの事、御用にて、御前に召し出され候處に…』

532 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:54:48 ID:856a9wxY0
          \\\               | |         //         //
                \\\               | |           //       //
                \\           |          /           /
                  \           |       /        /





                                               バラバラッ

                                |              \
                         /         |                    \
                     /       |                   \\
              /       /           | |                    \\
.           /         /         | |                    \
        /           /             | | |
        //           //             | | |


                               ヽ_,
                        ,     |   ヽ(_/  
                           ,,..イ       |    ) (
       l          _,,,...イ´   |     |    ノ (`            ┌┐
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |....  ´⌒\            | |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /       |.__________,、∧,、| |______
            ヽ、    ̄   /        |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨`'`.| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              `               |                   └┘
                             |......                 ┌┐
                               | ...                 └┘
               ヽ             |.
               |             |.
.人                /             |

 『天井より竹刀数本落ち申し候。
  其の時…』

533 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:55:19 ID:856a9wxY0

  .r-.、    /^l
  .`r-'l,  //^Y
   '| `,.l!!l´ .i|
   |  |!|'  i|
   ,l_  ||  _||    バシッ!
  ノ.|'`ヽ,ll/´.ノ|,
  ,l’.|  |'|  .| 'l
  | ノ   v   l、.|
 .|    .|    |
 .|    .|    .|
  |   ::::!    |
 /   :::ノ^:、::   ヽ



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  上様、斯様な悪戯はお止め下され。  |
  乂________________ノ



                          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧
                           l   う…すまん、但馬   (__;)
                           ヽ、__________,ノ



 『…頭の上に左右の手を合せ申され候に付て、中(あた)り申さず候』

534 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:56:00 ID:856a9wxY0

=別の或る時=
                                      ___ _
                                  -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            r(:::::::::::::::::,、 _ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::
                r‐、   r‐、    _,,,_ ゞ, rr~ヅ   ミ::::::::::::::::::::::::::::::
          _,,_      ヽ ヽ  ! l    / / !  フハ       ミ:::::::::::::::::::::::::::
        __,,-r‐' ,r''''ヽ. _,,,,_ ヽr' ヽ !'´ !  ! ! l  l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::   (ふふふ…早く来い但馬。
    ./´ ;  ,'    /} l、r‐、! >  l  !  ! ! l___〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::    不意の一撃なら、
  ______!  ; ,'    / }_`l¨''__>、____l_/¨ヽ! l l _. /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::    如何にお前でも防げまい…!)
//7X/ !  ,     / {XXXXXXXX!____,ノ !  !l__/..             "´ 2ノ/ l:::
ヽーーi '  ,    /   ヾ''''''i'''''''''''''''''''',r'’ /i l. ヽ.ニ,`           __/ :l::
    !  ,   ,r''' _,,-"´ l   , ' /     ! i !.!   'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
   ,/  ,   _!,,/     ヽ _    、__,ノ`:L,!」   〈..        /:{      ヽ
  /'       ;!         `ー-、` 、 ヽ    \、   `}     /:: ! i'''‐‐‐‐-
/´       ;!            `ヽ、ヽ ヽ   `\ 丶、,、. イ::::::    ! _,, -
       .    ;!                丶,   _,,-‐'''''''''''`ヽヽ ∠_     `、
      :    ;!               ',,r''´         ヽ、  ヽ、     \
      :   ;!             /             ヽ   ヽ


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ::::::::::::::::::::::::: |
. |  (__人__)  │    ……………。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

 『又或時圖(はか)らず召出され、物陰より竹刀にて、
  御突き成さるべしと遊ばされ候時…』

535 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:56:25 ID:856a9wxY0
           `丶、
                 `丶、
                 ヽ
                      l
     \                 l              /\     /|  /゙i
         \               l      \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
        x \         k       \)'                    '(
       〃 γ \       / l.      /                     \
       {i  { ● }>、ノリ xく●} l!     ヽ,)                       (,,r'
       ヘ、`ー‐'′/   ヘ.゙ー'ノ:!     /    各々方!              \
          ̄         ̄  l     ヽ   上様の兵法御稽古である!!    ,r'
           /       ∨ /     _)  御覧めされるなッ!!        (_
         /            ∨     ,)                          (,
          l         ノ   |      /-、                      、-\
         >、___/ ゝ、__ノ       /ヘ '"                   ヘ
         ./      l//  /       /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
        |     l/  /             /   V | ,l ヽ|   V   ゙i
         |       !  ′
         |        !  i
、         !     /  l
 丶、     ` ー---"   !
    丶、     ` ̄´ ノ
      >------''"


                  _,,..-―――‐-..,,_
                   ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、    て
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   そ
                /::::,..へ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::/   `^~ァrr,.、_,,..-ァ=彡ヘ:::::::::::::::::',
              /::::/         ,リ|}         ヾ::::::::::::::i
.             l::::/ ,ィ圭fx.、                 i::::::::::::::l
           /´.l  ´ ̄ヾミメ、        _,,,.、  |::::::::::::,'
            | h.|   '、・)`ヽ``  ィf斗芸圭斗ゝ .l::::::::::/   ビクッ!
            | リ|     ̄ ‐' ヾ ′、´・)`ヽ   ,'´`.y'
         /::ヽ_|         .::}    `  ̄     .,'/、/
.        _,,..从リリ,|     ..:::/       i  //ノ/
     r''"   / ./ l      ヾ_ツ       U /_//、
    _../    //  ',    , - ..,,_          /::::::/  `''-..,,_
_,,..-'" /    /    ',   ヽ.__ )     ./i从リ      `"''‐-..,,_
   /    /      .\           // .| ∧             `ヽ
.  /    l         \        < ./  |  ∧               ∧
  /       |       |  \__ ..<  /   .|  ∧              ∧
. /       .|       |          /    |   .∧               ∧


 『高聾に「御兵法にて候、御覧あるまじく」と申され候に付て御見返り候』

536 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:56:51 ID:856a9wxY0

                    ´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
               /               ┛┗ヽ、
                  /            ┓┏  ヽ.
              /                       '.
                /                        ;
            /                       l
              /´_.`ー--、,,__                l
           ' ,〃- 辷ェゥ‐テゝ. ! 、_,,,___     !
              !    ` ̄` ,  /   '::メ卞テ'メゝ、   i      上様。
              !          i ,′     ` ̄"    ,
            |        _              /      さあ、御稽古を始めましょうか…。
              i    /                /      (シナイポイー)
          i    {        ;      `ヽ     /
            i    \____ ノ、     }   /
             i、  ヽ         \___ /   /
            ト、  `                  / /
            | ヽ、     ≡≡ミ、     〃 /
           ! ミ ヽ.  ´   `゙ヾ    '′,.ィ
          | ゙、 ヽ、         ,,.ィ<" i
              !  ::::::::::`ー=-;;;、_,.,ィ<:::::/  |
            /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    |
         /  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.     、
.         / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    \
        / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    ヽ

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     『宗矩の 笑顔が怖い 昼の空』(by家光)
     〉゙゙`'''ニ二 ̄  ヽ::::::,ィ ,、ヽ::::::: 
.    /    ""   U  }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::      「…割と余裕ありますのう、上様」
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr‐-        .ィ    l:::      スマント思ッテル
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

 『其の間に御竹刀を取り申され候由』

537 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:57:37 ID:856a9wxY0
                 -ー ,㌃⌒汽=ミ 、x―――=ミ 、
      /´^´ー〃´   _ ,;..::´`゙    `^ー 、    ヾヽ
     .ルリハ ij´    ,;z ´           ミ 、    ヽヾ
     乢卅i{{    ´           |      ヾ ;      } }
     .i{{∨ノリ    /    /|   ,   |       ヘ      | |
      廴/》    /     /、! .! l|  :|  |  !   }i.    i j
     .,,《ム、  ,;   :| /  \| !|  :! ./|   !     }i    j !
   .,;;彡´ |ミミ;|  |l  | j!/_____ ヾ.|.| j!/ ヾ、j!    l     ノ'
  zシ   ∨ |  l|  |/´~``゙ヾミ ゙メ|/´ー―K|    |
  \  /リ ヤ;,|.,ヘl|  | ///   ノ' _____ l! !   , |    これは二つセットで一つの話と云うところか。
   .ソ/  |.ヾ|いl|  |        .:! ~`゙ミゞ ! |  /! メ、  如何にも、「らしい」話ではあるな。
    ./  .! .|゙ ソ|  |  ,、     :ソ     | l| /ノ'| i|  
   /    |  `゙ミl|  .l|  |-ミ- ..__     /!.!j!/ j! i|     というか、知ってはいるが、仲がいいことだな>宗矩と家光
   ヾ、  |     l|  ヾ、 `ヾ ー ノ   /.ノリ/ / |  
      \;!    l|   |\    ̄´゜   イ メ / / ノ  
           .|   |.、 \ __ .. ::<,、, 夊 ァ /     
           .| iヾ:i\__/{´フ/|ハ ハ/
 ._______ルハ:i:i:i:i:i:i:| | |i:i:i:i{   ノ' ルリイ
. _____フ/ヾ`ヽi:i:i:i:i:i:| | |i:i/ノヾ、ニニニニニニ

                            .           ,.  …=…‐-
                                    .  '"     '"`゙`     ミx、
                                  /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
  まあ、家光の言動を見るに、               // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
 こういう悪戯を仕掛けて、                 .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
 毎回見破られるというのは、        ......    /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
 ありそうといえばありそうですね。      ...   .,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
                            .   .,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
  『異説まちまち』にも              .  .,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
 似たような話が載っているそうですが、      i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
 そちらだと、宗矩が平伏しているところに  .  |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
 打ち込もうとした途端、敷物を引っ張られ    ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
 転んでしまったという筋書きですね。      /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
 (原文が見つからなかったので、        .   .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
  「日本武術神妙記」掲載の文で)      ...   .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                               ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、


【※ 御前での不意の働き・別ver(異説まちまち/日本武術神妙記)】
 『徳川家光は剣術を柳生但馬守に習っていた。
  或る時、家光が但馬をそば近く召して頭を畳へつけて拝礼しているところを、
  但馬まいると気合をかけた途端に、
  但馬守が家光の坐っていたしとねをあげたので、家光は後ろへこけてしまった。
  また柳生但馬が或時お城で敷居を枕として寝ていたところへ、
  若侍共これを驚かそうと雙方から障子をヒタと立てつけた。
  ところが、一尺ばかり間隔を置いて障子が動かなくなった。
  但馬は眼を醒して敷居の溝から扇をとり出したといふことである』

538 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/07(月) 03:59:08 ID:856a9wxY0
                         ....                 ___
                                      > ´  ̄        ̄ `<
                                    ./      > ´{     }ミ> 、
                                  /      /    ヽ   ノ     ヽ
                                 /      /       ` ̄        \
  ひとまず、葉隠に載っている      ....      ./      /               r- 、    、
 宗矩の逸話は、この位ですね。       .     ,'      /     > --ミ        !  ` <.  ',
                         ....     i      ,     /       ',      ',  ',.  ヽ 、
  これ以外で挙げるとすれば、       .     |        i     ,       }  、    ト!ハ ! |.', ;
 以前、紹介した「稽古に関する教訓」(※)  .    |       .|      {  i  !  /   \  / .〉-‐!  ', !
 あたりですが、そちらは既出ですので ......     |       .!     ',. | |ヽ トヽ    ヽ/  /,.ィ! !/ ヽ!
 今回は端折るということで。       ......     |  i     ',      〉 i!, i'' ヽ! ` <    /心 '' !  0
                         ....     |  |   i  ',   /! ハ,!.ィfミ、    ` </弋ツ |  |. ',
  …まあ、「柳生関係」という        .     !  |     ヽr/  |',.イ廴忙              !  廴!
 大きな括りであれば、他にも             ,        {{ }  |ヾ. ゞ> '       ,   ,    川’,
 幾つかあるのですけど、               ./          i ヾ |                ハ     ',
 キリがありませんから、               / ハ      廴__}} !               _   /       , 
 『葉隠』記載の話はここまでにしましょう。   .//  }   ハ  川川. ', 、       `     .イ  ハ      | 
                            /     .|  ./ .i  ハ.   ', >。..,,     / i`ヽ. / ! .∧   ! 
                                 | /  | / ri ',.   ',      i''ー/   |  V  .|/  ', ,  
                                 !/   |/  !0:.',    || ̄ ̄ ̄ ̄ ,   .!   ',     }/ 
                                / i   /  ,:.:.:.:.:.ヽ.  ||    > ´i   ,     !
                                  ヽ  _ /:.:.:.:.:.:.:.:.\!|  /   .!       /:.ー-.、

         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }
      / Y      ,    ∨∧ ソ        家光が堀田正盛と茶席でイチャついてる逸話に、
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',
       Vヽ 1 ≡   ≡  i∨i   ! .}ヽ       「柳生殿御相伴にて」
.         / .|           / 'ソ  /./  \
        | .人  ` ~'  ,/    /ノ __>´       とあった時は、流石に目が泳いだのう…。
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ        気になる者は、「葉隠」巻ノ十を読むと良いぞ。
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
        〈{::.(__8.__):::::::}〉
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\

 【※『葉隠』聞書第一】
 『柳生殿の「人に勝つ道は知らず、我に勝つ道を知りたり」と申され候由。
  昨日よりは上手になり、今日よりは上手になりして、一生日々仕上ぐる事なり。
  これも果てはなきといふ事なり』

550 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:01:28 ID:pRnwB/fk0
                        ......        /        /´ ̄`'ー'’ __ : : :ヽ.`ヽ
                                 /   /   / ヒ弐: : :.f¨´: :ri〕 : : :ム. ‘,
                                /   /     /ぇ,,_: : : : :.ゝ'ヘ 》:r-、: : i}:,. i!
                                /   ,   /  , √r': : /`ヽ: : V:》, ゙:,: :} :,
                              /    ,   i  i!弋ノ: :j{  \ }: :ノ :リ〉, .L:i} :,
  さて、前回で「葉隠」に載っていた    .   / イ   i  イ  i!ゝ-: : i!ヽー ノ: :`¨´::/ノ ! ト、 :,
 宗矩の逸話は一通り紹介できましたので、  ー ' ノ   ノ/ i!   .i}`'ー:ノィ忙ミ、\.: : :./iリ.! ;! {》=-ュ、
 次は別の話を。              ....    /八 ' ´  i!   i}>''ヘ 乂シ  \/  八ノ i!`ヾ:、 ヽ
                        ......     /  ゝ   i i!  ,《〕   :,        ′′}! 八
  と言っても、また鍋島家の話ですが。      ;! /`i! λ i! 彡' ノ、    :,   、 _ ,  / ;! .i!/
                                .イ! / ゝノi  ;! i} ヽ.  i}s。.    イ /ゝ'′
                               ./ i!′〃 l ノイ二二゙:,ノ、i:}´  ̄  レ
                               /  リz*'’  /./////.:}//≧s。ヘ.
                              .イ! 〃  .ィ//////.:.:.:.:i!///i}、ヽ 〉,
                             / i{ノ_,.z} "/////.:.:/.:.:.:.i}///i}ノ、_ 》:、
                            ,  // .。r≦////.:.:.:./.:.:.:.:.リ///i!///////\

    / ̄,二ゝ、
   /  /   `ヽ\  ,ゝ‐v-壬ネ ̄ヾヽ.
  ./ /   /´`ヽル',ィゝ、 `ヾミ、>、"i`ヽ.
  /, '   ./ ,ィヽゝ'メハ ´、`ヽ.  `ヾ.ヽゝ、 .i!、
 i/    /  /'´,  "    .、 ヽ   ヽ ∨i./ .i
 i    / , ,' '   i     i ハ   、i 人i 丿
 ヾ、  / ./,  ,  i: | i :i  :i i: i   ゙iノメ、i丿
   ∨ / , _i___i_.i! ! !、,ィ‐!-!i-!-  .i/'i.ノ,'      また鍋島家か。
     i .i .i .i ト、i、`i`ハ. i、 !´ゞ彡三ミ   ト、レ'_     多いな。
     l i:!人i彡三ミミ ゝ^' "´i!:i ゚!:i!i.  i: |` i、:.`ヽ.
    ! 乂:|:ト. f!:U゚::i      ゞ¨:c.l  | .!,丿:::::::メ
    人 ヽ!リ、i 廴゚ノ  ,   `¨¨´ i  ! ハ::)_/
     乂 V `!     、 ___   U .ィ! ,'∧,、_\
      ヘ 、i ゝ、        ` ィ≦リ ,ノ≧=ヽ. `´
      ヘ从  __`¨ フ7i::´:::メyイ'/ヾヾ゙`ヽ`ヽ、
          ,ィメニ―ヲハ/,'_ィ彡ii:ノ'.:::::::::::::;;;;;;;//i
      ,ィゝ'〃ィノ'´ .,`´   ||、:::::、::::;;;;;;;;;;;;`/

551 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:02:31 ID:pRnwB/fk0
                           ....            ___
                                 ィ≠ミ" ̄`、l| ̄ミ`x 、
                               / (⌒) 廴_彡" (⌒) \ヽ、
  それだけ柳生と縁のある家なんですよ。    ,,'                ヽ、\
 細川家も多いですが、あちらは出典が     / &",;ヘ、,.勹I㌃ ___彡ヘ、ο .ム  ゙;、
 当主親子の書簡とかだったりするから、  .  ;. ム. / ,' .;i} J所w {! ,、冫l}   ,! |  }
 史実扱いとして既に本編で挙げてる話が ..  | Jリ l ; ;. 〈 \/ 〉 ,; ,; l| ,ィf'′| ;.|
 多いですしね。                ....  |ο | ;ハkrヘ. 〈〉 /)ノlrヘハ!l|〈{ッ}〉|,; |
                          ....  { {l} 〉ィ竓=ミ、l /yf'斧ミメ/   /,; , |
  まあ、ともあれ、              .....  |\,ハ| {{ V少,`゙'"  V少,}} \/ノjノソ /
 今回の話は、鍋島元茂の嫡男、     ......  リ刎|リ. ` ̄  、   ` ̄  |il||竓} /|i´
 >>227で言及した鍋島直宗(直能)の話。  .  刈乢ハ             ルリ蕀!./ノリ
 『直能公御年譜』収録のものになります。     ノリヽ}゙ミx、⊂ニニつ ///ハ冫
                               ,;´フ/ ≧====≦、/′ー―-..、
                              ./i:i:i:i:i:i:i:i:|| `゙v"´ l|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミx、


           i ! i         !.   i  i.   |  ,リレ’
    ,イ      i ! iノ )   ヽ    ト、  .i  ! i  | / ,iヽ
 ./ }  ,.ィヽ -‐'' ´ .. イ メ.   ', 、ー-- ハ /i |   | / ハ'
_/   { /  i} ー-<´ -‐'' .iヽ ハ }ヽ! }/ i/! リ  ト、 /イ     …下手な創作より
ー-..,,__`ヽ  /  ヽ  }、 ヾ! ヽ! }/ .レ' .ィ三沙 |     |リ/     面白い実話が多いからのう、あそこ(細川家)は。
:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽノ  ヽ `i   ィ三彡        |    !:.:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.i !ー- ,,.`Y′  .ハ     、     .u .i|   ハ:.:.:.',
:.:.:.:.:.:.:.:.:.{. ヽ   ヽ    ハ       __     リ   ハ:.i:.:.:.i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \‐''´¨i  i  | ゝ .   ´- `  /   /:.:.:.l:.:.:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', iヽ.  ',  i  |    >。.__ .ィ/   /:.:..:.j,-‐'
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i } ヽrハ. ';.:.ト、___   ,}:.:.:.:.|i|/ ,イ /--く __     ,,r_ユ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}. }‐ヘ }/∧ ヾヘ..__''ー'Y {:.:./'/ ,/:./ /ニニニオ≦笊手升!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ ヾ }:.:.:.:..:.ヽ {ー`:.:.:.:.:/ ハ ヾ i:/ / ,.ィ {:..:.:.:.:.:.:i:.:i | | | | | | |

552 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:03:00 ID:pRnwB/fk0
┌──────────────────┐
│  逸話:鍋島直能と猪(直能公御年譜)  │
└──────────────────┘

                                 ,´!、
                               ,イ´ ,'_,'´、. ,ノヘ
                      ,      ,,,ミ^   '   ∨  `'、_
                    ,;´i "    ヾ              /,,,,,,_
        ,´|           ,´_ノ      └;_, ヽ   ,,;;'   lヽ'゙;,,     └--、
      , ´,-|         / ソ       ノ.;.;.;,,,,.;.;;;,,,,,,,;;;::.:.:.:.:.:.:- - !  ソ
    ノ,ノ |         , '  〈    、 , '^.;.;.;.;.;.;..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-_,,-宀ー〈
    ゝ /|        .,' ∧ |    ゝ`.;.;.;.;.;.:;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:└コ,,_''二」
    | ,- 、 /        // ゙:_,l   _/.;.;.;.;.;.;.;.:.:,,''.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll.:.:.-丿―'''‐--ぃ一^ -_
  ノl/  | |        |   ^!_|  ノ.;.;.;.;.;.:.::::;;;'',-.:.:.:.:,,,,,,,-――-ニ¬く    - 、  彡´    ブフォ…。
  |   l i |       '、  ,, ''´i、ノ.;.;.;.;.;.::::;;;:.:ィア  ミ     :--- 、:'^ \     /
  |,  .l ヾ\      l   / ,ヘ.:.:.:.:.:.:.:.;;:/ _彡    ̄.."       \./~^
   ヽ `ヾ-二二~ 、 |  ',  ヾ`,、_.:.:.:,,-<    ___,ゝ─     ミミ
    ` 、    .,、´_,>´`i ,'   |.iヘ、_ヽ::<~二二ゞ            彡 ヘ__
      `、ー-|  ̄,、:.:.:.:.:.ソ、   ヘ /  ̄~   `ヾ三_____      >  ,/
       `ー-ヾ.:.ヽゝ::::.:.:.:;;;`Tヽ< ,―´ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \ヾ  _/_/、 l
           \;;;;;;;;; , --'~^.:.:.:.:ゝ-´_;:;:;:;:;:;:;:;:;:.、.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`、
               `^ ̄ ̄^     .ノ.:.:.:.:.:.:.:丿`,;:;:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:丶ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;i
                         ン.:.:.:.:┌'´  ヽ   ヘ .:.:.:.:,' `ーt--、;,-:::;;;;/´
                      ,'.:.:.:.:,,―'    `ヽ,,, ..::|.:.:.:.:./,,;;ii'''´  `',:.:.:.:;;;〉
                    .-'"__〈         '''''7 .:.:.:|       /:.:.:.:〈
                    ィ_.:.:,,,,,,_ゝ         / .:.:.:ゝ     /-ソ ,ゝ
                     `´           |`-´ー'|     `´ヽ´
                                  `´ヽ_ ´
                             猪

                               ,仆,
                              /=マ
                        ト,.    /=/
           |'、       ,x-=}.ハ、 /=/.       ,イ
               !. \     イ‐‐o---. /=/     / |
              ハ. ヽ∧  ハ、,----,/o/}..  ァ、.//,'   猪か
             \/\'、  >_ニム¨卞,勹  /,ィ〈//
            ァx_ィ"‐-,ヘ__ム=/ ¨`Y‐ト、/┴ィ,イ
              >゙/=‐‐-、‐、_ム/ヘ//>厶孑=〈くィ>
          >''"´,, -z‐ィ.ノヘ'/  /ハ' ゙Y ̄ `イ彳
        / / //:::くニニ>/ //く)  {:::ゝく `''く
      , イ {'" ヽ‐ァ:::::::::ハ -/ //ム/  ハ:::::ハ_____ィ=/
    /   /`_くヾソ::::::::ノ マ/ //! |/   ノ:リ:::::::::::マ'゙
   ,イ   / ∧o≠ミツ   /ヘ//∨'    マ ゞ,◎゙O,、
  ノ    ノ   { /ヘニハ. / //::::::/    ノ〉_ O勹' ハ
  /   /   マ、 | リ../ /∧::::::{..   /イ ⌒Y" ヽ !7

 『直能公柳生但馬守へ御兵法御執行の最中、御国許にて御狩被成候時』

553 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:03:23 ID:pRnwB/fk0
                         __
                        /:l:∧
                      /∨:!: :l/}
                    {\{/\l/{/∨}
                   ∧ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/\/
                  ./: : :{:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:}: :.、
              ___ ∠____V:.:.:.:.:.:.:.:./ハ: : \_
            < . ´   ィ乂_|:.:.:.:.:.:.:.:.|彡’: : : : : : :>  ブフォオオオッ!!
            /  イ: : : }: : : |:.:.:.:.:.::.:/: Χ: : : : : : {
     《〉    /  /  レ: : ∧: :ハ:.:.:.:.:ハ/: : \: : : 「
       。  .,    {   }/  }: : ∧:.:./: :} \ :l \ ′
 ...\〉 ¦ :. ∥ i     ̄    }: /: : V : : l:   \  Y
   ̄\|  、从|          /'《: : : : : : :.ト .      |
    .∥:.⌒  .\        个ト .: : : : : :/  \   /
     |! .:|!      ̄ ̄「:.:.:./ |:.:.:.:\__ .イ__/:.:.:「:.:.:| 
  ∧ l!l .:∥从    : /:.:.:.:{  }:.:.:/     }:.:.:.:/|:.:.:.:.、
 〈  i!l| .:,|l⌒:.、_从   /:.:.:.:.:.V/:.:.:.{      〈:.:.:/ ハ:.:.:.:\   ドドドッ!!
..:┴: l!l|  .:⌒≫―(⌒:. V/:.:.:.:.}{:.:.:.:.:〉     ∨   ̄ ̄ ̄  
` ゙''  `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙'' `´ ̄ ̄    `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙'' `´゙゙´゙゙゙゙''`

                       ,_
                       / i' 
                      ァ〈 { ,,≠´ ̄`ヽ、.
                        _{ ゝ/イ.  /: : : : :.{ 「マ
                  _/\孑''"¨゚}.: : : :. :. :.ノ | ム                          ___
     ____yy、         ∧/} 烈 /: : : :._:_:_:_>_,| || Y__|、_/7-'7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.         \.: :  ̄"''<
  ァ-‐x/ゞァ´◎ヽ        ,'//,'.r‐、 / /ァノ'": : : : : :く/ YァV//、>=-.: : :. :.         \         V..: : : :. :.}
.  マムト〈!,'{ノ r‐、◎ト,.      ゝ-、トノ、_ノィイ//:: >''"¨/: :{ x''゙ゞニニソヽ,.  >=- : : : :       \..     V.: : : :./
     ゝ◎ハ{、>xト、      `゙ミ彡トイ〆/孑=''"| //'、: : /7¨ヾ,} /    >=-..: : : :. :.   \.      |: : : :/
.       ゝ、___ァ< >x     r、_¨ヾ≠ム ',__ァ‐-|_/ /: : :.//、 厶イ¨"''''<,    >=- : : :.   ヘ    /: : :./
          ヾ´{: : `< >x‐‐-ゞ `ヾ,`¨¨ノニニニ{{爻‐、: : ,' ,'ノゝ 、.: .:.ノゝ=ハ        \: : :.  ヘ.   /: : :./
.           ', `ヽ::::::::::`< >x-===/く_}ニ( )ニ乂: :゙''‐‐--、、 : : Y: :ノ/´`V__.         >、: : :. \/: : :./
          \___〉-、イハ‐ `< >x{_|_.ノニニニニニニY:::::::::::::::::.',',____,,/彡巛ミミト, ァ-‐''7   >、___\/
             〈_/゚ゞ‐' ゞ=`< >xニ孑ヽニニニ}:::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :  // イ/
                      ̄リ`< >x/ニ=/ ̄/:::::::::::: : /`7: :イ: : :/ <ァ'"
             スッ…     .〈ニ>,|`< >x: : //}::::::::::ア" _,ァ"____/ /: : ノ゙
                       `‐く `7"`< >x /:::::::::〈 厶 ̄ ̄ハ ,'.: : : :/
                         _ゞ/"''!/: :`< >x 孑''"/`ヾマ、ム_,x<
                     /: : : : ゙'''‐-zァ,,_==`< `ヽ////ハトノ
                    /.: : : : : : 〔ニニ〕: : : :/゙>,   ヽ/ァノ/
                    {、___.: : : : : :H.: : : :∧//∨\.  マイ
                       弋‐--、ニ‐‐-- {イノ ノ__/ !ハーム

 『猪を御鉄砲にて被遊候に留まらず、直に向こうて猛りかかり』

554 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:03:48 ID:pRnwB/fk0
  i!|             ,,|i!'  ァ≦"´ ̄   `ヾ   ''i!、
  ! i!!              ,ii!  ィ´    ァx_.     `i!   ヾi!ミ
   i!!          ,i!| /   ,ァイ,,´ヾ゙     ゙i!     i!|,ヾ
   i!|           i!' ,,イ!.  ,ィ,"'⌒ソ ハヾ.      i!,     i!i!
    |i,!          i!| /,ィ゙≠''",, i!' ,,i!|.        'i!i.      i!i!
   |i!!,|-、‐--'ト、..  i! {,(,,,xヘト.、ィ i!|.           }i!     i!i!
    ii|! . 乂_ソ彡、 ヾ、_,,人ト{!ヘ/゙>-、,-=______  ,、ソ      i!i!
|!.  ァ‐、 i|,,,!, ノ=彡イヽ/、 \\/    /ィイ==イ-ィ`|‐、    }!|i! 
i!!  {lハム__/0、_ゞイ、 }.ヘ \//勹≠z// マ  {i"´ゝ‐i_ノ、ト、 i!|
!|i!,! `トリムiソ、0、/´O`ヾヽゝ_∧マニニニニハ{`ヾ.   '、.   ト, /〉.} i!|
 i!|!|.  ∧/イゞO、,-‐ァ{ニ}ニニニァニニニ{!{ム  xヘ、ゝ、____,/. ,'|i!
. 'i!i|, . 乂ム/ィ`ァヘ⌒‘マxニマ´/イ=ニニ弋、} 〈',--、義、 `''''´/
   ''i!i! . 乂=_/  `ヽ‐-'.   マ.{ ゞ==ゝ| _.',(○)ヾ,}\イ/!
    "''"  ¨              `',  ハ 从>‐ヘ=彳<\/イ       シャッ!!
                     {_'、. ハ . }∨ミヘィイー‐"zzマヾ,
                       ',_乂.l」 }ァ/´    〈ヘヘト〈
               |  ',   ゞ‐ヽ=ソ,/       ト「「ノ
                          リ,,,,,, --‐'''''""=三三三三
          \ヾノし//  ,,,,-‐'''""    -==ニニニ三三三
         ミ、ヾ  、' ヾて        -==ニニニ三三三三
        ,,-‐            -==ニニニ三三三三三三三
       "           --===ニニニニ三三三三三三三

555 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:04:15 ID:pRnwB/fk0
                                〃             _
                               ノ ! . _,, ‐'广   ._,, ‐'″/
                       ェ      /  `゛   .゙‐''''"´    /
                    /...l     /              /
                   /  .ゝ  -"              /
                     /             _.        .(______
                  /     .,.- ´   . \        _,, ー''''"゙´
                    /   .,...‐'´            !      .〈,゙__
                   / ., ‐″           │         ̄ ̄,二=─
                  ,i゙‐'゛              !           ,..-'"
                               /        /
                                 /       /
                                ,.′     _|
                               /     ,/″
                              /     .く_
                          /      r;;'"゛
                           /        `゙''''ー-
                         /     _,,,.. -ー''''''''゙゙゙゙ ̄
                        /  ,,, -''''"゛
                   / _/゛
                     /  .i二..、
                / ._,, ‐''"゛
             _/_,r'"゛
           _.r!゙‐'´
         . /

556 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:04:40 ID:pRnwB/fk0
..\\               / .イ                   i!     /
  \\ァ‐-、        イ . ,'                  i!      /
...  Y\\(○)、-、___,ァ'"‐-/  __.            i!.     /
.    マ_〈\\oヘY====}_`ヾ'"´   `¨>        i!   /
.     ゞ○)ニ(_)ノ彡イノ乂,,-‐-、    ∧>-'、_/_〉¨ヽ,{    /
      ゞ‐‐‐x=トく'"¨ゞ=ニニニニニニニニニ/////イ.  ',,x' {   /|
.            \,,,Y.  ¨¨¨--=="ゞ_////ィ'    ハ  ァ>´ヾ|{      ____.
                        ̄V/     / 乂マ_∠,/ >''"´..   >''"
                         ゞ=ト、--'_イァイ乂_ノノム''".  ,,,>'' "~
                          {くYソ孑"  //  ノ〉 ̄¨´、/.    ,-,.    よし…!
                           |/ニ=\_// //xx''゙"¨    /.._ノ/7.
                         くニニニニニ=/__x/ニト/ミソ ___.   /ゝ(/ /
                        /}ニニニニニニニニニニニニ>ヘ  乂 ¨‐〈マ"/゚ト、
                        |_/ニニニニァマニニニニニニマ`>ァヘ ¨`>、ゞ ゝイ_ノ
                        ,,,,,_、  /ニニY¨ヽ マニニニニニト、〉 :::: ハ、〈ニニム=彳 
                      /_,,,,,, ヽ!ニニニ',  ',. }={ ̄マニl ゙>:::::::::::Vニニニ| ハ\
                     / _ ∧_.. Yニニ=乂ノヽ{\\ノ/>゙/::::::_:::::: {ニニニ|.. ハへ\
                    ,゙. \. * /. ,'¨ヾミへ∧ \∧/-vイw〈,ノ,ィ:: {ニニ=|   ハ {  \
                  ヘ   /ィム_゙,. ツ卞ミヽ . }ニヘ__マト、_/ヾマ、ハ/ レ"乂二リ . 夂 >x、_\.
                     {ゝ、__.孑'">x_厶>く       ヾイ`¨¨'‐-ィハイ       ̄
                     マニニニニニニニ//// ム ハ、
           /\       >ニニニニ/ミ/ ̄¨| ̄¨|_∧'ト、
           Y´ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄\/ /.    }ニニ\
           {_Y⌒Y/ ̄ ̄\/      ̄|_/ノニニニ=ハ
\\.          ノ-乂._イ乂_ ,イ..    /    ハニニニニニニマ                   //
\\\.       / ̄ヽ=={...イ     /   , イ-、_マニニ=マ                  //レ'
  \\\\.   {{   イ.         /   /.    /      /     /     //レ'
      \\\..゙イ          /.    /.   /(/ il  /(   /(/(///レ'
          厶孑-‐‐=ミト、 /.     /..(_/  (_ノレ'   \/     (/レ'
    _ 。r≦..    /`ヾ、ヘ     /              /

                       ,、         /{/}
                         / ∧,,」ア⌒V  /___
                     / /⌒}        _ア ̄ ̄ ̄ `  、
                  く\/⌒^  /\      _ア             }   バタッ
  /⌒ア           /´    ^_ ノ /   _ア 、        {
 ′   ′              /     ⌒wy   /⌒{   }      }\_ 、
i{   {         {^\ ,′   -=メ/   /   i{   ',=‐ ⌒   } ⌒}
i{    、        \ \   /⌒    /   .八    ,     人    、_
 、     \      __ {   ', /      /  /   、  }     /ー.\   ) ̄⌒}
  \      ̄ ̄ ̄ ̄ ∧   \/⌒ー⌒}   {/⌒\}   、_ ./     i}]ソ⌒\/
    、   ___    _/  ,        /ー‐‐{/⌒ヽ }/^i{ \
          { ̄\____  、__  /     {)    〕{と⌒〕/
            ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄  ̄ ̄

 『御股の下をくぐり通る処を御右の足を越させ給ひ、
  .後ざまに抜打に遊しければ即ち留まりける』

557 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:05:49 ID:pRnwB/fk0
                ∧
                 / |. ',
ム               ,': :|: : ',
マァ             /.: : |: : :.',
ママム               / /|\. ',
マママム.     ,,,---ィ''": : :.∧  ヘ: : `ヽァ‐‐、
.ママママム...  /.: : : :. :./:./│ヽ: : ヽァ''".: : : :.\
マママママム、.,イ__ィ,∠: :/_/: :|: : ',__ ノメヾリ =ヽ
 マママママム ≧彡..ム ‐-、 ヘ  /厶孑/ ⌒ヾミ: :./
.  ママママム イ弋`゙ト\: : :.>|<.: :/ノ: : :.ノィ` /      …と、先日このようなことがあったのです。
    ママママム: : : : : :  ̄/. /│\ . ',  ,-、: : : :/     これも但馬守様に就いての修行の賜物。
     ママァ=、マ: : : : Yヽ__./ : : \___.,イ }!.: : /__    .我が剣もここまで達しました。
     ( !夂"\: :.',乂___\.._l__./   ノ.  イ: : :./
        ハ: : : :ゝ、〉ミ/ヽ、ァ‐‐、_ァイ゙イ彡イ: : :./
       マ,ヽ、.: : : :.ハ',ヘ、__x‐‐x_//Y'_:_:_/i         /
\.   匕厶孑゙{ゝ、Y 0 }ト、    /! {_0_:_:_:イ       /: : :.
: : :.\ マ孑''"゙/{ヽ_/¨''ヽ、}`∨¨∨ {i/::::://}     /厶孑
、______ム.   ∨ ゝ‐i::::::::::::>x,.ィ‐、_/:イ": : : : :.}ァ‐--、ソ`ヽ‐<
‐-/ /7ハ-‐'マ.: : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.: : : :. :.ノ: : : : :.|:::::〉イ''"
: : : :マ::::/.: : :. ',: : :.|::::::::::::::::/\::::::::::::::',.: : : :./.: : : : : :|::::{ {: : :.
: : :.} 〕::l____ -‐ゝ‐‐::::::Y⌒Y | Y⌒Y:::::',__x''"¨"''''</:::::ム ',___
___}_/::::/ニニニニニニニニニ""''-、___,-‐''゙/ニニニニニニニニニニ::::::::::\::::
::::::::::::::{ニニニニニニニニニム',.   |   iムニニニニニニニニニム::::::::::::/
\::::::::::〉ニニニニニニニニリ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄リニニニY (___`)}乂:::::::::::\
//:::::::/ニニニニニニニニニハ_.   |   _リニニニ乂_____ノニム:::::::::::::::
:::::::::/ニニニニニニニニニニニハ.  ̄| ̄  /ニニニニニニニニニニニムィヽ:::::


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    ふむ…。
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

 『其身様にも少々御自慢にて此段を江戸にて柳生殿へ御話になれば』

558 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:06:21 ID:pRnwB/fk0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      飛騨殿。
. |     (__人__)     まだまだ御修行が足りぬようですな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       .わざと股下をくぐらせる必要などありませぬ。
.  ヽ        }      その前に仕留めるが、兵法というものでござる。
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


                ∧
                 / |. ',
ム               ,': :|: : ',
マァ             /.: : |: : :.',
ママム               / /|\. ',        て
マママム.     ,,,---ィ''": : :.∧  ヘ: : `ヽァ‐‐、   そ
.ママママム...  /.: : : :. :./:./│ヽ: : ヽァ''".: : : :.\
マママママム、.,イ__ィ,∠: :/_/: :|: : ',__ ノメヾリ =ヽ
 マママママム ≧彡..ム ‐-、 ヘ  /厶孑/ ⌒ヾミ: :./
.  ママママム イ弋`゙ト\: : :.>|<.: :/ノ: : :.ノィ` /    …うっ
    ママママム: : : : : :  ̄/. /│\ . ',  ,-、: : : :/  
     ママァ=、マ: : : : Yヽ__./ : : \___.,イ }!.: : /__ 
     ( !夂"\: :.',乂___\.._l__./   ノ.  イ: : :./
        ハ: : : :ゝ、〉ミ/ヽ、ァ‐‐、_ァイ゙イ彡イ: : :./
       マ,ヽ、.: : : :.ハ',ヘ、__x‐‐x_//Y'_:_:_/i         /
\.   匕厶孑゙{ゝ、Y 0 }ト、    /! {_0_:_:_:イ       /: : :.
: : :.\ マ孑''"゙/{ヽ_/¨''ヽ、}`∨¨∨ {i/::::://}     /厶孑
、______ム.   ∨ ゝ‐i::::::::::::>x,.ィ‐、_/:イ": : : : :.}ァ‐--、ソ`ヽ‐<
‐-/ /7ハ-‐'マ.: : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.: : : :. :.ノ: : : : :.|:::::〉イ''"

 『いやいや未だ御修行たらず、股下をくぐり候はぬ前に御志留可被成候』

559 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:07:19 ID:pRnwB/fk0

         ./ ̄ ̄\
      ./ _ノ  .ヽ、\      腕前を誇るために、
      |  (●)(●) |    わざと身を危険に晒すというものは、兵法ではござらぬ。
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ      「匠気は固く避くべし」
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ       これは、若き日の御父上にもお諭しした言葉でござるぞ。
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)


