やる夫+まとめ -戦国系-

戦国系やる夫シリーズのまとめを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫で学ぶ柳生一族 その57 沢庵和尚、東海寺の住持となる


304 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:16:14 ID:RVPnpP9I0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
             柳生十兵衛三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        大和柳生藩初代藩主にして柳生家の当主、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ / 
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

306 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:18:20 ID:RVPnpP9I0
>>1からのお願いコーナー】
 毎度お馴染み、今回も次回(その58)の解説役を投票で決めたく。
ルールは以下の通りでアリマス。

 ・ 支援の際、以下の条件を満たすキャラについて名前なりAAなりを挙げて頂いた後、
  集計を行い、投票数が最も多かったキャラを次回の解説役にする。
  (例:支援。○○(キャラ名)とかでOK。作品名もあると更に吉) ※一応、1人1票でお願いします。

 【条件】
 ・ 女性キャラ。または外観が女性のキャラ(女装美少年込み)
 ・ AAが複数ある(できれば20行以下のバストアップAAが3種類以上があると嬉しい)

 既出キャラ有りなので長門なり翠星石なりも投票数次第で再登場可でアリマス。
でもできれば作中の登場人物に割り振り済みのキャラはややこしいのでご勘弁をば。

 ちなみに、票が同数のキャラが複数いた場合、恐縮ですが、その中から>>1が使いやすいキャラを
選ばせていただく所存(AAの使い勝手がいいとか、そのキャラを知ってるとか)。
あと、解説役の相方は>>1が適当にチョイスします。
よろしゅうですー。

【過去、投票で決まった解説役-1】
 その13 : マシロくん(舞-乙HiME)                 ......その32 : 閻魔あい(地獄少女)
 その14 : 渡良瀬準(はぴねす!).                   ..     : 輪入道・骨女・一目連・山童・きくり(地獄少女)
 その15 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱)                .その33 : ドロッセル(ファイヤボール)
 その16 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!).        ..     .: ゲデヒトニス(ファイヤボール)&AA色々
 その17 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる)       ..その34 : ゆの(ひだまりスケッチ)
 その18 : 菊地真(THE IDOLM@STER)              ....     .: 宮子・ヒロ・沙英・吉野家先生(ひだまりスケッチ)
 その19 : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣).           ....その35 : 山口如月(GA 芸術家アートデザインクラス)
 その20 : ドリィ&グラァ(うたわれるもの)             ..      大道雅 (GA 芸術科アートデザインクラス)
 その21 : 祇堂鞠也(まりあ†ほりっく).                .その36 : 田中井律(けいおん!)
 その22 : 大佛はずむ(かしまし)                 ......      秋山澪(けいおん!)
 その23 : マコ(みなみけ).                      ....その37 : イカ娘(侵略!イカ娘)
 その24 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※2回目.        .....      諌山黄泉(喰霊-零-)
 その25 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※2回目             その38 : なし
.      : シモン(下妻市非公式マスコット)            ..その39 : 羽衣狐(ぬらりひょんの孫)
 その26 : 藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)            ....      三浦あずさ(THE IDOLM@STER)
.      : 須王環(桜蘭高校ホスト部)              ......その40 : 神代マヤ(世紀末オカルト学院)
 その27 : 宮小路瑞穂(乙女はお姉さまに恋してる) ※2回目        ケンシロウ(北斗の拳)
.      : 菊地真(THE IDOLM@STER) ※2回目         ..その41 : インデックス&上条当麻(とある魔術の禁書目録)
 その28 : ティエリア・アーデ(機動戦士ガンダム00)       ..      ナージャ・アップルフィールド(明日のナージャ)
 その29 : 草薙素子(攻殻機動隊)                  .その42 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※4回目.
.      : タチコマ(攻殻機動隊)                 ......      渡良瀬準(はぴねす!) ※4回目
 その30 : 渡良瀬準(はぴねす!) ※3回目           ......その43 : ラミア・ラヴレス(スーパーロボット大戦)
.      : 木下秀吉(バカとテストと召喚獣) ※2回目      ...      ゆっくり霊夢&魔理沙(東方Project)
 その31 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※3回目          .その44 : 嵐山歩鳥(それでも町は廻っている)
.      : レベッカ宮本(ぱにぽに)                .....      辰野トシ子(それでも町は廻っている)

307 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:19:19 ID:RVPnpP9I0
【過去、投票で決まった解説役-2(今回含む)】
 その45 : イカ娘(侵略!イカ娘) ※2回目
       キュウべえ(魔法少女まどか☆マギカ)
 その46 : 来海えりか(ハートキャッチプリキュア)
       花咲つぼみ(ハートキャッチプリキュア)
 その47 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※5回目
       泉こなた(らき☆すた)
 その48 : 秋月涼(THE IDOLM@STER DearlyStars)
       秋月律子(THE IDOLM@STER)
 その49 : 泉野明(機動警察パトレイバー)
       シャーロック・シェリンフォード(ミルキィホームズ)
 その50 : 佐倉杏子(魔法少女まどか☆マギカ)
       巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)
 その51 : セシリア・オルコット(インフィニット・ストラトス)
       やらない夫
 その52 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※6回目
       キョン子(涼宮ハルヒの憂鬱@二次創作)
 その53 : ヘンゼル(BLACK LAGOON)
       グレーテル(BLACK LAGOON)
 その54 : イカ娘(侵略!イカ娘) ※3回目
       インデックス(とある魔術の禁書目録) ※2回目
 その55 : ドラゴンキッド(TIGER&BUNNY)
        暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)
 その56 : 佐々木(涼宮ハルヒの憂鬱) ※7回目
        セイバー(Fate/stay night)
 その57 : ニャル子(這い寄れ!ニャル子さん)
       柳生九兵衛(銀魂)




309 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:19:41 ID:RVPnpP9I0

【寛永十六年(1639)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .六丸    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

311 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:20:45 ID:RVPnpP9I0
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~56)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
そして、宗矩の惣目付就任、柳生藩一万石の大名への立身や、柳生新陰流の全国への広がり、
また、十一年ぶりに江戸に戻った十兵衛も、宗矩より印可を授けられるなど、柳生一族は繁栄の絶頂を謳歌する。
しかし寛永十四年、江戸時代最大の一揆「島原の乱」が起こり、幕府は多大な被害を出して、これを鎮圧。
天下は泰平に戻ったのである。

 その後、寛永十五年(1638)、長く蟄居の身となっていた嫡男・十兵衛三厳が赦免され、再出仕を果たすも、
入れ替わるように、その翌年の寛永十六年(1639)、将来を期待されていた次男の刑部少輔友矩が、
柳生庄にて僅か二十七歳で夭折したのであった…。

312 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:21:50 ID:RVPnpP9I0

 寛永十六年四月十三日、江戸浅草の柳生家中屋敷…。

                       /\
                     //\\
                   .///.\\\
                  .///:|| || ||\\\
                .// .|_||_||_||_||_.||  \\
               .//    ̄ ̄ ̄ ̄´   .\\
_____________________________//:: : :: : : : ....         .\\____________________________________________
ソソソソソソソソソソソソソソ.//:::::: :::: ::: ::: :::: ::::: ::: ::: : . .. . . .  \\ソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ
=============y//_______________________________________________\\y========================
⌒/癶)))))))))))l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」((((((((((癶⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒
⌒/⌒ヾソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ_/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二
    |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|
    |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
__ __.  |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
| || |......|:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|.........................................艸艸.
|_||_|......|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|.............................................艸艸
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               艸艸艸
\_________________________________________________________________________________________________________________________________ヾヽ
ソソ>=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l艸艸-、,、 艸艸艸
|""=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸艸艸⌒ヽヽ/
|=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸=彳艸艸    _ソ:’;;:
|((二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二fnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn  (,!。:;;
| |     | |::::|    | |    | |            | |     | |ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ 彳艸艸 艸艸丿艸
| |     | |::::|    | |    | |ヽ. ヽ. ヽ.    .| |     | |:|`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒艸艸艸⌒艸艸艸:::;,、
| |     | |::::|__|_|__|_| ヽ. ヽ. ヽ.   .| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _艸彳       ソ。゚;::
| |     | |==========================| |     | |:||                 艸ヽ、丿;;::::艸艸艸
| |     | |==========================| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _ _;i _ _ 艸⌒ヽ艸艸艸艸
| |___________| |=============| |___________| |:||              艸艸艸(jj,,;;〃
| |     |_|_____________|_|     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i 艸艸艸艸  )::;;
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ノ,、,、,、
 ::::::::::::::::::::/=  =  =  = = = = \::::::::::::::::::::                ノ⌒´
                                                ⌒`´ ,.r''" ""

313 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:23:52 ID:RVPnpP9I0
        ____
      /      \
     /   ⌒   ⌒\
   /   (● ) (● )ヽ   父上、和尚様は今日こちらに来られるのですかお?
   l      ⌒(__人__)⌒ |
   \     ` ⌒´   /
   /             ヽ


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   ⌒ ⌒ヽ   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´    うむ、その段取りになっておる。
  |     `∩_ノ)━・'    品川の寺に入られるまで、こちらに滞在頂くように、と
.  |     |_ノ       .上からも指示が来ておるしの。
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

314 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:25:18 ID:RVPnpP9I0
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |     和尚様とは柳生庄で最後にお会いしてから、
   /( ⌒)  (⌒)\  !   !    もう半年以上経ちますお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /     無事に再出仕も済んで、
  \     ` ー'´     //      書院番として日々勤めていることを
  / __        /       .早く和尚様にもお伝えしたいですお!
  (___)      /


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |     (●)(●)  /;;/
. |     (__人__)  l;;,´    そういえば、向こうで和尚と会っておったんじゃな。
  |     `∩_ノ)━・'     何か説法の一つでも頂いたのか?
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/

317 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:26:20 ID:RVPnpP9I0

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ     柳生家の嫡男として
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |    相応しくと振舞うよう、激励頂きましたお!
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \


   / ̄ ̄\  ´_
  /   ⌒ ⌒_ 
 |     (●)(●)
. |     (__人__)
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)     ほう、それは有難いことじゃな。
.  |         }  .) ;;;;)    よくお礼をするのじゃぞ。
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´     (やはり和尚に頼んだのは正解じゃったかの)
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

318 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:27:29 ID:RVPnpP9I0
         ____
       /     \   
.    /       \       あー、そういえばその時、
.  / /) ノ '  ヽ、 \     父上が拗ねて出仕せずに籠もられたとかいう話を
  | / .イ '=・=  =・= u|    伺いましたお。
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \      …ホントですかお?
 /\ ヽ          ヽ


   / ̄ ̄\    て
  /  _ノ ヽ_\  そ
 |     (●)(●)
. |     (__人__)         う゛…。
  | u    `⌒´ノ ) ;;;;)
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

319 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:28:55 ID:RVPnpP9I0
       ____
     /      \        (…やだこの反応マジっぽい)
   / ─    ─ \ 
  / -=・=-   -=・=- \     どうして父上ほどのお方がそんなことを…?
  |      (__人__)  U  | 
  \     ` ⌒´     /


        / ̄ ̄\
      /       \     色々あったんじゃよ、色々。
      |::::::        |  
     . |:::::::::::     |   …言っとくが、わしは悪くないからな?
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

321 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:30:47 ID:RVPnpP9I0

                 / ̄ ̄\
               / .\,  、/\     _,,
               | (●) (●) .|     l;l          そ、それより十兵衛!
              . |  (__人__)  .|  _,_,|,|_,        最近、毎晩のように主膳を
                |   .`⌒´ u  |, ト-=y  丶       晩酌に付き合わせてるそうではないか!
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l  
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,       あやつまで酒飲みにしてどうする!
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,     少しは控えぬか!
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /

               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\      そんな露骨に話逸らすなんて
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \    あんまりですお、父上!
    |  | |        (__人__)   |
    |  | \       |r‐- l u./     あと毎晩なんて付き合わせてないですお!
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \    主膳の奴は三日に一度程度で、後は他の連中と飲んでますお!
    \____  ヽ  ヽ___)   | 
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ

323 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:32:16 ID:RVPnpP9I0
 









                               ...................................
                          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                  :::::::::::::::      …ほう、すると、貴様自身は      :::::::::::::::
                 :::::::::::::::                              :::::::::::::::
                  :::::::::::::::     毎晩飲んでおるわけだな?      :::::::::::::::
                    :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               ...................................









.

324 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:32:47 ID:RVPnpP9I0
_________                                ________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                               || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||        ,/     ,イ ,イ                ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||      /〈    ////                 ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||      / /  /| レ レ                    ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||     / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ.       ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.《》 ||     / /   l |  '――'''''' // .////   イ.゙   || 《》..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||    / /    l l      //  レ レ //.    ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||    //    Y     //     //.     ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||   /           /'"     /'"        ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
________||                               ||________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

325 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:33:08 ID:RVPnpP9I0
                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈
              /   /    夢     ', ヽ    )
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く    この痴れ戯けがッ!
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ   貴様、俺の手紙をちゃんと読んでおらんのかーッ!?
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ ) 
            /    /     ,,   ,,      ',    〈 
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V // )
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   )
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      <へ/`ー ヘ、\
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\    <へ/ ((_))   \_\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋 <へ / ((_))       ( _(
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  / ((_))    ((_)) //<
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ) /    ((_)) //へ〃
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム/// _((_))  //へ〃
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | | ./////   //へ〃
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/ .ノ⌒i//////>⌒` ̄
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  /(_ ノ//////
   // /   /    |/ /      /////(´`Y //
  .// /   /    V   〉   '"´ ///(´ヽ(`ヽi.  i/
      /    /  〈   _ -<///, \ ヽ ヽ ノ
                   ////( `ヽヽ_人_ノ
                 //////ゝノ
                 沢庵宗彭
              (たくあん そうほう)

         ___
        / .u   \     ゲーッ!和尚様!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

326 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:34:58 ID:RVPnpP9I0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     あー、和尚、毎度のことではあるが、
  |     ` ⌒´ノ    不意打ちはどうかと思うぞ。
.  |         }
.  ヽ        }      わしはもう慣れたけど。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      何を言うか。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     これも平常心を養うための修行とでも思え。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      『まさかの時の沢庵和尚の説法!』とでもしておくがいい。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     「それで嫁とのイチャラブタイムを邪魔されちゃかなわんわい」
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |    
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、   
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

328 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:36:30 ID:RVPnpP9I0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| | 
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      それはともかく十兵衛、貴様、相変わらずのようだな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     柳生庄におった時も酒浸りだったが、今も相変わらずなのか?
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     「貴様は酒さえ飲まねばいける筈だから気を付けろ」と
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |      わざわざ手紙にも書いてやったであろうが!
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


          ____
       / ノ  \\      そ、それは重々承知しておりますお。
      / (●)  (●)\   だから柳生庄にいた時よりも量は減らしてますお…!
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

329 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:38:26 ID:RVPnpP9I0

    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|    参考人、証言。
   |::::::::::::` ⌒´ |
 .  |::::::::::::::    }    …わかっておるだろうが嘘はいかんぞ?ん?
 .  ヽ::::::::::::::    } 
    ヽ::::::::::  ノ
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \


      / ̄ ̄\
    /   _ノ ヽ_\    【参考人証言】
    /   (-) (-)ヽ    えー、毎晩一升は呑んでおられます。
   .|    (__人__) |    あと、朝酒と昼酒と寝酒も。
   .| u.    `⌒´  |
  . ヽ       nl^l^l   (すいません兄上。だって父上の目がマジなんです)
    / ヽ      |   ノ
  . /        ヽ く
     .柳生主膳宗冬
(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)

330 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:40:29 ID:RVPnpP9I0
           ____  て
          /       \ そ
        /⌒   ⌒   \   ,'⌒i
      / (○ )liiil(○ )  u \ ⊂'  !    しゅ、主膳!バラしちゃダメだお!
      |   (__人__)      | |  |   つーかお前、いつからいたんだお!?
     \.u |r‐- l        / |  |
     /   `ー'´   ,- 、   ̄ ̄  |   「いや、さっきからいたんですけど…」
      |   (____ノ .ノ  ____/
     ヽ        _つ /
      / `ー─── '   /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',      確か代官の奴が、
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     「いっとたるが つきに いつつはきえますね。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      はっはっは」
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      と言っておったが、あまり変わっておらんようだな…。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

331 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:41:46 ID:RVPnpP9I0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\       __,ノ
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',        )    貴様のような奴には、
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!    -=ニ   今一度、説法をくれてやるわー!!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│      ,)    
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|      ⌒ヽ  さあ行くぞ!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',        ノ-、 
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l         ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'


        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \.   は、はいですおっ!!
    |    (__人__)    |
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/

332 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:43:04 ID:RVPnpP9I0

<ドタドタドタ…

     / ̄ ̄\  
   /    _ノ ヽ 
   /    (●)(●)    あの、父上、和尚様が兄上を連れて、
  .|  u.   (__人__)   どこかに行かれてしまいましたけど…。
  .|       |r┬| | 
  ヽ      `ー'./    どこに行かれたんでしょうか…?
  / ヽ       ノ
  /        く 


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     
. | u.   (__人__)    うむ…まあ、直に戻られるとは思うが…ん?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、                      __..、~
    l \ 巛ー─;\             ハラリ  _,,...ノ ノ 
    | `ヽ-‐ーく_)                 {  _,'"  
.    |      l                   ゝ´

333 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:44:38 ID:RVPnpP9I0
 









                  _.. -ー-.-、_
                 /         .`'ー.、___
                /                _,, -'
                |  検束庵へ   ,..-'''"´
                ノ           ./ 
          .`ー--─´    行く  ./
           `ヽ             f
             ` 、   by沢庵 /
              丶_____ノ









 ※ 検束庵 : 以前の江戸滞在時、柳生家下屋敷で沢庵が居住していた屋敷内の長屋の一室のこと。

334 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:46:25 ID:RVPnpP9I0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)           …どうやら和尚はこの中屋敷の滞在がお嫌のようじゃの。
.   |     (__人__)          まあ、あのお方らしいといえば、らしいことじゃが。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )     よい、上にはわしから説明しておく。
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)  主膳、お前は下屋敷に行って、準備をしておけ。
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


