やる夫+まとめ -戦国系-

戦国系やる夫シリーズのまとめを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫が獅子心王になるようです 小ネタ「奇跡ってなんじゃらほい」


183 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 22:58:14 ID:7JpVHwew


        *'``・* 。            ━━━━━━━━━━━━
          /ソヘヘ `*。
      ,。 | ヽv=0=w`*              突発小ネタ
      +∩ ( ゚∀゚)*。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*         奇跡ってなんじゃらほい
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚         ━━━━━━━━━━━━
        `・+。*・ ゚

185 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:00:53 ID:7JpVHwew

            、、,,、,,,.、,
              }ミil`'''ー''`ヽ
             |iil,「ヾil lj/li| } }
           {{ミ,> `ー' 'l!       ヘンリ様、この前カキョーインがこんなこと言ってたんですけど、
          :{ {   {,j. -=e} }=p}       こんなのも奇跡って言っていいんすか?
          P7!u 、 」 /ヘー-、
       _..- '´イ .ヽ, ''ニフ/、;;ヽ  }
    ,. -‐',     、 / ̄`''ー┴- ⊥,     .._
   ∧  ,} ー--- / :::::::::::::::::::::::::::: /  r:、 } }`}┐
    〉;ヽ ''  'r  ,.r っ {      } :::: /`ヽ {_,Lr',/,//7
   {;;;;:::`''ー┴‐,〃{´::::::::::::::::::::::::: /:  Y’ ̄ ン/
   7ー- :;_; /^、=ヲ :::::::::::::::::::: /、::.  {=、_`-t''  ノノ
    / ′ ,-‐''/ ノ┘:::::::::::::::::::::/ ヾ{ /''=≡/





                               / ̄`'~ヽ
指にトゲが刺さって膿んでたところが治りました!  )/ノ^^ハミ
                              ζ ( ゚∀゚ ル
聖女の奇跡ですね!                   と|   つ
                                  |   |
                                 し` J

186 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:01:31 ID:7JpVHwew


 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、  そういえば何をもって奇跡と言うのかについては話していなかったな。
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|
 |  |  !、           .| |
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、
                                           ,,-'''´ ̄ ̄>、
                                          ./     ´,-─\
                                         /∧ヽ_ノヽ__ -─|
                                         | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |
結論から言ってしまえば、奇跡と言って問題ない。           {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   |
                                         t/フ:/   イエフ 7/7ノ
突き詰めると、極端な話、奇跡でない事象など存在しない。    __}/ 〈.::::::.  ////
                                       ::::::|| 、ニ_'  / /イ
                                       /|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ
                                       :7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}
                                       ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\
                                       :://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::
                                       // //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
                                       / //:::::::::r-、::::::::::::::::::::::
   |i~|~~l~|                                 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::
   |lli i ||   意味わかんないんですけど。            、、  \_// ノノ::::::::::::::::::
   ( ;´Д(\                               ::\   ̄//::::::::::::::::::::::
  (     \|                              :_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::
  | | |                               ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::
  (_)_)




188 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:03:17 ID:7JpVHwew


  ,'  ゙、       /'    ノ l
.  f、  ノヽ、   _./: ノr=-‐'"   !
.  l 「ヽ : : `¨ ´: :/': : : i:l   l
... l !: :《 : : : i : : : ヽ>_:,.:j l  /¨ヽ
  ,.、ト.、'<: /:l : :_ノ '∠: j: :L/: :/: i
 ヽ:V:'弋ラゥ⊥レィ'ヽヒソ: 、: : : : ):リ
   i:l: :` ̄: l:、: : : : ̄ : : i: : /:/     中世においては、神が絶えず人間界に働きかけていることが確信されていた。
   `ハ : : : :,': :ヽ : : : : : : :! : l‐'ソ     つまりあらゆる事象の根源的な原因は、神の意思によるものだと見なされていたんだ。
    `'; : : :ヽ-ァ : : : : : : : : !:l: :iヽ     風に木の葉が散るのもすべて「神意」、そうでなければ悪魔の仕業だ。
     ハ : :-、_ ニニ : : : : /:/ :リ i、
      ヽ ー:-  イ: : :/ : :i :/ .i::\  そしてこれらの事象の中でも、人智を越えた事象や非日常的な物を「奇跡」と呼ぶんだ。
       ト、: : : : : ;.イ : : : //  ';:::::::  雷などの自然現象を含めてね。
      /::/ ̄ ̄: : : : ;.イ /   〉::::
.     /:::::ヽ`¨ニ ¨ ̄  /   /:::::::
     ,'::::::::::ハ       i   /::::::::::
     {::::::::::::ヽ、    ,,.. <:::::::::::::::::
.     〈::::::::::::::::::`::::¨´::::::::::::::::::::::::::::::



                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく      現代人からは想像もつかんだろうが、今日では何の変哲もないことや
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7     偶然の一言で片付けられるようなことも、すべて「奇跡」として扱われるのだ。
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|     つまり奇跡は例外でなく常例にして神の確証、すなわち奇跡の否認は背教と同義だ。
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,   聖遺物を疑った者が非難されるのもわかるだろう。
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://

191 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:05:07 ID:7JpVHwew


三三三/             //
三三三l \\ ミ        //   //  ミl
三三三l  \ヽ_ミ   _/ ヽミ ./ /    ミl
三三三 l 、 ミ /   ̄ ̄     <〈~  |     ミl
三三三三\~〉〉          〉〉   |     ミl
三三三 | 〉〈〈 彡     彡 , -‐´―ヽ \ / ̄ヽ  近代以降の信仰は個々人の魂の問題でしかないが、
三三三 | |´_三\, l   ミヽ、/三三__   / ./ イ` |  中世における信仰とは教会階層制に組み込まれた「制度」としての
三三三三||  、(llゝヽ     ノ、 (ll), ` ./ / / l 、 |   秘蹟、典礼、そして聖遺物崇敬だ。
三三三三.|| ~ ̄   /)   ミ    ̄~ .く イ  )_//
三三三三| |      lll    .     | |  、 /    つまり社会的強制を伴う集団的なものだった。
三三三三 \ミ  (/           | |   | ~|     具体的に言えば―――
三三三三三||    ヽ)__ノ      /~   ̄ |.三|
三三三三三 ||   _υ__      |ミ   /三  |
三三三三三 ヽ|   ‐--―‐‐ 、  \ /三   |
三三三三三三    ` ― ~     /三    |
三三三三三三三\  ⌒ミ      /三     |
三三三三三三三三\_   _/三

192 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:07:02 ID:7JpVHwew

              .†
              .|
              /|ハ
             ../ハハ
             /_ハ_ハ
             | | | |
             | | | |
             |_|__|_|
           / ○ \
          / へ/\へ \
        /....へ||||l_.._l.||||へ .\
      ./.||.へ|_._|||/\|||_._|.へ||.\     農民は村のどこからでも教会堂の塔を見、鐘を聞く。
        ..|| ..|田|||田田|||田| .||       司祭や聖人から従うべき指針を得、慰めを新たにし、願いを聞いてもらう。
      /..|| ..|田|.|田田|..|田| .||..\
    ./  .|| ..|田|.|田田|..|田| .||  .\
  ..//\....|| |へ.|..|/\|..|へ.| ||.../\\
   イ:::::::::ハ...|| |::::::| .|::::::::::| .|::::::| ||イ:::::::::ハ
    |:::::::::::|...|| |::::::| .|::::::::::| .|::::::| || |::::::::::::|
  .*;*;;";.*;.;|...|| |::::::| .|::::::::::| .|::::::| || |i "; *;ヾ;
  ;""#ヾ*;ヾ;i"i "; *" ; ;ヾ *;""#ヾ*;ヾ;i"i "; *i
  * ;"; "i "; *;ヾ;* ;"; "i "; *;ヾ;* ;"; "i "; *;ヾ;
  " ;ヾ *; ;@;ヾ; ;"/"* ;";^"i ";ヾ;" ;ヾ *; ;@;ヾ;
  ヾ* ;"; "i "; *;ヾ;"i "; *;ヾ;"i ";ヾ* ;"; "i "; *
  ヾ;i;;ii ;iiメソ"i "; *";;,*ヾ;i;;ii ;iiメソ"i "; *";;,*




