やる夫+まとめ -戦国系-

戦国系やる夫シリーズのまとめを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫で学ぶ柳生一族 その55 十兵衛赦免


208 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:04:54 ID:jSvpxvfE
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
             柳生十兵衛三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        大和柳生藩初代藩主にして柳生家の当主、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ / 
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

214 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:08:03 ID:jSvpxvfE

【寛永十五年(1638)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .六丸    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐
          .清厳      利方     .新六
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

215 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:08:53 ID:jSvpxvfE
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~54)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
そして、宗矩の惣目付就任、柳生藩一万石の大名への立身や、柳生新陰流の全国への広がり、
また、十一年ぶりに江戸に戻った十兵衛も、宗矩より印可を授けられるなど、柳生一族は繁栄の絶頂を謳歌する。
しかし寛永十四年、江戸時代最大の一揆「島原の乱」が起こり、幕府は多大な被害を出して、これを鎮圧。
その被害の中には、尾張柳生家の嫡男・新左衛門清厳も含まれていた。

 そして寛永十五年(1638)、
再び天下は泰平に戻った中、柳生家にも新たな動きが起こりつつあったのである…。




216 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:09:47 ID:jSvpxvfE

 寛永十五年七月十六日、柳生家下屋敷…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

218 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:10:51 ID:jSvpxvfE

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     では、和尚。
   |      (__人__)    達者でな。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃     例の件、よろしく頼む。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      安心しろ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ      せっかく上方に戻れるのだ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    そのくらい大した手間でもないわ。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉
          沢庵宗彭
       (たくあん そうほう)

 この時、沢庵和尚は再び江戸を出て、上方へ戻る途に着こうとしていた。

220 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:12:14 ID:jSvpxvfE

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|      ま、ゆっくりとしてくるといいだろ。
    | ./´ニト━・' .l     戻ってきたら、今度こそ掴まるわけだしな。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       品川の方はもうかなり仕上がってるようじゃの。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      フン。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     「繋がれ猫」というわけだ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     やはり将軍家などの
  /  / / ! \| |      ./!  ! |      近くに寄るものではないな。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

221 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:12:57 ID:jSvpxvfE

 ここで少し時を遡る…。

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

222 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:13:43 ID:jSvpxvfE

 寛永十四年(1637)十月 ──

       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !        和尚!
    ヽ {  |           !           |ノ  /       病のせいでなかなか会えなかったが、
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′       .俺も快復したからもう心配は無用だ。
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /            .大いに歓ゲイするぜ!
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / | 
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |
               徳川家光


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / / u  .夢   | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 -ゝ .イ- ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       上様。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      発音が気になるのですが。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 寛永十四年三月に再び江戸に上府してからというもの、
将軍家光は沢庵和尚を度々招いて、これを厚遇した。
(尤も、到着前後に家光が病に倒れていたこともあり、実際に御目見えできたのは十月になってから)

223 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:15:01 ID:jSvpxvfE
| ||             |  | |         | ||                       |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||              ('''';;;;,)       |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||           (;;;;;('';;;;ソ;;,,)         |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||         (;;;,, )   /,,         |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||        (;;;(;;;;,,,)ヾノ;;` ⌒(;;;(;;;;,,)    |  |       |  |
| ||             |  | |         | ||            .ノ 、 n; ) ヽ'(;;(;;;,、)   |  |       |  |
| |.━━━━┳━━━━|  | |┳━━━ | ||      (;;,; )ヾ⌒= =)か;;,)      .| o'        .|  |
| |.━━━━╋━━━━|  | |╋━━━ | ||     ........./ ;;:(人__) | .|........和尚ー!.|  |       |  |
| |.━━━━┻━━━━|  | |┻━━━ | |/ ............................ヽ   .イ./.....わしの能を見ろー!_   .|  |
| ||::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::|  | |       ./          /     /               .\  |  |
| || : : : : : : : : : : : : : : : ::::::|  | |    /           〈勿    〈                   \|  |
                 :|  | |   /            _/ / \ \                  |  |
..              |  | |./             (__/   ヽ_,)                 .|  |
..              |  |__________∩._____.∩___________..|  |
..              |  __________. |├─────┤|____________|  |
..              |  |i i iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii .| |_______| | iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii. |  |
..              |  | i iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |├──────┤| iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |  |
                                | |_________| |
                                  |├───────┤|
                              ~~            ~~

         rニYニヽ 
        /    .j |    お前は能になると
      .イ     } |   相変わらずだな。
     /j      j 
   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
  .〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
  |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
  .j  |           .|  |,

 ある時は新舞台始めの能見学に招き…。
(この時、喜多七太夫、金春八左衛門、観世太夫、永井直清、そして宗矩が能を演じている)

225 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:19:37 ID:jSvpxvfE
              ___      \\     -‐つ     /:.:.:.:.ヽ     / ̄         ` 、/      ノ
           -‐⌒      ̄ ‐-    \\  / /  -っ  /:.:.:.:.:.:.:ヽ  /   _           \   -‐'´
         /_____ _、    ̄ ‐- 、У / -´ /   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/    /  ‐-、          \
         ゝ_       二ニ、ヽ      `  </ / __  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   // / / /  l            \
            ̄二У-‐'´     _ -‐- _   ` <-‐' /_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   / / / / /  l   ,、          ヽ
           ,'´         -‐// /> 、   \   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /、 / / / //   ll"ヾ          ヽ 
、ノ / ,、       ゝ __  -‐   (ノ /'´ // ‐-   \ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    l:.:.:.:.:.レ、//  /ヽ  ト -、         ヽ
 ヽ/ //)                        \\\  \:.:.:.:::.:.:.:.:.::l   l:.:.:.:.:.::.:.:./ /   l  l:.:.:.:.:.:\         〉
   ヽ//)                        ヽヽ \  \: : : : : :l    l:.:.:.:.:.:.:/ /    l  l:.:.:.:.:.::.:.:.:` 、_    /
\   ヽ/                          \\ハ   `: :  : :l    l::::::.:.:/ /     l  `、:.:.:.:.:.:.:.:/   `‐、ノ  キシャー!
  \  ` 、                          ヽ:.:.:.>   : :   : :    l::::::/  〈    ,-'´ゝ  l:.:.:.:.:.:.:/
    \  \                ___      l:.:::::ヽ : : :   : : : : : : : /   l  // ̄ ヽ \:.:.:.:/
      \  \      i^i i^i i^i  -‐       `‐-、  l::: : : `: :'         `: :: : /// -‐  ̄`‐-\/
        ` 、 ` 、   l l l -'´  _ -‐  ̄ ̄ ̄  ‐-、 \l: : : : :             : : : :/ r―――-二 ‐- 、
          ` 、 ` 、/   /            \: :                  : : : : : : : : : : : : : : :ニ 、 `‐、
            /⌒    /              : :      : : : : : : : : : : :: : : : : : : : :. .    : : : : : : : : :'´ ` 、 ⌒ヽ
            /  〃  /ニ‐- ___: : : : : : : :    : : : : : : ::::::::::::l;;;;l:::::::::::l:::::::::::::::::::::: : :   : : :        \  }

              __,,,,,、 ,、
         ,,:r''"⌒´   ,>';;ヽ_.rt_
       ,r'´   ,r ,ィ /;;;;;;;;;;;Y;;;l'"^ヽ
      /   /,r",r'";;;;;;;;.rmィ;;/;;;;;;;;;゙i,
     ノィ' / //イ/^'フ;;/  /ノ^'i;Nト;;i!
    '// ノ,/zァ' /ィ' ‐-ァ'゙、、  ,リ′ l! i ''!
    rレイ //〃/;;;;;,Z,,,.、、`ソ  ,,..,、lハml     沢庵殿。
   △7jィ'ァrイシ7;;;/ 、{;・;;ソヾ/ ,f二、l;;;;;;;l    これがかの古田織部の遺した
   ツイ7l Y /;;/  `゙`"ン  ,!'7;・゚;ト!;;;;;リ     茶碗とのことだ。
   l>'ソ/,ヘ,_ ,/;/  (^ヽ、、  l!´``''ソ;;;;/
    7N/ y;/   ``''ヾ:ヽ._j  ,/l;;;/       なかなか愉快なシロモノと思わんかね?
  ,..、/^tフ /ヘ ヾ二ニ''‐-、ヾ::ヽ, / '^,f^´゙)
   ヽ `△'′tヽヾ三ミヾ::`':ゝ`i ''二ニ`'"
   ヽ ^ヽ ヾ:::ヽ`''ヾ::ヽ::::::::::::i,  `''″ プッ
       松平伊豆守信綱
 (まつだいら いずのかみ のぶつな)

        .rニYニヽ 
        /    j | 
      .イ     } |    …拙僧には木に見えるのですが。
     /j      j
   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
  .〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
  |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 

 またある時は松平信綱を案内役に命じ、数多くの名物を並べて披露し…。

227 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:20:57 ID:jSvpxvfE

        .rニYニヽ 
        /    j |      国持大名でもあるまいに、
      .イ     } |     一雲水にここまでされるとは…。
     /j      j 
   ,r'´ ̄`゙}     j l|rニ二ト、 
  .〉─7-'´l|jト、 -イl;|`--l一〈 
  |   |  ルリ-ト、|州リ  |  .| 
  .j  |           .|  |,


              イ::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.                /:/::ll:::::::::::ィ::ハ::::::::::::::::::::::::::::'.
                厶l:::::lレ:::::V〃 \::::::::::::::::::::::::l
                 |l:::::::::::::::〃    |ト、:::::::::::::::::::|
                 |l::l::::l:::l::廴  、_||_ \::::::::::::::!       和尚様。
                 |l::l::::l:::りrrァ┐ |lr_rぇl:l::l/^lハ      あなた様は、もう少し御自分の立場を
                 |l::l::::l::|     }  リ   |:l::| ノj       客観的に見られた方がよろしいかと。
                  jハj::::l::|          |:l::し′
               ハ::::l::ト、    `´   jノV
               ハ::l::ハ}\  ニニ.'  /W
                 W ,リ  l\  /  {
                  _ノ|  ア´   _ノ\_  __
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/
                 中根平十郎正盛
             (なかね へいじゅうろう まさもり)

 そしてまたある時は、家光と二人きりで夜十時まで話し込んだため、
柳生邸に帰る際の上使として、お気に入りの御前出頭人・中根平十郎(おそらくは正盛)を付けるなど、
「御上使下され候儀は、国取大名ならではこれ無く候」という待遇を与えている。

 そして、このような歓待が、ほぼ毎回のように続いていたのである。

228 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:22:48 ID:jSvpxvfE

 そんな日々の中、十一月八日…。

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       上様。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      夜も更けて参りましたし、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      今宵はここまでにいたそうかと…。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !     和尚、これほど面白い話なら、疲れるなんてことはないぜ?
    ヽ {  |           !           |ノ  /     むしろ一晩中でも突き合ってほしいじゃないの。
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'        「上様、また発音が気になるのですが…」
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |

 この日も家光は沢庵を招き、夜更けまで書物の解説をさせていたという。

229 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:24:07 ID:jSvpxvfE
  __                    ヾハソリ                __
'´:::::::::::::`"''‐-..,,_             }ノソ           _,,..-‐''"´:::::::::::::::`ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::"''-..,,_       ノリ       _,,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄`"''-..,,:::::::::::::::::::::::::::::::"''-..,,_        _,,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::,,..-''"´ ̄
_..斗ヒ升芋竿ミミ.、‐..,,_::::::::::::::ノ         ヽ::::::::::::::::_,,..-,.斗ヒ升竿ミミメx..,,_      …なあ、和尚。
        __ `ヾ.ヽ "''‐''´          ゝ-‐''´ ,ィf彡'" __          ひとつ、わからんことがあるんだが。
     γ:::::::::::ヽ  ヾゝ               ∠彡''  γ:::::::::::ヽ
  \   {:::(  ):::}        /   .:::   \         {:::(  ):::}   /
   \ ゝ::::::::::ノ           .::::::i                 ゝ:::::::::::ノ /
      ̄ ̄ ̄          .:::::::::|                  ̄ ̄ ̄
                  .::::::::::::|


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      なんですかな?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

230 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:25:28 ID:jSvpxvfE
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ     和尚はどうして江戸に自分の屋敷を持つのを嫌がるんだ?
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ
     ヾ、!      !ミ    ,レソ     別に不自由になるような事もなかろうに、
       `|      ^'='^     ム'′    嫌だといって聞かないじゃないの。
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |    (またか…)
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |   
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 そして日も暮れ、沢庵が退出しようとした時、
家光に「どうして江戸に屋敷を与えると言ってるのに、それを嫌がるのか」と問われた。

231 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:26:25 ID:jSvpxvfE

 以前から沢庵は、屋敷を与えるので、江戸に定住するよう、家光に言われていたが、

                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !      だ が 断 る。
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .|
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      /
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./
        ',   .,'  `'、   `''" ̄ ̄ .,!      /
        !  .i',    ゙'y.     .._.. !     /
        |  ./ ヽ    ゙',゙'---ッ'"  !     /
        | /  ..l.   ..l, /    .l    ./
        l ,i',    l    .li′   .!    ./
        // \  .!    !    l   ./
       〃   ヽ. !   !    :!  . /
       l′    ヽ|   .l    | ./
       .゛          !     ! /
                      l′

 といい、断っていた。
寛永十三年にも家光が堀田正盛に命じ、屋敷が建てられたことがあったが、
これを断ったため、その屋敷は別の者に与えられたという。

232 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:28:02 ID:jSvpxvfE

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |    上様。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |   この沢庵、既に世を捨て、余命も僅かな身。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|   .ここにいるのも、あくまで大徳寺寺法のためのものでございます。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ   本来なら、山中に住む一介の乞食坊主に過ぎませぬ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\ 
  /  / / ! \| |      ./!  ! |    .そのような身に、屋敷など不要です。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         ___ _        ノ^ヽ.ノ^ヽ/^ヽ ,「´
    __ -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、「 ̄`´
  ,ノ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,ノ
  f ,-、ィ'^w'!::::::::::::::::::::::(´
 └!{    {::::::::::::::::::::::::\
  !  _,.-ー、ヽ::::::::::::::_::::,-┘   んもう!!
  lzニヘ´i ̄ \:::/´,.ヽ\
.  /  「レ l{   i l:::ヤl(_」 l:::::)    和尚のそういうところが
 /  ,´'" __  j l.ミ' ヒ,、 .!:r′  また俺を焦らせるじゃないの…!
 L_,、 ,.ィ´ !`ヽ   り /::`)
  `Lく !  !  l    し':/
     ! !  ! l   l /
      ! !. V    / `ー---、              l^Uヽ
      l_,レ'´  /      /             ,、|
.‐''´ ̄`ヽ}   ,/|  _      ̄フ           |`
'" ,    _>-'┴'''''<、    ' ''フ,r‐、  ,r、 /^、--'
,. '   /                /´ 、. ヽノ  `く.  \

 そしてこの日も、いつものように断って席を立とうとしたのだが…。

233 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:29:22 ID:jSvpxvfE

 今回は家光も食い下がり、更にこのように話を繋いだ。

''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ 
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙
;:;:'         ハソ  ''!ヾ
;:;:.';       .ノ´)ノ   ! 
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,!
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<'' 
リ    、迅y. ´   K庁 !     なら、城の花畑に小さな屋敷を建てるのはどうだい?
イ            ヽ` !    それなら和尚だって苦にはならないだろ?
             ヽ .! 
          __ ノ |      城の近所にあれば、登城の際にも便利じゃないか。
           ´  !
ヽ      'ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /
    、        /
  、   、    ! /
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     (…このままでは話を進められてしまうか)
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      そうですな…この件については、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     但馬殿とも相談致した上で、お返事させて頂きたく。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       では、本日はこれにて。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 これに対し、沢庵は
「但馬守と談合申し、如何様にも」と返事をし、この日は引き上げたという。

234 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:30:36 ID:jSvpxvfE
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_

235 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:31:29 ID:jSvpxvfE

   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●)
. |     (__人__) 
  |      `⌒´ノ ) ;;;;)    …で、引き上げたと。
.  |         }  .) ;;;;)  
.  ヽ        }  /;;/    和尚、一応確認するが、
   ヽ     ノ  .l;;,´    やはり江戸に屋敷を持つ気はないのじゃな?
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       うむ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      このまま江戸に繋がれるなど真っ平だからな。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\      俺としては、紫衣問題さえ解決してしまえば、
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |       .すぐにでも故郷に戻って、静かに暮らしたいのだ。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

236 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:32:07 ID:jSvpxvfE

   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,      まあ、和尚ならそう言うであろうとはわかるが、
  |    ∩ ノ)━・'     あまり波風立てないように頼むぞ?
.  |   /  ノ´ } 
.  ヽ  / /    }       和尚とて、上様のご機嫌を損ねて得はあるまい。
  /ヽ/ /   ノ、
  |  ./     ヽ
  | '      .| |
  |        | /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |      わかっておる。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     それに、上様とて、たかが一坊主に
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     .そこまでこだわり続けることもあるまい。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     いずれは話も消えるであろうよ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

237 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:33:23 ID:jSvpxvfE

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)      (だといいんじゃがの…)
.   |     (__人__) 
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

238 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:34:15 ID:jSvpxvfE

 だが、年も明けて寛永十五年になり、再び家光は沢庵に話を切り出した。

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::     和尚、屋敷の件だが、
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::    今日こそ返事を貰うぜ?
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::  
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |    申し訳ござりませぬが、拙僧としては、
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    正直、気が乗らぬのです。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    何卒ご容赦頂きたく…。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

239 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:36:34 ID:jSvpxvfE
          ヾl l.l´           `ヽ:::::::::::l
_          ノノリ              l:::::::::::l
_ `"'' ‐-..,,___              _  ヽ::::::/
. `>- ニ=x- 、_ノ        _,,..--‐''"´   ヽ |::::/
''" / :;;r jヽ `         >-=、‐''"´ ̄ .|::/
 /:::::;;;;;;;:`::::::l           "/ :;;r ヽヽ    i/        そうは言うが、将軍家たる俺が召し出す和尚が、
 |::::::::;;;;;;;;:::::::l             l:::;;;;;` ::| l  /         いつまでも但馬の下屋敷の長屋に住んで、
  '、:_ ''''  ノ          l  '''' ノ |  /         どこの乞食だかわからんような風体で
::::::::..  ̄               ` ー '   ,'          こそこそ二の丸に出向くなど、世間体も悪いじゃないの。
::::::::::::            ,    ..::::::::::::..l
::::::::::                :::::::::::::::::::|            やはり、寺を建てて、そこから堂々と本丸に上がり、
                    ::::::::::::::: l           諸宗派の仕置についての相談にも乗ってほしいんだが。
                         /ヽ、
                           , '   i`''-..,,
\      ⊂ニ==ニ⊃        , イ     i   `''-..,,
  `''-..,,               / /     i      `ヽ


           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ
       / . /     "      ,i"<    .ヽ
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー   (…いつの間にか屋敷から寺になっとる。
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|           こりゃ改めてビシッと断らんといかんな)
    !  .!゙"  ̄゛ ′          u  ,..!
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|           お召し頂ければ、いつでも参上します。
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|          そのことは今まで通り勤めますので、
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:}          屋敷についても、今まで通りとさせて頂ければ…。
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|           住居を定められるのは御免です。
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."

 そして、いつものように断る沢庵だったのだが…。

240 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:38:20 ID:jSvpxvfE

 しかし、この時、とうとう家光も態度を切り替えた。

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !       :;:;:;:;:;:;:;:;:;           |  |
      | │      :;:;:;:;i:l;:{;:i;:;:;:;        〈   !
      | |/ノ二__‐──',ノ:i:::l:ヾニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ       …和尚、この日の本で、
     /⌒!|  =彳 o ゙ヽ ミ ::::::::: ミ , '´ o  `ヾ | i/ ヽ !      俺の命を拒み切れる者など、いないんだ。
     ! ハ!|  ー‐‐ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l | 
    | | /ヽ!     '''"゙゛  |   ゛゙`'''       |ヽ i !       それに、寺を建てれば、後々の大徳寺のためにも、
    ヽ {  |           !           |ノ  /       仏法のためにもなるだろう。
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'          それはわかってくれるよな?
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、  て
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\ そ
    / / / / u.  夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ……………ッッ!?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 「筑紫のはて、奥州のはてにて僧にても俗にても、わが用とあらんに、いなとは、誰が申すべきぞ。
  そこの事は、沢庵一人にはかぎらぬ」
 「寺も末々迄の残り候ため、沢庵相果て候巳後迄も後をも残し、
  紫野の末寺と成り候へば、本寺の為にても候」

 という具合に、かなり感情的、且つ、沢庵の弱みを突く詰め寄り方をしている。

241 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:40:03 ID:jSvpxvfE

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |     上様。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    お返事は次回に返させて頂ければ…。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、| 
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ    今日のところはまずこれにて。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\   (戻って但馬とまた相談するか…)
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


     \:r::: ::ハ: :l       . ,ィ __ ヽ . . . . . . . . - 、_: ::::: ::
       |:: :::l ヽ{      ィ≦ ‐' . . .. . . .. . . . . . . . . . `ヽ : :
       ヽ: :{   \  //  _ _ . . . . . . .. . . . . . . . . . |: :::
       \l     //_ -_ニ-=rア. . . . . . . . . . . . . . . . .l:: :
          l\_,イ/_テ_ィ ‐^ヽ::_ノ'  . . . . . . . . . . . . . . . . l: :
        L     ´  ヽ-       . . . . . . . . . . . . . . . .l:
          `ヽ              . . . . . . . . . . . . . . . .
         /                . . . . . . . . . . . . . . . .      …いいだろう。
          /               . . . . . . . . . . . . . . .     色よい返事を頼むぜ?
.         /                . . . . . . . . . . . . . . .
         /                    . . . . . . . . . . . . . .
       /                   . . . . . . . . . . . . . .
.     ノ   _   -ァ             . . . . . . . . . . . . .
    ヽ=-ー   ̄了              . . . . . . . . . . . .
                |      _ -‐ `     . . . . . . . . . . . .
             `` r             . . . . . . . . . . .
                L_  ____        . . . . . . . . . .
                   T` =-'         . . . . . . . . .
                   |

 これに対し、沢庵も、「返事はあらためて」と答え、
この日はなんとか引き上げることとなった。

243 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:41:23 ID:jSvpxvfE

 その後、柳生家にて──

 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i        | |  |   |
    ||    ||;; |_| |   |_|:   | | (_;;).       | |  |    |
    ||    ||/ /| |         | | ̄ ̄ ̄| ̄''''――| |  |    |
    ||    ||/  /三.三.三.三三|_|―――|゚____,|_|   \  |
    ||    || /                       \  \|
    ||    ||'                             \
//||   /                               \
//|| /      
//         / ̄ ̄\    ) ;;;;)
/     .....  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
         |    (─)(─)  /;;/  
        . |    (__人__)  l;;,´    そうか。
          |     `∩_ノ)━・'    上様がそのようなことを…。
        .  |     |_ノ  
         /ヽ    |  |_  
         |  \_/ ノ ヽ
         \     / .|  |
         | \ /  ._/


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      但馬。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     率直に言って、俺は嫌だ。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     お前からも上様にとりなしてくれんか。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

244 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:42:22 ID:jSvpxvfE

   / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_
 |     (●)(●)       …いや、和尚。
. |     (__人__)      ここはひとつ、考え方を変えてみてはどうじゃ?
  |      `⌒´ノ ) ;;;;) 
.  |         }  .) ;;;;)
.  ヽ        }  /;;/ 
   ヽ     ノ  .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     どういうことだ?
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

245 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:43:24 ID:jSvpxvfE

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/       江戸に居を構えて上方に行くのも、
    |  (__人__)l;;,´|       上方に居を据えて、江戸に滞在するのも
    | ./´ニト━・' .l       結局は同じようなもの、ということじゃよ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /         …下手に断り続けると、
    __/  /    ノ__        このまま江戸から出させてもらえんかもしれんぞ?
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


                 / / / ´ {ミ丶   ヽ
                 ,' / / /  }ミ、 ヽ  '.
                   |,  〃 , ´ ̄ `ヽ  '.
                   |   /   夢  '.  }  l
           ,  - ―<!   {     u  } i!   {⌒ヽ
          /___   |     ≧ェ.、 rィェ彡 i!   '.   \       むう…。
         /´. -‐- 、`ヽ.|    |   ト   ! i!  .l    丶   
       ' , ´     ヽ |     |〈__ ー|‐`, } i!  .|、    }ヽ  
     , -/ /        }     rくWWW/ ハ i!  .|ヾ:、  ノ }  
    { ' '        ノ .i!   、ト、` ̄ ' イ/リ     |ヽ、`¨´ /  
    | { {         /  ハ  ト、 T77´,//ハ     !'//`Y´  
    | i! '.      /  イ '.  |ヽ }/ i !// //    |///∧   .
    |人  `ー一   イヽノ  l .K ///リ/,イ//     !////ハ  
   /// `ー-‐ 7´ムイ: `ヽ  ! |ヽ`ハ///`//    |/////'>
.   ////////////  {: : : : } i! ト、} } 〉/イ/イ  ,ィヘ .l/: :r‐/X

247 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:45:10 ID:jSvpxvfE

                 / ̄ ̄\
               / .\,  、/\     _,,
               | (●) (●) .|     l;l          とりあえず、次にこの話題になったら、
              . |  (__人__)  .|  _,_,|,|_,        ひとまず「御意のままに」と答えておくとよいのではないか。
                |    `⌒´   |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l        上様の御機嫌を損ねて、
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,      和尚の目的である寺法の復旧が滞っては
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,     なんのために頑張ってきたか、わからなくなるだろ。
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /

 この時、宗矩は、

 「江戸を住宅に仕り、上方へくつろぎ申すも、
  上方住宅にて、江戸へ召し候時参ずるも、畢竟頬を顔の様な物にて候。
  是非迷惑と申し、其の後是ほど言を尽くして云ふに、是非いやならば、
  それにてよと仰せられては、上洛も成る間敷候。御意にては背き候て、江戸にて相果てるにて有るべく候。
  さ様に候へば、詮もなきことにて候間、如何様にも、御意に応ずると申して、然るべし」

 と沢庵に諭している。

248 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:46:10 ID:jSvpxvfE

           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ
       / . /     "      ,i"<    .ヽ
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|         …お前の話はわかった。
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|        次回、上様にお答えする際はそう言うとしよう。
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:}
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙        しかし、やはり繋がれるのは御免だ。
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|        お前からも上様に取り成しは続けてくれ。
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."
  .|


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)    和尚も頑固じゃのう…。
.   | u.   (__人__)
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

249 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:47:52 ID:jSvpxvfE

 そして、寛永十五年三月二十八日、再び沢庵は家光に召し出された。

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \ 
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ 
       ' 「      ´ {ハi′          }  l 
      |  |                    |  | 
       |  !                        |  | 
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ 
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !     さあ和尚、返事はどうだい。
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |    今日こそは、いい返事がもらえるものと信じてるんだぜ?
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ……………。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

250 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:48:45 ID:jSvpxvfE

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     『如何様にも、御意のままに』
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 再度、家光に江戸での住居の件を持ち出された沢庵は、
遂に、ここでそれを受け入れると答えた。

251 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:49:53 ID:jSvpxvfE
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ         |
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ        人
       ' 「      ´ {ハi′          }  l       ̄.Y  ̄
      |  |                    |  |         |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  ィ===ミ      ィ===ミ  | i/ ヽ !       おお!そうか!
     ! ハ!|        i  !           ||ヽ l |      ようやく和尚もわかってくれて、俺も嬉しいぜ!
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  / 
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ    .`- --‐─‐-.′   ./ |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


                 / / / ´ {ミ丶   ヽ
                 ,' / / /  }ミ、 ヽ  '.
                   |,  〃 , ´ ̄ `ヽ  '.
                   |   /   夢  '.  }  l
           ,  - ―<!   {       } i!   {⌒ヽ        ただし上様。
          /___   |     ≧ェ.、 rィェ彡 i!   '.   \     .この沢庵、既に年寄りですので、
         /´. -‐- 、`ヽ.|    |   ト   ! i!  .l    丶    伝長老(崇伝)のような奉公を期待されても、
       ' , ´     ヽ |     |〈__ ー|‐`, } i!  .|、    }ヽ   それに応えるのは無理ですぞ。
     , -/ /        }     rくWWW/ ハ i!  .|ヾ:、  ノ }  
    { ' '        ノ .i!   、ト、` ̄ ' イ/リ     |ヽ、`¨´ /    それはお分かりください。
    | { {         /  ハ  ト、 T77´,//ハ     !'//`Y´  
    | i! '.      /  イ '.  |ヽ }/ i !// //    |///∧   .
    |人  `ー一   イヽノ  l .K ///リ/,イ//     !////ハ  
   /// `ー-‐ 7´ムイ: `ヽ  ! |ヽ`ハ///`//    |/////'>
.   ////////////  {: : : : } i! ト、} } 〉/イ/イ  ,ィヘ .l/: :r‐/X

 ただ、ここで沢庵は

 「公界を仕り、伝長老などの様なる御奉公は、はや年過ぎ申し候間、中々罷り成らず候間、
  其の段を御免成され候様に」

 と付け加え、あくまで江戸での住居を持つことを承知しただけで、
幕府への奉公は期待されても応えかねる、とも言っている。

253 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:51:11 ID:jSvpxvfE

                   _,,..-―――――‐-..,,_
                ,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                i::::::::::::::::::::::,.-‐''" ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                ヽ::::/''"アノリ         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
             ヾ|   ノリ   ,,..-'"二ニ= `ヽ:::::::::γヽ::::::::::::|    なぁに、そんなもの、気にする程でもないさ。
              |      r',..-''"        ヽ:::::::| r、|::::::::::::l   いや、今日は一日楽しく過ごせそうだ!
              |_,,.==、     _,,..-''       .',::::::|、 |:::::::::::|
                 ヽ 'T・j i   ‐-           ',::::|ヽイ:::::::::,'
                  i  ̄ |              .',::| ノ |::::::::i
                l.   l              |ノ .-'`ヽ::::|
                   ',  ヽ_ _    ,        l   ヾ|__
                   ヽ   _,,..-‐''"´          ./     ',: : :_\__
                  \ 、__,,.-'        ,.-'"        ',: : : : : : : :`ヽ
                   ヽ          /          ',__: : : : : : : : \__
                _,,./: : ヽ l      /            i \: : : : : : : : : \
              ,,.-'' /: ,..-'': :`''―‐''"´   ./              \: : : : : : : : : \
           _,,.-'': : /-''": : :/ |        /             -――-..,,_: : :
     _,,..-―‐-、: : : :/: : :,.-''"/          /  ___               `ヽ
  _,,.-''-‐''" ̄`ヽ.\,.-.、 /  ̄"''-.、        ,..-''"´
 /    -''"ヽ  ./   l       ヽ   /