    / ̄ ̄\
  /  ⌒  ⌒\
  /   (⌒) (⌒)ヽ
 .|    (__人__) |     承知しました。
 .|      `⌒´  |
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ


 ── こうして寛永十六年四月十三日、沢庵和尚は江戸に再度入府したのであった。

335 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:48:40 ID:RVPnpP9I0
.  , ゙       ,′,′, /  /   /  /`{         } }  }     }  `  L_ ` 、i      いつもニコニコ、貴方の隣に這い寄る混沌。
\/ /       { {/ ,′    /  ,ニ.._{       -‐- .._    }      } ` 、 |     ニャルラトホテプです!
  丶、     __彡:、 ..__,.'|  |    {  x勹_)`V{     ,  /  /`/        }   ヽ 
     丶、      '⌒¨´ |  |    { 爪 {K,__.:}ヘ   / /}/}/|  /      ,     |      今回は歴代解説役の中で、
      丶、       八  |    :、 } _,辷:ツ   、/}/  _,_,_   |イ      ,′    |     圧倒的得票数(1014票)で解説役の座を
         丶、    /ヘい i {_..≧=-ヽヽ .:       "⌒弐 リ        ん!     |     もぎ取った私!まさに
           `丶、{   }八{ {/\   ′     ヽヽヽ/    ,  ,{ }    |
丶、               丶、____/   \ 、     弋 ^¨´  / / 厶イ    |     「最高に『ハイ!』ってヤツだアアアア
 { {`丶、           }::} `ヽ、    `:、  ー‐' _..≧=‐''⌒)/}/  {     {      ハハハアアアー!」
 :、 、   丶、         }::}     \     `、_.. -‐===‐-ミ{_.. -‐-ミ 
  丶、 .._,,ノ   _      }::}       `:、    ´.._   `¨¨´   \:::::::::::::::}  、         っていうところですよ!
      `¨´   ⌒>、   /::::}         `、  }  ``丶、      `:、::::::::/    \   \  さあ、それじゃあ今から宇宙的知識に基づく
.        _..   ´   丶、/:::::/           `、                 `:∠.._      \   \ 名状しがたき解説を…!
 _..    ´   , ´  _.. -‐、/                        }::::::::}        \   

                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::
                       ′ l::::i::::ヽ::::::::i::::::::::::::l::::::、:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::i
                       i::::'::::::i::::::::ヽ::::::::i:::ヽ:::::ヾ:ヽ:::::::::::::i、、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
 いや、待て。               l:::::l::::l::::::::::::、\ンヽリll ルノi:::::::::::::::l´  `:::::::::::::::::::::::::::::::〉 i:::::::::::::::::::::::::ヽ
そこは真面目に解説してくれ。   .  l::::i:::::::、::、、ーヽ、  `   l:::::::::::::::l \ 〉::::::::::::::::::::::::::/ ':::::::::::::::::::::::::::::l
                        | | リレ リ 、 ハrJヽ     '::::::::::::::::'(   i:::::::::::::::::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::::l
 仮にも同じ名字の一族の話を          i  ヽ::l'    l::::::::::::::i   ;:::::::::::::::::::::::::/  ヽ:::::::::::::::::::::::::;
宇宙的に語られてはたまらん。  .        l   ′    i:::::::::::::l i' ´〃〟レリッノノ    \:::::::::::::::::::::::::ヽ
                             ′       、::::::::::  l       \ 〟´ \ヽ:::::::::::::::::::::::::`
                            〈  、       l::::::::::::l  '      /´     ヽ丶::::::::::::::::::::::::ヽ
                            _-´ヽヘ、‐ヽ  i:::::::::::/      /        ` ヽ:::::::::::::::::::::::::、
                          /  l  ヽ ヽ \ l::::::::::'     /       〟  ̄ ヽ:::::::::::::::::::::::::l
                         /  、  ヽ  〉  〉  〉'::::::::::;ヽ ---'-- --、_、 ‐´     ヽヽ::::::::::::::::::::::ヽ

336 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:50:32 ID:RVPnpP9I0
     l   /  / /l         !ト、  ハ __          l `、__
   l l   !l  /l l l         !l __斗l'"「    }       l { /  }
   l l ー-l-L_l__l| !       ミ=j「  l ! l    j       l !l   l
   { !l   l ヽl,,,_「l''十''ノ         ハ,,xj/=ミxl_ /  j!       l l  l       んー、個人的には即「却下だ!」なのですけど、
    ! 代l l㌢示芯ミx        〃ん::(,ハ `jメ ! ;'      |トl  !      AA数4つ、うち女装が1つの貴女が相方だと、
     l l ,,癶l ん::::(,ハ ヾ、      / {'{:::::::}j} ノ l /   r‐、 j l l  l      長く続けるとパターンが単調になりますしねぇ…。
     !! ヾ {代;;;ノ }  \     /   乂゙'''゙丿 / /j }   !  Y  l__  l
     人   `ミ,,,,シ彡   ヽ /  `ミ~'''"~` / / /l  /l  j/  \l      仕方がない!
    ト、 \  `~ ̄                / / / !  /:/ / / \ ヽ     ここは妥協しましょう!
 ト、  l \ \            ト〉    ー=彡 イノ j  //  j f  __   {
 :::ヘ  ト、  `ミ__        、_,,        ノ / //{  /) l  / ~''' 〉     そうと決まれば、早速解説を始めますよ!
 ::::::::ト、   `ミ _二=‐     /  `、       / /  /:::::人 `"/〉〈 r、_ }ヽ   まずは和尚の江戸上府について!
 :::::::::ヘ\  \       {    }   イ::::| /   l:::::::::::ヽ `'" })人 /:::::ハ
 :::::::::::ヘ    ヘ::`''ー- __  `ー '" ,.ィ::::::::::::l    l::::::::::::::::}/       /:::::::::::〉
 ::::::::::::::ヘ   \ヘ::::::::::::::::::>--<:::::::::::::::::::l    l:::::::::::::::/       {:::::::{⌒


                    ......    /.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::: /;:;:.;;:.;:|;:;:;:;.;:;:.:..;ヽ
                        /.:.:.:.:.:|.:.:┛┗:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::: ハ;:;::| ヽ;:;:;.;.;;.;:.;`、
                        |.:.:.:.:.:.:.|.:.:┓┏|:::::::::::::::::::::::::::://:/、|;::|   ヽ;:;.;:;.;..;;`、
                        |.:.:.:.:.:.:|丶.:.:.:.:|::::::::::::::::::::::::/ /:/ ヽ|;;:|     |;:;:;:ハ;:;:;ハ
                       .|.:.:.:.:..:|..;丶..:.:.:|:::::::::::::::::::::/‐‐//‐- |;::|、、    |;:;/ .l;;:;.;:l
                       |.:.:.:..:.:|.;.:;.;.;ゝ.:.:|:::::::::::::::::/,,_...。、   l::/ 丶ヽ-‐--|/  l;;ハ;.;l
  (うーん、超殴りたい。        |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;.;/r`i:::::::::::::::::|、弋::...:ノ_` .l;/  ,ゝ` ̄ヽI   l;l l;;l
   でも、我慢だ九兵衛ファイト!)  |.:..:;:.:|.;.;.;.;..i r-i::::::::::ハ::l       l/   i     i  リ  l;;l
                       |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;i   ( i:::::::::l.l::l  u .   /     lゝ、_,,イ      l;;l
                        |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;ヽ  i::::::::l l:l         _ 丿    ソ      リ
                        .|.:.:.:.:.:|.;.;.;;.;l ヽ イ:::::::l ゙'              ,'
                        |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;;l  | l::::::ト、     ''ー‐‐‐-.    ,'
                        .|.::.:.:.:.|j」;ニニ| .l:::::l...,ゝ.     '‐-'     /
                         |.:..:.:.:.:|  ̄`"゙''''''‐ー-二 ー-....__    /
                         .|.:.:.:.:.:ヽ-....,,_        "'‐‐-二ニ'''>
                         |..:.:.:.:/゙゙゙゙゙゙`゙゙゙             / /、`ー 、,,_,_
                         |..:.:.:ヽ  _              / /  ``゙''''ー 、` ー、

337 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:51:51 ID:RVPnpP9I0
                            _,......................._
               ,.   ´ ̄ ̄ `ヽ、 /,  -―――--、 ヽ、
            ,  ´   _ ,. :     //、          `ヾ、
          / / /   ,       _ ヽ、          \
         / :/ / ,   イ     ,  ヽ 、
         ,  / / /   | |      i   ',  ,           \
          ,  / /  .イ   | |      |    , ‘,            ヽ
        , / イ  /: ! _l ! ,    l i    , , l 
       ,' l   |  |: :{: :l: :`ヽ、l     , ,! /  / l !     さてさて、今回、品川に建てられた新寺に
        l  !   !  !、 ヽ:ヽ }: : l`   / ,イ :/  /  イ :|    入寺するため、和尚は再度上府したわけですが、
        | :|  l 下云心、VI/l'   / イ7:/-、/   / :!    その際、江戸での逗留先は、幕府の指示により、
        | i  ', , |ハ、_ハ    、/イ:/:,.イ:   /   !    いつもの柳生家下屋敷ではなく、
         , l  , ゝム之)ソ      示心、/   /   |    中屋敷とされていたのですよ!
         ! !  ,  l\        之)ソ / ./   ,
        ,  |   l  ト、     、 _`     ムイ     l      まあ、下屋敷だと「検束庵」と命名した
        !  !  ::.,  , \  {  V    ,:'|  |     !     長屋に籠もるから、中屋敷で御客として扱え、
.     _i_:l : :/l,   ,_  、 `´_ ,. -く : !  !     ,     ということなんでしょうけどね。
     {////777//l',   ,/>、. 下、_   _: : |  |       :,
     `/ ̄ ̄}//∧  ∨_/二ヽ/>///>__!  ,      ,
     /      L//∧  ∨╋l 、╋-、//}/,|  |      、
     l       },∧  ∨‐、l ∨╋-、//,!  !        ,
     |        {/∧  ∨┿、.∨┿ {//|  |        、


              .                ___
                           ,ィ::1l, -‐-::l:::l:`丶、
                         ,イl::l/:::::::::::::::l:::!:::|l::::!\
                        ∧/::::::::::::::::::::::l::l::/:::/::::::ハ
                         ∧/::::::::::::::::::::::/``´´"ヽ、:'::::|
                         ト::l:::::::::::::::::,ィ::/      i彡|
  しかし、和尚は結局、 .          ト、!::::::::::::::/、l,'         !彡!
 検束庵に行ってしまった、と。      ∨:::::::::l、:l-、ll\ __... -‐‐ ',::::l
            ......           |:::::::::::lぅlぇ ll `/´ ̄`ヽ !,イ
  何故だ?                   〔!:::::::::::!ー" ヽ ',    ノ 〃 !
                         l:::::l:::::l         ̄ ̄ ヽ!/
                        l:::::l:::::!    ` ´    /
                           ',:::ll::::ト、   ‐_‐   / ヽ、
                     _.. - '' ヽlヽ::l| ヽ、     , イ     `丶、
                  _.. - ''     ヽ ヾ、  ` ー'  !        `丶、
                  `ヽ、       /!       lヽ、       /
                    \    i´:.:.:.ヘ        /:.:.:.ヽl.    /

338 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:53:12 ID:RVPnpP9I0
/          l /   l    l l       l l l   ', : : : :',: :',
|        , ,    |    | !        ! ,' ,  l ,  l: : l: :l
l           l |    : :, ':,:_:_:,: ,   . :/: :.リ/._:/_/: l l: : l: : !: :,
l           l |  , :七:´、ヽヾ:、: . . :/: : /7: /:7: /:、./: :/: : l: :l        簡単にいえば、
|.          | |   、:、ヽVIヽ\:、: : :{: :,//:,イ:/l:VI: /: :/: : :イ: :|   
|   _.     | |   、:イ´云テ下、ヾ 、:l:// イ云テ下、/:/ . :/:,: : :       「分かっているが、客人待遇が気に入らない」
、  {_,  }    | 、  ミ、 ト、 _,心   `    ト、 _,心/:イ . :/: ,: : :|
 、_ _ノ    | |ヽ、 : 、弋z(ソ        弋z(ソ'/: :./: :,: : : !        というところですね。
         |  ', \ : \     '       /. :,.イ : :/: : :.|       立派な屋敷で賓客として扱われるより、
         |  ',  :`ミ 、     ー―‐,   彡'/  : /: : : :|       居慣れた長屋で気楽に過ごす方が
         |   ,  : : lヽ、   ゞ_ ノ    ,イ:,    ,: : : : :        和尚にとってはお好みだった、というわけですよ。
         |   l  : : |: : :>,  . _ .  <_: :/   /: : : : : |
         |   ,  : : |,////!      |///'  :/: : : : : : :,        それは、この日書かれた和尚の手紙に
      __|r--、',  : : l/////∧   ∧///,  :イ: : : : : , -''7777    書かれてますね。
     /////ヽ/∧ : : l//////∧  ∧////  : :/_,..r7///////
     {/////////! : : :!/////´二}77<>、/,  : ://///////////

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /   【寛永十六年四月十三日、小出吉英宛の手紙(一部抜粋)】
        /   /   /    『尚々、途中之躰、書中無正儀候。
        /   /   /     但州(宗矩)中屋敷へとの事にて候へ共、
       /   /   /      晴ヶ敷所へ、見事にも無御座荷物共打籠申事、迷惑に存候。
       /   /   /      先如前之下やしきへ参り候』
      /   /   / 
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

339 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:54:30 ID:RVPnpP9I0
                        |.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:..:.:.:|::::::::::::::::::::::::::::::://:/、|;::|   ヽ;:;.;:;.;..;;`、
                        |.:.:.:.:.:.:|丶.:.:.:.:|::::::::::::::::::::::::/ /:/ ヽ|;;:|     |;:;:;:ハ;:;:;ハ
                       .|.:.:.:.:..:|..;丶..:.:.:|:::::::::::::::::::::/‐‐//‐- |;::|、、    |;:;/ .l;;:;.;:l
 なるほど…。            .... |.:.:.:..:.:|.;.:;.;.;ゝ.:.:|:::::::::::::::::/,,_...。、   l::/ 丶ヽ-‐--|/  l;;ハ;.;l
しかし、和尚の気性を考えれば、   |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;.;/r`i:::::::::::::::::|、弋::...:ノ_` .l;/  ,ゝ` ̄ヽI   l;l l;;l
尤もな話だ。             .... |.:..:;:.:|.;.;.;.;..i r-i::::::::::ハ::l       l/   i     i  リ  l;;l
                     ... |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;i   ( i:::::::::l.l::l      /     lゝ、_,,イ      l;;l
 この後、特に騒ぎにも      ......  |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;ヽ  i::::::::l l:l         _ 丿    ソ      リ
なっていないようだし、       .....  .|.:.:.:.:.:|.;.;.;;.;l ヽ イ:::::::l ゙'              ,'
                     ...  |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;;l  | l::::::ト、     ''ー‐‐‐-.    ,'
 「和尚だから仕方ない」          .|.::.:.:.:.|j」;ニニ| .l:::::l...,ゝ.     '‐-'     /
                     ...   |.:..:.:.:.:|  ̄`"゙''''''‐ー-二 ー-....__    /
 というところだったんだろうな。 ......   .|.:.:.:.:.:ヽ-....,,_        "'‐‐-二ニ'''>
                         |..:.:.:.:/゙゙゙゙゙゙`゙゙゙             / /、`ー 、,,_,_
                         |..:.:.:ヽ  _              / /  ``゙''''ー 、` ー、
                         |..:.:.:,ゝ _`--          / /、      `'ヽ ヽ、


.       / /             .  ´        \        \
      / /             /  /    |        \   \
     ' ′            / /      |      '.   ヽ
   |i          /   /     |  |   l    |           '.
   ||           .'    ′    |  |   |  斗十卜.  | |
   ||                |      ,l斗 从 |/| ハ l |∧ | | | |
   ||          l |      |/ | 八  \|' |/.xセ斥≪Ⅵ  | | |     まさに「アンチェイン(繋がれざる者)・沢庵」ですねぇ。
   ||           | |      | Ν.xセ斥k、 |`  "iノ:::/} 〃,  从乂   現代なら、時速4km以上で歩いた途端、
   ||           | | |   Ⅵ〃 iノ::ハ \|    乂zン  / / : ハ   .世界中のカーナビに異変が起こるレベルですよ。
.     l|        | ハ|    .ヾ 乂zソ         .∠ イ |: :  '.
               イ  从    \         ′      .' |: : .     尤も、和尚自身は将軍家に近侍せざるを得ない
.     '.             | \ \  >       r丶     .イ  ': :|: .    自分の立場を、「繋がれ猫」の身と自嘲してますにゃー。
.     \           |  : : く\‐<          イ: ′ ': : |.: :  .
        \ヽ.         ′: : ∧\\_: ≧: .  . _ .   |: |: |_ |: : :|: : :  ' .
          >` =-   /  : :/.:∧. / ,\、:|     ト/_ヽ_: |.: : : : .  \
               /  : :/.:/: ;x{ 二二Y |     /`Y__ }//7ァx: : :
                /  : : : :///|  ―-、〉\    八7--- |///// ヽ: : .  '.
.               /  .: : :/ V///.   r_ノト\\ {  〈_‐ァ ノ////   '.: : .
             / / : : :   ∨/∧  / ノ、 \\ ´  / |'///     |: : : .