           {_{''マァ_
            "''マムァ、          ,‐、
                    マムマ、         | ムヘ
                     `マムマァ       ,' マ,
                       "マムマァ、__ィ-/ /∧_',ト、__
               >''"ヽ、     ァ〈ツイ . / /イ.>   ァ/7777z
           /    ヽ ヽ  ァ" |ト,___イ,'  |  Y //(⌒)//、       ……確かに。
            /ァ=x   ヽ . ',ニ|ソ  | |_| 〉/  ',.  {///777//,ム     この飛騨、未だ未熟でございました…!
          ァ''゙}.     ァ,  ィ __/} //ム   ', /ァ‐x//ソノ`ト、     
         / /.   //¨'!,.   Y゙{ / //∧',  ∧/    | |.   |
           {_./  //.  ',  {!トト',' ム' ::::::::'、/ /¨夂    | |   ァ\   
     ト, {ゝ-'ソ  ムマミ...>‐く;YH|ト',ハ乂,'::::::::::ム_/.      //‐‐、 \ヘ.,>   /¨',
.      ',   /  ゞツ . {  ノハム,〉'ァ..〉,{:::():::/¨マゝ‐-、,,,,//   ゝ‐‐/´|ト`ヽァヘァ''ヽマ
       、ー"   i/   乂彳1ハ/:::/,'::::::::::::〈..... マ/  /ゝ‐-、`ヽ、__/:! ゞく::::::::::::::::ノ
      \.     〉イノ..ィ'ムイハマ::::::/ |ヽ::::ム..... }〉/マ ノヾへ::::::::::::::::::::::ト、_/ |_
        >ー-''''"    、厶イ / |. |、::ム  //  ソヽ } ト¨ゞ,:::::/¨¨|:::} }¨',
                     >x__/_ノ   | ヽ、ゝ=〈.  /  }ィ、::ヾ:!  iく   ',::| |. 〉
                      ゞ7___/¨`"''ト、/ / /::::::::〉  ゞ、!   }:} | ,'
                        ゙ム::ト、  /  ヾノ"¨}::::::::〉  リ   リ 乂
                            く::::::>ィ  /!.  ァ'::::::::::ハ. 〈,'   ソ . リ、
                          >::::::::>__イ . イ  ト'"{:/''゙ァ‐‐/  ム  〉 \ 
                            :::::::::::∧:/::イ  x'" /_ ム_ 〈〈〈〈、   \
                          /:::::/7ヘ".   レ/::,'  ト、 ノ/ヽi‐i-i‐゙ \.   \ 
                       ノ::::〈/ ヘ-イ"/:::::::{  ム マ〈/{ oooo、.   \.   \
                       ,,,,〈::::::::::{  乂ァ"::::::::::::::ム... Y`ヽ''ヘ_○○O!,.   \.   \  
                     、‐zハムヾ::::::::ヘ   〈::::::::::::::::::\Y`}//',  } }イィ!.     \.   \
                    マ:::::::::::::::ィ7ム:::::く  く::イ7::ト、::::::::::乂{‐- }  } /7!        \    \

 『くぐりてよりは危しと御申し有りけるを、深く御仰服有』

560 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:07:49 ID:pRnwB/fk0
        /  i  /: i    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : ∥         ',:::::::::::::::',
       /: : : ヽ ./: : :ヘ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : _∥          ',:::::::::::::::',
      ./: : : : : :'廴: : : : : : :_..-‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : :_...-‐‐==/  , -‐‐-、     ',:::::::::::::::::',
    〃 i: : : : : : : : : : : _.-=: : : : : : : : : _=-‐‐‐‐‐‐: : : : : : :::::::::_....-===', /     ヽ     .i:::::::::::::::::',
   /: :゙: : : : : _..-‐=ニ: : : : : : : : : :_..-=ニ: : : : : :/:/: : : : : : : : : //: : : : ',/       ヽ      ',:::::::::::::::',
   i: : : : :  ̄: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :/:/: : : : : : : : :/::/_..-‐ニ/  尊  僕  ',.     ',:::::::::::::::'
   l: : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : :./:/: : : : : : : /:::::/ヽ::::::::::,'   敬  は   i  ,-=:、',::::::::::::::
   弋: : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : ,r‐‐、: /: : : : : : : /:::::::::::i:::::::: ̄::l   し   あ   i  i: : ::::::::::::::::::::
    ゙'、: : : : : : : : : : : /: : : : : :/`、  i::`i: : : : : :/::::::::::::::::::\::::::::::l   て.   な   i  i: :::::〃、::::::::::
     ゙'、: : : : : ; : : /::::::::::::::/爻) ,'  /::::::i: : : /::::::::::::::::::::::::::::::`:ー-i   い  た   .i  ,': : : ::::::::::::::::::
      ゙'、: : : : :/::::::::::::::::::::l ヽ- ' .ノ:::::::::i: : /:::::::::::::::::_..===: : : : : __ゝ  る   を  /__∥: : (/:)::::::i:::::
  、=‐-..._ ゙'、: /: : ::::::::::::::::::::l:ヽ..___...--‐=,': :./::::::::::/::::::::::::_...-‐==:<         /: : : : : :,.-=、::::::i:::::
  丶: : : : ニ=-..__===.._:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::/: _:!:::::::::::/:::_..-=ニ:::::_..-=ニ二::ゝ、    /  _:::/:/\\::: :
   丶: : : :::::::\::ニ=-.._  ̄ ̄ 廴_.: : : ::::>':`i .k: :_.-=ニ::_.-‐=ニ.-‐ニ: : : : : : :.丶-- ": : :_..-、::\: : : : :\\
    丶:::::::::::::::::\: : : : =-..__   ─‐廴::/:/:::::_.-=ニ.=ニ: : : : : : : : : __: : : : : : : : :/: : yニ=-\: : :/丶
     丶: ::::::::::::::::\: : : : : : 二ニ=‐‐‐‐‐--:::::==ニニ ̄: :\=:-==: ニ二二ニ=-:_: : : f/\: \-三=ニ=:ニゞ
      丶: : :::::::::::::::\__________..--=ニ二冫: : _:-=ニ: : : : : : : ::ニ=._:=-:_\: : \_:__ニ=-..___二
       丶: : :::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::____:::::-=ニ二: : :/  : : : : : : : : : : : : : : :ニ=::ニ:,\::/::::: : ニ=--..__: :
        丶: ::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : _.-=ニ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .::::::::

 『其後弥々御執行御長じ被成候由』

561 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:08:39 ID:pRnwB/fk0
                         ..             ´  ̄ ̄ ̄ ̄ `   .,
                                 ./ 「γ⌒ヽ¨¨ O丶      `
                               /{___,ノ ゝ.__ノ_,ィ⌒ヽ  ` 、     \
                              イγ^Y⌒ヽ:r===≪二)::::} __,ノ)ヽ      ゚ 。
                             {_ノ  } ::{  :|.:. j ∧`:< ` ̄  :::.       |
                              } ノ} } ::{_, ::{. /l斗-:― ゚,::、::::Ο:::}      |
  年譜によると、             ......    {../ ト'ハ_ノγ:::〉´ リ,.斗ミj__ }Oー―:j  :.   .:. ,
 正保二年のこととあるので、       ..    |..| /ゝイ:::/:/ ,ノ斤刋〃| \⌒>:/   :.   .:.: ′
 宗矩が亡くなる前年ですね。      .....   { ム |\{):/リ   ,_)_少 │.!  `¨()   :.  .:.:.:.゚
 この時、宗矩75歳、直宗21歳。     ...    |_,ノ-《笊      ´     | .i  /⌒:,     .:.:.:|: ゚.
                         ..    (,,)リ 以.ノ         ′  {___}     .:.:.:|゚: ハ
  宗矩の言葉は、家伝書での       .    .}ハ:.:.:. 〈 :.       /:ィ   リリリリ.:.  :.  .:.:.:| :。{
 無刀之巻での教えと合致してますし、   .    .{__}:.:.:}     ___     〃 |   j{.:.. ゚。:.  :. . :.:.:|   \
 出典を踏まえると、これは実際の話と     ./ !!!!:.:.:.\        / │  .:ハ.:. ト、:... :. :.:.{
 考えて良さそうかと思います。     ......  /八 :.:.:.:.:.:.:\        | .:./  |:。.:.。.:\:.... .小
                           〃  } :.:.八:.:.:.:.\    /  |..:./  .!.:゚。{.:.:.:.:\:...゚:,
                           /   :。 :.:| }ハ:.:.∧.:.ー彳-==ノ.:/ァ=y=ミ.:.:.\.:.:.:.:.:}\{
                               .\{   }/ Y´ ̄:ァ  {/`ゝィ=()|.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                     /| /:/ __//ニニニニニム.:.:.:.:.:. ノ
                                   _j{/ィ 「Q/ニニニニニニニ\.:.:.:⌒ヽ、
                                  イ_{ { ゞ r≦二ニ〉、--=====彡⌒¨¨¨二}――-- 、


     /     /        ヽ     `ヽ
      {     /            ,   ヽ
         /  i   ハ    !    ′     }!
         ;   |  , !   ト、    |   |   }!      話としては、
         l   |`ヽ{ } ; 斗匕、  |   |   }!
         |i ,:  x笊ミ }{ ,x芹示ミ|   l   ,ハ      「わざとギリギリで避けるとか厨二乙。
.         八ハ! ;.  {:し}八 l {::し:} 〉  rv /_:{       .兵法ってそういうのじゃねーから!」
           | ハ 乂ノ  `^ 乂ソ |   レ ,..::{:::ハ
           l l圦  ′        l   {/}::: {:::::{      ということだな。
        _ ノ八个o。ゝ   ノ  ,   八,::::::{___{     .文字通りの若気の至りを諌めたというところか。
       人__{_,}ハ!r==个ー=・・ニ〔  ,: `トミ: {       師としての宗矩らしい逸話だのう。
        i{ r'::::ゝ__j  jf^|::::|!:::::::::厶イ〕トミ  `ヽ
        i{ |:::::::::::::ゝ,ノ  `ー=≦   }「リ{  ヽ__,ハ
   fVハ__ハ ノ::::::>'゙´{   _     / } }!  }V, \
   }  {fリ八_,     'v_´__ ノヘ  i{__ ノ  }!  } v,_ノ
  ノ   ノ:::::::{    oi}        、/::::::ゝ,_ノ!_ 人__j「
 〈     }::::::::人   ,:       }:::::::::::::::::::::::} |::::{

562 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:09:18 ID:pRnwB/fk0
                       ......      ./   /   / ヒ弐: : :.f¨´: :ri〕 : : :ム. ‘,
                              /   /     /ぇ,,_: : : : :.ゝ'ヘ 》:r-、: : i}:,. i!
                              /   ,   /  , √r': : /`ヽ: : V:》, ゙:,: :} :,
  さて、鍋島系の逸話はここまで。    .    /    ,   i  i!弋ノ: :j{  \ }: :ノ :リ〉, .L:i} :,
 次は、別の出典からの逸話ですよ。    / イ   i  イ  i!ゝ-: : i!ヽー ノ: :`¨´::/ノ ! ト、 :,
                       ......  ー ' ノ   ノ/ i!   .i}`'ー:ノィ忙ミ、\.: : :./iリ.! ;! {》=-ュ、
  一応、鍋島繋がりで、         ..   /八 ' ´  i!   i}>''ヘ 乂シ  \/  八ノ i!`ヾ:、 ヽ
 牧野伝蔵の逸話になります。     ....    /  ゝ   i i!  ,《〕   :,        ′′}! 八
 これは『明良洪範』が出典ですね。  ...   ;! /`i! λ i! 彡' ノ、    :,   、 _ ,  / ;! .i!/
                              .イ! / ゝノi  ;! i} ヽ.  i}s。.    イ /ゝ'′
                              / i!′〃 l ノイ二二゙:,ノ、i:}´  ̄  レ
                             /  リz*'’  /./////.:}//≧s。ヘ.
                            .イ! 〃  .ィ//////.:.:.:.:i!///i}、ヽ 〉,


               r-y-、
           > ´ ̄ `ヾメ、三ミ、
   ト..,,_ _,,> ´   ヽ  ヾ メヽ |!|ハ
   `ー -- ィ''´       ',   ',ヾ く// ! /:.ヽ        牧野伝蔵といえば、
        ./    .i     |   | ヾy} /:.:.:,.:.:i       島原一揆の際、府内目付をやっておった男か。
      ,      | | | |   ト. { く:.:.:./:.:.:j       鍋島家と絡みがあったのか。
      i ! .i |. } ,!ィf刃   ,!ノ  / ヾ:.:.<:.ハ
      | ハ i!从ハ! '' ゞソ  ハ  /   \:.:\:.ヽ      「島原一揆の際、鍋島家の軍監をしていたらしいですね。
        ヾ マソ     ' '|  | >-.、   \:.:\\     この逸話も、その時の話になります。
        | ヽ' '  , - ;|  |/ /:.:.ヽ     ヾ:.:.ヽ:.ゝ    では、始めますよ」
        |  >:.. ー≦ニ=ミ;:.:.> 二ミ= 、r==-、__
        |   __/フー 川_}∨/    `ヾ\:.:.:.:.:〉
        |/!/.:{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} i    ',  ∨:.:.:.:./
          ',:.:ヾ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ !    !   }}:.:.:.:.`:..=-<
             }:.:.:.-=:.:.:.:.:.:.:イ:ヽヽ      ノノ=- 、:.:.:.:.:.:.:.!

563 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:10:12 ID:pRnwB/fk0

┌───────────────────┐
│  逸話 : 牧野伝蔵、槍の心得(明良洪範)  .│
└───────────────────┘

       iV/  ヽVl              ,;'⌒ ヽ ウオオォ―
       ヽ(,,--,,ノノ  ウリャー   .;":   ヽ()ノ:::;:::) ;":        .;":ゴォ ォ オ ォ
       / \ ◎ノゝ      :.;":  ;″:{二ニっ .く、  .;":     ,.ー-、
:.;":  :∩/三√`Д´)  ;": :.;":  :. の/(`Д´;,ハ= ヽ:.;": :.;": ヽ◇ノ::`ヽ∩
(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄((U(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄
((_((_((_,   ,、_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_ ヽ(,,--,,ノノ_ウリャー
ノ___ノ___ノiV/ノ ヽVl_ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ_ / /___ ゝ___ノ
,__ノ___ノ___ヽ(,,--,,ノノ___ウオオォ―ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ__((/三/`Д´;)ゝ___ノ
ノ___ノ___ノ/ \◇ノゝ_ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ/三/| ゚U゚|\つ[lニニニノ ))
==@==((/三/`Д´;)ゝ@==@ヘ::人==@==@ =@==@==@ =@==@==@ =@== ( つ:::::::::)=@==
!!!!!!!!!!!!!/三/| ゚U゚|\つ[lニニニノ )) !!!!!!!!!!!!!!!,r''⌒` v!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!//三/(⌒) )))!!!!!
─┬─ ( つ::::::::::)─ (:::(::::)─┬─┬─ ノ二二ゝっ─ウリャー ─┬─┬ し⌒^─┬─
┬┴┬┴//三/(⌒) ))):: ):: (( <三派━ら/(`Д´;ヽ ヽ┴┬┴┬┴ヘ::人┴┬─┬─┬─
┴┬┴┬┴し⌒^ (::::)::(  )::::.┬┴┬┴┬ヽ|゚U゚ |\ \┴┬┴┬):::::(┴┬┴┬┴┬
┬┴┬┴┬┴┬┴)::(::::) (::::( ┴┬┴┬ (::::::::::⊂ ) ┬┴┬ (:::(::::)┬ゴォ ォ オ ォ
┴ゴォ ォ オ ォ ヽ:::::::(  ):::)┴┬┴┬ (( (⌒) \ \┴┬):( )::ゝソ::(┴┬┴┬┴


    /   ,,-''"      .`ヽ      /
   ,'  ./           \   ,.<
   ,'  /               "'''´  ヽ
   l  l        ̄ `ヽ         ヽ
   レ‐-、          \        l
  / .,-、l.    <´``ヽ     ` 、  _,,-ー'.|
  l l,.-ヽ     `ヽ、 .`゙' ,,,   ,      .|
  | lr´ l '"~ヽ、-''""~"o 、`'''),'  ,,..... -ー'`.>
  ,ヽ\l´ ,'"~~`\ヽ----  ̄ヽ  ,`''o''ヽ''7     よしっ!
/ ヽ .ヽ  / ̄/ ̄   ''""ン.| l "'' ´ /     このまま本丸へ攻め入ってやる!!
    ` ィ / /          l | `'l'' /
     | .l ./.      .,''"ヽ、| |  |./
     | .l l        .`ヽ、.  l) //、
     ',    . ,,_ .,,,,,,,.,,,,,,,.r`''" ´/  ゙'' ‐ 、
     \     `゙'ー ,,,,_>  ./      `' ,
       ヽ            /::::\      '.,
.        \         /ヽ、::::::::ヽ      ',
.         \      /    ',:::::::::::::ヽ    .i
         / `ヽ _/ .     ',:::::::::::::ヽ     |
    l     /.      ,,-''"    . l::::::::::::::::',  .\l
         牧野伝蔵成純
     (まきの でんぞう なりずみ)

 『島原落城の時、牧野傳蔵一番に進み、
  二の丸と本丸との境石の方の木戸より本丸へ入らんとするに』

564 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:11:36 ID:pRnwB/fk0
                                         ┌─┐
                                   ┌─┐|  |
                             r───┤  ||  |
  \∧∧∧∧∧∧/                 |    |  ||  |
  ≪ ガ…ッ!! ≫                  |    |  ||  |
  /∨∨∨∨∨∨\                 |    ├―┘|  |
                             |    |    └─┘
     \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/  |    └────┐
     ≪ コ¨カ¨アアアアアアッ!!≫   |              |
     /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\  |    ┌────┘   __
                             |    |        /\   \
                      _      |    |       く #:.  \:___〉
                    /:.∧     |    |        \_∠_/
                  〈_/ .:〉  。 |    |                   ┌┐┌┐
                      \_/     └──―′                       ||||
                                                ┌─────┐||||
            《〉                    /\          |          |||└┘
              。                | ̄\〉         └───┐  |└┘
         \〉 ¦ :. ∥                   L_/         ┌───┘  |
           ̄\|  、从_/  ゚                      |          |
   \         ∥:.⌒  .:⌒)、/  o                  └─────┘
    \\ (:#∵)|! .:|!     .:⌒)∥       rく ̄〉              __     [][]r┐
      \ ∧ l!l .:∥从    : 从_       L/             /: : :.,/ ̄\    くノ
         〈  i!l| .:,|l⌒:.、_从   ::⌒)、                    / ̄ ̄\  .:: :〉
       ..:┴: l!l|  .:⌒≫―(⌒:.   ,;:从:;:,....,wiレvv;,... .,, ;::...,wiレvv;,... .,くミ:;   ::: :.,>./, ;::,;::...,wiレvv;,.;::...,wiレvv;,.
  `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙''  `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙'' `´゙゙´゙゙゙゙''`  `´゙゙´゙゙゙゙''` ゙'' `´゙゙´゙゙゙゙''`  \__∠/' `´゙´゙゙゙゙´゙´゙゙゙゙´゙´゙゙゙゙´゙´゙゙゙゙

              ,.-''"~"''ー、_
         ヽ<   ,.-'"  ~"'-、
          >レ'~       \
            /     , ,.;'' '    . V
        / #.  ,.:''"    u   ';
          ;'        _,.-'"ミ      ';
.       ヒニゝ、 ハ ヒ´_,.-'''"       .|     チッ…!
       ヾ-t''〉 ;';;,,r'五ニ7    r'^';|    あと少しで本丸だってのに、
         /~~/ y´ ~~""''-、    タ i    あの投石が厄介だぜ…!
          '; ( ノ ,_     ;i   'レ',イ
          'i `t`"'っ     ;i  r-' '|
         | トこニ-.,__、   ;;  |   .'i
            | t--.,_,,      r'    .'i
          '、       _,.-'  メ.  .|
           ゞ,二;;;;='''""     _,..-┴
            |i~  ̄   __,.-''"~   |:;iii

 『敵方より大石を烈しく投げける故、少し退き、堤の陰に立て様子を見て居ける所へ』

565 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:11:56 ID:pRnwB/fk0

 __ lヽ 
 ヽ,゛ __),____,、ヘ,/ _  _ _ _ _ 
 (,,つr==O====-┘ (  ̄   ̄ ̄  ̄   
  `火縄´     ` ´ パンッ!
 _/; lヽ:::)
 ヽ,゛ __),____,、ヘ,/ _  _ _ _  _
 (,,つr==O====-┘ (  ̄   ̄ ̄  ̄   
  `火縄´     ` ´ 
 _/; lヽ:::)  パンッ!
 ヽ,゛ __),____,、ヘ,/  _ _ _ _   
 (,,つr==O====-┘ (    ̄ ̄       
  `火縄´     ` ´ 
 _/; lヽ:::) 
 ヽ,゛ __),____,、ヘ,/  _ _ _ _    
 (,,つr==O====-┘ (    ̄ ̄       
  `火縄´     ` ´
 /;;;/ー;:::)    パンッ!
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:.. 

    ,,.-―‐-..、  
    >、,..-―-`ヽ .
  ./     __  ',.      おっ!?
  {__ ‐''ry7  ,-、l、    あれは立花勢の鉄砲か!
  .ヽぇl    ̄ヽ lタ } 〉. 
   | ヽツ   .l l_/、i.    よし、今なら突っ込める!!
   ヽ =='   |  .| 
    i     /  |.
    ヽ-‐‐''" ,..-''".ヽ  
      .|  /    { 
   .__ヽ/       .',. 
 /    |、_,,..-――‐ヽ
./    ,,.-‐{ ,.-―-、   `''-.

 『立花勢、其堤の上へ上り、敵方へ烈しく鉄砲を打しかば、
  敵兵少し猶豫する所を…』

566 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:12:34 ID:pRnwB/fk0
                   {                  ヽ
                  |      (}            }
     ■□■□■   |____l_______/____
    □■□■□■□ |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
.    ■□■□■□■□圭○圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭○圭
.     □■□■□■□■ ○圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭○圭      この伝蔵の十文字槍を
      ■□■□■□■□圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭○圭    お見舞いしてやるぜ!
        □■□■□■□■圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
            ■□■□■□■□                    待ってろよ。
  十文字槍⇒  □■□■□■□■;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         すぐに獲物を見つけてやるからな!
             /■□■□■□■□;;;;;;;;;;;;/    /::
              /:::::::|■□■□■□■□/     /:::::
              ,'::::::::::| □■□■□■□■    /:::::::: ニュッ…
           i:::::::::::::|   ■□■□■□■   /::::::::::
            |::::::::::::::i    □■□■□■ ./:::::::::::::
              |::::::::::::::::ヽ    ■□■□| /:::::::::::::::::::

 『傳蔵十文字槍を取り直し、本丸の下迄突入し所に』

567 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:13:59 ID:pRnwB/fk0

‐''" ̄ ̄ ̄`"''-..、 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"''-..、  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::lヾlヾlヽノリノリノ
:::::::::::::::::::::从ノリ        \
:::::::::::::::::::l  ∠三三ミ≡イ .',     うわっ、変態…ッ!?
,.--、:::::::::|    _,,..--  ̄ /    来るなッ!撃つぞッ!
⌒', .l:::::::|  i.   \(::ノ  .',    .っていうか仕舞え!!
rr‐.i |::::::|. u _,,..-―‐'   \ 
ヾ   ̄    ´        ,   ヽ
、ヽ(_           ヽ⌒,.-''
.ヽ.__ノ     i   ,.-―-、__ノ 
   l    U  /"''‐--/
   |',      ヽ::::::::::/ 
   | ヽ       ̄ ̄)
  キリシタンの敵兵

       ヽ:::::::::::::::::::`"''-..、   
        ヽ:::::::::::,..-―-.、:::ヽ、
      ,.-''"´ヽ::::/     ヽ:::ヽ
     /          u.  ヽl  
    .,'        __       ', 
   .,'  ̄      '´         l 
   l___   _____ /⌒ヽ 
   l、‐,--.、イ l ヽ-,-―、―' /_ヽ |     ぬうっ!
   |.ヽ┴┴| |   ┴┴   ) } l
   l |. /  |       ヽ    ノ /    (銃口がこちらに向いている…!
   ヽ|. l  (_ ,-.、ヽ   |.  '´ /|     避けても避け切れん…!
    l     ヽ       .l  |`´..|、.    こんな時は…そうだ!!)
   . .'.,  ー―――   /  .|::> 
     lヽ  ー――  ., ' l   |
      | ヽ      / /   .|

 『傍らの洞穴より敵兵出て、鉄砲を差向け近寄れば打んと構へたり』

568 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:14:46 ID:pRnwB/fk0
                     ,,.-―‐-..、   ./
                 >、,..-―-`ヽ .|
                 /     __  ',.|
               {__ ‐''ry7  ,-、l、    さあ、イくぜ…!
                   ヽぇl    ̄ヽ lタ } 〉.
                | ヽツ   .l l_/、i.    但馬守殿よりの心得を受けた
                ヽ =='   |  .|   俺の槍を付けてやる!.
                 i     /  |.
                      ヽ-‐‐''" ,..-''".ヽ   撃つなら撃ってみな!
                       |  /    {          
                    __ヽ/       .',.        
              /    |、_,,..-――‐ヽ      /‐-、
             /    ,,.-‐{ ,.-―-、   `''-..,,_ _ノヽ
                lo  //       、_ノ.|:::::::::::::', i
                | ./   {  { ,.--   、      |:::::::::::::::ヽl
             ヽ{  ./ ̄/     l  ヽ-‐ |:::::::::::::::::::|
               |:::y  {  {       ノ     |:::::::::::::::::::|、
               |::{.  ヽ-`ー,.-''"   ヽ   |_::::::::::::::::::| ヽ
                 |:::ヽ/ /   {   _,,..-‐┴―-..,,_ ̄`/`ヽl .ヽ
                  |::::::| {   >''":::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ|:::::::::}
          ■□|:::::::|_,,>''"::::::::::::::::_,,..-―――-..,,_|_,,..-'
           □■□■ ::::::::::::,,..-''"´  |:::::::::::::::::| .\
            □■□■□''"´     / |::::::::::::::::::',   ヽ
  槍ったら槍⇒.   ■□■□■ ‐-.、    |::::::::::::::::::::', l  .',  ズイッ
            |  □■□■□--'    .|::::::::::::::::::::::',. ',  i
            l   ■□■□■    |::::::::::::::::::::::::'., \|
             ヽ    □■□■□  .|:::::::::::::::::::::::::::ヽ .'.,
             >、   __ ヽ----‐、   |:::::::::::::::::::::::::::::::::\l
            /:::| l  ‐.、`''----/´.l  .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.           /::::::', \\`ー-/   i  .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          /::::::::::ヽ ` ̄ ̄      ', ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /:::::::::::::::::\         ,./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /::::::::::::::::::::::::::\     .//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 『傳蔵兼て柳生但馬守に聞置し心得有れば、その鉄砲の筒先へ槍の穂先を向けて進みける』

569 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:15:12 ID:pRnwB/fk0
:::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::ヽ::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽィ
:::::::::::::::::::::::::::::/リ ヽミヽミ-ゝ`ヽiヽiヾiヾヾ)
:::::::::::::::::::::::::〃  u.              l
::::::::::::::::::::::::i  ,ィ佳圭圭圭フノソ  ヾ圭圭!      うわっ、来るな!
::::/⌒ヽ:::::::|   、, -―-、 ヾ   , -- 、/     来るなあーっ!!
::/ l⌒l |::::::|   c 、__9__  ,;;   {__9_ {
:{  〃| |;;;;:|   〃_,,..-''´     ヽ i |
::ヽ ヽ_(..三     ii          ! ii |
:::::::ヽ ヽ      ii      ( -  ノ .ii |

                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
                                               ゝ─'

 『敵兵は傳蔵が近付くを見て打放しけるに』

571 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:15:50 ID:pRnwB/fk0

         チンッ   ./ .{                  ヽ
        \、人/    |      (}            }  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ■□`):.  て   |____l_______/__ |  うっ…! .|
    □■//Y^\□ |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 乂____/
.    ■□■□■□■□圭○圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭○圭
.     □■□■□■□■ ○圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭○圭
      ■□■□■□■□圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭○圭  
        □■□■□■□■圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
            ■□■□■□■□
           □■□■□■□■;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
 しつこいけど槍⇒ /■□■□■□■□;;;;;;;;;;;;/    /::
              /:::::::|■□■□■□■□/     /:::::
              ,'::::::::::| □■□■□■□■    /::::::::
           i:::::::::::::|   ■□■□■□■   /::::::::::
            |::::::::::::::i    □■□■□■ ./:::::::::::::
              |::::::::::::::::ヽ    ■□■□| /:::::::::::::::::::

 『玉、槍に當りそれて肘をかすりて外へ飛行く』

572 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:16:13 ID:pRnwB/fk0

                     iillil
                ,r'´⌒`ヽ
  /^i            ,! "´} {~``,            ,r、
 ,! ,!              .ij  -=- !ノ          _ノ ,j
 | `ゝ,             ヽ ´ ̄` !'        ,i´ ,/
 丶   ヽ、        _ , ィ;|ゝ-:::::-イ、,,      /  ./
   `,   `ヽ   , ィ´7;:;j `ヾ,,r'´ `,;:ゝー- 、 ,/   /
    \    `Y´  /:;:/   ; ;    i;:;i    Y  /
     \   /   /;:;,!  -‐;;‐-  |;:;:i    l  /
       ヽ /   j;:;:;:|    ; ;   ,|;:;:;l    l /
        ,!    ト、;:;!          l;:;イ|!   l
        |   /  \   .;;.   /  !   |
         {  -、i    `,-ーーー-/    〉  l
        ト   `,    `,´ ̄ ̄`7   /   !
        l     i ,r-、'´  ̄ ̄ `ゝ、 /    ,!
        `、    /´" ´       `ヽ   /
         ヽ, /'' "´         `"ヽ  ./
          ,l/ .。;          :。,.`, ./ヽ
          /;/     '"´,' ; `"'    `,;:;:;:;i
        /;:/ :;j     ,ノ ヽ     ;: `,;:;:;l
       , '´;:;:;:;/     イ    `ゝ、   ;:;: ``ヾ,
    ,r'"´    ,! . : : ;:; '    `,         \
   /   /   /      |  j  !  .| `,         ヽ
  ./   `ヽ,_, ィー.:‐'´7 ̄!'´゙;:;:;:;:;:;:゙`,´Yゝ、_        `,
  {     \:.:.:.:.:.:.:.:/ ,/  _   i `ヽ.:.: ̄`ゞ'´    !
   ゙、     `ヽ、,レ' /jl、 ヽニニソ :|!ヽ ,!.:.:,ィ´     /
    `ゝ、     `ヽ'ゝリ、、,,, ' ' ,,,,、,ij〈‐-レ´        ,イ
    /´.:.:.: ̄`ー-、  `ゝ`"'____'"´//     _, -ー'´.:`ヽ
   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,! `丶、_ `ゞ;;:cゝー'´ _,,、-‐イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!     ̄     ̄´    ゙i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i
  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!

 『其儘其敵を一槍に突伏せけると也』

573 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:16:55 ID:pRnwB/fk0
                     .        _____
                         .   ´     `
                       ./ ___    r―‐- .  \
                      ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
  と、まあ、こういう話です。  ...  . /o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
                     . .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
  宗矩の逸話というより、   .... .| |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
 牧野伝蔵の逸話ですが、      .| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
 「兵法の名人」として        .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
 心得を諭す役割を         .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
 割り振られているという点で    .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
 先程の話とも共通しますね。   ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
                    .  |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
                      /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
                        -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
                      /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ
                     ./ニニ\ニrf∧   `マ,ノ_,.ニニニニニニ%ニ/ニ/ニニ
                    //}ニニニニ%。o 〉  }::/____)。o%¬冖'^∨ニニニ|


.          | :::::: |            /_ \
.          ゝ‐:.┤     _     /。-‐\:.\
.          ゝ―f     /,.、`ヽ、 //ィニ、ヽ\. Y
            |;;;:::|   ィ/ // ̄ ̄'^´ ̄`ヾ.、\ヘ|
            |;;;:::| ,イノ /´          ヽ ∨
            |;;;:::|/,' /′             ヾ.
            |;;;:::|'|7 /              ∧       .…それ以前にまず
.        /'|;;;:::|/ /i   . , i   . 、  .   ∧     突っ込みたいところがあるが、
         ,ー=く i:.|:. _,i_/! ハ :.  :i:. :.i_i_、 :.:.:.ト、    .とりあえずそこは置いておいて、
         〉:=.〈、 !:|:.i :.i !'`ト|、{ :i. ,レ!'|、|ヽ:.} :.:.:;'::.ヽ   .実際のところ、どうなのだ?
        クーイ :.`ト.ヘィチ云ミヘ:ト、 {ィ云キミ、 .i:.:,iヽ::.Y
        / ヽ::ノ  ! ー弋{∪j ヾ ヾ{:∪ソイ /}:/ハ `゙、.
   ト、   ∧  ¨    八`¨¨     `¨¨ノイ:'/':. .}  リ
   | iト゚、 ゙} ト.     ∧ヽ`u.  ′  ´ /イ::.i  !  ,'
   | |!;;;ヾ、\ゝ.    /:.、レ/`, ´ ̄` . イ、ゞ|:: |:. {
 ,, ! i!;;;;;;トミ=` 〉  j´{:.i、゙}:::::|_.≧Y≦._ |:::ヾヘ::ト、:.ヽ.
./i:\ ! i!;;;;;;}ヾー,'   ノ\:|ソ::|".:.:.:.| |_|:.:.:.:.゙i:::::|ヾ'` ヽ }
{! ゝ. ヾ. !;;;;;;} ) ,'   !;l「;;;>;;、:.:.:./||.:./ィ'==≠===ソ=、
ヾ, (` ゚.ヾ;;;} `,'   .l;;l;;;;;;;/};; ̄;;;; ||'/ヾ.、::::|,i!、li,j-、l!i!ゞ゙゚
.(__ >ヘ ヽj .,'    .!;;! / iヽ;;|;;;;;;;|| ,'   `<:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_
ー-て_ゝ _ヘ/ ,'    レ´) ,- 'ノ;;;;!;;;;;;||)、.-―‐- 、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
ーz_ ¨ヽ¨' /    ,′jノ_ノ;;|;;;;;;|;;;;;;!!.{:..      ヽY:.:.:.:.;:.:.:./:.:.>
`ー、二>,∧    /__ノノ< ̄フ;;j;;;;〃)!::.:..     .:}:.:./ ̄::.:./
 /. :.{: . {: . \ ./ー'´. : .ノイ;;;;/;;;,'/.|:.|<:.:...   .ノ/.:.;'⌒:.く

574 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:18:54 ID:pRnwB/fk0
                            .            ___
                               ,xr'´  -‐=≦‐-ミ  ``ー/
                              .( { /            <
                               .,>'´/{廴,,」{ ̄ ̄\     `` 、
  まあ、本編の伝蔵のAAが         ....  _/ /   `¨¨´   __   \  :、  \
 これ(男狩り)だったからこうなったとしか。     .^7/ ___/ ,   /i「\  \      \
                            .  / { {[ iTV    {斗i‐ i\,  } |    }
  「違う、そうじゃない。              . ./ i{ {冖ト}    x斧=;| i}__/ i|    }
   信憑性だ、信憑性」               .,′xi{ {x斧=x,_,xく|乂ツ| i{ \ |    }
                            . {/|い,_}{{ 乂ツ}      |イヘ,___,}{,,_  }
  ああ、そっちですか。            ....  .|{  {__圦  `     | ;|;_  \`
 正直、不明としか言いようがないですね。    .|{ ∧{_{;/iト  ´ ̄  /|x小\  } 
                         .     .|/ヘ{\{ {\|_〕ニ=く/   -} }/
  一応、牧野伝蔵本人は、      ......           .___/^7^´  _,,..ニ}___
 当初から参陣していたので、                 / _,』 7  /      :. 
 攻め入った話があっても                  / _,,♂],/ xく{/      }i 
 おかしくはないですが、         ...       ,: 叮冂(___)く V        从
 宗矩からこのような心得を       ...      ._/ /  / ̄}辷V      /{二\__
 聞いたかどうかは、わかりません。  ...  ._ -=ニ/ { /′ /^'7      / .{二二二_ 
                         _-=ニ二/  ,{/ ;{   ;{i /       /  {二二二二ニ-   _ 
                         {二冖=/  {'  人 ,小/       /   ;{二二二二二二二}

                              - 、
                            /   \
                           //⌒\.  \
                   __ //     \   \
             _ィ⌒¨´  _) /⌒ \       、  \
             r厂           /   _入           、
          r={  ./  ̄厂¨¨フ⌒´      `      \
.        r{j八 /  ′/  /     :!:  \  、    .  |
.           Уト、У / /   ′     :|    ヽ  \     i|
         〈 {\ {.:i '  | \/{       :|  :|/‘, !    |  l| 
        〈{\ _| | :| .:| :/\      从/)   :i | }  .!  ' 
.          〈(\`{ | :| 芹示≧=x    Ⅳ_≦テ心 | !ノ   | .′    . まあ、あくまで逸話ということか。
       ∠⌒\ V八:|( {/℃j/刈  / !0//}7⌒八ノ   }.:/     
     く::::::::::::::: \从\ Vん辷ソ∨  V辷ソ}/   、 -=彡′      …次は何の話になるのだ?
.     V⌒ー-=彡| }:| \ ゛゛           ノ    | i|          言っておくが、ヤマジュンネタはもうやるなよ。
        \::::( ((O i| |:|  \  /⌒ )   个、   | l|          やったら余は怒るからな?
..    /⌒V:)ノマニ;V人: \ )ミ=─‐=イ:::::::::ハ  ノリ¨⌒7       .フリじゃないからな?
   /: : く¨::::⌒ノ}ノ}ノ}ノ}\ ∨ ̄二]厂二ノ}ノ}ノ )/::::::::::/{
  ∠ィ⌒) }:::::::::::::::::::::::::/ )/¨    、{/   ⌒ 、::::::::::::::::|
     乂{:::::::::::::::::::::: ' __     \/   __\ ::::::人__
       、:::::::::::::::::/´       ̄ミ=。. } /     ‘,/::::::::::::::\
      /:::≧==彡{⌒           ∨       ;}::::/::::::::::::::}

575 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:20:10 ID:pRnwB/fk0
                         ...            _ .. -=‐- .._
                                   , ''"´         ミ 、
                          .      //  ̄ ̄{{    k ^x、    ヽ
                          .      // ,≠=ミ!  廴_..ノ    \     :
                              ," ,′/ ;. 丿          ム   :
  それを私に言われても困りますぅー。     .,; |  | ,; く"     /⌒゙ミ.、 |  |
 まあ、>>1も下ネタは然程得意でないので、  .ハ | ム,ハ!从ト 、___j{ .; ,; i}  |  |
 多分、大丈夫なんじゃないでしょうか。  .  ノ 从|   〉ァ=ミ、ノ' \{\ルリ,; l|  .;; ;.  ,|
                         ...    リ l.__/      ,ァ=ミ、,ハ!,/. / ハ  i|
  次は…そうですね。               冫,&"ハ    '     ` ノ'/ / ,; !゙刈、
 信憑性としてはゼロに等しい話ですが、 .    夊/ '、マニ==-,  ノソ&~ ,;' ≦⌒~``
 槍繋がりで、もうひとつ話がありますね。    . ""'   ヽ`ー―_" .ィf'′,勹 (_ }}
                                      `  ̄ヽ、_...:夊/(^''"⌒廴_
                                       ィ扞㍉㌻""' .,㌃⌒`ミx、 `ミx、
                                        /   ノδ。:i:i:iル:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ、`゙ )>

                           -─‐-  、
                   -‐  ⌒ <
                  /   ァ   、    、_    ノ
            -‐  ァ   //     \    \`ヽ
             / / .′/        ー----‐
                 ,        ′i    |     \ ハ
              /      」{ーi }     l   |i   \}
            /    く赱ァ| |   \{  八     i\     …割といい性格しておるな、お主。
           /イ   | i   ̄│}   _jL _{ l\  {     で、その逸話というのは?
            |i | | │    }八  ^f赱ッ |  \ {\  
                八{ 个 { u.    \{   | |   \     「沢庵和尚赦免の際の話ですよ。
            / | i圦    __ ′      }ノ   i 八      こんな感じで」
              /i  |ノ ,、     `      /八 {\ \
             |  |/: :i \     . ィ〔/. 、 \  \ \
          { |  |: : : :| _ -‐_≦⌒八: : :.\ \  ヽ  ー
       __    }八{: : ノ(-‐┐|r‐. 、|\\: : : : : 〉   }ハ
  -‐<フ´ァt __ー-  . _/: : :.│||: : : {⌒丶 ヽ:_/-─ァ },八
    ∠/.// //7ァ─ -\: :.:│||: : :ノ>‐-  _  ⌒___
 /: : :.′〈/ 〈/〈/: : : : : :./\│|_/\: : ヽ t‐- -i T爪\

576 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:20:46 ID:pRnwB/fk0

┌───────────────────┐
│ ..逸話:中村市右衛門との試合(出典不明) ..│
└───────────────────┘

         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( ●)(●)    上様、それがしが中村殿と試合し、
       |     (__人__)   それに勝てば、褒美として沢庵和尚を
         |      `⌒´ノ   .お赦し頂けませぬか…?
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


         ,. -‐-─-- 、
.      /             `ー、
    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .や  御  な
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    ら  前  ら
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な  試
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い  合
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か  を
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ
 /i   |!  i      :;::;:::::::ト、 ヽー-    ` ー--
 │ .|  i l     ノ ,'    :i  i
 ノ   |- ⊥.」__     /_,. -‐ |  |

 『沢庵和尚が上山に流されていた時、宗矩は、
  当時、槍術天下一と言われた宝蔵院流の中村市右衛門と試合し、
  これに勝てば、褒美として和尚を赦免してもらえないかと家光に言上した』