                           ___
..⌒ヽ           ' ⌒ヽ           /.|:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||         |  |:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||         |  |:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||   ___|_|:::::::::::|____
乂乂||          |乂乂||  /|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄            ̄ ̄  i  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      _____         .|/ ̄ ̄ ̄../|:::::::::::| ̄ ̄ ̄/
     ||L L | L L ||        ̄ ̄ ̄ ̄|  |:::::::::::| ̄ ̄ ̄     日曜ごとにミサに参加し、教会堂に書かれた
     ||L L | L L ||               |  |:::::::::::|          聖書の場面や聖人の生涯を題材とする壁画やステンドグラスを見る。
     ||L L | L L ||_________ .|  |:::::::::::|
===========l| L L l================= i  |:::::::::::|
二二二二二二ヽ   iヽ二二二二二二二二i  |:::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ヽ|     _____.i  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ∧_∧ ______|  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|......( ´∀`)_______|  |:::::::::::|__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  /  (S)::::::i\  ....|  |:::::::::::|  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .\ ....\|:::::::::::|    \
      ____/|____  .|   .\    ̄ ̄
     /
     |
     \_______________

193 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:08:49 ID:7JpVHwew


                     /■\
                 (_´∀`)_     わっしょい!
               /,/-_-_-_-_-_\     わっしょい!
        ( (   /,, /? ((神輿))?\    わっしょい!! //
             (。'。、。@,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。@  ) )
             ∩ヽヽ∩ヽXXXXXXXX/ .∩               祭日には豊穣を祈願して聖遺物を奉じて練り歩く。
             i||i ∩i||i:||::::\_][_\::::||. i||i
             †人=†††¶┌┐¶††††
  /■\/■/■\[/■ /■\/■\]  /■\■\/■\
 ( ´∀(´∀(□二二( ´∀( ´∀( ´∀`).□´∀` )Д´)□∀`)
 ( |つ⊂|_ | | ノつつ|祭)~| |祭)?||祭)?|つ ⊂|_((|祭)~ノ | ) )つ
  〓_| |__〓」 〓_|=|_ 〓__ノ 〓二ノ〓二ノ) ( / (L〓|〓二|〓=〓ヽ
  し'し' (_(_ し(_) (_)_)し(_)し(_)(_(_,(_)(_)し'  (_)




          __ -一'^ Wハ、
        , <     ニニ、ニ二ヘ
      /       ィ´  、 !    ∧
      ;    ___/!/ _   |    ',
.    !  /    \/, ─` レ、   レ!    このように、日常生活を通じて様々な形で
.     | xく.  / \// _L∟ 、|  /`ヽ   宗教的イメージを受け取ることで、
     V 》 |  </l_ tヒツ´ // ̄ ィく }  奇跡観を含めた信仰生活が規定されるんだ。
     l二二>_ヽ l ',   / l }   〉 } |
..     \fでソ |'"i  〉   ヽl l  r‐' ノ、
       V l! { ´ フ    l 、  | ̄ 「ト、
        ヽ l! ` __,r=─ │ \j  l.l\\/
  .       \ ノ´ __ ノ  |  /  //()\__/
             ヽ ´     └‐/  , '/ (ヽ:::::::/:::::::
.              \   -‐ 7 / '::::::::`::::/:::::::::::
             `下--‐_'./∠:::::::::::::::/::::::::::::::
              ヽ::l ̄    V:::::::::/:::::::::::::::::
              /:∧      V/:::::::::::::::::::::
               _|::::::::∧     /::::::::::::::::::::::::::::
            _{::::::::::::::::〉--r ' /::::::;へ:::::::::::::::::::



 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!  万事がキリスト教観と結びつくのは道理だな。
   ミ   ,'     '、  l ∨
           \'´_ブ
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、

195 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:10:54 ID:7JpVHwew


三三三三三三三  (     |
三三三三三     ))    |   さらに農民を直接導く司祭は大部分が農民出身だ。
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  /   生活レベルも農民とほとんど変わらず、教会の掟ともほとんど無縁だった。
三三三三 ((三三  6)彡//\
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) |  妻子を養うために副業として酒場を経営している司祭もいる。
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 |
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´`´


          ∧_∧
 ,,,,_       ( ´・ω・)  本業は司祭です
/,'3 `ァ    (つ   と彡 /
`ー-‐`,,,,_      ./  ./.
   /,'3 `ァ   ./   /
 ,,,,_ `ー-‐`  /    /.
/,'3 `ァ    / //  /.
`ー-‐`  ./.  ▽  /
    /   .┴ /



   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /:    本来司祭というものは、司教が主任司祭と副司教の意見を尋ねた上で
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :    志願者に試験を課し、候補者の人物・年齢などを考慮した後、
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「    聖職に適すると判断した上で任命するものだが……
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:    連絡手段が限られ、規則的で有効な審査方法の欠如しているこの時代、
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :    そんなことができる司教はごくわずかだ。
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ   大抵の場合寄進者が推薦した人物をそのまま承認するだけだった。
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::   それに試験が行われても、せいぜいラテン語の文法問題をちょっと出して、
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::.   その上少し歌を歌わせるぐらいが関の山だ。
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::

196 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:12:39 ID:7JpVHwew


.          ,. --── - 、
       /   /\_/ヽ,\
     / ___/     《 ,、 ヽ
.    //`\、   /^\// ヽ∧
.    ,' l  __l/___《  l レ,ィテォ }l_ ',      こうして、ほとんど無学文盲の司祭に説教された農民は
    ;  ∨/ _,≧ミ   〈 ̄´  jハ      生活全般において生じるあらゆる困難の解決を
.   i  |  く_fツ' ノ   ヽ   | |―、   聖人の取りなしに頼るしかなかった。
    ',   ヽ  / /   ー--',-、  Vハ ハ    
    V  {V │   / 二ィ>」  Vハ  !   だからこそ、偶然の一致やこじつけでもすべて奇跡として受け取った。
.     ヽ. l\ {    _/´ ̄__ノ  | Lノ    
.     r┴┘ ヽ!     `¨´   __Vリ\   
      | TT{  }\      ,..:'´: : :/ l|:::`:ー
     人 ヽー‐'つ \    / : : : : / l|::::l:::::: 
  __/  ` ー一'| >‐- __|: : :_: ィ  !|::::|::::: 
 /  ヽ.__/ |::\          l   l !::::!::::
 |    /:: ̄:l:::::::`>:.. __     _//::::l:::::
   i´ /:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ̄Τ  | ̄l::::/:::::
     /::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::l  l!  レ::::::::
.   /:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::}   !l/l:::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::ー--:::┼ '´l └―:


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´////      教会の方も農民たちが持ち込む夢物語や体験談、驚異譚を
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/    都合良く奇跡として受け入れ吹聴した。
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///  そこに事実とフィクションの区別はほとんど存在しない。
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|