340 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:56:57 ID:RVPnpP9I0
                            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::
                            ′ l::::i::::ヽ::::::::i::::::::::::::l::::::、:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::i
                            i::::'::::::i::::::::ヽ::::::::i:::ヽ:::::ヾ:ヽ:::::::::::::i、、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
                            l:::::l::::l::::::::::::、\ンヽリll ルノi:::::::::::::::l´  `:::::::::::::::::::::::::::::::〉 i:::::::::::::::::::::::::ヽ
  あと、そういえば、            ..  l::::i:::::::、::、、ーヽ、  `   l:::::::::::::::l \ 〉::::::::::::::::::::::::::/ ':::::::::::::::::::::::::::::l
 和尚が十兵衛に宛てた手紙というのは    | | リレ リ 、 ハrJヽ ̄    '::::::::::::::::'(   i:::::::::::::::::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::::l
 どういう内容なんだ?                    i  ヽ::l'    l::::::::::::::i   ;:::::::::::::::::::::::::/  ヽ:::::::::::::::::::::::::;
                                  l   ′    i:::::::::::::l i' ´〃〟レリッノノ    \:::::::::::::::::::::::::ヽ
  どうも飲酒を戒める          ......        ′       、::::::::::  l       \ 〟´ \ヽ:::::::::::::::::::::::::`
 内容だったようだけど。         .....       〈  、       l::::::::::::l  '      /´     ヽ丶::::::::::::::::::::::::ヽ
                                 _-´ヽヘ、‐ヽ  i:::::::::::/      /        ` ヽ:::::::::::::::::::::::::、
                               /  l  ヽ ヽ \ l::::::::::'     /       〟  ̄ ヽ:::::::::::::::::::::::::l
                              /  、  ヽ  〉  〉  〉'::::::::::;ヽ ---'-- --、_、 ‐´     ヽヽ::::::::::::::::::::::ヽ
                             / ヽ 〉  i  l  l  / :::::::::::l、‐´  `        `゙``、     、`::::::::::::::::::::::、

              /  ̄ 二二  ―  _
            _rイ_ ̄        ̄  ―   ミ 、
        . ´   ヽl  ミ  、           `  、
      /      大      ヽ           ヽヽ
        〃   /   '  ヽ \\          ‘,
    /    /,' ,' , ,' i   ', '., ヽ.    、          ', '
    /   〃!l l l l l! l   i! li i ‘,',   ,
   ,'   ,''  l l l l l l    ! li l! i ト ト l ',     ええ、その通りですよ。
   ,   i  l 卅-A ‘,  i! A卅l l ! ! ! ! l  十兵衛出仕後の寛永十五年十一月、
   i   i   .V川zzxミ、  ,': /ィzx川 i! l ! l l  和尚から十兵衛宛に、上府に関する知らせと、
   l    l   .八{{じdヽ `ミ、ツイじd 彡升 !.ト ト!  出仕について注意を書いた手紙が出されているのです。
   l    l ヽ、 .弋zソ     弋ン /彡リ l l リ 
   |   人  \\  、  ' ,   '! lレ'リレリ     その中で、
   |   //∧   トゝ    ̄r'つイ l l
   |  '///∧   ヾ > _/ニ⊃'l|l        「お前は酒さえ飲まなりゃ出来る子だから!
   |  /γ´⌒ヽ ヽ V l / 入l.l ||l_        やれば出来る子だから!(大意)」
   | i i i     ‘, V¨ | ::::::j:::l|l ヽ
   | l l l      , V .!  ::::!:::l\l  i      と書かれているのですねー。
   | l l∧    ヾl  Vl   :::リー'ヽ  i     普段どれだけ飲んでたんでしょうね、この人。
   | l l l∧     ‘,  ‘!  _.イ:    \!

341 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 21:59:32 ID:RVPnpP9I0
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /  
        /   /   /   
        /   /   /   
       /   /   /    
       /   /   /    
      /   /   / 
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  【和尚から十兵衛への手紙】

『好便の間、一書申し入れ候。
 お手前、お目見えなされ候や、いかが承りたく候。
 但州へ書状進め候。ご息災候や。
 我等事、九月中帰国仕るべきのところ、思いの外、京に隙入り候て、今に居り申す事に候。
 近日隙明き候間、廿日頃には国本へ罷り下るべく候。
 来春は、其の元へ罷り下るべく候。万々其の節承り申すべく候。
 久々ご随意に在所にご座候間、又立ち返りご奉公、少しはご苦労に思召さるべく候。
 ご酒さへ参らず候はば万事相整うべく候。
 其の段随分お心持専用候。尚追て申し入れ候。
 恐々謹言。

 (寛永十五年)霜月十五日
 柳生十兵衛殿 人々御中

 宗彭(花押)』
             //                丶
             Ⅵ                  \               /)
            ^´/⌒  ー=-                  \            __//
       /   /  /        ≧=-‐         ',        /ー‐、 ヽ
      /  / {   {     l   \   ヽ          }      /  , ´¨¨_/}   こちらがその手紙の全文です。
.      ′ ./  /:    \´N≧x   }、 \}            ノ  __    ´   ___/¨¨ゝ'  十一月十五日時点では、まだ京にいて、
               ゝくⅥ ∨ ト、}\l         __         ‘´        二十日頃には故郷(但馬)に帰る予定であること、
      |  ./  ∧ {  \=- ヾ ::.`¬  }       __          '’           江戸へ上がるのは来春になるので、
      | /  / .∧\{   ≧=- r. ..、{     __     __    '’             .その際はよろしく頼むと書いてある他、
      Ⅴ    / lゝ=- .`=-‐ {:ヽノ}--ミ_ ≫     /`⌒ヽ'’      ./⌒ヽ
.     /         l \ \   ` ∧  {、    //_____  \   /-‐‐‐=ミ      「長く故郷にいた後の再出仕で
    /__彡    〃Y::::::⌒)ー‐、¨´',   }:l __/ /    \  \^´/´¨¨丶 ヽ      苦労に思うことも多いだろうが、
ー‐‐='    ./  {{:::{≫=‐-ミ:::::::ノ   、 //'’{ l  {       丶   ',.′    }ハ/      酒さえ飲まなければ、概ね何とかなるはずだから、
\     /   /:::/ ヽ   ',::廴::{-,. 丶  ヽ  }    {{___ノ } /     /        その事を心がけておくように」
  `ー‐    /::〈⌒ \   '::::::}\\ \___} {    /  ゝ-'′
`  ー‐‐‐=彡:::::ノ.  }.   \  }::::::〉 \\   / .八____彡   /              という忠告文が載っていますね。
     /:/ゝ'   ∨     {:::(      ̄ ./--       /
    /:/       〈  ヽ   ',:/       `ー――‐

343 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:01:56 ID:RVPnpP9I0
                   /.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::: ハ;:;::| ヽ;:;:;.;.;;.;:.;`、
                   |.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:..:.:.:|::::::::::::::::::::::::::::::://:/、|;::|   ヽ;:;.;:;.;..;;`、
                   |.:.:.:.:.:.:|丶.:.:.:.:|::::::::::::::::::::::::/ /:/ ヽ|;;:|     |;:;:;:ハ;:;:;ハ
                  .|.:.:.:.:..:|..;丶..:.:.:|:::::::::::::::::::::/‐‐//‐- |;::|、、    |;:;/ .l;;:;.;:l
                  |.:.:.:..:.:|.;.:;.;.;ゝ.:.:|:::::::::::::::::/,,_...。、   l::/ 丶ヽ-‐--|/  l;;ハ;.;l
                  |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;.;/r`i:::::::::::::::::|、弋::...:ノ_` .l;/  ,ゝ` ̄ヽI   l;l l;;l
                  |.:..:;:.:|.;.;.;.;..i r-i::::::::::ハ::l       l/   i     i  リ  l;;l
  …で、実際のところ、   |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;i   ( i:::::::::l.l::l      /     lゝ、_,,イ      l;;l
 どうだったんだ?     .  |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;ヽ  i::::::::l l:l         _ 丿    ソ      リ
 十兵衛の禁酒は。       .|.:.:.:.:.:|.;.;.;;.;l ヽ イ:::::::l ゙'              ,'
                   |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;;l  | l::::::ト、     ''ー‐‐‐-.    ,'
                   .|.::.:.:.:.|j」;ニニ| .l:::::l...,ゝ.     '‐-'     /
                    |.:..:.:.:.:|  ̄`"゙''''''‐ー-二 ー-....__    /
                    .|.:.:.:.:.:ヽ-....,,_        "'‐‐-二ニ'''>
                    |..:.:.:.:/゙゙゙゙゙゙`゙゙゙             / /、`ー 、,,_,_
                    |..:.:.:ヽ  _              / /  ``゙''''ー 、` ー、

             ___
               ´/⌒\
           //       ヽ
          //         __}},,.. -―-                  「酒ッ!飲まずにはいられないッ!」
               </^⌒  `丶  \  
      / /    /⌒ /::/∧ヽ  \ \ \             ってなもんですよ。
       / /    /   //|:::|:|::: ハ                    いずれまた紹介しますが、後年の史料を見る限り、
        /          /  ::|:|::::  ::| ヽ │    .            全然酒飲みは直ってなかった様ですねー。
           i    l/|/|i∨:::::::jイヘ::::| :::| |:  |. 
      |│      | :| │ |⌒仏:\∨ レ__V|::/|: ハ  |            ちなみに、どのくらい飲んでたかは不明ですけど、
      |│      | :|:::八l Y{:::::ハ\/ 〃⌒ |/::|/|ノ: |           .当時の日本酒は水で薄めたものも多かったそうで、
      |│      |八:::::::l八乂ソ ,   _⊂⊃::/:::|::  |           度数で言えば5%前後くらいだったんじゃないかと
      |     r(\\:::_⊂⊃ 、__(ノ ∠イ|:::::|::: 八          .言われてますね。
          \ヽ\{:个 ._     /」:|:::::|V⌒⌒7         作中の「毎晩一升(約1.8L)+α」っていうのは
       \        V\∨≧=r</ リ:::/ん'⌒ーく⌒)     . .そこから>>1が推測したイメージですので、あしからず。
       \      \    }ヘ_,ノY⌒\/:::/(_     ∨\    
              /}   //∧]土|::L./:::/ 丿      |_} \    では、そろそろ話を戻しますよー!
              /{/   ////∧ハ」::|/:::/ (        |{_    \  ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー!

344 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:03:36 ID:RVPnpP9I0

 その後、柳生家下屋敷…

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

345 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:04:14 ID:RVPnpP9I0
 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /      
//         / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/     .....  /   ._ノ  ヽ_   ) ;;;;)
         |    (⌒)(⌒)  /;;/
        . |    (__人__)  l;;,´    ひとまず、落ち着いた感じかの。
          |     `∩_ノ)━・' 
        .  |     |_ノ        もっとも、十八日には登城して上様に上府の挨拶、
         /ヽ    |  |_       二十一日には品川の寺へ入寺、ということで、
         |  \_/ ノ ヽ      この先、忙しくなるであろうから、
         \     / .|  |      それまでの間だけでもゆるりと過ごしてくれ。
         | \ /  ._/


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      まったくだ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     帰って早々、説法をかます羽目になるなど、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     貴様のところの嫡男も手間を掛けさせてくれるわ。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

346 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:06:23 ID:RVPnpP9I0

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(⌒)(⌒)  |         ははは…耳が痛いの。
. |  (__人__)  |
  | u  `⌒´   |    ) ;;;;)    そういえば和尚。
.  |        |    .) ;;;;)   京ではまた評判が上がったそうじゃな。
.  ヽ       }   /;;/    .なんでも国師号を辞退したとか…。
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'       江戸でも噂になっておるぞ。
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     フン、あんなもの、俺が受けるものではないわ。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    与えるなら与えるで、順というものがあろうが。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    どうこう騒ぐほどのものでもなかろう。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

347 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:08:47 ID:RVPnpP9I0

 ── ここで場面は変わり、京に於ける和尚の状況についての話になる。

 |\ヽ、            __
 | ヽ、 \       ─ /__.)─ 、
 \ヽ   \   / __      \       _
   ┘ / ̄ ヽ/ /───ヽ\     \  / ̄  \
   \//   //__108.__ノヽ\    │ / / / ヽ、 |    
     |l    | |l M I  Z  U  l |     | |_ | |   |  |     沢庵。
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /     おみゃーの話は面白いでよ。
      /             フ| /ニ--、    \/     .しばらく京にいて、また話してくれや。
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、
             後水尾上皇
          (ごみずのおじょうこう)


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     承知しました。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 寛永十五年九月、柳生庄での芳徳寺開堂を済ませた後、
堺祥雲寺に戻った和尚だったが、後水尾上皇から召し出しがあり、九月九日に仙洞御所へ参じた。

 そこで暫くの間、在京せよという上皇からの命により、京に滞在する事になった。

348 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:10:43 ID:RVPnpP9I0
               _.. -ー'''''''―-..,,,
             /゛         `゙''ー ..,,,,,,__、    \ \、_ハノ
           ,i'゙,,....,,,、                ,,,,.....,,..二T" ヽ\).',..、
        i./    `''、                  `'';;;;;;i、 /
       ,!l 夢>   i'i|.゙l ,               `'- ヽ,)    
       l:|.`.゛ ./´゙7i}゙'、                ) )   . 俺の講義を聞けー!
          !l,,_  l / '´   ...}               /`ヽ   今日は「原人論」を演ってくれるわー!
        .',_/       / !                /..l_)   
           l ._i、 ,、ヽ !;:;:;ヽ              /   .l,)  
            l. i-'" ゙',/ l;:;:;:;:;\  _,,,,.............../ !    /-、 
            リ',、  .l゙''、|;:;:;:;:;,ノ゙ /   .,.‐',   l    .,ソ/ヘ '"
             '!|.l.  / .゛', ;;l" /   ., /  l,  .',  //  //7/ヘ /l ト、 |\
             _,.l,', ;;,'-'./ ゙./  _,,,/  !  ..l  ,ゞ゛   ___,/ _____V__ | l ヽ|
      ,./ '"   ゙''" / , ''"'''"| / .l   l   .l./
     i'"    ./ ./ /   ., '~',  .l   ! / ;',
   _..-'"゙゙フ'./ / ,/   ./',  .',  .l /;:;:;:;:;:|
 /゛  イ゛,/./ ,/   ,,-',  .l  .', _ '";:;:;:;:;:;:;:;:;|      .、  ,
   , ',゛i!〃゛ /   ., ''.l  ',  .l ,,ミ'゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',゙''-、、   ゙',ゝ、,.l,
 ,..┴-iフ" ./   ._‐{  . !  ', ._ノ'l丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   `''' !./ -',、`′
   / /   .// l  ', .,ゞ゛  !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !     . ゙'- `'
 / . /   .,,/゙l゙ .!  .l ._ソ"    .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: !
   /   ., ''l'7 !  ヽ,,,,','"|      ',;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}
 ./  .,-{..,i,' |  ′    .l_      !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
: '.l.,,i'゙.l |i./ .ヽ      .',,'',、     .l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
..ィ ! ', ',`'、.      _,,,',. ゙リ..,,,_   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
 ', l  l..,ノ'´ `'-、 .,,...../   ゙'イ;:;:;:;:; ゙゙̄''゙‐' ..、;:;:;:;:;:;:;:;!
 .l .!/      `'-,, \,ノ゙;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
 .,','----.... ......,,,,,_、  `'く、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.!
. ゛―----........,,,,_、 .`゙''''ー-ミ;;ッ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.!
 ------ ....,,__ .`゙"'― ..,,、.゙/゙'''-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l゙
 ー''''''''''''―-..,,_ ゙゙゙̄"'''ー ,,, ./゛    `''ー ..,,,_;:;: /
             `゙'''‐    ~

 その後しばしば院参し、上皇に「原人論」(※)の講義を行ったという。

※ 唐代の僧である華厳宗五祖・圭峰宗密の著作。
 「人の本質を原(たず)ねる」が意の論。

350 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:12:36 ID:RVPnpP9I0

 その後…

 |\ヽ、            __
 | ヽ、 \       ─ /__.)─ 、
 \ヽ   \   / __      \       _
   ┘ / ̄ ヽ/ /───ヽ\     \  / ̄  \
   \//   //__108.__ノヽ\    │ / / / ヽ、 |    
     |l    | |l M I  Z  U  l |     | |_ | |   |  |      うーん…。
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /      いつ聞いても沢庵の話は面白いでよ。
      /             フ| /ニ--、    \/     . 流石、当代随一の傑僧と言われるだけあるにゃー。
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \     それに、あいつには、
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、   紫衣事件の事でもかなり苦労させとるし、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       |   .ここらでひとつ、報いてやらんといかん気がするでよ。
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |   …よし!
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          |  誰か、誰か来てくりゃーせ!
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/、

351 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:14:40 ID:RVPnpP9I0

 そして、十月一日。

                 ∈)
      (リ、、       ||
         ,!!-─‐;r──‐!!‐- 、
.       /    /        ヽ
.      i                i
      l                ヽ、      ちゅーわけで和尚様。
      ,r(___}{______) .     i     上皇様から、アンタに国師号が
    / ,イ、__゚ノ ヽ.゚___ ノ_ |     !     下される事になったでよ。
    「 ̄|"/\ー'   `ー/\` 「 ̄ ̄``|
    ヽ. 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` )ゝ    ,!      よろしゅー頼むわさ。
   〈 ^ゝ、.___       ___,ゝ(^  _,ノ
     ̄ ├─--:|`下---─|    ̄
      ⊂=====! (二.__.」
       上皇からの使者


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、-ゝ  イ-ノ| |  ━━┓┃┃
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ┃   ━━━━━━━━
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     ┃               ┃┃┃
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ                        .┛
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /! ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
  /  / / ! \| | |。≧       三 ==-
 , /  / / |┐ \ -ァ,        ≧=- 。
 / /イ | ハ! |==、  ̄イレ,、       >三 
 , ' / イ 川ハ、o | `≦`Vヾ       ヾ ≧
  / 人 リヾ `ー、 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。〉

 この日、上皇から沢庵に、国師号(僧に与える号としては最高格のもの)を賜るという話が出たという。

352 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:16:19 ID:RVPnpP9I0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´ 
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、                /\     /|
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\       \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',         \)'
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!        /.
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│      ヽ,)   何を言っておるかー!
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|      /.
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',      ヽ    俺如き不肖の野衲(在野の僧)に
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l     _)  国師号などいらぬわー!!
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ    ,)   ..
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \   /-、
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y    /ヘ
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ../  //7/ヘ /l ト、 |,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/               /   V | ,l ヽ| `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

