やる夫+まとめ -戦国系-

戦国系やる夫シリーズのまとめを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やる夫が獅子心王になるようです 番外編「聖遺物崇拝」


614 名前: ◆OkhT76nerU[sage] 投稿日:2011/06/24(金) 21:00:17 ID:7z./5AVU
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,
         `、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃,,
          .}.|||| | ! l-'~、ミ   はじまるよー
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y _   _   .i|,];;彡
        i ・ .〉. ・`   H;;;ミミ
        {  ( _,:、      ゙};;彡ミ
         ゙i  ____  .||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i ヽr-ノ   li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,  ´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

615 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:01:55 ID:7z./5AVU


    _,    _,     _    _     _    _,    _    _    _,    _    _
    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|
 | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
 |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
 |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|


                                           朴
                                          彡ミ
                    __                      彡彡ミ
                       | | __                     ilj
'''''''''''''''''''''''~""''''~""''' ‐-、_ _, | | | | f、_,,. `i        _ _、-‐''''''''''''''''''''''''~""'''
                  ''~""'''  |,ミ{:.}彡|,. ,、i⌒i,''""~"~      
                       |、ミV彡|               _、  ------
===-----                  ( ´Д` )                 ---------==
                        :.:.:...:::.(    )      
            :,..: ..    :,..:.. :.:.:| | |       :.:.:...:::. ....
                       (_(_)     
_ -‐'''"                                \         "'''''─- ,
        /      /     (\ヾヽ/ノノ//         \
      /       /      _,,..-;;;'ノjiヾ;;;-..,,_.         \   \
     /        /    _,,..-;_,,..-;;;''/l川ヾ;;;-..,,_          \   \
   //       /    _,,..-;_,,..-;;;'''川ヾ;;;-..,,_-..,,_.          \   \
  //        /   _,,..-_,,..-;_,,..-'''ソ川ヾ;;;-..,,_-..,,_-..,,_        \   \
//         /   _,,..-,,..-;__,,..-;ノノ川ヾヾ;;;-..,,_-..,,_-..,,_         \

617 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:04:15 ID:7z./5AVU


  \ │ /
   / ̄\
 ─( ゚ ∀ ゚ )─
   \_/
  / │ \
                                       ノト     |
                                      彳ミ    ノiミ
                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ    ̄ ~~""''
         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-
__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~
  .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .   \人_从人__从_从人人_从,人_人_从人,/
 .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,..:.. ... ... ,.:.:.:...:::.. .    .,.:,.       <                       >
    .,.: ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨  \从/   < しまったァーッ!!          >
.,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..            < ポルナレフをはねてしまったぞ!! >
   .,.:,.        .:.,... ,..         ;;,.. ,../ソヘヘ   <                       >  ∩∩ __
    ... ,...              ... ,..   . 'v=0=w`  /WY⌒WWY⌒WYW⌒WW⌒YWY⌒\    |  i` .,,_゙、
  ...             .,.:,..:..  []      (; ゚∀゚)              ..:..              ∑ |  |,ミ_{.:}ミ|
,,       .,.:,           ||____.ノ(. つ¶つ¶____      .,.                        \|、ミ_Vミ|
                  / ̄:l:  .―:l:――――:l:/___ヽ,―、                 /    ⊂(゚ ∀ 。)⊃
''"""'''''"""''""''―=ニニ三  |  :|:./ E:|: EEEEl  :|:|:   :  ̄ ̄||`l      """'''''""''''  /
''"""――=ニニ三      / ̄ ̄ヽ ̄ヽ EEEEl :|:|:__:___||._|"'''''"""''""''"""'''''""''''   /
                /  ,●、  |  |777777|:|   l, ―┴、┴――、 从/,    / /
       ―==ニ三  | ●|  |.●  |  |/////// .:|:| /     ヽ    ヽ  ≪  /
  ――=ニ三          ヽ  `●'  .|  |====:|:| |==㊥==l===|  冫 ドッギャァーン
      ―==ニ三      ヽ____/_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'ヽ_____/____/ W \

''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''
"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""'''''''"""''""''"""'''''"

              │  │ _              ヽ、_  ┌``´┐  ヽ  ``
              ├─┤ /_) レヽ. レ⌒ \./   /      フ   , ヽ  、
              │  │ ヽ_ |  | |    /   (____.   ̄| ̄  i  ノ  ヽ