197 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:14:26 ID:7JpVHwew


                                         / ̄ ̄ ̄ ヽ    ___
さて、あらゆる現象が奇跡としても、                  / ニニニニ_厶  「  __ヽ
それはとりわけいかなる場合に生じたか?             /, へ  tーr‐、__ ム  ヽ  /
                                      レ匕'‐フ': : :ソリ: : :\ャ__/ へム
中世人は生活全般において様々な願いを聖人に託した。    〉ソレィ : 〈l: : : t': : :/:::ニ:::\ニニヽ
                                       レ トツ: : \: : /: / ::::: _」:::/:::/ ̄ヽ
信徒の願いが達成されれば奇跡と見なされるのだから、     l `'_: :_: : l /: 〈:l:::::「 _::/::/: : : : : : }
よく記録される奇跡=よく願われる事象だ。              ` ‐ニフ /: : :ll /へ:::l /: : : : : : : ::〉
                                          `ー': :/\ ;;:/ l: : : : : : : : : |
                                                / : : : {l: : : : : : : : :|
                                                //t l}_‐,: : : : : : : : l}

198 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:16:45 ID:7JpVHwew


              _,,. - ..,_
            ,.イ‐-、     丶、
           / i   ',       ハ
 .           ,'  ヽ.  }、       !i
           i   F‐、{ \     ,ィ.!   具体的に言えば、
           /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'
        ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}   ①治癒、蘇生
       /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ
 .    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、   ②危険・災害の回避
   /::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ
 ./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',  ③願望の達成(安産、豊作、恋愛成就など)
 ::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i
 ::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ  ④予知・予言
  ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/
 :::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.    ⑤神・聖人の敵や侮蔑者への懲罰・復讐
 :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、
 :::::::::::::::::::::::::)、::\ / l/: : : 、: : /: : }、   あたりがメジャーだな。
 ::::::::::::::_:_:/::::ヽ::/l /l: : : : : :.}/: : : /: i   あとは水がワインに変化したりといった物質の変化などだ。
 ::::::::::::::::::::::::_\:::/ l/l i: : 、_ノ": : : : /: : iヽ.
 ::::::::::;:::::'"´:/ 几 /i l ';: : : : : : : :l / : :/:./            _
 ::::::::::::::::::::// /::::::`::ー.、 V: : : : -‐' : i: i: / __..、,.. -‐y…ニ¨ ̄ ヽ
 :::::::::::::::::::l i i:::::::::::::::::::l_,,..ヽ-‐…''ニヤ¨二....f.⊥=ニカ ! rニ¨`>-‐‐
 :::::::::::::::::::〉.〉 ヽ-‐ニ丁Lー{ニ⊂ニヽ「r‐‐、 \‐‐-、 .i´ ̄  ( _



         | /      ヽ    /    / l  \
         ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
        / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
       /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
      /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉
      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /  近代以降はこうした諸機能のほとんどを
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/    合理的な他の手段や説明が奪っていくことになるが、
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,     中世においてはこれらは聖人の役割だった。
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|    さらに照明器具の未発達が想像力をかき立てる。
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ    人間の夢想・願望の反映としての奇跡は暗闇の中でたびたび発現した。
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \

199 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:18:02 ID:7JpVHwew


      _ _
    /     ヽ
   r .' - 、_ ,.- i
   i / Z   .Σi
  ('ニ! -ー   -、 |  最も多く報告される奇跡はなんと言っても治癒だ。実に9割以上を占める。
   !.j    |  .|  そもそも新約聖書からしてイエスや使徒が病を平癒させる話で満ちている。
    ;:    '  i
   ..|`ー _ ̄/    奇跡の受益者の約1割は、以前何らかの療法を試して失敗した者だった。
  _,. 「.ー─┐-',、_   人々は頼るべき療法の一環、そして最後の手段として聖人に祈るんだ。
/ii:: :`,. _||__ 、 \
:: ノ.:: ::l. ─ ll-- .l :: :ヽ
:: :: :: : :` :: ::|| ::´ :: ::

201 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:18:47 ID:7JpVHwew


                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7      この手の奇跡譚の背景として、念頭に置いておくべきは中世の生活環境だ。
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7     飢饉の頻発、不安定な食糧供給、冬期のビタミン不足、衛生観念の欠如……
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|     一般的な生活環境がそのまま伝染病の温床となり、
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、    庶民は慢性的な栄養不良にあった。
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,   これらは貧血や壊血病、眼病やクル病、そして幼児死をもたらす。
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、 さらに基礎的な抵抗力も低くなるので、ひとたび疫病が起これば大量死を招いた。
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://



          、-'""""''''=='、,_          , r''''""'ヽ、、,,,_         ,、-‐
        /          `'‐ 、       i' ヘ i⌒、____ 、\ _,,,、 ,、- '´-‐-,
        r'          ミ''- 、_ ヽ、   ,,i'´i , |i    \' `i,  `!r'''(´ /~
     、=''´           ヾ、ヾ '、<r-'~ヾ, i '! "'   r‐'_""`yヾ!ヽヾ,r'´
    /       、、=_‐''''ミヾ`  ミミ`\ヽヽ. \|   /i'´  ̄ヽ〉 '"; } i   \
   , '        ヽ; '7 , ;,、 、   ミ丶' 、ヽヽ ヽ、'、_. 〈. 人;,   \ ノ |  ‐+==
.   イ         ミ ! { {,'! ,ヽ      `ヾヽ / rヽ;‐`;;\     Yレヘ ∥
    |        ミミ、 丶''    ,   'i 、   } X´ ;;;;;''  ノ ノ}     i'''7´i +=
   ノ        `ヾミミ    ,   ゛ '  `   /´,, \  /ノ'ぅ |   ;.,'πヽ~"'''''''
 ;;;;'          \、、 r'!, t,,!` ,   ,,,,; /;;,,ー''"~フ''"フ'''f‐-;|    ;,'-=、,'_ ,,,;;;;
  ┐           `ヽ、 {:丶ヾ ' ___:;;;;/;;;'''' '´,  7 r'   |   ;;,'    `'''‐-
  -='_           ミミヽ_,,,、‐''";==ー‐‐'''''‐-'、,,,,,i、、{;;;;;;;;;;i  .;,'
   ̄っ、-‐、_            と´               |  ;,' ̄````'''''''=
"""""""""""`"゛'''''''''''''''''''''''''''''''´-‐‐‐‐''''''''''''''''''''''''''''''''''''','r'~´  ,''''''''''''''''''''''''''''''
                          _,,,、,_    / ,、  ,  i
                         //  'χ';"'''-'7' , , ,'
                         ヾヽ.  } ( ;;,,, ノ///ノ
                          `''''""`~"" `~~ ̄

202 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:21:11 ID:7JpVHwew

                                                         イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
中世人は短命に慣れきっていた。                                    ,': :゙`ー--――'´ rl
                                                         ト=、: : : : : : :r―=ニ!
常に発病の脅威にさらされ、ちょっとした感染ですら死を招きかねない社会では         l: :え>,; : 〈<え: : :<l
病状の一時的な軽減や進行停止、自然治癒なども大変な救いであり、奇跡と見なされた。  ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
                                                       ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
                                                    /⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
                                                    \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
                                                     /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                                     `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/

三三三三三三三  (     |
三三三三三     ))    |   ある研究によれば、近代前期の貴族ですら男児の予想平均寿命は29.6歳、
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  /   出生児の3分の1が5歳になる前に死んだという。
三三三三 ((三三  6)彡//\
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) | 本編でも私含め王侯貴族が50代で死んでいるだろう。
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 |
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´`´