577 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:21:14 ID:pRnwB/fk0
                                          .  ´  /
                                          /   /
                                ,ィ      /〉∠ -─…ァ          .フッ…いくら柳生但馬守殿といえど、
                             ´ ̄//^ヽ   /       /          この距離からの槍ではひとたまりも…
                           〈 x=彳^>--`y'゙       /_  __ 
                            ヽ /イ:::::/ア        ,イi:i:i:i:i:i:\〈 ̄`ヽ
                             /|:::/i:i:{   _   ,イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} }:::::::::} \
                  ト、        /ーイ/^ハ   L/  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:>-ミ>''"   ヽ
                  | \     /i:i:i:ィ´__/_ヘ「」   ハi:i:i:i:i:l ̄    ヽ /\  ‘,
                  ∨  \__/ー/ ( ̄   }i:i:\〈〉 ハi:i:i:i:i:ム      ∨  ∧  '.
.                   ∨    /   /   `ー─‐{i:i:i:i:i:\ {i:i:i:i:i:{\〉     /   ∧  〉
                    ∨  /   (   \ ̄ ̄ \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::ム     /    /i:/  /
                     \ {    \   ≧=─‐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミs。.,__f´     /i:i:{  /7
                      \      >--<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:彡ハ     /i:i:i:|//
≧s。.,`弌s。                 \   /     7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>'゙  /   .イi:i:i:i:i:/
<  ``\≧s。.,                >rrく     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/,ィ  /_,.。o1i:i:i:i:i:i:ア
  ` <  \  ≧x           //  リ::::::`ヽ、_/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:彡'"/ー'=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア
     `' < \  \         /i:i:/ />--イナi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:::::/:::::::::::::: ̄}i:i:i:i:i:i:i/
         ``'<  \       }i:i:i:{ ー'" ,.ィイリi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イ/:::::::::::::::::::::::::``ーァ'
            ``'< `メ^\  ,イi:i:i:i:ゝ‐=≦ア |/i:i:i:i:i:i:i:ア´ \:_:_:_:::::::::::::::::::。o≦
               `ヽ、 r''"::{i:i:i:i:i:i:>--'"  |i:i:i:i:,.イ__   xヘ:::::::::::::xく
                  {::::::::::`'弌'"      `/    / /i:i:i:i:i:≧≦i:i:ム
                  ≧≦^\≧s。..,__  /     /イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム
                       \   /    //i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム
                          中村市右衛門尚政
                      (なかむら いちえもん なおまさ)


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   ………。
 |    ( ●)(●)           _   
. |     (__人__)          //
  |     ` ⌒´ノ         //
.  |         }        //
.  ヽ        }       //
   ヽ     ノ      //
   /    く      //
   |     \    //
    |    |ヽ、二⌒)ゝ

 『家光はこれを快諾し、早速御前試合が催された』

578 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:21:42 ID:pRnwB/fk0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  ゝ、          ,           _,, -'    |    i'´|
         |    __`>、::::::::::::::::::::::i!::::,ィ::::::::::::::::::,,ィ二_       |    | |_;. -‐''´i
         |   /   , -\_,,_,,ィ'"ヽ'´⌒ヽ>‐,/ ,-‐ 、 `ヽ   .|  _,ノ      |
         |    i   |:::::・::::|ヽi!::::::::::::::::::::::、,/   |::::・:::::|  /    .l i´ _ .. i ´|   |
         i   ヽ、 .`ー‐'  ノ,'::::::::::::::::::::::ヽヽ `ー‐' _,/    .|  7´ | | |   |
            i      `ー‐‐ '::./         ヽ  ̄ ̄       |    | | |   |    ._ _   __
         ',         /     l      ',           i    .││ |.  _」.   |_| |_| / /
          i           !       人      !            i      | _」 ' ´        / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ i_/

579 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:22:00 ID:pRnwB/fk0
              , '
             〆
           //
           ノ /
          /  i
          ,i  |i
         ,'  |i
         i|   |i
        i|   .|i
        |    .i、
        ゝ     i、
        .i|      ゝ
         .i|      丶
         .i|       \
          .i|        丶
          .i|        丶丶、、,,     バシッ!
           i|         \ゞ`
            i|、       `\ 、、,
             ゝ       `丶`\ゞ
               \  ,.   ミ\丶 `
                 `;丶\丶  、`丶
                       \ 丶
                           \

580 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:22:31 ID:pRnwB/fk0
      /  .    .  ヽ.:::ヽ,     ヽ
      /   #     .}.:::::::,l:::::::::::::::::::::∨
     〈    #      /.:::::::,l::::,--=-、:::::∨
      ト,,         /.::::::ノ:,イーヘ:::::ヘ:::::::∨
      { l ト、 .    /::::.::://////ヘ:::::∨::::∨     ば、馬鹿な…。
      トl .l∧    /:::::::,〈//∠二フ/∧ l_     どうやって…勝ったのだ…?
      l lヾ/\ . /:::/:::::\////////〉-!//
      l ,イヽl \l/:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄::::::l/::
      l/l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::
     /:::::l     ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::::/:
     :::::::::::l      l,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
     ___ ,ヘ        l,:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::
     ::::://人     l,::::::::::::::::::::::::::,イ:::://
     /////∧       l::::::::::::::::::::ノ/l////


                / ̄ ̄\
               / _ノ  ヽ、_.\
               | (●)(●)  |
_              |   (__人__)  .|      知らん。
\\           │  `⌒´   .|    .講釈師に聞け。
  \\          .|         |
   \\         丶       /      お主も災難じゃったの。
     \\         ヽ      .ノ
      \\.      __l     ヽ_   
        \\.   ,/          \
         \(⌒,´          ヽ、二⌒)

 『そして、見事宗矩が勝ったので、.和尚は赦免されたという』

581 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:23:20 ID:pRnwB/fk0

         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }
      / Y      ,    ∨∧ ソ     …これはまた、雑な話だな。
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',    出典不明とはいうが、どこから拾ってきたのだ?
       Vヽ 1 o   o   i∨i   ! .}ヽ
.         / .|         u ./ 'ソ  /./  \
        | .人   ーっ   /    /ノ __>´
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
        〈{::.(__8.__):::::::}〉
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\

                              .....                      __
                                                    , ク'⌒
                                           _`孑三⌒メ、ノノ__
  >>1も『沢庵(水上勉)』」に載っていたのを              .ノ㌃⌒`              ̄ミx、
 引用したのですが、そちらでも             .      、__ノ-‐' ⌒メ、    ク'⌒      ヽ、
 出典について「のちの講釈師のいうところ」と  ......      `、  ` 、         __        :.
 なっているので、まず創作ですね。         ..      _ノ \、  , イ≠气  ) ̄ ̄ミx、   {!
 それこそ、明治以降のものかもしれません。    .      )フ   ィ´      ゙ー" ,/    |  ハ、
                               ..     ,廴    /        ./(、    ノ ,、  \
  和尚の赦免の実態については、            .  ノリ    /   ,勹ーャ   j廴`⌒ ̄メ,;ヘ,`ヾ   \
 本編で言及している通りなので、そちら参照ですが、   }    |!  .从,ハ!メ}    i{ 从ハノ'|' i|    、  \
 この逸話は「剣豪だから剣で解決したのだろう」と    /(.、   l!  ./,rヘ从〈    〉jノソ)ヘ| .i|    )   )
 いう考えから作り出されたという所ですね。       ..ノし',   _lk_|xr忝斥k    ;仍竓ミ,.〈  i|  .メ´ `、 /
                              .....   ..メ{  ,辷忝,}ヾう紗,゙ 廴_ノ ;う紗,;_ソ.所wi|  ミ"⌒´
  まあ、宗矩が直接試合をする逸話は       .  _ ノ-‐'  '勹 ̄.ハ `¨´   ;   `¨´,刎衫"  ,;ノ`゙ヾ、
 割と珍しいので、紹介してみたということで。   ....  ´⌒メ、r=彡′   ソ\    _ __  '´フノ ;ハ !  し≦⌒
                                     )フ   ; '; '  ≧:.._ ゜ _..:≦⌒゙メ、ノ'\{´^´
                                  .,≦⌒入-=ミ:.、  ャニ三ニ三ニァ,;"ノリ   `
                              ___ノ-‐'゙=ー~ミx _ x彡{{      }}ミx_ {{___彡"´`゙ヽ、
                             {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∬゙ミ===彡"∬i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:..

582 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/09/14(月) 00:27:32 ID:pRnwB/fk0
             _
    ,r ´> ´ ̄ ̄   {r ´ ̄`.、
    > ヽ.   /      ヽ.   ヽ
    {  /  /    /    丶、  \
   .Y  ヽ. /    /     } `ヽ  ヽ
   ゝ   ノ/     {!     i!,!  ',
   }  く. ,'     ハ     /リ| !   ',       そういえば、和尚絡みの逸話でも、
   ト  ソ !      ト. 、マー=ミ!i   il      猿が出てくる逸話がなかったか?
   ゞ ノ |       .{    、.{:il ',   i|
   r彡,  |     ヽ ',       ヽ ル′     
   ::/:::;i |.       ',       /      
   :{::::::i!. |    ヾ 、 ',  , __ / ヽ
   リ::::::|`il i|   .ハ ヽ ',   ̄,´   ヽ
  ::::::::::i| .レ ハ    ハィー-  __/ ,.     ヽ
   ー- 、:.:.:.:.ヽ. ` ',:.:.:.フ}≧、 },  {`ヽ}
  / /:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:..`ヽ ヽ //ミ:.:.:.:', ヽ  ',
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.>ミー-`、 ヾ_ヾ:.:.:.:.:ヽ ヽ }
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ' / ̄``ヾ `ヾ:.:.:.:.:ヽ `


                     ....       \\
                      .        \\_ -‐-
                              ,.;''`´ _ノ ,- 、 \.
  ああ、ありますね。        .      / ̄_ニ_´ {_ ヽ`、} { ヽ、
 出典が昭和二年発刊の          ./ ,;" , ;: }  },ハMハ迂=、ミ、
 『沢庵珍話集』という時点で     .   | {{_,ハ从{ _ノ 炻ン 从 拶.、≧=-
 信憑性はお察しですが。          .l .汽 k參´     ハ ゙`'゙≦⌒
                         . \{゙、\¨´  ' .,  /ハメ「`ヽ
  じゃあ、ここからは            ...  泛、 \__‘゙_´ /{ソ \\ー-- _
 沢庵和尚絡みの逸話を紹介して     .   '゙‘`)`ヽ三==ニ三7冫,\\__ >_
 いきましょうか。               .        j{,__^V^_丿/,: /\\i:i:i:i:i:i:i:i:\_
                              ┌「 ̄~ミ ̄/-‐ 彡i:i:i:i:i:i\\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                      .         //--===⊂⊃ィ=''"~^~^~^~^\\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\

617 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:42:29 ID:cWdpF1GE0
┌────────────────────┐
│  逸話 : 猿を打つ(万松祖録/沢庵珍話集)  .│
└────────────────────┘

          ,..--..、_,._
         /::::::;::;::::):::`'ーー-,.--.、
         |、-ヘ'^〉ヽ::::::::::r'ー-、::ヽ    キー
          ,ゝi '´,ミi´ヘ;:::ン'{:::::::::ヽ:;}
         ヽ::ヾッ'に};:{ンニ'‐ヾ:イ‐'ヽ、
          };:'二ユ:シi;f´ニシシヘ´r'´入
         /-、二ニ!ー-、=彳ノバ;r',.ィヽ
         }、:;::\:/   }^ニヾ彡〈ヽ;::l:::|
         ,ノ‐-ニ={   _/ヾニニ=‐',.ヘ ,ソ:::}ヽ、
         ,ト、:::::::/  ,|:::`ー--‐''シ':/l:::ハ::l′
        _l::::`ーイ r'::、:::::::::::;r':::::::ヽ|/::;/ノ
         {:: ̄:7r'´::{::::l::;:/:::::::::::::::/::i'::/
       ,f、`,ュイ::::::;rヘ:::l:;::::;::ヽ::::::::;に`ツ
       /,ィヽ、Y:::::::{;ィ:::/:::/}:::::ヽ::/-`/
      /;ヽヽ V::::::/´{:::l:::/ニ!:::::::l/_:`;ハ、
     r';:、'-‐ゝイ::::::l;;;ノ::::!:/-、}::::::/-、7{`ヽ`ヽ、_
     l、r::::イ´;/::::::::i;;`l:::l:fスヾ!:::::ヒヽ|;ヽ. `ヽ、::(_
     ハ::{::::::|;〈:::::::l:{ヽ;|:::lツ:::::ノ}::ノ::::`:|_\ _ ヽ::/´
    /ヽゝ:!::::|;;;ト;:::レ' |;;{:::|ヾ::::ヽソ:::::::::リヽ、ヽ:::{ |:{.
   fーッヘ:l::r'´ }:::!、{:::!:::l !::::::}:{::i::i::〉ト、::! l;:l、ヽ;ゝ
   /ヽ::::};:イ:::| ノ:::/ {{::::〉 ト、:ヾトll=!:j} ヽ\`ヾ、 `
               猿


            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i      誰か、この猿を打てる奴はいるか?
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ       もし、見事に打てたら、褒美の一つもやろうじゃないの。
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、      .さあ、や ら な い か?
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|

 『家光は一匹の猿を飼っていた。
  この猿はすこぶる動きが敏捷であり、
  ある日、家光は「この猿を打ってみよ」と周りの者達に命じた』

618 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:42:55 ID:cWdpF1GE0
                                    _ .,.イ´!: : : : : :>‐'´
             ._ ___               ..-=-.y:´: : | | ,|/ト、:>'´
           ./.:=!=: : : .ヽ.     ___,ィ: : : /: : : : ;ィヽヽヽ/
          /.: : :、:{:_/:/X:ハ―=<: : : /:,:-:‐:´: `:ヽ:-:ァ‐…' ´                ..イ
  ウッキッキー!   !孑` ̄、 /   >、: : : : : : {: : : : : : : : : :イ、           ,         /,;;;;;(
          _}ヽ. ━-  -━ (_:{:|: : :ヽ: : {: : : : : : : : _:ノ: :ヽ             ノ!     /,;;;;;;;;/
      _ィ-ァ´{ヘ:ノ""" , 、""" ≠レ、: : : : :/:ゝ=:-<: }: : ヽ: i:ヽ         Y;;;;)   .イ;;;;;;;;;;;∠
 ..イУ/;;;/: :-: ハ:=.、     /゙:/: i: :ー:ノ:/:/:〃:/:/: :V: : : : \:、        /;;;;{_ ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈
У,;;;;;;{;;;;;i;;;;;{: : ::,':ヽ: >ヽェェエロ:イ: :ヽ:/:/ノ:/ノ:/: : : Y:ノ: : : : :ヽ     ト';;;;;;;;;;;;;;/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
|;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;ヽ/. : : :ゝ:‐:-≧ーくゝ:ヽ:く://:´/:イ:/: :i:_: :!: : : : : : :VV>/,;;;;;;;;;;/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,_ ,.イ
ハ;;;;;;;;;;;;,\;;;;;;;\: : : :ノ、:`:-:=:=:‐:ゝ:、:ー:、:ゝ:く:/ァ:'_;、-:' : Y: : /: : /,V=、;;;;;;;;;>'´,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;r'
;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>' ´ ̄ ̄ `ヽ:ー:‐:´:/:/:;ノー'¨´`¨^゙ヽ:ゝ': :ヽ:_://_ У 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;/  .   , イ
;\;;;;;;;;;ゞ´           `¨¨´`…´         .>r―"_/<;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;7    ..';;;;;〈
´                              {廴!二>´;;;;;;;;<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_/;;;;;;;;;;;/
                               「ヽ;;;;;;;;;;>´;;;;;;;;;;;;ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                                 ハ;;;\ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´
                               |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;>―=、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                                  j、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー<   ,=、  `ヽ!´ ̄
                                 /;;;;,\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>/: : ',
                             /ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ7⌒ヽ'⌒`゙/: : : :.',
                                };;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;ト、;;;;;;;;\   /: : : ハ: : :
                                 ヘハヽ、;;;;;;;;;;;(`ヽ! 7'⌒ヽゝ/.: : :/  ': : .',
                     ピョンピョン.       〉、ト、;;;;\ /;;;> /.: : :/     ': : ,
                                 /‐‐-、⌒メ´  /.: : :/      ': :i
                                    ,: : : : : /: | /.: : :/        V

        / ̄ ̄\
      / ._ノ  ヽ、_\    ふむ…。
      |  (●)(●) |  如何にしたものか…。
      |  (__人__)  |              ._
       | .u  `⌒´  │            //
       |         .|          //
       ヽ        /         //
        ヽ     ノ        //
      _/     l__      .//
 __ゝ_/         ヽ   .//
 \___ノ'        ヽ⌒)/

 『ところが、猿は素早く動き回り、誰一人として打つ事ができなかった。
  最後に召し出された柳生但馬守にしても同様であった』

619 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:43:10 ID:cWdpF1GE0

    ./ ̄ ̄\
  ./   _ノ  \
  .|    ( 一)(●)     上様。
  .|     (__人__)    .これは沢庵和尚をお招きするがよろしいでしょう。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃     和尚なら、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃    .この猿を打つこともできるかと。
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ


            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::     .ほう。
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::    お前にすら打てなかったこの猿を、
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    和尚ならば打てると申すか。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::::: 
    /..             "´ 2ノ/ l:::::     .面白い。
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::    .すぐにでも寺に使いを出し、和尚を召すのだ。
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ      「はっ」
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

 『そこで但馬守が、「この猿を打てるとすれば、沢庵和尚しかございますまい」と言上したところ、
  家光は、早速和尚を召し出した』

620 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:43:26 ID:cWdpF1GE0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     上様。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    本日は何用ですかな?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
          沢庵宗彭
       (たくあん そうほう)

           _,,,, -::::::::::::-   、
        ,, ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       i:::::{ !ゞ~⌒゙'~┐:::r-'~`=´リソ''}:::::i
     l::::リ        ' ノリ'        !:::::l
     |::::}         ノ'         |::::::!
     ,-、:|:ノ二ニニ‐-、   , ー------、;::::i      うむ。
    l ,ヘ!:!. '´て)`ヾ    〃´て)`ヾ ̄!⌒i     今日召し出したのはな、そこの猿を、
     !r´i:!  `二ニ-   |::i -ニニ'   〃 !.|    .和尚ならば打てるかどうか、試してもらいたいのだ。
      ヾ(`!.          |:::`     i ノ.i/
     ヽ`l           !_        !//      但馬が、和尚ならばできると申したのでな。
       `!        'ミー'~'     /ソ
       , ト、   、......_ _......._,   /!
      / |ヽ    、__.,    /;;|、
    ../  !| iヽ           /;;;;!;ヽ、
    '   `| ヽ ヽ、   i  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-,,,, _
        !   !  `ー---,,,´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
        ヽ        :;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ー-、   ヽ        / :::::/;;:::
     ヽ   ヽ       !  /    ヘ,,_
        >   `         '    '     ̄

 『召し出された沢庵和尚に対し、家光は早速「この猿を打ってみてくれぬか」と求めた』

621 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:44:19 ID:cWdpF1GE0
                  ,: :: :: :: :: ::
                ,/:: :: :: :: :: :: ::
              ,/ ̄ニュ:: :: :: :: :: :: :: ::
              /:: :: :: :: :: :::;:: /: :: :: ::/
             /:: :: :: :: :: ::,ノ≠\:: ::/;i:: :: :: ::
            /,.----=ニニニイ     ≠;i:: :: :: :: ::
           /'´              /:: :: /^ヽ、:: ::     キー…?
           i                / i:: ::/ へ  };:
           i    x==ュ      Y:: :: ヽ _/ ノ
           i                l:: :: : 〉- ,ノ
           /               人:: :: / フ /
         /              ,,,,ゝ:: ::   / :: ::
         〈             / ::::::_/ }:: :: ::
         ` |          /\ ,,,/:: :: ::
           i        ,/:: :: ≠;:::    : :: :: ::
    _--‐-、_i        ノ\:: ,/:: :: :: :: :: :: :: :: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /  ___、_ ノ_________ノ_/ :: : :: : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :\
 /  / \   /   /乢-‐' ニニ\: : :/ニニ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
{  ヘ \ \/    {:: :: :: :: : : :\ : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
 l   l/ /  |     >: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     ふむ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    この猿を、ですか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    そうですな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\   では…。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

622 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:44:37 ID:cWdpF1GE0
         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \         .┌────-┐
                              ..| .┌─┐  |         ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---             │  エニニコ |
                         _ ____、_ ...|  └-一┘ |             -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――        | ̄__、 |   `ー亡ニ___ノ
____________            │ |__|  |   厂`___==―-、               -----------
            二二二        .└二ニ--┘./ ''辷ニ-一-┐ ヽ         === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                ./'´ 'lこ" _.._、 │ .|                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐            .jノ ' L ―''ニ-┘ .│  |        ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                                .| |エニ-l''┐ i.  /
             ---‐‐‐‐‐              'ー――‐''’ ./ /        ‐‐‐‐---
                                   -'fナ'''´ ./
               /  /                 ゙'t'、 /
              /  /          /          `"’        .  \
            /  /  /                      丶      .\.    \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \

623 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:45:02 ID:cWdpF1GE0

      ____  て
    /\::::::::/\ そ
   /\○  ̄ ○/\   ビクッ!
 /::::::/      \:u::\
 |:::: く    ` ´    >::::::.|
 ./:::::::入  _   人:/
 (  \ /\ノ  |::::::|
  \/|\/__.::::::.|
    \|/___:/


                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛ ←如意
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│      さあ、猿よ!
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|     この俺様の如意でSATSUGAIされるがよいわー!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

 『家光に求められた和尚は、しばらく猿を睨み付けていたが、
  突如大音声で一喝し、手に持っていた如意で猿を打とうとした』

624 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:45:21 ID:cWdpF1GE0
          _  --  _;
        ´  _ _ _ _    `ヽ
      〃   -― -      丶;;
     ,  ,,           _// ,
   ;;,,, ∧V - - -     ´ ´ヽ∥l;
    iヾ/        u.     ゙> l-、_     キ、キ~…
    r-l 、           _  l  lヘ 、-、;
   /ヘl ヽ _ -=ミ     彡´ =- l .l  .)、 ヽ
  ;.( <ヽ .|    ヾ    ´     、l /  Y  ヽ、;;
_ _  ヽヽ ll             / / l .l `-―  ̄`ヽ;
 _  ソヽー、 u.   _  _ .  ,,/ ii/  /  l    _ - -`-、
    /   ii  >、       /`、/ /   ヽ ,   l      `ヽ;;
        \/ヽ      ./ / / , ´   ヽ    人       丶
    ヽ    \ヽ_ _ _ _ _ /l/ /    /,   ノ  `ヽ      }  ブルブル…
   、    ヽ    ー――-   `ー-/  , _ -‐ - _  ヽ    l


           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ
       / . /     "      ,i"<    .ヽ       ふむ。
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \    ま、こんなところであろう。
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|          よしよし、もうよいぞ。
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|         「…キキ~」
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:}
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."
  .|
   ゛
 『すると、他の者が相手の時は、俊敏に動き回っていた猿は、
  .悲鳴を上げて平伏してしまった』

625 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:45:42 ID:cWdpF1GE0

     ''´´´ ̄ ̄ ̄ ̄` ー--、_
    /:;:;:;:;:;:;.;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、
  /;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ
  .,'.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,,'゙
  ,':;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;;:;:;:'       ハソ  ''!ヾ
 .|;:;:;:;:;:;:;:;:;::;::;:;:;;:.';.      .ノ´)ノ   !
 .|:;:;:;:;:.,--.、:;:::;/ 〃二二ーーー-t   fー-,,!
 .|;:;:;:;.,'rヽ ',:;:;/    r==f ̄ ´  ∧<''
  l;:;:;:;:|.l r l l;:リ     、迅y. ´   K庁 !       凄いな和尚。
  ';:;:;:;:l l ( .イ           .ヽ` !      あの猿を平伏させてしまうとは、どうやったんだ?
  /;:;:; ヽヽ_l.              .ヽ .!
 /;:;:;:;:;:/\     u.       __ ノ |
. 从从从  l            .´  .l
',       ヽ         ー=二ア  j
..',.   .   ',  ` 、     、____,   /
 ',     .',     .、        /  
.  '.,    ',        、    ! /-.、   
.   ',.     ',       `ー,―、´   `゙'ーー ,,,  
    ' ,   ',     /   ',        `'.、
      ' ,  .',    /  |    ',         . '、 
      \_   / /|    \       ./| 
        \ `ヽ  ′ |     /      / | 


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     なに、大したことではありませぬ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『家光をはじめ、周りの衆は和尚の力量を褒め称えた。
  そして、何故猿があのように平伏したのかと不思議に思い、和尚に尋ねた』

626 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:46:23 ID:cWdpF1GE0

               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T"     .',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 .r'"゙|,/     但馬を始め、皆の衆は、
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- 、,,, ノ'"      もし猿を打ち損じた際、上様に当たっては一大事と、
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、               │         .そこに隙があったのだ!
          !l,,_  l / '´   ...}               /
        .',_/       / !                /..l           だが、俺は「上様もろともSATSUGAIしてくれるわー!」と
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,         .斯様な覚悟で挑んだ故、猿も平伏したのである!!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    .l     _-  
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ一'''''"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  /           「「「お、おう…」」」
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

 『これに対し和尚は、「皆は、猿を打ち損じた際、万一上様に当たってはならぬと思い、そこに隙があった。
  だが、自分は上様もろとも叩いてしまおうという覚悟で挑んだ故、
  そのような隙はなく、猿も平伏するしかなかったのだ」と述べ、皆、この話に感じ入ったという事である』

627 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:46:53 ID:cWdpF1GE0
                          ..         _____
                                .   ´     `
                              ./ ___    r―‐- .  \
                             ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
                              ./o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
  …と、こんな具合の話ですね。      . .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
                          .. .| |〈 |{7´ Ⅵ;Lノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
  これは『沢庵珍話集』記載の話ですが、  ..| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
 大本の話は『万松祖録』の逸話ですね。   .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
 そちらでは宗矩は出てきませんので、  ... .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
 後付けでの登場になりますね。        | i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
                           ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
                             |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
                             /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
                              -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
                             /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ


      .,r-‐‐-、
      /   }.} ヽ_,r-、_    .,'´`ヽ
    r--.ii、 ,r-/`Tヽ, ヽヽー、 l   `ヽ
    {   `>′i / / ト, } .} ト, .Y    i } 
    l  .// .{/ /},ハ,l从l } } ,{    .l l__,       まあ、これは沢庵和尚の逸話だからな。
   ',. ,イ l { ,∧,/.´ ,r==ァリ } .}/.   ,l l'._ヾ}-y    .和尚の引き立て役として引っ張り出されたということか。
    ', ル从{.,rァ.   . ヾツ./} .,' .}   ./.}    ヽゝ,
    .,  l.ヽl `' ,     ,イ/./-'l    .l     .}<′    ちなみに、元になった『万松祖録』の話は、
     l  il }_ヽ  ー   .,イ//i<l    .l    ./f`   . .どんな内容なのだ?
    .l,  ;ヽl  ̄. .- .イ./,r-}/l  ._,rl     }}
     〉   ヾ  ,_}/ ̄./il/r .'  ゝ、ー-_'シ
    ./     ゞ//_x< li{ i     ヽ^~´
   〈  _ -  ,r-   `ヽ, il       /

628 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:47:09 ID:cWdpF1GE0
     ______________  __________
   {\              `\               \
     \\               \                 \
      \\                \                \
        \\               \               \
         \\                \                   \
           \\               \                  \
            \\__________\ ___________\
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ

 【『万松祖録』 寛永十二年・和尚六十三歳の逸話】
 『寛永の頃、営中に猿あり。
  人、扇の類を以て是を打つに、其の打つ品を早くとらえて、身に当てず。
  人々、猶工夫して、うてどもあたらず。
  和尚、是を見、扇を取って打つに、身に中て、後に扇をとらう。幾遍も同じ。
  人々不審して、其の故を問う。和尚曰く
  『各おののうたんとするを見るに、其の意、先にあらわれて、後に打つ。
  猿早くも是を察し、打つをまってつかむ。我は何ごころもなく打つ故に、察すること得ず。
  身にあたりて後につかむなり』と。
  かかる道理も有りけるにや。兵術の理も又かかるものにや』

                            ......          >     ̄ " ''  <
                                     ィ  ) .{     ) >、     ヽ,
                                   r j´  彡 ゝ., ,. イ  ⌒ ヽ     ヽ
  こちらがその話になります。                / ⌒ =彳 rγ r ヽ)  ゞ, ,ノ  rヽ     `
 「打とうとする気」についての言及があり、   ...   Y (`/" ̄ )丿 (   >=ミゝ=-- マ `     i
 『不動智神妙録』の内容を踏まえると、    ....    ムイ/    /丿 ,´  /     マ`ヽ ) l     l
 こちらの方が”らしい”感じはしますね。    .....   , ィ /.イ /( ´ し ィ   i   ', イ ノ)l     |
                            ......   | /l /-=〈:ム ^ ,.ィ升 イ ィ   } ゝ ノ|   .: ::|
  ただ、『万松祖録』自体、             .  δ l 弋ゥミマ'イ:::::::::/メノ/ l i ノ  ゝ,.イ:   .::: ::|
 幕末の手前頃(1844)に書かれた物なので   ..  ムl  イ`丈:jマレ ´/ マz..,_`リト、ヽr へノ.: .:  ::l: ::|
 どちらにせよ、信憑性という意味では     ......  { l .::::l   }     ´ らミュヽ|i  `, ノ.:: .::: .::l::.::|
 あくまで逸話に留めておくのが妥当でしょう。   /iili .::::::l  ノ      `丈:::ノノl   0::::: .:::: :::l::::::l
                              /.:: .:::::::::.             l  / }::::.:::::: :::l:::::::l
              . ⌒ヽ             /イ::: .:::イ::::::::.   、        ,'  {L ノ:::::::l::::. ::::|::ハム
            ,.. l_   ',           /´ l::.::::' l:|l::::::::. ,. `  ̄      /イ i'i'i'iハ:::::li::::::::::ソ '!i,
           {   `ヽ  }          /   l:::::'  !l !;:: ´ / `,  __,.   ≦//l .::::イ::',::::l:::l::::::::::|  `
           '    ,. -≠ 、            l::'   Y  l  ム ̄!--==≠=l .::::/" }::ハ|::::\:::::l
            ',   l     ヽ          l!    {   l   lマ ̄ ̄ゝ, .l::::/  |::::::l:::::::::ノハ|
            }y  ',      `,  _,.  .,_      >-',   lム .l|  \   l l:/   ` ,:::::::::::ノ
            ,! l   \   >-==-- 、   ̄>"/    \ l  >!l    l ノ /      --<.,______
           Λλミ===キ (       ヽ  /        `て´  \ .ノk      /" ̄     ̄`ヽ

629 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:47:27 ID:cWdpF1GE0
                      ......            _ .. -=‐- .._
                                 , ''"´         ミ 、
                        .      //  ̄ ̄{{    k ^x、    ヽ
                        .      // ,≠=ミ!  廴_..ノ    \     :
                            ," ,′/ ;. 丿          ム   :
                        .     ,; |  | ,; く"     /⌒゙ミ.、 |  |
  ちなみに、この手の話は他にもあって、 .ハ | ム,ハ!从ト 、___j{ .; ,; i}  |  |
 例えばこんな話もありますよ。   .......  ノ 从|   〉ァ=ミ、ノ' \{\ルリ,; l|  .;; ;.  ,|
                      ......    リ l.__/      ,ァ=ミ、,ハ!,/. / ハ  i|
  今度は猿じゃなくて、虎ですよ。   .   冫,&"ハ    '     ` ノ'/ / ,; !゙刈、
 怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ♪ ....    夊/ '、マニ==-,  ノソ&~ ,;' ≦⌒~``
                             ""'   ヽ`ー―_" .ィf'′,勹 (_ }}
                                    `  ̄ヽ、_...:夊/(^''"⌒廴_
                                     ィ扞㍉㌻""' .,㌃⌒`ミx、 `ミx、


              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ
   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,
   |,イ. l .ヽl  .l             l
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}      おう社会人以上しか分からんネタを挟むでない。
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l      …これまた出典不明か。
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l     難儀なものだな。
   `ーイ`ー,l .l           , イ/
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|

630 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:47:56 ID:cWdpF1GE0
┌──────────────┐
│  逸話:和尚と虎(出典不明)  .│
└──────────────┘

   グルルルル…                c-r仁Lc-勹
                            `Y丁 ̄             , '_二二二二二二ミヽ、
      _ ∠二二了 >‐ァ、___        j |                //             \\
      ∨l7 ー' ¨7ヽ ヽ_//r┴─-、 `ー--‐┴ケry-v-r仁L__ノ}//              \\
.     r-ハ!ll     ' / jヨ ∨二`< ^ヽ二フフ∠rnn┴┴云ミー─孑今、                  \\
     }ミトj∥   ムイ _>rイ二]ヽ_`≧ーrク   l l l |  r「{  〕>'´  _/〉                 ヽ ゙、
      }ミ Y^ニニ´|- 〉 / }彡三} { ̄ _ユ斗勹  l l l |_ 厶>イ二二二 / 〉                     l l
     \jニトrryv-r r┬1 }彡孑'/了⌒V /フ ///∧ ヽ  ヽ二二二 /                  | !
.       ヾ| | j辷7||ト┤ jイ_j |    V /フ////ト-ヽ ヽ(_/)二,. イフ                     / /
       ヘ.V!vwwヘ.Vフ ヽ∧ ∨ヘ 〃ヽVイ //// 厂丁\  辷イ  j-]                  / /
        ヽト ┬ ヘ!  ∠L∧ ∨コゝ-'ヘ |j二二二) ィ二rヘ ヽr┴< ィニヽ             //
.          〈 (>┴┴‐く二二K ̄/ / //二ヽr‐ュエ升工刃 `Y 二ヽ `Y^┴く「ヽ             //
.         /Yl{( )Y( )Y(_) j}辷二{={_ { { !{〔/)     ヽトr彡ヘ  ゝニンZ_ { (/) } |        //
       /フ トゝr‐く` ^  ̄    ゞ‐rクト-イ1     jH r‐くヽ     Y^ -イ  | {rュ汀二Y彡'
       ノ, ' / //L_/            厶イ l三} |     r勹 ゝ-'厶二7   ノ l三} | ` ̄`¬′
     { {ーrしY  /            /ーl l二j|   ∠/ _/   /    ト、 l二} |
    _∠_廴ン/           〈 _/ {_(/)'-イ(/)Y´  r一' ̄    厶(/_)ト、ゾ
.  ノ7ト-イ(/)/             _∠二 ≧r‐く  {]ト--仆--'′    ,ィテ气_」
  {」〈〈 _r┴冖′        ノ7Y^7ーヘゝr' ¬ン'´ ̄        〈{〈〈_r一┘
                   〈_〈_〈_〈_r ン
                     献上品の虎

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ      ふむ、これが今回献上された虎か。
      !ヘl;| '____`  ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ     なかなか見事なものだ。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー_ ‐-‐ァ'   /|
    _../ i| \   二"   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

 『寛永の頃、朝鮮国より虎が献上されたことがあった。
  これがなかなかの猛虎で、鉄製の檻の中でも獰猛に吠え立てていた』

631 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:48:14 ID:cWdpF1GE0

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|      …そうだ!
          N| "゚'` {"゚`lリ    なあ、但馬。
             ト.i   ,__''_  !     .ひとつ、あの虎の頭を撫でて く れ な い か?
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


      / ̄ ̄\
     / _ノ   ヽ、_\
   . | ( ○)(○ ) | 
   . |  (__人__)  │     …ワァーオ
     |    `⌒´   | 
   .  |        u .|
   .  ヽ       / 
_,、n「!  ヽ      /   「!n,、_
\ヽ Y')  >     <  ('Y  /
  ヽ  l  |      |  /  /

 『この虎の様子を見た家光は、不意に思い立って、
  「誰かこの虎の頭を撫でてみよ」と言い出したが、流石に手を上げる者はいない。
  そこで家光は「これはやはり但馬しかできぬであろう。どうだ但馬、やってくれぬか」と
  柳生但馬守に声をかけた』

632 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:48:39 ID:cWdpF1GE0
              ,,,-、,,,,,,_     __
           ,,,- ´ >_ `─_ゝ‐、/>ヽ
          ヽ /ヾヽヽ─_  ヽ二 〈     ガアアアアッ!!
            i /  ヽi   ヽ  i三二─,、
           .i /ヽ  ii /ヽヽ .i三三三 ミヽ
            i.i  iww´二─/ヽ__ i三三三ミミi‐、,,,,、
            ` ヽ─ <ヾi/i i ̄ ̄─\ミi   i
              ヽヽ  `´ / i i   i  .>i    ヽ‐,
               ヽヽ  /,,,-‐´   /  /.i _,,,,,─i i
               ヽヽ‐´,,,,─ ヽヽ  /  / i´ ,‐、_ i i‐、
                〉、‐、<ヽヽヽヽ ヽi  /i i二 i i─´i i=i  _   i田田、
               / ヽヽヽヽヽヽヽ/ /.i ヽ二i i ̄ヽi i `i´ i i  i田田 ヽ
               〈 ‐, ヽヽ─´ ̄ \/  i゙゙゙i ,,,i  i__,,,、i  i.i ii ヽ i田田  i
               / /三i \‐〉、 ,‐,‐ 、 i i─ヽ ヽ_i  ヽi、三ii─‐゙──二i i     ,,,,,,、,、
             ,,,,-‐ i >、  () `< \ 丿`i_,,,i/─´i ̄i─‐i、──二二,,,-ヽ _,,─二,─
           /ヽ/  /、  ヽ─ヽ─ \i _i_,,,,,,,i─i 三i i─二iヽ‐ 二─二─i‐´
          i─/  /  ゝ_/ヽ_/ヽ、 / i      i  ヽ─i二ii二i彡i  ̄
         〈─ ´\ヾヾ /   /     〉´/      i   i‐ii ヽヽ ヽ´
       _/ i  ヽヽ/   _/    /_ ─ ─‐i─i ̄` i iヽ ヽ ヽ=ii
   _,,─/    \─ヽヽ  /      / ̄/  /   /  /    ヽiミ| ii  iゝ
 /// / i ヽ   \  /       /  /  /  /  ./     ヽ/゙゙i゙゙゙i゙゙゙iヽ
 i i i  i  i  ヽ   .`/        i  i  i   i  i      ヽi__i__i_i__ヽ
 i__i__i_i_i_─ヽ─´          i__i__i___i___i_,,,── ̄


        / ̄ ̄ \ 
      /      \ヽ 
      |       ( ●)   …こうなった以上は仕方あるまい。
     . |      (___ノ)  
       |         ノ
     .  |        }           nn_
        ヽ       ノ            i.i/ /
         /     弋  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ / /
        i  _    \ |      ___r/ /
       i ´  `<   `弋 ̄ ̄ ̄  / / |
          i     `<    \    / /
          |         `'<   \.._/ /
          |          |. \   ∨
       ハ          ,|   ゙i   、ゝ
       ハ.       ,|    マュ-/

 『やむを得ず、但馬守は檻に入り、そこで鉄扇を構えた。
  虎も勿論、折に入ってきた宗矩に向かい、今にも飛び掛ろうと構えた』

633 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:48:55 ID:cWdpF1GE0
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '      ゴオオオオ…
  ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  ',:::',   ' ,:::::;     ,':::; ',:::::::::::::;:::::::::::::::::::::; '       ,...':::::; '      ,...::
   ',:::,     ,::::;     ,:' ,':::::; ' ,':::::::::::::::::;'       ,...':::; ' ,     |::'::::::::; '
',   ' ;'     ;:::;     ,..':::::;'   ,:::::::::::::::::;'     ,...',:: ' ,,..イ      .|:::::::::::::;
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;'  ,'l          _,,,...イ´   |     |::, '
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':ヽ、ヽ __,,..-t''"´●::::::|    l      |
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '   |  ヽ:::::::::::::ノ   /       .|      (…虎よ)
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , ヽ、    ̄   /        |
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '   `                  |      .(命惜しくば、その場で動くでないぞ…!)
 ' '.,        ;  ,:;        , '       ,...'::; '         |
   ' ,       ,   ;       ,        ,..':::::; '      , ,......', ' |
     ' ,                     ,'ヽ                 |::;:::' , '
                            |                |
             .人                /                 |;'::,_,


               ___...................._、          て
        ....--、,,..r-''''" ̄       ノ"''''ー-......,,,,,,--'‐‐-..、 そ
   .._v ィ'´  ```'''=ゞ‐ー----..,,    メ′  .|  .` 、  /´`''i |  ビクッ
  r .. ` '''‐''ゞ―- 、 '      " '- ''´     lニニニヽ| /  //
 ヽ 丶 ヽ     :"゙''''ー- 二  .;    u.   |ニニニヘ `゙'ー //ヘ ̄´    ガ…!?
  ヽ ユ- yゞ-ニ _;___  "''‐ー-...._     |ニニニニヘ '' 、`''  !
    |  |   「l l  l`''''‐-,,,,__   ` ゙'''' 」ニニニニニ゙、    |     グ…グルル……
    |  i   | i i / i / |  ,'ー'' ___.、 │ i`''‐‐--,,,,,
    |  i   | `V .`V  i /i ..|[] |  | i l/:/''‐ー-....  `''''''''''7
    |  |  ./    .|    `´ | i[]  ̄´ / /''‐ー-.... ` "'''‐ー-./.
    '、 ∧  ,'′   |     .| i[]    / /  `゙゙'゙''‐ー-,,,,,,....
    ヽ 」 '、 ,'    |  〈,, _〈 | i[]   //l''‐ー-......._____. `''''''
    ヘ/ ヘ/       ヘy l'-|介''''‐ー--//--‐ー-....   ```''''''‐
            i\   ∧/|   |       `'''''''''‐‐--,,、
        ,、  iヽ/  ∧/ /|  /  ⊂⊃     / |0
        ∧-‐∧∧/ /ヘ / .. `````'''''‐‐--,,/ | |三」
        \ヽヽ\/ /ヘイ\          / ̄´廿─‐
         ヽ``'''/ // ゙l巛\        __/
        `――'''‐´‐'´   `'(にゝ、      ''ナ‐ー --,,,,,,,.._ 、