                 ∈)
      (リ、、       ||
         ,!!-─‐;r──‐!!‐- 、
.       /    /        ヽ
.      i   .     u       i
      l  u.             ヽ、     そ、そんなこと言われても困るでよ。
      ,r(___}{______) .     i    「国師号をいらんと言われた」なんて
    / ,イ、_○ノ ヽ.○__ ノ_ |     !    上皇様にとても報告できんでよー!
    「 ̄|"/\ー'   `ー/\` 「 ̄ ̄``|
    ヽ. 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` )ゝ    ,!    なんとか受けてくれにゃーか?
   〈 ^ゝ、.___       ___,ゝ(^  _,ノ
     ̄ ├─--:|`下---─|    ̄
      ⊂=====! (二.__.」

 だが、沢庵は「己のような不肖の野衲に国師号は相応しくない」とこれを固辞。

353 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:18:20 ID:RVPnpP9I0
                   / / / ´ {ミ丶   ヽ
                   ,' / / /  }ミ、 ヽ  '.        昔から、国師号を賜るのは名徳の師と決まっておる!
                     |,  〃 , ´ ̄ `ヽ  '.         俺に授けるくらいなら、大徳寺二世・徹翁義亨和尚にこそ
                     |   /  ネ ロ  '.  }  l       追諡するべきであろうが!
             ,  - ―<!   {  |,ル  } i!   {⌒ヽ
            /___   |     ≧ェ.、 rィェ彡 i!   '.   \   上皇様にはそのように沢庵が申していたと言えい!
           /´. -‐- 、`ヽ.|    |   ト   ! i!  .l    丶   
         ' , ´     ヽ |     |〈__ ー|‐`, } i!  .|、    }ヽ    }:::::::
       , -/ /        }     rくWWW/ ハ i!  .|ヾ:、  ノ }    ノ:::::::
      { ' '        ノ .i!   、ト、` ̄ ' イ/リ     |ヽ、`¨´ /  /::::::/
      | { {         /  ハ  ト、 T77´,//ハ     !'//`Y´   /::::::/; /
      | i! '.      /  イ '.  |ヽ }/ i !// //    |///∧   .!:::::/; /ゝ
      |人  `ー一   イヽノ  l .K ///リ/,イ//     !////ハ   ノ/; /ゝ
     /// `ー-‐ 7´ムイ: `ヽ  ! |ヽ`ハ///`//    |/////'>´\/ ´
.     ////////////  {: : : : } i! ト、} } 〉/イ/イ  ,ィヘ .l/: :r‐/XXX >
    //////// '//八  ヽ、:.ノ ハ/リ,〈ノ/〈///ムイ//} ,ノ: :_>-、XXrvへ
.   /////////∧//|::`:<:.:.:.:.:人'ニゝ//,イ {//////7' : : ゞヽ、_`Y )  )
   '//////// ' :: 〉/!:::::::::::`¨´:::::::::::i!:|:://:}::}//////:: ::/ヾ   ン  ゝ
  l//////// :: : //,ト、:::::::::::::::::::::::::::i!::!{::|::ノイ'//////XX(`'ヽィ´  ,ヘノ
  |////// ' :: : ///}::{ > .::::::::::::::ノ.イ:}ノ':::イ'////XXXX/` ' ̄ `

                 ∈)
      (リ、、       ||
         ,!!-─‐;r──‐!!‐- 、
.       /    /        ヽ
.      i   .     u       i
      l  u.             ヽ、     わ、わかったでよ。
      ,r(___}{______) .     i    でも、本当に国師号はいらんのかにゃー?
    / ,イ、_○ノ ヽ.○__ ノ_ |     !  
    「 ̄|"/\ー'   `ー/\` 「 ̄ ̄``|    「くどいわー!!」
    ヽ. 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` )ゝ    ,!  
   〈 ^ゝ、.___       ___,ゝ(^  _,ノ
     ̄ ├─--:|`下---─|    ̄
      ⊂=====! (二.__.」

 しかし、これに対し重ねて詔書が下ったため、
和尚は「自分などより先祖にその名誉を与えてほしい」と願い出た。

356 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:20:07 ID:RVPnpP9I0
 結局、沢庵へ国師号を賜る話は流れ、
十一月十五日、徹翁義亨へ「天應大現国師」の国師号追諡が行われた。
この時、その追諡の法要を行ったのは勿論沢庵であった。

                             ___
                            7_y|
          /⌒丶              <_/ /!
   /^!   イ :fェ´r}l               ///'                  _
   !: : :L_イr、 ト=tテ |              ///                  /¨ ̄¨7
   |: :/⌒ヽ: |リ ゝく :!             .///                  ム r--tl
   |: ムハr、/___丈c!V`ヽ.        ,.rtュ'/./                    |リく+!+
   V   /: ゝ='∨k}`ヽ´\___ _,.≠く: / //                  __,.弋、jにレ'_,.._,.r─--=..__ _rュ
    }____ム: :r、: :ト':ハ:::::::::::`ヽ.ヽハノ: :,.-'////                 /´¨ヽ\ムf>、   弋ソ____/´ ̄7
   f、__)`ゝ: :\` {'|::::::|`ヽ::::∨r'j´  ////                 ヽ.  ∨ ニヽテ7'´:::::::::\  丶f^ュ'
   |\ } }: : : : ヽ_| !:::::j  }::::! fゝ-'7///                   ト、 r=ゝ、─ /:::::r¨ ̄ヽ::::∨   | l
   }、: 、! |: : : : : : 〉|::::::| ノ::::∧!:..::////ハ___                {\}   \j:::::/    L:::lr'  :り
    |___j ゝ: : : : /K|::::::レ':::::ノ  j:.://// /  フ}    _            |  >  /|:::::ト、__,.≠<__   l,;
   /: : ∨レjー、/: :/:::_,.≠  /:.//// / /: : :ー'f~f=-マヘ-rft_____   {___>,r、:::\r'____ノ::::/
    ktf、ソ'j   ∧7ハ  ∨´:. ://// ¨´f、: :< ̄`∨l=t=l |t_{-、_: : : )   |: : : : : : `ー|\:::::::::::::::ノ
      i   / ヽ.   (、:. :. :.:. :. 8f、 ∨: :`´ヽノ !j}={ソ !____ノ: : / ハ  ゝ: : : : : : : : :i  >-<
      |   /   \  ゝ--............_| ヽ. ∨: : : ソリ`¨´|リ': : : : :ノ /ハ ∧: : : : : : : : ハ
      ソ   /    ソ  /`<ノ ̄ ̄、  〉、ィュ: : / !=、|´  レ: ムf^ノ\ソ∧: : : :∧: : : : :}
     |   }    / ヽ/       ∨ノ }: : \7==、.  / ̄!: : :|   { |: : : : / ∨: : ::|
     |ヽノ    ∧  /        ,ハ  ノ、: : :/::::::∧^∧::::::!: :∧   ∨: : :/   }: : : ノ
     |: :/    ∧: :/        ノ  / ヽ:/:::::::::::::∨::::::::ハ/、 ∨  ∨::/   |: : : |
     |: :l     |: : /        /  /   /::::::::r、::::::::::r、::ハ::、  ∨ ∨    ヽ: : |
     {___/    {___{        /____/⌒、_/:::::::/: ,ヽ:::::/: ヽ:::ハ:、  ∨-'、     }___ノ、
    {r、リ    ! r、\     /ゝノ|   ´ー‐´  ー   ヽー、7  |弋ノ\    |ソ´`ヽ-、
    !___ノ    >'`ヽニス  ム´、__r´j__/                  ∨_j\__ヌ   ==、ニニニニ
           【沢庵和尚、徹翁禅師への国師号追諡の法要を行うの図】

357 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:22:08 ID:RVPnpP9I0
 |\ヽ、            __
 | ヽ、 \       ─ /__.)─ 、
 \ヽ   \   / __      \       _
   ┘ / ̄ ヽ/ /───ヽ\     \  / ̄  \
   \//   //__108.__ノヽ\    │ / / / ヽ、 | 
     |l    | |l M I  Z  U  l |  u.  | |_ | |   |  | 
     \ _|、ニ______ノノ     | ̄ \ ノノ /      やれやれ…とんでもない奴だでよー。
      /             フ| /ニ--、    \/     生前に国師号を受けられるなんて、
      >‐--ニニニニニ‐ ̄l | | /   /、 |     \     そうそうあるわけでもにゃーのに…。
     / | | |   || | |    | |. | | | / | | |      \ 
    /   \ヽ、_ノノ_ヽ、   // | | |  |ヽ//        ヽ、
    /  /   |二/二\─''" /  \─''/  /       | 
   /  /   /  ̄ \ | |   /   / / /         |
   |   |    |‐‐、ヽ   |‐_/─/ / /            |
  |   |    |\ヽ | | /──    / /  |          | 
  |__|     l\ニノ   \\   / /   |          |
   / |     |_/ニ─l‐‐l---ニ / /   |      _─/


          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!       まあ、だからこその沢庵和尚とも言えるのでは?
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!      この話が伝われば、上様もお喜びになること必定・・・っ!
    | l ヒ |:|.       r __   \l  
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′      「それは和尚がますます江戸から戻ってこれんってことだでよ。
    ノ     | \     ___  /         わしにとっちゃ嬉しくにゃーす」
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l         
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
/      _..⊥._ \``  |
       板倉周防守重宗
  (いたくら すおうのかみ しげむね)

 この和尚の行動は、和尚の謙譲心を示す行為として、世に美談として広まったという。

358 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:23:38 ID:RVPnpP9I0
                            ,. '/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. \
                         /: 〃:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.、:.:.:.:.::ヘ  ヽ
                      /: :/__::.:__;,:.;.ヘ'´   \⌒ヽ、   ,
                        /: :/´: :´. . : / .       .   ぃ  '
                    / ノ: : :/: : : : /. : .     : . : .   i ',  i
                        /: : : :/: : : : : : i: : : . .   :} : :}: . . : :| : ,  !、
                      イ: : : : :/ : : : : {: /| : イ: ト、:厶: ム: j: :jリ: : '  iヘ
                    ,{ ィ : : {:{ : : ハ厶ヒヘ:「jノ  / レ_,込.イ/: : ! |:い         流石は沢庵和尚だわ!
                     /:jハ: :,小: :i√ _,,..=zミ     "{t:灯y′: |.,小. i',
               . -‐': : :/V / 人  ヘt:炒_      冖''/:    l:/:,'   lヘ       .将軍家の側に近侍して、
            ,. :'´ : : : : : /: : :  {: : ∧  "^´         /: :     l': :  , ! :i      権勢に靡いたかと思ったけど、
           /: : : : : : : /: : :   ∨:{ ム  ///   _ . //, : :    |_:  / j : \    やっぱり和尚は凄いわ!
         /: : :  : : : : /: : :    V {:込、    _,,.. -‐|: : :   |`i¬ー- 、: :ヽ
           . : : :   : : : :{: : : .     ヽ´ i \  \__ ノ|: : : .   ト、/ |    ヽ :}
        i: : : :    : : : : 、: : : :      }. |    `ぃ、___,. ヘ: : : : .   \ !      iノ
        !: : : .   : : : : :丶:._: : . .   ; l      〉      \: : : .    ハ      j|
         、 : : :   : : : : : : : :{`7ー:、 /. | ` ー‐-- _   '"´):    . :/    /小
         ヽ|:  . : . : : : : : : /: : : ノ' |  l             /    . : :/i_,,. 彡.イ|:i
     、    ノ. : : : : : : : : :/ : : : /ー- .l !          /   . : : :/ !::.::.イ   ! |
      >'"´: : : :__;/: : : ': : : : : :/ミ辷:、::l : マ三¨¨¨´ ̄/〃 . : : : :/:  マ^i l  :|  !
     / : :/´ ̄´/ : : : : i: : : : : : :{.ハ;.「`ー| : `ー―‐z:コ i′ . : : ;.ヘ : . ヽ:..   .:!  |ヽ
     ,': /     j: : : : : : ヽ: : : : : : 、:..:j:..:..:.i:| : : .   ヽ"´ぃ . : : :/i :\: : . \:..:   i、
      {;イ     /: : : : : : : : }: : : : : :ノ:..':..:..:..:|:.! : : :  .丶 ヘ : : : {:! : : : : : :}:.ー  .l:.i
    丨!   / : : : : : : : : : ノ: : : :/:..:..:..:..:..:..l:..l : : : . : : 〉、: : : :`¬: : : : :ハ、:..:..j:..:|
      ヽ  /: : /}: ; : : :r:' : :r '´!:..:..:..:..:..:..:..:..!:..! : : : : : :{ `¬:   j: : : _// \:..:.l
                            一絲文守
                     (いっしもんじゅ/いっしぶんしゅ)

 この時、和尚が上山に流罪にされていた際、出向いていって弟子入りを申し出ていた一絲文守が
和尚を称える長い頌文を草している。

 一絲をはじめ、京の僧の中には、江戸で将軍家に近侍する和尚を批判的に見る者も多かったが、
この一件で、和尚への見方が改まった者も出たようである。

359 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:25:22 ID:RVPnpP9I0

                 .rニYニヽ      
   |レ               /    j |      
   !!_           イ     } |         俺は大徳・妙心の二寺の寺法さえ旧に復すれば、
   ゙- '´ ,、       /j      j        後は一介の僧として故郷で過ごしたいだけなのだが…。
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈     世の中、なかなか望み通りにはいかんものだな。
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

 その後、和尚は十一月末頃に京を発ち、故郷但馬に戻った後、
そこで年を越し、三月に但馬を出立して、今に至ったのである。

360 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:26:36 ID:RVPnpP9I0
           _
         .  "   `  、
         /            ゙i      、
        /               l      フ
     i′           i!__     \
     〈         <  ̄    ` ヽ     /
       ヽ     / / /     |     \  ゚
          /  /  ,!    .j      ∧      ククク・・・「つづく」とは言ってますが、
          レ1  , / !   .∧,ヘ i   i  !     これが来週とは誰も断言してないっ・・・!
         │|  / \ ∨ / / ヽ!  |  |     その気になれば、10年先、20年先も可能っ・・・!
           |  i ○ 乂  ○  / /)  j     その間は、ずっとニャル子のターン!というわけですよ!
             .ヾ,f    、_._,  ∠ ノ"   \
                i > _/ 人 ヽ <;{      ヽ    「勘弁してくれ」「まったくだお…」
              |   !/#;\jノ〈    ,  i |
            ヾ!ヘ  〉三三三≧、 /|  ハ !        .ノ 、 、
                   ゙〈三三三彡#j_ノ !/ }/        - ー) l   - -、
                |>###-/'               (人__)u.|.  - - ) ヽ    __ __¨ ./
                |/  ̄ |/                ヽ    ノ  (人__) uノ   .  _)  _) \

364 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 22:37:48 ID:RVPnpP9I0
 てなとこで本日はここまででアリマス。
お付き合いありがとうございます&お疲れ様でした>ALL

 いや、久々に更新できて重畳でありました。
できれば東海寺入寺までも書いてしまいたかったところなのですけど、
久々に更新すると、ちょいとペースが落ちます喃。
何とか快復させていきたいところ。

 あと、解説役投票は現状こんな感じ。
このままいけば、割と団子な感じになりそうです喃。

 【その58解説役投票・途中経過】
  1票 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!)、坂本美緒(ストライクウィッチーズ)、
      .長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)

 黒子の人は男のようなので条件外ということですいませぬ。
それではではー。




388 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:03:43 ID:VlQR9xWc0
        ,  ――― - 、
        /         \
     /            \
                      \
                        \   レ こ
              . ―‐- 、 _ i!       ゃ
            ∠      /    ヾー 。     \
             >    /     !    > 、    /
            /    ハ    / 、   i   ∧   ゚
               /!/ノ!,:   /ヽ_\ |    1          「やる夫で学ぶ柳生一族」前回の三つの出来事!
           f  ,  i     ヽ_/    ヽ!   '  ! _        
          ノ/|  |  >      <  ,!  / ./、 \       1つ!沢庵和尚、江戸に出府!
    (゙y'ヽ   ´_ゝ从j xxx f  ̄ ヽxx /,  '/ , ヽ ̄       .2つ!十兵衛、和尚に飲酒の件で説教される!
      \/ ~ 〈_.   ヽ     !    }   / /  \       そして3つ!和尚は京で国師号を辞退していた!
               \  .> _ ヽ   ノ <ニ{\/      \
               i\|  /ニニ;> o <三三j _/      ヾ、 i!     さあ、それじゃあ行くでガンスよー!
                |    <ヾ'#∧##> f      ハ i \!
                |       !#/三ヾ"三ト .,    / !/
                ヽ/!    У三三三三j#{_/
                     \ 〈#三三三≦#;〈
                  ` ゙゙ <###ノ\ \
                     | |.     \ノ
                     |_/

390 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:05:21 ID:VlQR9xWc0
 さて、寛永十六年(1639)の四月十八日、
沢庵和尚は家光への挨拶のため、江戸城へと登城した。

       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |         久しいな、和尚。
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !        元気そうで何よりだ。
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |
              徳川家光


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        このような老いぼれに過分のお言葉、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|       恐縮ですな。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

391 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:06:31 ID:VlQR9xWc0
         ,. -‐-─-- 、
.      /             `ー、
    〃                 i, 
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 
    !  :l      ,リ|}    |. } 
.   {.   |          ′    | } 
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|       国師号辞退の件、聞いたぞ。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|     城中でも噂で持ち切りだ。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ  
.    }.iーi       ^ r'    ,'        俺もますます和尚に惚れてしまいそうじゃないの。
     !| ヽ.   ー===-   / 
.   /}   \    ー‐   ,イ  
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\
 /i   |!  i      :;::;:::::::ト、 ヽー- 
 │ .|  i l     ノ ,'    :i  i
 ノ   |- ⊥.」__     /_,. -‐ | |


=城中の様子===========================

               . -―- .      やったッ!! さすが沢庵和尚!
             /       ヽ
          //         ',      普通の僧にできない事を
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {              \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ
               城中の小坊主たち

392 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:07:32 ID:VlQR9xWc0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        国師号は古来より名徳の師が授かるもの。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      拙僧のような不肖の野衲に相応しいものではありません。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\      それだけのことです。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^| 
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|       ふむ…。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\