 だが、それでも家光は喜び、この日はことのほか機嫌が良かったという。

254 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:53:01 ID:jSvpxvfE

 なお、その後、家光は宗矩と、この件について話をしている。

         ,. -‐-─-- 、
.      /             `ー、
    〃                 i, 
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 
    !  :l      ,リ|}    |. } 
.   {.   |          ′    | } 
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|      なあ但馬。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|     この間、和尚は江戸に「寺を持つこと」を
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     承諾してくれたが、どうも気乗りしない風でな…。
.    }.iーi       ^ r'    ,'  
     !| ヽ.   ー===-   /        お前からも和尚に話して く れ な い か?
.   /}   \    ー‐   ,イ    
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\  
 /i   |!  i      :;::;:::::::ト、 ヽー-  
 │ .|  i l     ノ ,'    :i  i
 ノ   |- ⊥.」__     /_,. -‐ |  |


         / ̄ ̄\
       /    ー ー\      (いつの間にか、屋敷ではなく、完全に寺を持つことに話が変わっておるのう…)
       |   ( -)(-) 
       | u    (__人__)      おそれながら上様。
         |      `⌒´ノ      寺を建てても、肝心の人がいなければどうにもなりませぬ。
         |         } 
         ヽ        }        人はすぐには育たぬものですから、
    /  ⌒ヽ    '´(       .ここは寺などではなく、最初のお話の通り、
   / ,_ \ \/\ \      御城の花畑にささやかな住居を建てる方が、和尚の望みに近いかと…。
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 この時、宗矩は、沢庵の希望に合わせ、

 「寺などは持ち難く候間、御城近く、丸の内又内々も御意に候御花畠かなどに、
  そとしたることを成し下され候はば、江戸住宅は是にてもすみ申し候」

 と、江戸に住宅を持つにせよ、せめてささやかなもので済むよう、家光に取り成しをしている。

256 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:55:34 ID:jSvpxvfE

          ,,..-''"::::::::::::::::::::::::`"''-.,,_
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"''-.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  `゙"''‐-..,,_:::::::::::::ノ
.     i:::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::/        ノノリリ  
..    l::::::::::::::::::/, 、ヽ::::,.‐‐'   ‐-、       | 
    |::::::::::::::::,'/=//::/      __\     .|
    i::::::::::::::::iヽ/ i::/       ヽ_tソiヽ  _j       お前の言うようなことなら、今のお前の長屋でも事足りるだろ?
      ',::::::::::::::| } .レ     ,     -― ./:/       だが、仮にも俺の側にいる僧が、
      i::::::::/`        ;         ',i        どこの乞食僧だかわからんような有様では、
.      ,'ヾツ   |        ;           .',       世間とておかしく思うだろうが。
.      i       ヽ              ` r‐'      
..    |    |    \         ー―-、l          だから、せめて崇伝並の待遇にしてやらねば話にならん。
.    /|     .|     \  ヽ     ̄/´ 
   / .|    .|      `''-..,,_   _/
_,,.-'"        i        /  ̄{ヽ   
 _       ヾ            /  \_
    ̄"''‐                   `ヽ


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  
  |    `⌒´ u .|     (”せめて崇伝並”って、もう天海様以外だとトップってことじゃね?)
.  |           | 
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

 だが、家光はそれに納得せず、
「せめて本の金地院が居成ほどにもしておかねば、いかにしてもならぬ」と、
どうしても寺を、それも、崇伝の金地院(勝林山)並の寺は持たせたいと主張した。

257 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:57:24 ID:jSvpxvfE

              ,..-''":::::::::::::::::::::"''‐.、
.           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.            ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
         l::::::!゙`''~^~ァrr--''^`"´ !::::i
          |:::::|       ノリ       .|::::|
         |:::::|             |::::|
.           /|::::|ミ≡=..,,_  _,,...=≡彡.|:::lヽ    というか、但馬!
         l .|:::| '"旬゙` ノll レ '"旬゙` .l::lh|    この件になると、お前は「和尚はそれを嫌がるので…」とばかり言って、
.           ', ヾl  ` ̄´ ` ´ ` ̄´  |リ./    俺の都合に構ってくれないのはひどいんじゃないか?
.           ヽ_|.      ,;l       l_/ 
           ',   ,、_`_^__,.-、   ,'|      たまには俺の味方をして欲しいだろ。
              i.、 .{,.-‐―‐‐-.、} . / |     .主従関係的に考えて…。
            __| \`ー――一'/ . |、
.          / _.|..  \___/    |. \
    _,,..-‐/  //            ヽ  ヽ‐-..,,_
,,..-''"´   /   .l   ヽ        /    |  ∧   `"''-..,,
.       /     |‐-..,,_\    /_,,..-―|   ∧
     /     |     `ヽ、 ,..'´    .|    ∧
      /     |       Y         |    ∧


         / ̄ ̄\  て
       /    \i||i/  そ
       |    ( ○)(○)
       | u.   (__人__)     そ、それは…。
         |   u.  `⌒´ノ 
         |         }     (わしの台詞取られたー!)
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

 そして、取り成しをした宗矩に対し、
「沢庵迷惑する所ばかりをいふて、わが為のの所をば申さず」と、和尚の肩ばかり持って、
自分の都合を聞いてくれないのは納得いかないと、矛先を向けている。

259 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:00:06 ID:jSvpxvfE
    (; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ノ            |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
   、_); ; |`ー-´  || !、``´             |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
    ``´ |     ||、 `                |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
        .|      |、ヽ-               \; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
       .|      \       , , , , ////////  \; ; ; ; ; ; ;/ \; ; ; ;
        |          ////////////´´´      ヾ; ; ; ; / _ ヾ; ; ;
       |////////         / ̄ ̄illllliヽ     |; ; ; ;/ /  i  |; ;
       !、 ,-──、            lli,,il!      |; ; ;/ 人_   |; ;
       \   lli,,il |        _二二二      |; ; |  | _ `   |; ;    ともかく、建てるなら
         `、 ー-.|        ´            |; ;/  ヽ i   /; ;    和尚にふさわしい寺じゃないとダメだ!
          !   ̄|                     `   / |  /; ; ;   .これはもう絶対だ!
             !   |                           /; ; ; ;  
  |           !  /                        /  /; ; ; ; ; ;    というわけで但馬!
  |        ! 、   __ /                 |__/ |; ; ; ; ; ; ;  和尚の説得を頼むぞ!
.   |           ! ヽ_/                        |    ヾ ヾ; ;
   |         !                           |
   |、       ヽ    _____,-          /
    |i、       `、   ヽー-‐-‐´           /
    !i、        ヽ     ____,         /
     !ヽ、       `、     ̄ ̄ ̄         /    /
      \\      \              /    /


            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//::       \           は、ははっ…御意のままに。
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━

 こうなると、流石の宗矩もどうしようもなく、
「御尤もの儀、合点参らず候て申し上げ候。御意を承り候て、合点今仕り候」と答えている。

260 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:01:46 ID:jSvpxvfE

 その日の夜──

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      .すまん和尚、駄目だったわ。
  | u.   ` ⌒´ノ  
.  |       nl^l^l     もう諦めて江戸で住職を勤めるしかないだろ。
.  ヽ      |   ノ    あと、寺の規模は金地院以上になるらしいから、よろしく。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、-ゝ  イ-ノ| |  ━━┓┃┃
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ┃   ━━━━━━━━
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     ┃               ┃┃┃
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ                        .┛
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /! ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
  /  / / ! \| | |。≧       三 ==-
 , /  / / |┐ \ -ァ,        ≧=- 。
 / /イ | ハ! |==、  ̄イレ,、       >三 
 , ' / イ 川ハ、o | `≦`Vヾ       ヾ ≧
  / 人 リヾ `ー、 。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。〉

261 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:02:47 ID:jSvpxvfE

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / / u.  夢  | ヽ
   /    / イ^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ○ゝ イ○ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     ちょっと待て!
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、| 
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ    どうしてそうなった?
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      わしだってわからんわい。
. | u.   (__人__)     というか、これ以上何を言っても
  |     ` ⌒´ノ     薮蛇にしかならない気がするだろ。
.  |         }
.  ヽ        }       このまま断り続けたら、次は
   ヽ     ノ       「なら、江戸に大徳寺に匹敵する寺を建てるぜ!」とかいう話になりかねんぞ?
    i⌒\ ,__(‐- 、     上様的に考えて…。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

263 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:04:08 ID:jSvpxvfE
                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|       ええい!
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',     こうなったらやってやるわー!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l     ヨロコンデー!
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/          `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

                _______
               /           \
             /     し        \
              |         /    ;  ヽ
                | ,r-、      /      ι  |
                 |    \ } { |   ,r-、    .|
             | ,,     `   二_イ__0_)     .|
             |ゞ≡=ー'   ´              |      カラダニキヲツケテネ!
                 | ""            ヽ U .|
               |  /              |   |
                 |  |     ,、         ノ    ト
              |  ゝ__ノ ゝ-──_フ }   | \
                 |   ヽヽ _,, - -''/  〈     |  .\
                   l    Y }___,, -‐'      |   .|   \
               l   ノ        ___ノ     |     \
                 l   ゝ-- ‐= ̄    ノ   .l     、 \
          ___    l            σ´  /      }  .\
         /   ヽ  .\    ヽ          /       /     ̄ ー _
         ヽ     ',   `ヽ   υ     / l         /             ̄
          丶     .i    X`ゝ - -‐ '"  .l      /
           }    ',     i ヽ        /       /   __ - ‐ "ヽ、
             l      ,   .l  )ヽ      /.    /_ -
            /     i  ./  l 丶    /    /´                l
            /      l__/l .  ,'   \  / _ - ´                     l
            /      l _ヽ_/_____  ヽ/ r'                       l
        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    \  i                      l
        {            l      ヽ l                           l

264 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:06:46 ID:jSvpxvfE

 そして四月一日…。

.: .: .: :::::::::::::. :. :. :. :.                                       . :.: .: .: .:::::::::::: .: .: .:. :. :. :::::::::::::::.:
                    ヾミミミミy彡'′                           . :. :. :.:::. :. :. :. :.::::::. :.::::
              ヾミミミミミy彡  ``ji彡: .:. :. :. :. ::::::::::::::::::::: .: .:. :. :. :::::. :. :. :.
                 ``ji'´    ji´. :. :. :. ::::::::::::::::::. :. :. :. :. :. :. ::::::::: .: .: .:. :.
           ヾミミミミミ斗彡彡 〃                                  ヾミミミミミy彡
    . :;:;..,"'`',:'':'`::;:     ``j!´   _〃彡彡                                   ``ji'´
ニニニニニニ,', ,'ニニニニニニニニニニニニニニニ,;;;;,                               ヾミミミミミ斗彡彡
'',,.:;:;''.:.::.:;';;;V'',,.:;:;''.:.::.:;';;;'',,.:;:;''.:.;;;'',,.:;:;:;';;;;;,',_,,.. .-‐ '''""~~""'‐- 、、                 . :;;: ;.: :;``j!´;:;:;;;:;:;;;:; :;;
;;.::..〃'.::,';;;;,'.;;.::..,,''::.:.;;.::..,,'',,''.:'',;;;'',,.:;''.,';;;;;;;;;;',  .: .:. :. :. :. :. :. :. :.: .: .: .: .``ヽ、           .::;:;..,"'`',:'':;;;:;:;;:;;;:;;:;;;:;;:;;:;;:;;:;
'`',:'':'`::;:;..,"ヾヽ、(_)~゙~゙(_)::::l!(_)~゙~゙~゙~゙(_)~゙´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:. ,.  -‐ ── ─── ─── ─‐- 、;;;;:;:;;:;:;;;:;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;;:;
;;;:.'`',:'':'`::;:;..,".:.ヾ) ‐ -i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;,:'':、. :. :. :. :. :.: .:,. イ ,. -‐r‐rr ────‐rr‐rrァ- ‐-、、、`ヽ  . :;:;..,"'`',:'':'`::;:
;;;:'`',:'':'`'`',:'':'`ぐ_ - _‐i::.:.:.:i|_ -_ - - _il |;;;;;;;;;;:'`ヾヽ .. イ.,. イL」.::::.:::i|::i|:i| r'´r'´r'´r'´ i|:i|:i|. r'r'.i|i|i|i|i|. :;:;..,"'`',:'':'`'`',:'':'`
;;;;;;:'`',:'':'`'`',:'':`::ヾヽーrーーrーーrーrキ7;;;;;;;;;;;;:'`ヾヽ..イ..ji::i|::i|::::.::::.i|::i|:i|.::::::::..:t'´ r'´:i|:i|:i|,,,..,,,..i|i|i|i|i|. ..,"'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;
;;;;キ::jキ:::::::...::'`',:'':`::ヾヽ.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|.:.:.:|:1;;;;;;;;;;;;;;;;;;'':'`'`',:'':'`',,j|::i|.:::::.:::i|::i|:i|::::::.:::::::.:::::.:::::i|:i|:i|.:::::.:::::.::',,"'`',:'':'`',:'':'`',:'':';;;;;;;;;;;;;
;;;;;';Vノ.:::::lj!.::::`',:'':'`'ノノ;;;;;;;;;;;:;:;:.:.:.,, .:.:'',, .:.:'',, .:.、;;;;;;;;;;;;;;;',:'':'`'`',゙゙.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙゙゙゙.:.:.:.:.:.:.:.:."'`',:'':'`',:'':'`',:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;ij!,,, .._jjレノ:'`',:'':ノノ;;;ニニiiニニニiiニニiニニiニニiニニii! `',:'':'`',:'':'`'`',:'':、. :. :.: .: .:. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :,,,,.州州洲'`キrキ''キキ
;;;;;;;ij!::.::::〃:'`',:'':'`'`',:'':`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:.:.. ,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'':.:.、`',:'':'`',:'':',:           - - _ ‐ _ ,,,.州州洲>キ'''´キ'''´-‐'''"
::::::::::.:.::〃;;;;:::.:..:.:.、,, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .、ニニiニニiニニiニニii!┼┼' '゙゙        - _‐ - .._ ‐,,,.州州洲r'"´     ,, .:.:.:. ,::
::::..:::::..:::::.``ヽ、;;;;;::.:.:.:..、ニiニニiニニiニニiニニii! _ - _ -  ..    ‐ _ -  ..        _ ‐. ,,.州州洲r'"´  ,r'"´ ,, .:.:.:. ,, '' ,, ::
::::...:::::...:::::....:::::..``ヽ、;;;;:.:.:.、゙゙゙ """゙゙゙゙"""´_-   _ .. -                 ,,,.州州洲iニニiニニiニニiフ´ ,, .:.:.:. ,, '' ,, .,, '' ,,
----‐---ー---‐'''´¨¨¨´ _ -  ‐ ‐ .. ‐ _  ..               ‐ _ ‐ - _`゙゙iニニiニニiニニiニニi,, '' ,, .:.:,, '' ,,,, '' ,,,, ''
                                                  ‐ - ‐ _ -  `` ー----------

 この日、品川にて家光主催の茶会が開かれ、
先月建てられたばかりの茶屋に、幕閣数名と沢庵が招かれた。

265 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:08:07 ID:jSvpxvfE

 そして、茶事(という名の老臣会議)が済んだ後、家光は皆に対し、こう言った。

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ       今度、この品川に和尚のための寺を建てようと思う。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ       和尚は嫌がっているが、まあ、後々のためにもなるのだし、
     ヾ、!      !;     ,レソ      俺も顔を出すつもりだから、いいところを選んで建てたいんだが、
       `|      ^'='^     ム'′      お前達、思うところがあるなら話してくれ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    …………。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

266 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:09:47 ID:jSvpxvfE
         //    /                  、\
       イ´ /    /                    ヽ丶
       / / /    /     /                 ヽ ヽ
      ノ/ /    //   /       ,              .l
     /,.ノ   ,r'`ヽ /    /_,./ ,ィ       i     l ,ト、.l
    ∠彡    ! r >l /,   / ∠-、,./ /    / / /!     l | ヽl
     イ l /   l ゝ /// /Tヒj`ヽ` /   イ/l,/ |     l/  .i
     /// ,  ヽ、 /     `゙`  /,イ//,イツヽ /!  l   /
     ノノ .」   | l        〃/  l ┴' /┤ /l イ./      品川はいいねえ…。
     ∠ノ/   ハ               l!  ./  レ' l/レ'     上様の選んだ場所の極みだよ。
      _,'イ i,/         `ヽ、.     ノ ノ            .和尚殿。
      /  ``ー-- _l ヽ        ̄`  /
    /        `ヽ、 ヽ、      ,/
   <T ー─-、 .__        \'´ヽ、  , '
  /´ ̄ ̄```─ヽ、       ヽ
              堀田加賀守正盛
          (ほった かがのかみ まさもり)


     ヽ       j   .す
  果.   ゙,      l.    ご
  報    !      ',    .く
  者    ',        ',    :
  で    ト-、,,_    l
  す    !   `ヽ、 ヽ、    _
   ;    /      ヽ、`゙γ'´
      /         \
      !   ト,       ヽ
ヽ__  ___ノ ,!   | | ト,       ゙、
  レ'゙ ,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
 ,イ ,/ ./〃/ / | / .リ/ //イ|.リ
// //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,'
  〃〃"      !   |
              !  l
 !       (....、 ,ノ  !
 j        `'゙´  ,'
     ー--===ァ   /
      _ _   ./
\     ` ̄   ,/
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
    `゙三厂´
    阿部対馬守重次
(あべ つしまのかみ しげつぐ)

267 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:11:06 ID:jSvpxvfE

  / ̄ ̄ ̄ !  ,.イ_(: : : : : : : : : :≧、
  !  / ̄`ー'  '´,クヘヘ ̄ ̄ 7: : : : : : : ヽ
 ,' ,'       // '  ヽ  /: : : : : : : : : i
 ! '、  .    / '´`ヽ   ゝ: : : : : : : : :リ
 ヽ ヽ,      ハー・ヲ   f: : : : : : : : /     なかなかいいところじゃないですか。
  / ノ .     /.`ー'    ム'´ヽ: : : : /     大炊に異存はありませんよ。
 { く.      {      /   ノ: : : /    
 ,> > .     iTTTエユ   ーく: : : :/       上様にここまで見込まれるとは、
 i ,' ,、_, 、   | ̄ ´       ゝ: ノ        和尚は果報者ですなぁ。
 ; i r=!く ヽ `ー- .,_, へ´  ヽ
 'ー・"`ヘ'  \_,. -‐ 7/   }、   ヽ
       土井大炊頭利勝
   (どい おおいのかみ としかつ)

         _,. .,_,rァ
     ,r- 'ニ-r、 ^'' ‐、
     ,' f,、lハi、 l {ヨ〉
     l' ィN⊥l, l l'イ l ,、       そうですねー。
     l/リ ・ イ リi } l に      いいことだと思いますよー。
     ' く_  V ノlMム 
      万_,べ:,,r'ブ:::        ところで上様、
      // ,、'u f:::::::::::::       私、もう少し食べていい?
     〈 レ'fョ /::⌒ヾ:::
      ヽ {'゙ l:::::::::::::::::
       l_,ゝ、l::::::::::,;ィ:
       {::::::::{::::::::''フ´:
       l::::::::l::::::::/ヾ::
        !:::::ハ:::::/ ,}::
  ~゙゙二ニ:i-t:::'":/   〉
  __三ニ」 `'''"^'ヽ. /::
  _,, :: --― '' "´}/:::::
      _,,,.:-ァ‐:く::::::::
  r ''' "~´  〉 'ーr''ヾ:::::
  |      `ーr〈 _,r'ミヘ
  |  `T ''‐-rf ~フ/
    阿部豊後守忠秋
(あべ ぶんごのかみ ただあき)

 この家光の言葉を聞いた幕閣たちは、
口々に上様にこれほど思われるとは、沢庵は果報者だ、と言い立て、これに賛同した。

268 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:12:35 ID:jSvpxvfE
       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !         というわけだ、和尚!
    ヽ {  |           !           |ノ  /        和尚の寺は、この品川に建てることにするぜ!
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′        勿論、寺付きの田も付けるから安心してくれ。
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ' 
    |    `!                    /            楽しみに待っていてくれよな!
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       …忝く存じます。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 こうして、品川に新たな寺が建てられることが決まり、
沢庵は、その開山となることになったのである…。

269 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:13:54 ID:jSvpxvfE
        |::::|::::::::|::|:::::/|::::ハ:l::::::|::::|ヽ::::l:::::::l::::::::l:::::|
        .|::::l::::i::::|::|:::/ |:::,' |゛:::::ト:::| l ::::| ::::::|:::::::|:::::|
        l:::::|::::|::::|イ--|ト|、_ .| 、:::|、::|---|-l:l::|:::::::|:::::|
        |::::|:::::|:::| .V____|    ヽ| l:| ___'____|ハ:::|::::l:::|
         l::|::::::l:::| ´r'//T      ´ r'//T  |:l::::|:/      というところで、解説を始めるわ。
        V:::::::l:::| ゝ--'       ゝ--'  |::l::::レ      決まってからもう半年程経って、ようやくの出番ね。
         ,}:l:::::l::| ヽヽヽ   '    ヽヽヽ |::l::::|
         !:::l:::::::|、       __      ,ノl:::l:::::|      今回の解説役は私と…。
        ,!:::::l::::::|::` 、         ,....:'´::l::::|:::::::|
        !::::::::l:::::|:::::::::::::`゛i_‐ - ‐ 'i:´::::::::::::l:::::|::::::::|
        .!:::::::::::l:::|::::::::::::} ̄`.ili´ ̄ ̄{:::::::::::l::::/::::::::::|
        !:::::::, -ヾ::::r---―-、tt,.---<二r,/:/::____::::::|
       !::/  ヽヾ、    ,.|__i´´    / }/   ヾ:|
       ,!/  l   |、ヾ,   ,イ Tl、    / /   ./ ヽ
     /   | |  |_,. , X'/ / || | ゝ、   /   |/   l|
    ,<     Y   L____/ /____.||__| |__,>'   |     ヽ
    ヽ ` ー-,.|     / /     | |      |   _____>
     ,∧    |    / /     .| |      ト- '´   /,
    /:::::::{  二=,|   ー'       ー'     ,'     /:::::|
   /:::::::::/    |                 ,.'     {:::::::|

                          ......              ,.   ´ ̄ ̄¨   、   
                                        /             \ 
                                       /    / /      / ,ハ
   ボクだよ!                             '     / | /l|  ,/| /ト、 '.
  さあ、どんどんやっていこうよ!       .           |     ′ !メ、ノ !ノ レ| 
                          ......    ,r 、      !   |   |x=ァ ミ、  , -‐} ! 
   それにしても、随分と和尚は       ..   /  '^^^ヽ   !l|  !   !弋イり   ィテア'リ 
  家光に気に入られちゃったんだね。     .   |     r 〉   ! l|   | `¨   _ , `¨// 
  スポンサーからこれと同じくらい     ......   |    /'′   ムト、 |    r‐ァ   ノ″
  プッシュされたら、すごいだろうなあ…。     }   ,ノ       }三ニ=?ゝ、 ` . イ/   
                              |   |- 、      _Уニ三ア三ミ</!′
                             /}三三ア|   ////≫=ミ、    》  
                             | :..|¨ア"  |   /'////   || \ 〈′ 
                             | :./    | /////      l|   `ト、  
                             レ′    ∨////   / リ    寸、   
                             `ト、     ∨//   / /      ヽ\  
                              マム      Χ  ////,|       : |! } 
                              !        } ∧///∧     ....:  |l |

270 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:16:17 ID:jSvpxvfE
           _,................_
       _,...::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      /:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::////ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::/:::::/:::lヽ        そうね。
    ,::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::l/l:::ト、イ::l::::.       でも、あなたもヒーローをやってるからわかるでしょうけど、
    l::::::::::l:::::::::::::,=、|:::::::::::::|/ ,t-、l/!:::ト,      時には自分がやりたくないことも、スポンサーの希望で
    |:::::::::|:::::::::::::l {' |::::::::::::l  弋j {:イ リ      やらざるを得ない時もあるわ。
      ',:::::::|:::::::::::::ヽ._|::::::::::::|    ` ,
     }::::,'::::::::::::::::::ハ::::::::::::|    _ /         和尚の場合、本人の志向は
      ,:/::::::::::::::::/ l:::::::::::|    , '        一雲水たるの身で過ごすことだけど、
      l'::::::::::::::::::,_ !::::::::::!  _, /         大徳寺寺法の問題(紫衣問題)解決のため
     /:::::::/:::::::/ ̄`,::::::::::| ̄::::l          家光に近侍しているわけだから、
      /:::::::/-―'-- 、 、:::::::::!-、::::|          こういう待遇自体、正直、迷惑だったでしょうね。
.    /::::::/     ヽ  l 、::::l//!∧          「ヒーローになる気はなかったのに、能力故に、
   /::::::::{     ,   ∨,:::l//ヘ∧          周囲からヒーローとなる事を求められ、受けざるを得なかった」というところかしら。
   ,::::::, -'      ',   ∨、:,/ヽ/l}
  /:::::l、       ヽノ   ーヘ!-/ト、/!         実際、家光からの饗応を受けていることに対し、
  /:::::::::ヽ       ,}      l/l ヾ、        当の大徳寺の衆から、「沢庵は幕府に擦り寄った」
 ':イ::::::::::::l     ,- '       ヽ!  l        沢庵は大名好きになった」なんて批判が出ていたようね。
/:/:::::::::::::::!    l           ,'


                     _  __ _
               |      | ||_))|_M_||_M_|.com |   Ⅳ: : .、        /    /      |     |
                   ∧             ’   リ Ⅵ_ヽ__      ′    /
           ( ̄`\ '.  //ム             ∧ , . : ´. : : : : : : : :`: . 、|     ′     ′  .’
           `ヽ  マ く'/////> .,,       ,,. イ//!". : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ    |       /_  ./
             |   ‘⌒ヽ//     ̄ ̄    |'//. : / . : : : : : : : : : : : : : : ∨  !     ///,ハ/
  えー!?            . .,,           ,,. ∨ミ/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, 八   /`ヽ///⌒¨¨ア
 それってひどくない?`           ̄ ̄ ̄     |'//. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   `¨´     У f^) ノ
                                    |Ⅵ: : :,.イ: /:/|: : /| : : : : : : : リ         /了丁´
  和尚は大徳寺のために                 Y^|/ |≦,,_メ/ |/|/|ノⅣ、 __,,.   '"  (//)
 故郷にも戻らずに勤めてるわけでしょ?         '.`   ク㍉   ィ芹アj/               }二{
 なんでそんなこと言われなきゃならないのさ!     乂_  `¨      ‘''′′              |//|
                     .          /《 込.      . ,   /               :|//|
               |//|       ____,,. イ  Χ   .   ‐_-   . イ                  |//|   __
               ´~`       ∧/ム     '.    \ `ト _ ィ升                  ´~r‐イ _`\
                        |/∨∧     \    `ミxvィ彡′ ̄¨¨l77l!          __j__ノ〈_ ` ∧
                       /´∨∧         |/|/|        |//|        // / /    //|

272 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:20:50 ID:jSvpxvfE
     ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::_::_::::::::::ヽ.
    .':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,rii;'//ノノノ/ノ;'iヽ,、:::::,
    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,riiノ'´::::::::::::::::::::::`'ヾi;::::::';.
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|彡':::::,::::::::::::/:::::::::::::::::`':::::::::i;
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|´:::::::::/l::::::://i:|::::::::::::::::::i:::::i::i
    |:::::::::::::::::::::::::::_ ::::::::::::::::::::::|:::::::::/_|:::::/ / | |:::::::::::::::::|::::::|:|    確かにそうね。
    |::::::::::::::::::::::::/r-| :::::::::::::::::::: |::::::/ |::::/-!、! |:::::::::::::::::l:::::|::|   でも、それがわかっているのは、和尚の近くにいた人間だけで、
    |:::::::::::::::::::::::| r r|:::::::::::::::::::::::|:::ィ >- V-、 |` |:::::::::::::::::l::::|l::|   遠く離れた人間からは、「家光の和尚に対する厚遇」だけが
    |::::::::::::::::::::::゙、V, |:::::::::::::::::::::::|:/l/ ;;;;;ゝ'    l:::::/|:::::/:::::|.|:l   見えるわけだから、そういう誤解をする人間が出るのは
    |::::::::::::::::::::::::ヽ`,|::::::::::::::::::::::,' ` ー '     |/r/:::::::::::/ |:|    どうしようもないことと言えるわ。
    |:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::|         レ'/:::::::::::/ ,リ
    |:::::::::::::::::::::::::::::/| ::::::::::::::::::: |         <::::::::::::::|        それに、この寛永十五年より7年前の寛永八年、
    |:::::::::::::::::::r---| |::::::::::::::::::::::|        ィ:::::::::::::::|       新寺建立禁止令が幕府から出されている上での
    | :::::::::::::::: |`ヽ、,|::::::::::::::::::::::|、    ―, ' .|:::::::::::::::l       .この新寺建立だから、尚更風当たりが強かったでしょうね。
    /::::::::::::::::::::|   .| :::::::::::::::::: | /ヽ、  ,イ   |:::::::::::::::!
.   /::::::::::::::::/´、    |:::::::::::::::::::::ト、>::::::::|   |::::::::::::::!