 『吠え立てる虎に対し、但馬守は鉄扇を正眼に構えたまま、じりじりと虎ににじり寄った。
  この時の但馬守の気合に、虎は圧倒され、次第に大人しくなっていった』

634 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:49:29 ID:cWdpF1GE0

                    \、人/ バシッ!
                    `):.  て_ _ ,, ‐,,,_
                ,,, ‐=//Y^\::::/ヽ ヽ// i      _
             ,‐/´   ヽ_ ヽ──´.|=ヽ/__|ヽ、 / ̄  ヽ、_
             /〈ヽ ヽ_|_  ̄ ̄──i三ヽ     ` |    | |i               ,‐,‐,
            \〉〈ヽヽ| |   ̄─__─ ̄ .i三三三 i─_|,,,,──i | |三i__        __‐,´‐/
              .|ヽ‐__ヽ |ヽ 、 ./=ヽヽ  i三三三 i三三|. |____‐i .|‐i,,─‐二ヽ_     i‐´〈 〉´
              .ヽ.|  ヽ|  ,,,|><.ヽ .i三三三i三三| i 〉‐i─‐iヽ ヽ   ヽ二.─‐ ´__ ‐´
   グワッ…!?      ヽ|  .ヽ|ヽ i    ヽヽi─三三i三三_| 二|_i─‐i─ヽヽ‐__     ̄ ̄
                  Aw A /  /|_|  ─__ ̄‐二| /─二‐i/ ̄´ヽヽ ̄.ヽ|‐、
                  |‐  _//‐´  ̄‐_ / ̄´.i‐ ̄||   .| ヽ   ヽヽ ヽ=ヽ
                  /ヽ二─ ヾヽ    /   |.|  | |   .| .ヽ__,,,,,ヽ i─‐i=|
                 // i.ヽヾヾヾ \  ./    .|  _|.〈─ ´ヽ.|.ヽ   |.|.|  |/
                 | .|| .| |.\     \ /    〈 ̄ ヽヽ   ヽ.| |   |.| |__|_,,、
               /ヽヽヽ|/ /  \i─二二─ ̄ 〉.ヽ  ヽ ヽ  ヽ.| |__─´ ヽ  .\.|
             /  〉〉 / i i   .()__()__()二─/  ヽ─‐ヽ─ ̄`ヽ ヽ  ヽヽ  〈__
          ┌ ヽ/ //_ヽ ヽ─/   ´´ ̄ ̄     ヽ__ヽ_><| ヽ__ ,〉 ヽ´ヽ_ヽ
         i‐|──〈─/ ヽ  7  ̄/               ヽ  ヽ‐ヽ、 〈ヽ ヽヽ‐、>、
     _─二 __∠´,,‐,‐、|   i/ __/                |三三─ 〉  .ヽヽ>,‐ ´> \
    ./ / / ./  ̄ i .i i  iヽ─ /                       ̄     ヽヽ ヽ .ヽ >
    〈〈 .〈__i_〈   | `‐´/ ̄ ̄                              ヽ‐ヽ‐ ´
    ヽヽヽ ヽ_─/─‐ ̄


           / ̄ ̄\
          / .\i||i/ \
          | (●) (●) |
          |   (__人__)  .|     …よし、じっとしておるがよい。
         │  `⌒´   .|
          .|         |    すぐに済む…。
          丶       /
 _        ヽ      .ノ
 \\.      __l     ヽ_ 
   \\.   ,/          \
    \(⌒,´          ヽ、二⌒)

 『そのまま、但馬守が身動きできなくなった虎の眉間を、鉄扇ではっしと打つと、
  虎はくたくたと崩れ落ち、腹をつけた。
  そこににじり寄ると、但馬守は虎を静かに撫で、再びじりじりと後ろに下がり、無事に檻を出た』

635 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:50:06 ID:cWdpF1GE0
     / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /  .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::::::::::::::::::::::::::'.,
    l    ,rj,rf'"'"'"    lミ:::::::::::::::::::::::::::::::',
     Y' リ          ,!ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::}
      |          くミ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.     |、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::!       天晴れだ但馬!
     ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::::::::;      まさに日本一の手並みぞ!!
      ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::::::::j
      /              i  ,  /|::::::::::::::ノ
     〈´ ,,.._          i  't-'゙ |:::::::::::リ
      ヽ,,、'~`        ;   l    ヽ:ゝj、
       ゙,_,-、_,ノ`         /!   /  \
 |/      ゙,`'" ,,y       /;   /
 |/  彡  ゙、-'       / ;   /
   /|/     ゙、       / ;;','   /
    /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  ノ
    |          ヾ_、=ニ゙、、,,_
    |        ,、-'´


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)        オーイエー!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.    サスガタジマドノネー!
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l    ニッポンイチー!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

 『この但馬守の手並みに、家光を始め、周りの者たちも、
  口々に「さすが天下の将軍家御指南役」と褒め称えた』

636 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:50:32 ID:cWdpF1GE0
    (; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ノ            |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
   、_); ; |`ー-´  || !、``´             |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
    ``´ |     ||、 `                |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
        .|      |、ヽ-               \; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
       .|      \       , , , , ////////  \; ; ; ; ; ; ;/ \; ; ; ;
        |          ////////////´´´      ヾ; ; ; ; / _ ヾ; ; ;
       |////////         / ̄ ̄illllliヽ     |; ; ; ;/ /  i  |; ;       そうだ。
       !、 ,-──、            lli,,il!      |; ; ;/ 人_   |; ;     .ここはひとつ、和尚にもお願いしたい。
       \   lli,,il |        _二二二      |; ; |  | _ `   |; ;      但馬は兵法にて虎を抑えたが、
         `、 ー-.|        ´            |; ;/  ヽ i   /; ;      .和尚が仏法にて虎をなだめられるかどうか、
          !   ̄|                     `   / |  /; ; ;      是非見てみたいぞ!
             !   |                           /; ; ; ;
  |           !  /                        /  /; ; ; ; ; ;
  |        ! 、   __ /                 |__/ |; ; ; ; ; ; ;
.   |           ! ヽ_/                        |    ヾ ヾ; ;
   |         !                           |
   |、       ヽ    _____,-          /
    |i、       `、   ヽー-‐-‐´           /
    !i、        ヽ     ____,         /
     !ヽ、       `、     ̄ ̄ ̄         /    /
      \\      \              /    /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |       ふむ…。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      まあ、仏法に選り好みはなし。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      .ひとつ、やってみましょうか。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      門番よ、檻の扉を開けてくれ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、      「…は、はい…!」
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『だが、この時、家光は沢庵の方を見ると、
  仏法にてこの虎をなだめる事はできぬかと言い出した。
  それに対し、和尚はあっさりと肯うと、すたすたと檻の中へ入っていった』

637 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:50:49 ID:cWdpF1GE0
              /  ̄ ̄/,、
             /_   / i────、___
           /  ./ヽ/ヽ /`──‐´ヽ ヽ i─\
          .|二二i /  .i /二二_ヽ .i  i  i‐、,‐i、
         .i´// .i.i ─フ/.i i─‐.i i ヽ二─、i ‐i i.iヽ
          i i.i─i.i i i /  i i‐i‐i‐i i  \ / /──i´
        i─ ̄iヽ ヽi/二二i i_i_.i._i i i二二i/    /`ヽ
        iヽ,,,,-´ヽ_./ ヽ/ ,‐、___,‐、 \/ ヽ  /  /
        ヽ    i_ヽ/`/ /:i::::::::::::::i:::iヽ \ i_.i/`‐ 、/
         .ヽ   i三ミミ/ i::i:::::::::::::i:::i  /彡.i   ./
         i i   i三ミミi ヽ i:i:::::::::i:i  /i彡三i   /     グルルルル…!!
         i─ヽ-.\ミミi ヽ ヽ─‐/ ./ i i彡/` ヽ/
          i─i  ヽ i ‐ヽ.i二二二i/‐/ / /./‐′
          ヽ_ゝ´´i ヽヽ ヽ/wwwヽ// /`/ ‐i
            ヽ‐ヽ ヽ/二二二二ゝ/ ヽ/ i‐ 、
             _ヽ- ̄ ,,i◎ii◎ii◎i / // /‐_/
             i_ヽ‐ ´´  ヽ,  /く─i .i‐./
              /ヽ    i‐ヽ __/ ` ヽ二、
              ヽ‐、_,,、<ヽヽ/ / ̄ ヽ 、/
               ヽ .ヽ .ヽ//‐/_   i
                `‐´´  / / / .ブ゙゙i
                    iヽ/、_/ /、 /
                       ヽ´`´

           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ
       / . /     "      ,i"<    .ヽ
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー      …そのように吼えるでない。
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!           ほーれほれ、こちらに来るがよい(ヒラヒラ
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:}
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."

 『当然、檻の中の虎は、和尚に向って吼え始めた。
  しかし、和尚は袖をまくると、手を差し出し、ひらひらとさせて、虎を招いた』

638 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:51:14 ID:cWdpF1GE0
                                        j''ー--‐''i
                                        │   │
┐                                       │| | |│
..コェ、                    __,ィー-.--‐‐‐------__ヘ ‐ ; ‐廴__
_ '' -i-----_....__......_-==-..---j''''''    .i.、.. __   ィー'''|ヘ| ゙、/  iヽ    !くナ
.. J广`''゙゙゙'''''''''-----、 ` ヘ,---‐‐'  ,──、'、_  l,,,,,,,/    / l■/'   | `ヽ、   ヽ、     ……ペロペロ…
 ̄´          |三 _ ニ×‐' '' '''ゞ ヘ  Lヘ ヘエエエエエ/  /    'ヘ  ヽ   ヽ
            |三厂 ゞ‐ ||.|.|. ! ヘ / 7 \  ‐‐‐―‐--ヽ/   ....... ..`ー"ヽ--,,--ヽ、  キューン…ゴロゴロ…
            |三|'ぃ'' ''' 、||.|.|.(_/)三) / !/´ - 〕二二二二二二|   ' ' ''丶 .. 、  ニ ニ 〕
            /〒(/)=)` ''////    ..r'-:,,|   〕二二二二二二| / l'V'V'V| |V-‐l |┘
           r'コ ' '一‐ - |//// ´´´l ヽL- |ヽ、 〕-二二二二二|.., | \  | | .. l |┐_,,..ィ‐‐‐‐=-、
         ....(/)=)ゞ 、 ゙'' ゙l||.|.|.(_/)三):{ )へ  \-∟-゙、    ノ ヘ.  ヘ | |  l |乙 /、\\「
         j(/)=)│(/)=)― l ヘ \      ' 、`┌‐┐ ゙、 - イ`'- ヘ ソ ヘ レ'  レ/`イ \\メ`
       (/)=)´ -'ーユr-='′  ゝ-ィ'く__ \\  \  /''''''^1_..lヘ ` lWWW|--,,,,_ン'ゝ '' _..-+'´
        ´'lぃ、 '' _j厂        i'∨ \(_/)三))ヘ-‐-ヘ____  l\_iニニニコ (_/)三)'′
         | | | | |         ゙ヘ---、ヘヘ\'   /\\\\廴 _ ,'′      `‐'´
         ゙一冖^゙^゙             `(_/)三) l'、  ヘ ヘ ヘ ヘ
                               ヘ    ヘ、.... ヽ ヽ ヽヽ
                               L-----ー‐‐''´ 


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      うむ、よしよし。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     んー、ここか?ここがいいのか?
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ    ほーれほれ(サスサス
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『その和尚の姿に、虎は気を抜かれたような感じになったが、
  しばらくすると、和尚のそばに近づき、手を舐め始めた。
  そこで和尚が首の周りや耳の後ろなどを撫でさすると、気持ちよさそうに目を細めた』

639 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:51:35 ID:cWdpF1GE0
          _.イ´\     ___
        / _ 彡    /_ _ /\              / /
       /  /_____へ─、/  //__        ┌/ /┐
      ィ  / /    /゙i   / / ┐゙i   |ニニ ヾ   └--┘
      /‐‐‐‐' /    / `ヽ/ / ┐ ヽ   ゙i  \\__//
     ゙i    /    /  ̄ ̄|/    |  ゙i   ゙i   \__/
      ゙ヽ/i-'、_____,--iヽ ̄/\_____/┌─┐∈   \
    /  l  |      |ヘ `ヽ | l  |'/└--┘┐ ハ  ヽ        ゴロゴロ……
    \ l |      | |゙、 \|ソ / /┌─┐∈  〕  ゙i
    ミミi  |      | | |三三三  /└--┘┐ 」 '〈   ヽ,,,,,,
    ミミi  |      | | |三三三l   / 」/ 彡三三-/   ┐
     /|' .|      | | |三三三イ ∩」   彡三 . i'、ヽ::::::::゙i :≡)
   _/|:::::r .|      | /  ソ ユ ̄ ヽ.l ∪ 三))三::::::::/ 三ヘ ヘ ヘソ
 //::::::::/| |  ̄凵 ̄に‐'にワ1 ∑′  l   三ソ⊿  ノ :≡)
丿丿丿丿 ヽ――――'ゝノ‐ー‐ 丿     ゝゝ┠ ソソソソ│
ヘ ヘ ヘ ヘソ  '''―‐ー''´ソソ         /:::::::   /⊿/
         \\\\         /:::::   /⊿'/′
           \ソ\ソ     _//:::::/|:::|::::/三)
                    〈f//::::::::/|:::::/三/
                   _//::::::::/|::::::::/三》
                  //::::::::/|::::::::/三/
                 丿丿丿丿丿:::::三三゙
                 :| | |:| | |三三'
                 ヽ ヽ ヽ ヽヽ`  i′


                   / / / ´ {ミ丶   ヽ
                   ,' / / /  }ミ、 ヽ  '.
                     |,  〃 , ´ ̄ `ヽ  '.
                     |   /  ネ ロ  '.  }  l
             ,  - ―<!   {  |,ル  } i!   {⌒ヽ      …ふむ、寝たか。
            /___   |     ≧ェ.、 rィェ彡 i!   '.   \   まあ、こんなものか。
           /´. -‐- 、`ヽ.|    |   ト   ! i!  .l    丶 
         ' , ´     ヽ |     |〈__ ー|‐`, } i!  .|、    }ヽ
       , -/ /        }     rくWWW/ ハ i!  .|ヾ:、  ノ |
      { ' '        ノ .i!   、ト、` ̄ ' イ/リ     |ヽ、`¨´ /
      | { {         /  ハ  ト、 T77´,//ハ     !'//`Y´
      | i! '.      /  イ '.  |ヽ }/ i !// //    |///∧
      |人  `ー一   イヽノ  l .K ///リ/,イ//     !////ハ

 『更にしばらくすると、虎はそのまま眠り込んでしまった。
  和尚はそれを見届けると、ゆっくりと檻の外に出てきた』

640 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:55:41 ID:cWdpF1GE0
::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::}  ;二二三三=''   ;二二= .i
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′      和尚。
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l       仏法の至極、見せてもらったぞ。
.{ i、               l    |       流石は和尚だ。
 、 `                   |   |
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l        但馬は兵法を以って虎を抑え、
:::| ` ー,                 ´     ,'       和尚は仏法を以って虎を馴らした。
/    、      `- -‐─‐- ′. /       .共に無双の術である。
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /          見事であった!!
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、          すげえ!!
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)         さすが沢庵和尚は融通無碍の僧だぜ!!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、  
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.      沢庵和尚は、地獄の牛頭馬頭ですら
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,    従えられる野獣の支配者だって噂は本当だったんだー!!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l  
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ    ゴートゥーTKAN!ゴートゥーTKAN!
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     , ノ  、 、
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     l(● ●)l  何故お前ら和尚の時は流暢になるのか(疑問)
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     | (_人_) |
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;     ヽ     ノ

 『これを見た家光は満足げに頷き、
  周りの者たちも、和尚と但馬守両名を褒め称えた』

641 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:57:12 ID:cWdpF1GE0

        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|
     |                    .|    (…悟道の活作略とはこれ程のものか。
     | ;;;( - ) ノヽ ( - )   |     和尚は普段から不動智を我らに説いてくださるが、
     |  .´"''",.     "''"´   |     素晴らしい心の働きを見せて頂いた…ありがたいことだ。
     |..   (    j    )   .l
     |     `ー-‐´`ー-‐′   /      …それはそれとして、なんであいつら(観客)、わしの時は片言なの?)
      .丶     ` ⌒ ´      /
      ヽ               /
       ヽ           /
         ゝ    _   /イ\
      /                \
     /                      \
                            \

 『そんな中、最も感動していたのは、柳生但馬守その人であった。
  猛虎を前にして、自我を忘れ、目の前の虎を忘れ、さながら草花に水をやるが如き自然体の姿。
  不動智とはまさにかくの如き一境であろう…但馬守は、剣禅一如の境地をその日、確かに見たのである』

642 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:58:10 ID:cWdpF1GE0
                          ......           - = ニ = - 
                                    /   /丶    i}:::>.、 
                            .      /   /:::::::::::::ー一'::::::::::::::\
                                 /   /:::::::>=-::<二`ヽィ::7、::::ム    r ==ァ 
  ここで終わりです。             ......     /    i|r==ァ'´`ヽ:丶:::::i}:::/ ヽ:::ヘ  -==ァ<._
 このお話、逸話としては結構有名で、    .    !    i|ゝ=-{ | |  )::::〉 i!《  ノ| }::::i/ r‐='、ヽ    
 『万松祖録』収録とも言いますが、      .    ,!|  .l   i|::℃》|ノ、从<::::<::::i}:::}=:ァ|ヘ::::} L.ヽ  _ ノ
 >>1が調べた限りでは確認できなかったので、.   / i|   !   |::::::/ ャ=ミ、 \::` i}/::ソ :} V-=ァz _    
 ひとまず出典不明としています。        .   / /:i  |  〉i}'∧乂::ソ    ー'.    ! i!ー'√` .二 _ ̄
                          .......  / / │  l  / 」 ∧        〉   从 |  ゝ'´-=ミ、≧
  見落としてたらスマヌ、だそうです。      . / イ  i!  | レヘ.  ∧     _ ,  / ,! i/ア:::::::::::::::::`'
                              |  ノ、   i! i! 〉  ゝ=-    ´  :′/ /::7::::::::::::::::::::::::
                              //\〉 i| ト、.| |i  iト、〉≧= ‐ 'ヘ /}V:::7::::::::::::::::::::::::::::
                                  〕、ゝ . ト、|i  i|、〉¨i| ̄ ̄{Vi》≪::ノ::::::::::::::/::::::::::
                                  Vヘノz≪ ̄ ̄::`ヽ》>'゙::/::::::::::::::`ヽ:::::〈:::::::::::≫


                     //  ___    /   \
              //  / ., -‐ァ  ̄  ´ー- ∧  V.、
                  / ,,    / /:/  /´      ∧  V、
             / /    ./ ./           ∧   V、
            , ;    ,'/                 V      まあ、出典はどうあれ、話としては派手だが、
            l i   ,.'/                   V     どう見ても創作です、本当に(ry という感じだな。
               l i!   ,'/     i   .、   .i .i ヽ     ',
              レ /,'     .l ! i i∨   l  l  ,.}          そもそも荒唐無稽というのもあるが、
                ! i!   キ T T.ヾ∨ |キ大.7 T !        史実の宗矩&和尚なら、
                 レ' !     |.イ三≧ァヽ.{ f≦三ニア        家光がこんな事を言い出したら、
                __.',.    ', マ::::ソ     マ::::::ン.’ !       唯々諾々と従う前に諌めるであろうし、
     γ⌒,ィ ⌒ ヾ,.  /   ヽ.   ヘ , , ,   ,  , , ,.   ,!       大体、流石にこんなことを言う程
  `ゝ、  } γ     !}. /      .ゝルヘヽヽ  r--- ァ   イ,!       家光も愚かではなかろうよ。
  ',   ヾ、 {!    .リ /    /`ー‐、  ∧ > _ー_ ィ ´ ./'    /
  ∨,  Y      Y⌒´ ̄ `ー、  ‘ー-'イ:.:.:.:..リ.:.:.,ィ'.:.:.:.:/ ,   /
    V  ,ィ'二ニミ≧yミ、     ,.rー`≦__皿皿:.:.:/,ィ´i!:.:.:.:.://i! /.:.

643 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:58:25 ID:cWdpF1GE0
                                ...         ,.  …=…‐-
                                         '"     '"`゙`     ミx、
                                      /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
                                     // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
  まあ、似たような話が講談にあるので、       .   .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
 おそらく、どちらかがどちらかの元ネタでしょうね。    /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
                              ...    ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
  『柳荒美談』の「沢庵和尚座禅の事」で、     .   ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
 秀忠から唐犬をけしかけられる話があります。     .,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
 こちらだと和尚の気迫で唐犬は退散しますが。  .  i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
                                 |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
                                ..ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
                                /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
                                  .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
                                  .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                                   ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                                  ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ〉


              ,、 /\ィヘ   _
              ,.ィ=≦ ̄ ̄ >、Y´ | 
     ____ / / 二 ≧ 、/ヽi| -.、      家光ではなく秀忠か。
   /´  ̄ ̄X ///´      \/ ト、 |    なんだか隆慶チックな秀忠だのう…。
  〃      /  〃  \ \ \  ∨ ハ∧ 
  i{     /    |    \ \ \ i|∨_ Y 〉    で、次の話はなんだ?
       ,′     iト、 \.  \ハ/リ .ハ .|/
        |  | |i 八 \ \ヾx.≦、イ |i ∨≧=-.、  ___
        |  | 八 \ ヽ. \l〃∨::ツi| i! |\::::::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:≧:.
       .八 ゝ  \,ィ芯.  `  ¨  | |i |ヾ/\ヘノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=-.、
          \{\ト、{.ヽヾ' ,      ト、|i | /:.:.:.:,イ:.l:.:.:.:.:.:.:\\..:...:.:..:.:.:.|
            } |\  - '   |∧ .八:.:.:./:.}:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:. l
             __,| |  }≧=-  .イ:\}/  \:.:/ハ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ,:.:.:.:.|
           /:.:.:| |__.リ:_:._:.:.:.:/八:.:{リ_  /ヾ:.:.:.:.|:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:}リ:.:.:./
            |:.:.:.:〉':.:.:.:/}人:.:{:{:.:.|:\ ヽ     ̄j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|':.:.:/
           .八:.:/::_:_:.:{.フ   \:ヾl:.:.ノ         \:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.イ

644 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:58:49 ID:cWdpF1GE0
                     ....           >     ̄ " ''  <
                               ィ  ) .{     ) >、     ヽ,
                            r j´  彡 ゝ., ,. イ  ⌒ ヽ     ヽ
  そうですね。           ......     / ⌒ =彳 rγ r ヽ)  ゞ, ,ノ  rヽ     `
 次は馬の話です。           .    Y (`/" ̄ )丿 (   >=ミゝ=-- マ `     i
                     .....    ムイ/    /丿 ,´  /     マ`ヽ ) l     l
  また『沢庵珍話集』が出典ですが、 .  , ィ /.イ /( ´ し ィ   i   ', イ ノ)l     |
 一応、『東海夜話』が下地の話です。   | /l /-=〈:ム ^ ,.ィ升 イ ィ   } ゝ ノ|   .: ::|
                         δ l 弋ゥミマ'イ:::::::::/メノ/ l i ノ  ゝ,.イ:   .::: ::|
                         ムl  イ`丈:jマレ ´/ マz..,_`リト、ヽr へノ.: .:  ::l: ::|
                      .   { l .::::l   }     ´ らミュヽ|i  `, ノ.:: .::: .::l::.::|
                        /iili .::::::l  ノ      `丈:::ノノl   0::::: .:::: :::l::::::l
                        /.:: .:::::::::.             l  / }::::.:::::: :::l:::::::l
       . ⌒ヽ             /イ::: .:::イ::::::::.   、        ,'  {L ノ:::::::l::::. ::::|::ハム
      ,.. l_   ',           /´ l::.::::' l:|l::::::::. ,. `  ̄      /イ i'i'i'iハ:::::li::::::::::ソ '!i,
     {   `ヽ  }          /   l:::::'  !l !;:: ´ / `,  __,.   ≦//l .::::イ::',::::l:::l::::::::::|  `
     '    ,. -≠ 、            l::'   Y  l  ム ̄!--==≠=l .::::/" }::ハ|::::\:::::l
     ',   l     ヽ          l!    {   l   lマ ̄ ̄ゝ, .l::::/  |::::::l:::::::::ノハ|
      }y  ',      `,  _,.  .,_      >-',   lム .l|  \   l l:/   ` ,:::::::::::ノ
     ,! l   \   >-==-- 、   ̄>"/    \ l  >!l    l ノ /      --<.,______

                      ,ゝ―――、
                     // ̄ ̄`ヽ.\
                  / ./       \.\
            ___  ! //´`ヽ、       ヽ i
          / ,ヘ、`ヽv',ノ/´,`ヽ\     ii
            / メ>‐`  ´" ´´゙<ハ \.  リ
         / ,ゝ'  ,      、   `ヽ、 ヽ '
  (⌒⌒)  / /   ,'   i    i   .  ヽ∧         '^Y⌒i
   \/   ,' /  ,  i   :i    i   i  ヽ∧ .       i   ノ
       / /,  ii __i: i  i、 i  i!  i__i_i_  ゙  i        ゙y'´
      ,' .,'.i ィ'i!´i i⌒トi. i゙i i!. i i,イi i i!`i: i  !  。 ゚o
      i i ト、从!人ト、i i!. i ! i i i´|_ノレノi /i i! i
      l ト!彡三三ミミル' 乂从彡三三ミ゙リi . i      ほう!馬か!
     ,ィ ハ  て:○:ハ       心○:ハ  /! ト.    余も馬は好きだぞ!
      i | i: i  |i::o::o:i|      |i:O::o゚:i| i::| . | i
      ヘ!  .:! 乂::::o:ノ      乂:::o:丿 !:! . iノ     早速始めるがよいぞ!
      !  i:!   ´ ̄` _   _ ´ ̄`   !'  i   
      l  iヘ """ /.::::::::::::::::::::::.ヽ""" .ハ!  i
      乂 !:人   ∨.::::::::::::::::::.∨   . イ:::i  ,'
       ヽヾ::i>ァ._ヽ-     -'_ .ィ  !::,' /
        ヽメ!イi`ー',≧lコllニl≦.ゝ‐`  リノノ __,ィ
   《 ̄`ヽ、_//´,,|| ィ".://`ヽ〆ヘ:.`ヾ.     /,//

645 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:59:06 ID:cWdpF1GE0
┌───────────────┐
│.. 逸話:和尚と乗馬(沢庵珍話集) ..│
└───────────────┘

. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. ..     ... ... ...   .... ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙

      __   
    / ⌒\  
  /⌒  (●)\        そういえば、先日の曲垣平九郎の乗馬、
. | (./)   ⌒)\     随分と見事なものであったが…。
. |   (__ノ ̄   \
  \          |     …わしにもできぬものであろうか?
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

 ある日、所要あって愛宕山に訪れた柳生但馬守は、
曲垣平九郎が乗馬のまま、ここの石段を上り下りしたこと(※)を思い出し、
「自分でもやってみよう」と考えた。

 ※ 講談「寛永三馬術」のひとつ「出世の春駒」のモデルとなった逸話

646 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:59:30 ID:cWdpF1GE0
            |       |                             |
            |       |                             |
            |       |                             |
            |       |                             |
       ./''|       |          愛 宕 山            |
     /  .|       |                             |
     |\   |       |                             |
    / \ \|       |                             |\
  /    \j|       |                             |  \/\
  |\    /|       |                             |  /    '\
  |  \ //\      |                             |/       \
  |   |/    \.    .|                           /\          >
  |   \    /|    |                 /\/    \         / |
  |     \ //\   |            /\ /   \      \   /    |
  |      |/   \ . .|        /\ /    \     \.     ./|/     .|
  |      \    /| |  /\/     \      \    /|  /            |
  |        \ //\|/    \      \    /|   /                  |
  |         |/   \     \    /| /                        |
  |         \     \   / | /                         |
  |           \    /| /                              |
  |            \ /                                     |
  |                  |                                        |
                |


           / ̄ ̄\
          /     ノ \
          |      ( =) |     ううむ…。
     .     |  u.   (__人_)   上手く行かぬな。
          |       `⌒ノ
           |        }      下るだけならできぬかと試してみたが、
           ヽ       }     それもままならぬ。
           ヽ     ノ 
          //;:|     \.ノ:;|    …こうなれば。
        / {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
       /   ゞ彡彡ニミミッ;;/
      (  _б 彡〃.:.:.:.:.u.:.:゙ヾミ、
       ゞ   ''"/ : :u."´゙,;.:.:.ヾゝ
       ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈;:
      ヾ   ::  〈◎゙;, ,;"::;◎夂    ゼヒ…
      八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂;
      / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡  ゼヒ…
     ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . |
   // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!;;
 /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ
../: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!;

 『しかし、何度試しても上手く行かず、
  ならば下るだけでも、と馬を曳いて山上に上り、そこから下ろうとしたが、これも上手く行かない。
  流石の但馬守も、どうにもならず、仕方なく引き上げた』

647 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 03:59:48 ID:cWdpF1GE0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、     …という訳でな、
  |     ` ⌒´ノr川 ||    和尚、何かよい知恵はないものかの?
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、-ゝ  イ-ノ| |      貴様、俺を青くて丸い何かと思っておらぬか?
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| | 
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      まあ、いいがな。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『その後、但馬守は東海寺を訪れ、何か知恵はないかと沢庵和尚に相談した』

648 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:00:14 ID:cWdpF1GE0

                ,. '"´三二二三`ヽ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ 
              /   /    夢     ', ヽ 
            /   /::(         ノ:::)  ヽ
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ        /\     /|  /゙i
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)    貴様には出来ずとも、
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . 俺ならば容易いことよッ!!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ 
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  .  今から愛宕山を調伏してやる!!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    ついてこい、但馬ッ!!
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|   V   ゙i
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    お、おう。
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

 『但馬守の話を聞いた和尚は、「貴殿には出来ぬとも、拙僧にはできる」と答えた。
  その方法を尋ねた但馬守に対し、「では、今より愛宕山へ行き、実地にて教えてつかわそう」と答え、
  そのまま二人で愛宕山へ向った』

649 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:00:42 ID:cWdpF1GE0
            |       |                             |
            |       |                             |
            |       |                             |
            |       |                             |
       ./''|       |          愛 宕 山            |
     /  .|       |                             |
     |\   |       |                             |
    / \ \|       |                             |\
  /    \j|       |                             |  \/\
  |\    /|       |                             |  /    '\
  |  \ //\      |                             |/       \
  |   |/    \.    .|                           /\          >
  |   \    /|    |                 /\/    \         / |
  |     \ //\   |            /\ /   \      \   /    |
  |      |/   \ . .|        /\ /    \     \.     ./|/     .|
  |      \    /| |  /\/     \      \    /|  /            |
  |        \ //\|/    \      \    /|   /                  |
  |         |/   \     \    /| /                        |
  |         \     \   / | /                         |
  |           \    /| /                              |
  |            \ /                                     |
  |                  |                                        |
                |

                 .rニYニヽ 
   |レ               /    j |    フン、これが愛宕山か。
   !!_           イ     } |   でかい図体で俺を誘いおって…!
   ゙- '´ ,、       /j      j      
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

650 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:01:16 ID:cWdpF1GE0
L                    _,,..--..,,_        \ \、_ハノ
 ''l                  rて r、   `ー、_     ヽ\)
   'X.               /Lノ'、       ´ー-=ぃ__ /
,,..  ` ゝ              !{-F廴  、         .ヽ,)
     ゙'、            く,斗 |!ヘr ゙^'_ 、' _ 、 .. '' ''   )  . このような山など
      ヘ             ゙卜〕 テ| 1‐          ヽ
       ''、           :ひ L l  ‐くニ三ニ>     .)  俺に掛かればこの通りよーッ!!
        ヽ           ` 〉广 ,'フ´    、 ヘ_`''''ゞ, )
        ヽ、          │ 、/     ィ'ゞ`'t.._ /-、
         "ー-..っ__--===='l、/   ./\l  ヽ、 .,ソ/ヘ
        __'ー ゙'广'、´     リ./   /     ' .ゝ/  //7/ヘ /l ト、 |\
      _-r冖'^''''ヒ 、ェユニニニニニフ   ./  _,,-tニ┼..`、   ゝ  /   V | l ヽ|
      ..tニこコ  .'' ‐1           / ..r彡彡彡彡 ヽ
        ‐'モ―=ー'゙'冖''―‐―----‐'ゝri ク彡彡彡彡彡ゞ
              ゙'、   、 彡彡彡 "'i|彡彡彡彡彡ィムヽ
               ゙t- -.丿彡彡彡彡 .゙て彡_..r‐'' ゙̄'ぃ .|
                ゙ 、 {_彡彡彡彡__ .ヽン''′   _  "/
                 ∨’  ´゙゙''ー-u 〕 |'′ _..‐" ̄ >′
                 :l  ..---- 、  〉 ゝ.r'      "ヽ
                 l/ .   ゙ゝ / /        |   【和尚、愛宕山を乗馬で激しく上下するの図】
                 ¦       〉/ン′        /
                 l       ノン′        ./
                ′    /i1r)' ゝ       /
             _、  ヽ    丿'l 广       /  スパーンスパーン!
             !'ヽ !    │ 'i'、     /
         丶   l .ゝ|    .卜 `゙'、  _/
             .i .`ヘ_..._   '、 ..jゝ`" .|
、             ヽ   │`'''、 'l/   .∧
┘             ` 、 丿  、| .|    /  ヽ、
                ゙'彳    卜   /    丶

     / ̄ ̄\  て
   /u_ノ  ヽ、_\ そ
   | ((◎)) ((◎))|
.   |  (__人__)  |    うおおおおっ!?
    |ヽ |!il|!|!| / .|   何でそうなるのかさっぱり分からんが、
.    |  |ェェェ|   }   とにかく和尚が愛宕山で激しく上下しているッ!?
.    ヽu      }    .AA的には前後してるような気もするが、とにかく上下しているゥゥゥッ!?
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、

 『愛宕山に着いた和尚は、そのまま但馬守が曳いてきた馬にひらりと乗ると、
  平地を駆けるように愛宕山の石段を駆け上り、そのまま駆け下りてきた』

651 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:01:59 ID:cWdpF1GE0

                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|        見たか但馬ッ!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',       要旨は「馬上に人なし、鞍下に馬なし」だ!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l      ようく心得ておくが良いわー!!
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ     
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'


                   て
             / ̄ ̄\  そ
           /   \ /\    …そうか!
           .|    ( ○)(○)  そういうことであったか!!
_____∧,、 |     (__人__) ________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   |     ` ⌒´ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         .  |          }  ピキーン!
         .  ヽ         }
            ヽ  (\    ノ、
            /   \\く} j
            |   〈 ̄ ゙ヽ ヽ
            |   .に    }
            |    (___,ノ

 『あっけにとられた但馬守に対し、和尚は
  「但馬殿、何ほどの工夫もござらぬ。”馬上に人なし、鞍下に馬なし”じゃ」と教えた』

652 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:02:56 ID:cWdpF1GE0

             __
          _. /   `丶、    __           _..-‐.: ̄:.ヽ
           /´          l  \/:.:.:`:丶、    _..-.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
        /     l       ヽ':.. \:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
       ノ       ',    .....:\/_ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}           今!
      l    、   \ ..:..:..:..:..:..ヽ ...:. ):.:.:.:.:.;.:':.:/ ̄ ̄\:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:!          わしは自在に愛宕山を上下してるだろ!!
       |     \     \.:..:..:..:..ノ:..:./、:.:.:.;:':.:/ ヽ,,,)ii(,,,ノ\.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.(_.,,.-‐-.._      見よ、この雄姿!!
       〈 ヽ    \   ..:.`:-r:´..:..:/ |:.:.:.!:.:.|  (●)(●) |.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
        l   \   \ .:..:._/,ゝ:_.:/  |:.;:.l:.:.:|  (__人__)  |.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
      \.   \   ..:`フ,ノ/     ,':,':.l:_/|   ` ⌒´  }\:.:,'.:.:.:.:.;.:':.:.:.:.:._:.:-.:.:._:.:.:.:.:.',
        \ _二ゝニ´´/     /;':// |         } ヽj:,':.:.:,:.'_: -‐ ´
         {   _\ _,/       /:./ ./_'ヽ      /: / `j、
          ゝ- .__ ̄        /:._:`l'r:-.、ヽ     ノ、|,/| !'`ー'  ノ、)
          ノ:.:.:.:.:.`:.ー:-.,-─ '  ̄  ヽヽ.:、:ヽゝ-''フ-─-' |  `´ `´
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/        ゝ-r.:‐:.ソニ二ノ` ̄
          {.:.:.:.:.:.:.:./           ヾ゙/:.:.:.:/´
          ';.:.:.:.:./               ``'"
              ' ;.:/
               ´

      ∧彡ヘ
      ミ|::::::・::::\  …ヒヒーン?(…乗馬とはなんだったのか?)
      ミ|::::::::,,,‘_)
     |:(ノ:::::::|)

 『和尚の教えを聞いた但馬守は、豁然と悟るところがあり、
  その後、馬に乗って石段を上下する事、平地を駆けるが如くであったという』

653 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:03:25 ID:cWdpF1GE0

                         ......         <  ̄  > 、
                                 ,<   ,ィ´ ゝ--イ\
                           .      ,ィ   ./         ヘ
  …最後はよく分からなくなりましたが、       /   / r'´ ̄  7  {`ヽ ヘ
 ともあれこういう逸話でした。       .....    ./   /   / -|‐|- 〈   〉-} |
                         ......   /   |_ r' |-ィ て::j\,イ::}-〉/
  無論、この逸話自体は史実とは    .....  / イ   H-|.  |      ,  ! !}|
 考えづらい訳ですが、                ノ.   | .|  .ト   _   ハ! {
 和尚の教えを遺した『東海夜話』では、 .....    ∨. !イ|  >     /ヘ|
 乗馬に関してこんな記述がありますね。        リ、!f三≧=-- r - '
                        ...   ,r―――'´ ̄ ̄ヽ/    {
                           /         γゝz   〉 ̄ ̄`ヽ

【『東海夜話』下之巻】
 『沢庵禅師曰く、「馬に能く駕す人、手綱に力を用いず。
  鞍上に理を得て、腰を以って馬を自由にやる。収むれば馬止まらず。放せば馬却って止まる。
  馬と我と心なくして合うこと、此の道の眼とか」』


                  _ヽヽ _  ,.r=、
               > ´  ヾ!   ` <⌒',_
            > ´              ヾ }
            /                  ヽ   V__
         /   /  メ、 /    /    ', / ヾ i       あと、江戸中期の狩野派の画家、
           /   /  / /ヽ  ,.ィヽ     ∨/ K      木村探元の『三暁庵主談話』に、
        / ,  ,'  Vミ:.、!/   N  \|.    i/,  !/      こんな話も載っておるな。
        | ハ i |  抃芋ミ、  | r≦手三   |/ ム
        |' .〉| |, -.{了::刃 ヽ.!  {了:::刃   { /:.ヽ       『東海夜話』の説話をベースに、
        /´ト./ ,! ゞ赱ソ      ゞ赱ソ   .∨:.:.:.:.ヽ     この話が作られて、そこから
          i  i ,' ハ / ) r ,--- ャ   |   |:.:ヽ:./     .さっきの逸話に繋がったのかもしれぬの。
        ', { } ! / /  V___.ノ,..--.<|   リ:.:.:.:.:.:!
         } ` .V / >/:.:.:.:.:.:ミ:.:.://|   /:.ー- ''
      (⌒ ´       '/ ノー.:.ヘ:.:.:.:.:.ヾ:.:.:| /:.:.:|
       ⌒ヽ      イ 、:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:レ' ̄´
         `/ヽ__ノ  ):.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.}/

【『三暁庵主談話』】
 『或る年、お江戸御殿山辺、馬乗を御老中様方、御見分け有之候節、、其の内、一人上手有之。
  御尋被成候処、鞍上に無人、鞍下に無馬と無形候由。
  麻生の出家有之、右指南仕る、彼の僧より習得候由、申し上げ候。
  今、右の僧罷り居り候哉、尋ね候えば、被仰渡、差し越え尋ね候えば、沢庵と申す僧の由、右の段』

654 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:03:44 ID:cWdpF1GE0
                   _rv√У⌒Y^)、_
                  rム>´ 「  ̄ ` < )、
                _ ∠    ,}      \}
               / z― ミヽ         ヽ∠二)
                /,ィ  /          \   ハ///′
.               // ! 〃           \   '/ハ        しかし…。
              / ' |/ ィ / l       ヽ ヽ ノl//〉     和尚絡みの逸話は、
            {. ′〈     |     } \ }  ! ルく      妙に動物が出てくることが多いな。
               ヽ>ヽⅥ ├-A    ,A-― |  | //∧     猿に虎に犬に馬…ムツゴロウのようだな。
.                 N ぇ≠ミヽ   Nィャ≠オ ルヘ'//∧
            ノ ̄ ̄ ̄}1 lト弋ぃ>\{ 弋ぃノ》 个ー―‐ 、
       ,ィ777辷}、____ _ll ト`¨´      `¨´/|  |___ノ辷ト、__
      「//////辷辷辷辷| | ゝ、  `    イノ|  |辷辷辷ゾ'////ハ
   __rハ/////////////ル| l  ヾ≧忌≦f/ |  |/////////////{
  ,.'7////∧////////////ノ| |   \}l{/   ノ  |/////////////ト、


                                    ________
                                 〆´∠~⌒ ̄ ̄`ヽ
                             , -´、 ̄     ̄,‐‐- _
                           /    丶__〆´    `丶
                         /               .┛┗
                        /     ,. ヘ        ,ヘ  ┓┏ ',
                       /     /:  ∧      /   \     ゙,
                      /    / ::ァ ::   ヤ      /::丶   ヘ.    ‘,
                    ,,彳   /  :::,ト、 ::. ::/      〈::::  ヾ , 〉     ',
  おう、”さん”を付けろよ     ソ|    〈  i、,′ ヾイ         ,ゞ   | .,' /     .|
 デコスケ野郎。       ...   | |     刈,リx≠=ミ、       xr≠=x| |〈.     |
                     ノ |     /|   て::孑ヤ\  /f て::ソ リ|::ヽ.    |
  「ムツゴロウさん」だ。    ./ . |   /:斗 ヾー‐=" ヾY´ソ ヾー-=´ |:::::\   |
                    /   |。_ノ从.|        〈i          |::::: 入。ノ
                 ...厶   :ハ   ∧      _ __        /:::/ 冫ヾ
                   ヾ7処ニ豸   込      に――- ミ 、   //从冫処ニ込
                    / 鬯炒 ::  ヽ    ∨  ,.ァ_ ヾ.〉   ´,:' /冫ノ 弋紗
                   /  , 仆  :::  ヘ.   `ー-―‐ '    ,.:′./ ,ゞ廴_冫 _ _ _
                  ツ_/   | 冫:::  ノ `:: 、    ̄   , イ ヾミ/゙´ ゞ   ̄`X ̄ ̄`ミヾ、
                       リ  |  儿   }=≧==≦={   彡ミミ≧三≠=´__ ゙\
                    __从 .|冫 弋_Å ,_.__._  Åヾ ノソ/___, -‐´////ヾ
                  /´////////////////£ `υ´` %///////////////////////ゞ

655 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:04:14 ID:cWdpF1GE0

         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }
      / Y      ,    ∨∧ ソ     お、おう…すまぬ。
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',    ムツゴロウさん…だな。
       Vヽ 1 o   o   i∨i   ! .}ヽ   
.         / .|        u / 'ソ  /./  \  (何か地雷を踏んだっぽいがわからぬ…。
        | .人   ーっ   /    /ノ __>´   世代差か?世代差なのか?)
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
        〈{::.(__8.__):::::::}〉
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\


                           ......            _____
                                     ィi〔     ≧=-
                                  ィi〔ィi〔 { ィi〔=ミ     \
  わかればいいんです(ニッコリ               / :/ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ム  \
                           ......    j{.:/‐r‐v‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ム        ∨ /
  まあ、「以心伝心」という言葉もある通り、      i{ {:‐:| /}‐ ‐ /⌒Y‐ ‐ム v:    ∨ /
 仏法の至極に達した人であれば、      ....   ∥iシ:!′‐ ‐:{_/_,ハ‐ ‐ ‐}: W   v∨
 知恵を持たぬ畜生に対しても            ‐=∥,イ/ i∨‐ ァ'77zj}:‐ ‐/: :|ム   (: ヽ
 その心が通じるものだ、という話で、         ⌒j}:| : :!`ィ'゛  乂シ〕Ii<,'  :|  \  {
 似たような逸話は他の僧にもありますね。       j}:レハ 、    //  i:\_j :! :{\!
                           ......      ':/ム   ´  j{:j /{⌒ミ⌒i  {\{
  では、次は人間相手の逸話を        ..      ⌒ ` -=≦i{ノイミ}〉 /\{i\{:v
 紹介しましょう。                   .         r‐≦i:i{:i:i:i:i:i〕iト⌒`'<:〉 v
 これは、江戸後期の随筆集『耳嚢』が    ....        /‐ }i:i:i: {::\:i:i:i:i:iハ   \}\
 出典の話ですね。                 .      /≧≦i:i:i:i:i{:::::::\:i:i:i:i〕iト 〕iトi、 ヽ
                                 ./:i:i:i:i:i:iハ:i:i:i: {:::::::: : \:i:i:i:i:i:i:\ \:}
                               ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ:i:i:i:{:::::::::::::::: \:i:i:i:i:i:i:ヽ: \⌒ヽ

656 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:04:31 ID:cWdpF1GE0
┌──────────────┐
│ ..逸話:柳生家門番の事(耳嚢) . │
└──────────────┘

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、   '_
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\ 、
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ふむ…これは?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『或時、但馬守の方へ沢庵来けるに、門番所に一首の偈あり』

657 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:04:48 ID:cWdpF1GE0

───────────────────────


            蒼海魚龍住

            山林禽獸家

            六十六國

            無所入小身


───────────────────────

              .rニYニヽ
              /    j | 
            .イ     } | 
           /j      j 
        ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
        〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
        |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
       .j  |           |  |,
      ,.イ  |     |      |  |

 『「蒼海魚龍住、山林禽獸家、六十六國、無所入小身(※)」 右の通張てあり』

 ※句の意 「魚や竜は海に住み、獣たちは山を家とする。だが、この身は日本のどこにも居場所がない」

658 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:05:15 ID:cWdpF1GE0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |    ふむ…なかなか面白い句だが、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   末の句がちと大げさだな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


                      , ィ≦77≧、
                    /川l///////\
                 ∧ |\|//>´|ニニ∧
                   ∧ト、{  `´   }/}ニ∧
               ト、|ニ〉       〈ニニ}
               l ∨ \    / } / }     …いいえ、その句はそれでよいのデス。
               |lト、{ ::::::::::::::::::::::::::::::/ fリ/|
               /\ハ ::::::::::::::::::::::  r彡'il|    何故なら、それは私の句ですカラ。
                ////∧   、_r、    川|lli∧
           ___//, </∧. ミー}}  /|||_||il|∧
       /   /     /  ヘ 二||イ⌒}|| \|l∧
       ,'   /             |}{fi}ヘ、___ノ  /\l}
       }  ,'          >--ト|リ         `> ____
      /          __//´⌒ヽV           /  \
      {   |       (_ム()()()l} }          /     ∧
      |   |     ト、  >ヘ⌒ヽ__)          /         ∧
                   門番

 『面白き文句ながら末の句に病ありと沢庵口ずさみければ、
  門番申けるは、聊病なし、某が句也と答ぬ』

659 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:05:39 ID:cWdpF1GE0
           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ
       / . /     "      ,i"<    .ヽ
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!          …お主、何者だ?
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:}
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."