                         「聖遺物崇拝」




618 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:05:25 ID:7z./5AVU


                    ,,-z'7,,r'',,..-‐ ,,,...- ''   ,,.ヽ
                 __,,..-''  l,:'_'_-_''_¨_,,,,,,...----‐‐‐‐---┐
               /r 、i ,'... ,, - '    l
             ,,-´ ` ゚'’ゝr',,_  '' ,;'´u l
          ____/ Lヽ u /¨ -ヽ '',,__. !   うぐぁ~~
       r'´_!、/./、ヽ     ` 、o ,,トv' ..,,/!
       '¨/..:::::..ヽヽヽ u  ` 、 ,, ' r、f"ヽ !   これちょっとヤバいかもしれねえ……
        !ヽ:: u  `ー’  u , - -' `v'ヽヽヽ !  クリームの攻撃食らった時並みに痛いぜ……
        !:::::ヽ     ,,-"  , , _  rっ、''、,!l
       f´::::::::::!_  ,,-''    ,,-<ヽ¨_ -"_,/!
        /:::;;;;----::¨;;¨_''‐-'7´ `ヾ’`''77'´  l
,,-‐‐--,r'’"___,,,,,,,,,......r''--;;r"レ''ー''¨¨`X´ ̄ ̄`!
-...,,_,,-‐'''´::::::::::::::::::_;;-'7/ ,' u     `、 ト、,l
::::::::::::::::::::::::::::::....   ...::/  ',          i `i
:::::::::::::....:::::::::::::::::::::::.::::/    ',        !  l
:::::::::::::::::::::: ::::::. :::::::::!    ' ,        /  l
:::::::::::::  ::::.   ::::::::::::::!          .::/   !          !
::::::::::    :::::..   ::::::::ヽ _....; ´    ` 、::.     ̄ ̄ ̄ ̄i  ̄ ̄
、:::::::::.    ::::::..   .::::::::::::/      .::::::::        `ソ
` :::::..::::. ...:::::::..:::::::::::::/       .:::            `、
   :::::::::::::::::   :::::::!       ::            ,' /
             ヽ                 ,r''′




                    _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-
                  ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7
                 /      ,. ,.-'-' // '´ -'´
            __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////
         ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!
      _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´////
    ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  しっかりしろポルナレフ!
   '´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以
  く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_/// 今医者を呼んでやる!
    l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /
   |        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i
   |ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''
      )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
     ノノ          .| ヾミー-  u //:::::::::::::::|