204 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:22:50 ID:7JpVHwew


    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/     たとえ100回の失敗があっても、一度でも治癒が起これば問題にされなくなる。
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__     失敗したのは聖人の力不足ではなく、信仰心が薄かったということになるからな。
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._     当然ながら奇跡譚の記録者は商売敵たる世俗の医者や施療士に
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \        好感を持っていないから、そいつらのお陰で治ったなどとは書かん。
     ,. --ヾ__/ ☆    \
     >----<,,,,)        \    他の療法で回復した患者だろうが、聖人の取りなしに帰せられる。
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

205 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:23:48 ID:7JpVHwew

                          イ
                    //,ィ ィ / |イ
                  i、ノ |/ ∨レ' | |ヽ_r-v、_
               ,、___|  /  //  / | //,.-、ヽ
               | /ヽ、-/  / ∧/ ノ / /ゝ、`'
                /  /  / / ∨ ノ  /  |
.               /  i   / /  ノ / / /|_ノヽ
     _        r'   ヽ  / |  /  _,.-ヘ i /,.‐、(
    /  `/`ヽ、__   \  ヽ ` `_,.-''´  ,ヘ  | r、| |   16世紀の一記述者は、ある聖廟に巡礼した頭痛持ちたちの回復について
    (= r'__ /  \__,,,,━┓‐''´       /ハヽ_!|)| !ヽ   「彼らの頭は次に痛むまでは痛まぬだろう」と述べた。
  _,ハ、__| ~~ | ヽ r'´'´  ヽ  _,┃|     _ノ_,ィ   ノr|、`'ー
‐i´:!    _`ニヽ、ノ r'ヽ、‐'''´┃ヾ、_( ((_,.-r‐(;;)'    ト-ヘ ̄  こんなことですら奇跡と見なされたのだ。
:::l:::ヾ-、_r'   `'''i‐ヘ ヾ.ヽ・.┃:ゞで>,ゞ  ̄     |: ,.::ヘ
ヾヾ::\ ヽ    !  \,ノ:.┃・ヽ┃:l |   /  ヘ   レ::;-'´
:::\`'-、;>-、   _,.-'"´         ヽ ヽ! レ  ,.イ   /:/
:''-、,,ノ´     ̄            ヽ こ-‐彡ノ  /:_;:!-‐'´
''フ´                    ヾー'T"´ //
'´                      ヽ、_ノ/



   |i~|~~l~|
   |lli i ||  トートロジーってレベルじゃねえぞ。
   ( ;´Д(\
   (     \| 
   | | |
    (_)_)

207 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:25:09 ID:7JpVHwew


                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7    信仰が回復への常道とされていたとはいえ、
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´    医療らしき物が存在していなかったわけではない。
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!    その中でも最も人気があったのは民間の施療士や呪術師だ。
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/   古ゲルマン・ケルトに遡る生活上の知恵や慣習を受け継ぎ、
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以  薬草・占い・呪術による治療を得意とする。
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /  リーチ、ウィザード、コンジュラー、ネクロマンサー、
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i    チャーマー、カニングマン、ウィッチ……
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|      名称も実態も多種多様だ。
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|




         ┌‐┬─――┬‐┐
        、_l王l-lコココココ-、l王|
       ミ==//ヘ、,,,,,,/''"ヾ==彡
       三三三: l   | |   lヾ三三 _二⊃    避妊にはラバの蹄の灰、てんかんにはハリネズミの灰、
      三三彡 l   :::◎::::l| l ミ三三  _二⊃  腹痛にはウサギの足を首にぶら下げるのが効くぜ。
   nn  三(('' <_@_>:::::<_@_>ミ))三\     
  r「|||    ∩ |ヽo ::::し::: o|ノ|∩ \__/~`~、  
  ヽ   `つ  ∪ ヽo〈WWW〉o/ ∪  く    /
  匚二二l    _>二二<_    [二二]
   |  "''┴―' 「/ ̄ ̄| ̄ ̄\卜―
-ぐ  |
    | /   /|     |      |   |   ,ノ
   `ー―‐-、_|      |       レ――‐'"
        / |lii     |    .ii八

208 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:26:39 ID:7JpVHwew


    ,,-'''´ ̄ ̄>、
   ./     ´,-─\
  /∧ヽ_ノヽ__ -─| 
  | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |  嘆かわしいことにこういう輩に縋る人々は多い。
  {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   | 
  t/フ:/   イエフ 7/7ノ  患部に怪しげな護符を貼り付けたりとか
__}/ 〈.::::::.  ////   なにやら呪文を唱えるとか……
::::::|| 、ニ_'  / /イ
/|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ    迷信が無知な民衆を正しい信仰から遠ざけている。
:7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}   
ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\ 
:://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::
// //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
/ //:::::::::r-、:::::::::::::::::::::: 
 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::
、、  \_// ノノ::::::::::::::::::
::\   ̄//::::::::::::::::::::::
:_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::
ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::


.       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |\___________/|
      | l∥∥∥∥∥l |
      | l∥∥∥∥∥l |
      | l∥∥∥∥∥l |
      |=i⌒\   /⌒i=| ちなみに教会的に正しい治療法は?
      |=|    ヽ/   |=|
      |=|           |=|
      |=|~r-oュ ro-ュ~|=|
 ̄ ̄ ̄D)「ij   ̄ i  ̄  ij ]
ヽ\,テ ̄ノ>    ^    <ト/^ゝ
ゝー'ー'.(^_/|Y゙、ヽェェェェェフ /Y| ^^
      |! ヽ     /  i|___
. / ̄ ̄∧  \二/  ∧   /⌒\

210 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:28:49 ID:7JpVHwew


      _ _
    /     ヽ
   r .' - 、_ ,.- i
   i / Z   .Σi
  ('ニ! -ー   -、 |   聖遺物のそばで祈ったり、聖句を唱えたり、
   !.j    |  .|   玄関に聖句の書かれた羊皮紙を貼り付けたり……
    ;:    '  i
   ..|`ー _ ̄/
  _,. 「.ー─┐-',、_
/ii:: :`,. _||__ 、 \
:: ノ.:: ::l. ─ ll-- .l :: :ヽ
:: :: :: : :` :: ::|| ::´ :: ::




                ムヾ 川 /////〃〃/// /
              タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
             タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/
            /   〃    J ミ ニ彡彡/   変わんねーじゃねーか!
            { __{(( .._   ミ ニ 彡 /
            }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)
            ,'   /   ```     りノ
            !  ({ 、       ├タ<
         /|  ィニ‐-、      /〃リ
        r'´}! }   __ ',      / r'")
      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ
    /  ハ {      ̄  /    |リ
  _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
/´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、

212 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:31:38 ID:7JpVHwew


                                                / ̄ ̄ ̄ ヽ    ___
                                              / ニニニニ_厶  「  __ヽ
続いて悪名高い民間医。                              /, へ  tーr‐、__ ム  ヽ  /
                                             レ匕'‐フ': : :ソリ: : :\ャ__/ へム
以前のウサーマ・ブン・ムンキズの記録にもあったが、            〉ソレィ : 〈l: : : t': : :/:::ニ:::\ニニヽ
この時代の医療は実に荒っぽい。                         レ トツ: : \: : /: / ::::: _」:::/:::/ ̄ヽ
頭痛や喘息ですら焼き鏝を当てるぐらいだ。                   l `'_: :_: : l /: 〈:l:::::「 _::/::/: : : : : : }
                                               ` ‐ニフ /: : :ll /へ:::l /: : : : : : : ::〉
聖アウグスティヌスも、「医者の治療はそれ自体が拷問である」と述べた。     `ー': :/\ ;;:/ l: : : : : : : : : |
                                                       / : : : {l: : : : : : : : :|
                                                       //t l}_‐,: : : : : : : : l}