                                 /  /  '¨ ¨ `¨' /  /ハ     ____       /   /〃
 難しい話だよね。                ......   /l   ´           イ   {:、 } ,. :< : : : : : : >:.. {   /;''
                            ....   /::|  ー--一 ¨¨''' |  │::V: : : : : : : : : : : : : : : ヽ  ,イ::l 〃⌒__
 「世間的には間違いなく厚遇されてるのに、    j{::::|        / f|  │:::l: 〃/ /: : ;.' :.|: :}:ヽ:ハ彡:::::{ 弋__(_
  .本人的にはむしろ不遇に思っている」    ...  l| {::!         /        l |:|/:/: /: : :/: :.ノ: :l: :|: :::.彡イハ
                            ....  l| l::|.       /       j j:j :{/イ: : ;ィ: : ; イ: : :ハ: l: : :l  ヾヽ
 ってことだし。                     \,.l',:从.       {       //:ハイ≧</イ /彡≦小}: : j   \\
                            ....  '从代               ' ,'::,' {メ弋ソ)   代ソチ l :/l \   >ミ
 誰か味方はいなかったの?           .   ヾ::ヽ          __ノ/:;,イ从´¨¨      ¨¨` ノイ.ノ     、    
                                | \::::>ー=-ー 彡<::::::く ゝ',    ' '     ムイ     >- 
                                |弋 ≧ ミ_ `¨¨´:::::彡' イ:::\==ヽ.   ‐ ー    /              
                                ', ', `ー-`ニニニ´-‐チ j V:ヽ\::::::`ヽ.     ィ'´
                                 \ \      / / ';:::::} _  ヽ::ヾ.´ {__

274 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:24:12 ID:jSvpxvfE
     /:::::::::,///////////ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    /:::::::::/'::::::/::::::/:::::::::::`ヾ、ヽ:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
    /::::::::イ:::::/::/l:::::イ:::::::::::l:::::l:::::ヾ、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   ,::::::::/::::::/\ l::::/ l::::::::イ:::::|::::::::::`!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   l::::::イ::l::/、.  \{ |:::::::リ l::::!::::::::::::|:::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::.
   |:::::::|::lイ {`ヽ、 \!:::::/ |:::ト、::::::::::|:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::l     一応、宗矩が和尚と家光の間の取り成しをしていたけど、
   |:::::::|::|  ト、_ハ`   |::/  l::/ 、:::::: |:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::!    最終的には家光…主君の意見に寄らざるを得なかったようね。
   |:,:::::|レ  乂(ソ   l/  l/''―-,_:: |:::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::,
    ,::ト、:|           ん`ヽ、l/|:::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::/      紫衣事件の時と違って、厚遇されているわけだし、
    l:::::レ:!           トヘじ_,∨,`::::::::,:::::::::::!::::::::::::::::{     周囲も、和尚がいれば家光の機嫌が良くなるんだから、
    |::::::八           `<(ソ ,::::::::::,__::::::::,::::::::::::::::イ     江戸にいてもらうように動くでしょうね。
    |::::::::l 、              /:::::::::/-∧:::l:::::::::::::::,::!
    |::::::::|  、  `ヽ          /:::::::::/ __,ノ:::,:::::::::::::::::::|      実際、家光相手に粗相をした家来がいたけど、
   、:::::::!   ヽ、_           /:::::::::/´イ::::::::,:::::::::::::::::::::!     沢庵が来るということで、家光の機嫌がよかったから、
    ゙、::::|       ̄ ;ニニ二/::::::::/:/::::::::::::,::::::::::::::::::::::|     手打ちを免れた、なんていう逸話もあるくらいだもの。
     、::!     _ 「     /::::::,イ /::::::::::::/l::::::::::::::::::::::|     「好意で出来た檻」というところかしら。
     、! _,.< ´  `ヽ、   /:::/ ./::::::::::::/-|::::::::::::::::::::::!
     /        ヽ ./:イ  /::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::|

                         |   | |       l l    |           l     l l            | |     |
                         |   l lDMM.coml l    レ ´  ̄ ̄ ̄  ヽ |   | |  C a l b e e l l     l
                         |  /l l         //  /            ヽ   l l             / /    /
 厄介な話だねえ…。       .....ト、_∨   ヽ       // \/             ヽ/ヽ\         / /、    /
                     ..\  ヽ / ヽニニニヘ  /    / /        |       , ヘヽ、____/  \ ,   __
 で、この後、和尚は新しい寺の   ト-「) ハ            `l   / // /! /l,ィ |  ハ/   `ー―‐'´\  ,r――'´   /
開山に落ち着いたの?         `\_,ノ ヽ          /l | /‐-{/_ノノ_lイノ-ノl  / \             Y (⌒!  /
                        (三三)  ` ー―― '  r|/VY示え     ,r示Tゝ! /‐、  ` 、___ , < ヽ_ノ二フ
                      .  /二ヽ           l lヽl弋::ソ     弋:ソ´ノイ }/               (三三)
                        |   |            \_     . .       _/                 /二ヽ
                        |   |            ヽ    _     ノ                |   |
                        |  l|                >、  ー  , イ ̄_フl            |  |
                        |  ||               ト、 l ー ,' -‐´ ̄, -‐!             |   l |

275 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:25:20 ID:jSvpxvfE
                    , -::::::::- 、
                 /::::::::::::::::::::::ヽ
                , 二|:::l::::::::::::::::::::::.
                ィ:::kヘ|:::ト;::::::::::::::::::::::!      いえ、それまでの間に、また別の話が入るわ。
                  |;ハ捗!:::!ハ::::::::::::::::::::|     そしてそれは、柳生家とも絡む話なの。
                 く  |:::| ';::::::::::::::::::|
                 ´ |::;!_';::::::::::::::::{      さあ、それじゃ話を戻すわ。
               , .-了レ///∧::::::::::::::\
              /:.:.:.:.:||//////\:::::::::::::::\
               〈.入:.:.:.:.!!////////>;:::::::::::::::::\
                 /  \:.||//////《》//刈::::::::::::::::\
             /   / ヾ=====; 个 ::::::::::::::::\
 r'⌒y',ヘ、___ ____/   /    \:.:.::.:.:.:;彳  |  \:::::::::::::::\
 レヘ///∧        , 1      \//.|  lー―‐zヽ:::::::::::::::ヽ
  辷「>―――-―一 ,}      / ,/  、_____//ムィ> ::::::::::::.
  辷|:.:.:.:.:.\       /  x≦葵>、{         /:.:.|辷{ヽ:::::::::
  辷|:.:.:.:.:.:.:.:.:ー―‐―.〈  く三ヲ{ }=メ、ー ―‐‐一 :.:.:.:.:.::|辷{  ::::::::i
  辷l:.:.:.\≧ー:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   ̄ }i| }i「 ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ辷{  }:::::::|
  辷ヘ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  {i{ |i{  /:.:.:.:.:.:.:ー- ―rュ辷{    l:::::::|
  辷ハ:.:.:.:.:.:.:.:.ー :.:.:.:.:./:.:.:.:.\}iハli /:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.f'辷{      !:::::::!
   `辷ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈fヽjル:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.j辷{      ::::::::
    `辷\:.:.:>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:r辷{       |:::::::!
      辷> :.:.:.:.:.:.:.7:.:.:.:.:.r:.:.:.:.:.:ィ:.:<:.:.:.:.:.r辷{          :::::::;
        `辷 >;.:./:.:.:.:.:.:.j!:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.x辷{         ノ::::/
    rュ     `辷7> :.:.:/:.:.:.:.:.:.:」:.:>く辷{     ー≠≦:::::/
   (;;;;;;;)     丁 辷 辷 辷 辷 辷辷7    n     ,ヘ
     ̄       |/////|   l/////i'     .{三}    /r/
    ./i〉       '/////j   '/////|     {三}  .〈 x
   r〈i/.         l////,!    l////,l       ||    .V
   , X〉        .}///,j!   '////,|        ||
  ./〃.     ___    ル'//f′   V///{        ||   _
 /〃く \.  」 |_   ,レ///!     !///ハ     __  \ \
 }/  \rソテ)iィヲ  ル///|     l////ハ    (//)    \_\
    / >x /   ,!////i!     '/////i!    ~      _》 〉
    ノ/ /.     |////j!       }/////|           ̄

277 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:26:38 ID:jSvpxvfE

 こうして、品川に新しい寺が建てられることが決まり、建立が具体化し始めたのだが…。

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ    u    |    ……え?
     (三) |        |   上方に戻りたい?
     > ノ       /
    /  / ヽ     /      
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      そうだ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     寺が建つのは決まったのだから、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     それまでの間、上方に戻ってもいいだろうが。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    ちょうど我が師・一凍紹滴の年忌法要もあることだしな。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 ここで沢庵は、「一度、上方に戻りたい」と言い出した。

278 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:27:44 ID:jSvpxvfE
                          
                ,. '"´三二二三`ヽ
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ 
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ  
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ
            /    /     ,,   ,,      ',    \ \、_ハノ
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\).',..、
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  / 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,)  
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )  . ゴートゥーKAMIGATA!
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  . ゴートゥーKAMIGATA!
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)   
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/  


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     まあ…そうじゃな。
. |     (__人__)    では、年寄のどなたかを通じて申し入れるとするか。
  | u.   ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

279 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:29:33 ID:jSvpxvfE

 だが、この申し入れも、なかなか思うようには行かなかった。

        _rf´ ̄ ̄`´ ̄ ̄:ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : ,' : : ; : : : 、: :ヽ: : : ヽ,
     /: : : ; : :,' : : : ! :!: : :l: l: :l 、: : : ',
     /:.:.:.:/:.;:.:l:.:.;:.:.;.l:.:l:.:.:.:l:.:l:.:l:.:!:.:.:.:.:}
    ,'.;:.:.:/:.:.l:.:l!:.:l:.:{:.l:.:l、:.:.:l:.:l!:.l:.!:、:.:.:.!
     {!:l::::l:::l::M;M=ュ`;l:::l llィMMl:l::::}:;:::}
    l人:::!::l:{ 《弋;ゾ `、l."弋;ソ》 }:::lハノ      沢庵殿、今はまだ駄目だ。
    `、 `||从 ´ ¨   `   ¨ '` l:リ´      せめて、寺の様子が定まり、
.      ||:∧`           ,' ト、      大方の手筈が済んでからにしてくれ。
      /||:::::ヘ    ` '    ./:l!| ,》
.     《》|ハルト\.  ‐'ニ ‐ /イルl《》
     ノノ /;;;ノル;;;l`. 、__, ィヾ、:ヽ`、f }
.  ,r‐‐ii"‐―‐、{::{ ト、::;::||:::::;イ`}:}`ゞー―‐-、
 /::) ||     }:}.  `ー ‐'´ 〃/      (:::ヽ
        酒井讃岐守忠勝
   (さかい さぬきのかみ ただかつ)


             _,. -―,.、
          _,. '" .:.   ヽト-、_
       _,. -'´   .:     丶、_ ``ー_ッ'" ̄`丶、
    _, '´    〃 >ー'""丶ソ ` ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:......:.`ヽ、
  ,. "   丶.: "":.   /彳ニ=彡'ヾミ、.:.:.:.:.:.:.:   :.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ
 /    . '.:.:.:.:.:.:.:. 、,l /r'',二,_,.、ti} .:.:.:.:.、          l
 l     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.v':,(ヾ'、r。ュ;;t,。ッf7:.._.:.:ノ    、ヽ.   l| l    そうですね…大方の目鼻が付いてから、
 {   .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. し! `゙ラ、_)゙´l|':.:.:.:.:.:.:.:z、  _  ヽ ,トシr'   ゆるゆると上方に上がり、くつろいできてはどうです?
 '、  .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.,. - /,ヘ '卞= 'ライ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}   丶  :.:./
  ヽ .:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:{ヽ` ー-彡イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ-、   / :./     今すぐ上がらなければ、というものでもないでしょう。
   l:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.|:.:>‐。‐f´:.|:.:.:.:.,、_:.:.:ヾ"'  _,ィ":.:.l
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/:.:|。:.:|:.:.:|:i:.:.:. t::.ヾ::.  .:.:.:.:.:.:.:/
   `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:{。:.:.!:.:ノ:l:.:. r- ニ..:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:|:.:.从__|/:.:.l:.:.、ヾ:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     ヽ、:.:.:.:.:.:  /:.:.:ヽノ「l:.:|:.:.:.:',:.:.:.、___,,. ィ"
     /`丶、:.:,イ:.:.:.'、;.:.:.lニ ニl!:.:.:.:.',:/ |:.:.....   ',
     !:.:.:.:.:.:`´:ト-、_',:.:.:.:l」:.:L_ノ:. ノ!:.:.:.:.....  」
     「 ̄ ̄``l:.:.:.:.:.:.:` ̄ ̄`T'ー:.'"´ L.:-‐.:'´..l
             南光坊天海
          (なんこうぼう てんかい)

 周囲がそれとなく上洛を引き止め、
結果、七月まで和尚は江戸に留まることになったのである。

280 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:30:31 ID:jSvpxvfE
            〃   /´
             i.i   ,..〉-―- 、
            ヾー≦===z、  ヽ
           ー-‐ラ/イ.,ハ i、 ヽ  \             、
              〃./ー  ヾ!ーi_ \ \            .ヽ、
              !i 代シ  弋ツり、  \ \ 、            !!     ちなみに余談だけど、
               ハ〉ヽ _   ,.イ.     \ \` :. 、_____ノノ    和尚の事跡を遺した
       ____    /\`≧≦< ̄`h   \ \゙ -―   ̄     「沢庵和尚紀年録」「万松祖録」では、
      //∬ヽヽx_X__,>-‐〈ヽ、  |     \ \           .和尚は四月には上方に戻ったことになってるわ。
     ,r{ {ヲ◎イ} }≒{_{ ___,ィ≪ヾ,ゝ、|   \  \ \   
   rf{::ヽヽ∬/,ネ-='"!´!!/ i`.、 /_ _》i |\  \  \ \         でも、当時の和尚本人の、
   ヽイテ'`" ̄"´   /  ii、  `ヾ之ム \|  \  ヽ、 \ \      七月二十八日付の手紙によると、
            r'  ./!!  -イ ||メ   \  \  .',\  \ \
          _/ _/ヘ~   | l  l\  ,ヽ.  .`ー=- ト、 iヽ  ヽ、   『江戸を十六日に罷り立ち、
        ., -'/ /! i i \.   i、l  ', ヽ从lリ       リ \  i !`i l    大津まで二十七日に着き申し候。
       //| ,/ j  i i   \ ベ\ ヽ、l/             ヽ lリ .l/    .明日大徳寺へ罷り上がるべく候』
       _〃. |/ j.  i__i_,,.;z、 \ヘ. \ ',             l,/. ´
     .f=キ≠==≠,イヽ ヾ==テヾ!=z_j\            ′      とあって、記載が矛盾しているんだけど、
      ゙''「"   /  ヘ    j   _,;ツ\\                 この話では、一次史料優先として、
      /   /==≒マ!   l=キテ''"  `ー=-               「和尚は七月十五日まで江戸にいた」とするわ。
     ./  ./      |    !
    /  /        |   .!
   /   /         |   i
  ./  _/            ',  `,
.. /  /                 ヽ.  ',
./  /               |  i

281 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:32:21 ID:jSvpxvfE

 また、上方に戻ることが決まった後…。

    / ̄ ̄\    ) ;;;;)
   /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
  |     (●)(●)  /;;/
 . |     (__人__)  l;;,´    なあ、和尚。
   |     `∩_ノ)━・'    上方に戻るのなら、ひとつ頼みがあるんじゃが。
 .  |     |_ノ
  /ヽ    |  |_
  |  \_/ ノ ヽ
  |\     /_|  |
  | \ /  _/


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      なんだ?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     検束庵の宿代代わりだ。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     俺に出来ることならやってやるぞ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

282 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:33:46 ID:jSvpxvfE

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |
. |  (__人__)  |         ああ、そう大した話でもないんじゃよ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;)  頼みというのはな──。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

284 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:35:27 ID:jSvpxvfE

                               ・

                                   □

                               ┌┐
                               └┘

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘

                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


 そして、物語は冒頭に戻る──

285 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:35:58 ID:jSvpxvfE

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      では、そろそろ行くぞ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     .
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|      用事ついでに、あやつにも
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ     説法の一つもくれてやるわ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\    
  /  / / ! \| |      ./!  ! |       再出仕も近いのだしな。
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    …助かるだろ。
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

286 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 22:36:58 ID:jSvpxvfE

                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈
              /   /    夢     ', ヽ    )   では、次の降臨を
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く   楽しみに待つが良いわー!!
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ ) 
            /    /     ,,   ,,      ',    〈
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V // 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V / 
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      <へ/`ー ヘ、\
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\    <へ/ ((_))   \_\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋 <へ / ((_))       ( _(
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  / ((_))    ((_)) //<
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ) /    ((_)) //へ〃
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム/// _((_))  //へ〃
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | | ./////   //へ〃
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/ .ノ⌒i//////>⌒` ̄
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  /(_ ノ//////
   // /   /    |/ /      /////(´`Y //
  .// /   /    V   〉   '"´ ///(´ヽ(`ヽi.  i/
      /    /  〈   _ -<///, \ ヽ ヽ ノ
                   ////( `ヽヽ_人_ノ
                 //////ゝノ

 こうして、沢庵和尚は江戸を出て、上方への帰途に着いたのである…。

355 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:32:47 ID:yAfIGndU0

 さて、時は移り、舞台も移る。
時は寛永十五年八月、所は大和国柳生庄…。

:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .:::::........ . .::::::... .... ..::::::::: . .::::::... ....:::::::::
,_:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::`⌒ :::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
 : ゙゙"'ー-、,, ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::`⌒ :::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、 ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::: :::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
: : : : : : : :       `゙'-、.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::: :: :. ... .::::: :... . .:::: .. .
 : : : : : : : :        `ー--,.:::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. `⌒ .::::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、:::.. ... .. .. .  ⌒⌒ ... ... ..::. .. .   .. . .. .: :::.. ... .. .. . ... .
        丶.-、: .        `'、:::.. ... .. .. . ... ..  . ..::. .. . .. . .. .
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,__:::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
:::::::....::::::........ . .::::::... .,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛:::::::....::::::........ . .::::::... ...         ゙''、,,:::::::....::::::........ . .::::::... ..
         ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛        :::::... ...                ``'‐.
"''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"''"'"''"' ::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::....... . .::::::... ....:::::::::
"''"''''"""''"""'''''"""''""            "''"''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""''''
.. . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:::: .::::  .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..: .. .
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''"''"""'''''"""''""''''""''"''''
:::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::::::从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM''"""'''''"""''""''''""''"''''""
从 MwM 从 MwMmwMwM 从WYWノM MWYMWノWYWノMノMYWWYWノM MWYMWノWYWノMノMY
:::::::....::::::........ . .::::::... ..... .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::

356 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:33:27 ID:yAfIGndU0

 そして、その領主たる柳生家の屋敷では…。

_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─ .└───v─────┘─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |  <ウフフ…イヤーン…
─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |
//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |
━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|___
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,

357 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:35:40 ID:yAfIGndU0
                     / iiレ'  /i     `'  ヽくヽ ., < //                     ./ /  /Y
                    イ  レ  / ;    ` .,   i ヽ   `'/,〈                     / / /_,.ノ
                    / | ./  /  i  、      i  'Y  ノ/ ヘ                  /    /´
                  /  i/  / i  !   y '´ `'‐ .,___,,.ノ  i /   ヽ              ryv/、 r < ソ   ヒラッ
  r‐- .             i i  /  /;  ;  i /  , 'i´ :: ノ、‐-‐'    ヽ            / ! _,. -‐' '´
  |   \           i l. /  / i  :;  / /  ゝ,__、_) ⊃      /           /  ゙`‐┐
  i     ヽ       ヘ l ;/  / ;   ; /  ;:    ,. '´     .,,  /          /  ,..   |
   `'ヘ     \   /   7 {  /  ;   '7   ;:  , '´         `'ヽ、        /  , ''     i
    i ヽ    `! <    !  ` ., ヽ. ;  /   ;  ,'    ,. -‐ ‐- .,   `フ    ,. イ´ ,  '´ ,. -k- ., !
    ィ   ',    i! ヽヽ ., `'⌒ァ―- )__)_l__ __,.;., ;    ゙'  .,  .,_ _ _ _ i,. -‐ '´  ,  ' , -‐ '    i _,.>                   .-'⌒ヽ.,___,..,__
    |    ! ( vっY `ー,.--‐‐/⌒7´.,    | ,. アヽ、  .,    `' .,    ..,,  --‐ ' ̄  ̄  ̄`¬‐ ‐‐- .,_              ,.ノ`゙' ‐´          ヽ
    |   i rf^;⌒! /   ヽ  /i  ,人  '   i, '     \  ' ‐-    `  .,        r‐-v‐ 、        。 ̄ヽ.,  .--――‐ '゙   ,. --― ' ̄ ̄ "゙ '‐--‐┘
   ノ  rv 'ー' ''.ソ   ィ‐ヽ   T  ''l!   /`'‐- .,    \    `' .,   ` .,zっ   (^ヽ ノ ノ        ヾ/   `´ ___ ,.-‐ '´
  /  ( ソ  ∠´_   /   > ._/ ;  ヽ.,_/   ',   ̄ ー‐‐‐` 、    `' ., ゝソ`' ' (^` f':::;:;。ゞ、r⌒)          ノ
  i  0 ^      ヽ i   / / / iヽ.,ト/`'ー―┴‐- .,_  .,.,.,.,  `' .,     `'  .   }__,.ヘ、 ).,ノ:{`ー-、     r―― '´
  V^v  f⌒ヒ    ;|_,i  く /: ,'  ;'  iiL  「\`'  .,  `'‐ .,   ;:;' ' '` ; .,            ̄  (⌒ヽ ヽ   |
    Yz (_ % _) ,. '´   \   ;'  i | T 'i  ヽ  `' .,  ヽ   .,   'L_'‐- ..,_    0      `¨ ` ⊂⊃ ノ
    !ソ ゝ-┘         ヽ.,__,ノ! i l    \   `'‐ .ヽ    '  ., 7   `' ー- .,,_     ‐ ‐ ‐ テ '´
    i、    .,   ,.. -‐     /,;.,_,.」 l i     丶、  ,  ヽ、     \        `' >  __     i
     `' .,    ̄     ,  '´ ii;:.;:〉  ! ;!       `ヽ、 ` 、`ー ' ̄ ヽ  ー,  `` ` エ、  `ヽ‐-.,_ノ
       `'<.    ,. '  , ' ii;:;:;i   l ヽ、        `' 、丶    ヽ.,k‐‐┴ .,_     _」
          i ; '   ,   ,./ |;.:;.:|   ヽ \  __      `    、   |   ヽ.  ̄ ̄  `゙'
          i   '  ,.. ' 」 /;.:;.:ヽ   ヽ.  /´;:;:;:;:;:;:`'‐- .,       丶. |    \
           \ ___,/  |;.:;.:;.:;;.`ー――〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`'‐- .,,__    ヘ ._     `' 、
           /     !  ヽ .:.:.: ' ' ,.;:;:;:;:;>;:;:;:;:;:;:> '´ ̄`' ┐;:;:;:; ̄ ̄ヽ   `'‐-、   `

   / ̄\
  |  ^o^ |    ・・・・・・
   \_/ 
   _| |_
  |     | 
 柳生庄代官

358 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:37:48 ID:yAfIGndU0
                    _:_::l:::j⊥'-'"j       !|
                   /´   ̄            `く|r‐マー、_,
              `    //           ._ '、     __,. l  |  i `iヽy┐
                V′j                ̄ヽ   ′ |  l       r′
              / ,ヘj  |                         |       l、    スッ
         / ̄`く /   |       、             l      ,! l
      /    j \   |  __, -―-t._           丶!   !     /  |
.      く     {   ヽ. _y'´        ̄` ー- 、     \ /     /\ |_
       `` ‐- 」   /       __ _     `丶、_   /`ヽ.  /‐'´ ̄\ ̄`ヽ
          /`r {    . -‐  ̄       ̄` ー- 、 ン'    ヽ/ -‐'"  ̄ `t-=⊥_
      r¬‐'´   L._}‐ '´           _ _ _    /´       !  _, -   ヽ   |
      L   __   く     _, -‐  ̄       ̄_フj        |'´      _ 〉  ハ
      └<_) `丶、 ヽ、_/           /            |-‐'´  ̄   j ``ヾ/
        /      `ー(_   _, - ‐― - .._∠ -‐-< ̄`丶、     |      /  /
          L_         `7´  r‐--,-‐'´       `i    `ー-、_|       ノ^ヽ j′
         /  ̄` ー- ._ `丶、_>'´             l        ̄`ー'⌒\ヽy'|
        /      |     ̄ ァ{j ,:ァ' /      ィ"`t- ..」              Y |
       /     |   _/ ノ / ! / ,ri r'´   l   i                |  !
.      /  i     |  /   └'| } j / | !     |   i            j  |
      /   l    |/    / | `'>'  L.}       |   ヽ              ,! j|


      ノソ,ィ,ィ,'ノハ)、ヾ゙!                ,. -一ー- 、    
     リソ{゙" '"'´   `})j               / <@`ヽ、 \  
      ゞイニ,ニ`=='ニ,+k=ュ  ……… .     _,'-一──==、  ゙i      
      (i` ̄´, .` ̄j{{{.ェ`!         __ rjミ/==''─゙=='Tz / ,ヘ   
      `ト  .::Y::. イ'ヾ゙! |            r、ヽ|!6 <-〉 〈-> 9i / /、  ………
       ヽ -=- /  }/ヾ.        く ヾ !ィヽ   .ィ、.,ヽ   !// / '>
           }、 ,.{  〈 /ヽi        ヽr'/ /') lu `i⌒i´  ノ///`〉
      _r./\`´/!、_ i  ゝ       ,ィ'j' j イv|、  ゙=''  /ヽ._!/コ
   _イ「i /∧  X  / jヾ!  丶     /ヽl   jー `==´ , -‐-、`ヾ、
  ,ィ´ |! //  `' ! `´   ゙|   ヽ   zヾ. ノ  r'     r==:、ゝ゚-゚ν  .i
 .| ヽ |//    i゜  _iユ_ |    !  / ./  !     (´ヮ`/7uu !.|ソ i
 i|,  、|'/    i。 r=、_ 。 l,``   i /-ァ'   /      ccソ ∧∧ i |   i
 !リ  !,i  ノ  i ノ〃/ァ、゛ i     | i /    /          リ゚ヮ゚) ヾ    |
/ヾ  /|'"´  ィヾヽ_/ ◎〃、  ,イ. |  ry、./           cuu  ヽ. _j
  ヽ、)ィ一"´} !._ノiト、ュ゚/〃  ̄ i !ヽ,ィ |/':.                .:i'´|
/ ̄     ト/ fr──'‐'───゙ー''┴|::...                ...::| |
      _/  i゜ i|              |              o O   i .|
、_ ィ‐i'´    !  |            |             Oo◎  ,! .|
     近隣の豪族・縦              近隣の豪族・横
    (大和二次元党員)            (大和二次元党員)

359 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:39:33 ID:yAfIGndU0
                  .x=x=xf傘x,}^i^i^iY^i____       .r―ト-⊂つ
               .く>'" ̄ ̄ ̄~~`㌧、´  `Y     / rヘ_)f-イ
                丿,< ̄ ̄ ̄\  ㌧,  yリ    .ト、___⊂ィ  ヒョイ
                  く   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.>、___ `Y ト、   .l   |
               .{  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rf^>、:.:.:.}   / `ヽ  l   |
                .〈  .:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝレ'^Y>y' /.:.:.:.:.:.:.:},イ   |
                |  .:.:.:.:.:/ .:.:ゝィrf>'/.:.:.:.:.:.:.:.:././    |
                |  .:.:.rく .:.:.:.:.:.:.rく/.:.,ィニ}: :rく /   /
                |  _,、.:|  ` :.:.:.:小:|_/,ィ´人弐_∧_/、―x, l /_  .............. _
                lf三ニ=|  __,>-―{ {__斗―ヽ,、,、,、,、,'^.:.:.:.:x'^¨´.:.:.:..:.:.:ゝヽ、j // >、
                  :l 才ィイ|  \r' :/>'^寸ニ二}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:x'^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.てィク:.:.:.:;: '"´`ヽ
               / : : ^'"|    `Yr' /l|:.:.:.` 、>、:.:.:.:.:.:.:.:x'^:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;: '´      l
               _/_ニ二ニ.:|    _|l_/ /.:.:.:.:.:.:.:`'^'^'^'^':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ´,ィ´       _ソ
             /三フ.:.:.:.: : |   / //.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ト、,ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ´_之____  -‐'´/
          _/      /:|  |l、, ,rヘ:.:.:.:.:.:.ゝマVYVイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ´ /       `¨マ´
     __,ィ´    / / / |  |l_|_ _ト、:V.:.:.:.:.>ィ介><:.:.:.:.:.:,ィ´ /             ',
    /        /,x――-、_j_/ 丿 `ト  V:.:.:.:.`ひしイ以:.:.:.:.r'   /                l
  く    -‐=ニ二rf¨,二、  介^ /  /   \:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.仍 〈                ノ
   ` ̄ ̄ ̄ ̄て《ノ/  r' ィ´ ̄ ̄\__/      `寸マニニ二二,_」______,  -―'"´
               `                `ー-----一


  i     i  i  i  i i i "'' ヾ ,,_彡彡彡彡彡彡
  i  i   i i i i ii  i | i      ヽ,,彡,"‐、彡彡
  i!  i   i i i i !i !ii_i__,.. -‐''"  ∨/´ヽヽ彡
   i  i   i i i/iノ ii ii l,.二ニ=-‐'´  / ゝ'//〃   
   i i   i i k‐、、 iハハ--_,,. '  _N'   r'_,'〃     ………
    ヽiヽ iヽ.i i Y^Y 」_Y⌒ ,_,,/  __  /´ヽ{    
      ヽi   .y'´.ノ `ー '    ,   /   〉、    
          / /` 、_,,.. -‐    /   ,'     
           / / \      /    ,'     
.         //⌒ヽ. ヽ   /\   ,'
           近隣の豪族・眼鏡
           (大和二次元党員)