619 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:06:36 ID:7z./5AVU


           ノ= 、、、、ッッー― 、-、-、- 、― 、
       ,、-'"三ヾヾシ―乙三ミミ\\\ミ、ヽ`゙'' 、
     ゙マ´"シ 三ll|ll|彡''"""ミミ゙゙゙゙ヽヽヽ ミヾ\ヾ ヾ'、
    /彡三ミミ从/ ,、-= 、ヾ゙゙  ヽ   \\;;;;'、 ll|l',
    /;;;;/三ミミ、l|//´;;;;彡ミ;;ミミミ} l| l|ヽ、、、、ミミl|ヽ;;;;リl | ',
   ,'////;;;;三ヲー、ィッッ--ー-、ll|゙l l| l|ヽヾ;;;;;ヾ;;;;;;;l|レl|ミll| ;}
   ,j从//;;;;,'             }ll|,| |l|;l|,l| ゙゙}}lll||l|;ィll|ッッl|l|l|l|
   j从ll|| ;;;;|、,,         jlリl| |l|ll|从;;;;;;;、 - ''"´,jl|;;;;;;l|
  リ从从;;;;;',  `''''' ー― ---l||;;;;lリl|l|l|''" ̄,, 、-ー'''"ヾヾll||   まかせておけ……
  { l|ii 从 |;;| `゙''ー =ミ ,,,,, _l||;;;;;;;l|ll|-|''"´ll\ヾlリリ;;;;l|ヽlj
  ヽ ソ从l|;;;l       ...:::::::|;;;;;;イl||从ヾヾヾヾ゙゙゙ |l||ll|/l|l|   馬にはねられたぐらい、
  /ノ彡リ;;;;;;'ー,、 ,,、,,  ''"""´ ヽ、;;从从ヾヾ゙'ー、ヾミ≧;;〈〈   天才の俺にとっては朝飯前よ!!
  /ノ,,ノノ从||:ミミ弖ミ:ッ''ー-::::__:::;;;;;;ミミ゙lwミミミミヽ`'ーミ;;;;}{、
 イイイノノ从;;',゙::::::::,' ''""゙ヽ`'''''''"´彡  |ll|゙'ーwW;;;;;;;;ヾヾ}リ;;l
  ' 、l|lV/ノノ ;;', :::::,'           l|ll||ll| |;;;;;;;;;;ヽ、l|ii|リ|リ
    ラ;;;;l/ ; ;;', :::,'   -、:::...      lリl;|ll|从;;;;;;;;;;;;;;;Yl|〈〈〈
     |ll|l/;;;;/;;', (",,、-:ァ''       l.|l;;;;;;ヽヾヾll|;;;;;;;;イ|从ll|
    ヽl||;;;/ ;;;', :゙´、∠____,,,ノ   |l|lヽ;;;;;;\\リ、;;;;;;ノミllリ
      l|;l||| ;;;;;', `゙゙'""""´´      |l|;;|lll、ミミミ゙\イll(llミl|<、
     , ''、ll;;;;;;;;;;', :`:::""´´     ゝ;;;;;;;\、、ヽヽ、゙ヽミ ミーミ、
    , " イ ; ;;;;;;;;l イ       ,、 彡ツ;;;;;;;;;;ヽミヾヽ\ヽヽヽヽ\
    イ /|lヽ;;;;;;;;;'、、::..   ,、-'":::"///〉〉lll|;;;;;;;llヽl|;;;)|l;;;;)l|〉ヽ))
     | /  乂々/ミ`゙ー― '´:::::::'" /イ//从l|ll|;;;;;;;;;;;;;リl|イjj;;ノ }}リ;;;;/|〉、,
    /ノ  //" レ゙゙゙〈::::ll|:::::::::::"  l|l|;;l从|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;|リ((ll|l|ノ忽ヽ/  ゙゙l
    イ  /j"|l、 ヽ ヽ::リ::::::::::::::,、-'ヾヾl||;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ、;;;(从从ミツ" ̄  `゙ '' 、
   |レ // /:::l| \ ヽ ::,、 '" /ーア"'ーミア::>ー'''" ゙̄"´,, 、-ー―― ー―- 、ヽ
  /  |::| l::::::|l \ >'"/"/::/",、-'"      ,、-''" ´,,、 -ー―――― ー- 、 ゙
 /   /::l|  \::. :::::\:::///-'"     ,、-''"  ,、-''"             `