  , /ソヘヘ
  ヽv=0=w`  一応「悪魔を追い出すために、より強いショックを与える」という理屈に基づいてはいる。
   ( ゚∀゚)  まあ、医者だか肉屋だかわからん輩がゴロゴロしていたのは事実だ。
   (|   |)  詳しくは言えんが、このスレでもヤブにかかって死ぬ奴が二人ほどいるしな。
    |   |
   し` J




            /:::::::::::::::::,.、::::ヽ::::::::`ヽ.
          /´ ̄`r'ヽ´`::´:::::::::::::\:: ̄`ヽ
            /:::::::::::::|:::、:::\::::::ヽ::::::::::::ヽ、::::|
         /:::::::::::::|::|::l:::ヽ:::::::::::::i:::::::::::::::、:ヽ:|         腕を病んでは腕を斬り
          /:::::::::::::::l:::|、:、::::::::::::::::ト、::::::::::::!::::::.、
       /::/:::::::::::::ヽ:!ヘ::|::::::::::::::::| ヽ::::::::|::::::::::ヽ.       頭を病んでは頭を斬る
        ;'::/|::::::l::::|:::::::|__jハ::::、:::::::|_,.ィ|::::|::|;.、::ヽ::::l
      j:/ l::::::l::::|:::::::|‐tテ、ヽ::ヽ:::|ィtァ|::::|::| !::::|ヽ!       医療の理ここに在り
      '   ヽ::ト、ト、::::|  ̄  \ト|  ̄|::::レ' /:;ハj
          `ヽ.__ヽ|    |    ル'r::':〈
           ノイ:::ハ    、r,.     ,'::::::、::.、               治療が失敗したらそれは月の満ち欠けのせいです。
           /:::::::ヘ    __     イ、::::ヽ`ヽ
            ノイ:::r'´l\ ´ - ` / jノト、:i`ヽ
           ノ ィ|、、!  ヽ _ / i´`、:|__', -、
             j::|\、       ,ハ   V:::{  l‐-.、__
           _/::::|:::::ヽ.、   /|l::ヘ  ヽ.:j` j::;.、_:::::::`ヽ
        _r:‐::'´:::::::::::|::::::::::}i 〃:::||::::::ヽ  `   (_ `ヽ `ヽ::::::\
   ,.-‐::'´:::!|::::::::::::::::::;|::::,.-fj`!ヘ::::||:::::::::::`、´    `ヽ __ヽ \:::::::
,..::‐':::::::::::::::::::::||:::;.、:::::/'::f | |`!:::::::::ヾ.、::::::::::j`ヽ.-、  (´_ !、 !::::
::::::::::::::::::::::::::::::|Lゝ'/-、::::| iー'! j::::::::::,.-`ー '   i /ヽ __ ,. | l  !::::
::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::>、`ノ:::::::::(_,. -‐r―-、-、     ノ/ ノ::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::==ヘ.、  ヾ. `ー- ',.'/::::::

213 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:33:08 ID:7JpVHwew


   |i~|~~l~|
   |lli i ||  
   ( ;´Д(\  でも流石にそういうのは極端な例ですよね?
   (     \|
   | | |   あんなんばっかだったら誰も医者にかかろうとは思わねーよ。
    (_)_)


                                                         /'rイイvイ ノ|イ,へ、
                                                       lV l~V,イ^レ' ν;;/ ノ て、
大学で教育を受け、スペイン経由で入ってきた                           /し' / ,ィγ'`ヽ ヽ ノ ̄;; `>
アラビア医術を身につけた医者がいなかったわけではない。                  `> /ヽノ ♡,三ヽハイィ ;,,'`て
ウサーマ・ブン・ムンキズの文中にも酢で治療を行ったフランク人の話が出てくる。     〃 _イヽレ /  し| l │て'"
                                                       | / ●    ●   V|て
しかし知識と臨床経験を兼ね備えた医者など滅多にいない。                  ヽ|,⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ;;メ,
そこに高額の治療費が加わる。                                /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._)   ,j '/⌒i
                                                    \ /:ノ:ィ:| l>,、 __, イ★/;;;;;;/
結局、たとえアテにならなくても人心に通じた呪術師に人気が集まるのだ。         \'  〈《:::::::::::::::::》 〉人. ∧
薬草のたぐいは効果を挙げることもあるしな。


※当時最高峰であるアラビア医術も古代ギリシアがベースなので、
 「人体は四つの体液(血液、黄胆汁、黒胆汁、粘液)によって成り立っている」
 との理論に基づいており現代から見れば間違っている

214 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:34:57 ID:7JpVHwew


                                                     /ソヘヘ
                                                     'v=0=w
最後にこの講義の趣旨からは少々外れるが、                         ('(゚∀゚ )
17世紀、侍医スカーバラが英国王チャールズ二世に施した治療の話をしてやろう。   `   つ
                                                    /   |
なかなかに興味深いぞ。                                    (_ ´ `J



          f`<.,___  ̄ _二フ!
          ト、 \ヽ ̄   | l|
           ト、\.,,入\   l l!
   .      ト、 ∨   \  jノ!   500年先、それも国王御用達の医者の治療ですか。
   .       ト、ヽ! |   `i´ l
      ,. -─「ヽヽ} ノ_,.-_  __l
    /// |fヽソ  ィ' eヽ fラノ.
   // ./ ノヽニト、_   ̄ __〉l
  // /// })'´.| l  F--ヵ/ っ
 \ '´ ̄\     ヽ! ,ノ|‐-、/ つ っ
    ヽ   / ヽ/   ハ`t‐x )
    \ノ   }  _/`--'   ,.、
      {   /7 ./〉  /^} /./ ,.‐,
    '´ ̄ / ノ//   ノ‐ノノ ///
       / ´  ニニワ/  )  ´∠__
          `ニニノヽ '⌒ヽ  -一'

215 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:35:46 ID:7JpVHwew

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆

1685年、チャールズ二世はひげを剃っている最中、重度の脳溢血に襲われた。

          ___
       /::::::::::::::::\  ゲハッ !
      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
  |::::::::::::::::: l


            ノ.:ノ.:::::::::::::::⌒ヽY.::::::::::::.`ヽ::.ヽ
              〃〃.::::::〃〃⌒ヾVx≦、::.`ヽ:::::::ハ
            〃〃:〃.::::::{::{       }:::::ノ:}:::::::::}
            {{={{::::{{:::{:::八{二二二ニニミ/:ノ}.:::::::ハ
             {{:::{{ 〃八(__,ノ__ ,    〃:::X/.::ノ:} } }   天才の俺の出番のようだなあ~!
  ― -- =ミ   八八{:::{.::::::て 。ユノ八≧=‐-v'.::〃ノノノ
.          `Y:: ハハ:Y:::::::厂 ̄ ̄{ {`ニ゚ニ:::::::::::〃/
.         ノ.: } :}:从::::/  .:::::r_、_}〉::..  `Y::::八{
       /.::: ノ ノ.::::}}::{  、___ヽノ___,  ,::::::{ { ハ-,‐―――
      〃.::: 〃〃.:::八{  トーーー-一'  /.:::::}} }::::} l
`ヽ.     {{::〃〃.::::::::/.:::ハ  K´   }/ /.::::::ノノノ:::{ l
  i   〃::{{:::{::::::::::i:{八{∧  `=‐--=′/{:::::〃〃.:ノ l
  li  _从::从八{:::::从 {  ヽ.::::( ̄   .イ }::::} } 八/⌒ヽ/⌒ヽ. _
 ⌒Y´ ' }ハ |i ヽ(ヽ ヽ!   ヽ=--=彳  ノ从八ノ' |_  .イ  /   \
 、_丿      |i    \\______/ /    し' ノ |し'丿/     `ヽ
 、__|      |i       {\ ー-      /|    | ̄  `T  |_  /
   ハ、    |i_     {  「厂 ̄「厂 ̄「{  ノ  __|_   ノヽ. し_ノ/
    \ / }ト ..    {i__|{__l{__|{/   (   `Y       / 、/