                  ,. -─ ‐-,、
                 /ヽ\ l リ,へ 
              ∧!⌒ヽ.l_/ィ'⌒i ハ      よくぞ聞いて下さいました。
             /フ /    /  ノ∠.',
               ヒi ノ=‐z、   ,x‐= }ミレi    私…「朝鮮人」なんですヨ!
           l\j、ィt ラァ  ,ィ テj ,レ/.} 
 .           l ト l.i ` ̄ / }  ̄ /ィ /!     色々あって日本に渡り、
 .          \_,!.l    ヽ' l! ./l/l ',   今、ここで門番をしているのデス。
             / |ハ l   、マニ才 //l ll ハ
           / / ,/ヽ.   ̄ l!/:l lll  l\
 .          / / / |::::\___/!:_,∧川  l  ヽ
 .        // //./:(キ)|::::::rメ):::::;\   l   ',
        l/ .//:::::::\_:l:__;;:>::':"::::::::\ l   i
        |__,ィ::::ヽ::::,ィ⌒ヽ::::::::::::::ノレ /:::::::丶__.⊥..、
    ,.-:T: ̄   jハ::::::(c-c-cj::::::::/ /ヽ:::::::://   ヽ
   / ::/     l:::∧ム_::::::::/       /      ハ
.  〈  :/      /∠[ ] /:::::::i        , '    ,. -‐ 、|
   ∨::、     _/'7 l>:ヽ|:::::::::::j    //   /::::::::::::::::l
   ハ::::::ヽ//、/::,.-─ 、:::::::::\  / /   ,:':::::::::::::::::::::::}
   ヽ::\:(/-/-一ヮ  )::::::::::::`V::∨!   /:::::::::::::::_:::/
  /:::::::/   ´/ ̄、_ノr-、:::::::::::::::::::::}/::::::::::::/::: ̄)
 |::::::/  /^二ニフ::::::/   ̄ ̄/:::::/ \:::::::::::::::::::/!
./:/|     ,.-─一'::::::/    //:::::/::::::::::::::::::::::/::::/

 『沢庵驚きいかなる者と段々尋けるに、
  .朝鮮の人にて本國を奔命して日本に渡り、但馬守方門番をなし居たる也』

660 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:06:24 ID:cWdpF1GE0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/    話は聞いた。
    |  (__人__)l;;,´|    この国に身の置き所がないじゃと?
    | ./´ニト━・' .l    なら、わしが召抱えてやるじゃろ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


      ,, ┬‐┬‐--,、
    , イ | l|  ||   | .ト、
   /ヾ、∧ ||  ||  j |_∧
   ハ  |  \ |  // | j|   召抱えられた「お礼」に
   ト、\」   \/  レ' }  但馬守様のために何かしてあげたい…!
  |\,Y´,-、       _´|/レl
  | l、 | ニ=ミ、    /,ァ' |//|
  i \| ゙ニ亜ラ'  〈,''医フ/| /
/|\_ト、    /i `  /|_ノ|
.,/ //ト、  , _ く_ j!!_ //| | |
//:::::::::\  ヽニ||' ,イ| | | i
:::::::::::::::::iヘ:\  ̄ ii/(ii:| .i |∧
,, -ュ,イ)::ミ_)::llT´:||///::\ハ ハ
. / ,,'-'ヲ::::::||:::::゙=''{::::__:::`ー┴
_ / /,イ):::,,=┴=、、::::::トヘ\_ミ三
  ノ/ /::/0(0)0)0ll::::::lヽ\\>、
   /::└三三三┘::::i-Y´\.\\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  \ \

 『但馬守聞て、何ぞ身を入るに所なき事や有ると二百石給り、侍に取立ける由。
  今に柳生家に右の子孫ありとかや』

661 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:07:12 ID:cWdpF1GE0
                                        _____
                                    .   ´     `
                                  ./ ___    r―‐- .  \
  …と、こんな話です。                   / /r┐`ー'^ ゝ'  o \
                                  ./o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
  この話自体は創作でしょうけど、          .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
 この門番のモデルは、柳生主馬でしょうね。    . .| |〈 |{7´ .Ⅵ;Lノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
                                .| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
  彼がどういう経緯で柳生家に仕えたか       .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
 そこは不明なので、門番だった可能性も      . .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
 ないとは言い切れないのですが、        ..... .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
 なんにせよ、出自が朝鮮である彼が      ...... ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
 後に柳生家で老職を勤めるまでになった事が    |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
 噂に流れる程になっていた証左と言えるかも  ..  /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
 しれませんね。                   .....    -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
                                 /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ
                                ./ニニ\ニrf∧   `マ,ノ_,.ニニニニニニ%ニ/ニ/ニニ


         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }        まあ、主馬は元和年代の時点で
      / Y      ,    ∨∧ ソ       既に宗矩から目をかけられておるからな。
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',       そうでなければ、兵庫助の妹と
       Vヽ 1 ≡   ≡  i∨i   ! .}ヽ      結婚できるはずもなかろうし。
.         / .|           / 'ソ  /./  \
        | .人  ` ~'  ,/    /ノ __>´      …しかし、随分和尚絡み話が続くが、
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ        まだあるのか?
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`         流石に多すぎるぞ。
        〈{::.(__8.__):::::::}〉
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\

662 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:08:51 ID:cWdpF1GE0
                               ,.  …=…‐-
                             '"     '"`゙`     ミx、
  安心してください。     ......       /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
 次で終わりですよ。              // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
                   ..     .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
  和尚の絡む宗矩の逸話、      /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
 その最後の話は、            ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
                   ..   ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
  「和尚と宗矩の出会い」      .,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
                   ..  i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
  の逸話になります。     ...  |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
 これも『耳嚢』が出典です。 ..... ..ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
                     /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
                       .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
                       .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                       ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                      ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ〉


                           -─‐-  、
                   -‐  ⌒ <
                  /   ァ   、    、_    ノ
            -‐  ァ   //     \    \`ヽ
             / / .′/        ー----‐
                 ,        ′i    |     \ ハ
              /      」{ーi }     l   |i   \}
            /    く赱ァ| |   \{  八     i\     『耳嚢』が出典か…。
           /イ   | i   ̄│}   _jL _{ l\  {     一体どんな話になっているのやら…。
            |i | | │    }八  ^f赱ッ |  \ {\   
                八{ 个 {      \{   | |   \
            / | i圦    __ ′      }ノ   i 八
              /i  |ノ ,、     `      /八 {\ \
             |  |/: :i \     . ィ〔/. 、 \  \ \
          { |  |: : : :| _ -‐_≦⌒八: : :.\ \  ヽ  ー
       __    }八{: : ノ(-‐┐|r‐. 、|\\: : : : : 〉   }ハ
  -‐<フ´ァt __ー-  . _/: : :.│||: : : {⌒丶 ヽ:_/-─ァ },八
    ∠/.// //7ァ─ -\: :.:│||: : :ノ>‐-  _  ⌒___
 /: : :.′〈/ 〈/〈/: : : : : :./\│|_/\: : ヽ t‐- -i T爪\
//: :‐-: : : : : : : : : : : : : / ⌒ ヽ   ̄ ヽ: : :V}L}L}L}L斗 '^
/: : : : : : : : : :/ : : : : /          、: : : : : : : : : : : : : :\

663 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:09:18 ID:cWdpF1GE0

┌────────────────┐
│  逸話:宗矩と和尚の出会い(耳嚢)  .│
└────────────────┘


                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ     バシッ!
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ           ギシッ!
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     …フン。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    これが天下の将軍家指南役とやらの腕前か。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    .ちゃんちゃらおかしいわ!
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    「なっ…!?この坊主、何を抜かすか!」
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『柳生但馬守門前へ托鉢の僧来りて、剣術稽古の音を聞、
 ..大概には聞けれど、御師範などとは事おかしと嘲りけるに』

664 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:09:43 ID:cWdpF1GE0

    |
   |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |  \ ∪ |    …と、けしからぬことを言う坊主がおりまして、
   |\     │  幾ら言っても取り合わぬのです。
   | ̄\ ∪ |
   |     /
   | ̄ ̄ ̄ \
  (⌒ー─'   )


            / ̄ ̄ \
            \  /    \
         (●).(● )    |    ふむ…。
           (__人___)    |   その僧、座敷へお通しせよ。
         , =二ニニヽ、   |   .早々にな。
       /  二 ヽ、`,┘   ト、
       /   -、 }、j┘  イ ⌒ヽ   「えっ…?
        /    /{_/_ ,/      }    し、承知しました…!」
     /     ノ∧        ィ  } 
     |   | /  i        |  |

 『門番咎侍れば聊不取合、但馬守へ斯と告けるに、早々其僧呼入よとて』

665 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:10:04 ID:cWdpF1GE0

 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /      
//         / ̄ ̄\
/     .....  / _ノ  ヽ、_ \
        . | ( ●)(● ) |
        . |  (__人__)  │    御坊。
          |   .`⌒´   |   御身は出家の身なれど、
        .  |           |   .兵法の心得があるものとお見受けする。
        .  ヽ       /
           ヽ      /     …何流を学ばれた?
           >     <
           |      |
            |      |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     …何流か、だと?
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『座敷へ通し対面いたし、御身出家なるが剣術の業心懸しと見へたり、
  何流を学び給ふやと尋ねければ』

666 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:10:23 ID:cWdpF1GE0
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /   フハハハハハッ!!
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)   貴様、天下の指南役などと言っておるが、
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   .大した事はないな!!
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ 
        .',_/       / !                /..l_)   流儀などというは、剣の極意にあらず!
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)   剣を使うに何が流儀だッ!!
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

 『彼僧答て、御身は天下の御師範たる由ながら剣術は下手也、
  流儀といふは剣術の極意にあらず、剣を遣ふも何か流儀かあらんと笑ひし』

667 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:10:38 ID:cWdpF1GE0
                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |     …そこまで申されるなら、
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|    拙者と立ち合い願おう。
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |     「いいだろう!
                             |      .どこにでも連れて行くがよいわーッ!!」
                               |
               ヽ             |
               |             |
.人                /             |


 『柳生もさるものと思ひて、然らば立合見られよと有ければ、心へし由にて稽古場にいたり』

668 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:10:57 ID:cWdpF1GE0

                / ̄ ̄\
               / \ / \
               | (●)(●)  |     御坊。
_              |   (__人__)  .|    貴殿は何を用いますかな?
\\           │  `⌒´   .|
  \\          .|         |
   \\         丶       /
     \\         ヽ      .ノ
      \\.      __l     ヽ_   
        \\.   ,/          \
         \(⌒,´          ヽ、二⌒)


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ○ゝ イ○ノ| |       .俺は出家の身。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     武具など不要だ!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      さあ、さっさと掛かってくるがいい!!
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『但馬守木刀を持て、御僧は何をか持給ふと尋ければ、
  某出家なれば何をか持べき、すみやかに何を以成と打すへ給へと稽古場の眞中に立居たり』

669 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:11:14 ID:cWdpF1GE0
                           ̄    、
                      ´          \
                    /                ヽ
                 ./           、_  ヽ
                  '               ` 、ヽ
                 l     u.        ,‐-,.._ ゞ
                  l              l 弋心 l      (…まったく、なんという坊主だ。
                  l              冫.ー く       ここは如何にも打ち据えてみせねば、おさまらぬか…)
                 .l               l    ノ!
             ___,,...l               `ー‐ f r'
        _.. ノ 'く/   .l                  ノ'
     ,.. -≦-、ヾ、  \.  ..!                     /
-ー"/  、_,,ィ }. }ヾ、\ `...,'                   /
  /   ノ Y`.ソ.//、.)    〈 ̄\              / ヽ
./   ,..ィ_..ニィ.i_ 〉' /  ̄{  ̄ |  ̄ }_i___..       /   \
    ソ.;;;;;;;;;;i;;|./- {ー‐.i ー .i  ̄ |;;|;;|;;;;;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|||
    /::::` ー‐し{.i .j   j   i   t  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
、.._,,.ノ:::::_;;::-‐ "~\ ,  、 ,  、, 丶 リ        _ ,, .--~"     \
    ̄       丶:::::::::::::::::::::::::::::/  - ー ~ ̄ ̄    ,,.. ‐= ~     ヽ


 『但馬守も不埒成事を申もの哉と思ひながら、いざといふて打懸らんと思ひしが』

670 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:11:33 ID:cWdpF1GE0

                 .rニYニヽ 
   |レ               //_夢_ j | 
   !!_           イ t` !_,` } | 
   ゙- '´ ,、       /j ト ‐=' レj 
      -''´   ,r'´ ̄`゙} |二二j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、`}-イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   レ ルリ-ト、|州リ   |  .|  
     イi    j  j ,,  ヽヽ |/     |  ', 
      `  , イ  ハ ヒ、 ト、 |     j   ', 
        ノ  }  / }、 ヽ} ヽヽ|    ノ ',  | 
      /   イ  } {ニ二ニニ}´7二ニニ}  ',  |
    //  / l  | ',ニ二ニニi |ニ二Y   ', |
.  //  /   l  } ヾニ二ニi |ニ二イ   ', ',
/ /    l    レミj   {ニ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{    {三i
 / i   /    } ヶ / `丶、 _, -'´ |    } ヽ
ん-ト、        |_彡 j 二ト、 }-|    |   ヽj-''
   ヽ/    /    {    / |    |     l
    ヽ   /    レ、   |  |    レ-、  /
     `-- ´--、__  j ヽ  j  |  ./', |  `丶{
             ̄|  ', / ̄| /  ij
             ',   〉{   |./   l|
              ',__,r' }  .|k   j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j


     ,'.     \       u.                  /     ',
     ,       \                       /      ,
     |      ,r =\                     /- 、  u . :|
      |     /  / `<            > ´ ヽ  ヽ    |    (だが…この姿…!
      |      {   {  ○ ヾー={ | ili | {、ーェイ { ○  }  i}   :|     .一見、いかようにも打ち込めそうに見えるが、
      l       ゝ、  弋__ノイ    i     ゝ、ヽ._.ノ   /     |     .これは…打ち込んだ途端、己がやられる!!)
     |.      ー―'''7´       i      ヽー──'''" ´   :|
     |          /         |       .ハ             l

 『右僧のありさま、中々打ちかからば、いかやうにか手ごめにも可成程に思われければ』

671 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:12:00 ID:cWdpF1GE0

         / ̄ ̄\
       /    \i||i/
       |    ( ○)(○)    …御坊。
       | u.   (__人__)    まこと、御身は知識道徳の人でござる。
         |   u.  `⌒´ノ
         |         }     是非とも、拙者に心法の修行を教え給え…!
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| | 
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     …………。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『流石に但馬守、木刀を下に置拜謁し、誠に御身は智識道德の人也、
  心法の修行をこそ教へ給へかしとひたすら望みければ』

672 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:12:29 ID:cWdpF1GE0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      なんの。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     先ほどは斯様に申したが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     .剣に於いて、貴様に並ぶ者は世におるまいて。
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      こちらこそ、貴様が会得した剣の極意、
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      .教授を願いたいものだ。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)    …御坊。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }     「拙僧の名は、沢庵。
       / ヽ       }      これからはそう呼ぶがよい」
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

 『彼僧も、剣術におゐては普く御身に續く者なしと稱し、互に極意を契りけると也。
  右僧後に但馬守より申上、大樹家光公へ昵近せし東海寺開山沢庵和尚なり』

673 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:13:30 ID:cWdpF1GE0
                                       ,.  …=…‐-
                                       '"     '"`゙`     ミx、
                                  /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
                                   // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
                                 .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
                                /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
  と、まあ、これが宗矩と和尚の逸話で、 ....     ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
 最後の話になります。             .    ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
                               ,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
  『耳嚢』では、                .....  i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
 「柳生但馬守、心法は沢庵の弟子たる事」   |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
 という題になっていますが、内容としては    .ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
 宗矩と和尚の出会いの話ですね。     ... /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
                               . |  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
                                .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                                ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                                /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ〉


       - ≦二 ヽ
    //     ソ <  ̄ >、
   / /    〃⌒こ√`Y⌒ ー- \
  /  /    //         \   `ヽ
  {  ,   /          ヽ ヽ   \
  ヽ   /    /           }  ト    ヽ       当時、認知されていた宗矩と和尚の関係、
   \V ィ    j、      }  ハ 斗オ  }   ト      及び、二人の世間における評価が
    Xy    ハ   ハ  ハ /´レ′| /   ! }     そのまま反映されてる感じだな。
   〃个   ヘ ャ弋_ 丁j _ノ ' 征云テ!イ   jリ
   |!. |    トゝ,ィ秒'" 、      ルヘ イ ′      まあ、実際には関が原以前から付き合いがあったのだから、
     |   ヘ 入 ゞ'´           イ   !       逸話としては創作そのものな訳だが、
      乂 \Ⅵハ     _     ′   ハ   |       「剣における心法といえば柳生但馬守と沢庵和尚」というイメージが
       ー┬ /∧           / リ  :ト 、     それだけ強く印象付けられているという証左といえるな。
         | ! { ゝ、        /!イ   |: : :\
         レ!l ,j {: : :ヽー -‐ .´ ,ィル1 |: : : : :.\
        /:| /| }: : ;ィr‐┬┬一7/| |   |: : : : :./
       く: : :.レi ! .j;_∠ノ//| |/////!_!  ルヘ;_;_∠ -≦三≧、_____
 __,..≦三三三ミ|!レ'///ム〈/| |///7 ノ //√{三三三≧'///////////7777ヽ

674 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:14:03 ID:cWdpF1GE0
               -====ミ 、  __
             /      >-/ へ\  \  _へ_
             / '   / /       \  \ \7 \
          / /   / /'  i   i| 、     \    ヽ,) ハ
          V    ' ,  /   |   || \    ヽ    ∨
.             /// /   j! | 斗――、    ,    V'  j        …しかし、今更の話だが、
             '  /   ' _/'l :l   |i,x斧芋ミ   ’ i   }i 〉/       随分と大量に逸話があるものだな。
           { /  /   / |/|  从   )しリY   i |_  |l /
               {   { x斧示 |/   ゝ ´ i   从|ヘ Y'Ⅳ\        まあ、和尚との逸話は、
.                从  从 { vソ           ノイ /' j  ノ/:\:.:\     基本、和尚の逸話で、
             ノ   ハ     '      / |   八' /_|:. : \:. ヽ    そこに宗矩が出ているものも含めたのが
             八  / ∧         '   |j  ∧ く⌒:.V\):. /    原因とも言えるが、それにしても多過ぎる!
             //∨ /'  、   ´     u.   从 { Y从ヽ:. \彡'
       へ     , /   ,    \       //    |/  〉:. : 〉       あと、一体どれくらいあるのだ?
  へ   {  ',    {ハ  i       、    イ= / / |==|  /:. :./
  {  \ハ   乂  '⌒) | ___     ¨〔 | /:. //八|__人  {:_:ノ
  乂 ヘ (Vヽrv  / ニ乂_  \__  ノ | |:./:. :. :. :.  ニYク―― ----- 、
  /〉 {      >''   \   >― { {:| | |-:>  ,,  ⌒i |:.\__ 斗――ヘ


                   .        .   ̄  、
                         ァ       \
                          /   .i         \
                          / i |       i 「
  …まあ、後は単発の逸話が    /イ V Ⅵ    / .N
 殆どですから、それほどは…。  .  | ィ' 、    ,|  ト、
                   .      j/ jト、\  .イⅣ ̄
  「おいこら。                ,ィi:i:ir' `  イ厂i:i:ミ、
   こっち向いて喋るがよい」     ./i:i:i:i: l 、 _, ノi:i:i:i:i:i:i:A
                      /l:l:l:l:l:l厶=- く:l:l:l:l:l:l:l:l:lA
                    「l:l:l:l:l:l:l:l〈    ,ノl:l:l:l:l:l:l:l:l:l〈

675 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/10/13(火) 04:14:54 ID:cWdpF1GE0
               i ! i         !.   i  i.   |  ,リレ’
        ,イ      i ! iノ )   ヽ    ト、  .i  ! i  | / ,iヽ
     ./ }  ,.ィヽ -‐'' ´ .. イ メ.   ', 、ー-- ハ /i |   | / ハ'     …まあ、ここまできたら全部やるしかあるまいよ。
    _/   { /  i} ー-<´ -‐'' .iヽ ハ }ヽ! }/ i/! リ  ト、 /イ    どうせ、この話が終われば、
    ー-..,,__`ヽ  /  ヽ  }、 ヾ! ヽ! }/ .レ' .ィ三沙 |     |リ/      総括編までほぼ宗矩の出番はないのだからな。
    :.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽノ  ヽ `i   ィ三彡        |    !:.:.:i
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.i !ー- ,,.`Y′  .ハ     、    u ..i|   ハ:.:.:.',      ここで出せるだけ出してしまおう。
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.{. ヽ   ヽ    ハ       __     リ   ハ:.i:.:.:.i
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \‐''´¨i  i  | ゝ .   ´- `  /   /:.:.:.l:.:.:.}
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', iヽ.  ',  i  |    >。.__ .ィ/   /:.:..:.j,-‐'
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i } ヽrハ. ';.:.ト、___   ,}:.:.:.:.|i|/ ,イ /--く __     ,,r_ユ
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}. }‐ヘ }/∧ ヾヘ..__''ー'Y {:.:./'/ ,/:./ /ニニニオ≦笊手升!
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ ヾ }:.:.:.:..:.ヽ {ー`:.:.:.:.:/ ハ ヾ i:/ / ,.ィ {:..:.:.:.:.:.:i:.:i | | | | | | |
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.} } !:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.,.r''"´`ヽ /'´, -‐  ヽヽ:.:.:.:.:!:.{.| | | | | j !
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ ./ j:.:.:.:.:.:.:.:.> ´              ヽヽ:.:.:.:..:ー-ァ''  ̄.:


                                   _____
                               .   ´     `
                             ./ ___    r―‐- .  \
                            ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
                             ./o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
  そうですよ!                 ..:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
 では、気を取り直して、       ......   .| |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
 次に行きましょう!!         ..   .| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
                           .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
  まだまだ話はありますからね!      | ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
                           .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
 「そこで満面の笑みになられると、     ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
  それはそれで釈然とせんのう…」   .    |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
                            /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
                             -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
                            /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ
                           ./ニニ\ニrf∧   `マ,ノ_,.ニニニニニニ%ニ/ニ/ニニ
                          ..//}ニニニニ%。o 〉  }::/____)。o%三冖'^∨ニニニ|

705 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:31:34 ID:AS.Adv8c0

┌─────────────────┐
│.. 逸話:富士山を問われて(徳川実紀) ..│
└─────────────────┘

                     /^;^ll^;^ll^\
                 _,,,.-'''_,.-'ノ l l \\\
              _,,,.-'''_,,,.-'''_,,,.-'''ノl l \\\ \
          _,,,.-'''_,,,.-'''_,,,.-'''_,.-''ノ l l\\\   _''-.,_
      _,,,.-''''  "'''''''''''"''''''''''''''"''''''''''''''"'''''''"''''''''"'''''''''''"'"'''-.,_
   _,.-''                                 _''-.,_
_,.-''                                       ~''-.,_ ィ;;―‐''^―ー''"゙;:.:゙゙‐''''" ..,..
  _....-'""::::::____,,,,,,,,,,,,,,='゙″ィ;;―‐''^―ー''"゙;:.:゙゙‐''''" ..,..  ::  :: .,;:':;:.,".,.、
  ::  :: .,;:':;:.,".,.、-'´-'" :.,,,,,,,,  ';,~:";.,、、.,       - _,,.--'‐.、_,,.;:--''"´`丶、 .:. :;:::::::::::. : .: .: .: .     i
;: ;: : ;: ;:::;_,,''''''"゙゙.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:::::::::;;.:;,~゙"'゙"'''''--;:; . : .:     .... .. .. ... . ..:.. .:;:;: ::T:;: ;: ;: ー--‐'″  :、:;.... ―''''''''''"



''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙ 
;:;:'         ハソ  ''!ヾ 
;:;:.';       .ノ´)ノ   ! 
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,! 
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<''      おお、今日は富嶽(富士山)が
リ    、迅y. ´   K庁 !     よ~く見えるじゃないの。
イ            ヽ` !
             ヽ .!
          __ ノ |
           ´  !
ヽ      'ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /
    、        /
  、   、    ! /
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !

 『あるとき富嶽のいとよく晴渡りたるを見たまひ』

706 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:32:06 ID:AS.Adv8c0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    讃岐。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ   お前はあの富嶽を見て、どう思う?
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- -─:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


       / : :.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.ヽ' ノ}、::{.|
     〃、 :.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.:.:.:.:.ノ|゚´リ、/:ハ:l.|
     /  ` -{‐ !ー{ー ‐!--ヽ'ヽ ̄二_,!´;}l.:!:::::}ハ!
    ハ;`‐/ -|-:|ー:|ー-'{‐|:‐:ハ::|"!:.:.:.:}}イ:::}.}:::ソ:∧
     !:!{ :.:!.:.:.:|.:.:!:.:.:.{.:.:.:.:.l∧N レヽト、:.:.リ.|::::|´';:!l::::ハ
     !| !.::i!:::.i:ト、|ヽ:∧::::::ハニ|三,ニニ、.Y.:.:|::::|f. }l.l:::::ハ       そうですね。
     !! ',::ll:::::l:!ェニニミヽ::::∧ /´ヒzリノノ!.:.|::::|リ/:!l::::::::}.     丸く、白く、実に風流な姿の山だと思いますが。
     { ∨:::i::l{《弋zj`  \::ヘ  ̄ ´ |!.:|::::|ノ::::!l::::::::ハ
    `. 弋::l:::i` ̄     \!.     |!.:!::::!:::::f }:::::::::ハ
.        レ!::∧         `    ||.:|::::|ヘ::l,,,!:::::::::::},
         {.!:::!∧     丶'      ,!|.:|::;:| '、;、:::::::::::::l
       l.!:::l::{ \    ‐= ‐   ´ハル'´ .//‐、::::::::::!
          {!:::l::| l´ >    ̄     / /  //  '::::::::::!
          `ゞ、j {.    ≧ __ . < ./  //    \::::!
             \ 、   \!lヽ、  ./  //        ヘ:|
                ヽ!    !l`'、ヘ / ./'´          \
               }    !l   ´¨//-、__,...__      \
               酒井讃岐守忠勝
          (さかい さぬきのかみ ただかつ)

 『酒井讃岐守忠勝にいかにとのとまふ。忠勝丸く白くいと面白き山なりといふ』

707 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:32:31 ID:AS.Adv8c0
            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     …伊豆はどうだ?
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !


  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ       …ふむ。
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\    まこと三国一の山ですな。
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>   .他に類なき姿かと。
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽
      .松平伊豆守信綱
(まつだいら いずのかみ のぶつな)

 『松平伊豆守信綱は三国一の山といひならはせしをく。げにたぐひなき様なりといふ』

708 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:32:54 ID:AS.Adv8c0
    (; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ノ            |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
   、_); ; |`ー-´  || !、``´             |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
    ``´ |     ||、 `                |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
        .|      |、ヽ-               \; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
       .|      \       , , , , ////////  \; ; ; ; ; ; ;/ \; ; ; ;
        |          ////////////´´´      ヾ; ; ; ; / _ ヾ; ; ;
       |////////         / ̄ ̄illllliヽ     |; ; ; ;/ /  i  |; ;
       !、 ,-──、            lli,,il!      |; ; ;/ 人_   |; ;
       \   lli,,il |        _二二二      |; ; |  | _ `   |; ;     では…但馬はどうだ?
         `、 ー-.|        ´            |; ;/  ヽ i   /; ;
          !   ̄|                     `   / |  /; ; ;
             !   |                           /; ; ; ;
  |           !  /                        /  /; ; ; ; ; ;
  |        ! 、   __ /                 |__/ |; ; ; ; ; ; ;
.   |           ! ヽ_/                        |    ヾ ヾ; ;
   |         !                           |
   |、       ヽ    _____,-          /
    |i、       `、   ヽー-‐-‐´           /
    !i、        ヽ     ____,         /
     !ヽ、       `、     ̄ ̄ ̄         /    /
      \\      \              /    /


         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)     そうですな…。
         |      `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 『柳生但馬守宗矩をめしてとはせ給ふに』

709 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:33:25 ID:AS.Adv8c0

            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|     .我が兵法の心を以って申さば、
    | !    | (__人___)   |    あの富嶽の面白さは、言葉で言うものではございませぬな。
    | !    |  ` ⌒ ´    .|
    | !   ,.-,|          |     即ち…
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |


.        ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
.     Y~~~~ノリ~~~~~~~~~~~~l:::::::::::::::::::::::::::::',
     i            ノ::::::::::::::::::::::::::::::',
      l==、  ヽニニニニヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::l
      ヽ T .}  " '. ̄rヽ、  .i::::::/⌒ヽ:::::::::,'     …ほう?
      l `/    ‐┴'    |::://⌒ .l:::::::,' 
      |./,,,          |/. )) ./:::::,'
  _`    lヽ、 -‐           /./:::::::i
  ‐.     ',               __/ \:::::::i
  ′   .', ヽ==-       /. ___`''-i
         ',   -‐'   .,.-''" ̄     `゙"''‐.、
          ',      /
.        ヽ.__,,..-/
             /
          /
          l

 『宗矩剣法の心もておもひよるに、その面白さ何というべき詞も侍らず答奉れば』

710 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:33:53 ID:AS.Adv8c0

 【BGM : http://www.nicovideo.jp/watch/sm1457028

               ,. -ノ 、
              l (● ●    /^o^\
                 |  (__人)
            ⊂二ヽ   .ノ、
                  \   \つ
                〉    \
               (_/  ヽ__)


                、 ノ 、
               rヤ● ●) l     \\(^o^)
                {  (人__) |
             \ヽ    ノ
                /   ヽ
                 |     | l
                 |     |_)
                 し   .J


               , ヽ- 、
.            /つ/●).  〉     (^o^)// 
               \ノ、_)   /
              ヽ   ノ
               /    〉
                 /   (_ノ
             |    〈
             Lノ \__)


               .ノ 、 n
                  ● ●)か    /^o^\
               (人__) | .|
               ヽ   .イ./
               /     /
               〈勿    〈
             _/ / \ \
            (__/    ヽ_,)

711 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:37:11 ID:AS.Adv8c0
           _,,,, -::::::::::::-   、
        ,, '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       i:::::{ !ゞ~⌒゙'~┐:::r-'~`=´リソ''}::::::i
     l::::リ        ' ノリ'        !::::::l
     |::::}   ,ィ竓ミ、 ノ'   ,.ィ竿ミx、.!::::::!
     ,-、:| /'"´ ̄ `     '"´ ̄ `ヽ 、::::i
    l ,ヘ!:!.          〃.       !⌒i      ハッハッハッ!
     !r´i:!⊂=-'⌒     .|::i  ⌒‐=⊃ !タ.|
      ヾ(!。o       |:::`     o 。i/      そうそう、それだ!
     ヽ`l           !_        !//     俺も今、富嶽を見て頭に浮かんだのはそれだったんだよ!
       `!  ___'ミー'~'___   /ソ 
       , ト、!`ー――――――' ! / 
      / |ヽ 、, -‐‐-、_,..-―-、, ' /;|、
    ../  !| iヽ\      //;;;;!;ヽ、
    '   `| ヽ ヽ、 ̄ ̄ ̄ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-,,,, _
        !   !  `ー---,,,´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
        ヽ        :;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ー-、   ヽ        / :::::/;;:::
     ヽ   ヽ       !  /    ヘ,,_
        >   `         '    '

       ,、,.
    ,." ̄`ヽ
   ルハソレシ)   …なんかネタ古くね?
   |l、д゚;」ノ  あとなんでAAだけなの。
  ⊂〈`^†'`!