361 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:40:55 ID:yAfIGndU0
              |  |、
            _,..-j  ソ
      -=二フ ̄ ̄`  ´ー-._ __
     _,..=ニ-j   _,        ̄`三ニ=-
        ムこ´厶_/^Vレ'\j`ー、iー-、_っ
      //,    ̄``ー-! _∠...-―‐-!
      ji//  -‐て_j-、_   __,......__  |
     ハijフ   `ー--―  、´_ `ー'_  i,
    i ijレ          '、~ ̄   i_`、
   f^Vj、        .   j      i弋!     ・・・のう
   |_Li i`、       ̄`        ,i=/
   キ=j_ノ   ./ ・… _・‥,   ∠_     そろそろ いいのでは ないか?
    E三'´  , /-=ニ二__...二j !   /~
    `、        ー    ;   ノ
     `ー-、___,,__,_,__,_,.../
       ///i    / /\
      //,ヘ 川  / / / \
    ///  \ソi|、/ /  /   \
   ///     \|jv'  /     {
  j//       //` /      '、
  //        // /        `、
       近隣の豪族・落書
       (大和二次元党員) 


   / ̄\
  |  ^o^ |   そうですね
   \_/ 
   _| |_
  |     |

362 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:41:45 ID:yAfIGndU0

   / ̄\
  |  ^o^ |    ・・・わか
   \_/    いくら おなごに えんがないからといって じょそうは どうかと
   _| |_   .いったい だれとく ですか
  |     |   

                 ____  '_
               /       \
              /      ―   ‐
            /        (● ) (●)   …ん~?
            |        /// (__ノ、__) 
            \         `_⌒/
               ,.イ       ` `"
              /  }'"       `、
           ,!、             ヽ
             /:l l        __,,,.._、、!_
          l  !:!   、   ,,r''": : :_:_:`:'':7_,,.-‐ ¬-、
            l. ::'ヘ   ヽ,,:'': :,:::'": : : :'^: :>≧ッ,,_,ィ^ヒ:、_
              ゝ、 `:、_,,-'':,: ',:.__;','::: ; : : ::イ二ニァ=∠     ゙i
           lハ-‐:'";:;:';:;:;://∧:' ;:::;',: :/とィ彡:-: : :ヽ、 .}
             Vハ三_-::::;シ///ハ:':;::'..;:':7='": : : : : : : : :゙:、ノ
            〕///{/7{/////ハ'::;::': :ハヽ、: : : : : : : : : :il
          ,rvv}///イ//V//////': : : {:::::. :r'ヘ: : : : : : : :lj
          V/////;ノ‐-v'////イ:.:. : : ヾ:::: :ヽ」: : :.::::::::::::||
    ,r-.-.-.‐:‐=V///;:ァ;-;:ト<///{:.:.:.: : : :`:、:. : : : : :';::::::.:.:l|
    `ヾ:;:;:;:;{,、トζ";:;:;:;:}.:.:._:_V/Y/,ハ:.:. : : : : :`:、: : : : :゙:::::::::j|
       ゙ヾ:;:;:rf;:;:;:;:`:.:.ァ-: : .:.:ヾ彡'ハ:.:. : : : : : : : : : : : ゙::::::j|
           ,≧ミ;:;-;:;:.{.:.:.: : : :'':":.:,:.':::ヾ: rヘ/`ァ: : : : : : ゙::::j| 、
          /  ゙毛、、:.:j.:. : : : : : .:.:.:._;:::_;ヘ‐`大'¬、: : : : : ゙:j|  ``丶 、
        ,/    ト ミ_ー--;;;;;:::-‐,..-'゙   i.イ ヾー': : : : : : : ヽ      ``丶、
     _r:'"    j、  `¨`冖'''"´     V:`^: : : : : : : : : : :.ヽ-‐ '''冖¬-   ヽ
     / /     ,.-' \  ゙:、       .   ヾ: : : : : : : : : : : : : ハ.           l
    {.r- ,..-'"     ` ー-` 、   , '⌒`丶,_\: : : : : : : : : : : : j         ,!
    ゙''''"            `` 7;      ...,_..,\: : : : : : : : : : :l.      ,.. '′
                 _ ,.- ''′     ___」ヾ: :_: :.トイ: : :t - ‐ ''"
                    i"7 r'´    ,.-'"      V>`ヾ./¬、ヘ
                ヽ、,__,,.. - '"         Vア゛!ヾ'''": :.ヘ
                                `<ゝ'`: : : : :ヽ
                                   `` 丶 、: :〉

364 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:43:39 ID:yAfIGndU0

                ノ⌒''´ `Y^ヽ_
              / ̄ヾ  l|l  j| // ヽ
               r‐' ヽ,/⌒  ⌒\、 i
            丿ヽ./( >)  (<)\ ヽ      なーに言ってんだお!
            ‐、///⌒(__人__)⌒//\(     これからが本番だお!
             |     |r┬-|     |
             \      `ー'´     /       今度はこの南蛮渡来の”めいどふく”で
             ムィ'ヽ!        ,!ヽ        お前らを悩殺してやるお!
         /   ̄/  |  \__,/  | `r‐  ̄ヽ   まさに「俺によし!お前によし!」だお!
          /      |   |   / ヽ   /  |    `、
          ,′     |   |ヽ/   \/|   |       、
         ノ       |  ‐--一ー----′ |        |
.      /       /             `、       \
     l′        /              |         l
      、      |               |      丿


      ノソ,ィ,ィ,'ノハ)、ヾ゙!                ,. -一ー- 、    
     リソ{゙" '"'´   `})j   これって       / <@`ヽ、 \  
      ゞイニ,ニ`=='ニ,+k=ュ  どういう拷問?   .,'-一──==、  ゙i    
      (i` ̄´, .` ̄j{{{.ェ`!         __ rjミ/==''─゙=='Tz / ,ヘ     の、悩殺の前に
      `ト  .::Y::. イ'ヾ゙! |            r、ヽ|!6 <-〉 〈-> 9i / /、   僕らの目が腐るんじゃないかと思うんだな。
       ヽ -=- /  }/ヾ.        く ヾ !ィヽ   .ィ、.,ヽ   !// / '>
           }、 ,.{  〈 /ヽi        ヽr'/ /') lu `i⌒i´  ノ///`〉
      _r./\`´/!、_ i  ゝ       ,ィ'j' j イv|、  ゙=''  /ヽ._!/コ
   _イ「i /∧  X  / jヾ!  丶     /ヽl   jー `==´ , -‐-、`ヾ、
  ,ィ´ |! //  `' ! `´   ゙|   ヽ   zヾ. ノ  r'     r==:、ゝ゚-゚ν  .i
 .| ヽ |//    i゜  _iユ_ |    !  / ./  !     (´ヮ`/7uu !.|ソ i
 i|,  、|'/    i。 r=、_ 。 l,``   i /-ァ'   /      ccソ ∧∧ i |   i
 !リ  !,i  ノ  i ノ〃/ァ、゛ i     | i /    /          リ゚ヮ゚) ヾ    |
/ヾ  /|'"´  ィヾヽ_/ ◎〃、  ,イ. |  ry、./           cuu  ヽ. _j
  ヽ、)ィ一"´} !._ノiト、ュ゚/〃  ̄ i !ヽ,ィ |/':.                .:i'´|
/ ̄     ト/ fr──'‐'───゙ー''┴|::...                ...::| |
      _/  i゜ i|              |              o O   i .|
、_ ィ‐i'´    !  |            |             Oo◎  ,! .|
 ,。/ /z      }゜ |             .|、               リ /   |
/ ソ゚ツ゚ゞ、 __ --- |              | f=、ー---        --_j'ヽ.  |

366 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:45:09 ID:yAfIGndU0
              |  |、
            _,..-j  ソ
      -=二フ ̄ ̄`  ´ー-._ __
     _,..=ニ-j   _,        ̄`三ニ=-
        ムこ´厶_/^Vレ'\j`ー、iー-、_っ
      //,    ̄``ー-! _∠...-―‐-!
      ji//  -‐て_j-、_   __,......__  |
     ハijフ   `ー--―  、´_ `ー'_  i,
    i ijレ          '、~ ̄   i_`、
   f^Vj、        .   j      i弋!     しょうじき えんかいげいとしても これはひどい
   |_Li i`、       ̄`        ,i=/
   キ=j_ノ   ./ ・… _・‥,   ∠_      .もう かえっていいか?
    E三'´  , /-=ニ二__...二j !   /~
    `、        ー    ;   ノ
     `ー-、___,,__,_,__,_,.../
       ///i    / /\
      //,ヘ 川  / / / \
    ///  \ソi|、/ /  /   \
   ///     \|jv'  /     {
  j//       //` /      '、
  //        // /        `、


   / ̄\
  |  ^o^ |     わか おんなどころか
   \_/     ともだちのえんまで なくなっても しりませんよ
   _| |_ 
  |     |

367 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:46:35 ID:yAfIGndU0
          ___
        /      \
     ,---、  \    /\―、
     .l   l  (●)  (●) \ |      あーわかった、わかったお!
     |    |/// (__人__)./// | |    今、時代は「にょたいかっ!」だから
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /    いっちょ時代の波に乗ってみようかと思ったらこれかお!?
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /       こんなんじゃ我ら大和二次元党は流行りに乗り遅れるお!?
       /          |
      /          |


   / ̄\     わかの かおのまま
  |  ^o^ |    にょたいかしても きもちわるい だけです
   \_/ 
   _| |_     いくら よっぱらいでも これはひどい
  |     |

368 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:48:08 ID:yAfIGndU0
          (⌒ヾ`
       ゝ´ ,))
  (( ⌒ゝ   lij
     ー" ミ  ___
        ノ(_     \       そんなことないお!
      /"\,, 、/"`` \     昨今、「柳生十兵衛は実は女」という噂があるくらいなんだお?
    / ( ●)´`(● )  \   
     |  // (__人__) "///  |    きっと十兵衛を見かけた旅の者が、
      \  ` ⌒ ´     /    この美形っぷりを評して噂したに違いないお!
      / ゝ  ``     ィヽ


  i     i  i  i  i i i "'' ヾ ,,_彡彡彡彡彡彡
  i  i   i i i i ii  i | i      ヽ,,彡,"‐、彡彡
  i!  i   i i i i !i !ii_i__,.. -‐''"  ∨/´ヽヽ彡
   i  i   i i i/iノ ii ii l,.二ニ=-‐'´  / ゝ'//〃   
   i i   i i k‐、、 iハハ--_,,. '  _N'   r'_,'〃      うん、同志。
    ヽiヽ iヽ.i i Y^Y 」_Y⌒ ,_,,/  __  /´ヽ{      それはきっと気のせいだ。
      ヽi   .y'´.ノ `ー '    ,   /   〉、
          / /` 、_,,.. -‐    /   ,'   
           / / \      /    ,'   
.         //⌒ヽ. ヽ   /\   ,'

369 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:49:46 ID:yAfIGndU0

   / ̄\
  |  ^o^ |    よっぱらったうえで このありさまとは
   \_/    とのに しられたら また きんしんが のびてしまいますよ?
   _| |_
  |     |  

       ____
     /     \       それなら心配いらんお!
   / ⌒   ⌒ \     お前達が黙ってくれるなら、父上にだってバレやしないお?
  / -=・=-  -=・=- \
  |  ////(__人__) //// .|    喋ったらどうなるか…わかってるお?
  \     |++++|」_キラッ/ 
       `ー''´ l

371 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:51:24 ID:yAfIGndU0

                 .rニYニヽ  
   |レ               //;;;;;;;;;;j |          ほう…。
   !!_           イ ;;;;;;;;;;;;; } |        では、但馬の奴に貴様の女装のことを喋ればどうなるのか…
   ゙- '´ ,、       /j ト ‐=' レj         教えてもらおうか?
      -''´   ,r'´ ̄`゙} |二二j l|rニ二ト、  
           〉─7-'´l|jト、`}-イl;|`--l一〈  
     __ii__    |   レ ルリ-ト、|州リ   |  .|  
     イi    j  j ,,  ヽヽ |/     |  ', 
      `  , イ  ハ ヒ、 ト、 |     j   ', 
        ノ  }  / }、 ヽ} ヽヽ|    ノ ',  | 
      /   イ  } {ニ二ニニ}´7二ニニ}  ',  |


           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人     そりゃ勿論、この十兵衛の新陰流印可の腕で以って……
  ,―    \   | // ⌒(__人__)⌒:////  |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

373 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:53:11 ID:yAfIGndU0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       ふむ、新陰流印可の腕でもってか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、| 
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ      ほれ、その続きはどうした?
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|

375 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:54:47 ID:yAfIGndU0
                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i      …な、なんで沢庵和尚がここに?
             ,' l、_人  ノ         l
              i    l .l  ̄  ,    u   l     の、飲み過ぎで夢か幻でも見てるのかお…?
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `

   / ̄\
  |  ^o^ |   いいえ ほんものの おしょうさまです
   \_/ 
   _| |_ 
  |     |

376 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:56:20 ID:yAfIGndU0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |         上方に戻るついでに、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        但馬の奴にひとつ頼まれものをされてな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|        それでここに立ち寄ったわけだが…。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\         まさか、あの柳生十兵衛が女装とは、
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |         流石の俺も意表を突かれたぞ?
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、     
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  <○>  <○>  \    …オワタ
  |    (__人__)    |
  \     `⌒J´   /
  /              \

377 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 21:58:24 ID:yAfIGndU0
                              ,.   ´        `  、 :|       |'". : : ̄ ̄ ̄¨: :≪三三У
                             /    ,.  ´ ̄ ̄¨   、  |       |: : : : : : : : : : <: : : : <´       _____
                                /           \           ト、 : | : : :`ミx、: :ヽ: : : : :≧=- ´            `  、
                            /    / _  __ __       '         ' \ト :, : \ \: '. ̄: :∨      ,.  -─‐-ミ    \
                          ′   | ||_))|_M_||_M_|.com/        ム=-ミ、    ̄   Ⅵミx、 |__/         ヽ    .
                           |   ___'.               ,′      八 欣_ハ`    ,.ィ≠ミ `ト、l///イ   __            '.    '.
  え?                 .⌒ミx,ム/////ム             /        /  ´ ̄   ..: " 低_ハ l: :リ///|  (C α |} Ib e e  l|   |
 もう和尚、上方に戻ってるの?  \  ` `ヽ'// `  .,,,___,,.  '′        /       ' ′     ` リ/| ̄ ̄.            リ   |
 早くない?             .... 〈\r'⌒ヽ}/                      ′     ,ィ=、     / |     .           //\ ,/ /ア
                        `ー廴_ノ`  .,              ′      .ム     /   l|      /i} |     `  .,,___,,. く///彡-イ _ノ
                          {三}     ≧=───‐=≦′      . :| 込.    {    リ    /,ム  |\             ∨{ r‐ミ_ノ
                          〈r‐ヘ             /       . : |三二ミx、 `ニ ´  . イ////\!  `   .,,_____,,. 斗ミ7=く
                           V//\            /       . : . ト、   寸ト、=-=≦,ィ升三{'///\
                            ∨///\       , :       : . : .|∧    マム   ///´  |/////ム


     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.        先にも書いたけど、七月二十八日付の
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l       和尚の手紙によると、
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l       『江戸を十六日に罷り立ち、大津まで二十七日に着し申し候。
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ        明日大徳寺へ罷り上がるべく候』
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|         とあるから、二十九日には市中の大徳寺へ入っていたみたいね。
        l::::::::|`ー'、        , -   ....:::::::|:::::::::|        江戸→京の距離は、大体500Km弱だそうだから、
        |::::::::|:::::::::>- __      イ__:::::::::|:::::::::|        14日だと、一日平均36km弱ほど歩いた事になるわね。
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノノ}::::::l:::::::∧
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ (__::/::::::∧:ヽ、      当時の平均でも13~15日程度だったそうだけど、
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、    66歳でこれだけ歩けるというのはやはり大したものだわ。
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ    道だって今ほど整備されてるわけでもなかったのだし。

378 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:00:14 ID:yAfIGndU0
               ___
            ..:::::::::::::::::::::::::::::::....
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          .′:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::'.
.         ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|==ニ二};
.          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/ ハ从:、
         ':::::/:::::::::::::::::∧::::::::::l::厂¨フ ;:::| \    大徳寺に着いた後は、先の手紙の続きによると、
         V:::::::::::::::::/⌒i::::::::::lヶ-ミ /:::|
           }:::::::::::::::八_ゞ|::::::::::lヒノ (::::::|      『京に十四五日も居り申すべく候。様(ママ)への用事候。
          /::::::::::::::::::/  |::::::::::l""   〉:::|       其の隙明け次第、堺へ参るべく候間、其の節御音信申すべく候。
.         /::::::::::::::::::ム  |::::::::::l  _ イ::::::|       但州へは、九月初めにならでは下り候事成る間敷く存じ候』
        /::::::::::::::::::/ ̄ ̄|::::::::::l ,  |:::::::!
.       /::::::::::::::::::/=ミ、 八:::::::::「   !::::::;       という予定だったようね。
      /::::::::::::::::::/    `ヾ「\:::|r‐ミ、|::::/      .その後、八月十二日には堺に下って、紀和両州に遊び、という記録があるから、
.     /::::::::::::::::::/´  `ヽ ', ヘ{_} j::/       柳生庄に立ち寄ったのは、八月中旬から下旬の頃と思われるわ。
     /::::::::::::::::/       ', \_トミメ'、
.    /:::::::::::::::〈 ==―-   〉    | | ヽヽ
   /::::::::::::::::::/\     /    |_|  〈
.  /::::::::::::::::::/ 〈     /         }
  /::::::::::::::::::/   |    |            {

                      ......                     ,.   ´ ̄ ̄¨   、 
                                        /             \ 
                                       /    / /      / ,ハ
                                          '     / | /l|  ,/| /ト、 '.
                                        |     ′ .ii メ、ノ  iノ レ|  
  ふーん。                        ,r 、      |   |   |x=ァ ミ、  , -‐} !
 でも、和尚は何しに柳生庄に来たの?     /  '^^^ヽ   |l|  !   !弋イり   ィテア'リ 
 宗矩に何か頼まれたらしいけど、         |     r 〉   | l|   | `¨   _ , `¨// 
 それってなんなのかな?    .          |    /'′    ム ト、 |    r‐ァ ./ノ″
                      ......     }   ,ノ       }三ニ=-ゝ、 ` . イ/
                      ......     |   |- 、      _Уニ三ア三ミ</''′
  「それはこの後、和尚本人が話すわ。  /}三三ア|   ////≫=ミ、    》  
   さあ、本編に戻るわよ」       .    | :..|¨ア"  |   /'////   || \ 〈′  
                            | :./    | /////      l|   `ト、  
                            レ′    ∨////   / リ    寸、
                           `ト、     ∨//   / /      ヽ\ 
                             マム      Χ  ////,|       : |! }

380 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:02:07 ID:yAfIGndU0

 その夜…
                               
                               
            / ⌒`"⌒`ヽ、           
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\.        
          /,//::         \       和尚…このDO・GE・ZAに免じて
         ;/⌒'":::..          |⌒ヽ    どうか父上にこのことを話すのだけは何卒ご勘弁くださいお…!
       /  /、:::::...        /ヽ_ \  
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )  
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"  
                           '


                   / / / ´ {ミ丶   ヽ
                   ,' / / /  }ミ、 ヽ  '.
                     |,  〃 , ´ ̄ `ヽ  '.            あーわかったわかった。
                     |   /   夢  '.  }  l        鬱陶しいから顔を上げんか。
             ,  - ―<!   {       } i!   {⌒ヽ     貴様の酒癖の悪さは今に始まったことでもあるまい。
            /___   |     ≧ェ.、 rィェ彡 i!   '.   \
           /´. -‐- 、`ヽ.|    |   ト   ! i!  .l    丶     /:::::
         ' , ´     ヽ |     |〈__ ー|‐`, } i!  .|、    }ヽ    }:::::::
       , -/ /        }     rくWWW/ ハ i!  .|ヾ:、  ノ }    ノ:::::::
      { ' '        ノ .i!   、ト、` ̄ ' イ/リ     |ヽ、`¨´ /  /::::::/
      | { {         /  ハ  ト、 T77´,//ハ     !'//`Y´   /::::::/; /
      | i! '.      /  イ '.  |ヽ }/ i !// //    |///∧   .!:::::/; /ゝ
      |人  `ー一   イヽノ  l .K ///リ/,イ//     !////ハ   ノ/; /ゝ

381 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:03:09 ID:yAfIGndU0
          ____
       / ノ  \\ 
      / (●)  (●)\     というか、どうして和尚がここにおられるんですお?
    / ∪  (__人__)  \   確か今、江戸で上様にお仕えしていると聞いてますお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |      上様にお仕え、か…。
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |      まあ、世間ではそう見られるのだろうな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、| 
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      …フン。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

382 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:04:30 ID:yAfIGndU0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |        俺がこちらに戻ってきたのは、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       師である一凍和尚の三十三回忌のいとなむためだ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|       .大徳寺の連中にも現状を話して起きたかったし、
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      .他にも色々と用事があったしな。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\ 
  /  / / ! \| |      ./!  ! |         そして、俺がこの柳生庄に来たのは、
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、     但馬の奴に頼まれごとをされたからだ。
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

         ____
       /   u \
      /  \    /\      た…頼まれごと…ですかお?
    /  し (○)  (○) \   (十兵衛の素行を見るためとかだったら…どうすりゃいいんだお?)
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

383 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:06:11 ID:yAfIGndU0
                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈
              /   /    夢     ', ヽ    )
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ    明日、この柳生庄で、
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )   貴様ら一族の菩提寺開山を行ってくれるわー!
            /    /     ,,   ,,      ',    〈
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V // 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V / 
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      <へ/`ー ヘ、\
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\    <へ/ ((_))   \_\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋 <へ / ((_))       ( _(
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  / ((_))    ((_)) //<
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ) /    ((_)) //へ〃
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム/// _((_))  //へ〃
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | | ./////   //へ〃
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/ .ノ⌒i//////>⌒` ̄
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  /(_ ノ//////
   // /   /    |/ /      /////(´`Y //
  .// /   /    V   〉   '"´ ///(´ヽ(`ヽi.  i/
      /    /  〈   _ -<///, \ ヽ ヽ ノ
                   ////( `ヽヽ_人_ノ
                 //////ゝノ

384 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:07:39 ID:yAfIGndU0
               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \    ぼ、菩提寺の開山…ですかお?
    |  | |        (__人__)   | 
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |      そうだ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     但馬の奴が、石舟斎殿の菩提を弔うためと言ってな、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     ここ柳生庄に新しい寺を建てるので、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     俺に開山供養をお願いしたい、と言ってきたのよ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

385 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:09:04 ID:yAfIGndU0
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\ 
     / .イ '(●)  .(●)\       でも、うちの一族の菩提寺と言えば、下邑の中宮寺ですお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     御爺様も御婆様も含めて、先祖代々そちらで供養されてますお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      あそこは真言宗の寺だろうが。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     今度開山するのは、俺のところ(臨済宗)の寺だ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、| 
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ      但馬の奴が俺に帰依するということで、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\     柳生庄に大徳寺縁故の寺を建てたい、と言ってな。
  /  / / ! \| |      ./!  ! | 
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

386 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:10:56 ID:yAfIGndU0
         ____
    .    ./     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \    で、でも、開山といっても、
    |         (__人__)|   そんな寺、どこにも建ってませんお?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |     当たり前だ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    建てるのはこれからなのだからな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    先に開山供養だけやっておこうということだ。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\ 
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

387 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:12:21 ID:yAfIGndU0

      / ̄ ̄ ̄\         …そういうことですかお。
    / /     \ \      納得しましたお。
   /  (●)  (●)  \    
   |    (__人__) u  |     でも、和尚も来られるなら来られるで、
   \    ` ⌒´    /    教えて頂ければ…。
   /              \   


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      それでは普段の貴様の姿がわからんだろうが。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     酒で失敗したというのに、まるで控えておらんな、貴様。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

388 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:13:31 ID:yAfIGndU0
         ____
       /     \
.    /       \        その…自分でもまずいとは思ってはいるのですが、
.  / /) ノ '  ヽ、 \     どうにも酒断ちができないんですお。
  | / .イ '(ー) (ー) u| 
.   /,'才.ミ). (__人__)  /     こう、「酒ッ!飲まずにはいられないッ!」というか…。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \ 
 /\ ヽ          ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |     …もうしばらくすれば、江戸に戻れるわ。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    そうすれば、貴様は誰憚る事ない柳生家の嫡男だ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     つまらん劣等感を酒でごまかす必要もなくなろうよ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\   それまで大人しくしておれ。
  /  / / ! \| |      ./!  ! | 
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

390 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:14:57 ID:yAfIGndU0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |        謹慎中とはいえ、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|       家業を継ぐための功を積み、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ       まがりなりにも但馬の奴から印可も受けたのであろうが。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\ 
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |        何を気後れすることがある。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


       ____
     /      \       わかってるんですお…!
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  /⌒)   ⌒゚o  \    でも、でも、江戸から柳生庄に戻る時、
  |  / /(__人__)      |   .”あれ”を見てしまったんですお…!
  \/ /   ` ⌒´     /

391 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:16:50 ID:yAfIGndU0

              ,,.ィ''' ~~゙゙ ''''' - 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: へ ::;:::::`i
         /:::::::::::::::::::::::;:- 、:::::::/     \/
        /::::::::::::::::::::::::/ {ヽソ::::::|--- 、   |
      ./::::::::::::::::::::::::::::l 。`/::::::r'゙''x;;;:::::\_,. l
      :::::::::::::::::::::::::::::::::`t'´::::::|   ~””“` {
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::i゙::::::::|       _,|
      :::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::|      __,.'´ 
      ::::::::::::::::::::::::::::::/=!:::::::::::|     i´   ←   柳生刑部少輔(左門)友矩
      :::::::::::::::::::::::::::/=、,|::::::::::::lェ,,,___,l    (やぎゅう ぎょうぶしょうゆう とものり)
      ::::::::::::::::::::::::/=、,ヾ!:::::::::::|
\     :::::::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::|         /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄
                     _________ 
                      |_________| 
      /[〓]\      ./[〓]\ .|_________| /[〓]\           /[〓]\  /[〓]\ ||
| ̄ ̄|]ニ( ´∀`)  .[二( ´∀`∩二|    | ̄ ̄|    |二( ´∀`∩二]. | ̄ ̄|]ニ( ´∀`)  ( ´∀`)つ
|__|] /  ゆゆ     .と ,.   ,.ノ   |    | ̄ ̄|    | .と ,.   , ノ    |__|] /  ゆゆ  と.人   `⌒;
  ,  人  Y    ,,     人  Y   |.     ̄ ̄     |  .人  Y  ,,    ,,   人  Y    ,    / /´て__)
,  ,  し' (_) ,,   ,, .し'' (_)  └――――――‐┘ し'' (_) ,,,  ,,     し' (_) ,,   ,, (_.) 



     ェェェェェエエエエエェェェェェ、        \\ | l i 川 | l i川 | l i 川 | | l i川| l i 川//
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNト、        三                         三
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNiN        三   左門の…登城時の共備を…!   三
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}        三                         三
   ゝ:::/      :::::::::::::::::::\::::/       // | l i 川 | l i川 | l i 川 l i川 | l i 川 |\\
     |      ::::::::::::::::::::::::::::|  
     \   ::::::::::::::::::::::::::::: /
       > ::::::::::::::::::::::::::::::::<

396 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:18:57 ID:yAfIGndU0
       ____
     /      \        頭ではわかっていたけど、あの時、左門とこの十兵衛の差を実感したんですお!
   /  _ノ  ヽ、_  \      片や二千石の諸大夫、片や十年以上謹慎していた無役…。
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |     その時の周りの声を考えるだけで、
  \     ` ⌒´     /    もう、飲まずにいられない気持ちになるんですお…!