219 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:37:52 ID:7JpVHwew


まず王の右腕より約500ccの血を抜き、肩に切込みを入れてから吸角ガラスを使い、
嘔吐剤と下剤を施した。


               ____
             /;:#;:;:;:;:  \
           /  _ノ   ヽ_  \
          /  (―) (―);#;:;:\
            |;#;:;:;:  (__人__)   #  |
          \ //  `⌒´ ;:;:;:;: ,/
          /     ー‐    \



※吸角ガラス:患部にガラスのカップを被せ陰圧にして刺激し、血行を良くする器具。
         今でも民間療法として使われたりする。

221 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:39:24 ID:7JpVHwew


そうした後、アンチモン、ビターズ、岩塩、ゼニアオイの葉、スミレ、赤カブの根、カミツレの花、亜麻の種、
シナモン、ショウズクの種、サフラン、コチニール、アロエからなる液体を涜腸した。

           i!i||!!
          i!i!:;:;!i!|             "//三ミミll;//彡ー、;;;;;;从从从,,ll||lll;;;;;;、- ''",,、 '" ̄ ̄`''' ー、
        !i!|i|!i   i|!i|!|i!          // /;;;;ッッ从''""  |;;;l|;;;;;;;;;;ll;;;从l| ''",,、-,、 "
      i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,,        ゙゙l|/;;;;r''"       |;;;;|l|;;;;;;;;|l;;;从| '";;;;;/
     i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|        ||;;;;|       _,、-|;;|'l|;;;;;;;;;l|;;;;;;;;l|;;ヽ;/   い 浣 ケ
    !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!      ll||ll|;;;', _,,,、- ''"  ,,,、|;;|"l|;;;;;;;;;l|;;;;;;;ヽ;;;;|    い 腸 ン
   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|       ll l|l',;;;;',  _,,、 ー '"  |;;| l |;;;;;;;;ヽ、;;;;;;ヽ|.    ぞ は シ
   i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i     }ll| l|',;;;;l''"       ヽ;; ヽ;;彡;;;;;;゙';;;;ミ;|    //    ロ
  !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|    | l| l||';;;ト、,    ミ、,,;;;;ィ=彡'"ノ´彡''"彡ヽ.  ・・    ウ
   !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i     リ|| l||;;;;tヽ=;夫,゙ミ'、:彡`'''"´::::-ーー 、彡彡\
 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!  .|从ll|;;;;;`'、゙'''"゙l  `゙''彡''"    ..::彡彡:::|\_ __,,,,、 '"
 !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!   .゙、从lヽ、; ;;',.  |          ゙'::彡彡/l;;;;;;;;llノノ
  i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!     ヽ从ヽヽ;;;', j   ー 、      彡// |;;;;;;;;、ll、、゙゙゙从从从
  i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|        ゙|,,ll|;;;; j" _,,、 '""    ノ   ::::/ |;;;;;;;;;;| |||| l|;;|゙゙从l |
   i!iii;;;;;  |          |  !i!          ||| | ;;;;゙'、-::);;/_,,,...-;彡´      |;;;;;;;;;;;| ||リ||;;;;;lll 从
                               | l| | ; ;;;ヽ"ー- ''''"´,、::     ll|l ::|;;;;l|;;;;;;l|ll|| |l;;;;;;;l| |||
                               l゙lll从 ; ;;;;;;;'、 ー ''''"´彡    从:/|;;;|ll|;;;;;;| l| ||/||l|l|||,,
                               ヽヽミ≧l ; ;;゙、 了´´     ..::/ ',;;| j;;;;;;l|从||l|从从;;
                                ゙''''i゙jjjl|| ; ;;;;', l        /    ゙;| j;;;;;i;;;;;;从;;;;从;;;;
                                 | l||从;;;;;;;;l ヽ;;:    /      ',|l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                 ',从从;;;;;;;;`゙'''''''''''''"        |.||;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;从
                                  '、从从ミ、;;;;;;;;;;;;/ ノ`'' 、:::::""''::::: ヽ|、;;;;tヽ;;;/`''
                                   ヽ、ミミミー、;;;;イ   | `' 、     `゙ーミ/

222 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:39:52 ID:7JpVHwew


次には、王の頭を剃って、水脹れをつくった。キンポウゲの根からできたくしゃみ粉も用いた。
大麦、甘草、甘アーモンド、白ワイン、アブサン、アニス、それにアザミ、ミント、ヘンルーダ(ミカン科の植物)、
アンゼリカ(セリ科の植物)を煎じたものを調合した液体を王の喉に流し込み、
脚にはブルゴーニュ産のタールと鳩のフンからつくった膏薬を塗った。


;;..;;;; /;:;;;./;;;;/;;;;;mヾヾl|//;;:;:;:;、;;;:;;ヾ;;;ヽ.、;; :ヽ
;;;;;;;/;; ;;;/;;;;///,'        ヾ;;;;;ヾ;;;;l.|;; .;;ハ
:::::/;;; ;; i;;;;;.i;|l.|;l            `i;;l;;;;l::l;;;i、;;;l
;;; l;;;_,,ェョ;;;;;;l,l|'l:l--―――― ---ノノ!;;;リ;l::::j、 ト
;;;;lニ-ーf;;;;;;l|l・リ"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゛''/〃〃;l,,l::::ヾ;l
;;;;l;;; ;;;;. j;;;;;j;,' /    ..:  .    l|{;;〃!: ト、!.:.ヾ!
;;;.j;; ;;;. j';;;;//' .....-.....;;;;.  ::::- .{l 巛.{;; i| .::: :: `i
.;;;};;;;;;;;:::::::,r・こ―、;;;;;;ゞ {.,r・こー、:::::l;;; : :.;;;; ; j
;;ノ;;;; :::::/;;;;――‐;;;;:;;,.. i; l:;;;;;;―‐::::::::l;;;;;.; ,:;' ;:;'               ____
.;.;';;;;;;;;ノ"""""´´  ::..   l      :::l;;;;.;;.;;.; ;;'              /      \_
;; ;;;;;;f          ,i、 i、     :l;;;;;;.;.;.. l             / /   \( ;:;:;)
; ;:;;;;;l ...   ...   ゝ 〃/´、,      l;;;;;, .;;;. .ハ           /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
;;;;;; ;;;l:::::'  ",,    '';;.;;;;:''      ,';;;; ,'':.: ; ; ;!          (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
;;;;;; ;;;l;;;'   ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ッ   .j;;;;;;;.;.:::;:. ; l          / ||    ` ⌒|||   ,/
;;;; ;;;;;;l;       ̄ ̄`´ ̄ ̄   /;;;;;;;; ;;; ; ;./         / / |\/ /  /l |  ̄
;;..;;;;;;;ノ :.   ...::::::"リ"''""":.....  /;;;;;;; ;; ; ;;;/          / /__|  \/ / | |
;;:;;;;;;;;l ヘ ::...   :.:.: .:     :.: ,';;;;;;;;;.: : ;;;イ          ヽ、//////) /  | |
;;;;:;;;;;;l:.::.ヽ :.:..   :         ,'::::::: ,;;,; ,;; l           /  ̄ ̄ /   | |
;; ;;;;;;;l.::::.:::::`.ヾ.、   .......::::::.. /;;;; ;;;;; : :: :::l        __/  )--- ヽ   ヽ つ
;;;;;;;;ノ:::.::.:.:.:.:.: : :`ー-=≡三=‐',;;;;;;;;;; :.:; :: :.::l       ⊂---― 'ー----'
彡'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;::"__,彡;;;; ;;;; ,;;.;; ; ;;.l