     _,,,,,,,,,_
   /\.∧/ヽ
   /i::i`¨i|!¨´i::iヽ   上様の中ではマイブームらしいです
  ./..|:{*‘ω‘*}:| .ヽ 歌詞を載せてないのは察して差し上げろ(迫真
  ゚.7ri>。  .。〃r、!゙

 『公さなり、わがおもふ所もおなじとのたまひて、ゑつほ(笑壷)にいらせ給ひしとぞ』

712 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:37:48 ID:AS.Adv8c0
     / ̄,二ゝ、
    /  /   `ヽ\  ,ゝ‐v-壬ネ ̄ヾヽ.
   ./ /   /´`ヽル',ィゝ、 `ヾミ、>、"i`ヽ.
   /, '   ./ ,ィヽゝ'メハ ´、`ヽ.  `ヾ.ヽゝ、 .i!、
  i/    /  /'´,  "    .、 ヽ   ヽ ∨i./ .i
  i    / , ,' '   i     i ハ   、i 人i 丿
  ヾ、  / ./,  ,  i: | i :i  :i i: i   ゙iノメ、i丿       …踊ったのか?
    ∨ / , _i___i_.i! ! !、,ィ‐!-!i-!-  .i/'i.ノ,'
      i .i .i .i ト、i、`i`ハ. i、 !´ゞ彡三ミ   ト、レ'_       いやまあ、それはそれで
      l i:!人i彡三ミミ ゝ^' "´i!:i ゚!:i!i.  i: |` i、:.`ヽ.    宗矩らしいといえば、らしいが。
     ! 乂:|:ト. f!:U゚::i      ゞ¨:c.l  | .!,丿:::::::メ
      人 ヽ!リ、i 廴゚ノ  ,   `¨¨´ i  ! ハ::)_/
      乂 V `!     、 ___   U .ィ! ,'∧,、_\
       ヘ 、i ゝ、        ` ィ≦リ ,ノ≧=ヽ. `´
       ヘ从  __`¨ フ7i::´:::メyイ'/ヾヾ゙`ヽ`ヽ、
           ,ィメニ―ヲハ/,'_ィ彡ii:ノ'.:::::::::::::;;;;;;;//i
       ,ィゝ'〃ィノ'´ .,`´   ||、:::::、::::;;;;;;;;;;;;`/


                                    ,.  …=…‐-
                                 . '"     '"`゙`     ミx、
                               /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
                              // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
  まさか。                 ......    .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
 単に、宗矩が家光の考えを当てて、       /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
 それで家光が上機嫌になった、という    ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
 日常の一コマな逸話ですね。       .  ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
                           ,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
  とはいえ、仮にも実紀に          i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
 載っていますから、それなりに     ..... |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
 信憑性はありそうですけど。       .. ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
                          /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
                            .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
                            .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                            ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                           /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ〉
                           /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,兮 、 |しリ   }i潤・:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::...     ー=彡 // イ

713 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:38:22 ID:AS.Adv8c0
                       .....                  -‐=¬ -―…―-
                                       /      |
                                      /       . -‐====‐- .  \
  次にもう一つ。      .....                        / x==ミ     (⌒) ┐ \
 こちらも家光絡みの逸話で、     ....                 /{  〈/¨¨⌒ー‐      |:    ー┐
 今度は家光が見た夢の中に、    ....           /    /  /ゝ=-/     ̄ ̄ ̄\ 八    ∧
 宗矩が出てきたという話です。    ....          /    /  /O  /    / /    \ \_/O
                       .....         /          ゚   ///ト/  //   } ノ{´  { o|
  夢の話、という時点で        .....           /   |_f「‐┘/│ r==トミ ./|   ノ },//⌒ヽ¦
 既に事実ではない訳ですが、      .      /  /    Y^Y ∨| :|  圦_爪`ヾ | :/「 ゝ'^{   ;
 「そういう夢を家光が見た」事は事実という   /  /   /  八_ノ  八:|   \ン    |/:│0 /  / ./
 多少ややこしい逸話ですね。          ⌒¨¨ア    /   〈∧〉 ! \       厶イ x≦ /〈/
                           ー=彡  -‐ァ   /    \’            〃厂 /{
                             /  / /i/   ′  |\            〉' //〈
                            /Y ∠   ´ /  /::.   |      -     .::/ |⌒´
                           /   |/'^⌒ 厶イ   ∧  :ト.       ` ..:::::;   |
                         /{ /^ー‐=ニ /└'f^Y ∧ |        ..< /   ,人
                        . /Y__,,.. -=ニニニニニニニ% \   .::≧o。o个./;   /\{
                        ‐=ニニニニニニニニニニニ ∧〉≧==く}  ⌒^ 厶イ
                        ニニニニニニニニニニニニ∧〉⌒Y Y,〉=-

         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }
      / Y      ,    ∨∧ ソ
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',      夢の話か。
       Vヽ 1. ○  ○  i∨i   ! .}ヽ    一体何をやらかすのかのう…。
.         / .|        u / 'ソ  /./  \
        | .人   ̄   /    /ノ __>´
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
        〈{::.(__8.__):::::::}〉
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\

714 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:38:47 ID:AS.Adv8c0

┌─────────────────┐
│  逸話:家光の夢(家光・御守袋文書)  │
└─────────────────┘

           ,,,iill||||||||||||llii,,,
          ii||||||||||||||||||||||||||||ii
         .ii|||||||||||||||||||||||||||||||||ii
         | ゛!||||||||||||||||||||||||||||! |
         |  !|||||||||||||||||||||||!  |  
         |   ゛!|||||||||||||!    |.      ホッホッホ
        ┌      ̄ ̄     ┐.   お久しぶりですね、竹千代さん。
        | ] 、─-。、  , 。-‐‐,: [ |  
        └-、  | ̄`<_,、´ ̄|  ,.-┘ 
           ヽ_| ー≡-7 | /.     
             `i 、_  _,.-i´.      
      ___ -‐' ヽ  ̄ /`ー-、___
   iiiii|||    ー──--、/--‐──'    |||iiiii
             徳川家康


\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::く
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::)
\ レ''''jr ''"    lミ::::::::く      .これは…御爺様!
   |        〈ミ:::::::::ノ    いや、権現様!!
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::∠、 
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j んL     なんとお懐かしい…!!
   l/   """"´`    )ノ∧
=-- /           l  (ノ |
== `弋"__,....._  u !  !   Y⌒Y⌒Y⌒
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´

 『権現様、白き御服御召候御姿、拝み候御事』

715 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:39:43 ID:AS.Adv8c0
                                 | ̄|
                           r― 、    |_|   ト、
                           |\\\  | |    V 〉               /\
                     r 、  /| / \\\_!__l    V 〉          /〉_/
                     | |\|:::::ト、___〈 ̄\  l|\   ∨ 〉         ///
                     | |  |/ |   |\_:::\|\l    ∨\         /// ___
                     | l 〈_,/ |__|   |\:::\ \  ∧ 〈- 、    _ ////\/
                    \\|: : ̄ \ \ \ \:l \ 〉'=∧ \l,. ‐ァ/ 〉イ  /:|  /
                     `| |::::::: /  \ \|  |::\/ニニニ 〉  ヽ/〈__/ハ \:::_r<_/
                    | |::::::/- 、  \ \  ̄/lニニニ/7〉、∧/´ 〉´ ̄〉 ̄〉__/:ヽ__   ヒヒーン!
                _____ Vヽ/   \ //\ ヽ/「」‐く]rl/厶イr〈__,/>‐/l_/::::::::::/
.    ____ __,∠二/ ̄ 7´∨/ ,∧ ̄\   // /: \//r/_ ト| トミl-、/´\/〉\\::::/\/
.  /二二/ /  /l  /  // ̄/ ∧:\ ヽ,// /:/:、〈_/_ l人|_| _ミ^77´ / \/f7´  /
.   |   /___/__/ l| ̄ト、_//_/ / l|:::: |  |l/ヽ/l´:::::∧_|:::::| |l |`〈_/イ/ イ \,〈_/、  /  /
.   |   |_||   |//|_|/|´| ̄ |l/  |:::: |  |l /| | :: / | |:::::「 ̄ ̄||::::::::::::::::::::|l_「:l__ ∨ /―
.   |   | ̄||__|/〈|  |/| _ー‐'   l\:|  |l/ | ヽ/  l|_|:::::|_,   ||::::::::::::::::::::|l /:/ |_/イ \__
.   |   |_| \ \l|_lノ:.:.:l       〉 \ |′∧    |  ̄\:ヽ ||ニニニニニ/ /:/  ̄|  \__
.  \  \ \_l ̄:::::::::`ー┴――< / |,|_/二l\__|/   |:: l__||____,/ /:/   __|
     \   ̄l〔::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/  ̄ \/ニ>‐ヘ  \__|:: |  ` ̄ ̄ /:/ / ̄
.        ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´\___〉/::::::::: l\_|_ \〉ヘ ___/:/´\
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 馬


                   ,,,,____,..-'''- ...,,__
                 /    ヽ    __  ヽ、
      , -ー- .._     /          {_^ ヽ、}
    _,‐'      \_,,/         i____}二  /    おっと!
   r´    ,、    ;ヽ      、____,..''"   {___ノ    どこから出てきたかわからんが、
    ゞrr-'''" ヾ .r 、 ヽ,     ,,   |           .権現様に害を為そうとするなんて、許せない馬じゃないの…!
    { /rィァ リメ、_ノ=、        |
     `i      }_,,__   /      \           この俺の寝技、存分に披露してやるぜ!
      i´ヽ''´  /ヽー―、i     |   \_
      |  ヽ-´ ヽ   ヽ_,,,,/       \
      |      ;__,,, _/ゝ  __,,,,       |
      ヽ、__   ノ ヽー――フ___"'-,-'{^~ヽ |
        ヽ、     ゝ--、 |    〔 ノ   | |
          \_i      ~"''' ‐- __〕  /  |
            \____          /  /__
               ~""''' ‐-‐ '''""~   /;
                   /        //
                  /       /
                  |      /    /
                  |     ,,;     /
                  ヽ、        /
                    ヽ_____  / 
                      ー――´

 『一密訴候ようなる事候て、馬が神へ悪き心致し候はんと致し候を
  .私捕え候て、膝の下へ押し入れ候て置き候てから』

716 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:40:17 ID:AS.Adv8c0

       / ̄ ̄\
     /   .⌒  ⌒
     |    ( ●) (●)      上様。
     .|     (___人__)    後は我らにお任せを。
     |        ノ
     .|        |
     人      丿
   /⌒  \ __ _ /
   /       \
  ./  人    ./ ヽ
 〈  <      / \ \

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     .おお、但馬か。
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    では、俺は抑えを解くぞ。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::     …権現様、
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::    不敬なる馬めはこの通りでございます。
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

 『それへ但馬その他一人参り候時、膝を上げ候て馬を見せ候えば』

717 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:40:59 ID:AS.Adv8c0
           _,,.....,,_
        .-''"    ゛' -.
      , ´         `.
      ,'      ,'"´`i   ',
      {`、     ',  ,'  ,'~ }
      i `、    `'''''  ノ  i 
      ',  '-..      ,.'  .'       見事ですよ、竹千代さん。
     ,.-'. k.., `'''''--'''''´ ,..  '-..,,
    ',ハ '. ヽ.`q、  ,.p' / '., i ノ    それはあなたの手柄にしなさい。
     '-=..,', f ̄ ム,i 、 ̄i /,,.;-'
        ', ハ  '=;' ´ / /
     .,,   `i-...,, ,..-'''i´
  ,r''´ `.-r'、~'\`´  | ゝ-、,_,.-..,
  .i    ,' ;  ̄ ̄´'''--''''''''   '.  `,
  i'.,__,,..' ノ ''''"´   ,  ´゛` ゝ,  ;
  i,,::::: ::.ノ ,       i:    ',`' 'i,
   |:::: ::: ,  !;;,      |::    〉  `、
   |::: ::i   `;,  _,,,... . -ーi--、ノ ヽ i
   ゝ.:: `.、..,,  |f、´    _,..ノ_ _゛;..._'´ i'
    \::: :::::  i:::::..,.- '~,;-'´ i  `、 i


                  _,,..-―――‐-..,,_
                   ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::,..へ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::/   `^~ァrr,.、_,,..-ァ=彡ヘ:::::::::::::::::',
              /::::/         ,リ|}         ヾ::::::::::::::i
.             l::::/ ,ィ圭fx.、                 i::::::::::::::l
           /´.l  ´ ̄ヾミメ、        _,,,.、  |::::::::::::,'
            | h.|   '、・)`ヽ``  ィf斗芸圭斗ゝ .l::::::::::/      なんと…!
            | リ|     ̄ ‐' ヾ ′、´・)`ヽ   ,'´`.y'
         /::ヽ_|         .::}    `  ̄     .,'/、/
.        _,,..从リリ,|     ..:::/       i  //ノ/
     r''"   / ./ l      ヾ_ツ       U /_//、
    _../    //  ',    , - ..,,_          /::::::/  `''-..,,_
_,,..-'" /    /    ',   ヽ.__ )     ./i从リ      `"''‐-..,,_
   /    /      .\           // .| ∧             `ヽ
.  /    l         \        < ./  |  ∧               ∧
  /       |       |  \__ ..<  /   .|  ∧              ∧
. /       .|       |          /    |   .∧               ∧

 『そのとき、神の、手柄をし候との仰せ、御直に仰せられ候事』

718 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:42:10 ID:AS.Adv8c0
                    , - - - _
                /:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /::/¬ー-ァy、_::::::::::::::::::::ヽ
              ./::/     〃/~=y、_:::::::ヽ
             _/::/r;‐-...._ , ({ハ     `ー1:::!
            /ri`リ ゙'=ミニ、f′ {ト、     j::::{      なんという誉れ…!
           { ノv     `/  "ミ_-ミ丶、 j:::::i    .この御恩、この命を差し上げるしかないじゃないの…!
            い/     ノ     `゙ヾミ`ー!_:/ 
            } '       'っ;:、}        //      .今ならこの肉体ごと差し上げますぞ!
               ソ    辷ー-、        ,ハ}
              ハ    、 ` ヾ‐    /ニノ 
             i ヘ    `' "    厶:
      ───- !  i ヽ   /     /〃
          ) /   !  `‐- .._, イ  ハ
      `丶、     |        /  /、
         ` 丶、!      / / / `ヽ
             ト、__,./ /  !    `ヽ


                    ,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iililllllll:':':':':':'lii,,
                   ,,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iill!llll゙゙: : : : : : : : ヾ
                  ,ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,iiilllllll゙: : : : : : : : : : : ;ヽ,
               l !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lillllll!: : : : : : : : : : : : : ;;;;l
  .,,;''゙゙゙゙'';;,、        l !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ll;;;,lll!: : : : : : : : : : : : : : : : ;;l
  l′.,,、 ゙l.           l  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,lllllil゙: : : : : : : : : : : : : : : : : ;;;l
  '!: ゛" .i'           l,  ヽ;;;;;;;;;;;;;;.ii!゙゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : ;_;;l,
  ゙''ー-‐'゙             'l,   """    : : : ,; : : : : : : : : : : : : : :'';=;,      ホッホッホ、その言葉、嬉しく思いますよ。
                   l.     l    /. : : : ,,,;;‐': : : : : :   l |l 
   ,i´ヽ              'l.    l   / . :,;ェォ,;''´: : : : : : i: : : : .l.!l    …後半は聞かなかったことにしますからね。
   |  l、             ゙l;, ゙ヽ::,,.、'i.i,, ,,,:;'-゙";,+-‐: : : : : : 'i__,;;t'''"
   | ..::l            ゙l;,: -i==`` -‐‐''゙゙゙ : |: : :u : : : : :.「;;;;;|  
.    | ;-|             ゙i  l !_,,l  ┐: : : :|: : : : : : : :/::: :;;|
   | ::::|                'i、l '゙liii|!!": : : : ::|: : : : : : :/::: ::;;;|  
   .| .;=l               `';、 ;;;: : : : : : :l: : ;;;;ィ'''゛: : ::;;;;;|,,,、
   |  :::|                \ : : : : :,,;;;;!:''""/: : : ::;;;;;;;|;;;;ヽ,
  .,l゙  :::,!-ァッ,                 ゙πー~: : : ::/ : : : : : : :;;;;|: : : :ヽ,
 .,l"  ~  "゙ヽ,,                //:|: : : : : /: :/ : : : : : : :\: : : : \
 .l´  -‐ー、:::::γx、         ,/: :/::/: ) /: :/; : : : : : : : : : : : : : : : : \

 『その時私頭を地につけ候て、この御恩にては命を上げ置き候と申候。
  笑み声にておおと御答え候事』

719 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:42:42 ID:AS.Adv8c0
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~~ヽ::::::::::::|/        = 完 =


        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{       …夢オチかよ!
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙     お前らどこから出てきたコラ。
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

720 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:43:52 ID:AS.Adv8c0
                           .           _____
                                 .   ´     `
                               ./ ___    r―‐- .  \
                              ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
                               ./o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
  というお話です。              .   .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
 まあ、そもそも宗矩の逸話というより、 .....   .| |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
 家光の夢物語なので、               .| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
 大した出番はないのですが、        .   .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
 夢の中にも出て来る程、二人の         .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
 繋がりが深かったという証左と言えますね。  .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
                             ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
                              |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
                              /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
                                -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
                              /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ


           γ ´  ̄ ̄ `ヽ
          x ´  /   三=   \
      __  j レ/ <  ー彡 / ==x
      /: :\| / < / / x  ´   ヽ   ヽ
      ,': : : :/  / , /// / / /  l    ヽ           寛永十六年(1639)の12月16日頃に見た夢を
     V:/.. /ーイレ 」/_≠ , //| /  |     i          家光本人が自筆した紙片記載のものだから、
    _// / , 彡/|"  ワ必' !/´ //リ '    _,         家光がそういう夢を見たことは、まず事実であろうの。
   /: : :, V / /八、  ` ´  ´必'/ / ム-、/´\
  ,:': : : : :/ '  八 | 、   、  `´' レ人_ノ.,': : : ,' \        まあ、同じ但馬守の秋元但馬守ではないかという
  〈: : : : :/! | ! .| .コL \ __ ` イ| /´ ̄フ ,: : : : : : : :\      説もあるようだが、家光との関係を考えれば、
.  V: /  ∨、 、 }: : : : ||「:{ノノ/<⊃|二/: : : : : : : : : : \    おそらくは宗矩の方であろうな。
   Ⅴ___∨ヽ 、|==」!レ|: : ´: : :< ̄: : : : : : : : : : : : : : ヽ
<´: : : : : : : : : : :\,: : ≧〉⌒ー==-<:><: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
: : : : : : : : : : : : : : γ´  ̄ `ヽ ,,,;ー…>、: ><: : : : : : : : : : :.ヽ
: : : : : : : : : : : : : : /,,ー…´ ̄ ̄` 、     、: : : : ><: : : : : : : : :ヽ

721 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:45:00 ID:AS.Adv8c0
                                  _
                               ,ィ´     ` 、
                              〃  _    ヽ
  そして、その次はこちら。             / ^ー ´   `ヽ   ',
 久々登場の伊達政宗との逸話です。  .   ,'/i  rー- ..、  ',. ハ
                         .   ハ{!.ノ  乂斗チ.}___i  ハ
  こちらは文書での出典は       .....  / .レヘ __ ノイ仍! 〉-{   ゝ
 >>1は調べ切れなかったので、         /イ 八 j    /,i {ソ iヽ {
 現在、仙台城三の丸跡に建っている    . レ从ヘヽー /イ|/, ハ| ト!
 石碑が出典の話になります。           _,,..`禾爪.}::::ゝ..__jメ__
                             /:::::rォハ___ ノメ:::::/:::::::::::ヽ
                            /;:::::::jト、:::/:::::::::::::::メi:::::::::::::::::r:.ミ、
                           /,::::/::ァィ__ノ..+ニ+ニメ!::::::::::::::::|:.',:.:!`ヽ
                         /:/:/::::::/:.:ハ:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:.:.';.:i_メヽ

                ,.-==.、
                / '´ ̄`,ヽヽ.__,、
              /, ′  /,べv',へ\
                //    /イ´" ̄ ̄゛ヾヽ
            //   ,ィ'´           ゙:、
           i ,′  ,:'    .       ゙:、         これだな。
           l,′  i i .i: i. i、 i、 i  i: i!:i i i
           ′   i .|:iハトiメi、|ヽ:|、i、|ィlォリ|;: |        【仙台藩御用酒発祥の地】
                  ヘ、トィ≠=、` ``'ィ≠ミメリ: |         http://hamadayori.com/hass-col/food/SendaiGoyoushu.htm
               |:ベ弋:リ     乂:リ/,':: !
              /|:i::::ハ "  '   "ノ、!:: .ト、        石碑そのものは昭和53年のものだが、
              \l !::i!/>,. ^  .ィ:::`メ.: ノ‐'´      城内に御酒蔵跡があることから見ても、
              ,ゝメ、ヾ:、_メ、::i.!i::::i、!:ノ_ノ=.、       .おそらく実際にあった話と見てよさそうだな。
           ,ィ,'イ::`ヽ:i:i:/イ`ヾ、|./ ヘ.;::i:i:i:i:iヾ:.、
         ,ィ,'イ.::::::::::::::::::、/;'       ヽ!:::::::::::::::::.`ヾ.、
        〈〈::::::::::::::::::::::::::/´_ `ヽ , '´_ ヽ:::::::::::::::::::::::::>>
        ヾ.>:::::::::::::::::::,''´   .`ヽO'´  ``ヽ:::::::::::::::::</
         /.::::::::::;ゝ‐{    ‐=O=‐    }_;ィ::::::::::::::\
      __/.::::::::/   ゝ. __ .,.ィO、. __,.ノ  ``\:::::::::.\__
     ノ.:::::::、:/      ヘ《OlニXニlO》/      \_;:::::::::ヘ_

722 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:48:29 ID:AS.Adv8c0

┌─────────────────────┐
│  逸話:伊達政宗の御用酒屋(仙台城内石碑)   .│
└─────────────────────┘

                        /⌒ヽ
                       ノ_: :-- 、\
                       __/人〉==入: ヽ     フフフ、「その38」以降であるから、
          ,.-、_  __/.、ヽYフ┬役ァト、:ノ    もう5年ぶりの登場だが、何はともあれ日本一ィィィィィ!
         _ノ : ∧ ', ̄  _,X_,ノ| ,._-_、、|ノ´     
       ,.ィ´: : : : : ∧ ',__/-、   {! `⌒´ ノ!〉     ‐ そして、この酒も美味いッ!
.   , :´ : : : : : : : : : : 〉'\゚ ・ 。\| ` ー‐:' l_lヽ      気に入ったぞッ!
.   ,:': : : : : : : : : : ,.ィ´/: : \ l´_/____,. < __ト、
  /: : : : : : : :,: :'": : /: : : : : : :`レo: :! 〔__/ | 。\  
  \: : : : : :/: : : : /¨\: : : : :/: ヽ: |__/: : : :\ ・ `。ー-、  
   \: :/、: :/://\ : 〉: :ノo: : : ,へ : : : : : />--. ._/、
     ´ ̄`¨´ ̄|: :/`:|: / : : : : /\ `): : : : /: : : : : : : : ハ
             lV__:/:シo: : : : :ト、:o:\: : : : :i: : : : : : : : : : |
            ヽ: : : i: : : : : : :l :`¨:丁 : : : :l: : : : : ,:-:─:、|
            ゙、: :{\ : : : : \:_:_j : : :-‐ヘ: : : : : : : : :- \
            ハ: i: : : : :\ : : : : : : : :/ :ヽ : : : : ;. -─ : :\
             〈: : :ヽ : :_: : :`ヽ: : : : : : : : : : \: :_: : : : : : : : : :ヽ
            `¨「::::/バ¨Tヽ/_: : : _;>'"¨´_}ニ二 ̄`丶: : :ハ
             _/ヽ:L__ノ:l」:::::::::::::::::::::::人  _/: : : : : :`ヽ   \: 〉
         /: : : : : /: : : |: :\::::::__/:´: ̄ : : : : : : : : : : \  ノ
           /: : : : : : /:ヽ/ :l : : :  ̄:,.‐--く¨ヽ: : : : : : : : : : : : : : >'
       ∠='⌒¨´\:/ : :l : : : : /    ', V: : : : : : : : _;>'"
      /: : : : : : : : : : :ノニニi : : : :ヽ    /',__V_,: -‐ ¨
     /: : : : : : : : : : : :| : : : :\_ : :`ー ' : : : : : :i
               伊達陸奥守政宗
           (だて むつのかみ まさむね)


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    何メタいこと言ってるんですか陸奥守様。
        !  (__人__)  |   まあ、喜んで頂けたなら何よりですが。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

 『慶長十三年(1608)頃、宗矩のところに遊びに来た政宗は、
  そこで振舞われた酒を大いに気に入った』

723 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:49:19 ID:AS.Adv8c0

     ゞ'""゙゙ ̄`i' ̄ ̄ ̄``````````````''シ
      ヾヾ    ii|  ,.彡          /
        ヾヾ   iiレ'彡彡.....       /
       ヾE二i,二.ji_ri==r `ヾ彡    /
        E_/>'三7/,__,,... iミ.   /
        r^ヽ>{i_ 〃ラ_,....__;´ {ミへ /      フハハハ、細かい事は気にするな!
        ロ  ||==o'´┴゚'-`; └' h }     しかし、ホント気に入ったぞこの酒。
        ヽ_〃 l ;;  ~~ ̄` ;   、_'_ノ  
          |  | .;;        ;   |:|      なぁ、又右衛門。
          | `=='''    、 ;   |:|     この酒はどこの酒だ?
          .l `r====ィ`    |:: |
         ヽ. ヒ二二.ソ   /::: |
             ヽ` ー--‐  _ィー―┴r―
           ____,.>-;;;  -'"/ヽ-‐' ̄ /
          ∧ ;; ;;;;;;; | :::::: /ヽ  ,.-‐' ̄
         / ヽ ;;;;;;;; | ::::::/;;;;;;; ̄


                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |    ゝ,_,ノ ゝ,.__ノ|      これですか。
              |    (● ) (● )|     うちの所領の近くにある大和の榧森の酒です。
             }   (   人   )     お気に召されたなら、また取り寄せますよ。
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:──── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   _______ \ヽ,、
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\    ヘ   | '.` ,
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:> `ヽ__ `{  i  i  '.
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄.:.:.:.:.:.::|i¨ ̄ヽ / ./ .{f_ 'j
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.::|i: / ヘ イゝ_iji´∥
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::|i:〈`、´´.`>、.:i|゙ `
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j        |ii~~、;'´`,'~;~~:i|
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ       |i::::::::':::::::::::::::::i|
                              `ー===一 ゙

724 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:50:08 ID:AS.Adv8c0
.         /  // /  -ニ  {: /⌒ヽ  ヽ
       / :|  ///   :.__ -ニ_} { _`i :}  {_  
     / \ | l/ {[__  /二  `:,   /./    \             .何を言っておるッ!
    / -―ゝj∠]l__}: /,ィ芯ノ   }  {r'⌒⌒ヽ   ',__        この俺が気に入ったと言っておるのだ!
  /=-二ニ=-‐{三||L{_ j{ /     ′ ∨    \/ーー\      そこの杜氏を当家で召抱えるに決まっておろう!
  ]//   /⌒}ir=ミ7⌒ヽ::   ヽ     V    /-------〉
  ]/    {  /弋ノ| : _::  ノ     /::: /----/ ̄ニニ     仲介、よろしく頼むぞ!!
.         /ー }ー } \ー'__/ .:    /::::/\--/--ニニニ
       | /  {   \´__,ノ    /::;:く  //--ニニニニ 
       }ー{__  |      \ー  ///二二二二二\ニニ
   // ̄/ _|___|      ー=≦___/-------------\ニ
  |  |_  { {     }ヽ    //ニニニニニニニニニニニ
  |  |__ V \__ノ }   /|l/三三ニニニニニニニニニニ
  |⌒\  \},ノ⌒ヽ :}  ./-/三三三ニニ/ニ/ニニニニ
  {\ )\_/      }  {-{三三ニニ/ニニ(ニニ∠二二


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)     そこまで気に入って頂けたなら、
          |     (__人__)    杜氏も誉れに思うことでしょう。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }      では、早速一筆書きましょうぞ。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

 『そこで、この酒を造った杜氏を紹介して欲しいと政宗が望んだので、
  宗矩は仲介の労をとった』

725 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:50:35 ID:AS.Adv8c0
          ----------------
         l                 l
         |                 |
         |                 |
         |          l   !
         |   , ---、  _}.  |
         |  /   「 十 Y `ヽ|
           j/    .人_ノ     ',
          |   , - ───‐┬ 、|
          | /_   __ j三ミ{      御召しに応じ、参上致しました。
  ━━    ∨´xrェ、 } `xrェ 、` V/⌒!    御殿様に合った酒を御用意致しマス。
 ━━━   {`i  ⌒´|   `⌒´   イ !
  ━━┓  ヘハ   〈ェァ      (_ ノ
  ━━┛   `}  ー‐-‐一'   /l |
    ┃      '   ー┬一'    /_}__
     ・     ∧   〈   , '´___}
           _}≧─≦/f⌒´    ト、
           }‐┐}  { つ   / /}`>--、
            榧森又五郎
        .(かぐのもり またごろう)


                        ト、           _
                       l ヽ-‐ニニニニ二二/`   待っておったぞ!
   ┌┐    ┌┐        `ヽ    ミミ、ヽV//    お前に御用酒屋を任せる故、存分に酒造りに励んでくれいッ!
 ┌┘└┐ ┌┘└─┐.      ノ   __ヽf´/マェ‐、  
 ├‐  ‐┤ └┐┌r‐┴┐ ┌─ V,,  / _ハ‐ヨrtk' ̄ ────┐
 └┐┌┘    | |└─ ┘ └‐./   i´ ̄リ)っ'_」  ‐────┘┌─‐┐
.  「└┴┐   .| | ┌─┐,. <::::::\  トr‐' r_T             └┐ |
. └─‐ ┘   └┘└,. : :´: : : : :丶:::::\ ヽ. `了              「__/
.          ,. - '": : : :/ : : : : : : : ̄ ̄ ̄`丶       _
.         /: : : : : : :/ : : : : : : : / : : : : :、 : : ハ     /、) ,.ィ),.、
        /: : : : : : : :/ : : : : : : : /: : : : : : : : \: : i   _ |-! /ソ/ /
.        i : : : : : : : ,': : : : : : : : i: : : /: /: : : i: : ヽノ、 /ノ(o(o/oソ、'つ
          : : : : i : : : : : : : : i: : / :/: : : :/ : : : : :ヽ ヽ! l / /`/
                 : : : : : : : : ヽ/: /: : : /: / : : : : : `Y⌒゙ヽ/ _/
                     : : : : :\ : : / : i: : : : : : : :ハ: : : : :∨
                          i: : : : :l : |: : :、: /: : : : : :/
                            : : :i : i: \` : : : /: /
                                : : :ヽ: / /

 『こうして紹介された大和榧森の杜氏、又五郎は、
  榧森の姓と切米十両、十人扶持の他、城内に酒蔵を与えられ、
  以後、代々仙台城御酒御用を務めたという』

726 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:51:03 ID:AS.Adv8c0
                       .              ,,.:-――――-: .. ,,
                                   /"            ゙ヘ.
                                 ,/                ヘ,,_
                                /     ,,.. ''ヤ     ,,ヘ.,      ヾ丶
  と、こんな話です。          ..          |    /  /     ヤ  \     ヘ,'ヤ
 榧森家は十二代目まで御酒御用を務め、     .|  /   / \ /  ヾ    \    | i
 藩内の酒類醸造技術の向上と藩経済に      /  / ,ヘ/〈   Y ヾ  /ソ从リ,., |     | |
 大いに貢献した、とあるので、    ..        /  / . ソ  \ ( _ ソ /     | |   } |
 いい話と言って差し支えなさそうですね。     厶  |   i .z≠ミ \   /イ==x  | モT彳 |
                               |    |///  ヾ"  /// |   ソヾ、|
                               |    |     __      |  /  Y
                               い ∧ト.、   (_ ̄  )     y"  ゞ≠"
                                i∨ i  '':: ,._  ̄ ゜"   ,,/ 人 从リ
                                 リ   i  MW≠ ̄ ̄卞" 人 从リ
                                  __从 リ::《勹i ヤ= 》~::廴 从リ
                                /:::::::::::::::::::::㍉ヾ冫_≠:::::::冫丿_


|                           _       --- 、
|         /))    _ - 、´   /´      `  /´< ̄⌒ヽム
|      -‐<o.((―  ̄    、 `ー、/             \   Ⅵ
|_ -  ̄: : : : :| | ノ'_     / {  } | 、ヽ    /        、 ヽ.   }i
|: : : : : : : : : : ::| l o.))ー‐ 'ヽ`_´/ ノ l .〉/ /         |  ヘ /
|..............::::::::::::: | |と´、、    \ /_//  ./ |      :i   |   ハ
|:::::::::::::::::::::::::: :| l  o.))>- _ - (/つ / ||  .:   i.  |   l     『その醸造する酒は夏氷酒, 忍冬酒, 桑酒, 葡萄酒, 印籠酒など
|::::::::::::::::::::::::::: | l (⌒"  _..|    | /_ |/   l l    :|    |   :|    l      二十余種にも及び』
|:::::::::::::::::::::::::: :| | o.)).〃、`|    |/   |`丶、 V  i .:::}   i イ,/   }
|:::::::::::::::::_::__:|_|`し'{ { ´ ∧    l|Y'芹アミ、丶ヽ } :/! /i|/イ   イ       とあるくらいだからのう。
| ̄ ̄ ̄  ____乂: :ヽ ′l    l| 込'  ハ   y ナ  ̄リ T   / i      というか、葡萄酒まで造っておったのだな。
|        |: : : : : : :.\: |  |   :||  "冖´      ィァ=ミヽ }  / l |
|        ヽ: : : : : ≫:.´|  |   :||            込ノ ア,イ/ / .リ       .…しかし、この頃は宗矩も任官前であったろうに、
|/ ヽ _   _.  ̄ニ/: .:.:|  |   :||           ¨`,イ: / /         身分の差の割に、随分と仲がいいのう。
|:. ::::.Y 彡'ヘ(´ ̄ ̄ \: イ :|   :||         ′ 〃リ//           宗矩宛の書状も60通以上残っておるそうだし、
|::::.. ::::..:: 彡'ヘヽ    _i∧{ヽ  :l|     `  ー  /  |            .個人的に馬が合った、ということかな。
|::::::..::::::: r 彡≦ ̄-.rrrrrrrrヽハ i| \      . イ :! |
|::::::::::::::::: : :'/イ川川川川川i∧: \i\  ー、 ォ´ :|  l: /__
|:::::::::::::::::::..: : :::::...: : : : : : : : : : :\: :\\_ //iー|,イ/____ヽ
|:::::::::::::::::::::..: :::::::::::::....: : : : : : : : ノ\: :\|-|/:::|ミ、.イ<____》、
|\:::::::::::::::::::..::::::::::::::::::::::: : : : :/    \ 薔薇/  ヽ: '/イ川川川ヘゞ、

727 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/04(水) 00:51:38 ID:AS.Adv8c0
                     ...      ,. -‐…‐- .,
  さて、ここまでは         ....    -‐ァ/    丶\
 比較的信憑性高めの逸話が  .....    /          \__、
 続きましたが、この後は     .....    /              \`
 まず創作であろうという逸話を ......   ,厶          i⌒}
 続けて紹介します。      ....      } ,i:、       ,: 八
                   ...      j/八丶    ,ノ}rヘ⌒
  …まあ、創作な分、     ....     ,xf'⌒ア^ー く}ノ^iト..、
 変な話が多いから、       .    /.:.:.:.:.:{\ ノ ノ.:.:.:.:.:.:.:.`、
 スルーするのも勿体無いので。   __,/.:.:.:.:.:.:.,> -く.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.__,
                      _).:.:.:.:.:.:.:.:.{ ( ノ ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i(__


         ゝ≦⌒ヽ
       / /  , -、.},- 、
       レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
        .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
       ./          ヽ  ' ,/ }
      / Y      ,    ∨∧ ソ     まあ、「こういう小ネタもある」程度の話だな。
      レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',    .あくまでネタとして楽しんでくれればOK、というものだ。
       Vヽ 1 ≡   ≡  i∨i   ! .}ヽ 
.         / .|           / 'ソ  /./  \
        | .人  ` ~'  ,/    /ノ __>´
       /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ
      /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
        〈{::.(__8.__):::::::}〉
.        /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\

743 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:02:35 ID:nLC5R/Tw0
┌───────────┐
│  宗矩と鶴(出典不明) ...│
└───────────┘

              _jI斗=ニ  ̄ ̄  ≧s。,_
                xi⌒             ≧s。,__
          _ア゚                  \   =ニ
           _ア゚  ´   /         .}      `、  \
        /  ,'  /  '          }      `、   \
        〃        .i                 V、.  ≧s。,,_
..        ∥  | i   |i          }       .| `、 V
       j{ .   | i   |i     /      /      .|  }  \
      /,ィ         |i          /|从    ,'|. /}  ミx,__
      ,/..|    |    .!     '    / ,|人    ./ tシノ人( ̄
        .| | .   |           i   {/,、 '’   V  /    .{八!
.        |人  |      i  i   {   _ィ^~ }/     |人\
         `、        , i     / _彳ツ          .|i
.            }人    /レ ', |\ |(             '  |i
               }/| ィ  { . |                j{
            / |/ }ハ込x_            _ _ ' .j{
      _。s≦~ ̄ ̄ ̄ ̄ }(   \ーs。,.            j{
    /  _       /    V   ≧=-  , -- ''
   /  "     ~^ニ=-   ,_    V     ,イ\
    {                ≧s。,    /  V \
                  鶴

                                    へ、‐   ̄ ̄ ̄  _ ‐        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         -――‐- 、    / へ/ヽ/`ヽ‐ヘ-/、`ー、`ヽ     |  .ダメだわ…。    .|
                      /         `ヽ/ /   / /   |    ´|   |  ヽ    | 全然掴まらない…。  |
                      /   __ ヽ、  / /  / /.   |   l  |   |    ',    乂_________ノ
                   /  /´___`ヾ、 |  |   |  l     ! | l  |   |     !    
              __   /   r'´,  、  、、\ヽ |  |   | __|_    !_イ |  |   |     !          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     __ ⌒ヽ,r '´   、 `ヽ〈 /´ /__/ ヽ ',‐| 、!ヽ.|  |   「N| |   //_!`メ、/|   |     !         |   私も何回廻してもダメね。   |
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二二|     V / /´l_|   |lN_.| |  |  | l! |/l。:|ヽ / /|。::::ヽ、|   |  |  |         .|  どうしたらいいのかしら…?   .|
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ、ヽ\ |  トil/Vlイ゚:|` l! イ゚:::|〉  !  ', N! |:::| '´  |:::::::ノ/ |   |  |  |          \____________/
  ////|! |_|_| 、 ! N┬ゝ┬‐ l !  ! `| |ゞ'     ゞ-' |  |   ト、! l""丶   """'  |   |  |  | 
  !l l´!l ヽ_ | |lN i      lV /) 、\ | l、 ' _  u. /  |   | | |ヽ   ‐    u . |   |  |  |
  ∧l´ _   // |  ト、`__ ./ ∧ト、 \ !、_,\  _,. /___/',.  | | | i\    _   /  /l イ /   ..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ///`ト- '//--\|  r‐//  )>-、| | | l`´r|     !∧ | ∧イV  V`_T´   / /l/l/ | /    |  こうなったら…!. |
  ! l !/´/ // _`', / ( ` ,イ    / / />'´/_  ./ ヽ!>、   /::::j ///::::ト、        乂________ノ
  !/_イ_〃!'´  `|/ ヽ| `´ l   / //i´   i´―‐ン゙    /  _,..<::::::://:::::::::_ノ::::::\
                      番所の役人たち

 『江戸城内に放し飼いにされていた鶴がいた。あちこちでひらひらと飛び回るその姿を見て、
  .この鶴を掴まえてみようと番所の役人たちが競ったが、これが一向に掴まらない』

744 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:02:57 ID:nLC5R/Tw0




              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              |. こうなったら、柳生但馬守様にお願いするしか! |
               乂____________________ノ




                           / ̄ ̄\
                          / _ノ  ヽ、_ \
                        . | ( ●)(● ) |    (出るまでひたすら廻すだけじゃ)いかんのか?
                        . |  (__人__)  │
                          |    `⌒´   |      …ていうか、仕事しろよお前ら。
                        .  |           |
                        .  ヽ       /
                           ヽ      /
                           >     <
                           |      |
                           |      |

 『役人たちは、「この鶴を掴まえられるのは、柳生但馬守様しかおられまい」と言い合い、但馬守を連れてきた』

745 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:03:52 ID:nLC5R/Tw0

                   /`ヽ、
                   /    `ヽ、
                   /           `ヽ、
                  /              /
            /             /     まあ、よかろう。
             ./.       , -、_   /     よいか、こういうものはな…。
            `ヽ、_, -‐ ' ", -'´,.' /
          _∠ -‐ '"´_, -' /  ピッ
            /   _,.-ァ< ./
           / ^ <./ / `
.         /  ^` - 、`丶、
        /  、 - 、 丶、 /
     ,.r‐/   ノ  _,ゝ / ノ
     ハ 〈   ノ 乙__ノ /
    ./  ヽヽ、__,イ ' , `
   /    ` ー―ァ´
.  /        /
  ./        /
 /        /

 『話を聞いた但馬守は…』

746 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:05:00 ID:nLC5R/Tw0

            、                   ,
                   `         ′    ′
        `    ヽ       v_        '      ,    ´
                丶   ´(メ`         __x
         o   、               ´       ゙サ    "
        X        `          ′
       \,〈フ´      、         '      ,  /  ,  ´
        、    ゙                        _     ‐
            \          _       _     ‐
                     <: : : : : : : : : : :`"'
                 /: : :i: : : : : : : : : : : : : : : :\
                  ,': : : : :.ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
                  /: : : : : : .ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ  
                  /: : : :/i: : : : N: : : : : : : : : : : : : : : :ミx、
              ,': : : :./ .l: : : : .、ヽ: : : : : : : : : : : : : : :}       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              i: : : : {  ',: : : : :ヘ "''<: :___: : : r-、: :l       .l   ほれ、こんなものじゃ    |
              /: : : : l   V: : :: :} '" ̄  }N: : ヘ .i: .i       .ヽ、____________ ノ
                '" V: : : i''" ̄.Vル/   斧 テ i/: :ヘ/:.,'
                ハ: : :ヘ斧 テ          / }:/ : /
                /ヽルヘ       l         /i: : {ヽ
                 /  {::::込    `     / .i: : l  \
                 /   ヘ:::::::::>、 `  ´ /  l:i: :ル   ヽ
             /      \::::ヘ V>  , '   o゚}}: : i   ',. V
                {       \:i l:i:゚o。o 。o ゚ .}ヘ :..l   .}  .V
           =ーV        ヘ.マム 分  イ il ム/: ;i  .,'   V
         /    ヽ        .ヘ.マム     ム/ }: l  /    V
       /  ヘ   ヘ        ヘ マム    ム/ .i: i /     i
      /     ヘ   ヘ          ', マム    ム/ l: l /      ,'
       /        ヘ   ヘ        } マム   ム/  l i/     /ヽ
      ,'       ヘ   ヘ       ,'i.  マム、ム/  il     ./  \

 『やってきた鶴の嘴を、あっさりと掴んでしまった』

747 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:06:21 ID:nLC5R/Tw0
       \\  ヽ               | |             //        .  //
         \\             | .|          //         //
          \丶.              i |.         / ′       //
  \        \.            i        /        / '          /
    丶        丶.                   ′       '           /
                                      -‐    ̄ ̄_  、
                         -――‐- 、  / ̄ヽ´         /  \ ヽ、         \人_从人__从_从人__从人人ノ/
                      /         /  へ__「 ̄`ーへ----ヘ   |  ヽ          >               <
                      /  __ ヽ、  /  /    |  ヽ  ヽ、  |  |    ',         > ファッ!? 出た!出たわ! <
                   /   /´___`ヾ、 | /  / |    |  l   l  |  |    i         >               <
              __   /   r'´,  、  、、\゙'.| !   l  ! |  |  l   l  |  |    |        /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒YW⌒Y\
     __ ⌒ヽ,r '´     ` 〈 /´ ,--、/ ヽ r‐!‐、`l | ! l l  ! |  |  l  _L.-!  !     |
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二ヽ    V / / l!_|   |N__|_ l l | ! lT''‐L'、  |_|/イ_/! /!  !  l |
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ___|  |   トl/Vイ 。  l! 。  |l l | ! l !/l。:| ヽ/ /|。::ヽ、|  |  | |      人人人人人人人人人人人人  
  ////|! |_|_l 、 ! ト、 ´,-、|  l  ヽ \`| |ー,    ー‐' l | VヽN| l:: l     ! !::::::ノ/ |  |  | |     <                  .>
  !l l´!l ヽヽ | |N |゚' ゚‐''|  |)、、 \ 」 l、  --┐  / |   | |ヽ""丶--┐"""' |  |  | |    <  引き強過ぎですよ!    ..>
r―-、l ゚  ゚ ;// lr‐ヽフ |  | ヽー‐、.!、_,\`ー' _,../__/ ',  | | ト、  ヽ_ノ    . イ  ∧/Vヽ|     <  コツとかあるんですか!? >
`(ヽ ヽト- //, (´  ト‐/ / /    | l | l`´r|     ∧. ! ! ∧ >- . _ イ´ l /::/:::/ヽ、_     <                  .>
  !`ヽ \/// ヽ   !/ イ レ' /   / / />´/_  / ヽ.|∧/Vヽ|_...,--、__| /|/::://::::::::::::`::....、   Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y
  !/_\ `´  /\ \|   /― / //i´   i´―‐ン゙ /´`ヽr‐、 /::(、   ` `ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\
 /`/♀lr`ー‐´  / \ \ /  / //| !   |   /  r' <ヽ | |/|::::::l´        |V:::::::::::::::::::::::::::::/´`ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     (一発で引いてしまって)すまんな。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      .まあ、お前たちは引こうとする気持ちが強過ぎるのじゃ。
.  |         }     世の中、得てしてそういうものじゃ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ       わかったら、はよ仕事戻れお前ら。
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

 『驚く役人たちに対し、但馬守は、
  「皆のやり方を見ていると、(鶴を掴まえようと)手を出す時に、
  はずみをつけて前に引く気持ちが抜けていない。
  鶴が嘴を突き出したところを、ただまっすぐに掴まえればよいのだ」と諭したという』