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    前に来た時に割り切ったものと思っておったが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|   一度実物を眼にして、また動揺しおったか…。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\   (…仕方ない奴だな)
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

399 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:20:19 ID:yAfIGndU0
                           
                ,. '"´三二二三`ヽ 
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ
              /   /    夢     ', ヽ
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   _\ ..               _
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ `ヽ ...         --'ー 二厂'┐
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ   )         │ エニコゝ、||  丿
            /    /     ,,   ,,      ',    \ )  _ ___x一 、_、∟ .>一│ 丿
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   ヽ\....''[ ̄__、 . 丿 ! `ー亡ニ__丿
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V .  /  │ 1__ノ /’ 丿 厂`___==―-、
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V ヽ,) .... ヘ ゙ニ--┘ / ''辷ニ-一-┐ 〕
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ) )     '一′  /'´ 'lこ" _.._、 │ 亅
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\ `ヽ   .       jl「ノ'L ―''ニ..-┘ │ 亅
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i _)  ..     ´   || エ ニ-l''┐ ./  /
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | .l,)    .         'ー――‐''’丿 ノ
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | | /-、  .            -'fナ'''´ 丿
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  .,ソ/ヘ '"             ゙'t'、丿
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |  /  //7/ヘ /l ト、 |\  `"’
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |        /   V | l ヽ|   V
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! ! 
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | ! 
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/

400 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:20:44 ID:yAfIGndU0

      ____  て
    /ヽ  /\ そ
   /(○) (○)丶 ビクッ  
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ     お、和尚…!?
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /  
  /         ヽ

                  _,, iー' .、 '、. ..'-, .'、      . _..
              _.. イ'".ヽ .ヽ. \ .ヽ. \.ヽ. ..,,, -''"゛
          ,,, ィ'''"`'、  ヽ  ヽ .ヽ  ヽ ヽ,,..ノ‐'゙´
      ._..y‐''゙ヽ. .ヽ  .ヽ  ヽ _> |-.. ┴´
  ._.. -',"  ヽ  ヽ  ヽ  .ヽ./ ~    _,,二ー 、
."`',.  ヽ   ヽ  .ヽ  .l./ ゛    ./´   `'-.\             /\     /|
  .ヽ  .ヽ   ヽ._,, ;;ゞ゛     ./   : 夢   ヽ ',     \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
 、 .ヽ  . ..lr‐'"´/      / .l,    ~''"   .! .!      \)'
 .ヽ._.. ゙‐'゙゛   ,./        /',''''''!ly、     ._.イ│      /.
: '''´     ./ ,-      ,/'''''゙‐'t;;',',   ,i,'!!~゙゙} .|    ヽ,)  
      ././       /         ゙‐''゙⌒.! ',    /.     よいか!
     ,,i,'イ゛          /.l  .、   _      |  .l   ヽ     貴様は何者だ!?
    / .,/ノ           ,' l゙ l.l .,,―`-ニ. ., .,.. l   ヽ  _)    今すぐ答えろ!!
     .,/イ        ,'  l  l ',l゙,.. - ,,..,!.il! l ./    \ ,)   ..
.\,  .,''゙,!        l  l ,i'/ッ._,,,,,, .゙!/│ !     .゙/-、y
  .`'-,,"."        l'、 .!.l l .,!.l   ゙l .l',゙ll゙ i____,,,..-'"゛  /ヘ.ヽ..,,,_
    .`'ー、,、     / ゙' l .゙" .',.|    !/.|"!/       /  //7/ヘ /l ト、 |   `''
        `゙'ー、、  .!   .\ .! !..,_, . 〃 /              /   V | ,l ヽ|
              `'-',,_    ___;;,,.. --┴''''''¨'ー、、
               ̄ ̄           `'-、,
                               `''ー ..,,,,,,,,.. ‐'

401 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:21:13 ID:yAfIGndU0

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    な、何者かと言われますと、
  l    |r┬-|     l   柳生家の嫡男、柳生十兵衛ですお…。
  \   `ー'´   /
  /         ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\     7Zz
    / / / /    夢  | ヽ    二{   声が小さい!
   /    / イ^ー、   ,.. 、)、 ',  __ ノ'  そんな声で答えているつもりか貴様!
 , '   / / //ヽ、 ○ゝ イ○ノ| |     7 z
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     |Z  貴様は何者だ!?
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     jN     
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ    /三ヘM≠z _ ,.z=≠1 /≠z _ ,.z=≠1 /
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\   て(´    /´    )へ、1{ /´    )へ、1{
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |                          \
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

402 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:21:36 ID:yAfIGndU0

          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \          や、柳生十兵衛三厳!!
     /   (●)  (●)   \ n     柳生但馬守の嫡男ですお!!
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/


           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ               /\     /|
       / . /     "      ,i"<    .ヽ      \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \       \)'
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー     /. 
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|          ヽ,)   誰が親父の名前を出せと言った!?
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!         /. 
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|         ヽ    貴様は誰だと言っておるのだ!
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|         _)
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:}         ,)   . ほれ、もう一回繰り返せ!!
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙         /-、 
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|           /ヘ
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|         /  //7/ヘ /l ト、 |
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|               /   V | ,l ヽ|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."
  .|

404 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:22:16 ID:yAfIGndU0
                                    
                       _,,. .._            /
                   , -'"     ``丶、      ヽ,)
                 ./               \     /    柳生十兵衛三厳!!
                 /         \_    / ヽ    ヽ 
                .!       (○ )ヽ /(○).ハ   _)   柳生家の嫡男にして、柳生流の後継ですお!!
                i                      i   ,)     
                     ',.       (___人__)    .i   //ヘ '" 
         __       ヽ       /::::::::::/    /       //7/ヘ /l ト、 |\、 /\
        /  ヽ       `゙''ー-,   ` ⌒´  _, - '          ./   V | ,l ヽ|   V 
        l   ',     , -‐ーノ、      ヒ´. 
  _.     l     ',  ,-'"´ ヽ   \    l   
 /  ``‐、  ',    ',/,'´ヽ   \   ` ‐ 、  ヽ、 
 ',     ` ‐ ヽ    ヽ ̄ \   l      ` ‐' \


                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈
              /   /    夢     ', ヽ    )
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く    家とか流派とか聞いておらんわ!!
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )    貴様は何者か、それだけを答えろ!!
            /    /     ,,   ,,      ',    〈
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃   ほれ、丹田から声を込めて言えい!!
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V // 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V / 
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      <へ/`ー ヘ、\
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\    <へ/ ((_))   \_\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋 <へ / ((_))       ( _(
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  / ((_))    ((_)) //<
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ) /    ((_)) //へ〃
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム/// _((_))  //へ〃
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | | ./////   //へ〃
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/ .ノ⌒i//////>⌒` ̄
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  /(_ ノ//////
   // /   /    |/ /      /////(´`Y //
  .// /   /    V   〉   '"´ ///(´ヽ(`ヽi.  i/
      /    /  〈   _ -<///, \ ヽ ヽ ノ
                   ////( `ヽヽ_人_ノ
                 //////ゝノ

405 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:22:37 ID:yAfIGndU0
    \                      /      ',
     \                      /          ',             /\     /|  /゙i
   ./   > 、               ,. イ、   `ヽ      l     \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
   l   (::::0::>、_ .   }  !  {.   ,.ィ、::0::::)   j       l       \)'                    '(
   ':,    `ー '  ',`ヽノ l !.l ゝ_ノ/   `ー '    /      l       /                     \
    ` ―――‐/    `Y´     ヽ ー――― '             ヽ,)                       (,,r'
          /      i      ',               l     /     我が名は柳生十兵衛!!    \
          .{        .l      }               /      ヽ                         ,r'
         乂      .人     ノ              ./      _)   …柳生十兵衛三厳だお!!  (_
           | `ー―''  `ー― '|               /       ,)                         (,
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |           /        /-、                      、-\
           |Y´        .`Y|             /          /ヘ '"                   ヘ
           |             |        .  /         /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
\           乂_______ノ       /                 /   V | ,l ヽ|   V   ゙i

407 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:25:03 ID:yAfIGndU0
                 _..-''" ̄ ゙̄''---- ,,,,
                   /             `'‐、
                /                    `'、
             /                       ゙l,
               /                        !
            |       . ___、               |
              l    ., ‐'"゛    '''''''、            |
           l   . /           l           |
              ,'   /      . 、    !        !
          /   / 、    l.夢´!   .,!       |
            /   ./ l     .f゙'‐.,i',   ,!       |
         /   .l ゙l \           !           l゙
        ./     !.ゞ \ .ヽ        l゙        !
       ./      |   .`ッ',     .,r‐/         !       よし…自分が何者か、思い出したか?
      ./       .!      ゛   ./;:;:;l            |
    ./  .r    .!         ゙‐''''}            l      前にお前自身が言ったではないか。
   .-'´   . l     l、 .、   i ..,,、   |          l     親父や左門のようになるのは無理だと。
       /     .!',  .!、  `―"   !         、   !     .自分は自分だと。
       !      }.l  l-二― ......,,.. |       |   .| 
       .|      .l  l  .l;:;:;:;:;:`゙゙''''/ ,!       !    |     ならば、お前にできるのは、
       .l     │.,、.ヽ .ゝ ....,,,__./   !       |         昨日のお前自身を越える事だけであろうが。
       !     !.〈,,,  ゙'-..____,,..-'"l゙      / 
          !    /.、  `''-,,.      ,..l゙      ./  
        ',   .,'  `'、   `''" ̄ ̄ .,!      /
        !  .i',    ゙'y.     .._.. !     /
        |  ./ ヽ    ゙',゙'---ッ'"  !     /
        | /  ..l.   ..l, /    .l    ./
        l ,i',    l    .li′   .!    ./
        // \  .!    !    l   ./
       〃   ヽ. !   !    :!  . /
       l′    ヽ|   .l    | ./
       .゛          !     ! /
                      l′


  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \      思い出しましたお!
 |   / ///(__人__)/// \    この十兵衛の取り得は剣のみ!
 !   !    `Y⌒y'´    |    それだけは裏切らないように生きてきましたお!
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ       まだ、十兵衛には剣がある…!
 |          /  |      剣があるんですお!!
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ

409 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:27:50 ID:yAfIGndU0
                _.. -―'''''''―-- ..,,_
              ,/           `゙''-、
               ,/     _..-'''''―- ..、    \
             /     .,/          \    .ヽ
         . /      /              ヽ    .ヽ
        /      ./      夢       ヽ    ヽ
       /      ./               , .l,    .',
      ./     ,i!゙',、            _ノ.l/j    !
      !     .,'―‐`-lii、       . ,,rl┴''''ー l!    l,
     ./     i!'-、 .!ゝ . '.l、       /   .!′ ,..''7    .ヽ
     ./     ./ 'イ''ニ=rirr,'|./     .ヽ`-`-`-''',/゙l      l
    /      .l゙         "       ゙′     l      l.
   . /       !                       ,.|     ., ヽ.      ならばよし!
  .'"       !ヽ   y     i;;;;;;、    'i,  ../ ;:;l     ..l゙‐'′   最後に気合のひとつも入れてくれるわー!!
         |;:.!  ,/,' .,,r;;ニッiiiiiiiiiiiiii;;;;r、 .l',  .!;:;:;:.!      .ヽ  
          |;:;:;:! .// i',{ .iー'''''''''''''ー'i i!|i ,!} l;:;:;:;l          l
          |;:;:;:| .{ ! ./ ゙"      !" l',./;,! l;:;:;:.!           !
          !;:;:;:.! ヾイ.,..-ー'''''''''''―- ..,..!!./  |;:;:;:|
            !;:;:;:;.! /,ii/            l;,ii;| .l;:;:;/
         l;:;:;:;:;| .l;| }            !,!:l" /;:;:/
         l゙'-,;:;| !| .l         :l".! │;,イ
            !、 `'',  │           !  l,i,'-/
            i,',',iiiii、\ .!        . ! .r',゙.l'''7
        ., .l',  .リ、\.l        レ'.l- l!.│
        . l, .!l 、  l`-',/、      ,i;;;;,','" l_./、
            l、',l \ l  ',`'リー .... イ゛   !., '"/.i',  、
     l l,  .,!`′ .`-,!  ! .!    !  ,ノ゛ // .l .|,  .|,
      ! ,'i  l      ゙゙''ヘ..,|_   ._l..-'"   .′ ', .l ! . l ゙',
      .l ! l./           ̄゛            l" !/゛ ',
      ´                               ′

411 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:28:15 ID:yAfIGndU0
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)   .ロ日  ロ日  ロ日
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈   .  匂 . 匂  . 匂
              /   /    夢     ', ヽ    ノ    ロ日  ロ日  ロ日
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く  ..  匂 . 匂  . 匂
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ   . ロ日  ロ日  ロ日
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )  .  匂 . 匂  . 匂
            /    /     ,,   ,,      ',    〈{   . ロ日  ロ日  ロ日
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃  .   匂 . 匂  . 匂
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V //  .. ロ日  ロ日  ロ日
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V /   .  匂 . 匂  . 匂
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ     . ロ日  ロ日  ロ日
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\     .  匂 . 匂  . 匂
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋  .... ロ日  ロ日  ロ日
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ      匂 . 匂  . 匂
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ... ロ日  ロ日  ロ日
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム .....  匂 . 匂  . 匂
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | |   __,) ... ロ日  ロ日  ロ日
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/  l | | |  `ヽ.    匂 . 匂  . 匂
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  ヽ  | | ! !   ノ ... ロ日  ロ日  ロ日
   // /   /    |/ /       \)  l/ | |  く.  ... 匂 . 匂  . 匂
  .// /   /    V   〉   '"´  ``ヽ).     | !   ゝ ... ┃┃
      /    /  〈    '"´   ``ヽ)    l/   .ノ ... ・ ・

412 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:30:56 ID:yAfIGndU0
           ____
         /_,r'  ' !、\         ワーオ!
       /(≡)   (≡)\      久々の沢庵和尚1秒間10回「喝」発言だお!!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\    
    y |     |r┬-|     |⌒)    ゴートゥーTKAN!
    l \_   `ー'ォ     //     ゴートゥーTKAN!
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)


   |
   | ̄\ 
   |^o^ |  (これで えどに もどるのは
   |_/    なんとか なりそうですね)
   || |_
   |   |

413 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:32:29 ID:yAfIGndU0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...   ...:: :........ ... .  .....:::...   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________    < 和尚!もう一回!もう一回お願いしますお!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_.   
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_   < もう一度だと…!?ククク…甘いわ! 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_    .朝まで聞かせてくれるわー!!

414 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:33:45 ID:yAfIGndU0
                                       /    /´ ̄`\   '.
                           , -ミ         〃|   /        '.  |
                         /    \     __ム/|   |C a l b e e.|   |
                          |  ト、   丶/´ . : : : ∨⌒Y      /ミx/ノア
                          |  | \  / . : : : : : : :|   |` ─‐ "`Y rミ ア
  …結局、和尚は何しに来たの?..   ∨ム   ∨. : : :リ,ハノヽ|   | ____,,.  `┬′
 十兵衛に気合を入れに来ただけ?     \ \ ハ: ://   `_,, |   |          {ミ}
                           `マ≫Ⅳx=  ⌒ j  |         |||
                              l|\__ム  、-ァ/ハ  ト、       |||
                             {ミ}    ≧=-/∧ :. } '.
                            |||      / マム  j! |

               -‐…‐-
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. . . \ 
          /.:.:.:.‐===‐:.:.:.:.:. . . . : ,  
         .゜.:./:/.:/.:.:i|:.:.:.:`:.:.: .. . .′      違うわ。
           i:.:.:i:.:|:.:|:.:.:{ \i.: |:.:.:.i:. . i      和尚自身も言っていた通り、
           |:.:.:ト,ハ|\トー匕|:.:.:.|:.:.:i| 
           |:.: }^匹}   ^匹}|:.:.:.|,).:リ       「宗矩が柳生庄に新しい寺を建立するので、
           |: 人   ′    |:.:.:.|:V          その開山供養をしに来た」
           |i:.:.:}≧==忌=≦}|:.:.:.|:.{
        八:.:|_. イ「i}{i「 ̄l|.:.:.八:.、       というのが本来の用事よ。
            〉:| i===光===リ/  ヽ\     十兵衛の様子も見て欲しい、というのも
         ∧/ハ/|「i|\/  /./〉. \   あったかもとは思うけど。
         」 ∨ / ,|l l|  /.//{:.:. .. .\
          |  iV. /..|l l|\. //  、\:.: .. ..\
        /|  | ∨ |l..l|\_/ 、_  \|:.:. . . . \
.     /...:.:|  |    || ||.    //⌒ヽ,i ハ:.:.:.:. :.. .. \
.    ,. . .: .:.::.:|  |  厂 ̄\__,」 |/⌒刈,  ',:.:.:. :. .. .. . ヽ
   / .:/.:.:.:厂,. }  `ト-、 叶f | |,`Vハハ  〉.:.:.:.. .. \:. .. ,
.  /..:/.:.://   /    || ||`T}.|∧V叭ノ , }/\:.:.:.. .. .. ヽ .. ′
  .. /}. / .//|  /          ̄匸\、 ,ノハ:.}:ト、ヽ:.:.:.. .. .. ,.. i
  i/ .|/ .// :| ./           \  ̄ハ:}ハj \:.:.:.:. .. ..ハ: |

416 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:35:47 ID:yAfIGndU0
          ___                /: : : : /: : : : :
     ...: : : ̄: :\: : : : : ̄: ミ=―――――/: : : : /: : : : : : :
    /二ニニニニ`、: \: : : : : \:_:_:_:_:,-- r ,-,--、: : : : : : : : :
   //: : : 、: : : : : : : i : : }: : : : : \ ー‐/ノフノノ!_/、 \: : : : : : :
.  /: : : 、: : ::ミ=-_\{ | : : |:ヽ: : : : : : : : : :⊂二_       〉、 : : : :
 /: : : : : \ゝ/_`_ | : : |r 、\ : : : : : : : : : : : :〉、_ゝ/  〉__    これまでの柳生一族の菩提寺は、
 :: :i: :|ヽ(丶ゝ riっ_ ,} | : : | ゞ} : :\: : : : : : : : : r_ ̄__ /;;| : : :    柳生下邑にある真言宗系の中宮寺だったの。
 !: :ト、!, -_    `   | : : |:、ノ\ : :\ :_:_:_:_:_:_:_ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__ : :    (現在は会所になっているとのこと)
 \!::入r y,        ヽ : \`ー: :  ̄: :_____:〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;! | :
   |: : i          \:_:\_ ̄__::: :: : : : ::|;;;;;;;;;;;;;;/}| | :    【月吹山中宮寺】
   |: i人   '    /;;;;;/   // \: : : :::!\;;;/ /.| | :     ttp://narajisya.blog.eonet.jp/mahoroba/2011/04/post-81e7.html
   ヽ: ゝ> _ /;;;;;/    / /     ー-|ー―― | .! ! :
     \ : :ヽ:_:_:_{!;;;;;/      / /        ー――/ / / :     でも、宗矩が沢庵和尚に帰依した事で、
          ̄[__[ノ;;;/      / /             / / / : :    新たに臨済宗の寺を建て、そこを新たな菩提寺にする、と
     ___ノノ/;/      / / ___、_____ノ / / : : :    いうことになったのよ。
    // ̄ ̄ }/|/    //  |          ー‐´‐′ ̄
.   / /    / |i   // /   |                     それが、後に「神護山芳徳寺」と呼ばれる事になる寺よ。
  /_/    /|  ||//  /    /!     __


                                 |   | |       l l    |           l     l l            | |     |
                                 |   l lDMM.coml l    レ ´  ̄ ̄ ̄  ヽ |   | |  C a l b e e l l     l
                                 |  /l l         //  /            ヽ   l l             / /    /
                              ト、_∨   ヽ       // \/             ヽ/ヽ\         / /、    /
  なるほどねえ…。                  .\  ヽ / ヽニニニヘ  /    / /        |       , ヘヽ、____/  \ ,   __
 でも、十兵衛が知らなかったのは       ..... ト-「) ハ            `l   / // /! /l,ィ |  ハ/   `ー―‐'´\  ,r――'´   /
 どうして?                      .. `\_,ノ ヽ          /l | /‐-{/_ノノ_lイノ-ノl  / \             Y (⌒!  /
                            ......  (三三)  ` ー―― '  r|/VY示え     ,r示Tゝ! /‐、  ` 、___ , < ヽ_ノ二フ
  自分の家の領地に寺が建つなら、        .  /二ヽ           l lヽl弋::ソ     弋:ソ´ノイ }/               (三三)
 いくらなんでも知らないって事はないでしょ?    |   |            \_     . .       _/                 /二ヽ
                                |   |            ヽ    _     ノ                |   |
                                |  l|                >、  ー  , イ ̄_フl            |  |
                                |  ||               ト、 l ー ,' -‐´ ̄, -‐!             |   l |

418 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/04/29(日) 22:38:11 ID:yAfIGndU0
            _
        ,....:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
     ,...::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::\          それだけど…、
    ,..:::::::::::::/:::::::/:::::/:,r77///////ハ、       この後のネタバレにも繋がるから詳しくは書けないけど、
    /:::::::::::::::l:::::::::{::::/::::::::::l::::::::::,:::::::,::::::::,       この時点では、まだ芳徳寺は建ってなかったか、
   ,::::::::::::::::::l:::::::::l::/:::::::::::::|:::::::::::,::::::l::::::::::.      少なくとも、寺を受け持つ住持が居ない状態のようなの。
   l::::::::::::::::::|:::::::::|::::::::,::::::::l,:::::::::::}::::::!::::::::::,      もっと言うと、本当にこの時期に開山供養が行われたかどうか怪しいのよね。
   |::::::::::::::::::|:::::::::|::::-ハ―ハ:::::::::l:,-、::::::l::::l
   |::::::::::::::::::|:::::::::|::::/ l::/リ  ,:::::,イ::::l:::::ハ:::l       芳徳寺の記録によれば、開山は沢庵和尚とされているし、
   |:::::::::::::::::ハ:::::::::V:{ ,ィニ=-ァl:::/:イァl:::/l リ      和尚の行状を記した「沢庵和尚紀年録(東海和尚紀年録)」「万松祖録」にも
   |:::::::::::::::{r,ハ:::::::::V 弋)リ  l/イ fjl:l/:::l       この時期に和尚が柳生庄に赴いて、
   |::::::::::::::::ヽ,ハ::::::::::,         `ヽ::::::,       芳徳寺の開山供養を行った、とされているんだけど、
   |::::::::::::::::::::`´',::::::::::,       _ ,イ::::::::,      他の記録では、芳徳寺自体がもっと後で建てられたとする記述もあるし…。
   |::::::::::::::::::::::::::l',::::::::::,  __ ´,イ:::l::::::::::,
   |:::::::::::::::::::::r-'-、:::::::::V:::::l::::::::::::::ハ::::::::,       ただ、この時期に和尚が柳生庄に立ち寄った可能性は高そうだから、
  ,:::::::::::::::::::::/三三',:::::::::V 、:::::::::::/  }::::::l      今回はこういう話の流れにしたのだけど。
  ,:::::::::::::::::::::::{三/ ̄`ヽ:::::::,∧ ̄`ヽ、 |::::::|      この辺りの話は、またいずれ書くことになるそうよ。
 ,:::::::::::::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::}=-`ヽ:.:.:./::::::}
,/::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::l:.:、 、ヽゝ:{::::::/-,
:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:====Vl:.:.:.:、\:.:.|:::::{:./\
::::::::::::::::::::::,:.:.:.:.:.:.// ̄ ̄l/:.:.:.:.:\\!::::l/  \

                                  ,.   ´ ̄ ̄¨   、 
                                /             \ 
                               /    / /      / ,ハ
                               '     / | /l|  ,/| /ト、 '.
                              |     ′ .ii メ、ノ  iノ レ|  
                       ,r 、      |   |   |x=ァ ミ、  , -‐} !
  了解。                /  '^^^ヽ   |l|  !   !弋イり   ィテア'リ 
 じゃあ、その件については、 ......  |     r 〉   | l|   | `¨   _ , `¨// 
 またいずれ、ということだね。    |    /'′    ム ト、 |    r‐ァ ./ノ″
                       }   ,ノ       }三ニ=-ゝ、 ` . イ/
  それじゃ、話を戻そうか!  ...  |   |- 、      _Уニ三ア三ミ</''′
                     /}三三ア|   ////≫=ミ、    》  
                     | :..|¨ア"  |   /'////   || \ 〈′  
                     | :./    | /////      l|   `ト、  
                     レ′    ∨////   / リ    寸、
                     `ト、     ∨//   / /      ヽ\ 
                      マム      Χ  ////,|       : |! }

447 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:03:39 ID:sHX17w7k0

 さて、こうして芳徳寺の開山供養が行われた。
(尤も、先にも述べた通り、この頃開山が行われたかどうかは若干微妙なのだが)


. \                   _,,..--..,,_             ./
  ヽ                 ..〆     `ー....、_        /
   ヽ               /ソ __        ´ー-=-      \
,,..  ` ゝ              !<゚刀丶廴 、    ゙   `ヽ   ./   
     ゙'、            く,_   /|!ヘr ゙^'_ 、' _ 、 ..  '' '''''''/    これが俺の
      ヘ             ””〕 |||| 1‐__''_‐く      ヽ 
       .'、           :/  .|/ f.< ___ > \    /     開山の儀だーッ!!
       丶          ` ̄广 ,'フ::::::::::::::: / ヘ`'''ゞ  .\
        ヽ、          │ 、丿:::::::::::::::ィ' |;;;;;;;;;;\  `ノ    思い知れこの新寺めがーッ!!
         "ー-..っ___,--‐''l、│:::::::::::::::/\l ヽ、;;;;;;;;;; ./
        __'ー ゙'广'::::::::::::::::::::::::リ丿::::::::::::/    'ヽ";;;;;;;;;ゝ,
      _,-r冖'^'''ヒ 、ェユニニニ==-フ:::::::::::::/  _,,-t;;;;;;丶;;;;;;;;;/-、 
      ..tココ     ‐|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿 r;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;;;丿 /ヘ  
      ‐'モ―--=ー'゙'冖''―‐―----‐-ゝri ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ..;/ /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
              ゙'、    ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| "'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''""ィヽ      /   V | ,l ヽ|   V   ゙i
               丶  丿;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ゙;;;;;;;;;; _..r‐'' ゙̄ゝ>
                ゙ 、 {_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__.ヽン''′   _  ./
                 ∨’  ´゙゙''ー-u 〕 |'′ _..‐" ̄:::::::/
                 :l  ..---- 、  〉 T_r'::::::::::::::::::::::::|
                 l/::::::::::::::::゙ゝ / /::::::::::::::::::::::::::/
                 ::::::::::::::::::::: 〉/ン′::::::::::::::::::::::::/
                 /:::::::::::::::::::::: ノン′::::::::::::::::::::::::/
                |:::::::::::::::::::: / /::::::::::::::::::::::::/
             _、  .:::::::::::::::::::丿 ./:::::::::::::::::::::::/
             !'ヽ ::::::::::::::::│ 'i'、::::::::::::::::/
             l  `’:::::::::::::::卜 `゙'、:::::_r''´
              |  `ヽェ.._ :::::::'、 ..jゝ`".|
             ヽ   │`'''、 'l/   ∧
  .            ` 、 丿    |    丿 ヽ、
                ゙'彳    卜   /   丶
                 開山供養の法要を行う和尚の図

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    すげえお!
  / /// (__人__) ///\  まさに和尚の法要は天をも恐れぬ最強っぷりだお!!
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

448 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:05:04 ID:sHX17w7k0

 その夜…。

          .____
       /     \
      /   ─  ─.\
    /     (⌒) (⌒) |     和尚、ありがとうございましたお!
    |        (__人__) .|    これで我が柳生家も一寺の檀信、
    \      `⌒´ /    より一層、結縁を深められて何よりですお!
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     なに、大したことでもないわ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、| 
 /   /  |::::::| │ `---´:;/ | |ヽ     明日にはここを出立し、堺に戻るから、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\   次に貴様と会うとすれば、おそらく来年の江戸だな。
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

449 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:06:04 ID:sHX17w7k0
          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \     ぜひともそうあってほしいですお…!
      |      (ー)  (ー)  | 
     \  u.   (__人__) ,/     江戸からの赦免の報せが
      ノ     ` ⌒´  \    いつ来るかと待ち続けて、もう半年以上…。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ.   そろそろ来てもいい頃だと思うんですお…!
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |    まあ、こればかりは上様の御心次第だからな。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |   気持ちは分からんでもないが、焦るでない。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

451 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:07:06 ID:sHX17w7k0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |          一応言っておくが、
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |         江戸で昨日のような痴態を晒すでないぞ。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ          貴様とて、
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |           『柳生家の嫡男殿は謹慎中に女装に目覚められたそうじゃ』
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、       .『柳生流が女子の化粧の術だったとは知らなんだのう』
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ    などと言われたくあるまい。
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         ___        も、もちろんですお!
        / .u   \     二度とあんなことしませんお!
      /((○)) ((○))\ 
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

452 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:08:05 ID:sHX17w7k0
       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     しかし…女装はともかくとして、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|    江戸から戻って以来、貴様は何をしておったのだ?
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\    まさかずっと特殊性癖の開発に勤しんでいた訳ではあるまい。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


         /  ̄ ̄ \
        /ノ  ヽ__   \
      /(―)  (― )   \     もう勘弁してくださいお。
      |.  (_人_)   u | 
      \   `⌒ ´     ,/     じゃあ、江戸を出てからのことを
       /         ヽ     順にお話致しますお。
      ./ l   ,/  /   i
      (_)   (__ ノ     l
      /  /   ___ ,ノ
      !、___!、_____つ

453 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:08:47 ID:sHX17w7k0



;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

                 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

                       :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:

                           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:


.

454 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:09:08 ID:sHX17w7k0

 ここで時は遡る。
寛永十四年十一月、宗矩から新陰流印可を授かった十兵衛は、柳生庄への帰途に着いた。

     ェェェェェエエエエエェェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNト、
  NiNiNiNiNiiNiNiNiNiNiNiNiiNNiNiN
  {エエ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}
   ゝ:::/ (⌒)  (⌒)    \::::/      再出仕が延びたのは残念だけど、
     |   '" (__人__) "'     |      印可を得られたのは大きな進展だお!
     .\.   `ー´     /
      ./ゝ         ィ'ヽ        赦免の連絡が来るまで、
    ./                 \      柳生庄で研究をし直してみるお!
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)

456 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:10:11 ID:sHX17w7k0

 その帰郷の旅の途中…

                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      もし、そこな御仁…  >
                      ________/

           ____  ´_
         /       \
        /   ─   ― ヽ 
      /    ( ●)  ( ●)'    ん?
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ

458 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:11:16 ID:sHX17w7k0
      \ー 、      ヾヽ、        }i
       \三ニ≧ 、  V/ハ       /l
   _,.====-\三三ニヽ l三ハ   //l
二三三三三三三三三三三三三ハ_///ll
¬=ニ三三三三三三三三三三三三三リ
      >三三三三三三三三三三彡i             }i
    /三三三三三三三三三三三三/             }ハ
   /三三三三三三三三三三三三ヲ          ///l
 /三三三三三三三三三三三三少           ////l
三三三三三三三三三三三乍ミヾグ           /////l ,.==-、_
三三三三三三三三三三ニ=ミi≠ミ、=I"三三三三≧彡三三ニニニニニニ≧=、
    /三三三三三三/    ミヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三>-、_
    l/三三三三三/′   /三三三三三三三三三三三三三三三三三>==¬冖 ̄
    l// l三三//    /三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧ 、
    l/   {三/l:/  _,='"三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三> 、
       l::/ l! _,='"-┐三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
       l{  /  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
               /三三三三三三三三ミヾ三/l三三トマム三三三三三三三三三三三ハ
           /三三少^i三三三三マ¨7三/、_}三// _,,.≧三三三三三三ハ `¨¬ニ三三ハ
             /三少゙{ヽヽl三リ/三/ ん///::::::}}///}ィ赱´{三三三三ニニニハ      `¨=ヽ
          ///ミヾゞヽj三リ/三//V/′::::リ///l 辷彡{三三三三ニニニニハ 
          =l//ニ三三彡l三/三/´ ノ′ー''゙ //′{ }  ノ三三ニト、三ト、三三ハ     貴殿も島原へ向かわれるのですかな?
         / ′  ///7  l:∧彡       / ′ヽ  } ///ハ三l  ',三l \三ハ
             l/′l  l! ヾ彡      /  ´`ー'/ }/  l三!.  V/}   \三}
             l!  .l    ',ヽミ       _,.=-、_,.ィ/     lジ   .V}    \l
               .l       ', ヽ,,   / _,.==-、 }-
            ┌-┤     ', ヽ,,          ノ、
            /  `ヽ、       ',  "''i=-i、_,. ノヽ
             /     `ヽ、   ',      人
     __ ,.=──'\       \  ' ,    /Aヾ、
─'" ̄         \       \ ' ,   { ^ヽヽ\
                通りすがりの武士(その1)

459 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:12:28 ID:sHX17w7k0

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・     島原?
. | ( ●)   ⌒)   |      確か九州の方だったと思うけど…
. |   (__ノ ̄    /      そこがどうかしたのかお?
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    おや、ご存知ないとは… .>
                  ___________/
.