393 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:08:29 ID:VlQR9xWc0
  そ だ .|                i,
  れ が |ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
  が   |      ,リ|}    |. }
  い   |          ′   | }  に
  い   |∠ニ'==ァ   、==ニゞ<  .や
  !!    /}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|  っ
\__/゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
 .    ヽ.ヽ        {:.    lリ
 .    }.iーi       ^ r'    ,'
      !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ'  /
 .   /}   \   二"  ,イ
  __/ ∥  .  ヽ、_ __/:::|\


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ⌒)(⌒ ) |
. |  (__人__)  │   (ですよねー)
  |    `⌒´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

395 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:10:09 ID:VlQR9xWc0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ      まあ、そんな和尚には興味がない話かもしれんが、
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ    今度建てた品川の寺は、それなりの出来になってるらしいから、
     ヾ、!      !;     ,レソ     楽しみにしてくれよ。
       `|      ^'='^    ム'′
        .ト   ヽ二二二フ .,イ       俺も来月には行くから、
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、      住持として出迎え、よろしく頼むぜ?
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |        …承知致しました。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

397 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:11:39 ID:VlQR9xWc0

─ その日の夜、柳生家下屋敷

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..:::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..:::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(:;:〃::;;;):::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',::::::::::::::::::::::::::::::::
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃:::::::::::::::::::::::::::::
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃:::::::::::::::::::
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)::::::::::::::::::::::::::::::::
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)::::::::::::::::::
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃:::::::::::::::::
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)::::::
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_::::::::::::::::
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐:::::::::
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ:::::::
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;::::::::
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'::::::::
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;::::

398 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:13:47 ID:VlQR9xWc0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     わかってはいるが、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    貴人の相手というのは面倒なものだな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     要りもせぬものを押し付けられるのは適わぬ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\ 
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´      …まあ、そう言わんでくれ。
  |     `∩_ノ)━・'     上様にも面目というものがあるのだ。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

399 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:15:40 ID:VlQR9xWc0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      大体、将軍家の御成など面倒この上ないわ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     貴様も、それはわかっておるだろうが。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     去年、上様がこの下屋敷に来られたそうではないか。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●          よしてくれ。
. |     (__人__)         あれは戯れに訪れられただけじゃ。
  | u    `⌒´ノ ) ;;;;) 
.  |         }  .) ;;;;)      正式な将軍家の御成など
.  ヽ        }  /;;/     ウチ(柳生家)如きじゃ無理に決まってるだろ。
   ヽ     ノ  .l;;,´      常識的に考えて…。
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

400 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:16:40 ID:VlQR9xWc0

 ここで話は過去に戻り、
寛永十五年十一月十三日…。

                               (:;:〃::;;;)
        g _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:;::;;(:;〃:;;::〃:;;″
      ,ノ,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;丿:;〃:;;::〃:;;″''',
  ,,,,,,,,,,,,ノ゙,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;,ノ;:;(:;:;;::〃:;;″,);::〃
 ,',',',',ノlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll:;(:;〃:;;::〃:;;″ :;;::〃
  ̄ ̄ ̄l:   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヾ:〃:;;:〃:;;;:〃:;;)
       |  丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,丿il″.゙:;ソ'l:;;::〃,:;;;:〃:;;)
       |     .l|l     l:〃:;):;     l  ⌒     |    |ヽヽ
 ,,,,,,,,,,,,,,,,|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚l|l''''''''''''''''''l :〃 ;),,    l゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚|゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚| ;丿:;〃
   l:l'''l |:::::::::::::::::l|l | ̄| _ l:;:〃:;;). .   |::::::::::::::::::::::|::::::::l| ̄l|: ,:.;,丿;;;:〃:;;)
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l |_|:| : |:l: /~~゙ヽ'    |::::::::::::::::::::::|::::::::l|柳l| ”ー、,,,,,_
   l:l,,,l |:::::::::::::::::l|l   :  ::.l: ヽ;;:;丿,,,,-' |::::::::::::::::::::::|::::::::l|生l|.,l:    `゚‐
   """"|:::::::::::::::::l|l ._,,,,,,,,,,,,、lr''''''゙゙゙~    |::::::::::::::::::::::|:::;;;,.l|  l|゙`  ,'''゙゚゙"ヽ
  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!'''゙゚゙"ヽl|  l| *i,,,'l_ :;:;::゙:;
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .'l_ :;:;::゙:;|l" ̄:;:ヽ  `─"'
                             `─"' ヽ_,,丿   .,.,:;;.,;

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     ふむ、ここが但馬の屋敷か。
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ::::::: 
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::     あいつとは付き合いも長いが、
    /..             "´ 2ノ/ l:::::    屋敷に足を運ぶのは初めてだな。
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

 この日、柳生家下屋敷に家光が訪れている。

401 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:17:35 ID:VlQR9xWc0

     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)       ようこそおいで下さいました、上様。
   | U  (___人__)      しかし…本当にこのような粗末な屋敷に
    .|       __ノ__     .参られるなど、よろしいのですか?
    |     _/ ___\ヽ_
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ     ははは、気にするな。
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ    だから、俺から来たんだろ?
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ    あまり負担を掛けるのもよくないしな。
     ヾ、!      !;     ,レソ 
       `|      ^'='^    ム'′      さて、せっかくだから色々見せてくれよな?
        .ト   ヽ二二二フ .,イ       まずは和尚のいた長屋から行こうか。
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙

402 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:18:49 ID:VlQR9xWc0
                    _,,,,,_
   _,,,,,,、、、、、、 ---―‐''''''´´ ̄_,,,,,,]`'''-、
  [_,,,,,,、、、、、、 ---―‐''''''´´ ̄   | `'''‐ .、l
   | ロ l. lll .l ロ l. lll .l  □  l . llll |    ,l]
   |  .lコlll.ロ   .lコlll.ロ      lコllll「 !     ,l
   | ロ l .lll .l ロ l. lll .l  □  l . llll |    ,l]
   |  .lコlll.ロ   .lコlll.ロ      lコllll「 !     ,l
   | ロ l. lll .l ロ l. lll .l  □  l . llll |    ,l]
   |  .lコlll,ロ   .lコlll.ロ      lコllll「 !     ,l ←この辺に「検束庵」
   | l``'''''' ┐ロ l __.□  l . llll |    ,l]
 ̄````''''''' ―‐'---- '.、、 _  -  ̄ |- -
               l  .       l_ァ、    ※ 柳生家下屋敷長屋(画像はイメージです)

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;| _,,..-''ヽ ノリ へ..,,,_ .ミ;;;|
     _ゞ;! __     ___ .ミ;リ
      !ヘl;|   ・     ,ィ.  ・  .「ヽ      但馬、あれが和尚が江戸にいる間、
     !(,ヘ!  ̄ ̄  |::.  ̄ ̄ .ドリ     住んでいたという長屋か?
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^  u.  ム'′      …話に聞いてはいたが、
       ,rト   ⊂ニ⊃   /|       わざわざこのような場所を選んで住むとは、
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、      .和尚も難儀な人だな。
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      まあ…和尚はそういう御仁ですから。
  | u.   ` ⌒´ノ     こればかりはなんとも。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

405 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:20:17 ID:VlQR9xWc0
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ   ←屋敷内道場(画像はry)
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::     で、あれが道場か。
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::    どれ、どんなものか、少し覗いてみようか。
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::     平伏させてもつまらんから、
    /..             "´ 2ノ/ l:::::    そのまま稽古させ続けろよ?
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::     「はぁ…」
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

406 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:21:54 ID:VlQR9xWc0
 ─ 稽古中の門弟たちは家光の視線に気付いたようです。

     /::::::\_
     l:::::::::::/:::::\
   / ̄::::::::::::::::::::|
   l、::::::::__::::ノ    _
    >' ̄     ̄\  /::::::ヽ_
    / u.  iiiiiミ   ,へ(:::::::::::::::ヽ
   /    ||||,へ,  ヽへ\:::::::::::::       お、おい!
  i|||llii,ヾヽ|||/O/ ,  ))ノ |::::::::::::     もしかして、あそこからこちらを眺めておられるのは
 ||'' _''ll l''ヽ-' ' u'  ヽ ノ::::::::::::     上様じゃないのか!?
 ``| '、0l| |::ヽ  ,,,,,,,、 <ー─  
  r┤、 ̄|_ |::::)/イ ̄l   | \
  |::ヽ |  ,,,,,j `イ /lノ   | /
  >::::| ヽ l' ,イ /l/、ノ  ノ //
  ヽ-yーヽ ヽ<^/、/  ///
    |::::::::::\ ヾ-`' ノ ///
┬┬┬j ̄| | ヽ____/ //
┼┼┼l○| |  ヽヽゝ ///
     柳生道場門弟


三三三く    `'<三三ヽ
イ¨i三,_―'_, .―. 、 .`¨T´
{_フニ:,' ̄ / .r‐。、}ノ./__{
`,'ニ/  .ヽ `ー,.'¨¨ト。ハ       た、確かに!
..{::,.゙ ヽ  `¨フ_  }`{ ,'      しかし、話では数奇屋で御茶事をされるという話だったが、
..,'   /    `ヾヽイ`フ       こりゃどういうことかのう?
,     . ,二二二ミ,゙
 u.  ( ´ _, ― 、_}         上様の視線がある中で稽古とか、
ヽ           {         キンチョーするのう…。
三≧:...,   u.   ,'
三三三≧x__ ノ
三三三三三三≧.、
三三三三三三三ニ≧ー:.、
三三三三三三三三三三::\
  柳生道場門弟

407 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:22:53 ID:VlQR9xWc0
三三三三r',三三三三三三三三三三三三三三≧x
三三三三ヽ\三三三三三三三三三三三三三三ニ≧:..、
三三三三三ニ`'<三三三三三三三三三三三三三三三
三三ニ,ィ¨¨.ヽ三ニ{ {¨_`'<三三三三三三三三三三三三
三三:/ ._ヽ/三r '´  r‐- ,_ヽ三`ヽ―‐,ィニヽ.r――――
三:: ,  /....,.゙三/.   ,'_`'ァ- ヾ少ト、_ ノノ }彡_‐v'
三:::{ .{ヽイ三 ハ  . .,..., '    , ‐.、 `ヾー`‐'.,'              オラ!てめえら何縮こまってやがる!
___',__ヽ.ソ_ニ, .' ,.. ,' /         {   ,             .ここで熱心に稽古しているところを披露すれば、
三三三三::|/   ././. _   . r__ ´  .}  ./             .但馬守様の面目にもなるし、
三三三三::|  .,' },.゙ /     \、\ノ ..,.゙              俺達にもお声掛りの幸運があるかもしれねえだろうが!
三三三三::|  . {    /、_丶 ,_      ,イ____
三三三三::|       {¨¨ヾニ、-.`二フ ,'ヾ` '<>‐:..,_         ここで気合入れなきゃ柳生の名が泣くぜ!
三三三三::|      `'<_`__ヽ___,' .,'三`フ  ` <>‐
三三三三::|         _____ ,'ゞ¨´        `
三三三三::|、          ヽ,'¨´ {          ___
三三三三::| .\          |    }...`丶、     { r_`
三三三三::|  .\       ノ  ./    `丶   .`¨
            柳生道場門弟


                 ヾ三三三三三三≧:.、  て
                  〉、三>' ¨¨¨¨ .'<三ヽ そ
                 ./  ハ   __    ノ三ニ',
                 ,.゙― 、  ./  ヽ ,イ三三::!
                ハ .r 。,}__,'r 。_ッ  .} ヽ三三:{
                .{.リ `¨フ ',` ー   /丶}ニ/ ヽ'       お、おお!
                .〈ー‐{_r―ヽ _, イ  .!ニ!',}..}      なるほどその通りじゃ!
                .} //――ミ',   /}ニ}‐ノ
                .| .}ニニニニミ}   .} 彡‐〈}        では、早速掛からせてもらうぞ!
                .| { ̄ ̄.`¨´     ,゙  ,'       どりゃ!
                .|   ̄ ̄`     ,'  {
                .{      .  ,....:≦三',
―:..,             ./≧'¨,丶、_,..:≦三三三ニ{
三三≧:....,_       .  _/三三三三三三三三三:::',__

408 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:24:49 ID:VlQR9xWc0
             .  __
                \` ,
                 \\__
                   .Y...∧
        .  , ‐.、       /  ハ
       ヽニ´三ニ\,ィ _, ―',´_`  }     おう!
         .〈 リィ三`彡  `´,   ., '    受けて立ってやるぜ!
         'ーッ‐ヽ,_/ヽ.',  'r '´
  rf'ー.,    ., ' ¨ '    ヽ',.'、 ハ       見さらせーっ!
  {  ',   . _,{_/ .   ,  . ノ}, <.',ィ',     これが柳生魂じゃああああああっ!!
  .ヽ ヽ`¨ヾ .ノ'ー'´.ノー‐',.イ彡彡イ三)
   .', `   __, 人 .//__r:/三三:\
   ヽ\ . __/  .`ヾ__,イ三三三三三\
    .` ー'´      く三三三三三三三:
            /三三三三三三三::


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ      ふむ…。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

409 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:25:31 ID:VlQR9xWc0
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !        流石は柳生道場のある下屋敷だな。
    ヽ {  |           !           |ノ  /        なかなかいい男が揃ってるじゃないの。
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'           強靭な男の臭いがここまで漂ってくるぜ…!
    |    `!                    /             なあ但馬!
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |     ………過分のお言葉、恐縮でございます。
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

410 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:26:39 ID:VlQR9xWc0
                   __,..__
           _,.r-‐¬≡三゙:::::::::..`''..、_
          /./.r:::::::::::::::.\:::::::::::::::::...丶久f:}
         /.::;/..:::i.:::::;、:::::l;:::::..ヘ::::::::::::::::::::::i} l:::1
.        /..:::::;il.::::;l..:::::;;;l::::|;;i::::::..}::::ノ;::::::;ィ'^|} |:::|
       |ハ::::;;i|.:::;;|..:::::i;;ト;:lレl∧:ソY;;;;::l:::::::::/;li l::::l
.        ! {:;;l{:∧ハ.::::lv_.二ニ=‐|;;;;i::l:::/;;;;l}l.|;:::!
         `!i{‐-_、ヘ:::}´ィr;z=ャュ |;;;;l:|´ };;;;;;l};l.li;::1      上様、そのように屋敷内を気ままに動かれては、
          l;;;i《屯ハ ヾゝ `¨´ " |;;;;l:| , |;;;;;ノ;;|.|l::::!     但馬殿も困惑するかと…。
.        l;;;l;l"  ,   `     |;;;;|:|_,ノ:ソ|;;;;l.|;i:::!
        |;;;;l;{  /          !;;;il:l |'" |;;;;l.|;;l::1      そろそろ数奇屋に参りましょう。
        |;;;il人 `ヽ       ノ;;;ill:l l  |;;;;l.l;;l:::|
        '" ̄¨ゝ マ三>   ,/"¨´ ト、. 1;;;l.l;;;l:::|
.            ヽ "  ,.ィ    / ヘ;;;;l.l;;;l::::!
              ` -<    /    ,/ミミゝ;:!,.
           _,=≡/ 人  /´   /ムホfヲ苑盆z、
         _,xl盆fホ/  /`  /∧   /      ̄`ヽホミz、_
        ,xタ壬シ'¨く_  ヽ.//タ ゝv´   /    f ´     }
              酒井讃岐守忠勝
         (さかい さぬきのかみ ただかつ)

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ      む、そうか。
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ     すまなかったな、但馬。
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′     では、そろそろ参るか。
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
        i| \  ' ニ   イ.:|
        ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( -)(-)
. |     (__人__). rm、     ええ、それではこちらに。
  | u   ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'   (讃岐様、助け舟ありがとうございます…!)
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

411 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:27:23 ID:VlQR9xWc0

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 数 柳 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 寄 生 ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て 屋 家 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 に に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た    あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の.   .る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

 そして、徳川実紀の記録によると、
この日の家光の行動は、

 『柳生宗矩別墅にならせ給う。
  数奇屋にわたらせ給い、御相伴は酒井讃岐守忠勝、永井信濃守尚政、堀田加賀守正盛つかまつり、
  御茶事おわって次の座敷にて、但馬守宗矩に広光の御脇差を給う。
  かくて別業の辺にて鷹をはなち給う』

 となっている。

412 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:28:15 ID:VlQR9xWc0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)         …まあ、何事もなく済んで、ほっとしたわい。
.   |     (__人__)         多少出費はあったが、まあ、滅多なことではないし、
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ   .やはり名誉なことではあるからの。
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       やはり面倒な事だな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      俺としては寺に上様が来るなら、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      場合によってはまた検束庵に籠もろうかと考えていたのだが。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |        「勘弁してくれ」
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

413 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:29:18 ID:VlQR9xWc0

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)         なんにせよ和尚。
         |     (__人__)        こうやって手軽に会話が交わせるのも、
         |      `⌒´ノ         .明後日までのことじゃ。
          |         }
          ヽ        }      (    それまでは好きに過ごしてくれ。
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       …そうだな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      そうさせてもらうとするか。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

414 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:30:39 ID:VlQR9xWc0
                     i::::'::::::i::::::::ヽ::::::::i:::ヽ:::::ヾ:ヽ:::::::::::::i、、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
                     l:::::l::::l::::::::::::、\ンヽリll ルノi:::::::::::::::l´  `:::::::::::::::::::::::::::::::〉 i:::::::::::::::::::::::::ヽ
                     l::::i:::::::、::、、ーヽ、  `   l:::::::::::::::l \ 〉::::::::::::::::::::::::::/ ':::::::::::::::::::::::::::::l
 将軍家の御成なあ…。        | | リレ リ 、 ハrJヽ ̄ο" '::::::::::::::::'(   i:::::::::::::::::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::::l
                   .        i  ヽ::l'    l::::::::::::::i   ;:::::::::::::::::::::::::/  ヽ:::::::::::::::::::::::::;
 確かに気は使うだろうが、          l   ′    i:::::::::::::l i' ´〃〟レリッノノ    \:::::::::::::::::::::::::ヽ
この時期の柳生家で、    ....        ′       、::::::::::  l       \ 〟´ \ヽ:::::::::::::::::::::::::`
「無理に決まってる」とまで           〈  、       l::::::::::::l  '      /´     ヽ丶::::::::::::::::::::::::ヽ
言うほどのものか?      ..       _-´ヽヘ、‐ヽ  i:::::::::::/      /        ` ヽ:::::::::::::::::::::::::、
                        /  l  ヽ ヽ \ l::::::::::'     /       〟  ̄ ヽ:::::::::::::::::::::::::l
                       /  、  ヽ  〉  〉  〉'::::::::::;ヽ ---'-- --、_、 ‐´     ヽヽ::::::::::::::::::::::ヽ