748 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:07:36 ID:nLC5R/Tw0
       , -─-、
       //⌒ヽ、.ゝ-‐ ¨ ̄ ̄  `¨¨''ー-x--┐
      .//  ./               ヽ┴ 、
      //  /  /         ヽ   ヽ    `<¨ヽ
    //  /     |         ヘ   ヘ       ∨ヽ
    |/ .,'    l | | l '       |    }       ', 人
    ||  l  l | | | | |  ',.  ', |    |        〈 }
    ||  ||  | | | | | |ヽ. ヽ. ',|.    ├─--==.. }く )
    ||  ||  | | | | | |  ヽ ヘ |     .| ニニ==‐‐-| 〉        ふむ…出典不明という点に於いて
    ||  ||  | | | | | .ム-‐弋弌¨|.    |へ 二ニ=ー|/__       信憑性という意味では、なんとも言い難いものがあるが、
     リ .人 l ア>、.ル'ル' .ツ¨イ::;;;ヘ7|'     |f` }     ハ:::::`ヽ     無心の働きにも繋がるし、割と「らしい」話ではあるな。
          ヽ|从,イ卞      ∨:::ノ |.     | .::lj /  ノノ::ヽ:::::::\
         |   | 斗       ¨¨.....|    |ノ/彡 ..イ人:::: ヾ:::::::ノ
         |   |::::r       :::::::::::::|     |¨彡イ;∧::|::::::::ト:::::::::::/
         |  '、            | |  | .彡/:::ヽ|::::::::l \ノ
       . | | . \`ー ´     | |  |  ∨:::::::::|::::::::|
          | |     ヽ        ,イ.│  j  ト、::::::::|::::::::|
          | |    .| `ー  <.___| |  ノ二二7ヽ::ハ::::::::|
          ヾ.|、   |    |ノ __レルル'::::::::::::::|   }::::::::|
           リ ヽルメハ   {¨ ノ::::::::::::::::::::::::::::弋__. |::::::::|
                     | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                      ......            _____
                                .   ´     `
                              ./ ___    r―‐- .  \
                             ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
                              ./o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
  そうですね。               .    .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
 この話は割とまともなので           .| |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
 真偽はともあれ、悪くないですね。       | |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
                      ......    .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
  次からは               ....    .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
 そういう問題じゃない逸話が続きますよ。  .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
 折角なので、連続で紹介します。        ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
                             |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
                             /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
                              -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
                             /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ

749 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:08:33 ID:nLC5R/Tw0
┌───────────┐
│  宗矩と病(出典不明) ...│
└───────────┘

          __               ,....-─-、
       /::::::::::::::::::::ヽ、            /:::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_,.......-;,==-...ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/     `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/   / ̄  ヽ/⌒ヽ:::::::::::::::::/
      ヽ、:::::::::::::_/::::::::::::/   /        ⌒ ヽ¬-'´
          ̄ /:::::::::::::::::l      /⌒ヽ         l:|
           l::::::::::::::::::l      .l     l  /⌒'l  l:l
           l::::::::::::::::::l .■■■■■■■■■■■
           l::;, -ー 、::l ■■■■■■■■■■■
           /     ヽ■■■■■■■■■■■       ハハッ!!
          l       _       /`フ::::: ̄`ヽ< ∠く      ヒヤウィーゴー!!
            l    ̄|          〈:::::::::::......:::/ _   l
            ヽ    ヽ       `ー-─ ´ ,/) ./
             \    \、          /  /
              >. .、_、 ヽ.ー-....____/  /
              ヽ: : : : :ヽ  ヽ ̄ヽ丶//.イ
                 ヽ、: :__ヽ `ー- ´/: : : イ
               l  ̄: : : : : 7フ 7: : :`´: :l
                 l: : : : : : / ̄  ̄ヽ: : : :/
               ヽ ___/   
                  鼠(鼠ったら鼠)

     .___
   ./ ノヽ\
    ;| (○)(○|:     いやいやいやいやいや。
   :|ヽ (_人_)/;    ”コレ”はダメだろイカンでしょ常識的に考えて。
.   :| |. ⌒ .|;
    :h   /;      そりゃこの鼠を打とうとしたらこうもなるだろ。
     :|  /; ’      あの世へゴーしちゃうだろ。
    / く、     \
   ;| \\_    \
   ;|ミ |`ー=っ    \

 『晩年、宗矩は病の床に臥し、しばらくして亡くなったのだが、この病について、ある噂が流れた。
  曰く、”ある日、但馬守が一匹の鼠を打とうとしたところ、その鼠が竹刀を駆け上り、但馬守の指を噛んだ。
  その傷が原因で病となったというのだが、治療を進める周囲の者に対し、但馬守はこう答えたという。
  「自分は数十年にわたって剣術を磨き、飛ぶ鳥を落とすほどに道を極めた。
   その自分が鼠一匹打ち損ね、このような目に遭った。これは天命であり、この病が癒える事はないであろう」と”。

750 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:09:27 ID:nLC5R/Tw0
┌─────────────────┐
│   .秀次の無刀取 (日本武術神妙記)  │
└─────────────────┘

                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !      .…この逸話に出てくるの、もしかして
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙      元はお前じゃなくて石舟斎だったんじゃないのか?
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、 
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ     . .それなら、信憑性の程度はともかく、
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ    .まだ年代的には合致するのだが。
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /
                 豊臣秀次
              (とよとみ ひでつぐ)


       / ̄ ̄\
     / _ノi||i\ \
     | (●) (●) |     いや、それを話の中でツッコまれても
.     |  (__人__)   |    それがしも困ります。
      | u .`⌒´   |
.      |        }     .確かに、それならば殿下と父上の関係性を考えれば成り立ち得ますが、
.      ヽ       }    この逸話自体の原典が不明瞭な時点でお察しかと。
       ヽ     ノ    おそらく、神君様と父上の無刀取りの逸話をベースにした創作でしょうな。
       /     }
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ

 『その昔、柳生の無刀取りが評判になった時、関白秀次が宗矩を召して、無刀取りの披露を望んだ。
  召しに応じた宗矩に対し、秀次が切り掛かったところ、これを無刀取りにて制したので、
  秀次はこれを名誉の事として、宗矩に弟子入りした』

751 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:10:58 ID:nLC5R/Tw0
              ,,、r''''" ゙゙̄`''ー .、  
            ,rニ,_ ミ| ヽ./~~`ヽヽ. 
            ,;"    `-、,/     ゙!,゙'i,  
          ,:i'      _   ----、`i, ゙i, 
         ,l 'l      、 |   ,r-ッ---r゙i, ゙i,      ぶっちゃけ、この逸話って
         l, i' 、_,,,.-ッ'フ,)tr'"===='"  ゙i ,ト.、    宗矩の逸話というより、私か秀次の逸話じゃね?
         ゙t,'i  `'フ",:"!,      `  |' i l 
          r' i, ''"  :  ! _       ゙ir'r l,
          |ヾi     ゙' i;:. ヽ      ゙'| ,!
          ゙i, ! !     ~;; ___,    ,、ノ
          ゙i, ,,;   -''"~,、     ,/ |
           `" ト、    " `    /   |
              | 'ヽ.   .|    /   .|
             | ゙i,ヽ._ l  __,,./    .|
                 !  _,,,二゙~r-:'::::::::::::::::┴┐
             ,r゙‐'"---i | |~~.........---r ゙i |
             | r''''''''i  i,゙l | ,,!  ''''''''7i_,,,! |
             | ゙l'" __゙ヽj | ー'  '''''''7 `ニ' ゙i,_、___
             ├i゙t'",,r'' , i ,....,'''''ソ,,.-''"''"t'r'"__,r'" ̄''7
            ,,,,r:、ヽ、ヽ-''"l !ヽ,,,、-'""_,、-''''    ゙'ヽ、r"
     __,,,...-フ/~__  ヽ二二,,、--'"_,,、-'"
 ,、-//,,./'"    `'-、、  ,!  ,.r'"
                豊臣秀吉
             (とよとみ ひでよし)


       _,.. -―‐- ..、
.      ,'"j   _,..:,'  ヽ
     / _ll _,.-'"/   `、
     i.>.!!',..-'"      ! 
     !、,',' ,.-''"´ヽ  .  !.     …まあ、オチを考えればそうでしょうなあ。
     j::!,-j'´-t'"‘ノ ト    `:.
.    /::j. `!  -, ̄,''j. `、   `、
   <::〈 `i'、..´ ̄`ー'  「ー- ._ `、
    `ーY´、_,. ̄`ー-‐'j __,. j.  ̄
.     ゝ└--'"_,.=='"´ノ、,!
.     i;`ii「 ̄ヲ__,.-―''"^ー-
   -‐''^://'" ̄,.,
    i、_' ,'___,//
      木下半助吉隆
  (きのした はんすけ よしたか)

 『その後、このことを秀次が家臣の木下半助に命じ、太閤秀吉に推薦した。
  それを聞いた秀吉は、「そのような分別では秀次は我が跡を継ぐ事はできないであろう。
  天下を治める身の者が、そのような技を修めたところで何の益があるのか。
  大将たる者はそのようなうつけた真似はしないものだ。
  自分は天下を治めたが、自ら人を斬ったことなどない。
  常に人に人を斬らせる分別で以って、天下を治めたのだ。秀次はうつけ者である」と言い、事の外、立腹したという』
 (※原文を若干省略)

752 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:12:05 ID:nLC5R/Tw0
┌───────────────┐
│  天狗の宿り松(徳蔵寺の伝承) ...│
└───────────────┘

      /___/  /    :::ヽ
      / ̄ /  /   〃 >:ハ∠
     ,'_/  /     /`ヽ、::::::',
   <::::// /     /,へ   \::)
    Y //     /,,ノ  `ヽ、 ::::::}
      レ′/    /''r─tテ─ ; V/⌒',      三本のうち、俺だけ切られるって扱い違い過ぎだろ…!
    f  /  /   `ーr-イ  ::〈 γ:} 
    、 / /)  f⌒  ( (rf^ト、:::::レ:/
     f /( (       ) )ニニリ::__ノ
     '、f ) ____ ___,...、(`ー'://⌒/
      ゝ( ´ ̄ ー─   ̄`)/  ⌒く
      /´: :ト-r--r-r---‐<ヽノ、__>
         切られた松

      ∨/ :::::::::⌒\:::斗‐'''|! ,-ァV ̄ ̄`ヾ  
      冫::::::::─r‐''´ \ノル f“/ 丶___,ノ)ノ         / ̄7
      〃::::::::::::::f /” ヽ 彡r`、   ヽ、彡ノ         / ̄7   /〉
     /:::::::::::::::::,' =⌒ ̄     ノ、_,ノ _>、         ̄ _//
     ,' ::::::::::::::::::{   、    ノ  ,. へ´    \       ∠_ /
      |:::::::::::::::::::::'、__ノ) `ー‐'′<    \ ,,. -‐´        __    それを言うなら、ミーだって被害者ザンス!
      |::::::::::::::::::::::::::::ノヽ  /   ヽ _,. イ |          /_  __/    ミーは言われて切っただけなのに、
     V::::::::::::::::::::/トノ) ̄ヽ    / ::::::::|  !  -、__   _/ /     .なんだって怪我しなきゃならないザンスか!?
     ヽ::::::::::::∠イ彡〈:::::::::::`ー‐'::::::::::::::::/⌒ー´    _) /__7
      ',:::::::::::::::::_ノ):::::::::::::::::::::::/⌒ー´ γ、__ノ⌒ー´            .なんてはた迷惑な天狗ザンス!
       ∨::::::::::::<ノ)、::::::::::::::::::/   γ、_ハ |       /7
        ∨ーγニニく ∨::::::::::/   /:::::::::::ゝ/)      / /
        \/ニニハ  \::::/__/__;:斗< <     / /
        /二二二ニ\  ̄   _,.斗<  \     /_/
                  樵

            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ      はいはい、わしのせい わしのせい
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   .ヽ
  /       z W`丶ノW      ヽ
 /     天  \\   / /  狗  |

 『昔、柳生家下屋敷の敷地に三本の松があった。
  樵が一本を切り、残りも切ろうとした時、不注意から大怪我をしてしまった。
  ところが不思議な事に、その日のうちに、大和にいる筈の殿様より、
  「その松を切ってはならぬ」とお達しが届いたので、人々は恐れ驚き、
  「これは天狗の仕業に違いない」と、以後、この松を「天狗の宿り松」と呼ぶようになったという』

753 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:13:31 ID:nLC5R/Tw0
┌───────────────┐
│  宗矩の忍術観破(大和の傳説)  │
└───────────────┘

                               ┷≡≡P 
                               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
                              /  /  ,- \ / :::::::: ;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:::ヽ、      .ドーモ、ヤギュウ=ムネノリサン。
 (⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) ) | /;:;;';;:;:;:;;';;:;::::: ;:;;';;:;:;:;;';;:::::::ヽ、    マウスです。
  . ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ( ̄ ̄ 〃 ̄〃./.( ;:;;';;;:;:;;';;::;:;:;;';│;:∪..∪;';; ::::ヽ
                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.`ヽ、::::::: ;:;;';:;;';:;;';;:;;';:;;';:;:;::;:;;';;:;:|
               (~) ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄())/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
             /             /;:;;';;:;:::::  ::::::;:;;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:::::   ;:;;';;:;::::::::ヽ、
            /             /;:;;';;:;:;:;;';;:;:   ;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:::ヽ、
           / ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄| ;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;::   ;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;::::::::ヽ、
          /___/    /___ | ;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:  ;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:: ;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;:;:;;';;:;::/
          `;__( \__`___\________________________/  キュラキュラ
            \三三(###  \三三\ ◎ゝ_ノ◎ゝ_ノ◎ゝ_ノ◎ゝ_ノ◎ゝ_ノ◎ゝ_ノ◎ ;:'"
             ~~~~~~~~~   ~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                     鼠

   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)             _   .もうツッコミどころしかないけど、
. |;;;;;    (__人__)           .//  さっきの鼠よりはずっとマシだから
  |;;;    ` ⌒´ノ          .//    さっさとハイクでも詠めばいいだろ。
.  |;;;;        }          //
.  ヽ;;;       }         //         ニンジャ殺すべし、慈悲はない!
   ヽ;;;l    ノ       .//         .イヤーッ!「グワーッ!?」
   /    く       .//
   |     \    //
    |    |ヽ、二⌒)

 『昔、柳生藩と東続きの伊賀の国との間には、境界の事で、いつも小さい争いが絶えなかった。
  ある時、柳生宗矩は、領内にあった興福庵に参詣したが、不意に一匹の鼠が現れた。
  宗矩はすかさず之に目をつけて、鎧扇で打ち叩いた。鼠はそのまま影を隠した。
  その翌朝になって見ると、生血のしたたりが、伊賀街道に続いていた。
  そして、その後、伊賀の関所において、柳生の者だと言うと、町人百姓に至るまで、その調べが著しく厳重になったという。
  これは、彼の鼠というのが、伊賀の廻し者の忍術者であって、宗矩の燗眼に観破されたためであった』

754 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:15:02 ID:nLC5R/Tw0
                ,~ー- 、
            / / ̄\'.
              j ,′∠`¨` ̄二、゜ヽ
            rノ /     、  ヽ. `マ
            ` / ___i i  ,|.-i‐- .V '.Y     …どうなんだ、これは。
           ノイ  ハ∧!. /ハ厶、i 、∨}〕    最初の鼠の話は、本多忠勝の逸話みたいだし、
             | i 《ち`!Vレろ坏》、トl)イ    .最後の鼠の話に至っては、一体どこの立川文庫だ?
             V!ハ弋リ, u ゞ-' .| ト!ク
                  j/ゝ." r‐っ"uイ| |≧=、
               ヽ.!≧z‐、ァf".:ゞリ啻辷}、
              /.:'洲.::;!、||,<.::::ヾ洲:::‘,
               n ヽ:::::::::i〆`,´`ヾ、〈:::::::::::/
              _r[}j(ヽ Y::/  Y  ,fヽ,V!::::::「
           r、トイ /' }ィ')j::辷ニ`o'~ト` i}j:::::::|

                       ....         ./       / ̄ ̄ ̄}》__,,,廴} ̄\       ':;
                                ./         /        ゛゛¨¨´     \  `、} '.;
                                /     ト /      ___          \.  `、. }
  まあ、それでも、             .       {.      /      / ̄. ' ゙i,     ゙i____   ゙   , `ヾ
 一応は「伝承」「逸話」として      ..      ノ..    {,     ,/i ', |_|. },    V.i .|゙}  `i |+`;ト、
 伝えられているものですからね…。       / イ.    ヘヘ   《  i `t;j.   ,'    ∨ ;/..}   |}リ_`リ i
                       ....    // /    ,.|. ヘヘ__{  | ===ャ...i      |-ア"テ   .j l}...f`ih|
  尤も、『日本武術神妙記』にせよ   .    ~. r‐ {..   / f~Y-、_ォ;}i |゙ト-'。.リ. ンx,__x,r'j トゞ;リ   l} | :}:|ri
 『大和の傳説』にせよ、            .r ´ ̄)-     `、 }: |: :| `;i.__| ヒ__ノ      '∨ `ー,'}_丿.| ::|リj
 初版が昭和8年という時点で、    . ,..ム-‐ ' ,ノ,    / ヾ  | l  .} ヽ、""      〉 """ ノ彳/ :|v
 お察しといえばお察しですが。    / 人  」t yt ./ル、 、`、    ".`、`ー、_          ´.イ、,j .,'./
                       〉/  v'´  " レ't/ \入    `:ヽミ`、`         .,.イ. / .:Y :/
  「ダメじゃろ、それは」        イ 〈  /            ´ `、     `、:`、  r'"`j ,.イ  ./ ,.'.:/
                       .| i ⌒y            `、    :Y#`‐ `~",.ィ | l/",.,.:.〈,,. ‐¨ヽ
                       Yヽ、 /    ,¬/"¨`ヾ ̄;;;;;;;;`、   ::}ニニ=-==-"i__f__,,:,,..,〉;;;;;;;|;;',
                        V ``ー‐ '´ .|i::::::::::::'';;;,;;;;;;;;;冫-  ‐| ̄`:亠T''"´:::」、  ̄''|-、;;;;;;;;|;;;;'l
                        `ー―‐V_,  y|:::::::::::::::::';;;;;;/{ `ー--"、≡::ーチート-:::,'、 `ー―'''--ー;;;;;|;;;;;;}

755 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:17:05 ID:nLC5R/Tw0
                               _ .. -=‐- .._
                            , ''"´         ミ 、
                   .      //  ̄ ̄{{    k ^x、    ヽ
                   .      // ,≠=ミ!  廴_..ノ    \     :
  ちなみに、もうひとつ        ," ,′/ ;. 丿          ム   :
 この手の逸話がありますが、.     ,; |  | ,; く"     /⌒゙ミ.、 |  |
 ちょっと珍しい逸話なので、 .   ハ | ム,ハ!从ト 、___j{ .; ,; i}  |  |
 別に分けて紹介しましょう。.....  ノ 从|   〉ァ=ミ、ノ' \{\ルリ,; l|  .;; ;.  ,|
                       リ l.__/      ,ァ=ミ、,ハ!,/. / ハ  i|
  なんと、塚原卜伝が        冫,&"ハ    '     ` ノ'/ / ,; !゙刈、
 宗矩に挑んでくる話ですよ!   ..  夊/ '、マニ==-,  ノソ&~ ,;' ≦⌒~``
                        ""'   ヽ`ー―_" .ィf'′,勹 (_ }}
                               `  ̄ヽ、_...:夊/(^''"⌒廴_
                                ィ扞㍉㌻""' .,㌃⌒`ミx、 `ミx、
                                 /   ノδ。:i:i:iル:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ、`゙ )>


                   _rv√У⌒Y^)、_
                  rム>´ 「  ̄ ` < )、
                _ ∠    ,}      \}
               / z― ミヽ         ヽ∠二)
                /,ィ  /          \   ハ///′
.               // ! 〃           \   '/ハ       .ほう。
              / ' |/ ィ / l       ヽ ヽ ノl//〉     年代的に100%創作(卜伝の没年と宗矩の生年が同じ)だが、
            {. ′〈     |     } \ }  ! ルく      他の流派の伝承以外で、宗矩が他の剣豪と立ち合う話があるのは珍しいな。
               ヽ>ヽⅥ ├-A    ,A-― |  | //∧
.                 N ぇ≠ミヽ   Nィャ≠オ ルヘ'//∧      どれ、早く始めるがよいぞ?
            ノ ̄ ̄ ̄}1 lト弋ぃ>\{ 弋ぃノ》 个ー―‐ 、
       ,ィ777辷}、____ _ll ト`¨´      `¨´/|  |___ノ辷ト、__
      「//////辷辷辷辷| | ゝ、  `    イノ|  |辷辷辷ゾ'////ハ
   __rハ/////////////ル| l  ヾ≧忌≦f/ |  |/////////////{
  ,.'7////∧////////////ノ| |   \}l{/   ノ  |/////////////ト、
. /////////\/////////′从|      `´     }从ト///////////∧

756 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:18:59 ID:nLC5R/Tw0
┌───────────────┐
│  卜伝、宗矩に挑む(撃剣叢談)  │
└───────────────┘

 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /      
//         / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/     .....  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
         |    (─)(●)  /;;/ 
        . |    (__人__)  l;;,´   …ふむ。わしと仕合し、
          |     `∩_ノ)━・'   真の天下一を決めたいと、そう申すのだな。
        .  |     |_ノ  
         /ヽ    |  |_  
         |  \_/ ノ ヽ
         \     / .|  |
         | \ /  ._/


                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j       ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、       <                            >
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi    <   わしが新当流開祖、塚原卜伝である!!  >
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l     .<                               >
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/       Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |   
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 塚原卜伝高幹
             (つかはら ぼくでん たかもと)

 『ある日、新当流の塚原卜伝が、柳生但馬守と天下一の座をかけての仕合を望み、屋敷に押し掛けた』

757 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:19:22 ID:nLC5R/Tw0

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/      .…なるほど。
    |  (__人__)l;;,´|      確かにそなたの技は大したものであろう。
    | ./´ニト━・' .l      仕合をすれば、あるいはわしに勝ち得るかもしれぬ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


             _.-  ̄ ̄
            -'
           /
          / /  へ._
         ノ〃 / __つ
        べ,/ iノ /oノ
       (__ゝ へ<彡-"~         フフフ。
        ヽ=三/ v           わしが新当流開祖、塚原卜伝である。
        // i  ヽ
       `|| (_ つ-二ヽ /
        ヽヽ/-=-'~、ヽiヽ
         iY-"   " || i
         || .ー- 、||
          i|(_,ー--'∥
          V /    |
          //     |
         / ",     |/
         i  "     /
         い     /
         ヽ__., - '

 『卜伝を屋敷に招き入れた但馬守は、卜伝の強さを認めた上で…』

758 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:20:09 ID:nLC5R/Tw0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   .___
   |    ( ー)(●)  ( ⊂⊃ )
.   |     (__人__) ホワッ ̄ ̄     .じゃが…兵法者としては未熟よの。
    |       ( ( ノ
   .l^l^ln    ⌒ }
.   ヽ   L     }  ∩ ノ)━・
    ゝ  ノ   ノ / _ノ´
   /  /    \/  |
  /  /       '  |
. /  /      |ヽ__ノ
 ヽ__ノ


    _ , -‐ ''´ ̄'' ‐、   ヘ   |l  {  {    ',     て
  /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,    ヽ、  il   |   ',   , -‐‐ 、   そ
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_   \ ',  lil  ノ  ,':::::::::::::::::::i
. レー´"ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"゙`'ヾヽ ', {i' /::::::::::::::::::::::}
    く ̄ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ } l| /:::::::::::::::::::::::::::::l
     \   `ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::/ , 'ノ /:::::::::::::::::::,ー‐ i 
      \ ◎  ̄_弋:.:.ー-イ__イ//:::::::>ー   / 
    ...:.:.::::::::`::-‐::'":::::::::::.へ`ヽ‐- く ー‐'◎  /   イー、 
      .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::ヘ`ー ' Y:.`゙..ー..'""   {;;   i       わしが新当流開祖、塚原卜伝である!?
|    u.   ......:.:.:.:.::::::::::::ヘ     |:::::::::.:.:.:.:....  ヽ;  l
ヽ     ...:.:.:.::::::::/⌒    ,.,.,.,.,.|_::::.:.:.       };  |
:.:.ヽ      _:.::ヘ.. :::::::::..     ゙i `l::::.:..       l; ,' 
:.:.:.:|    /;;;;;;;;;;ヽ,  .:.:.::::.:............  l∠::::.:.:.      /: / 
:.:.:.:}   i´, ´⌒ヾ、` 、_ \_:::::;;∠ -‐、:.:.   , ' /;: /  
:.:.:.|   / /    _ ー`ー-≡ { 、三二ーヾ i:.:.::::::'゙,'::r /
:.:.:.|  / /  /´ ___ ` ‐-   ー 、  ヽ.|.:.::::::..{;;/
:.:.:{   / /  , t二t─‐tニーー一 、 ヽ | |.:.::::::: ∥
:.:.:|  / /  ゝ-‐  ̄ ̄ ̄ "''一‐- 、i l i |.:.:::::. ∥
:.:.:| / /   ヾ::::::::::::::.:.:.:.:..........     ヽ  }il.:.::::: ∥
:.:.:l 川    ` 、::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:... ノ  |li.:.::::::∥

 『兵法者として未熟である、と言い切った』

759 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:20:58 ID:nLC5R/Tw0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(●)  .) ;;;;)    何故ならば、もしわしを倒したとしても…いや、そうであればこそ、
   |      (__人__) /;;/   わしの家臣たちは、この屋敷からそなたを逃がさぬであろう。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'      .それが分かっておらなんだ故、兵法者として未熟と申したのよ。
  /    / _ノ´       .理解できたかの?
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


                   ___, -‐ー‐- 、
                  , ´           \
                 /,       ー 、_   ヽ
              ,イ"´ ,  ;' _ u.    "ヽ, ヘ
            , '⌒ヽ  ;| ,/    , -‐‐-、   i
           ,'゙:::::::::::`、 { / _, '"´::::::::::::::::ヽ ,:} |
          ヘ__,'^ヾ::::::ハi |;;く_:::::;;;;::::∠ ⌒ ー' |r y
            ゝ 弋_'ー'ラゞ"ー-;;, ニ'ー'ニラ    '、      ……わしが新当流開祖、塚原卜伝である(ショボーン
           l ,'  :.:.''"{;|   `ヽ';:.:..     l|´ヽ l
           { |    ;;/'   ┐       { |r} | i
           ゞヘ   ゙゙"ゝ-‐'^ ゙'''''   ┌ノ |二' /
            `゛リ ,´二 二 二二`ヽ  |{  {ー t'
             | }i 、, -‐‐‐- _  ヽl  |   |;, ヘ
             | |l 、 _______  ,` l|   ;;  ';; ヘ=、
             | ,;'  ` 三  `.   ||  ;  / ;  冫}ヽ
             };/   ≡       ||   / ;,/〃三ヽ
           ∠ヘ    三        || <"/ /三三 三 ヽ
          t三三ヘ   三      イ;;'" /  /二 三 三∥=
      -‐ .∥三三./lゝ ─── <:;:;'" / //三 三二=∥三三
三三三三三 ∥三三/ i::ヾ'';:;:;:;:;:;:;:;; '" / / /三三三三∥三三三
三 三 三三 ∥ 三./| |:  ;:;:;..    / /   /三三 二=∥三三三
三三 三 三∥ 三 / | |  ;:;''   / /    /三三三二=∥三三三

 『理由を問われた但馬守は、
  「ここで自分を倒しても、家臣たちがそなたを逃さぬであろう。
  それに気付いておらぬが故、未熟と申したのである」
  と諭したという』

760 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:21:46 ID:nLC5R/Tw0

=隣の間=

     ____
   /     \
  /  ─    ─\ 
/   ‐=・=‐ ‐=・= \   …なんであれで会話が成立してるんだお?
|  u    (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/
  .柳生十兵衛三厳


          /三三三三{   }三三三三三三::ヽ
         ./三三三三ニ`ニニ´三三三三三三三ハ
        _, イ三三三三三三三三三三三三三ニ_三}
―――:≦三三三三三三三三三三三三三三三ニ}_}ニト、
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三:`フ
`¨ ー<三三三三三三三三三三三三 ―、_}´ }三三ニミ
      `¨¨.',/r`'rッ‐.、ノ {\__/‐rッ―ッ  r:'ニ, ‐ 、ミ彡     というか十兵衛様。
        {¨, `r‐.r .'´/`}/ `¨¨¨¨¨´  ...}三|, ‐ .'ニミ    殿はああ仰いましたけど、俺たち全員でかかっても、
        ヽ}  ,} /  ゙ '     `ヽ     |三ト  |ミミ    あの御仁に勝てるとは全く思えないんですが。
          }゚, }/  .r {  ¨_ヽ\   u ..|三| } .,三ミ   .AA的に考えて。
          イ:::' .{   .`ヽ‐,´ '´ ', ',    ..|三|ノ ./三::
     ヾニ´三ニ゚,    , .彡 ミミ、     ..|/|___{/三三
二二二二二 ,三:::ハ  彡'´__  `ヽヽ  .} | ,' ',三三ニ:
     __, イ三ニ| ゚,   .´    `丶、  ,'  ,' ./三三三
   ヽ    ノ三ニ,゚ ゚,    ' ¨¨ヽ   `   ., .イハハ三ニ
            柳生道場門弟その1


     / ̄\
    .| ^o^ |    めたな はつげんは やめなさい
     \_/
     _| |_
    |     |
 野殿杢之助光則

761 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:23:05 ID:nLC5R/Tw0
                          ......          ,.  …=…‐-
                                   . '"     '"`゙`     ミx、
  と、まあ、こんな塩梅です。         ..      /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
 これは「撃剣叢談」記載の逸話ですが、         // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
 逸話を紹介した直後に、           ...    .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
                          ......   /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
  「こんなもん本当な訳ねーだろ。         ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
   常識的に考えて…(大意)」            ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
                          ...... ,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
  とツッコミが入ってるので、        ...... i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
 当時でもそれなりに知られた逸話     ..... |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
 だったのかもしれませんね。         .. ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
                          ....../′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
  誰が作ったかはわかりませんが、     .  .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
 「剣士」と「兵法者」の違いを示した逸話、    .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
 といったところでしょうか。            .   ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ
                             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,兮 、 |しリ   }i潤・:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::...     ー=彡 // イ

           _
    ,r ´> ´ ̄ ̄   {r ´ ̄`.、
    > ヽ.   /      ヽ.   ヽ
    {  /  /    /    丶、  \
   .Y  ヽ. /    /     } `ヽ  ヽ     そりゃまともな知識があったら突っ込むだろ。
   ゝ   ノ/     {!     i!,!  ',       そこは。
   }  く. ,'     ハ     /リ| !   ', 
   ト  ソ !      ト. 、マー=ミ!i   il        しかし、無手勝流の逸話もある卜伝を
   ゞ ノ |       .{    、.{:il ',   i|      ここで宗矩の当て馬に持って来るというのは、
   r彡,  |     ヽ ',       ヽ ル′     .割と捻りの効いた話と言えるのかもしれんな。
   ::/:::;i |.       ',       / 
   :{::::::i!. |    ヾ 、 ',  , __ / ヽ        .まあ、単に宗矩より格上で
   リ::::::|`il i|   .ハ ヽ ',   ̄,´   ヽ      それなりに知名度のある剣士が
  ::::::::::i| .レ ハ    ハィー-  __/ ,.     ヽ    卜伝くらいしかいなかっただけかもしれんが。
   ー- 、:.:.:.:.ヽ. ` ',:.:.:.フ}≧、 },  {`ヽ}
  / /:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:..`ヽ ヽ //ミ:.:.:.:', ヽ  ',
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.>ミー-`、 ヾ_ヾ:.:.:.:.:ヽ ヽ }
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ' / ̄``ヾ `ヾ:.:.:.:.:ヽ `
  :.:.:.:.:.:.:.:.:;' ./         V;,;.:.:.:}

762 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:24:14 ID:nLC5R/Tw0
                                  _____
                              .   ´     `
                            ./ ___    r―‐- .  \
                           ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
                            ./o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
  あと、知名度のある剣士と言えば、   .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
 武蔵に挑まれる逸話もありますよ。     .| |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
                        .... .| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
  こちらの出典は更に時代が進み、 ....  .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
 嘉永三年(1850)に著された         .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
 『鵜之真似』記載の話になります。  ...... .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
                          ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
 .                          |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
                           /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
                             -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-
                           /ニニニニニrf \ `二V´}ニニニ゚ir。ニニニニニニニ
                          ./ニニ\ニrf∧   `マ,ノ_,.ニニニニニニ%ニ/ニ/ニニ


               。r≦  ̄ ̄ _    `ヽ  \
           。r≦_ /  / ,     }   :,  ヾ:ュ、
            /.ィ'´ 7    x、λ/        :,   〕 ト、
          〃'´ /   ./ィぅ、/ /      l :,    〈 .〉
              , '′  ./ 弋リ ! /  .ィ!   ,!   !      V、      今度は武蔵か。
          /    イ - '   レ1/! i! , }  .!  i     ト、〉     まあ、幕末直前に書かれた書物なら、
         ,   / :|         .メ、ノ / ,!  l       j!レ!     わからなくもないかな。
           レ1 〃: : :! 、    弋_iッ '| /   !  l   ノ ノ´
           !/ ! : : :!   ヽ         レ1   /  ;! <_,/        さて、どんな話になるのやら。
            i! !: : : ゝ. _       ノ_l   /     ト≪二 :,
            i, : : :}   丁 ー─、 _zニ!   i    i!:i:i:`vi7
            :,: : i!  r'======={r'´ リ   i!    .iト、:i:i:iリ
             }: :ノ  ;! : : : : : : : :{ /l i! i!    !:i:i{ ̄
                ゝ'_,ャ=─ャ‐ュ、=={!′! ! i!  λ..ト、i:i:、
               ィ〔 ィ7ix __ ≫、∧ ノ l i! /i:i} i! ㍉i:i:s。_
           / }!: 弋 i l i l i l i l i ム: i   ! ノ!./i:i:i:}.リ   ㍉:i:i:i:i:i7
         ,.z*'’ i}: :: : / / ̄` ー- ': :! ´  /!:i:i/'′   `'ー '’
         /   .ィi: : :/ / : : : : : : : : : : :k,   ' レ’
      ∠ _   j! : : : ! i! : : : : : : : : : : : : :!

763 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:24:51 ID:nLC5R/Tw0
┌───────────────┐
│ ...宗矩、武蔵を諭す(鵜之真似) ...│
└───────────────┘

          / ̄ ̄\  '_
         /  ⌒ .⌒.\ 、
       . |  ( ●)( ●).|
       . |   (__人__) .│        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
         |     `⌒´  |          |   …柳生但馬守殿     |
       .  |           |          ゝ__________,ノ
       .  ヽ       /
          .ヽ/;:|   /、  ノ:;|
        / {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
       /   ゞ彡彡ニミミッ;;/
      (  _б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、
       ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ
       ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈
      ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂
      八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂
      / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡
     ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . |
   // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!
 /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ
../: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!

 『ある時、柳生但馬守が登城しようとしたところ…』

764 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:25:25 ID:nLC5R/Tw0
                /  z-─
           / /, /ィ// 〃
       / // 〉/ 乂{lハXVノ' /
     / /,イ〃,仏彡ムノ代込 (〃⌒㍉
    〃,Yl〈 jll|イリ/ルイl{)イハヽヽハ{             ー=ミ           .登城中のところ悪ぃが、
    〈トyl:〉ハ从巛({l::::V彡イlリ从,)Y=ニ二ニ=、__    >r─=㍉、         俺とひとつ勝負してもらいてぇ…。
    乂从》代㍉ハ{::.l:::)l{::lj从仆リノニニニニニニニ、ヽ、_彡| {ー─   }
   } 込ハ从ヽミ代ヽ}|j小リハ≦イニニニニニニニニニヽY  .しー─   l   jl
  v代Yハ小}}}川ハ从小ソ´ ト彡<ニニニニニニニニニニ}}   ハニニ 彡′ /リ
   ヽ㍉ミ巛代爪巛ル'  ハ Vニニニニニニ=‐弋/ノ__彡イ     彡′
    代>ミ辷=斗     /レ'イミ、 ニニニニニニ===ヽ
   _込キテ三壬毛 rー去\> ,ハ リ|ニニニニニニニ==',
      `ヽミ≧=-弋  (( z彡イ 代ニニニニニニニ='l      _
      /ニニニニニニニ=>ー- __ノニニニニニニニニニ/    /   `ヽー- 、
    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニニニニイ    ./      \ \ー 、__
   /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽー==}   く  ⌒Y    ヽ  ヽ ヽヽ
    {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ====)    ヽ               ',
   ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}==}  /⌒ ー-イ            ',
   ニニニニニニニニニ>彡ニ>'''<ニニニ(ニニ=lニ=|  |         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j
   ニニニニニニニニ/〃    ヽ...:.:.:... `ヽニニニ|ニ=|   |           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   ニニニニニニニV /     ):.:.:.:彡 ´ ̄ ̄`≧ミ、人 __        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   ニニニニニニ∨/:::...   <:.:.:.:.Y         ヽ  )       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    ─=ニニ/ /    ..::..:.   代           二ノ     .:.:.:.:.:.:.:.:/
        `V {   ......:.:                       .:.:.:.:.:.:.:/
         {l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.   弋____              .:.:.:.:.:.:.:/
        ヽJ、__  {       `ー         .....:.:.:.:.:.:.:.:.:イ
           ` ー\                  .:.:.:.:/.ノ
                  \               ..:.:.:.:/.:/
                 >  ー------ .:.:.:.:.:_.:∠..:イ
                    > 、     彡
                        ̄ ̄
                  宮本武蔵玄信
            (みやもとむさしげんしん/はるのぶ)

 『武蔵が勝負を挑んできた』

765 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:26:08 ID:nLC5R/Tw0

           / ̄ ̄\
          /     ノ \
          |      ( ●) |        …ふむ。
     .     |      (__人_)      ひとつ聞くが、そなたが達した
          |       `⌒ノ       .剣の境地はなんだ?
           |        }
           ヽ       }
           ヽ     ノ
          //;:|     \.ノ:;|
        / {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
       /   ゞ彡彡ニミミッ;;/
      (  _б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、
       ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ
       ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈
      ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂
      八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂
      / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡
     ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . |
   // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!
 /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ
../: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!