460 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:13:32 ID:sHX17w7k0
                      _   __
                __  f´代圭ヽ/≦二  ヽ、
               〈//桟三圭圭圭圭三心、_}}
              〃ヘ/彡三圭圭圭圭圭三≦=<、
              ゝヽ/彡三圭圭圭圭圭圭三心ヽヾ
               `弋三三圭イ广ヽ込圭圭三三ミヾヾ、
             /   \込三7/ミミ/圭圭三三三ミミヾニ=-
             {{__((_,ィ'rォ三゙ー‐''-、三リ三ヾミミヾヾ\
            {{__ノ三三三三三三三ニ心//ヾヽヾヽ\
          /≧焉圭圭圭圭三三三三ニニヽ_ノ ノ   )
         ///ニ圭圭圭圭三三三三三三ニ心
       ニ二7代圭圭圭圭圭圭三三三三三三三ト、_
        -─外込圭圭圭圭圭三三三三三三三三ト、
         //イ仏圭圭圭圭圭圭圭三ニニニニニニミ\ヽ
           l/|}彡ニ圭圭ミヽl圭圭ミミト彡三ミヾニニリ  \    今、世間で一番の話題よ。
         ! l/ヾ込彡'ニニ=、ミミミ≧ィfテォ、Vll////∧ 
          !/il三三ll≠¬ヘ\\\ヾ ̄ jヾ////∧      島原にてキリシタンどもが一揆を起し、
.        / /l:l三l:l:lヾ   \lヽl\\  /l/:ll><>l!      数万の軍勢で島原城下に攻め寄せたとか。
           l l:llトミヾ   ノ(_ー_ )    /、ミ匕メ }ヽ      御公儀も鎮圧の兵を出し、久々の戦じゃと皆、沸き立っておる。
               l ll=-ミ  、____`_____ラヽミミヽl!
            l!〃{ヘヽ、` ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ/彡ヾヽ         我らもどうにか参陣できぬかと伝手を探しておってな、
                ゞ/∧ ゝ=‐───=" ./ ノ 〉心ヽ、      相応の御身分の方と御見受けしたので、声を掛けさせて貰ったのだが…。
             ∧l圭ヽ        / /イ圭 ヽヽ、
          _,.-'"l//l圭ミヘ       //徴圭ニll 寸≧-、
       _,.-'" /  l//ll圭込心`ー─ ''/代圭三/l:l  `ー守三≧-、__
  _,.-‐'" - '"    }//llミ圭圭圭ミ><圭圭圭ニニ/l:l    マ三ニニニ≧、_
/,r'"¨7 /      ///l:1ミ圭圭/圭圭圭三ニ///ll l:l     マ三ヽ ̄=ニ三≧-、
/ ////7        /彡ll∧∨圭/圭圭//:/圭圭////ll l:j     〉》ヽl     `ー、ニニ心、
 /////      // l:l:l:∧∨/圭圭//:/圭圭/////jj jj    iミミl ヽ       ¨i三三心、
              通りすがりの武士(その2)

464 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:15:37 ID:sHX17w7k0
     ____
   /      \
  /   _ノ '' 'ー\       なるほど、そういうことかお。
/    (●)  (●) \    百姓とはいえ、数万のキリシタンとなれば、確かに戦と言えるかもしれんお。
|       (__人__)    | 
./     ∩ノ ⊃  /      でも、所詮は烏合の衆に過ぎんお。
(  \ / _ノ |  |      御公儀が軍を動かしたとあれば、鎧袖一触なのは自明の理だお。
.\ “  /__|  |      今から行っても遅いんじゃないかお?
  \ /___ /

                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   いや、これがそうでもなくてな…  >
                  ______________/
.

465 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:16:46 ID:sHX17w7k0
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :リ川∨ト、:: :: :: :: :: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : /⌒ヽ: : : ミヾヽ l! l lヽヽ:: :: :: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : / /1 }: : :ミ   ヾヽ  ヽ} : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : / / / /: :ミヾ  、  ヽミト, l!l l:l:: :: :: :: : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : / { /i /: :ミヾ   `ヽ ',::::l l!l l!l: ll:l:: :: :: :: :: : :
: : : : : : : : : : : : ::{ __iソ/: :ミヾヽ     ヾi:::::} l l! l ll:ll:: :: :: :: : : :
: : : : : : : : : : : : ∧ ゝイ: : :ミ \\    \:l i /_,.、l:: : : : : : : :     御公儀からの上使である板倉内膳正様の御一行が、
: : : : : : : : : : : : : ∧/: : : : 彡        !`ヾ/ノ´_ミミ:: :: :: :: :: :    明日か明後日にはここを過ぎるらしい。
: : : : : : : : : : : : : \: : : : : ミミ、       . : :ゞ゚__〉:: :: :: :: :: :: : 
: : : : : : : : : : : : :  ヽミミミミヽ       r、 |  /:: :: : : : : : : :     九州の大名衆も上使を無視して戦を始める事はなかろうし、
: : : : : : : : : :ヾヽ    | `ヾ      ‐- 、  、/ /ミ、::: :: :: :: :: ::    上使の軍で手柄を上げれば、功名にもなりやすかろう。
: : : : : ∧: : : :∧ヽ  ト、       、 `ヽ、  /: :ミ ヾ:: : :ミヾ 
: : : : : : ∧: : : :∧ヽ  ', ヽ        `ヽ、_ ´ ./:: ::ミヾ  ヾヽ',ヾ     で、どうかな?
: : : : : : : ∧: : : :∧ヽ. ',  \          ハミヾ     \    心が動いたようなら、俺達を与力にして参陣しないか?
: : : : : : : : ∧: : : :∧ヾ '   \     /
: : : : : : : : : ∧: : : :∧:.ヾ     >--- "
: : : : ∧:: : : : :l: : : : :∧::.ヾ    }
: : : : : :.ヽ: : : : l: : : : ::∧::::.ヾ   ト、
: : : :ヽ: : : : : : ∧: : : : :∧:: :.ヾヽ ヾ ヽ
: : : : : : : : : : : ::∧: : : : :∧:: ::.ヾヽ ',',∧
     通りすがりの武士(その3)

467 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:17:57 ID:sHX17w7k0
             ____
           /      \
          / ─    ─ \        いや、十兵衛は柳生庄に戻らねばならんのだお。
        /   (●)  (●)  \     そもそも用意も何もないのに参陣とか無茶言うなお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/      正直、ちょっと心が動かなくもないけど、
 r、     r、/          ヘ      他を当たってくれお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

468 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:19:00 ID:sHX17w7k0
      \ー 、      ヾヽ、        }i
       \三ニ≧ 、  V/ハ       /l
   _,.====-\三三ニヽ l三ハ   //l
二三三三三三三三三三三三三ハ_///ll
¬=ニ三三三三三三三三三三三三三リ
      >三三三三三三三三三三彡i             }i
    /三三三三三三三三三三三三/             }ハ
   /三三三三三三三三三三三三ヲ          ///l
 /三三三三三三三三三三三三少           ////l
三三三三三三三三三三三乍ミヾグ           /////l ,.==-、_
三三三三三三三三三三ニ=ミi≠ミ、=I"三三三三≧彡三三ニニニニニニ≧=、
    /三三三三三三/    ミヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三>-、_
    l/三三三三三/′   /三三三三三三三三三三三三三三三三三>==¬冖 ̄
    l// l三三//    /三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧ 、
    l/   {三/l:/  _,='"三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三> 、
       l::/ l! _,='"-┐三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
       l{  /  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
               /三三三三三三三三ミヾ三/l三三トマム三三三三三三三三三三三ハ
           /三三少^i三三三三マ¨7三/、_}三// _,,.≧三三三三三三ハ `¨¬ニ三三ハ
             /三少゙{ヽヽl三リ/三/ ん///::::::}}///}ィ赱´{三三三三ニニニハ      `¨=ヽ
          ///ミヾゞヽj三リ/三//V/′::::リ///l 辷彡{三三三三ニニニニハ 
          =l//ニ三三彡l三/三/´ ノ′ー''゙ //′{ }  ノ三三ニト、三ト、三三ハ      それは残念。
         / ′  ///7  l:∧彡       / ′ヽ  } ///ハ三l  ',三l \三ハ 
             l/′l  l! ヾ彡      /  ´`ー'/ }/  l三!.  V/}   \三}     貴殿からは、単身島原へ赴き、
             l!  .l    ',ヽミ       _,.=-、_,.ィ/     lジ   .V}    \l    敵の大将とも一騎打ちしそうな気迫を
               .l       ', ヽ,,   / _,.==-、 }-                   感じたのですがのう…。
            ┌-┤     ', ヽ,,          ノ、
            /  `ヽ、       ',  "''i=-i、_,. ノヽ
             /     `ヽ、   ',      人
     __ ,.=──'\       \  ' ,    /Aヾ、
─'" ̄         \       \ ' ,   { ^ヽヽ\

470 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:20:06 ID:sHX17w7k0
                      _   __
                __  f´代圭ヽ/≦二  ヽ、
               〈//桟三圭圭圭圭三心、_}}
              〃ヘ/彡三圭圭圭圭圭三≦=<、
              ゝヽ/彡三圭圭圭圭圭圭三心ヽヾ
               `弋三三圭イ广ヽ込圭圭三三ミヾヾ、
             /   \込三7/ミミ/圭圭三三三ミミヾニ=-
             {{__((_,ィ'rォ三゙ー‐''-、三リ三ヾミミヾヾ\
            {{__ノ三三三三三三三ニ心//ヾヽヾヽ\
          /≧焉圭圭圭圭三三三三ニニヽ_ノ ノ   )
         ///ニ圭圭圭圭三三三三三三ニ心
       ニ二7代圭圭圭圭圭圭三三三三三三三ト、_
        -─外込圭圭圭圭圭三三三三三三三三ト、
         //イ仏圭圭圭圭圭圭圭三ニニニニニニミ\ヽ
           l/|}彡ニ圭圭ミヽl圭圭ミミト彡三ミヾニニリ  \   
         ! l/ヾ込彡'ニニ=、ミミミ≧ィfテォ、Vll////∧ 
          !/il三三ll≠¬ヘ\\\ヾ ̄ jヾ////∧      というか、そのニ蓋笠の紋に、十兵衛という名乗り…。
.        / /l:l三l:l:lヾ   \lヽl\\  /l/:ll><>l!     もしや貴殿はあの柳生十兵衛殿ですかな?
           l l:llトミヾ   ノ(_ー_ )    /、ミ匕メ }ヽ 
               l ll=-ミ  、____`_____ラヽミミヽl!       上様の御勘気を蒙り、故郷に蟄居しているという
            l!〃{ヘヽ、` ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ/彡ヾヽ       噂ではあったが…。
                ゞ/∧ ゝ=‐───=" ./ ノ 〉心ヽ、     
             ∧l圭ヽ        / /イ圭 ヽヽ、
          _,.-'"l//l圭ミヘ       //徴圭ニll 寸≧-、
       _,.-'" /  l//ll圭込心`ー─ ''/代圭三/l:l  `ー守三≧-、__
  _,.-‐'" - '"    }//llミ圭圭圭ミ><圭圭圭ニニ/l:l    マ三ニニニ≧、_
/,r'"¨7 /      ///l:1ミ圭圭/圭圭圭三ニ///ll l:l     マ三ヽ ̄=ニ三≧-、
/ ////7        /彡ll∧∨圭/圭圭//:/圭圭////ll l:j     〉》ヽl     `ー、ニニ心、
 /////      // l:l:l:∧∨/圭圭//:/圭圭/////jj jj    iミミl ヽ       ¨i三三心、

471 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:21:21 ID:sHX17w7k0
.      /'///,'/////////////////////ミ⌒ヽ、
   , 、'/////,'///////////////////////ミ⌒ヽ:ミニ、__,
 /  ノ,'/////////////,',//////////////ミ:ト、
.   / ////////////////,'////,'ヽ'/////////ミ、`
. /,,'㌢  __ノ刈,'////,'/'/////////////////トミ、`
 "..  , 心"!///彡ソ/i}ソハ{i!}ハリiiハ{i}リハ}/////トミ、 `
.   <ハ{!iハ{i}リハ}=彡刈. /   ハi}リハ}  八{/,`/ハ
.<. , ´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ彡ソノ  /. ,;彡三㌢.  洲/ヽ. }
 /     ―― '、∧Ⅳ;;;{i!};㌢'"¨.     ,/洲i!}|i!!}     ほう!
   /´ミ `、 ヒ[i! }Ⅵ!i!/㌢.-=ニ彡  ,;;彡洲ソi!ノ    その物腰、只者ではないと思うておったが、
  /   ミ    ̄` i!ミ=      _   ,;彡洲彡'"     貴殿があの柳生十兵衛殿ならば、これも奇縁というもの。
; \.   ミ、     /:::    , ´ / \;;;彡'Ⅳ
;' ;'; \_ム.    `.     ∧ \/ヽ  /        もし、また縁があれば、
;';';';';';' \ . ).  `ー===彡Ⅶ      く        一手御指南頂きたいものですな。
;';';';';';';';';' \ 、..  ` ̄/. `>Ⅵ        Ⅵ
;';';';';';';';';';';';';\\  /  /. \        Ⅵ       それでは、御免…!
;';';';';';';';';' ;'; /\/  /    イ 、      Ⅶ
.\;';';';';' /  /  / x≦//////∧.     Ⅷ
.  \/  /  / \///////////}
.    \/  /     \/////////i!
.    /  /      /\///////}}
  /  / \   /// \;;////}
..<  /    \///: : : : : \;//}
  `´.        \/.: : : :. :. :.  \ノ
           \.: : : :. :.   /
            \    /
              \ /
                 /

473 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:23:16 ID:sHX17w7k0

 アレガ柳生十兵衛殿カ…


  /
   不思議ニ他人ニ思エヌノウ…
  \

 /
  マッタクマッタク…
 \

       ___
     /   ヽ、_ \       なーんか他人って感じがしない連中だったお…。
    /(● ) (● ) \     なんでだお?
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |  l^l^lnー'´       |    なんにしてもキリシタンなんてロクなもんじゃねーお。
  \ヽ   L        /   ま、この十兵衛には係わり合いのない話だお。
     ゝ  ノ            とっとと柳生庄に戻るお。
   /   /

 十兵衛の柳生庄への帰郷の道中、どのような出来事があったかは歴史の闇の彼方であるが、
少なくとも現在、島原の乱と十兵衛を関連付ける記録は発見されていない。

 決して十兵衛が単身天草に潜入し、謎のキリシタン妖術とか使っちゃう奇天烈な騎士団とか
実は○○だった天草四郎と戦った挙句、××××の依代になったりとかしないのである。たぶん。
(荒山徹「柳生黙示録」好評発売中! ttp://www.amazon.co.jp/dp/4022509333 )

475 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:25:15 ID:sHX17w7k0
 ともあれ十兵衛は柳生庄に戻った。
おそらく、年が明ける前には帰り着いたものと思われる。

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
  ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v

     ェェェェェエエエエエェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNNiNト、
  NiNiNiNiii圭圭圭圭圭圭NNiNiN
  {エエ圭/ (⌒)  (⌒) \圭エエ} 
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/       代官!
     |     `⌒´     | ∩     今、戻ったお!
     \             / / 
       >            ./ 


   / ̄\
  |  ^o^ |   おかえりなさいませ
   \_/ 
   _| |_   えどで しゅうかくは ありましたか
  |     |

476 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:26:12 ID:sHX17w7k0

   / ̄\
  |  ^o^ |    たとえば まほうやぎゅうの なを
   \_/   へんじょう したとか
   _| |_
  |     | 

       ___
     /:::: u ::::::::\
   /  ○ 三 ○:: \    ────────ッッ!!
  /::u:  (__人__) :::::::\
 |   ヽ |┼┼| / u  |
 \    `――'´     /
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

478 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:27:19 ID:sHX17w7k0

_/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/
@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
l」/'' l」/'' l」/'| l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/'' l」/''   /
─= ‐                ┠─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |      おおお、お前、絶対分かってて言ってるお!?
─┨                 ┠─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |      そうに決まってるおーーー!!
─┨                 ┠─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |     \
─┨                 ┠─┠─┼─┼─╂─┼─┼─╂─┼─┼─┨|  |
━┫                 ┣━┣━┷━┷━╋━┷━┷━╋━┷━┷━┫|  |     /
//┃                 ┃//┃//////////┃//////////┃//////////┃|  |      やめて ください
━┛                 ┗━┗━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛|_|_     .しんで しまいます
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二   .\
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
──────────────────────────────────
:::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi:::::::::::::::::::::::::::::::,,|;;;;i|,|:フi
:::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/::::::::::::::::::::::::::::f----イ/
 ,,.,,.     ,,..    ,,..              ,,,,          ,,,,     ,,,,
                      ,..,         ,,..       ,,,
 __________
/               \
| あ、若様が戻られたな  | ____________
ヽ_  ________/ /                  \
   ∨              | またしばらく賑やかになるねぇ |
                  ヽ_  __________/ 
                     ∨

480 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:28:46 ID:sHX17w7k0

 そして年も明け、寛永十五年(1638)一月のある日…。


   / ̄\
  |  ^o^ |  わか えどから
   \_/  おきゃくじんが こられました
   _| |_
  |     |


              / ̄ ̄\/ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \    \
             /           、    、   んー?
           /           i     l   客人?江戸から?
        _/ 、  ,イ            /   誰だお?
       (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄

483 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:29:44 ID:sHX17w7k0

   / ̄\
  |  ^o^ |   またざえもん と
   \_/  なのっておられるかた ですが
   _| |_
  |     |

            _. -─‐-
            /      ─ \       …またざえもん?
          /  /   (< ) \     もしかして、茨城又左衛門かお?
         /   ( ●)  、_)   ⊂ヾ、
       |      (__ノ         |E ) コリコリ
       ヽ            _ノゝ ヽ
        >      ̄     `  ノ

484 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:30:30 ID:sHX17w7k0


                  /\     /|  /゙i
          \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
            \)'                    '(
            /                     \
          ヽ,)     十兵衛殿ーーッ!!     (,,r'
          /                        \
          ヽ                         ,r'
          _)    元気ですかーーーーッ!?   (_
          ,)                          (,
          /-、                      、-\
            /ヘ '"                   ヘ
          /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
                /   V | ,l ヽ|   V   ゙i


 BGM : ttp://www.youtube.com/watch?v=rmDWmWLfKVI&feature=related
.

485 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:31:07 ID:sHX17w7k0
_________                                ________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                               || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||        ,/     ,イ ,イ                ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||      /〈    ////                 ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||      / /  /| レ レ                    ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||     / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ.       ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.《》 ||     / /   l |  '――'''''' // .////   イ.゙   || 《》..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||    / /    l l      //  レ レ //.    ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||    //    Y     //     //.     ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||   /           /'"     /'"        ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||                               ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: .:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三二≡=-                          -=≡二三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
________||                               ||________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

488 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:31:31 ID:sHX17w7k0
                  ,.... -=……=‐-..、_,
               ,..ィ≦三ミミミミilililili彡ilハ、 
            、/三ミミミミミミミミミililililij彡彡ハ、_
            /ミ三ミミミミミミミミミilililililj彡彡彡'ヽ
          ./三三ミミミ三ミミミミミililililijj彡彡彡ニハ
          .,'三≦ミ/`:.≠ミミミミilililiilijjj彡'´¨ヾ三i
          j三三ミj: : :ーニ、_ニ=‐-‐=ニ二 __ニ !三{ 
        r、j彡ミ彡' ‐‐-..二、_ _ ̄_ _ ̄二メ-‐ 、゙ヽ:i! 
       .ハ ∨´: : : : : ;,______\ .; i i/ ____,;. Yヽ 
      j入 i!: : ,___、___..,`ヾ}}゙メ;: }:/彡´___..,;イ,/i
       !ゞ ノ: : :彡:^:ー`゙¨´<彡.:ヾ><:.:.ミ^ー`゙¨´<ミハ,′       十兵衛殿!
       ∨{: : : : :, -:.ニ二ニ___,,..<ト‐{=メ=三ニ--  !/        ご無沙汰しております!
        j__!\: : : ,.:´ ̄,...=‐''´:.:.、::{  !..、 ` ̄`ヽ  j!
        /`゙{: : :`Y;.:.:,..-‐‐''".:.ノー-{{....;;)-'、__`ー、 Yノ!         燃える闘魂、茨木又座衛門です!!
     r/  .:ヽ: :.人{.:.:(´:.:. ̄.:.:.:.:.:.:_.二._   ̄)} //′:.、
    ,../ !   .:.::::\{{ヾ\`:ー-=≦ィェェェェェュ≧≠.//:'   }、
  ,....//  ヽ  .:.::::::::\i!、.:\.:.:`ヾヽ- ニニニ-'ノ///:'   / ト、
´.:.:/.:{     \ .:.:::::::::::ヽ.:.:.:.:`.:.:.:.:`ー----‐'' 〃/:.:'   /   !:.:ヽ
.:.:/.:.:.i     \.:.::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´ ̄   /::'  /   i}:.:.:.:\
:./.:.:.:.:!         \.:.::::::::::::\.:.:.:.:.:.:...    /  /    /}.:.:.:.:.:.:.
/.:.:.:.:.:|          \.::::::::::i!.:ヽ..._____..ノ:../     ./ .j.:.:.:.:.:.:
               茨木又左衛門俊房
          .(いばらき またざえもん としふさ)


         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   初登場なのにBGM付きで登場とかどうなのこの人
   .|      (__人__)     |  
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

   / ̄\
  |  ^o^ |  でも かれなら このきょく でしょう
   \_/  
   _| |_
  |     |

490 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:32:29 ID:sHX17w7k0
         r--、_
        r´<ヽ、)
        `「 '  /
        `!  ヘ
.           l   !
          l   l
            l   ヽ、.._
           l   ヽ ヽ、
             lヽ、_   !  l`i         ,..---、
            `!. `ヽ....ソ´ !        _,ィ´`ー、 `ヽ
.             l          l       /ツ ......  ゝ.  !
             l       l    /` - '``  .!   .!
           l       l-‐、 ,!⌒ヽ l   ./   ,!
             l      /_ ノY `ー‐' '   '⌒) ノ
             l    ,../ ./´ ,ゝ、_    _,.=ニ´ l´
             l   r'-、ヾ,/  l_,..ニ=‐'´.    ̄!
              l r´`   li,r'"´       _,...-‐┤
               ! ヽ.   ,!     _,.-‐''´     ヽ、
                 l.l/ヽ  ,!、__,.r '´           ヽ
               i´,∧ /  `ー、              l
               ll l. ∨      `'´          l
               l'´  /                     l
                 /l ,ィ´                  l
            (/ l'´                     /
             `! l                    /
                 l l                   /
            ,r'´.ト、_________           /
               /   l _     ̄`ー-、__,、  /´
            l!    ll ``ー-、___     `ーノ
           /l   ./l       ̄``ー‐―l
             l .ト、,r'´ l            l
            l ,!   l               l
            l,!     l              /
           l!    l             l

 茨木又左衛門俊房、またの名を専斎ともいうこの人物は、
「起倒流」という柔術流派の祖として知られる人物である。

 正確な年代は不明ながら、寛永の頃には柳生門下に入っていたらしく、
宗矩の弟子として、十兵衛とも相知る間柄であった。

494 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:33:21 ID:sHX17w7k0
      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \     まあ、BGMはどうでもいいとして、
. | ( ●)   ⌒)   |   どうしたんだお、又左衛門?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /    
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


        rY''"""''''ー-ュ
       ノ rー‐--ィァ-i  〉
      /  /      `i〈
      |  .j   ー-、 r‐ ヽ|
      i' _,,.|  ' ⌒ |⌒ |L     いやあ、たまたま近くにきたものですから、
.      | |リ!'7 ,- ,.__!_, 、 |ヒ    十兵衛殿の御様子を伺いにきまして。
.      ヽY~ /.t====ァ ! ||
      ノ |   ゝー--イ  |そ    あと、せっかくなので、
     ミ_ /ト、     ー   イ´    この伝書を披露させて頂こうかと。
    rーイ /.  \ヽ     / ト-、
  r´ 厂ノ \. ゝL____j/  ヒァ`ー-、
  人 ゝ、       !    ノ    |
   \ \        /    /\

495 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:34:11 ID:sHX17w7k0
         ___
       /      \            どれどれ…って、
      /   _ノ  ヽ__\          これ、「乱目録」じゃないかお?
    /   (●) (● ) \   
    .|      (__人__)   |    __   何でお前が持ってるんだお?
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |


             ___
        ,r:'::::::::::::::::;;;::-、
      r'::::::::::::::::::::::;, ヾ::::i
     /:::::::::::::::::::::::::〃.   l
    r'::::::r' ヾ:::::::::r'    -、i
     l::::::::! ヽ,. 'illji!   -t ソ     ええ、実は但馬守様から頂戴しました。
    .i::::::ヾヽ       ..::!.ヽ 
   /r 、ミ  `         ノ -_)     由来を伺いましたところ、元は十兵衛殿が
 r-'、   ヽ   、    ': ,__j     沢庵和尚にそう名づけて披露されたと伺いましたので。
. i.    `ヽ、 ヽ ` -、.  ヽ ,! 
/        ヽ  ヽ   ヽ、   )
            ヽ ヽrく´ ̄ ̄

496 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:35:08 ID:sHX17w7k0

 この時、又左衛門が十兵衛に見せた伝書は、
「起倒流乱目録(あるいは単に”乱目録”)」と名づけられた柔術の目録であり、
元はといえば、柳生家に遺された題の無い伝書であった。

           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //                           |
    . /  //           乱目録             .|
    /  //  .                          |
    /  //                             .|
   ./  //                            . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ

 十兵衛がこれを見つけ、仮に「乱目録」と名づけて沢庵和尚に披露し、
自分の考えを述べたところ…

497 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:36:06 ID:sHX17w7k0
                                 Y
                ,. '"´三二二三`ヽ      _)
              /,ィ彡'"´ ̄  ̄ ``ヾミヽ     〈
              /   /    夢     ', ヽ    )
            /   /::(         ノ:::)  ヽ   く     では、この流儀は
              /   /く´‘`ヽ ',从,' ∠‘``',   ヽ ノノ 
          /    ハ´ ̄`フ.:;;;;;:: ヽ ̄`フ',   ヽ )    「起倒流」と名づけるがよいわー!!
            /    /     ,,   ,,      ',    〈
         /   /::、  /   .;;;;;;'  ヽ   /::ト、   〃
         ./   //:::::::; l /⌒ー一⌒ヽl ;:::::ト、V // 
        /   // 1:::::;  V.:ViiiiiiiiiiiiiViiV  ;:::::ト、V / 
      /   // ./.l:::::;. /l /´  ̄ ̄`ヽ  ;_ ___ノ      <へ/`ー ヘ、\
       /   // /  l::::; l | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ;::: ̄\    <へ/ ((_))   \_\
     /   // /   1::; | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ;::! i i 弋 <へ / ((_))       ( _(
.     /   // /   / l:::;.   |WWWWWW!  /1 | | _ノ  / ((_))    ((_)) //<
    /   // /   / .|ヾ、  L二二二ニノ / | | |  ヽ  ) /    ((_)) //へ〃
.   /   // /   /   |(__ノ\ /xxxxxヽ/   /! ! !  ム/// _((_))  //へ〃
.      // /   /  ノ  ',  l}}}}}}}}}}}}}  /| | | | ./////   //へ〃
     // /   /  ハ:::::::::.\ V´ ̄`Vく/ .ノ⌒i//////>⌒` ̄
.   // /   /   l  >.-、/   ヽ  /(_ ノ//////
   // /   /    |/ /      /////(´`Y //
  .// /   /    V   〉   '"´ ///(´ヽ(`ヽi.  i/
      /    /  〈   _ -<///, \ ヽ ヽ ノ
                   ////( `ヽヽ_人_ノ
                 //////ゝノ

 と、和尚が即座に命名した事で、
この伝書の目録の流儀は「起倒流」となったと伝えられる。

499 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:37:32 ID:sHX17w7k0
 そして、この伝書は宗矩が預かる事になったらしく、
寛永十四年十二月、これを授けられたのが茨木又左衛門であった。

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\         又左衛門、お前にこれをやる。
             |  (●)(●) |        俺から奥書も書いておくだろ。
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____    あと、新陰流の目録もやるから、
       , --'、             /         `〉  これからも精進するといいだろ。
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