              __
        /     \
        /        ヽ
       ./       ....-^──‐-...
       l     ....::´          `:..
      ノ   /               \
   (  ̄   ./      /   ヘ   \   .ヽ
    )    ./.   /   |     l     ヽ.   :.
         /   .|   .|     .l   ヘ   、  !
        ′   l.   !     l    |  l  .|
       ′    !   l    ./lノレヘ/l  |   |        いや、冗談でもないんですよねー、これが。
       | |  レ∨ヽレヘ   /ィ示示ミl  l 、 |       実際、寛永七年にあった島津邸への家光の御成の際、
       |/.|  .| ィ圻不「ト__ノ  以り /  イ } |       島津家側は二年の準備期間を掛けて、
       弋l .|  | .ゞ少´       ̄ /  / |ノ  |       この御成のためだけに、新築の、
         |  ヘ     '     ∠/ .l  |  
         | \_ゝ           |  |   |         「御成御殿」
         | ...i∧    l⌒ヽ   .ノ|  !  .|   
         | ...l  丶、   ̄   イ |. |  !        なんてのまで用意したせいで、
         | ...l    .l`__.ー ___i! .|. |  !       藩財政にも相当な負担になったってことがあるくらい、
         | ...l   ./::::::::∧ヘ::::::::::l |. |  |       「公式な将軍家の御成」は、迎える側の大名にとっても、
         | ...| ...」〈:::::::ノ(##)ヽ::::::> ! |  |       世間に面目を立てる一大イベントだったわけですよ。
         -─| ...|≦::::::::::::/::ハ::\  .ヽl. |  |
     ./   | .|::::::::::::/##.八##.ヽ:::::::!  .|丶、|        大大名の島津家でもこれなのに、
      ′   . | .|:::::::::/####/ l####.〉|  !:::::::::::て、     一万石の柳生家じゃとてもとても…。
    /    ...|. |:::::l#####l____l#####l::|   |:::::::::::イ ヽ
   /     .|. |:::::::\_|:::::::::l_/ .|. |:::::::r┘  }

415 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:32:15 ID:VlQR9xWc0
                            _,......................._
               ,.   ´ ̄ ̄ `ヽ、 /,  -―――--、 ヽ、
            ,  ´   _ ,. :     //、          `ヾ、
          / / /   ,       _ ヽ、          \
         / :/ / ,   イ     ,  ヽ 、
         ,  / / /   | |      i   ',  ,           \
          ,  / /  .イ   | |      |    , ‘,            ヽ
        , / イ  /: ! _l ! ,    l i    , , l 
       ,' l   |  |: :{: :l: :`ヽ、l     , ,! /  / l !      でも、将軍家からすれば、
        l  !   !  !、 ヽ:ヽ }: : l`   / ,イ :/  /  イ :|     そういう政治的要素も絡む御成とは別に、
        | :|  l 下云心、VI/l'   / イ7:/-、/   / :!     ふらりと遊びに行ってみたい、という時もありますよね?
        | i  ', , |ハ、_ハ    、/イ:/:,.イ:   /   ! 
         , l  , ゝム之)ソ      示心、/   /   |      そこで折衷案的に出たのが、「お立ち寄り」というもので、
         ! !  ,  l\        之)ソ / ./   ,      屋敷には行くけれど、公的な行事としての「御成」ではなく、
        ,  |   l  ト、     、 _`     ムイ     l      ごく私的な立ち寄り、という体を取ることで、
        !  !  ::.,  , \  {  V    ,:'|  |     !      負担を軽くし、その分、融通を効かせたというわけですよ。
.     _i_:l : :/l,   ,_  、 `´_ ,. -く : !  !     ,
     {////777//l',   ,/>、. 下、_   _: : |  |       :,      これは御成じゃないからセーフ!というわけですね!
     `/ ̄ ̄}//∧  ∨_/二ヽ/>///>__!  ,      ,
     /      L//∧  ∨╋l 、╋-、//}/,|  |      、
     l       },∧  ∨‐、l ∨╋-、//,!  !        ,
     |        {/∧  ∨┿、.∨┿ {//|  |        、

416 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:33:22 ID:VlQR9xWc0
 さて、時は過ぎ、
寛永十六年四月二十一日、品川…。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿'     , _,,γ  -       ヽ,,_    、       ,;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ,::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,__,ノ    ,_,,;'´'ー‐‐'  , '⌒丶r 、 ,______ `ー‐ヽ、'ヽ,   r ´~´::::, ´ `ヽ::::::::::::::::::::::::,!   /::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::,_____,ノ      (  γ⌒   γ⌒    `ヽ,`ヽーー ヽ, `ヽ、,゙`ー'~~´    `i::::::::::::::::::::ノ   `ヽ、,__
:::::::::::::::::::::::,/ ̄'    ,,,,;;;;'゙゙゙゙゙゙゙゙,'´  ´  ,__,rー'⌒`ヽ ⌒⌒ ´゙゙゙゙゙゙`ヽ,_____, `)::::::::,'        `ヽ、,___,ノ      ....
::::::::::::::::::::(,  .,,,,,,,,, ´;;;;;;;;;;     ,' ,'⌒`), '´     , '⌒⌒⌒Y⌒ヽ γ´  `丶,::::::::',                ....::::::::::
::::::::::::::::::::::,) ´''''' '''''''´     ,r       ,_ ,、, ' `ヽー‐ r'ー'⌒'‐‐‐‐‐‐、___,  )::::::::',             ::::::::''
::::γー'ー'~           ( (⌒   , '"  ,,γ⌒⌒ヽ, `ヽ'゙ ゙゙`丶`ヽ  `ヽ':::::::::',        .....::::::::::゙゙゙゙
..,_, '´`',___, ,;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,    ,r'''_, -‐''""'ー'⌒⌒´      `` 、  /´~`ヽ   ',:::::::,'    ,,,,,,,,,,,,',' '      ......::::::::::
´::::::::::::::::::::`::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, ,'         ,ィ⌒  ,'⌒⌒⌒゙'ー‐‐‐'⌒丶       ,'::::::::', ''''''''''''''''''   .....     ,,,,,,,;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;;::,,,,,, ', ,ィ' '⌒⌒`Υ   ,!          , '" ̄ ) /⌒ヽ, '::::::::::::',         .........:::::::::::::::::::::::::
`ー‐~`ーー'゙''''゙~゙゛`゛´   , '  ,r - 、_    `   γー、 γー、  ,__,, `ヽ::::::::::::::::::::::::::',        '''';;;;;;;''''''''''''''''''''''''''
        :::::::::::::  .', ⌒´rー、          (   '´ γ´⌒ヽ,::::::::::::`丶::::::::::::::;;;;;;',_,      . . : : : : : :
     . . . . .     γ ,'⌒、 rー、⌒ `ヽ, `丶, , 、  (`゙ ゙,_____,`ヽ:::::::::ヽ´::::::::::::::::::::::~`゙ ',       : : : : : : : :
 : : : : : :        ,'  ⌒'     /´〉,、     | ̄|rヘ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::,_, ,, ,、:::::::::',  . . . . . .
     , ´`',   γ   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /).;.;.;.;.;.',`ヽ ',  ,'´~`ヽ, _,      ,_
   ,;´`,:,:,:,:,:i  γ`~`⌒ヽ二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:`',, , ヽ:,:,:,:,:,:,.;ヽ,'⌒',γ´,:
r⌒",:,:,:,:,:,:,:,:,:,:`''、,'    /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉___:,: /,:,:,,:,:,:,:,:,:,:;,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:
,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,', ,   '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>:,:,:`ー‐´` ' ヽ、;,:,:,:,:,:,:,:,:,:,
,ィ´`ヽ,:,:,:,:,:,:, '⌒':.'´:.:.:.`ー--':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!::::::::::::::::::::::::γ:ヽ,,,:,:,:,:γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-、__,|    `":,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,`i:,:,:,:,:;.;.
,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:~ー一'´゙゙ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,γ゙゙゙`ヽ!、__ ,::::::::::::::::::::`ヽ,:,:、:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:`ヽ:,:,:,:,:,
``丶,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:`゛゛゛ヽ、 (::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,::::::::::::::::::ヽ_~~!、:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r‐',,:,:,:,',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,,:.`' ,:,
,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:;: ̄ ̄`ヽ, γ´:.:.:.i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::ヽ:,:(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`!',,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,,:,:,:

417 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:34:23 ID:VlQR9xWc0
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _r-v-‐ '"::::::::`'´::::::::::::::ヽ.._: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,、 '";;;;;:::::::::::ノ:::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.._: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r'":::;;;;::;;;;;::::ソハ::::::::::::::::::ヽ:::;;;::::;;;::::::;;;;:::::` 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ、:::;;;;::;;:ノ ̄`''''7丶--<ニ>-''"`゙`i:;;;;;;;;;;:::::::ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾr‐'" _: : : ./::rァ ヾリシ __rェヾ-‐ 、:.:.:.:.〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : /´〉,、 : : : : : : : : r┴‐'" r‐‐ァ:.:.:l/:.:.l:.:.:./. : /!:..:.ヽ.  r}、 ヽ!、: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/ : : : : /゙! /lェ/エエコ:ノニ// く<:.:.ヽ: : :ノ:!   y:ノヾ!._ i>`i、: : : : : : : : : : :
: : : : : : : 二コ ,|: : : : : : : : : : /ト'|/:.:./:.:.:.:.n:.:./:.:./:.:ハ:.:.l }:.:.:.:.ヽ|:.:l  l、ノ!    `Y⌒ヽ、: : : : : :
: : : : : : /__」     | ̄|rヘ.l:.:./:.:.:.:.r'"`i:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.l l:.:.:.:.r‐、:.:.:.:.r‐‐、______、 l:: l:: \: : : : .
: : : : : : '´.     (^ーヵ L__」L/l:.:.〉:.:.--==ァ-‐'"`l''¨rl⌒l:l:.:.l  l:.:.:/:l  r-、 r-、  `、 ト、 ヽ: : : : .
: : : .        r三'_!:.l:.:.:.:.}i!:ll:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.l:.:.リ:.:.ノ|l:.:.!  !:.:|:.:l  l:.:.:.:.:.:.:.l!  〉lヾリlハ: : : : : :
: : : : : : : : :   rソ"ノ∧ノl:.:./!:.:.l|:.:l:.:.L -‐=-テ=--‐!:./`‐-tj-ゝ-'-レ-ァェ__〉-:.:.__:.l|:.:. l:.l l:.:l:. }: : : :
: : : : : : : : r--、 (/ェ'''シ"l/ ̄:ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:.i!:.:l:.:.:.:.:.:ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐‐'`ヽリノノ: :
. : : : : : : _,,,ニコ〈  〈〉.\ヽ:.:.:.:.:.:.l!:.:.:.:.:.:.:./lゝ:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l:.:.|:.:.:.:./:.:.:.:.:.:., - ,:.:.|:.:::.:.:.:.:, '          . : : : : : : : : : :
  : : : :(__,,,-ー''.       /~7 /):.:.:.:.:.〆:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.i!:.:l:.:.:.l}:.:.:., '     ' ,:.::.:.',   . . : .     . : : : : : : : : : : : :
    : : : : :   . : :/二~|/_/∠/!:.:.:.:.((:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:, '  , , ,  ,     ' '  . : : : : : .    . : : : : : : : : : : : :
  .           / ̄ 」     ゙,:.:.:.:.:|l:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.〃:.:.:.:.:.:.' , ,   . : : : : : : : : . . . : : : : : : : : : : : : : :
  .          ~~ ̄ : : : : . . . ヽ:.:.:.ヾ、:.:.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:./: : : : : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  . : : : .     /^ヽ、 /〉 : : : : : : ` 、ソ:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:/:.:/:./:.:.'":.:.:.:..  '´    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 . : : : : : : : .ャー-、フ /´く//>: : : : : : : `  :.:リ:.:.:.:.:(!:./ノ , , ' ' "          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : .    . . `ー-、__,|    `" : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄, '                   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :     . : : : : .   : : .      . : : : : : : : : : : : :                     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

418 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:36:52 ID:VlQR9xWc0
           (  ヽ                   , ⌒ヽ , ⌒ヽ
     , ⌒ヽ   (       ヽ   _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,(    (    '
    (    ' (        ,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,    ゝ    `ヽ
.     ゝ     `ヽ    <~ -==^~~~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,  (        )
   (            ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,..ノ (          ヽ
  (.     (⌒         ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、 (           )
 (                 r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,           ヽ
  (.          `)   l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,           ヽ
   ,ゝ.          /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩| .| l-,
  (    '   ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i==========|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i
 (    (     | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
(           ,=i^~~.|  |.∩.∩ |,...,|__|,,|__|,,|__|,,|__|,....,||,,|.|,.....,||,|_|,|.|,....,|   | |~i
 (.      l~| .|  | ,,,---== ヽノ    i    ヽノ~~~ ヽノ   ~ ソ^=-.i,,,,|,,,|
  ,ゝ     |..l i,-=''~~--,,,  \  \  l   /   /    /  __,-=^~
 (.     |,-''~ -,,,_  ~-,,.  \ .\ | ./   /  _,,,-~   /     ヽ
, ⌒ヽ.     ~^''=、_ _ ^'- i=''''''^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^''''''''=i -'^~ (      ヽ
     ヽ         ~^^''ヽ ヽ  i   |   l  i  /  /  ノ   (         )
   , ⌒ヽ              ヽ  、 l  |  l  l / ./  /   (         (
     , ⌒ヽ⌒ヽ       \_ 、i ヽ  i  /   ,,=='   (           ヽ
.           , ⌒ヽ       ''==,,,,___,,,=='~      ,ゝ           ヽ
     ⌒            _   ヽ (              ヽ
   ノ        / ̄\.  /  |                        ,へ、
           /  / 〈_//\                   〈   |
           /  /___  |_/                 \」   _
          /  ___/          |\____       __/ /
         /  /         「`7   |___  /       / __/
        〈  ,/       /'ー┘└‐┐     //   __,  ̄
          ̄         ̄ ̄フ  | ̄    /   ̄ ̄ ̄  /
                   / ,イ|     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ̄   ̄

419 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:37:24 ID:VlQR9xWc0
. \                   _,,..--..,,_             ./
  ヽ                 ..〆     `ー....、_        /
   ヽ               /ソ __        ´ー-=-      \
,,..  ` ゝ              !<゚刀丶廴 、    ゙   `ヽ   ./
     ゙'、            く,_   /|!ヘr ゙^'_ 、' _ 、 ..  '' '''''''/     ええいこの寺めっ!
      ヘ             ””〕 |||| 1‐__''_‐く      ヽ 
       .'、           :/  .|/ f.< ___ > \    /     寺の分際で飛ぶなどおこがましいわー!!
       丶          ` ̄广 ,'フ::::::::::::::: / ヘ`'''ゞ  .\
        ヽ、          │ 、丿:::::::::::::::ィ' |;;;;;;;;;;\  `ノ    これでもくらえー!
         "ー-..っ___,--‐''l、│:::::::::::::::/\l ヽ、;;;;;;;;;; ./
        __'ー ゙'广'::::::::::::::::::::::::リ丿::::::::::::/    'ヽ";;;;;;;;;ゝ,
      _,-r冖'^'''ヒ 、ェユニニニ==-フ:::::::::::::/  _,,-t;;;;;;丶;;;;;;;;;/-、 
      ..tココ     ‐|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿 r;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;;;丿 /ヘ  
      ‐'モ―--=ー'゙'冖''―‐―----‐-ゝri ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ..;/ /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
              ゙'、    ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| "'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''""ィヽ      /   V | ,l ヽ|   V   ゙i
               丶  丿;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ゙;;;;;;;;;; _..r‐'' ゙̄ゝ>
                ゙ 、 {_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__.ヽン''′   _  ./
                 ∨’  ´゙゙''ー-u 〕 |'′ _..‐" ̄:::::::/
                 :l  ..---- 、  〉 T_r'::::::::::::::::::::::::|
                 l/::::::::::::::::゙ゝ / /::::::::::::::::::::::::::/
                 ¦::::::::::::::::::::: 〉/ン′::::::::::::::::::::::::/
                 /:::::::::::::::::::::: ノン′::::::::::::::::::::::::/
                |:::::::::::::::::::: / /::::::::::::::::::::::::/
             _、  .:::::::::::::::::::丿 ./:::::::::::::::::::::::/
             !'ヽ ::::::::::::::::│ 'i'、::::::::::::::::/
             l  `’:::::::::::::::卜 `゙'、:::::_r''´
              |  `ヽェ.._ :::::::'、 ..jゝ`".|
             ヽ   │`'''、 'l/   ∧
  .            ` 、 丿    |    丿 ヽ、
                ゙'彳    卜   /   丶

421 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:40:16 ID:VlQR9xWc0
       _ r '"_ ̄_、,~-=、,
     / _ -:": : :\: : : :\  て
    /  /: : : : _,,ll}lll,,,,,__: : :|  そ
   /   |l,_:  _,,,lllllll'''~ ~''''llllllllllll|
  /  /::::lli,,illllllll'_'-─'リ ̄レ`ェ-._ヽ_`
 /  /:::::/''''_-"レィ辷ェヽ`'''ヽリ_ミ:`ェ、
 | ./::::/  //-‐-リ `   '  ̄ヽリレリ_
  ヽi:::/o/[レ r ‐ 、    r'''ヽ /レリ        うわっ、怪人だ!
  \/! !リリ !. (::)    、 (:) ! .i、        変態の怪人が寺に何かを!?
   ノi  !!  ,,, ~    `  ,, i
  /;;;;!ヽ ヽ  u.          i          今日は偉い和尚様が入られる日なのに!
 /;;;;;;;;;;`‐-‐\    z==   /         早く追い払わないと!
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;::\     _/,  
   ̄ ̄   r┤!_r-`==- ̄ ' ─---、
      人トイ` _,,            ヽ
         寺の小僧