223 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:40:33 ID:7JpVHwew


そして、レモンの種、マンナ(甘い樹液)、アカニレ、黒サクランボ水、液状にした真珠の溶液、リンドウの根、ナツメグ、キニーネ、
クローブ(チョウジの木の蕾を乾燥させたもの)、ライムの花の抽出液、スズラン、ボタン、ラベンダーを混ぜ合わせた膏薬を貼った。

王が引きつけを起こしたときには、人間の頭蓋骨からの抽出液を四○滴与えた。

王の症状がさらに悪くなると、動物の胃から取った結石を与えた。


|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| | ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||| ||||||||||||||||||||        ||||        |||||||||||||||||||||| |||||
||||| |||||||||||||||||                    |||||||||||||||||| ||||
||||_|||||||||||||                        |||||||||||||_|||| 
|||| ||||||||||──────────────────||||||||| ||||.
||||_|||||||             ○             _||||||_||||||
|||| |||||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |||||| ||||||
||||| |||||                            |||| |||||||
|||||| |||                            ||  |||||||
||||||  ||_________|     ||________|_|||||||   これが天才の治療だあ~!!
||||||:::::::;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::|     | |::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::|||||||
|||||::::::::::/   ●   \:::|    |:::/   ●   \::::::::::|||||||
|||::::::::;;;;;;;──────;;;;;;;;|    |;;;;;;──────;;;;;;;;;;:::::||||||
|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,   ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::||||||
;;;               ;;    ;;;;;;;;;;::::::::        ;;;;;;;;;;;|||||               :, -─‐──‐-、:
;;                    ;;;;             ;;;;;;|||||             :/     #;;;;゚┳  \:
|                    ;;              ;;;;;|||||            :/ ;  ゜#     °  \:」
||              ,,-     ;;;;;             ;;||||||            :l  .U┳     ; ;;;;;#;;;;;;;;;;;; l⌒ '";;;; ヽ、:
|||              |    ;:   |             ;|||||.           :|;;;;#;;;┃;;; ;;  u.    ;   |ー       \:
||||              \,,::,,,;;;,,,,/             ||||||.      .      :! u. _ノ#ヽ、__ # ∪        ;;;  ,;   \ ,rー、:
||| |               ''';;;;;;'''                | ||||.            :ゝ。((-‐)  ;;;;;;(--)::。 i';;;⌒┳ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ:
|| |          |_____|;;;______|       | | |||           :(  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、__;;__"___,、___ソノ__ノ:
||  |         |;;|              |;;|       | | ||        ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
.|  |        .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|       | | |
| |  |         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       |  |  |

224 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:41:28 ID:7JpVHwew


悲しいかな、ある忌まわしい晩に、王は樵梓しきり、集まった医者たち全員は、希望を失いすっかり気落ちしてしまった。
しかし、いかなるときも職務に失敗した様子を見せないよう、最も効き目のある強壮剤を持ち出した。



            ,-、 ;;
         、,、-' 弋 ;;
    _,、-'     (
   ;;(_  il||l   il||l ヽ、;; ピク
    ;; ¨''、         ヽ、,_ ピク
      ヽ、    _,、―--、,__) ;;
        ;;ヽ  /      ヽ
.         ;; | .f         };;
        し| _#;;       ノ
         ;; .ゝ_____,、-'´


"//;; 彡,、-ー''ア:;、-'/:::::::::::\\::;;、-'7三三 ヽヽ;);/ ̄/_ヽt
从从iii:ノ  ////了;;;;;;;ミ));/ /彡ミミ::;;-ー―" __/ヽヽ
:::::::::リイ  i::/ / / /;;;;;;;;;;;iiiii)/ ,r',,,,,、- ァ/-z''"  /iii从;;;)) |
//;;;/:|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"::|;i/// /从从;;;;リ|  ヽ
i;;;;i;;;;リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| /    :リ;|/,,;/ /イii|/\从从
iii||;;;;i   ,、-ー'i|  "/ / :/ /     /リリ/;//从:::~'-/;;、-'/
リ|ii|/ 「"、リt i|ii|i  ノ /ヽ:/ /  ノ  :{;;| :|ii|从i|;;、-''|;;;、-",、 '从
リリ/ /、,リノ;;|''|;;|ー-|/----レ------ ーリ;;;|''||ii从リ,、;;;;/ /从从
:::::|  |ノノ人ソ''|リ+::、::,,_o;:;:'、o;) ,,、-ー|;;|i|'"iii|从从;| /ヽヽミミミ   ならば最後の手段!
:::::|/彡ノ リ ノ ノ ー--、 ̄ ̄ ̄ノ:::::::::t;;tヽヽ、;;ミミ;レ"ヽ、ミ三''ン;;
彡"从从ノ ノノ    ヽ~ j::::( r'  `ヽミ、,,,、='}~'-、、ミ三シ<":   最高の強壮剤を使う!!
彡彡イ/);;;~"'''ミz;;;;;;;;;;__iz-ノ人t-;;=ニ、ニ,-ーヲ;;;;;;;;;;;;;) ̄ 、;;;;:::::::::
>''"//;;;;;;;;;;;;;;`'ー`=´-''rミ:ァ了彡:~''''''i''ア'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ 、'ー、::::
;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;'''''了""":(ミミi|:::j:::彡::::''"ヽj'''"  ::;;;;;i|ミトトミ ::::::::::::
;;;;;;;;;/|;i|;;;;;;;::::::  |}  :::::(ミ i :|:/リ::::、 ||   ::;;;;;从~'-、ー、、、、r'"
;;;;;;/ |t;;;;;;;;;;):::::::::ij:::::::::::i'⌒ :j :}:::''"ヽ::::: |j   :ノイ;;リ;;;|从::::::::::::::::::
;;;;/从i);;;;;;;t'、:::::::::|i:::::::::::'ー:、( )'"~´  リ  :イ/;;;;|i|i||从ヽヽヽ;;ヽ
ノノノノ;;;;;;;;;;;;t';::::::::::},::::::::::~''ー、;;;/    ij  :::/::|;;; || i 从:::;;;;;;;;;;;;;
 从;;;;;;;;;;;;|;;;;;;'、::::::::ij:ヽー__ニ三三'''=ー''ノ  ノ::::|;;;|i||ii t从;;;;;;;;;;;;;;
リ;;;;;;;;从;;;;j::::::::::ヽ::::::i|::::~ 、" ̄ ̄ ̄"::::ノ  r'::::::リ;;r、(((ヽ't;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;ノ ;;;;;;;|、::::::::::::ヽ:j ":::;;、 '' ~~""ヽ、ノ:::; '::::::::/;;/从ヽヽヽヽ;;;;;;;;;;
;;;;;;/イリ;;;;;;i、_::::::::::::::::ヽ::::(       /::::::::::i;;;;从ii|ヽ)))从);;;;;;;i|
;;;( (i|;;;;;;ヽ、,,,::::::::::::::::ヽ;;:::''''''''''''''ヽ/:::::::::::::::t;;;;i|从ii|;;;))''ノノ、;;;;;;
              :` ̄ ̄ ̄