                          _,...---、_
                         _,.-'"´       `ヽ、
                      ,r'"                ヽ、
                    /                    ヽ
                 ,r'  ,r'"`ーー--、,,,.._  _,,r、_   ヽ
                     ,!  l         "´   ヽ    i
                    l   ,i        ......__ _  i   !
                      i   !  ニ二二二 -‐ニニ-、 ヽ   `!    アリガトオオオオオオオォォォォッッ!!
                   トi  !  _,,,,,,_   ´ ̄,,,;;iiliii、  ヽ ri!
                 l.`! !  " ____` -!--r ",、-,-、_彡_ ! ( l
                   l lll! ゛'´=`´`!)  ヽ 三 テー--、`'´ l
                     ヾl '"´"  ̄フ´   ,i、`´  `ヽ、 ri'ヽ、._
            __,.-‐ '"´ ̄`!   / !、     ,.iヽー、  i   ll   ヽ、
           /´        i   (´ 、 ` ー '´ __,..r ! !  l      ヽ、
             /             ヽ. ` `ヽ ̄ ̄ ̄ ,.-'´ ,!   /        `ヽ、
.           /           ヽ  、ヾ ー‐'´   /  ,r'               ヽ、
          l              ヽ    ー‐ '´ /  /               ヽ、
.         ,!          ,r‐-、./ヽ、       ,r'                   ヽ
        /          ,.-!  lヽ r‐'´ヽ____,..ィ                    ヽ、
       ,r'         r'´   ヾヽ、ゝ  l lヽ、/                        i
       i         ,.-'´     :.   ,!    !イ /                           i
      r'        i  、 ` 、  ::     ,! !./                         l
      r'            !、      :     / .l/                               l

 この時、宗矩はこの乱目録に、

 『兵法の鍛錬を以って自由分別、乱起倒流と相定候儀奇特神妙神妙、
  今に到てこれ無き義別して感じ入し也
  寛永十四年丁丑極月二十九日、茨木又左衛門方へ遺す 宗矩』

 と奥書を記し、また、新陰流の兵法目録も与えている。

500 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:38:26 ID:sHX17w7k0

        rY''"""''''ー-ュ
       ノ rー‐--ィァ-i  〉
      /  /      `i〈
      |  .j   ー-、 r‐ ヽ|
      i' _,,.|  ' ⌒ |⌒ |L      …という経緯でしたので、
.      | |リ!'7 ,- ,.__!_, 、 |ヒ     十兵衛殿には話を通しておこうかと。
.      ヽY~ /.t====ァ ! ||
      ノ |   ゝー--イ  |そ    なので、よろしければ、
     ミ_ /ト、     ー   イ´    十兵衛殿にも一筆奥書頂ければ…。
    rーイ /.  \ヽ     / ト-、
  r´ 厂ノ \. ゝL____j/  ヒァ`ー-、
  人 ゝ、       !    ノ    |
   \ \        /    /\
   _,,,,,,,--――⌒⌒――--,,,,,,_Φ
      r---――――――-ュ


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\     顔に似合わず、几帳面な事だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まあ、そういうことなら、書くのは吝かじゃないお。
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

501 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:39:28 ID:sHX17w7k0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \  
     /  ─   ─   ヽ   ええと…『親ニ而候者相伝之目録書…』
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こうして、『起倒流乱目録』には、宗矩だけではなく、十兵衛の奥書も記されることになった。
その記載は以下の通りである。

  『親ニ而候者相伝之目録書我に相違無之者也

   寛永十五年 柳生十兵衛三厳
   戌寅正月吉日 三厳(花押)

   茨木又左衛門殿』

502 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:40:31 ID:sHX17w7k0
               .....::::::::::──:::::..........
.             /:::::::::::::::::::/::::::::::____:::\
           /:::::::::::::::::::::::::;ィホ孑"⌒ ̄¨ミメヘ
          /::::::::::::::::::::::::::/:::::::/;ィ :::/ ::::::::!::::::::::':,
          ,'::::::::::::|:::::::::::::::| ::::/:/ |:::/ |::::::/|::::::::::::::::.      なお、この時、本当に茨木又左衛門が
.          '::::::::::::::|:::::::::::::::|:::/:/ `|人|:;' |::ト;:::::::::: l     柳生庄に来たかどうかは定かじゃないの。
         | ::::::::::: |:::::::::::::::l/行テメ、 レ′ |;斗v::| :::|    
         | ::::::::::: |:::::::::::::::| 弋 ソ     ィ=-j/| :::|      でも、寛永十四年の十二月に宗矩の奥書を受けて、
         | ::::::::;Ⅵ:::::::::::::::! ,,,,,,       ヒリ j:::::|     寛永十五年の正月に十兵衛の奥書も得たなら、
         l :::::八-|:::::::::::::::|         '  ,,,,,, ,::::::|     妥当な線としては、
         |::::::::::::`|:::::::::::::::|     -‐ 、    ,:::::::|
         | ::::::::::: |:::::::::::::::|              ノ ::::::|      ① 又左衛門が江戸から柳生庄に出向いた
.          八:::::::::八::::::::::::::|> ..      .. <:::::::::::|      ② 実は十兵衛はこの頃は柳生庄に戻っておらず、
          / ::::::::::::::::∧:::::::::::|__  ≧y‐<:::::| ::::::::::::::|        又左衛門は江戸で宗矩と十兵衛それぞれに奥書を貰った
       /::::::/⌒ヽ- ヘ:::::::::|  ̄テメx;;_ :::::/|:::::::::::::::|
.      /:::/       ∧:::::|  _  ||/:::::/ .| :::::::::::::!       のどちらかになるんだけど、
      //           ∧:::|'⌒ \|||::::/  |:::::::::::::;       別の記録では、十兵衛が柳生庄に戻っていることを
.    ノ"         !   Ⅵ    `マI⌒`゙|リ|:::::::/      示す記載があるので、今回は①を採ったわ。
    (──- ,,     |   `}    ,ム  ,ノ| | :::/
    /::\      \    |    |     / | ∨  | |::/        又左衛門がこの時、どういう身分だったかは明確ではないけど、
  /:::::::::::X      \ ノ    人  /| i|  Ⅵノ j∧        もしかすると、宗矩の依頼で十兵衛の様子を見に来た…という
 /::::::::::::〈      ヽ/      `´  | i|  | i|/ \ヽ、     可能性も無くもないかもね。
/::::::::::::::::::}    | 丿           | i|  | i|   i }

505 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:41:29 ID:sHX17w7k0

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )    ホイ、できたお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   そういえば、お前と一緒に和(やわら)を研究してた
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/   七郎右衛門はどうしてるお?
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


     ノ;;;;シシ;;;;;;シ;;;;
    (;;;;;シ シ;;;;;;;;;;;;;;;   
    ((;;;;;k'''''''' シ;;;;;;;;   
    シi   : : : : :ミ;;;;;;;;  
    ノ : : ,.: : : : : :ミ;;;;;  
    (_ _ノ__‐: : : : : :.     七郎右衛門…福野殿ですか。
     > 'Yノ: : 彡: : :  
    / .:::ー‐′: : : : :   
   ノ r.. . . : : : : : : :   
  (_つー-'つ、: : : : :   
    レニ=' yノ: : : : :    
    >FFF,/: : : : : :    
    [ニ~TtY,: : : : : :   
     >: :j:ζ: : : : : :    
    ノ    / : : : :
    i   /::::::::::::::::
    |___,/ツ'''''''ヽ::::::

506 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:42:35 ID:sHX17w7k0
                  ,,              ,,.    ,.
         .        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
         .       /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
         .      i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
         .        i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
         .         i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
         .        i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
         .       i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
                i:::::::::::::::/  i::/        /
                 i:::::::::/     i/     i   ./
                 i::::::::i           |  .,/     '‘
         .          i:::::::i           |  //, /
         .        i:::::::i           | .// ./
                 i:::::::i           |//// ;..
         .          i::::/         、_,ノ   て
         .         i/          ノ      ゝ、_
                            /ヽ /^\ヾ⌒ `
                           /  |i|   `\
                          ,   |i|     丶
                             |!       .\
                             |!        、
                             |

507 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:42:59 ID:sHX17w7k0
                  ,.... -=……=‐-..、_,
               ,..ィ≦三ミミミミilililili彡ilハ、 
            、/三ミミミミミミミミミililililij彡彡ハ、_                /\     /|  /゙i
            /ミ三ミミミミミミミミミilililililj彡彡彡'ヽ       \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
          ./三三ミミミ三ミミミミミililililijj彡彡彡ニハ         \)'                    '(
          .,'三≦ミ/`:.≠ミミミミilililiilijjj彡'´¨ヾ三i        /                     \
          j三三ミj: : :ーニ、_ニ=‐-‐=ニ二 __ニ !三{      ヽ,)                       (,,r'
        r、j彡ミ彡' ‐‐-..二、_ _ ̄_ _ ̄二メ-‐ 、゙ヽ:i!      /                        \
       .ハ ∨´: : : : : ;,______\ .; i i/ ____,;. Yヽ     ヽ  …福野正勝さえいなければッッ!!  ,r'
      j入 i!: : ,___、___..,`ヾ}}゙メ;: }:/彡´___..,;イ,/i      _)                       (_
       !ゞ ノ: : :彡:^:ー`゙¨´<彡.:ヾ><:.:.ミ^ー`゙¨´<ミハ,′    ,)                          (,  
       ∨{: : : : :, -:.ニ二ニ___,,..<ト‐{=メ=三ニ--  !/      /-、                      、-\ 
        j__!\: : : ,.:´ ̄,...=‐''´:.:.、::{  !..、 ` ̄`ヽ  j!        /ヘ '"                   ヘ
        /`゙{: : :`Y;.:.:,..-‐‐''".:.ノー-{{....;;)-'、__`ー、 Yノ!      /  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i  
     r/  .:ヽ: :.人{.:.:(´:.:. ̄.:.:.:.:.:.:_.二._   ̄)} //′:.、           /   V | ,l ヽ|   V   ゙i
    ,../ !   .:.::::\{{ヾ\`:ー-=≦ィェェェェェュ≧≠.//:'   }、
  ,....//  ヽ  .:.::::::::\i!、.:\.:.:`ヾヽ- ニニニ-'ノ///:'   / ト、
´.:.:/.:{     \ .:.:::::::::::ヽ.:.:.:.:`.:.:.:.:`ー----‐'' 〃/:.:'   /   !:.:ヽ
.:.:/.:.:.i     \.:.::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´ ̄   /::'  /   i}:.:.:.:\
:./.:.:.:.:!         \.:.::::::::::::\.:.:.:.:.:.:...    /  /    /}.:.:.:.:.:.:.
/.:.:.:.:.:|          \.::::::::::i!.:ヽ..._____..ノ:../     ./ .j.:.:.:.:.:.:

509 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:44:09 ID:sHX17w7k0
               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \    …へ?
    |  | |        (__人__)   |   ど、どうしたんだお一体!?
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \   (何か地雷でも踏んだのかお?)
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ


 ,:r''  _,, :-‐  ヽ、  ヽ / ;r  _, !
  ,r ''"  _,,,,::-―、ヽヽ ソ/ ,≦テ l
   -‐ ''"゙゙~´  ̄ `ヾ )゙'〈 ヽ、,,ノコ       …スイマセン。
     、ェ==ァ  ,r'ノ´`ix=='フ      言ってみただけです。
 -ェrニテア'´ / ,rァr==i-'^i `~>f 
 二>、,,_,,ノ/〃r'^` r'' ^ヽ l! l、、      元ネタ的に。
  ノ _,:r‐ '';",ィ" ,ノ'ー-(,,_ノ〉 !/ヽ`゙'''ー‐-- 、、 
ヽ- 、   ノ/ ,r'"   __,, rァリl/!:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``':.ヽ、
   `ヽ,f /   ,ノ,r'ニフj l/ ヾ:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     ヾ ト-- <二二..ノ リ  〉:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
`ヽ、   ヽヽ          l  ,∧:.:.:.:.:.:/:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:

511 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:45:10 ID:sHX17w7k0
       ____
     /      \
   / ─    ─ \     そうかお…。
  / -=・=-   -=・=- \  で、どうなんだお?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


             ___
        ,r:'::::::::::::::::;;;::-、
      r'::::::::::::::::::::::;, ヾ::::i
     /:::::::::::::::::::::::::〃.   l
    r'::::::r' ヾ:::::::::r'    -、i     いや、元気にやってるようですよ。
     l::::::::! ヽ,. 'illji!   -t ソ
    .i::::::ヾヽ       ..::!.ヽ     私と起倒流を立ち上げた後、
   /r 、ミ  `         ノ -_)   寺田平左衛門という門人に、起倒流の技を教授しているようですね。
 r-'、   ヽ   、    ': ,__j    そちらでは福野流とも称しているようですが。
. i.    `ヽ、 ヽ ` -、.  ヽ ,!
/        ヽ  ヽ   ヽ、   )
            ヽ ヽrく´ ̄ ̄

512 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:46:07 ID:sHX17w7k0
           ___
      ,,r''彡三ミミミミジヽ、
    /ミミミミミ,r‐==ミミミババヽ、
   /ミミミミミi  --、 ``ヾミミミ≧、、
  ./ミミミミミミノ -‐‐-`''ヽ `゙ヾ彡、i
  |ミミミミミ/´  .-‐、 `゙ヽ、ヽ、_. ヽ
  !ミミミミノ´       ゙ヽ、 ` ‐-、__ |
 /^ヾミj´:::::  -=、、   :::!     `ヘ
./ ノi::::.i:::::   ` ヽ`   ::  / ̄ヽ, ノ
ヽヽ!:::〈::::           /::__    |     フォフォ…。
 ヽY:::ヽ:::      .r‐   i 、_.`ヽ  ノ    私と又左衛門君…どちらが起倒流の開祖か…?
  し::::::\    ,,ノゝっ、 ヽ、  ,-' 
 /:::|:::::::::::i /゙´´    ヽ -‐'   !       さて、真実はどうだろうねぇ…。
ノ:::: ゙i:::::: i .i =-、_,,=、_  i   丿    
´:::::: |ヽ::::  ` ::...ヽ;;>‐----‐┴┬rニヽ
:::::::::: i ヽ;::  ,  :::::゙ヽ___ノ_ム_,!_こノ. 
;;;;::::::: |::::::ヽ:::i -‐‐-ヽニノノ/
;ヽ;;::::::|::::::::゙ヽ、      /
:::ヘ:::::::|:::::::::::::ヽ     /
;;;:::ヘ:::::i::::::::::::,-`ヽ、__/
::::::::\::::::::::::   /
   福野七郎右衛門正勝
(ふくの しちろうえもん まさかつ)

 福野正勝は、宗矩(あるいは石舟斎とも)の門下で新陰流を修めつつ、
「良移心当流」という柔術流派を創始したという。

 この良移心当流の伝書は元和八年三月の日付の物が柳生家に遺されており、
先の起倒流乱目録と共に、十兵衛の柔術研究の際の参考資料となったという。

513 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:47:33 ID:sHX17w7k0
   .,illllllllll°    x,,,,,,,.,,,,r‐     ゚!lllllllli,
   .,llllllllllll.,,wwu_         _,,,,wx,,、lllllllllll,
   llllllllll!゙丶   ``''・  .ー‐'"`     .゙!lllllllli,
  ,llllllll’.,,,liiiiiiiiiiil,,,,,       ,,,,iiiiiiiiiiil,,、.゚゙llllll
  .illlll!゜、'.゚ ̄`  ゙゚゙ll,、    .,ll″   `゙ト .l!lll
  .llllll、,          ゚l,、   ,ケ           lllll
  .lllll,l_,m.,,,,,,、.,,_、  `         ,,,,,,,,,,,,,,、_ .,lll|
 .,illlll゙l≡゙,,゙⊆⊇゙゙″           ゙⊆⊇゙゙~'ミキillll丶
: ,llll,lll.゙゙゙`-."''''''″   .,/,      ~゚゜` "   ゙!ll   l,
..ll゙,l/゙ ゜       ,ノ″            'llll,  l
.| l|′       ,,if!lll!!゙゙゙‐'・・ .- , 、       .l|l ll
.ll |          ,〈,        ,,_,l,、      ,l゙,,l
.ll,,゙ l,     _,,,,ノ ゙゙゙゙ヽ,,,,_,,,,,,l/!゙゜ \_,,,、    ノ゙,,l
: ゙゙llllヽ,  ,,ll゙~`       ̄"゙|″     ヽlq .,/゙’,l
  ll,,l l,,. |` _     _,,,_ .,,"__      l .,l゙ll,_,l′
   ゙゙|'!i, ゙ l,, .l(,,,, -=-´⌒=-´ ̄`ー,,,,,_,_),l".,/.l |゙’
   l  ゙l,,.ヽ ゙゙l~l l~/~,ll⌒l⌒l~ l l ノ゙゜/゜,√ ゙l|
   ゙l 、゙゙l, ゙l,  `ヽ`- ┴,┴.┴‐┴´, / .,i/   |
   ,l゙|,,  〉、゙l、    ̄`~´ ̄     〈l゙`,lヘ .,/l、
   l`゙゙!,/゙ l,.'l、           ノ「./ .l/ '゙i,
   .ll  ゙l,、'ト ,           ll ケ ./  .゙l,, 、
   .l   ゙l,、 |             ,il°   .゙l,、
   .|    .lト .゙‐               l′   .゙lr

                  ,.... -=……=‐-..、_,
               ,..ィ≦三ミミミミilililili彡ilハ、 
            、/三ミミミミミミミミミililililij彡彡ハ、_  
            /ミ三ミミミミミミミミミilililililj彡彡彡'ヽ 
          ./三三ミミミ三ミミミミミililililijj彡彡彡ニハ  
          .,'三≦ミ/`:.≠ミミミミilililiilijjj彡'´¨ヾ三i 
          j三三ミj: : :ーニ、_ニ=‐-‐=ニ二 __ニ !三{ 
        r、j彡ミ彡' ‐‐-..二、_ _ ̄_ _ ̄二メ-‐ 、゙ヽ:i! 
       .ハ ∨´: : : : : ;,______\ .; i i/ ____,;. Yヽ 
      j入 i!: : ,___、___..,`ヾ}}゙メ;: }:/彡´___..,;イ,/i  
       !ゞ ノ: : :彡:^:ー`゙¨´<彡.:ヾ><:.:.ミ^ー`゙¨´<ミハ,′
       ∨{: : : : :, -:.ニ二ニ___,,..<ト‐{=メ=三ニ--  !/ 
        j__!\: : : ,.:´ ̄,...=‐''´:.:.、::{  !..、 ` ̄`ヽ  j! 
        /`゙{: : :`Y;.:.:,..-‐‐''".:.ノー-{{....;;)-'、__`ー、 Yノ! 
     r/  .:ヽ: :.人{.:.:(´:.:. ̄.:.:.:.:.:.:_.二._   ̄)} //′:.、
    ,../ !   .:.::::\{{ヾ\`:ー-=≦ィェェェェェュ≧≠.//:'   }、
  ,....//  ヽ  .:.::::::::\i!、.:\.:.:`ヾヽ- ニニニ-'ノ///:'   / ト、
´.:.:/.:{     \ .:.:::::::::::ヽ.:.:.:.:`.:.:.:.:`ー----‐'' 〃/:.:'   /   !:.:ヽ
.:.:/.:.:.i     \.:.::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´ ̄   /::'  /   i}:.:.:.:\
:./.:.:.:.:!         \.:.::::::::::::\.:.:.:.:.:.:...    /  /    /}.:.:.:.:.:.:.
/.:.:.:.:.:|          \.::::::::::i!.:ヽ..._____..ノ:../     ./ .j.:.:.:.:.:.:

 そして、起倒流については、寛永年代に入って後、
明より訪れた陳元贇に拳法を学び、これを元に、又左衛門と共に立ち上げたという。

 こうして創始された起倒流は、後に天神真楊流と共に講道館柔道の基盤となるのである。

515 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:50:08 ID:sHX17w7k0

                                              ,.   ´ ̄ ̄¨   、 
                                         /             \
                                        /    / /      / ,ハ
                                           '     / | /l|  ,/| /ト、 '.
 へー、開祖が二人いる流派って珍しいね。              |     ′ .iメ、ノ iノ レ| |
文を読んだ感じだと、福野の方が    .       ,r 、      |   |   |x=ァ ミ、  , -‐} ! 
年上っぽく感じるけど、実際どうだったの?......  /  '^^^ヽ   |l|  !   !弋イり   ィテア'リ
                               |     r 〉   | l|   | `¨   _ , `¨// 
                               |    /'′   ムト、 |    r‐ァ   ノ″
                              }   ,ノ       }三ニ=-ゝ、 ` . イ/ 
                              |   |- 、      _Уニ三ア三ミ< /
                            /}三三ア|   ////≫=ミ、    》 
                             | :..|¨ア"  |   /'////   || \ 〈′ 


        |::::|::::::::|::|:::::/|::::ハ:l::::::|::::|ヽ::::l:::::::l::::::::l:::::|
        .|::::l::::i::::|::|:::/ |:::,' |゛:::::ト:::| l ::::| ::::::|:::::::|:::::| 
        l:::::|::::|::::|イ--|ト|、_ .| 、:::|、::|---|-l:l::|:::::::|:::::|         実を言えば、起倒流や良移心当流の立ち上げについては、
        |::::|:::::|:::| .V____|    ヽ| l:| ___'____|ハ:::|::::l:::|        諸説があって、どれが本当かは若干不明なところがあるの。
         l::|::::::l:::| ´r'//T      ´ r'//T  |:l::::|:/
        V:::::::l:::| ゝ--'       ゝ--'  |::l::::レ         良移心当流も福野と又左衛門が共に立ち上げたとも、
         ,}:l:::::l::| ヽヽヽ   '    ヽヽヽ |::l::::|         起倒流自体は又左衛門が開祖で、
         !:::l:::::::|、       __      ,ノl:::l:::::|         福野はその跡を継いだとも、様々に言われているのよ。
        ,!:::::l::::::|::` 、         ,....:'´::l::::|:::::::|
        !::::::::l:::::|:::::::::::::`゛i_‐ - ‐ 'i:´::::::::::::l:::::|::::::::|         お互いの年齢や関係も不明なところが多いから、
        .!:::::::::::l:::|::::::::::::} ̄`.ili´ ̄ ̄{:::::::::::l::::/::::::::::|        この辺りの部分もハッキリしないところがあるのだけど、
        !:::::::, -ヾ::::r---―-、tt,.---<二r,/:/::____::::::|        なんにせよ、両者がお互いを知ったきっかけは、
       !::/  ヽヾ、    ,.|__i´´    / }/   ヾ:|       柳生門下に入っていたことであろうと思われるわ。
       ,!/  l   |、ヾ,   ,イ Tl、    / /   ./ ヽ
     /   | |  |_,. , X'/ / || | ゝ、   /   |/   l|        その意味では、現代柔道の成立までの歴史には、
    ,<     Y   L____/ /____.||__| |__,>'   |     ヽ      柳生も関わっていた…なんて言えるかもしれないわね。
    ヽ ` ー-,.|     / /     | |      |   _____> 
     ,∧    |    / /     .| |      ト- '´   /,
    /:::::::{  二=,|   ー'       ー'     ,'     /:::::|
   /:::::::::/    |                 ,.'     {:::::::|

519 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:51:40 ID:sHX17w7k0

 また、同じく柳生と関わりのある柔術流派として、「柳生心眼流」がある。

                  ______
              , .::::V´ `ヽ`::、
                 ∠⌒ i⌒  .\\:、
            /⌒^7 トヘ. \\\\_   ,         先に神眼流、首座流、神道流、戸田流なんかを学んだ後、
              | / i !レベ、、\\`マ(           但馬守センセーに新陰流を教わって、
              |ノj{ i八  !}x收アヘ瓜ハ           「柳生心眼流」の名乗りを許してもらったって話さ。
            /|{ 八 i垰斥`⌒"″ |リ川.
               jハ}从刈^´ハ_    ,小从:、          地元(仙台)でも定着して、
               ′i\ `-‐ /| | |{い}==xァ======  結構な人数が入門してるんだぜ?
                     ノ}从>、. ィ | { リ: :{ニニ|{: :/: /:
                  ___/:{/ぃ ∨ .' /: : }ニニ|{/: /: /
              ,, ´: : 7: :/ !}} } /,/: : /ニニ从/: / /
             /: : : \《_;//从⌒マ^ヽ;/}iニニ∧V :/: : :
            / : : : :\ /乂,巛 ‘%cc〆/ }{ニニ∧V: :/ :
         i{ : : :\: 〃二》》ヘ.  |   / jに二ニ∧∨: /
         ||: :\: :〃ニ二ハ《  \l_/   |{ニニニ二>、く : :
         |l:\: ∨!ニ二二)《ヽ\    /||ニ二二xッ介x._
         ||丶:∨小ニ二二人.`、 \ //リ[广二¨二三三
         |L ;ノイ八ニニニ二\\,_//ニニニニニ二三
          j厂}}二三》xニニニニ二兀}二ニニニ=彡'ニ三
         /: : {{二二三》>こ二ニ=-‐》'⌒^ニ=-‐=ニニ二三
          | : : }}二二三从ニニニ二》-‐===‐=ニ二三jj
        ノ : : リニニニ/ 》二二-‐〃^⌒二二三三三〃
         {/〃 二三/  {iに二二_》 -ニ二二三三{i三{{
       ,ノ: 〃ニニニ/  }}}二二ニ《 -ニ二二三三}}三}}
        {/j{二二三{  {,{{二二⌒》二ニ=ー-=ニ三{{三{{
       /: : }}ニニニ三}  },}}ニニニi{ニ二二三三三}}三}}
       ,' : : {{ 二二三{   {i7777亢㌻77777777777リ
       { : : {{ニニニ三ノ  ノ≧===============ァァラ《
                 竹永隼人兼次
             (たけなが はやと かねつぐ)

 仙台藩士、竹永隼人兼次が諸流派を修めた後、江戸に出て宗矩門下に入り、そこで新陰流を修め、
宗矩の許しを得、「柳生」の名を冠した一流を開いたという。

522 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:53:22 ID:sHX17w7k0
 

                           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

                       :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:

                 :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

           :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

.

523 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:53:56 ID:sHX17w7k0

         ____
        /― ― \ 
      /(●)  (●) \     …と、まあ大体こんな感じでしたお。
     /   (__人__)     \   又左衛門が帰った後は、特にこれといったこともなく、
      |    ` ⌒´      |   いつも通り新陰流の稽古と研究に明け暮れしておりましたお。
      \           /
      /          \


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      なるほどな。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     まあ、女装以外にも特殊性癖があったなどとわかれば、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     流石に但馬の奴にも言っておかねば後々が面倒になりそうだからな。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     手間が掛からんのはいいことだ。
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

525 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:54:57 ID:sHX17w7k0

            / ⌒`"⌒`ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\         お願いですからその話は勘弁してくださいお。
          /,//::         \  
         ;/⌒'":::..          |⌒ヽ     これが十兵衛より強い姉に強いられたとかならともかく、
       /  /、:::::...        /ヽ_ \   自分の趣味だからとかになったら、江戸の町を歩けませんお…!
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"



       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 - ゝ イ - ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      どっちにしてもダメな気がするが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     このようなことを言い触らす趣味は無いわ。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ     安心せい。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\ 
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

526 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:56:00 ID:sHX17w7k0
     ____
   /      \
  /  ─   ─\      ありがとうございますお…。
/    (ー)  (ー) \    しかし、十兵衛のことばかり話すのもナンですし、
|  u.    (__人__)    |   江戸の方で何か変わったことがあれば、教えて欲しいですお。
/     ∩ノ ⊃  /  
(  \ / _ノ |  |      できれば、うちの家絡みの話だと有難いですお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |      江戸の方でか。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     話題としては島原の一件で持ち切りだったが、
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     それ以外に柳生家絡みとなると、そうだな…。
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

528 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:56:57 ID:sHX17w7k0
           _,,、....... --........,,,
            ,/゙,.. -―ー ,,   `'''-、、
          / /   、,,,   .`'-、    \
         / /   .ll夢i_、   .ヽ.    ..ヽ
       / . /     "      ,i"<    .ヽ
     / . i',,            ,, ;;ソー'''ッ',     \
     ,'  l;:;:,゙;;iii- 、    ,i.l二rミ';;./ i',      `ー
    . !  ,!;|,'..,;{゙l_,/./    .`''T゙゙´  " .|
    !  .!゙"  ̄゛ ′             ,...!          ああ、六月頃だかに、
    .,!  .!       _,,,,,.      /´;:;:|         但馬の奴が上様相手に兵法のことで臍を曲げて、
    .l゙  .l'ー、 .、  ゙‐'ニ>-, .l  .|;:;:;:;:|         一月程、拗ねて出仕せずにおったことがあったな。
    .l  .|;:;:', !', /ニ',;;二ニコ;.l.,l} .!;:;:;:;:} 
    .!   !;:;:.! .',゙ゞ゙'";:;:;:;:;:;:`゙;:;:;〈. :!;:;:;:;:l゙
   |  .l;:;: l l';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,,;:l''、.l !;:;:;:;|
    |   .!;:;:;',.|;:l',;:./''''''"゛ `| l;! .|;:;:;:;|
   .|    .l;:;: ! l}',′    │ ゙l .l;:;:,i|
   .!    . l;:;:;l │ヽ   ._,,,./  ゛ .l./ .!
   |     .',-.l ′ `゙´      /   !
   l      l \、      . ,/   !
   .,!      .l   `''ー----‐'´     l
   .!       !                 ゙
   !       ."
  .|


       ____            ____
     //,;'::;;;;;:、\         /     \
    //,ィ':::::;;;;;;;;;;;;;、\      /       .\      ─    ─
  //,ィ';;;;;;;;;;;餡;:::::;;;;;;、\     /   (:::::)_(:::::) \    ○   ○
  | | イ;;;;;;:::::;;;;子;;;;;;;;;;;;;;;;} |   |     (::::::::::::)   |    (__人__)
  \\ `;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;イ /    \     |::::::::::|  ,/      トェェェイ
   ノ ノ イ;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;'、 \    ノ    `ー'´    \      、ェェ/
 /´              ヽ
 |   l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

531 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:58:32 ID:sHX17w7k0
               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \      あ、あの父上が!?
    |  | |        (__人__)   |    よりにもよって上様相手に拗ねて出仕拒否とか、
    |  | \       |r‐- l u./     和尚、そりゃ冗談にしたって笑えませんお!?
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| | 
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       冗談も何も、事実なのだから仕方なかろう。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      あれはなかなか笑えたな。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

535 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 21:59:56 ID:sHX17w7k0

 『どういう話だったかはわからんが、兵法上のことで、
  但馬が上様相手にかなり強めの意見をしたらしくてな…』

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ    
     l/   く   \  
     |     \  \
      |    |ヽ、二⌒).