.     ,ィフノノi/ x< ::::\ l|l lレ/:::::::>、 {三三ミ、    
.    巛彡ィi| 〈    \::::V } ノ:::/⌒ヽ   ト三三ミ、   
.     V彡{ノj| ヽr‐t_テぅヽ| l {/rt_テラ´  ,ハミ三ミVハ   
.     }}i|ハ(.|      ̄,ハ ,ハ  ̄     /}八{l}} } }}l}    俺の「剣の境地」だと…?
     ,ノリ川ハ_|ヽ   / __} |__ `ヽ   イ_ノリ// ///リ   
.    /////八ノヽ.    〈_,ノ {__〉    /ヽ} ∨/ ///(
  ,イ//{ { {l|  \ノi     `ー    / レ'  lVi{ {{{ l{ハ.  
. /1{{{ {{∨     ‘, ー─=ニニ=‐一  /    | iト!ミミミハ  
、_|ノ{lハ ヽ_/       \   ` 二 ´  /   │l{ハミミミハljハ
 / ̄「/ /     i ヽ7'´   `Y/       ', ヽ‐‐<}jリ
    \/     /   ` ー─一'         ヽ )   \

 『この時、但馬守は武蔵に対し、「そなたの剣の境地は?」と尋ねた』

766 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:26:36 ID:nLC5R/Tw0
     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、       …………………
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、    _ノ  l l  ヽ、     ノf_/三ミミツ
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八       ,ハ {     } /        厂`ヾー-<⌒ヽ
 .//////// /  ヽ       ゝ ー  一 7        ハ   〉/////>、
<///////// ノ   ハ                    /  ゝ ./////////∧

768 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:27:56 ID:nLC5R/Tw0
         ´ ̄ ̄`弋ミ三ィ彡三ミ、ヾ、V゙YⅥ彡三三ミ芍彡'ィ彡
         -―-≧=━圭孑彡三ミヾ\゙:.゙}ハ'〃´≦ミ三彡'/尨
         >メ二>=ミ三三彡三ミ、ヾヽ!'彡三三ミ、:...彡'ィノソ
      __ ノ´-∠ニメ彡三斗彡三ミ、:.ヾ:.、:У,彡三≠-ヾ≦彡ノと
      ―'´、__ノ彡ィ彡三ミゞ-、ミ、ヾリソ豸'´ `ヾ:彡三、三彡"
        ‐━=ニ三≧ライ彡ゞ-、ヽ 、 ̄´/,∠ ,..ィ  ヾ三≧≦〆′
        , -===、ニ彡イ尨′、.ヾィバ !v {,ィ<,_,、_ `ヾ三ミ三
         /フメ三彡ム/,ィニニ彡ハ:゙ :}''´`≧≦,=.‐ゞミ ミ≧ヾメ      考 え た こ と も ね ぇ
      ,.-、__/,ィ'≧三ヾミ:{ ' -=ニ弍冫} ,::::::`ー二≦¨"、:.:. ゞァ‐ミミ
     ,-=ニ二彡'ク彡三;ム} -‐=‐.:'::_ノミ、::::::.`ー━―-、:.:./,イ〉 |ミ
     ,.-━、__ェァオ彡イニィ{〉{ ィ',.ィ: :,イ__,ィ、`゙)::.、:. ⊂ニ、::.:.ヽ!}_)} {ゞ
      ー=二 _ノイメ√彡{〈゙ト,〈: :  _`ィ::::二..__:. `ー__:. ヾ:: }yノ /ミ、
    〃 ̄`ー" _メ≦ィソ彡、j!'.ィ、_ノィ―`´―メ、ヽ__,,,})/.:: /、_ノヾ.ヽ
,ィ━‐-、{ , -=、 ノ{´/ノ{リ从'ハ`ヾくえ二ニニ二ゞ>';//:/.:: :|ミ、ヾ、
;i;i;i;i;i;i;i;i;i>ミ  `ー}ナ´_ノ'!メ'/ ::ヘ ゙ヽ-━━‐-イ::::/.:.:/イ:::: : ::┃、}ソミ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i\___ー彡ヘ,′ ::‘,: : : : : : : : : ::::/..〃::::: : : : :┃リ、ハ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i`;i;i;i;i;i>-、ノ{   ::.‘,: : : : : : : ::ノ;イ;;:::::: :: : : : ┃从ヘ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/´-' ゙、   :::::;;>= __.イ ;;;::::::: :: : : : ┃トミ、
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/、    ゙、   ::::;;;ハ;;;:::::: / .;;;;;:::::::: :: : : : ┃ミニ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i,′`、   :.、  :::;;;! ::::::;;/ .;;;;;;::::::::::: :: : : : .┃〃ヾ
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;〃   ヾ:. .:::.!  :::;;;! :::;;,′.;;;;;;:::::::::::::: :: : : : ノ、′)'
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/.::::.、ヾ. ヾ::::::}  ::::;;| ::;/ .;;;;;;::::::::::::::: :: : :/ヾi;`━、k

 『これに対し、武蔵は「電光石火の如く」と返した』

769 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:28:50 ID:nLC5R/Tw0

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
       .| ( ●)(● ) |       いやいやいや。違うだろ。
       .|  (__人__)  │     解説と台詞が全然合ってないだろ。
        |    `⌒´   |      .やり直し、やり直しで。
        .|           |
 r、     r、ヽ       /       はい、もう一回。
 ヽヾ 三 |:l1.ヽ      /
  \>ヽ  |` } >     <
    ヘ lノ `'ソ       ヽ
     /´  /,1      | |
     \ ノ .|     | |


、ヽ'ノ    、__,..-‐'  ヽ` } ''´ヘ_',彡Z//
-ソ'   ,       -'" ̄` } i /ヽ、_`ヽ三/
イ!  /  ,.  _,.rニ_`ヽ   ' -' ! ,-_、,, `''!ミl    うまい料理を食らうが如く・・・・・・・・・だ
ソ  ヽ _,.ィ二ィニ-'´ィ     ヽ'='=`' (三| 
'   -‐ '"´´`"´´  _,    ` ヽ、__  ヽ三、
             ノ   ,.-'" ̄ ,.ト、 ',ミニヽ          \_人人∧从人∧_人_从_/
         _,.-‐'´   ,ィ r:-'、 イ ,ヽ ノミミ三ヽ、  _____)             >
       /   _,-'" `   ___ ヽiミミ三ニZ7/ニ、-、ミ三キ<  聞けよ人の話!  .>´
、      ,'  -'"     ,.-_',´..--, } i三ニキ二くヱ、ヽヾ-、ヽr⌒<             (
 `,=‐'  :  ,. ,.-‐'   , -,'-' _, -―┴,)} iミミ、ヾミヽハヽ | ヽ_  `=/^Y∨∨^Y^Y^YY^^Y^
r''ヽ、   ヽ 'i ( 、_,,,.∠-‐'"     f i /ミミヾヽ,`fヽ ヽ|_ヽ、_,  ̄ヽ  )
'   r-、  ヽヽヽ    ` -―_''  _ i./ミ三、iヾ、}iヽ-_ヽ__,
`ヽ-'、   ',  ヽ ヽ      r'      ヽ!、-―}トtrノニ-―、_,
 ,   ` ‐-' 、  ',  '    ,ィ       ',-ヽマ'´| i´` ̄`
  ;         `ー、ヽ '  r'  `‐     .イ、 `T`ヽヽ-'´

 『これを聞いた但馬守は、「未だ修行足らず。精進なされよ」と答え、
  そのまま馬を進めようとした』

770 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:30:24 ID:nLC5R/Tw0

           / ̄ ̄\
          /     ノ \
          |      ( -) |      .ンモー。
     .     |  u.   (__人_)    本編じゃないからって自由過ぎるだろ。
          |       `⌒ノ     .しょうがねえなあ…。
           |        }
           ヽ       } 
           ヽ     ノ
          //;:|     \.ノ:;| 
        / {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
       /   ゞ彡彡ニミミッ;;/
      (  _б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、
       ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ
       ∥  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:.:"〈
      ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂
      八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂
      / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:;::i)! : .彡
     ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . |
   // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!
 /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ
../: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!


 >≧≠ミミ/  ,ィ        |::::::::{ vr      _,ャ
.///彡≦ミf'’ /::::!   y!  ノ:::::::ノ   , x≦三彡'´
川//彡'7彳 /::::::::::、  l{ f:::::::::/   f彡"´               ハハハ…。
リ川リ'///ハ/::::::::::::::\  ' {::::::;/   イ                 なにせ、ちょうど今、原作(刃牙道)の方で、
'八Ⅶ{v'ノⅣrへ:::::::::::::::ミ、_, ゞ'                      俺と武蔵がやり合ってるからな。
ノハリ///lK   ~`ぇ=≧≠ヽ
イノ )///'八 ィ彡'⌒-一' ∧       ー―- 一 ⌒ヽ       .来週、奥義とやらが出るらしいが、
ー彡彡彡'川ヽ       ノ }           ー一 ミソ      フフ…何をしてくるのか。
三三三≧彡彡ヘ    7 ん'⌒  )             /′
≧=≡三彡彡爪     弋  f;'    -‐― - /〃
ヲ彡'≦三三彡'川ヽ        ̄   /, ¨´ ̄ア /  /     ノ
巛彡"//////ノノル'∧\ ノ (⌒二彡 '    / ′     /
人ミv'///'ムイ/////'ハ ( (__八   _  <   ノ    /
彡ヘ》≦彡'ノノ/////,人  ヽλ_`¨´ _ ,-‐ 彡     /
三彡リ彡イ'////ムイ川≧x    ̄

 『そこで武蔵に「ならば、貴方の境地は如何に?」と問い返された但馬守は、
  「春風駘蕩の如く」と答え、そのまま去っていったという』

772 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:32:07 ID:nLC5R/Tw0
    / ̄,二ゝ、
   /  /   `ヽ\  ,ゝ‐v-壬ネ ̄ヾヽ.
  ./ /   /´`ヽル',ィゝ、 `ヾミ、>、"i`ヽ.
  /, '   ./ ,ィヽゝ'メハ ´、`ヽ.  `ヾ.ヽゝ、 .i!、
 i/    /  /'´,  "    .、 ヽ   ヽ ∨i./ .i
 i    / , ,' '   i     i ハ   、i 人i 丿      …話と逸話が全然合ってないではないか。
 ヾ、  / ./,  ,  i: | i :i  :i i: i   ゙iノメ、i丿     NG集ものだろ、これ。
   ∨ / , _i___i_.i! ! !、,ィ‐!-!i-!-  .i/'i.ノ,'
     i .i .i .i ト、i、`i`ハ. i、 !´ゞ彡三ミ   ト、レ'_       しかし、それはそれとして、『鵜之真似』と言えば、
     l i:!人i彡三ミミ ゝ^' "´i!:i ゚!:i!i.  i: |` i、:.`ヽ.    武蔵の養子・伊織の家が家老職を務める
    ! 乂:|:ト. f!:U゚::i      ゞ¨:c.l  | .!,丿:::::::メ    小倉藩の藩士が作者であろうに、
   .人 ヽ!リ、i 廴゚ノ  ,   `¨¨´ i  ! ハ::)_/     .随分柳生寄りの話になってるな。
     乂 V `!     、 ___   U .ィ! ,'∧,、_\
      ヘ 、i ゝ、        ` ィ≦リ ,ノ≧=ヽ. `´      その辺りを除けば、
      ヘ从  __`¨ フ7i::´:::メyイ'/ヾヾ゙`ヽ`ヽ、     なかなか「らしい」感じになってるとは思うが。
          ,ィメニ―ヲハ/,'_ィ彡ii:ノ'.:::::::::::::;;;;;;;//i
      ,ィゝ'〃ィノ'´ .,`´   ||、:::::、::::;;;;;;;;;;;;`/
     /.:::::;ゝ'´`◯'´ ̄`ヽ.  !!::;;;;;;;;、:::::;ゞ:::::7 

                     .                 ___
                                 > ´  ̄        ̄ `<
                               ./      > ´{     }ミ> 、
                             /      /    ヽ   ノ     ヽ
                            /      /       ` ̄        \
  まあ、武蔵本人は       ...       ./      /               r- 、    、
 別に小倉藩士じゃないですからね。.....  ,'      /     > --ミ        !  ` <.  ',
 それに死後二百年も後の事ですし、    i      ,     /       ',      ',  ',.  ヽ 、
 肩入れする程のものでも        .   |        i     ,       }  、    ト!ハ ! |.', ;
 なかったのでしょう。          ..   |       .|      {  i  !  /   \  / .〉-‐!  ', !
                     .      |       .!     ',. | |ヽ トヽ    ヽ/  /,.ィ! !/ ヽ!
  ちなみに、二人が述べた    .      |  i     ',      〉 i!, i'' ヽ! ` <    /心 '' !  0
 「電光石火」「春風駘蕩」の言葉は .....   |  |   i  ',   /! ハ,!.ィfミ、    ` </弋ツ |  |. ',
 おそらく禅僧・無学祖元の言である   . !  |     ヽr/  |',.イ廴忙              !  廴!
                    .        ,        {{ }  |ヾ. ゞ> '       ,   ,    川’,
  「電光影裏斬春風」      ..      ./          i ヾ |                ハ     ',
                         ./ ハ      廴__}} !               _   /       ,
  あたりが由来でしょうね。   .    .//  }   ハ  川川. ', 、       `     .イ  ハ      |
 『不動智神妙録』でも .        /     .|  ./ .i  ハ.   ', >。..,,     / i`ヽ. / ! .∧   !
 言及されてますし。                 | /  | / ri ',.   ',      i''ー/   |  V  .|/  ', ,
                            !/   |/  !0:.',    || ̄ ̄ ̄ ̄ ,   .!   ',     }/
                           / i   /  ,:.:.:.:.:.ヽ.  ||    > ´i   ,     !

773 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:33:41 ID:nLC5R/Tw0
                   ......        /        /´ ̄`'ー'’ __ : : :ヽ.`ヽ
                               /   /   / ヒ弐: : :.f¨´: :ri〕 : : :ム. ‘,
                           /   /     /ぇ,,_: : : : :.ゝ'ヘ 》:r-、: : i}:,. i!
  ちなみに、宗矩と武蔵が             /   ,   /  , √r': : /`ヽ: : V:》, ゙:,: :} :,
 直接遣り合う話はもう一つあって、     /    ,   i  i!弋ノ: :j{  \ }: :ノ :リ〉, .L:i} :,
 そちらだと、           .....    / イ   i  イ  i!ゝ-: : i!ヽー ノ: :`¨´::/ノ ! ト、 :,
                   ......   ー ' ノ   ノ/ i!   .i}`'ー:ノィ忙ミ、\.: : :./iリ.! ;! {》=-ュ、
   「武蔵が宗矩の師匠」    ..    /八 ' ´  i!   i}>''ヘ 乂シ  \/  八ノ i!`ヾ:、 ヽ
                   ......      /  ゝ   i i!  ,《〕   :,        ′′}! 八
  という設定になっていますね。  .   ;! /`i! λ i! 彡' ノ、    :,   、 _ ,  / ;! .i!/
 これも紹介しましょう。      .....      .イ! / ゝノi  ;! i} ヽ.  i}s。.    イ /ゝ'′
                          / i!′〃 l ノイ二二゙:,ノ、i:}´  ̄  レ
                          /  リz*'’  /./////.:}//≧s。ヘ.
                         .イ! 〃  .ィ//////.:.:.:.:i!///i}、ヽ 〉,

       ゝ≦⌒ヽ
     / /  , -、.},- 、
     レ′ //i∨/∧ `<ー- -、
      .>ー―- ー-\、 \ノノ ∧
     ./          ヽ  ' ,/ }
    / Y      ,    ∨∧ ソ
    レi .{  ノiナナ∨ヽナナヽ|! .∨∧ ',       …なんかその設定の時点で
     Vヽ 1 o   o   i∨i   ! .}ヽ     信憑性が場外リングアウト負け状態だが、
.       / .|        .u ./ 'ソ  /./  \    とりあえず見るだけ見てみるか。
      | .人   ーっ   /    /ノ __>´
     /Vヽ ≧ァzァ=≦/   /、}ノ
    /____.父,∠二二ヽ父ヾ ー`
      〈{::.(__8.__):::::::}〉
.      /::::/}::}X{:::::::{∧:::::\

774 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:34:36 ID:nLC5R/Tw0
┌────────────────┐
│  武蔵、宗矩を叱る(異説まちまち) │
└────────────────┘

          / ̄ ̄\
         _ノ  ヽ、_   \
         (○) (○ )    |
       .(__人___)  U |     おい、どーすんだこれ。
        .__(,__       |     お前、俺の師匠だったの?
      //___ \_     |
     |  ./____\-`    /
    |   / ,.  〉-`_.  〈
   .|   {(,/       ⌒`ヽ
    ヽ   }          ヽ
    }   ヽ       ィ  ヽ


     (    〉三彡ミミ刈//ノイ{{//川ヘミ川|彡ヲ刈三ヾー'
      >ャッv彡三彡ミミゞゞ{{{ヘ{≧ミミ刈}〃川彡彡}!}三≧≠⌒
      {!  >ミミ三三≧ミミ>ミミミミ川川彡彡彡三彡≦三ミミ≧xイ_,r
     _ `y∧/彡≧ミミ/     ゛ヾリ〃´    "シ≦ミ≦三≧ミ<
   /,≧x=>ミ三三彡゛                "彡ミ≧彡三ミト-
    ,ム三ミX三三≧イ   _, -=一'{      .r=- 、   }三ツ彡彳´ ゛ミ、
   {;'´ ̄7>ミ三彡彡! ,r'´ ̄ ヽミミ 、  l   川√ ゛>ヽ ソ三≦ミミ、  ゞ、_ノ      知らん。
   ,!_,〃,f彡三彡彳 ヽ、ニ二 _ヾミミッ | r彡"_ 二ニ ヶ  レ⌒)ミミミゝ        俺に聞くな。
  ,f"ヽ_//〃ァ7ハ 八   >- ィハY 、l Y ≦ -イ   },ノ/三ミシ彡≠、
{、_ム彡"ヘ//彡"三ハ_ノ ゝ、    _ノ  l l  ヽ、     ノf_/三ミミツ
,x三ミ=-=彡≦三彡f {  )ヽ /   ,   、  \ ,r´ イハミミⅦ!{    _ノ
   ,r≧三彡7/彡ヲ   ゝ {  〉    ゝ--<    ハ  ,ノ  Vルミリゞ=≦、
 _,ル′  //彳彡イ    ∧.(   ノ二 ー' 二ヽ   {ノ ノ     トミ三≠≦ミミッ'⌒
     ,イ/彡イ川i!     ヽ入 ̄`ー. ̄.一' ̄ / /     ドミ三三ミミ≦、
    ノ ル1{ リ彡!       ヾ   ,r'  ̄ `ヽ  〃         |ミ三ミミ≦、__ ヾ!
    _,ム斗イ  八   .,r'⌒ヽ/ {     } / \γY⌒ヽ .厂`ヾー-<⌒ヽ
 .//////// /  ヽ.(´     `) ゝ ー  一 7   (    ノ )ヘ   〉/////>
<///////// ノ   ハゝ,___,ノ´             ゝ、_ノ  ゝ ./////////∧

 『柳生は宮本武藏が弟子也。
  回国修行して武藏にあひ、問ていふ、「何ぞ工夫ありしや」と』

775 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:35:30 ID:nLC5R/Tw0
                             /::/ ̄::::\_::{:l::jリ/∠三ミトx'´
                        {:::{:::::彡三::::ミヽ:彡三:::ミ:::::\ー'
                        _/jノ:::/::f´  ̄`゙Y´ ̄ ̄`トミ、:::}:ト、__
                    / ̄/:::::/:::ノィf圭{_ | ,ィf佳ハ i::::::\リ厂ヽ     まあ…折角遣り合うって話なんだ。
                      { /´{::::::{:::l{ t‐t_テぅ  レrt_テァ'ト、:\:\=一'   ほら、来てみろ。
                         _,ノレ'⌒;人  ̄ノ }    ̄ ,小:: ̄\:}_,ノ
                           /::/Τ{ (| _  r{_}ュー- 、/ _} }「jヽ:::}       撫 で て や る。
                        {し';ノ}::::ト┴({ ー<二二>‐ },ノイjノ:::}人__
.                   /⌒ーイ{::/   人 `こ二´ /」   ∨{:{   ̄`ヽ
                       ___l/     ∨ {   j/      iト\
                    /  /   j     ー―一'       ̄ ̄`ヽ.  ___
            ,.  ´ ̄ ̄ ̄ ̄\__   /     |   }     \    ,,<     \_
        /     ´ ̄     〉 ̄ ̄ ̄> 、_ ‘, / j__,∠ ̄ ̄/           ', \
.          , '⌒ヽ  ,'⌒ヽ         /     `ヽ/'"´  _  `゚  、{__         i   ヽ
   __ 人___,ノイ|人___,ノ,ィ'⌒ヽ      '"´ ̄`ヽ. }   '´        `  、       |    ゚。
. /⌒ヽ }\|_  _j ト-- {l人_,ノ            ` i    -──           \            i
 乂___,ノ_,ノ ノ  ̄ `ー一'^ヽ___/           -─- 、レ'´                  \        j |
     { ̄ _ -───--  {__/ ̄ ゙ヽ       }                      ',       /
...   /「 ̄    r‐ァ ´ ̄ ̄l  {    ノ     /{                       }ー―くノィ
   / │        /      \ ` ブ¨´         イ\                   /     i  \._
   ,′ 八       __{          /         _/ ト、 `           _  --─、/       |  │\
..... i    \__/`ー-----一'          _,ノ | \__               //       ト、  }   }
   ゚。       }  /  / |ヽ._____, -─    ̄__/ \__ ̄ ̄  ー一 ´/ |         l  V\ /
   ∨_____   _/    ノ /\__/ ̄/ ̄ ̄ `ヽ__/    ̄\ ̄ ̄ ̄    |        |   l  `!
...   \  /   `了´ /     `ヽ /       }{           Y´ ̄  `ヽ  ',       l  l  |


     / ̄ ̄\
   / \  / \
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |     嫌だよ!
    |ヽ |!il|!|!| / .|     .もう無刀取りもへったくれもないじゃねえか!
.    |  |ェェェ|   }    せめて竹刀くらい持てよ!
.    ヽu      }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、

 『柳生答て、「無刀取を工夫せり」と。
  武藏、「こゝろみん」とて、しなへを持、柳生は無刀にて、八畳敷の座しきを互に見詰て廻る事三べんなり』

776 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:36:39 ID:nLC5R/Tw0
        , '  / / /;: -――-、:、  |: : : :
          /.| / / ,:'::/      }:} /: : : :
       /ヽ| / //::/  _____,ノ_: : : : :
       ,'-、:| | | {::/ /_/ ,. -―-  _): : : :
      ,' _}:} | | V  |f:/ /       \: :
      |/r:ュY>-‐''´`ー'//         ):
       | ̄`ノl /,.-<`'''ヽ/  _,.     ): :        ほう…師に向って逆らうってのか?
       |‐rくl l {   入_f_,. -<  -< ̄ヽ: :
      |( ノ  ,. -‐'  `ー――-、_,ノー( r'"
      ', >-‐'´ ̄`¨''‐-、    -―‐-、 ヽ: :
       ', ,. -‐===‐-、 \__,フニ、 } ,'/
       ',^Y^Y^Y⌒Y^Y^ー┬┬''Y^} ノ/ /(: :
       ',_!__j__」_人/ヽ‐┼┼'''|// ./: : ',
        ', | |  | 人 ト-'ー''>'´ /  j、: : :}
        ',^'´`´`´  `´  // ./  /: :} :/:
         ヽ´ ̄ ̄`ヽ.__,ノ / /  ,': : : /: :
          ヽ´ ̄`ヽ.__,ノ /   {: : :/: : :
           \     `ヽ     }: /: : : :
            \       ヽ.__,ノノ: : : :


.    ,z‐ ‐-、
    /     \ ,=、
  |`l|    」L .|l  !     最後だけ話を合わせてんじゃねー!
  | |    7「 |! .l    これで終わりだから、とっととチャンピオンに帰れーーーっ!!
.   }  .       i'  ’
   } }     ./ /
   |         /
   l        .'
  ノ        ./
  (       /
  ヽ__,   ./
    __/  ./
   ヽ、 __ノ

 『其時武藏、「師にむかひて、表裏別心ありや」といひかけたり。
  .其時柳生、座して謝しけると也』

777 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:37:48 ID:nLC5R/Tw0
                    \\
                         ヽ
                      __〕|_
                      ̄V⌒   ` ___
                / /  ' |   \ \  ヽ
               ' //  /  |  `、  ヽ  ヽ _ノ
                           |       `、  \\
                 '    /  /     | i  i       ∨ヽ
            /   /   /   i   | |  |  i i     ∨ハ
              /   / \/_'   l   | |  |  | |      _} i
          ,     i ___/__| ji | 斗t匕''| ̄| |      ∨     …うーんこの。
           / /  ___/ rwハ从j \| x=≠ミk、;_   i   ',    さっきよりも悪化してるではないか。
            / /     |  乂 ツ      rw:刈 ヽ   | ',
.          / /    l 〃   ,       乂 ソ |    | i  i     まあ、元の話が話なだけに、
        / / i     |            〃〃 八    ∧  |    真面目にやるようなものでもないが。
       /   |   从       へ        イ   i   |\|  |
      /    |    ヽ    {:::::::i   u  ./7'  |   |: : |  |
.           _j|      |_i\  ¨´    イハ i   |   |:. ノ  ,
        ///∧    |-/ ∧ぅ‐=≦/: / /_/   /|   |彡/
        ノ/// ∧     |_i i:. :ゝ-=彡 : / /:./   /:i|   |<
     / \ 川 i iヽ  ,人: |:. :.||「:. :. :.:/ /:./   /:. :|  人ノ、\_
    / /:. :.---|:. :.∨:. :.∧ 、:.:|||:. :.//:./   /== |/_彡ヘ\{:.\
     { {:. :. :. :.\:|:. :. :. :. /_\:|||:.//:. :./彡 /:. :./7i i i i i i 彡':. :.:.ヽ
      、 、:. :. :. :. :|:. :. :. :./  ` ― ⌒ヽ \:. :. :∨:乂__彡へ:. :. :. :i


                     ....              _
                                 ,ィ´     ` 、
  出典の『異説まちまち』は、   ...              〃  _    ヽ
 江戸時代中期の頃に書かれたもので、        / ^ー ´   `ヽ   ',
 江戸を中心にした関東近辺の             ,'/i  rー- ..、  ',. ハ
 あれこれの雑話をまとめたもの、             ハ{!.ノ  乂斗チ.}___i  ハ
 とありますね。                      / .レヘ __ ノイ仍! 〉-{   ゝ
                     ....          /イ 八 j    /,i {ソ iヽ {
  信憑性については                      レ从ヘヽー /イ|/, ハ| ト!
 お亡くなり状態なのでスルーするとしても、        _,,..`禾爪.}::::ゝ..__jメ__
 この逸話が出来た頃には、    ..            /:::::rォハ___ ノメ:::::/:::::::::::ヽ
 ある程度、江戸でも武蔵の名前は        ./;:::::::jト、:::/:::::::::::::::メi:::::::::::::::::r:.ミ、
 知られていた証左と言えるかもですね。 .   /,::::/::ァィ__ノ..+ニ+ニメ!::::::::::::::::|:.',:.:!`ヽ
                            /:/:/::::::/:.:ハ:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:.:.';.:i_メヽ
                            <:.:.:/:.:i:::::::;:.:.:.!:.:.!::::::::::::::::::|:::::::::::::::::!:.:.:',:|乂` )

778 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:38:49 ID:nLC5R/Tw0
                              .          ,.  …=…‐-
                                     . '"     '"`゙`     ミx、
                                   /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
  この他、宗矩と武蔵が絡む逸話としては、  ..     // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
 『兵法先師伝記』などにある                 .//ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
 武蔵が将軍家指南役に召されようとした時、     /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
 宗矩が邪魔をした話などもありますね(※)  ......  ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
                              .  ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
  内容としては前の補足編で紹介した       ,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
 『丹治峯均筆記』の発展版で、            i!  奚从杙鞘^、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
 「柳生が邪魔をしたから、            ..... |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
  武蔵は将軍家指南役になれなかったのだ」  . ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
 という話ですね。                   ./′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
                                .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
                                .|ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                                ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                               /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ〉


     / ̄,二ゝ、
    /  /   `ヽ\  ,ゝ‐v-壬ネ ̄ヾヽ.
   ./ /   /´`ヽル',ィゝ、 `ヾミ、>、"i`ヽ.
   /, '   ./ ,ィヽゝ'メハ ´、`ヽ.  `ヾ.ヽゝ、 .i!、      まさに「熱い風評被害」であるな。
  i/    /  /'´,  "    .、 ヽ   ヽ ∨i./ .i     これに限らず、宗矩が何かしたせいで云々、
  i    / , ,' '   i     i ハ   、i 人i 丿     という話に出てくる宗矩は、
  ヾ、  / ./,  ,  i: | i :i  :i i: i   ゙iノメ、i丿
    ∨ / , _i___i_.i! ! !、,ィ‐!-!i-!-  .i/'i.ノ,'       「宗矩(天狗モード)」
     i .i .i .i ト、i、`i`ハ. i、 !´ゞ彡三ミ   ト、レ'_ 
     l i:!人i彡三ミミ ゝ^' "´i!:i ゚!:i!i  i: |` i、:.`ヽ.    と称してみるのはどうだろう。
     ! 乂:|:ト. f!:U゚::i      ゞ¨:c.l  | .!,丿:::::::メ    
      人 ヽ!リ、i 廴゚ノ  ,   `¨¨´ i  ! ハ::)_/    \人_人,_从人_人_人/
      乂 V `!     r‐ ―、   .ィ! ,'∧,、_\      )  宗矩じゃ! (
       ヘ 、i ゝ、  乂  ノ. ィ≦リ ,ノ≧=ヽ. `´    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\人_人,_从人_人_人,_从,人/
       ヘ从  __`¨ フ7i::´:::メyイ'/ヾヾ゙`ヽ`ヽ、                  ) 宗矩の仕業じゃ! (
           ,ィメニ―ヲハ/,'_ィ彡ii:ノ'.:::::::::::::;;;;;;;//i                /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
       ,ィゝ'〃ィノ'´ .,`´   ||、:::::、::::;;;;;;;;;;;;`/

※【兵法先師伝記】
 『先師(武蔵)ノ兵法、天下ニ顕レ、公儀ヘモ上達シ、家光公ノ御師範タルベシトテ、江戸へ被召シ事アリシニ、
  柳生但馬守宗矩申上ラレケルハ、武蔵ト申者ハ、兵法ノ上手ニ候得共、異相ナル者ニテ、
  将軍家ノ御師範タルベキ者ニアラズトノ事ナリシカバ、其沙汰止ミケル』

779 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:40:08 ID:nLC5R/Tw0
≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐
  ヘl 、_ l r'. / /_,--ァ |レ  ,-,       ___,,...-=≠=x、
 .引 = ,、 く  /ゅ .ノ i !! 二彡ヾ   /´ ̄¨          ̄¨ハ 
  .|`i`ゅ、ヽ\ ト=イヾ /ハ二ア、 .|   |I  はかった喃。   I|
  ヽ_`Y ヽヽ tァーt  ノ__∠ /    ゞx、_       __,,...ィⅣ   
  .i  t ^ l | /フ 、 ヽlト-イ ( ̄`i     `ヾー=≠彳⌒¨ ̄__,,...-=≠=x、
  !  `ト、U イ、 ' > !!ヽ、 `'ー'              /´ ̄¨          ̄¨ハ
  `ヽ、  `f'''壬ェEE打ト、  、 ∧            |I はかってくれた喃。.I|
    `i  ハ_!-――‐く}`´〉リ <、`i            ゞx、_       __,,...ィⅣ
     rノイ´  `!_!_ヘ_r,!イ_'´ノ >              `ヾー=≠彳⌒¨ ̄
≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐

                       ...             ___
                              ィ≠ミ" ̄`、l| ̄ミ`x 、
                            / (⌒) 廴_彡" (⌒) \ヽ、
  こういう(↑)人が               .,,'                ヽ、\
 量産されそうだからやめてさしあげろ。  ./ &",;ヘ、,.勹I㌃ ___彡ヘ、ο .ム  ゙;、
                       ...  ;. ム. / ,' .;i} J所w {! ,、冫l}   ,! |  }
  仕官の邪魔以外でも、         .  .| Jリ l ; ;. 〈 \/ 〉 ,; ,; l| ,ィf'′| ;.|
 相手の腕前を恐れて、        ....  .|ο | ;ハkrヘ. 〈〉 /)ノlrヘハ!l|〈{ッ}〉|,; |
 試合を断るパターンもありますね。    .{ {l} 〉ィ竓=ミ、l /yf'斧ミメ/   /,; , |
                          .|\,ハ| {{ V少,`゙'"  V少,}} \/ノjノソ /
  まあ、引き立て役としては   .       .リ刎|リ. ` ̄  、   ` ̄  |il||竓} /|i´
 これ以上ない立場ですから  .       .刈乢ハ             ルリ蕀!./ノリ、
 仕方ないと言えばそれまでですが。     ノリヽ}゙ミx、⊂ニニつ ///ハ冫┌_、
                            .. ,;´フ/ ≧====≦、/′ー―-..、∠ニー、


              ,r,===-、
     _       //    `ヾ;
   ./ ._`>、-r=- 、__l.l,r-、   リ
   /   _(_)-'、/  /ミ=-=へ`ヽ、
   i _,(_)-'ヽ/  /    `ヾ、 .',       試合の断りと言えば、
   V(_)-' i ,'  ,'        `ヽ,     小野忠明との逸話が既出だな。
   |,イ. l .ヽl  .l             l     それ以外でも、
   _.Y、 ヽ、l  .l/l/l/l/l/l/l/l/l/l/}
 /:::::::ト、ヽ,.l  .| ーr-、_   t-イ.リ|      ・根来重明(仕官の邪魔)
 ヽ:::::::::Y⌒'.j  .| .|::::l   l::::::| l l      ・富田重政(試合の断り)
  ヽ;:::::j .、j l .iリ. ',_ノ   ヽノ )l      ・小笠原源信斎(試合の断り)
   `ーイ`ー,l .l           , イ/      ・松山主水(試合の断り)
     |:::::::'イ`フー-ryry-イ ./リ
     ` ̄´ ./::〈::::)-、,r|::Y|         辺りがわかってる範囲であるし、
         .フ::::::f::::l全l:::l:|        まったく、便利に使われ過ぎであろうが。
          ,r/:::::::::Vノ-、r',:`ヽ、
      ./:/==--}l| _,イヽ;::::\
    /;;;;;;;´;`;^;^;^;l|´゛| | |:::::::::>,
    /ノVVVV,f-/VvVvl,イVVVVV`
         .し'      'J

780 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:42:14 ID:nLC5R/Tw0
              , -─-、
          //⌒ヽ、.ゝ-‐ ¨ ̄ ̄  `¨¨''ー-x--┐
            //  ./               ヽ┴ 、
         //  /  /         ヽ   ヽ    `<¨ヽ
         .//  /     |         ヘ   ヘ       ∨ヽ
       |/ .,'    l | | l '       |    }       ', 人        あと、他には
       ||  l  l | | | | |  ',.  ', |    |        〈 }
       ||  ||  | | | | | |ヽ. ヽ. ',|.    ├─--==.. }く )        「関が原の後、石田三成の庶子を匿った」
       ||  ||  | | | | | |  ヽ ヘ |     .| ニニ==‐‐-| 〉        「寛永御前試合で審判をした」
       ||  ||  | | | | | .ム-‐弋弌¨|.    |へ 二ニ=ー|/__
        リ .人 l ア>、.ル'ル' .ツ¨イ::;;;ヘ7|'     |f` }     ハ:::::`ヽ      辺りの話があるが、
             ヽ|从,イ卞      ∨:::ノ |.     | .::lj /  ノノ::ヽ:::::::\   .前者は子孫の伝承で、これ以上の情報がなく、
            |   | 斗       ¨¨.....|    |ノ/彡 ..イ人:::: ヾ:::::::ノ  .後者は審判だから特に出番がない上に、
            |   |::::r       :::::::::::::|     |¨彡イ;∧::|::::::::ト:::::::::::/   出所が『陸軍歴史(著:勝海舟)』だからなあ…。
            |  '、            | |  | .彡/:::ヽ|::::::::l \ノ
    イ⌒ヽ    | | . \`ー ´     | |  |  ∨:::::::::|::::::::|        これで、今のところ、>>1が把握してる逸話で、
      ゝ___メー   | |     ヽ        ,イ.│  j  ト、::::::::|::::::::|       今まで未紹介だったものは、これで一通り紹介できたかな。
             | |    .| `ー  <.___| |  ノ二二7ヽ::ハ::::::::|       この補足編だけで20個以上紹介したが…随分掛かったものだ。
             ヾ.|、   |    |ノ __レルル'::::::::::::::|   }::::::::|
              リ ヽルメハ   {¨ ノ::::::::::::::::::::::::::::弋__. |::::::::|
                        | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                               _____
                           .   ´     `
                         ./ ___    r―‐- .  \
  仕方ありませんよ。      .    ./ /r┐`ー'^ ゝ'  o \
 それだけ名の知られた    ....     ./o `¨ (`Y´) r‐==ミヾ `、
 人物だった訳ですから。        .:   r‐'r‐ヘ 〈 〉 |⌒ト ∨ ハ
                       .| |〈 |{7´ ⅥLノ|\|_厶 }|o゚ |  `、
  それに、探れば            .| |く( |{∧___{⌒´ 〉'^⌒^i:}|_,ノ   `、
 まだ他にも出てくるでしょうし。    .| ∧゚ oト〃⌒^ー.   ´´│〔 〕  |\
                       .| ∧__/ 「 ´´     __   | {f}f}、 |
 「…否定できないのが困るな」 ....  .| i 〔 〕人   < ノ .イ: /   |\
                       ノ^| /f}f}\〈\   __ / :|/..┐ :|
                        |:∧  |\∧ '.辷____,,..彡'|=|'|/
                        /  \|\__,f‐|「∨  //´|=|ニ=-
                          -‐=ニニr'⌒ー┐ .厶斗ir。ニニニニニ=‐-

781 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:43:13 ID:nLC5R/Tw0
                 ..                   _ -―――-
                                  ,  ´               ミx、
                                /       , -― 、    ,-、 ゙ ミ:、
                                 ,. '      ,≠" (_) `ー-‐´  \  ヽ
                              /       / ㌃=- ,、ィミvィ㍉ (ヽ、ヽ  ヾ
  とはいえ、これでようやく、    .         /       /.i|! 它=-/ ヾ `}!i{ /ミx´ ゙ミ;.ヽ `、
 「柳生宗矩」という人物の             /       / ノリ   /  ,.' |! 〈チ〉 |メ ,、ヽ,´゙ |  メ、
 「ここまでの話」は、    ....          /        / ℡ / ,'冫从 }! }i{  i! ,ハ!, }  |  !`丶
 概ね出し終わりました。 .....        ,′   ,'   !⊂⊃{!.斗-―‐ー}!廴癶.ノ)ーl |θ|  |
                 ..         |    ;.   {    ,ゝ |ハ八jメ 《 チ、〃/__ヾリメヽノ ';. l
  …実を言いますと    ...         |     :   |〃ノ ,ハ!,ィ汽マミヘ汽ο;愆:` | ゞ、 ,ハ!
 死んだ後も、何かしら   ..         |     :    `,ゞ、 !,ャ´弐!ノ| `゙ ゙ー" 竓,; ! 囘|/ 丿
 引き合いに出されるのですが、  ...   }     l    i初K |仆`゙ミ夊ソ ;   ノ' `¨´ | ゙爪/
 それは次回以降、第三部からの    ./´フ     :    i艾 !| !  ` ̄´       ゙i  !/ ( |
 話ということで。      ....      /′l! i    !   `iiii´ハ!                 /  ヽ
                            | l|   人     .|:::..         r -=7  /    i゙`、
                  .          ソ| , /  `、     |:::::::..       ゙ー´゜ /  | l|
                            |ノ'    .',  | |ミx.:::::....       , ′  ! /
                              |ハ八j  !  l!|   ≧=‐r― " ,、  ,ハ!"
                              |    |  ハ |‐-====-‐|  、 ハ/
                          /^ー、 _,イ≠i}///メ///≠====〈{、 i!/


     /     /        ヽ     `ヽ
      {     /            ,   ヽ
         /  i   ハ    !    ′     }!      宗矩の人物評や、その評価などについては、
         ;   |  , !   ト、    |   |   }!     本編終了後の総括でまとめて行うから、
         l   |`ヽ{ } ; 斗匕、  |   |   }!     この補足編は、ここで(ようやく)終了だ!
         |i ,:  x笊ミ }{ ,x芹示ミ|   l   ,ハ
.         八ハ! ;.  {:し}八 l {::し:} 〉  rv /_:{      次からの本編「その69」は、
           | ハ 乂ノ  `^ 乂ソ |   レ ,..::{:::ハ     宗矩死去直後から始めるぞ。
           l l圦  ′        l   {/}::: {:::::{
        _ ノ八个o。ゝ   ノ  ,   八,::::::{___{      第三部は然程の物量には
       人__{_,}ハ!r==个ー=・・ニ〔  ,: `トミ: {       ならないはずなので、、あと少し
        i{ r'::::ゝ__j  jf^|::::|!:::::::::厶イ〕トミ  `ヽ      付き合ってもらえると嬉しいぞ!
        i{ |:::::::::::::ゝ,ノ  `ー=≦   }「リ{  ヽ__,ハ
   fVハ__ハ ノ::::::>'゙´{   _     / } }!  }V, \    では諸君…さらばだ!!
   }  {fリ八_,     'v_´__ ノヘ  i{__ ノ  }!  } v,_ノ
  ノ   ノ:::::::{    oi}        、/::::::ゝ,_ノ!_ 人__j「
 〈     }::::::::人   ,:       }:::::::::::::::::::::::} |::::{

783 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:44:10 ID:nLC5R/Tw0
                      ________
                    /            \
              /               \
             /                      \ キラッ
            /                ,ノ  ヽ、\   ┼ Y
           /            --─'"´    `ー-ヽ
           |             ,ィぅ、  ヽ    ,r。、 ヽ    +
           |   ,'⌒ヽ⌒;     l0躑o  l    躓0! l
               | ./   ノ 丿     ヾー° ノ    ヾー゚ <  ┼     そして、最期は俺がキメる!
              / _,,/ _,,/       /         i     ヽ
           /  /  /          l        ,ノ!     l        総括篇でまた会おうぜ!!
  , -──、─く  ー/ー/         ヽ____,ノ  ゝ、__,ノ
 /   、  |   | ,,/ /'⌒、               ``ヽ、_____/ ノ
,/  '-ー|  |   |   (   |                    イ
     `ー^ー′   i、_ |                    '" |
             人、 |                         |
     ;,  ,/´ "ヾ   l                      |
      i 〃      / \                     /
      }       /   | 丶                 /
      _ソ,,_ _ ,/     |   `                 /
` ''⌒,"´ /´      ,ノ′                  イ´
      /     _/ー-..,,_               |
      /   ,〟'".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\             ト.、
    /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\             |i:.:.``ヽ、
    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\           /.:.:.:.:.:.:.:.:.\

【やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編) 「柳生宗矩逸話集(本編未紹介分)」】 完

784 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その68・補足編)[saga] 投稿日:2015/11/15(日) 21:44:50 ID:nLC5R/Tw0

【やる夫で学ぶ柳生一族(その68補足編) 新規登場人物一覧】

 宗矩が飼ってた猿      : 百の貌のハサン(Fate/Zero)
 槍使いの浪人(修行前) ....: 間桐慎二(Fate/Staynight)
 槍使いの浪人(修行後) ....: ディルムッド・オディナ(Fate/Zero)
 弟子入り志願の旗本   .: 由比正雪(蛮勇引力)
 牛              ..: バッファローマン(キン肉マン)
 直能が倒した猪      .: ドスファンゴ(モンスターハンター)
 家光が飼ってた猿      : 呪腕のハサン(Fate/Staynight)
 家光に献上された虎    : シールドライガー(ゾイド)
 家光の夢に出てきた馬  : ユニコーンガンダム(機動戦士ガンダムUC)
 榧森又五郎         .: トニオ・トラサルディー(ジョジョの奇妙な冒険 第4部)
 江戸城内の鶴       .: 鶴丸国永(刀剣乱舞)
 宗矩が打とうとした鼠  ....: ミッ○ーマウス(ディ○ニー)
 木下半助吉隆       .: ガデム(機動戦士ガンダム)
 徳蔵寺の切られた松   .: 松野カラ松(おそ松さん)
 徳蔵寺の樵         .: イヤミ(おそ松さん)


スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/10/10(月) 16:48:05|
  2. やる夫で学ぶ柳生一族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やる夫で学ぶ柳生一族 その69 十兵衛、柳生家を継ぐ | ホーム | やる夫で学ぶ柳生一族 その68 柳生宗矩の死(幕間含む)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yromtm1059.blog117.fc2.com/tb.php/542-d85230f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。