                /⌒\
                ((・:◎))           【ピポパポ…キューン…】
               └ ̄ ̄┘
       /⌒ ------|=|------⌒ヽ 
      /  ヾ :::::::::::: ¢::::::::   ソ\     「えっ!?あれがその和尚様なの!?」
      /_/  ( ∩______________∩ ノ\_\ 
     /_/ ヽ ::  ∪        ∪ /   \_\
     /_/  ヽ :: ::           /     \_\
    /_/   ヽ:: ::          /       \_ヽ
    /_/    ヽ:: ::::         /         / _)
   /_/     ヽ:::::::       丿       / _/
   /_/                     / /
            寺の下男

422 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:42:12 ID:VlQR9xWc0
                    ,. ‐''´ `'ヽ、
                  /       ヽ、
                 /    _,,.......,,,_  ヽ
                ./   ,.r '´;;;;;;;;;,. ,;;;;iヽ、',
                l  /,.r'/.-‐'"/;/ ヽ ',
                   |  r ",,,..,´_  ´ ,.-‐.、.l l
               |  .| ´. ,.-=、    ´,=‐、 .l .|
               |  | ‐" ・.,   ! ' ・ .!‐l, .|
               |  l´  `'‐ '   .lヽ'''´  ',.|        「イィ…」
               | .ヽ、     _,. 〉   / |
               |   l          ./ .|
               |.   l  _,,;;=   =;;,, .l .|
               |   l         / l
             r-─    'l    ___   ./  〉__
        _,. -‐ '"´       'l  =ニ--ニ= l ./  i..,,,_
     _,.-‐'´         ヽ  'l、   '''   .ノ      `''‐- .,__
 _,. -‐'´     、      ヽ、  `'''' ´  ̄ ̄,.r          l`''‐- 、
-'' ‐‐ 、       ヽ、,      `''‐- 、___,. -‐'´           /::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::`'ヽ、     `'‐- 、                    /::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::`'ヽ、      `''‐-- .,_____          /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐-、                  ,. -‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''‐- .,,___        _,.. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` '''''''''''''''''''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l
                   寺の掃除坊主


    /ー--- 、 _ ,...... -ヽ
    |             〈
    }       厂 _,... -└ フ
    |      .ノ,.-'´  ._,,,yr彡 
    {   ◎=∠,.-ー'´从从ミミ 
   ,i' ̄ ̄`` ノソ^ ,. -ーノノノミ  
  i     iへ/    0 〈        えっ?
  ゙i     |δ .u. ″   ゝ   
   `'リv , >-、    ,.-,ノ     
     ,´´''l;|,__ `-、_,.フ ,,,,_    
  ゙<| ̄|  `-、_,.-´| ̄ ノ\

423 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:43:42 ID:VlQR9xWc0
      _人人人人人人人人人人人人人人_
        > すげー!本物の沢庵和尚だ!  <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄      _人人人人人人人人人人人人_
      '((/'" ヽl'ヽ( ヾ ヽ   ヽ  _             > あれが和尚の生調伏か! <
   -''''‐-_ ノ (・l , (・) ゙i, ∩,)    ==   |/ //⌒ l l   ^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^ ̄
 /__ \_<,__ ノ ∪ノ    (  )  l(・) (・ ) ヽ l  
 |´> -''丶/__,、_ \ | 〉⌒/⌒/ _ ) 〈  /_ `   l´
 | (・) (・) |l   ヽノ    ;  / /(_ ̄ヽ_ヽ,,  、、  /___
 |_.〈、 _ ||;,     ,,,, ''  / ノ ⌒   ヽ/ l lニコ /(     \   _人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
_( /\  リl '''''''''''''''    / ( へ /ヽ |  / 、__/ l/(lヽ |\_ヾ   > 和尚は寺や山まで構わず           <
 ヽlr==っl/ l          / )(0l (O )|  |     (〈  ⌒ヾ ⌒   > 調伏してしまうって噂は本当だったんだ!<
      | ヽ____/ ( /  `- ' l  | ヽ_   ゞl (・) (・ )    ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^ ̄
____/|         /^(__,, )、__, |  ヽ__  /ヽ|  /.
       |        |  ((l ヽ=っ l/ |       | ヽ
       ヽ____ノ|/  (_,_ ノ  l       |  ヽ
               /           ヽ__  |  ヽ 二二)
                                   ヽ__ノ
            その他寺で働く皆さん


       _ r '"_ ̄_、,~-=、,             _/\/\/\/|_ 
     / _ -:": : :\: : : :\  て        \ ゴートゥー  /
    /  /: : : : _,,ll}lll,,,,,__: : :|  そ       /     TKN! \
   /   |l,_:  _,,,lllllll'''~ ~''''llllllllllll|            ̄|/\/\/\/ ̄
  /  /::::lli,,illllllll'_'-─'リ ̄レ`ェ-._ヽ_`                        _/\/\/\/|_ 
 /  /:::::/''''_-"レィ辷ェヽ`'''ヽリ_ミ:`ェ、                        \ ゴートゥー  /
 | ./::::/  //-‐-リu`   '  ̄ヽリレリ_                         /     TKN! \
  ヽi:::/o/[レ r ‐ 、    r'''ヽ /レリ     ええ~~~ッッ!?         ̄|/\/\/\/ ̄
  \/! !リリ !. (::)    、 (:) ! .i、     み、みんなどうしちゃったの!?
   ノi  !!  ,,, ~    `  ,, i
  /;;;;!ヽ ヽ  u.          i      どう見ても怪人じゃない!
 /;;;;;;;;;;`‐-‐\    z==  u./ 
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;::\     _/,  
   ̄ ̄   r┤!_r-`==- ̄ ' ─---、
      人トイ` _,,            ヽ

425 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:46:28 ID:VlQR9xWc0
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|            誰が怪人かっ!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',          俺の名は沢庵!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l          今日からこの寺で俺の仏法を見せ付けてくれるわー!
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'


       _ r '"_ ̄_、,~-=、,
     / _ -:": : :\: : : :\  て
    /  /: : : : _,,ll}lll,,,,,__: : :|  そ
   /   |l,_:  _,,,lllllll'''~ ~''''llllllllllll|
  /  /::::lli,,illllllll'_'-─'リ ̄レ`ェ-._ヽ_`
 /  /:::::/''''_-"レィ辷ェヽ`'''ヽリ_ミ:`ェ、
 | ./::::/  //-‐-リ `   '  ̄ヽリレリ_
  ヽi:::/o/[レ r ‐ 、    r'''ヽ /レリ     うわっ!
  \/! !リリ !. (::)    、 (:) ! .i、      こっち来た!
   ノi  !!  ,,, ~    `  ,, i
  /;;;;!ヽ ヽ  u.          i      
 /;;;;;;;;;;`‐-‐\    z==   / 
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;::\     _/,  
   ̄ ̄   r┤!_r-`==- ̄ ' ─---、
      人トイ` _,,            ヽ

426 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:47:38 ID:VlQR9xWc0
  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___       ポカッ!
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\

427 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:48:07 ID:VlQR9xWc0
                  〔厶=-‐-=ニ///>---‐ァ'7  |            こらっ!
              {>x,     >x/////,/} |           和尚様に失礼な口を聞くんじゃないよ!
      x,ハ       ノ( r川 し'⌒ヽ Y´ ̄{/| |           まずは和尚様を御部屋に御案内するんだ!
   -≠´   jハ      { У / 人__nノ_,, |    V l ,′
  ⌒ヽ    ム.      Y´   Y'ー-  ,′ ∧ ヽl/ ___   . -‐- 、    40秒で御案内しな!
  <      /:/⌒ヽ, -‐i`¬'⌒ ゝ-‐'T/  / }}  Y´  `Y´   、、
  ー=_   {/ ヽ∨  | | Y^ニ二乙! l/  /  ノ .イ_    、、  〃
     ー=彡> "⌒ヽ /八⌒><)ノ'/  / / /.:::::::::::`ヽ_ 〃     ノ
       {  {   ∨_/  `ヽ   厶.-≠、 /.:::::/.:::::::::└-ミ  /
       _\ `ヽ  (. 个ーく ___/   /   V.:::::/.::::::,. .-‐==ミく
    __〃  ̄ ̄/`¨`アヽ:::::::::(__,ノl    {::::/.:::/ニニニニニニニニハ
 ,. :´/  ,ゝ--‐=≠' / 人:::::::(,/ `ヽ  ∨/ニニニニニニニニニニ{
./ニニ{   {___,/ .イ /:::::::: ̄/`ヽ      }ニニニニニニニニニニニニニ.、
仁ニ{   {   (. イ ノ 丿:::::::::::::/`ヽ        }ニニニニニニニニニニニニニニヽ


       _.,,, -/\/\
      /:::::::::::\   /
   ./:::::::::::::::::/   \
   l: : : : : : : :\/\/!
   l: : : : : : : : : : : : : : : l
   ヽ: : : : : : : : : : : : : /
   ::/\       /\
    }       厂 _,... -└ フ
    |      .ノ,.-'´  ._,,,yr彡 
    {   ◎=∠,.-ー'´从从ミミ 
   ,i' ̄ ̄`` ノソ^ ,. -ーノノノミ  
  i     iへ/    0 〈       わ、わかったよ…。
  ゙i     |δ .u. ″   ゝ     でも、本当にこの人が「あの」沢庵和尚なの…?
   `'リv , >-、    ,.-,ノ     
     ,´´''l;|,__ `-、_,.フ ,,,,_    
  ゙<| ̄|  `-、_,.-´| ̄ ノ\

429 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:49:47 ID:VlQR9xWc0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |         お前の言う「あの」というのが
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|        どういうものかは知らんが、俺が沢庵なのは確かだ。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\        ほれ、荷物を頼むぞ。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |         俺の部屋はどこだ?
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       , -‐''''"´ ̄``ヽ、  
       /     _     ヽ 
     /        ̄ ̄   { 
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._  
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     は、はい。
     レ:r、/ イ゚テ   ピト`|::|      こちらです…。
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ  
     ヽヽ、 u. r‐-,   /'       (いいのかなー)
        lヽ、  ̄ /   
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__  
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ

430 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:50:54 ID:VlQR9xWc0
                           
                ,. '"´三二二三`ヽ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
              /   /    夢     ', ヽ 
            /   /::(         ノ:::)  ヽ
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /  よし、それでは
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . これから俺の開山供養を
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ 
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . 見せ付けてくれるわー!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  

 こうして沢庵和尚は品川の新寺に入寺、開山供養を行い、この寺の住職となったのである。

431 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:52:36 ID:VlQR9xWc0
 そして、翌月の五月十九日…。

::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l
.{ i、               l    |          和尚、来たぞ。
 、 `                   |   |         俺も直接来るのは初めてだが、
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l         どうだ、寺の住み心地は?
:::| ` ー,                 ´     ,'
/    、      `- -‐─‐- ′. /
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        そうですな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|       さながら空を飛ぶが如く、とでも言うのでしょうかな。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\       拙僧には勿体無い寺かと。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 この日、家光が始めて品川の新寺へ訪れている。

432 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:54:42 ID:VlQR9xWc0
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙`_,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv
"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"      ~ "'''~"''""'''~"''"  "'~"''"''~"''"

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       ただ、寺域が広過ぎるきらいはありますな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      少し出ると草が深くなり、掃除をする坊主たちが難儀しております。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 なお、建立当時のこの寺は、敷地ばかりが広く、
方丈や山門の辺りを除けば、一面、草ぼうぼうの状態のままだったという。

433 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:56:28 ID:VlQR9xWc0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ       む、確かにな…。
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ      これはこれでイイ感じに隠れて、絶好の場所のような気もするが、
     ヾ、!      !ミ    ,レソ      流石に俺が見に行くには難しいしな。
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|         ちょっともったいないが、それは対処させよう。
        i| \  ' ニ   イ.:|
        ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (- ) .   |
     . (人__)     |     (将軍家が品川までわざわざ覗きに出向くとか
     r‐-、    .u  .|      .勘弁してください)
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

434 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:57:58 ID:VlQR9xWc0

 ひとしきり境内の案内が済んだ後、

         ,. -‐-─-- 、
.      /             `ー、
    〃                 i, 
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 
    !  :l      ,リ|}    |. }  
.   {.   |          ′    | } 
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|       なあ、和尚。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|     ここで一つ、一首詠んでくれないか。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ  
.    }.iーi       ^ r'    ,'  
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ   
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\  
 /i   |!  i      :;::;:::::::ト、 ヽー- 
 │ .|  i l     ノ ,'    :i  i
 ノ   |- ⊥.」__     /_,. -‐ |  |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    ふむ、そうですな…
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 家光は、和尚に一首詠んでほしいと頼んだ。

435 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 22:59:30 ID:VlQR9xWc0
                 .rニYニヽ  
                  /    j |  
               .イ     } |       「久しかれ 寺も新はり つく波山 海となるまで 君が代なれば」
              /j      j       
           ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
           .|   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
           j  |           |  |,
          イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

 和尚はその場で一首詠み、家光に献じている。

 【沢庵和尚の五月十九日の手紙(抜粋)】
 今日之ご機嫌無所残儀候。其段可被心安候。今日之歌ニ、

  久しかれ寺もにいはりつくは山海となるまて君か代なれは

 如此申候。萬々期貴面候也。

436 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:00:56 ID:VlQR9xWc0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     和尚。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    結構な歌だった。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′     礼と言うわけでもないが、
       ,rト、  ー- ─-:  /|      この寺の寺名を決めよう。
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       …どのようなものです?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

438 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:02:08 ID:VlQR9xWc0
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \   
        /                    ヽ  
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ 
       ' 「      ´ {ハi′          }  l 
      |  |                    |  | 
       |  !                        |  | 
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ         「萬松山東海寺」
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |  
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !         どうだ?
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

439 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:04:00 ID:VlQR9xWc0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       …結構なものですな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      拙僧としては、文句はございません。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ     …和尚ならそう言うだろうと思ったよ。
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ 
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ    よし、では、これからはこの寺は「東海寺」だ!
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^    ム'′
        .ト   ヽ二二二フ .,イ
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙

440 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:05:20 ID:VlQR9xWc0

                      ,.,-‐'´''`´''`´```丶. _
                  _ ,.,イ             `'i
                   ,.ィ´       ,ィ'`´''   ィ'`´'' 、 `'丶.
               ((  ィ'`´''`´`             、_ヘ
                 `i,    _i'´.r==ィ=‐イ.,.,ー‐<´ `i `''  i    <僕、東海寺!天空の城じゃないよ?
                 ゞ. r=rl ‐ l  i  __ rl A , l _/`ir'ヽiソ       
                  ,>‐ュr 、,ヘー'´l  i  ̄  ̄ i´ l H‐-k'´i._
                 <ソ-‐イl / ,. __i_i ___.l r=ュ._,ュ.j  l i´`i_
                  ,ir‐i´_ ,.,-‐''"i k' >ヘ  ,,.  l  l.  j i ̄`' '´`iヘ.
             ,ィi  l l      l i /   l .l  i .l  l>'i lヘ. ,ィ、l  i i‐、
               ,,'i    i l  _rュ l l__l   __.l l ,r=、!__.r‐ュ.l i i iヘ l i ∧
           ,r-イ __l  ,イ l二l  i  ̄,,. ̄ ,,、  l  l  i  l  ̄,`' i´ `l.,_ ∧
            l  / `r`  ̄,rュi l!   l /  ヘ ,i'  ヘ l  l  l  l  i  l  _l i`'iへ.
       ,ュ/`=i  .l ,'T, i ニli   l i Y l l. Y l i  l  l  l  i  l _ l i i .i ヘ.
      r=' 7l ,l  l i  ;._!ニ!,‐-.iHェェェHェェェK二lェェH仁niニヽ /  / i i  i  li、
.      l i_ _l ,!,-‐''"~へー =<〈 _<l_li__ヘヘ_il二l二i ,'丿 // // ,ィ`丶/l i_ l_i i,
.       ト,.l _i>-、<>l><>>'´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; `'丶. <l!>l<>l><lヘ l
     l./   `ヘ._.i `<> </; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;. . . . . . . . . . . . . ヘ  / <i<> <>.<./
     `ヽ.  ir  `>、<>/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;. . . . . . . . . . . . . . . . ヘ,'<>、< _k ili /
        `''ー ,.,_ 二 > l; ; ; ; ; ; ; ; ;   ; 東海寺  . . . . . . . . . . . l < 二 _,.,-‐'"
             ̄ ̄ ̄∨; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.. . . . . . . . . . . . . . . . . / ̄ ̄ ̄
                 ∨; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;. . . . . . . . . . . . . . . . , '
                  ヽ.; ; ; ; ; ; ; ; ; . . . . . . . . . . . . . . /
                      `丶.: : : : : : : : : : : : : : : : >'´
                      `' <三三三二>'´
                