225 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:41:53 ID:7JpVHwew


その強壮剤は真珠、甘味剤、アンモニアからつくられていた。
治療に失敗した医者たちは、強壮剤を無理やり王の口に押し込んだ。


          _ ,゙i, ll ミ ニ.ノノ!一 ''''' """ ~ ~ ~ """ '''''
    _ , -‐ '' "  ゙いl ヽ ニノ〉
 , - '"         i,_lL..jl,ィ+fノ!―一ノ)― ''''''''' ― - -
'´        ,, -:: ''^i, ll~^i! .彡,l::::::::<ィレ、::::::::::::::::::::::::::::
     , :r::''"´:::::::::::::::::゙! ll  ll 彡j!:::::r'゙ r'"::::::::::::::::::::::::::::::
   ,:r:'":::::::::::::::::::::::::::::::::゙! K;;;;;;ノイl:::::゙´L!:::::::::::::::::::::::::::::::::
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i゙i;;;;;;;;;彡l::::::::::: に'7::::::::::::::::::::::::::
. l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i l;;;;;;;;彡l:::::::::r‐' 'ーァ:::::::::::::::::::::
. !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ぃ;;;;;; 彡)::::::: ̄ ̄ri::::::::::::::::::::::
. i,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶ミニ,- 〈::::::::::::::fj゙'゙'77::::::::::::::::
 l,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└r:'' イ::::::::::::::::::::〈ノ:::::::::::::::::
 丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` い::::::::::::::::l}l}/〉:::::::::::::::::
   `:丶:、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ〈::::::::::::::::ノノ.:::::::::::::::
      ` ゙゙`'''ー --::=:::、,,,_::::::::::゙′::::::::::::~´::・__,,,,
                   ` ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ~ ´

228 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:42:21 ID:7JpVHwew


その結果、王はそのまま死んでしまった。

             ____
           /      \
.       / _ノ  ヽ、  \
.      /  o゚⌒   ⌒゚o  \
.       |    (__人__)   .  |
.      \    .       /               __ .____
.         ヽ、      ../               , ‐´:::::::,`',,''     `‐、
           \   /               /;;;;;:::::;;, /';'     ,゙゙'::::::::\
              ノ _.ノ               /:::;;;;;ミミ; /      `゙';;:::::::::::ヽ
.           ( .(                 /;;;;;';ミミミツ/;;;';';'';'';;''ヾ,'::::`::::::::::::::::}
.            )ノ                /:; ;::,__、,_____,:;:::. ;::::::::::::;'i
           ((                  i::; ;;::i          ゙|::'::. ;__;,-',‐;
         .ノ                 /;; ,: :{──────‐‐{;;;::, ;:ヽ‐'´::::ヽ
                           /:. ;;':{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:::: ::::`;::. `::::;゙i
                           i;;, '' ,;:|____,..、____゙l;;,_ :::::. :::, :::::i゙       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /,,;'::';:l;`‐゜‐';i ;;;;;`ー゜‐';;;;;|:: `; `;;;::::`:::゙i    < ん?間違ったかな?
                            'Y ;:::::゙i  ::::::l        {;;;_ ゙'゙゙:::::,';:: ::゙-,    \_______
                      .      / ,;; ';:゙i ::::::l         |::゙'';;;;.:.::::`;::.`::;;ゝ
                            `'i;; ';:::゙i :::{__,,,ゞ ,    ,|;, ::;;;;`''::;':::`::::;;ゞ、_
                      .     _,‐´`ー!、 ;゙i, ¨ニニ ̄   ,‐':{:::';::::'::::::::',,,'''';;;;'    ̄ ̄
                      .   /   /`i; ;::゙、 '''    _,‐'::::::{;;;;:`;::.:::::::::;;ヾ_,,゙
                        /    / / `i;:::゙;,_  ,,/:::::::  /`'';;:. ;;;;:ヾ ''''
                             /  |  ゙ ソ;;''' ̄:::::::::::   i゙::::::' .::::'''ヾ


●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆

229 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/07/22(金) 23:43:02 ID:7JpVHwew

                                               ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
                                               (.___,,,... -ァァフ|
                                               |i i|    }! }} //|
                                               |l、{   j} /,,ィ//|
                                               i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
                                   ………        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ
         // / ///  / |   //                    /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
         ノ ∨///i/   l  /―'´ /                    /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ
        ノ  レ ! |   | /  r‐''´                     ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
    r――'   ノ/  |    |  /                       |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ
  /    r‐''´/ / /  / ) |ヽ /`ヽ                  // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
  /  i  /   L |/   /  /  | |ニ--、|                  /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
  |  ヽ、 ヽ    |   //   / / __ ノ                 / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V                 ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
    \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ               _/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ
    /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ
   /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ
  r'   /| `'''-\ /// /-'  ミ彡//)|   聖遺物でも拝んでいたほうがマシだな。
  ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_
    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\
   人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川                                      イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
    `'ヽ | |    | /||        |ーヘ川リ                                 冒      ,': :゙`ー--――'´ rl
        ヽ  | |、       //: : |川                             l l      ト=、: : : : : : :r―=ニ!
         ヽ  !_-フ       / /: : : :|    やはりベケットウォーターが一番だよ。 /~ヽ.      l: :え>,; : 〈<え: : :<l
       /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||                              |__|    ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
     /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |                            || ベ ||   ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
    /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ                              || ケッ||/⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
   /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|                           ||  ト||\ /  / 「>,、 __, イ-/  /
                                                           ̄  /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                                              `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/

                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                      d⌒) ./| _ノ  __ノ

234 名前: ◆OkhT76nerU[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 23:45:56 ID:7JpVHwew
ぶっちゃけ、最後のエピソードが書きたくてやりました。
あと今度やる聖人崇敬の予備知識として。

238 名前: ◆OkhT76nerU[sage] 投稿日:2011/07/22(金) 23:50:29 ID:7JpVHwew
>王様が生聖遺物

しまったロイヤルタッチの説明してねえ!


スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/08/28(日) 23:50:23|
  2. やる夫が獅子心王になるようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<やる夫が獅子心王になるようです 第五章(後編) | ホーム | やる夫が獅子心王になるようです 第五章(前編)>>

コメント

魔女裁判が蔓延ったのも、こういうインチキ呪術や医者がまかり通ってたのも原因の一つなんだろうな
まあ、教会もその辺はあんまり変わんないけどwww・・・・・・おや、こんな夜中に誰か来たようだ
  1. 2011/08/31(水) 00:03:16 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

なーんか明治初期のお隣の国の医療を思い出したわ。
日本って進んでたんだな。
10世紀には「清潔にして、安静にする」という自然治癒と「薬草」の概念があったんだから。
外科手術はさすがになかったけどね。
  1. 2012/03/05(月) 05:10:54 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

中世に関しては中国の医療が進んでいてそれを取り入れたからじゃないかと思う
  1. 2014/07/27(日) 20:59:02 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ch #-
  4. [ 編集 ]

血液を抜き
よくわからん薬を浣腸・・・・
本気で拷問と変わらんな
  1. 2015/04/21(火) 20:28:21 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yromtm1059.blog117.fc2.com/tb.php/247-85167aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。