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`     u.     __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

536 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:01:35 ID:sHX17w7k0

 『結局、話がまとまらないまま終わってしまったらしくてな。
  そうしたら但馬の奴、拗ねてそのまま引き篭もりおったのだ』

     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)    ち、父上!
  .|::::::u:::   (__人__)   如何に兵法上のこととはいえ、
  .|:::::::::::::   |r┬| |   .出仕せずに引き篭もられるなど、一体どうなされたのですか…!?
  ヽ::::u:::::::   `ー'./ 
  /::ヽ:::::::::::    ノ     このままでは上様の御勘気を蒙るかもしれませんよ!
  /::::       く 
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)
    柳生主膳宗冬
(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)


              / ̄ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \/ ̄ ̄ ̄\
             /           、       、    し ら ん
           /           i        l
        _/ 、  ,イ               /    わし、ぐあいがわるい
       (     )_/______ノ____ノ
       ̄ ̄

538 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:02:57 ID:sHX17w7k0

 『仕方がないので、俺からも但馬の奴に意見したのだが…』

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      但馬…お前にしては珍しいな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|     いつもの世渡りはどうした?
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\ 
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ⌒  ⌒ \) ;;;;)
    |  (-)(-)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|     世渡りのう…。
    | ./´ニト━・' .l    わしゃ何とも思っておらんよ。
    | .l _ニソ    }    .これは上様次第のことじゃからの。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

539 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:04:16 ID:sHX17w7k0

   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }     わしゃ疚しいことなんぞ何もないぞ?
         |     | | | }     まっすぐなもんじゃわい!
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |     …ふむ、そうか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|    (こりゃ上様次第だな)
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

 『まるで自分の意見を変えず、しまいに大笑いする始末だ。
  なかなか珍しいものを見たものよ』

540 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:05:23 ID:sHX17w7k0
        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \      そ、それで、柳生家はどうなったんですかお?
   / u   (__人__)   \   再出仕の前に家が潰れてるとか冗談じゃないですお!?
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |       落ち着け馬鹿者。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|      もし取り潰しなんぞになっておったら、
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ     .今、このようにのんびりしておれるものかよ。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |       話は最後まで聞かんか。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

543 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:06:49 ID:sHX17w7k0

 『結局、この件がどうなったかというとな…』

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|    但馬の奴が
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|   あのように引き篭もって顔も出さんようになるとはな…。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.    -ー-    /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、_ゝ  イ_ノ| |   
//イ    / /::::、  '´  `  '|| |    珍しい事もあるものですな。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

544 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:07:52 ID:sHX17w7k0

  そだ  |                i,
  れが  |ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
  が   |      ,リ|}    |. }
  い   |          ′   | }   に
  い   |∠ニ'==ァ   、==ニゞ<  や
  !!    /}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|   っ    但馬の奴も、
\__/゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|       たまには子供染みた振る舞いをするのだな!
 .    ヽ.ヽ        {:.    lリ       これはこれで面白い!
 .    }.iーi       ^ r'    ,'
      !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ'  /         和尚、但馬の奴に、
 .   /}   \   二"  ,イ         「俺が悪かったから機嫌を直して出て来い」と伝えてくれんか?
  __/ ∥  .  ヽ、_ __/:::|\


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |     承知仕りました。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'   イ 、|
 /   /  |::::::| │ r---ヽ:;/ | |ヽ
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /     ;|/ | |\
  /  / / ! \| |      ./!  ! |
 , /  / / |┐ \ `─彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

546 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:09:26 ID:sHX17w7k0

 『上様が但馬の機嫌を取られたのでな、
  但馬の奴もへそ曲がりを直して、のこのこ出仕しおったわ』

         / ̄ ̄\
       /    ⌒ ⌒
       |    ( ⌒)(⌒)
       |     (__人__)    上様…この但馬のお言葉をお受け止め下され、
         |      `⌒´ノ    嬉しゅうございますぞ。
         |         }
         ヽ        }      それでこそ天下の将軍家でございます!
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ     ハハハ、こやつめ。
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ    俺もお前の顔を久しぶりに見て、いつも通りで安心したぞ。
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^    ム'′    
        .ト   ヽ二二二フ .,イ
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙

548 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:10:25 ID:sHX17w7k0

 『そして、後はいつも通りの主従というところだ』


                / ̄ ̄\
               / -  - \
               | (⌒)(⌒)  |
_              |   (__人__)  .|      さあ上様!
\\           │  `⌒´   .|    腕前の御検分を致しますぞ?
  \\          .|         |
   \\         丶       /     存分に御掛かりくだされ。
     \\         ヽ      .ノ
      \\.      __l     ヽ_ 
        \\.   ,/          \
         \(⌒,´          ヽ、二⌒)


            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::     はっはっは。
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    やはりお前はそうでなくてはな?
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::     よし、また存分にヤってやるからな。
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

549 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:11:31 ID:sHX17w7k0
     ____
   /      \
  /         \       そんなことがあったとは、
/           \     露知りませんでしたお…。
|     \   ,_   |   
/  u  ∩ノ ⊃―)/      まさか、あの父上が、
(  \ / _ノ |  |       そんな振る舞いをするとか想定外にも程がありますお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、. 。ゝ イ 。ノ| |     奴も今年で六十八歳だからな。
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |    年寄りの頑固さから、あの但馬も逃れられんといったところか。
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ    まあ、目立ったことといえば、そのくらいか。
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉

550 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:12:23 ID:sHX17w7k0

       _,.-'"´ 三ミ、ー-、
      / / ィ /⌒`⌒ヽ\
    / / / /    夢  | ヽ
   /    / イ´^ー、   ,.. 、)、 ',
 , '   / / //ヽ、 ゚ゝ  イ ゚ノ| |
//イ    / /::::、  '´  ` ̄'|| |      なんにせよ、今の柳生家は
/ /イ   /  |::::::| / _┗'  ,イ 、|     但馬の奴が一人で支えておるに等しい。
 /   /  |::::::| ┃r=━┫;:/ | |ヽ 
/ / ,イ ,'  | ハ:::::| /!ー-、K ;:/ | |\     故に、嫡男たる貴様は、赦免成った暁には、
  /  / / ! \| | |::::::::::|! /!  ! |      しかと心得て励むようせねばいかんぞ。
 , /  / / |┐ \ `━彡' |   !ヾー-、
 / /イ | ハ! |==、  ̄乙/{,川ハ!     `ヽ、
 , ' / イ 川ハ、o | `='"oネ、リヾ、      ヽ
  / 人 リヾ `ー、_,彡'"|,リ'   ヽ   _,. ' 〉


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    しょ、承知致しておりますお。
  l    |r┬-|     l   この十兵衛、再出仕が叶えば、必ずや忠勤に励みますお!
  \   `ー'´   /
  /         ヽ

552 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:13:15 ID:sHX17w7k0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_     <ソウイエバ貴様、結局魔法柳生ハ…
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_  <ノ、ノーコメント!ノーコメントデスオ!

 こうして、柳生庄での一夜は過ぎていった…。

553 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:14:36 ID:sHX17w7k0
                       ..     /   //      ヽ    ヽ               /   //       ヽヽ     ヽ
                        .    /   //         l l    l              /    / /           l l     l
                           |   | |       l l    |           l     l l            | |     |
                           |   l lDMM.coml l    レ ´  ̄ ̄ ̄  ヽ |   | |  C a l b e e l l     l
                           |  /l l         //  /            ヽ   l l             / /    /
                        ト、_∨   ヽ       // \/             ヽ/ヽ\         / /、    /
  ねえ…宗矩が家光相手に     ...\  ヽ / ヽニニニヘ  /    / /        |       , ヘヽ、____/  \ ,   __
 拗ねて引き篭もったって、ホント?   ト-「) ハ            `l   / // /! /l,ィ |  ハ/   `ー―‐'´\  ,r――'´   /
                       .. `\_,ノ ヽ          /l | /‐-{/_ノノ_lイノ-ノl  / \             Y (⌒!  /
  普段の宗矩の言動からして、       (三三)  ` ー―― '  r|/VY示え     ,r示Tゝ! /‐、  ` 、___ , < ヽ_ノ二フ
 想像も出来ないんだけど…。    .....  /二ヽ           l lヽl弋::ソ     弋:ソ´ノイ }/               (三三)
                          |   |            \_     . .       _/                 /二ヽ
                          |   |            ヽ    _     ノ                |   |
                          |  l|                >、  ー  , イ ̄_フl            |  |
                          |  ||               ト、 l ー ,' -‐´ ̄, -‐!             |   l |
                          |  ||      ____ノヽ ヽ、/ r― '´   ト、_____       |   l |
                            ̄ ̄      / /     ヽ _l l l´     _/     //       |__」」

           ,.....::::::: ̄ ̄::::::.....、
           ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
       ,.:::::::::::::::,//7//7//7、:::::::::::::::.
      /:::::::::::/::´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,::::::::::.
      ,::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::、::::':,::::::::::.
     ,::::::::::::/::::::イ::l::::::::l:::::::::ト、::::::l:::::l:::::::::::l
      i::::::::::::l:::::/ !:::l,:::::::!::::::::| ヽ::l:::::|:::::|::::l      ええ、意外かも知れないけど、事実よ。
      |::::::::::::l"7ーl--、:::| 、:七''´ ヽ:::::! :::|::::|
      |::::i:::::下云ニtォ ヽ! ,ィニ云アl::l:::::|::::|      この件は、寛永十五年七月、
      |::::l:::::::| 弋zソ      弋zソ /イ::::::|::::!     和尚が小出吉英宛てに出した手紙で記されているわ。
      |::::|:::::::|:,               ,':|:::::::|::::|
     ,::::::|:::::::|:::.、     '    , イ::|:::::::|::::|
     /::::::::,::::::',::::::>_ . ´` . _<::::::,:::::::,'::::::.
.   /:::::::::::',::::::',:::::{//ハ `¨´ ハ//}:::/::::::/::::::::::.
   /::::::::::::::::',::::::l/ ////Y ////`/::::::/:::::::::::::::.
.  /:::::::::::::::/l::::::l//////,.| l/////::::イ//`ヽ_:::::::.
 /:::::::::://///',:::::l//// /|∧、 ヽl////////r-,:::::..

555 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:16:40 ID:sHX17w7k0

  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                         :; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |===|::::     小出吉英殿宛        .! ||===-3
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      |  ||
 |∵∴∵|::::                     i  ||
 |∵∴∵|::::               沢庵    ; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 『柳但州無事ニ御座候。三十日余、少御前悪候て引籠被居申候。御兵法事ニて候。別之儀ニてハ無之候。
  あらあらしき事を上様へ被申、金篇すねと存じ候へ共、上様から但馬機嫌をとらせられ候とて、笑事ニて御座候。
  此中色々御意之通共ニて、但州へも異見を申候。
  上様まけさせられて、又々召出、いつものことくニ成申候。名誉なる主従之間ニて御さ候。
  但馬被申候様、おれハ何共思ふてこそ、あなたニさう思召さは、あなた次第よ、
  おれか心ニそつとも如在かなひ物ヲ。まつすぐぢや程ニと被申候。大笑仕事候。
  此間ニ永井信州、小堀遠州被参候へハ、此三十余もふすべくれて居るハ、よひまでよとて、
  如右被申し候へハ、両人之衆大笑被仕候』

 【寛永十五年七月二日、小出吉英宛ての沢庵和尚の手紙(一部)】

556 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:18:54 ID:sHX17w7k0
                                 |   ;:::::' __ _ _  ':::   i/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
  なるほど…。                     .   |   {::::{ |D)|M|M| }:::}  |/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 確かに、本編で書いてあった通り、           |   ':::::.   .com.::::ミY´:::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 家光相手に兵法上のことでかなり強く言って、         ';:::::.、     , :::::ミY´:::::::::::/.::::::::/::::::/:::::/}:::/::::::::}
 そのまま拗ねて三十日程引き篭もった、とあるね。   '.,  ヽ:::::... __ 彡:; 'ミY´:::::::::::゙::::::::/:::::::::/::/ヽ;//::::::/
                                  「`` ー<>, ,_,_,_,_ 彡 ィ::::::::::::::::|::::::::lイ::::/x斥テミ /_ .ィ゙
  結局、家光が宗矩の機嫌を取ったので         \   `ヽL」_  彡'^';::::::::::::八::::::::::{::/ 乂'::j_  {テ´
 出てきたとあるから、珍しく宗矩が頑固で、   ...     `ニ=ミY⌒ }      、:::::::::::{\::八!   、、    丶
 家光の方が折れてるんだ。                   \ 人___ノ     \::::::人_j`       __ イ _
                                      〕i i i〔       '个^i   、       `^大(__ハ
  こんなこともあったんだねー。           .    (:::::(::::(:::::)::::):::::)       | : |   丶.      / / }Y `'く⌒丶、
                                      〕ニニ〔          | : |     ::::≧=一 〈 イ l | iヽ::::::::.\
                                     《__》          | /|、     入_   !  `し|   ∧:::::i : :\

                 ___
                  ,..:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.`.:.、
              /:.:.:.:.:.:l, ―――――\:.:ヽ
            ':.:.:.:.:.:.:.|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.:.:.
            ':.:.l:.:.:.:.:.:|.:.:〃:.:.:/l.:l l:.:lヽ.:.:.:.:.:',.:.:.
.            :.:.:.l:.:.:.:.:.:|//__/ /; l:i:|___',:l:.:',:.:.
            {:.:.:ム:.:.:.:.:|ァ==rミ':/ jハ廴.. Vl:.:.|:.:.      尤も、全体のトーンとしては、深刻なものではなく、
          '.:.:{ :|:.:.:.:.|{r:イj       lrハl` リ:.,':.:.:.     確固とした関係が前提になった上で、
.             ',:ヽ|:.:.:.:.|  ̄      ゞ'゜ ハ∧:.:.:.     「でも、こんなこともあった」という変り種の笑い話、といった風情ね。
           }\い.:.| ````   '  、、、{ノ! ';.:.:.     実際、和尚が永井尚政や小堀政一と話をした時、
           ,':.:.:.:.',:.'. 、   ‐   , イ:.:l  l:.:.:l     この話題で大笑いした、とあるもの。
             /:.:.:.:.:.:.',:.',ト`_-r <:.:.:.:i:.:.'  l:.:.:'
          /:.:.:.:.__厶:.:',:´:::ll^^ll::::::\j.:.:.', l:.:.;      家光の機嫌を損ねたら、近しい間柄でもどうなるかわからないのは
           /:.:.:.:/ \:::::::\',----rェr--、ll\:',!.:;′    今まででも知られている通りだから、
        /:.:.:.:/    \:::::::ヾ--.,r7ハ---`:/V/      深刻な要素があったなら、笑ってなんていられないでしょうし。
         /:.:.:.:/__    \:::ll:::::ll::ll::llヽ:::ll'´  ∧
.        ,':.:.:.:.:.\_l \    ヽll::::ll::ll:::ll:∧ll   ハ:.'.      まあ、それだけ宗矩に対する家光の信頼が
       ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   \   ji〃`llr'l|  リ  '  '.:.',    厚かったことを示す逸話とも言えるかもね。
.     /:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     l\   ,'ll llヽ  / |  '.:.',
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   \|  \/ ll  ll ∨ | __ハ:.',

557 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:20:18 ID:sHX17w7k0
               , --―===--.....、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/--=‐-::::_:::::::::::::::::::'.,
.     .'::::::::::::::::::::::::::::::::;イ/´ ̄ ̄ ̄:`::-..._ヽ:::::::::i:::',
.       ':::::::::::::::::::::/:::::::/:/:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ`ヽt::::'.
     .l::::::::::::::::::::イ::::::/::/::::::/::::::::::/:i:::::::/:i::::::::::`ヽ}::::l
      .l:::::::::::::::::::i:::::::/:/::::::ノj:::::::;イ:/l::::/:/l::::::::::::::::.}:::::l
      .l::::::::::::::::;イ::::/:/// ./:;// .l:/:/ .l::;:::;::::::::::}::::::l
    .,'::::::::::::::/:;i::/:/イ亦卞ミ  ´  ./ ´ ./;;;;/i:::::::::}:::::::l
.    .'::::::::::::::/:/i:::::l ト-,シ′     ,rニニシ./:::::::;'::::::::l     逆に言えば、柳生家の繁栄というのは、
.    .'::::::::::::::::;イ、{:::::l             ム:::ソ ,ソ::::::/::::::::::'    これほどの家光の信頼を得ている宗矩あってのものだから、
   /::::::::::::::::/:/>l:::::l        ,   .`¨´,r'::://::::/      宗矩としては忸怩たるものがあったでしょうね。
  ./::::::::::::::::/:// .l:::::ト、    _      /::イ/./:/ 
 /::::::::::::::::/:/`\l:i:::l \    ̄ _ , イ::::::/i〃゙         さて、それじゃあその宗矩の一番の悩みの種がどうなるか…
./::::::::::::::::/:/   ヽ::l‐-=,^ー-≦:;;//^l:::::/,リ´         その最後の場面に移るわよ。
'::::::::::::::::/:/ー=、  ヽ  ii iiー--<_.´ l:::ハリ
::::::::::::::/:シー-  `ヽ、 `  ll ll゙\  ヽ, Vi
:::::::::::/:/    ̄`ヽ\,  ヾヾ, \  .l
::::::::::/-―===、  ``\      }   l
::::::;イi       \   .ヽ,   ,l  .゙l
/,:: l           l\   ∨,>lv.、 l
::::::::::l.         j、 \   ∨゙iヽ, \l、
::::::::::∨.        ヽ  \  .ヽ} .}   }
::::::::;::l∨      ヽ  .i、  .`ヽ、,}  l  .ト,
::::::::i:::l ヽ      \. ヽ      /l   }.
::i:::::l:::l  ∨      .\ヽ    .i .l   {
::ト;:::l:::l  ∨       X    / .i   ∧
::ヽi::::::l   ∨        \   .| / ̄

558 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:21:04 ID:sHX17w7k0
 そして、時は過ぎ、場所は移る。
時は寛永十五年九月十七日、江戸城…。

                       }k
                       ノ;'l{
                     _ノ;人'、
                }、、__,. -'',r'/p、ヾ、
               ,}”ー--、."ニー--゙'ゝ ゙'‐、__,、ャ,
              ,、 /;;,rlT=イ__~ ̄~^~^''ー‐---、.y"
             ,irこ;;;},|i ||  ~||~゙ ''l!tー-n-;t{;/
             ,j r'i!_、_}-二 ニニ゛‐-,k!i、,、、」|__,|トッ
           、_ ヤ{/iコ};,^;;,,,;;;,‐,-,=ノ,ム=_-__ーネ{´,
           ,};コニニ/7r'|”~,__,゛,/ノ 。 \~^~^”””'ヤ
           i!;;;;;;;;;;;、i!__| ,i-!;'"/,r'^v^‐、\iコ~|レ=i、
         ,}`ー';;;;;;;;;;;;;;;}r‐''”_,.-''/ [iillIII}}}] 、゛\i!、;;;;i、
        /,Eャッririririrnm;y、^,、ニニ ー_ー‐-ー' ゛\,;;;i{、_     ,.ィ
        /,r"=|、__    ̄~””””””'''''''ー,rk':;firiririnnm;y^~三ニ;:ニ'}
       ,/,r"=/|::::.. ̄~゛゛``''';::::::::::::ー‐,ノ,ム-.,, 、.、.゛,.___゛~^~゛^i;/
     ,、 /,r"=/,;l,,,::::i::::|iillIIIIIIIIII|||:::::;7/,r' ``i、:::.iヘ::::::::. ̄~''''''':|
.    ォ}仁二Vェ^仁 ̄~"""゛””””''ー/,r'" .,・、 `\[iillIIIII|||]:::::::::::|  ,
    i!;;;;;;;;;;;/イ'^トー‐-ニニ二、こ,.-'" ,r' ,.-ー{  }ー、`、\"^"^"^"^゛''ー'}
    ,il;;;;;;;;;;;;;:^^i'|::::::::::::... ,. -''"_, -'/―‐‐`´ ―`i、゛、\゛^゛""ー'r/
    i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'|::::i,,. -''^_,,.-''′/' ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilllll `i、` 、゙-、:::::::::|;it======r'7
 _r,=ーヲー",,:;;;;;;'7rイ~,. -'''~,._-_''~´..::::::|iillIIIIIIIIII|||||||||}.:::::゙'‐、 ` 、゙''-、:|;;;`i、;;;;;;;;;;;;~ヽ、
 〕{ュョiririririrm;;;;;~_,n、 ̄__二;;;,,  ̄~゛゛゛'''''',,;;;;;;;;;ー―‐---`ゝ、` -、~ヾ,,;;ヽ、;、;,._;;_;;_,,'‐、
../,r'ーl~~~^~_,.,r'%%r===%%''ュ.,_"‐^"‐''=fhifhicifcifriririririyr'g'y'ng'y''ngmgigpmgwwiV} `''‐、._
/,r'=r|::::::::,r7=-ー''^`ー"^ -、_=フ:::::::::::: ..................._________    ~"””””””””””””|”””riririririnfzmir'7
ゞ゛ヾ゛;:"゛ゞ"'';;,r';";;ヾ、:::::::::|::::::i####lllllllllllliiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ "''''' ::::::::::::::::::::::::::::|”””””””ヽ、””””"
ヾ、ハ,;;^",,;;;;;,r''^"::;''"",r'::::::::|、::::||iiiiilllllllllIIIIIIIIII||||||||||||||||||||:::::::::::|llllliii|::::::::::::::::::::::|^~^~^~'i~"
ヾゞ,、;:,,y''''7''""""'';;'':::::::::::::|;;`ヽ;、_,、::;;;;;”””””””””””'''''''''..::;;;:::::;!!!!!iil::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|
::ヾ、,,;;;ハ;''"""'''';;::''"""''r,、hhhhhhm}{メfタfタfチfツfヨfヨfヨfヨfモfヨfルfルffルfル%%$%$%$$ユ:::::::::::|
''"゛;;;;:::"''',,《;;;;''ヾ、,;""~~^~^~^~^~|^`‐'___`ー'___`ー'__`'ー' ``ー' ``ー' ``ー' ``ー'`-ー'"::::::::::::::|
ヾ;;;,,ゞ,r'"";;,," .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|~^r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,Tニソニi`ウニ{''T;ニj7{ヘ""""""""
;;'ヾ,r";r'ヾ'";:" ;;;;;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::|´)、_}ーv'´ヽ^{~フ~v_~ゝく,ノ~i´_K´メv_~Kトー{_{、ヽ、j、_}~ス、
;;;''ゞ;;;,i^'',、lll||||||||||||:::::::::::::::::::::::::::::|r'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^~v__ゝ;く,ノ~i_jヘヽv~「^j´)、
;;',;ヾ;ヾ;、;;;'''゛iil||||||||l::::::::::::::::::::::::::::;|シ、_}~ス、く,ノ~i´_K´ナv^ーヌ_ヽ^{~フv7_,r`}フ~vレン、ヽフv_,r`}ヽ
Il"^ヾ、,rーir;======i、ーy'-;ーkー┐,}イ_,レ´i~,;k'_~メv^-チ_ツゝく,ノ~v^j,´)、_}ゝク-ヽヽノiス´ヽ^{、
;;|,-r‐'y';_rllr======V´)、_}ーv'´ヽil~シ'_ノ`i~,k'_~T"v~「^j,´)、_}ーv'ケ^‐スj~シ'_ノ`iへヽ}v'ケ^~v、

560 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:22:09 ID:sHX17w7k0
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ     但馬…。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ     ふと、耳に挟んだんだが、
       `|      ^'='^     ム'′    去年、十兵衛の奴が江戸に来て、夏の稽古の参加していたそうだな?
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


         / ̄ ̄\
       /    \ /\
       |    ( -)(-)
       |     (__人__)     …ははっ。
         |      `⌒´ノ
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

561 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:23:20 ID:sHX17w7k0
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{       …そろそろ顔を見せるよう伝えろ。
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙     
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |


            /⌒`"⌒ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄\
          /,//::       \       …ははあっ!!
         ;/⌒'":::..        |⌒ヽ     
       /  /、:::::...       |ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、 /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノ-ヾy_ノー─━━


 【徳川実紀 寛永十五年九月十七日(抜粋)】
  『けふ□□牛井□庵成近。今大路道三親昌。御勘気をゆるさる。
   柳生七郎三厳も同じ』(※)

 (※ □の箇所は字が潰れて読めなかった箇所。
   なお、七郎は十兵衛の幼名)

562 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:25:19 ID:sHX17w7k0
   :.:.:::.:::.:::.::.::(
..       :::.:::.::.::ヽ
:::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                 ):::..        : . : : : : : : : : .
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..

 かくして、寛永三年(1626)十月以来の十兵衛に対する家光の勘気は遂に解かれた。

 二十歳で蒙って以来、十二年の時を経て、十兵衛はようやく赦免されたのである…。

564 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:26:18 ID:sHX17w7k0

  \ヽ, ,、
   `''|/ノ
    .|            \ヽ, ,、
_   |             `''|/ノ
\`ヽ、|              .|
 \, V"          _   |
   `L,,_          \`ヽ、|
    |ヽ、) ,、         \, V"
   /  ヽYノ            `L,,_
  / r''ヽ、.|             |ヽ、)   ,、
  | `ー-ヽ|ヮ           /    ヽYノ
  |    `|           /   r''ヽ、.|
  |.     |          |    `ー-ヽ|ヮ
  ヽ、   |          |       `|
   / ̄ ̄\          |.       |
 /  _ノ ヽ_ \        ヽ、     |
 |  (≡)(≡) .l          ヽ____ノ
. |   (__人__) |          /_ノ ' ヽ_\
  |   ` ⌒´  |       /(≡)   (≡)\
.  |        }       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
.  ヽ       }      |     |r┬-|     |
   ヽ     ノ        \      `ー'´     /

┼ヽ  -|r‐、. レ |
d⌒) ./| _ノ  __ノ

【やる夫で学ぶ柳生一族(その55):十兵衛赦免】

565 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:26:56 ID:sHX17w7k0

【その55 新規登場キャラ一覧】

 中根平十郎正盛      : セバスチャン・ミカエリス(黒執事)
 茨木又左衛門俊房    : 猪狩完至(グラップラー刃牙)
 福野七郎右衛門正勝  : マウント斗場(グラップラー刃牙)
 竹永隼人兼次     .....: 真島零(真島クンすっ飛ばす!)
 通りすがりの武士①  ...: ヤング柳生十兵衛(十兵衛ちゃん②)
 通りすがりの武士②  ...: 柳生十兵衛(Y十M)
 通りすがりの武士③  ...: 柳生十兵衛(柳生十兵衛死す)

 解説役(その55)1    ..: 暁美ほむら(魔法少女まどかマギカ)
 解説役(その55)2    ..: ドラゴンキッド/ホァン・パオリン(TIGER&BUNNY)

567 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/05/06(日) 22:35:42 ID:sHX17w7k0
 てなとこで、本日は終了です。
この時間までお付き合いありがとうございました>ALL

 いや、ようやく55話終了であり、十兵衛赦免でアリマス。
随分長く掛かってしまいましたが、とにかく島原が終わってから、
仕事でバタバタしっぱなしでしたが、ようやくどうにか落ち着いてきたので、やれやれと。

 次回(その56)からも引き続き十兵衛は登場する予定でアリマスが、
今度はSAMON的な意味で話題の御仁がメインになりそうな気配。
尤も、実際書いてみたら、沢庵和尚の京での話ばっかりというかいうオチが付く可能性も
なくもないですが、もはやタイピングの赴くままでアリマス。

 さて、それでは久々の次回解説役投票結果発表をば。

 【その56解説役投票結果】
  3票 : 佐々木(ハルヒ)、セイバー(Fate)
  1票 : 綾崎ハーマイオニー(ハヤテ)、森島はるか(アマガミ)、インデックス(禁書)、
      南千秋(みなみけ)、アンリエット(ミルキィホームズ)、葵・喜美(ホライゾン)、御坂妹(禁書))
      庚夕子と新谷貞一(黄昏乙女×アムネジア)

 てなわけで、最多登場数を更新してる佐々木さんと、えらい久々なセイバーの二人で砂。
なんにせよ、ほど良いサイズのAAが揃ってるのは有難いところ。

 それではではー。


スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/05/13(日) 20:58:39|
  2. やる夫で学ぶ柳生一族
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<やる夫で学ぶ柳生一族 その56 柳生友矩の死 | ホーム | やらない夫は伍子胥なようです 【五一】「呉の王位を巡る争いが ひとまず落ち着いたようです」>>

コメント

久々の柳生家キター。島原終了で一区切りのまま終わってしまうかと心配してた。
  1. 2012/05/13(日) 23:08:47 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

不意打ちのようにニンジャスレイヤーネタが混じってて吹いた
  1. 2012/05/14(月) 01:35:38 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

なるほど~、東海寺の開闢は家光公の
我儘から始まってたのか~。

勉強になりました!
  1. 2012/05/14(月) 14:56:55 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yromtm1059.blog117.fc2.com/tb.php/325-9cfb57e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【やる夫で学ぶ柳生一族 その55】

208 名前:やる夫で学ぶ柳生一族(その55)[saga] 投稿日:2012/03/25(日) 21:04:54 ID:jSvpxvfE このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。【今回のメイン柳生 : 柳生但...
  1. 2012/05/19(土) 04:02:48 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。