 こうして、この品川の新寺は、「東海寺」と名づけられ、沢庵和尚の江戸に於ける住処となったのである。

441 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:06:21 ID:VlQR9xWc0
/                     _/ __
                >''" ̄   -―- `ヽ、
            /   /     ト、  \ \
           /    /   !l   l ヽ   ヽ ヽ
          / /    /   }j  }       ハ
        / イ /   /L_ l   ノ / ハ } l      i           と、いうわけで!
          j  / /_,,l l`l / /l/⌒l ト j    l i          とうとう和尚が「東海寺」住職となったわけですよ!
゙、         ノイ/{ l{ 《 !)沁 / / ィ芍ミ< ノ  ハ } l
 \             V ハ 弋シ     {{沙'゙イ / リ  l          この東海寺のスペックは、
              { λ}     ,   `'''" ノ /l   __l__
            ∨ 人   ャー ┐  彡 ノ}  /::/^Yヽ       ・寺域   : 約四万七千坪(約15万5千㎡)
                   l \  ゝ .ノ  イ フ}  lイ::::::::::ト:::::::::ト      ・朱印地 : 五百石
              /:::l  l::>- < /::::l  l:l::::::二:::〕ヽ 〔  \
              ):::l  lヾ//∨^\:::::::l  l:l‐:::::::::「   Y:}ー-    というもので、建立直後は敷地ばかりが広く、
              〈::::} j:::/^`トr-r- 千l  !:{:::::::::::L  j \ ー   草ぼうぼうだったそうですが、
              人j  !::{┼┼L { ┼ l  l:::ト::::::::::::} /  }    後に、続々と大名家が塔頭を創建したことで、
            / / /:::L // l\ {  l:::ト:::::r、ノ /   ノ    最盛期には十七の塔頭を持ち、
       _ 彡   / / /┼ /_l ┼ヽl  V::::::::〉    /   \江戸の大徳寺派の触頭(幕府の指示を末寺に伝える役)として
    ィ''" ̄         癶 ヽ┼!:::::::l┼ 代  \:く  ,,,x彡} /ヽ 隆盛を誇ったそうですよー!
 /       -‐'''" /   \{ヽ{:::::::l 土ノ::::\  `< ̄  }/:::::::::i 
/ / / /    /      人:::::::::::::::::::::::::::::`<_  ̄`ヽ、::::::::::l 

                   .                  ___
                                   ,ィ::1l, -‐-::l:::l:`丶、
                                 ,イl::l/:::::::::::::::l:::!:::|l::::!\
                                ∧/::::::::::::::::::::::l::l::/:::/::::::ハ
                                 ∧/::::::::::::::::::::::/``´´"ヽ、:'::::|
 15万5千㎡か…。       ...             ト::l:::::::::::::::::,ィ::/      i彡|
                   .              ト、!::::::::::::::/、l,'         !彡!
 2014年完成予定の           ......       ∨:::::::::l、:l-、ll\ __... -‐‐ ',::::l
「イオンモール和歌山」とほぼ同じだな。 .....      |:::::::::::lぅlぇ ll `/´ ̄`ヽ !,イ
                                  〔!:::::::::::!ー" ヽ ',    ノ 〃 !
※参考記事                         l:::::l:::::l         ̄ ̄ ヽ!/
 http://wakayamapr.ikora.tv/e789120.html     l:::::l:::::!    ` ´    /
                                   ',:::ll::::ト、   ‐_‐   / ヽ、
                             _.. - '' ヽlヽ::l| ヽ、     , イ     `丶、
                          _.. - ''     ヽ ヾ、  ` ー'  !        `丶、
                          `ヽ、       /!       lヽ、       /
                            \    i´:.:.:.ヘ        /:.:.:.ヽl.    /

442 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:09:16 ID:VlQR9xWc0
      //       l l
      l l         !l                                     __
      l        __lL_,, -―- 、                             //⌒`ヾ\
        ! !   _,,.z二 ⌒       `ヽ、               __       //       \\
         l l ィ"    /⌒ヽ  ヾ      \           ''" ̄   ̄ ``ヽ //         ヽヽ
        Χ   // l             ヽ        /     __,. -‐-ミヽ {ト、             ヘハ
      /  \   j  {       ヽ  l     ゙、    /   >''"          \            l !
       /      { λ    ハ   ト、l     ハ   /   /      ,,.zニ ̄>⌒ヽ ̄`ヽ           ! !
      /      _∧  ヘ     } /jl,,,)_ト !    l  /   ハ  / /   / / l  ヽ   \        l l
      / /    { ト「''ト 、,,,\   jl j勹示ミY}   ∧} /// r} ///     /   /  j  } Y   ヽ       l l
  r、 l /l  l   トxi勹示ミ{\  /l/代;;;) } !  / ∨ /  ノ  /  / / !  j{   j  l    ヘ      ! !
  hヽ l l l  {  〈代弋;;) }  )/   ` ー '゙ ノ j/l  /  /   / /l\l { {  {l  ノ ノ }   l  l 
  弋  ∨∧ l  人 `ー '"    '     / 彡 l<   / {   /ィうミx{\l ト、 l  / /  j     lハl   ちょっと待ったー!
    \乂 ゝl\  \__,    /^ヽ     ̄ {  トヘ / \ ト、 { 弋沙ノヾ ゞ Y /云j ハ!   l l }}  何故にそこでイオンモール?
       > 、  j ミ_ /    {   }      l  l ∨ \ ヽj  人 `冖'''    }ん沙》/j  j ト ! ノ
    /   >!  j \     ` "    ,,イ:::{  l }    ト }! トミ=-      , ゞ" / ノ  /j/ \     こういう時は、
    /     /  /r)、::l` ー- r┬ヤ乏┼レl  ∨   } )ノ ∧\   -‐ァ   /j  }// ノ      東京ドームを引き合いに出すのが
    ! {     /  / L;;:ミl\┼┼辷j┼┼厂:λ  ∨ /)ノ: :/ l/ l \\ (__/ __ イ /}ノ           筋ってモンじゃないんですかぁ!?
    {λ { /   / r┘::j::ζ /|-/ヽ \/}::::::∧   ト(: : : V l  l>ィ[ト、`r ''"「 l l /: : :〉     
     )八{   l /ヾ::/::::辷 ┼/::::::l┼厂:::::::::}ハ ノ: : : : / j <// ト、>  ! {  j: : :/\         ちなみに、東京ドームに換算すると、
       人{\{〈:::::::{::::::::└‐┘::::::j/::::::::::::/:::jイ: : : : / /ト_〈/ヽLl__!/l   {:/   \      なんと12杯分ですよ!
             Y:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヾ::/: : : :/ / j: : : :>干K : :├-l   i \    }
               \/:::::`トミ::::;;;;;;::::斗イ::rヽ/: : :/ / /: :/ //l l ヽ: :l  l  l  {     i
            /lミー~く:::::::ハ:::::::r、;;ノ/|: : /  ノ/: :\///: :l トノ: ノ  l  l  l     !  
           /   `く土 干⌒干__彡"  l/   / : : : : : //: : l l: /   l  l  l    i
             / /    / ̄ ̄ ̄   //  /: : : : : : :/ /: : :l l/    l  j  l   !
         / /    /          / /   / : : : : : : : 〈 /: : : l l     !  l  }   j

 ※ なお、都内では、小石川植物園がほぼ同規模(161,588㎡)なので、それよりちょっと小さい目くらいで。

445 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:10:44 ID:VlQR9xWc0
       //     /   /   /       | ト、{   ∨ヽ     ヽ
.      //     /   /   | l.      | | ,.ィ  ̄ |`ヽ:..     ! :.
     //     / /  .'   |  |八     |ハ |!\ }リ Ⅵ  l |ヽ }.            なんにせよ、この広大な寺領に五百石の朱印地、
.   //      ' '   :.  |  | { ヽ.   リ{.! } ,ィ≠ミ、 |   ∧{ リ i           そして和尚が不便しないようにと、本来の寺の僧達の他、
    ' ′     | |!.  |   |  |イi∨ \__| ||   ´     | ; | リ   :.           掃除坊主五人、下男八人を幕府の扶持持ちでつけて、
   | |       | |:.   {  {: /{i从i \   } リ     :.:.:.:. | /イ ,∧   :.          更に、夜は物騒だからと、近隣の百姓に対し、
   | |       | | {   ∨ ', ', ,ィ⌒ ` ' 、       }/ム}   |    ',         .毎晩九人ずつ詰めさせたりと、厚待遇極まれりですよ!
   | |       /`ヽ ',   ヽ }从_{!       _,...イヽ /イ_,/  {    ヽ
   { {     {⌒ '  / }    \、 :.:.:.:.:   /イ,.f ⌒ }    イ   :.      \        なお、和尚の逸話には、
   | |    |_   ∧! ト、\   r 、/ Y   ヽ::/: : : : /  / {_{   i   ___ 、
   マ{       ̄  ヾ、 \〉 、,{ l{ _人    ` ー‐ '   ,:'  |∧   {,ィ//////}_ \     「和尚が東海寺から逃げようとするから、
    \                 __〉 ト,  ヽー     _/  //∧  {/////r_//7  \    それを止める為に、「沢庵番」と呼ばれる者達が
                   ///   }∧、  `ヽ///>- 、 ∧/ ∧ ∨////`∨        付けられた」
                 , {イ{  /Y^}⌒ヽ、_ ∨/// /  ,∨/∧ ∨     ヽ 
               // / ,.ィ^}人{_,.-- 、_ } \_/,ィr-、,.イ//∧ :.       :.     :.  なんてのもありますけど、
               /  { { '  ,〉-、!     |///╋┼,〉////∧ :.     }      これは上記の見張り番からの派生でしょうね。
              /   | /  /  }〉ー- 、  }イ╋┼╋///r-,/ } ;/    | 
           /       :. {    / }!マ     |╋┼╋///   / /イ     |      /


                       |.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:..:.:.:|::::::::::::::::::::::::::::::://:/、|;::|   ヽ;:;.;:;.;..;;`、
                       |.:.:.:.:.:.:|丶.:.:.:.:|::::::::::::::::::::::::/ /:/ ヽ|;;:|     |;:;:;:ハ;:;:;ハ
 なるほど。              .|.:.:.:.:..:|..;丶..:.:.:|:::::::::::::::::::::/‐‐//‐- |;::|、、    |;:;/ .l;;:;.;:l
                    . |.:.:.:..:.:|.;.:;.;.;ゝ.:.:|:::::::::::::::::/,,_...。、   l::/ 丶ヽ-‐--|/  l;;ハ;.;l
 しかし、実際のところ、      . |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;.;/r`i:::::::::::::::::|、弋::...:ノ_` .l;/  ,ゝ` ̄ヽI   l;l l;;l
和尚はどうだったんだろうな?   |.:..:;:.:|.;.;.;.;..i r-i::::::::::ハ::l       l/   i     i  リ  l;;l
                    . |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;i   ( i:::::::::l.l::l      /     lゝ、_,,イ      l;;l
 「そこはこの後すぐ!         |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;ヽ  i::::::::l l:l         _ 丿    ソ      リ
  スゥーパァー和尚タァーイム!」  .|.:.:.:.:.:|.;.;.;;.;l ヽ イ:::::::l ゙'              ,'
                       |.:.:.:.:.:|.;.;.;.;;l  | l::::::ト、     ''ー‐‐‐-.    ,'
                       .|.::.:.:.:.|j」;ニニ| .l:::::l...,ゝ.     '‐-'     /
                        |.:..:.:.:.:|  ̄`"゙''''''‐ー-二 ー-....__    /

447 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:11:38 ID:VlQR9xWc0
 将軍家の訪問のあった、
その日の夜…

       , -‐''''"´ ̄``ヽ、 
       /     _     ヽ
     /        ̄ ̄   { 
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._ 
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ   和尚様。
     レ:r、/ イ゚テ   ピト`|::|    上様御一行は皆、お帰りになりました。
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ 
     ヽヽ、   r‐-,   /'      …和尚様?
        lヽ、  ̄ / 
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__  
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      …なんだ?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

448 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:13:10 ID:VlQR9xWc0
    /ー--- 、 _ ,...... -ヽ
    |             〈
    }       厂 _,... -└ フ
    |      .ノ,.-'´  ._,,,yr彡 
    {   ◎=∠,.-ー'´从从ミミ 
   ,i' ̄ ̄`` ノソ^ ,. -ーノノノミ  
  i     iへ/   . イ゚テ〈       …いえ、なんだか、機嫌が悪そうだなって。
  ゙i     |δ .u. ″   ゝ     上家が和尚様に逢う為に、わざわざ来られたのに…。
   `'リv , >-、    ,.-,ノ     
     ,´´''l;|,__ `-、_,.フ ,,,,_    
  ゙<| ̄|  `-、_,.-´| ̄ ノ\  


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      …そう見えるか?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、| 
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      「…はい」
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

449 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:14:54 ID:VlQR9xWc0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |       …そうか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      まあ、お前は気にせずともよい。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\      今日はもう疲れたであろう。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       後のことは自分で済ます故、先に休むがいい。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       , -‐''''"´ ̄``ヽ、 
       /     _     ヽ
     /        ̄ ̄   { 
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._ 
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     …わかりました。
     レ:r、/ イ゚テ   ピト`|::|      でも、何かあったら遠慮なく呼んでくださいね?
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      和尚様は、この東海寺で一番偉い住持様なんですから。
     ヽヽ、   -,- ,   /' 
        lヽ、     /        「…うむ」
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__  
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ

451 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:16:35 ID:VlQR9xWc0

<カラカラ…ピシャ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ………東海寺の住持、か。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

452 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:18:16 ID:VlQR9xWc0

                 .rニYニヽ 
   |レ               /    j | 
   !!_           イ     } |        これで、名実共に「繋がれ猫」になってしまったわけだな。
   ゙- '´ ,、       /j      j      
      -''´   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、    …フン。
           〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
     __ii__    |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
     イi    j  |           |  |,
      `  , イ  |     |      |  |
        ノ  }        |         |
      /           |          |
    //  /                  |
.  //  /                   ',|
/ /    l                     |  
 / i   /                     ヽ
ん-ト、               |          |'
   ヽ/    /    |    |           l
    ヽ   /     |    |      レ-、  /
     `-- ´--、__  |___|__ _|  `丶{
             ̄|    / ̄|    j
             ',   {   |.    |
              ',__,r' }  .|    j
               ',   |   |`丶、r'
               ',  |  |   j

 こうして、沢庵和尚の四度目の江戸での生活は、
自らが住持となった寺で始まることになったのである…。

453 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:19:04 ID:VlQR9xWc0

  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|            \ヽ, ,、
_   |             `''|/ノ
\`ヽ、|              .|
 \, V"          _   |
   `L,,_          \`ヽ、|
    |ヽ、) ,、         \, V"
   /  ヽYノ            `L,,_
  / r''ヽ、.|             |ヽ、)   ,、
  | `ー-ヽ|ヮ           /    ヽYノ
  |    `|           /   r''ヽ、.|
  |.     |          |    `ー-ヽ|ヮ
  ヽ、   |          |       `|
   / ̄ ̄\          |.       |
 /  _ノ ヽ_ \        ヽ、     |
 |  (≡)(≡) .l          ヽ____ノ
. |   (__人__) |          /_ノ ' ヽ_\
  |   ` ⌒´  |       /(≡)   (≡)\
.  |        }       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
.  ヽ       }      |     |r┬-|     |
   ヽ     ノ        \      `ー'´     /

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その57):沢庵和尚、東海寺の住持となる】 完

454 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:19:25 ID:VlQR9xWc0

【やる夫で学ぶ柳生一族(その57) 新規登場人物一覧】

 上皇からの使者      .: ニコチャン大王(Dr.スランプ アラレちゃん)
 東海寺の小僧     .....: パズー(天空の城ラピュタ)
 東海寺の下男     .....: ロボット兵(天空の城ラピュタ)
 東海寺の掃除坊主他  : ドーラ一家(天空の城ラピュタ)

 解説役(その57)1    ..: ニャル子(這い寄れ!ニャル子さん)
 解説役(その57)2    ..: 柳生九兵衛(銀魂)

460 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/09(日) 23:26:03 ID:VlQR9xWc0
 てなとこで終了でアリマス。
本日もお付き合いありがとうございました&お疲れ様でした>ALL

 今回は京に於ける和尚の国師号辞退と、
和尚の別称である「東海禅師」の元となった東海寺の話でアリマス。
なお、東海寺は一応現存しております。

 【東海寺】
  ttp://www.tesshow.jp/shinagawa/temple_nshinagawa_tokai.html

 家光の帰依を受けた沢庵和尚が開山ということで、江戸時代は相当栄えたそうなのですが、
明治維新後に政府に寺領を没収されたり、戦後は境内地に東海道線が通ったりして、
今では伽藍などもほぼ失われ、名を継いでいるのも、かつての塔頭である玄性院という状況とのこと。
若干寂しい感じで砂。こないだも事故があったようですし。

 【【東京】歴代将軍が訪れた寺にトラックぶつかり山門倒壊!品川区北品川の「東海寺」】
  ttp://blog.livedoor.jp/sangokuken/archives/51668206.html

 まあ、それはともかく、
当初予定では、この後、十兵衛の話に流れるつもりでしたが、
ちょいと構成を変えた都合上、次回くらいになるかなと。
次は女性キャラ登場率が上がりますよ、たぶん。

 あと、次回の解説役投票結果をば。

 【その58解説役投票結果】
  3票 : 比良坂初音(アトラク=ナクア)、
  2票 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!)、坂本美緒(ストライクウィッチーズ)
      .長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
  1票 : 佐々木さん(涼宮ハルヒの憂鬱)、本多・正純(境界線上のホライゾン)
      初音ミク(ボーカロイド)、イカ娘(侵略!イカ娘)

 一位の初音ねえさまはいいとして、二位が3人いるので、ちょいと思案。
ふむ…今日(9/9)が終わるまでの間だけ追加投票時間にして、
それでも同率だったら、その時決めるということで。

 それではではー。




465 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その57)[saga] 投稿日:2012/09/10(月) 00:08:16 ID:fv5vwWJg0
 どもどもです。
てなわけで9/10になったので、追加分踏まえて再集計。

 【その58解説役投票結果】
  4票 : 比良坂初音(アトラク=ナクア)、綾崎ハーマイオニー(ハヤテのごとく!)
  3票 : 長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
  2票 : 坂本美緒(ストライクウィッチーズ)
  1票 : 佐々木さん(涼宮ハルヒの憂鬱)、本多・正純(境界線上のホライゾン)
      初音ミク(ボーカロイド)、イカ娘(侵略!イカ娘)

 というわけで、初音ねえさまと久々の男の娘で砂。
それではではー。


スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/09/30(日) 07:04:20|
  2. やる夫で学ぶ柳生一族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<やる夫で学ぶ柳生一族 その58 家光、女体開眼 | ホーム | やる夫が山形城に生まれたようです 番外編七 彼らがあのネタについて雑談するようです>>

コメント

おお、あの門がひっくり返った寺か!
将軍家ゆかりの寺だとかいうのは聞いていたが、こういう経緯だったんだなあ。
  1. 2012/09/30(日) 20:30:30 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yromtm1059.blog117.fc2.com/tb.php/354-fe7af415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。