                 【医者】

620 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:07:30 ID:7z./5AVU

          _                         ,m       _,,.,.、._ //
         ‐ ミ_- 、 _     ,、---、_           /巛,     〃  /./
               _`>ァミ -x<_    ヾ、      _,x-‐'´、,.」     | ,-‐' `‐´》
ヘ_,、   ,、.__ィヘィー'´   L `tー-.厂     }ミ    <{'仁⌒ </`,ニ, ̄ヽ奴 .:: :./=-,,、 ,/
   ` ̄         /´  .ヘ:..::`:.  _,..⊥ミ---ミ ヽ、l`ヽ〈>' ~´ .:.::ノ  `フ_,.-‐、少' ./
             └ァ- ._\_./´   `ヾ、::I二I`ヾ.\'´|〉'之/`く‐'ミl、彡l   |_,.イ .}
  ┃     ̄フ      厂¬‐-ミ._>ァ _,    }ミ三二 /! ゞ ´ .::|  ', ./ ! .多  ,;;;;  ./
  ┃   ー─     〈      | ̄‐-'、   ./ミ ト,. -‐'‐'〈 、_:f`.、_ ,'-/_ | _>.、 __∠
  ┃   /Tヽ     /      ヾ、::.:..:: ノミ`/ ,. -ァ   }'‐f´:|lf 。、.Y,。ァ´'' Ξ /┐ \   チェンジ!!
  ┃   V ノ    i          ̄ ̄彡/ .,イ::/  ./_ ∧|.iヾチ./幼ヘ.;;,, 手  `仁二ニ
  ┃    |、 l l   |     ___   __/´.l   ̄  / .!_ \ ヾ|.l 川/!.::|ー-、》.. .:. ::::;;;;ノ
  ┃   │ヽ    l   /    `毛 ./  ___/,、 /.了 .: :|ヾ∠イ::/ '⌒≫─-.<´
  ┃   ノ ̄/ l l  |  /;;::.:  ,.‐'  彡{_ノ  ,.-ァヘ |´ .: ヽ //:::::. _/ .ミ/゙ ゙゛     ',
  ┃    ノ       !. _{_,.x‐7 L_  .彳\__/ A:. __ .:.   l'´  _,イ ミミ《 、     ミ
  ┃  .┼┼    ',ニ-‐t‐┘::.::. ̄./マヽ_, / ‐}´. `ー-.イ  ./ f´ `゙ ∨ ` - r‐.、 ミ
  ┃     ノ     ',   `>‐--‐<´ /    `豸⌒!:.:   /.lヽ_/ /ヽ---.、_》.、:.::._\ \
  ┃    |      〈  /;:.    Y...:::^ヽ-f  彳:::|::  /:. |、‐ '´  .:|-'\ ミ ̄,.、ミ.\.\
  ┃    |_.ノ    (´ l;;:.._/   彳;;., -、:.::〉  彳 :/  《.,ィ′ヽ _,l: : : :ミ┴ -、 ,ヘ!、 \\
  い l   ┼┐ヾ  ,ゝ .|,-'、_x‐'::..:. ヽ/-.y';;;,,,  ノ :/ l!∥/:」   |'´  .`X゙゛     〉'.\\  \
   ノ   / 、」    レ'´./‐---‐''" / /-〃-<´∥,,.,,.__ィ_キ  /   /  . .   ) ミ、\\
  /〉/〉   ┬ァ   `<´         / / 〈   亥 li,, ,,,.,`‐'∥'7:    ',  :.:.::::、'ヽ ミミ  \\
  〈/〈/    .ノ´   r'´      / /:. .._;'_  .//  ̄`l|li! l! i::.     l|!::li!∨',./`゙     \
 <><>    ┬ァ   {       /./l;;:.:/ 〉 ∥:.     `.廴    ''i!ー|li.∨',
        ノ´   \     /./ .∨ ./;;:.:. ,{;::. :.. r-、    }il    ̄` -、_ __ <´ヘ.ヘ
         ┌ー‐'´    /./  / /`'''"´㌦;;.::/‐、/;;:.:.. /   __  /´ ',0}.} .ハ.ヘ
         _(        //  / /     li!iy' /;;::._ノ   /:. .ト{__ノ ̄`=ヘヘ
'⌒ヽ'⌒ヽ、 l´       //  / /         ./ /´ ̄    `!‐〈   _,. ‐'´ ̄ .',ヘ
      ∨        .//  ././           / /        〈ニニ>‐ '´       ',.k
                 //  .//          /./        ∨-|         ',.k
             〃  //           /./             ヽ '            ',.!

621 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:07:51 ID:7z./5AVU
, ii、   i;;  |;'   ;;;','','|i  ;;;;  /ヽ":ヽ/;;;;・,’・,’/・,’
ii  'ii、  ';;,’',;|;'・',' |;;','''|i ;;;; ',';',';リ|:::::/;;;,・,・,’//,、-'
ii、',''・ヽ,.’';;;,’, |;;',.’',''|i','',|i ;;;;;'・,’',';/','/;;;;ヽー)ヽ―'"
,'iii、'・,’ヽ',';;;',,’|;;,.'・,’i|.'・,|i ;;;ii~'ー、/',/;;;;;;;;、)
  iii、'・,.’ヽ;;;;t.|;;',';',';'|.|.'・,|i;;;丸ミ"ヽ/;"','・ヽ    う
ヽ ;ヽ'・,、i,,从ii|;;ヽr-| |;','〉;;;;井ミミイ/ ,、-'"ノ
;iiiヽ ヽ };;;t(();;;;)ノ | |;≧iiii;ヽ从||-从从ヽ     わ
' iiiヽ;; ''(;;;;;;)~)从⌒~'ー、~'ー、;;;_,、-'"~~'ツ )
 'iiii i〉~'-、;;;;tヒ从从~''ー 、~';;;;;ノ;;;,,ヾ~~'''〈     ら
、ミ、シ ;;;;;;;メ彡-、レ フ ,r",、-'"''ヽ゚、)彡リソ;;;;)
ミ','て iii、;、''iiァ-、r、";;;;;r",,、-ーー、 ヽ彡'",,ノ     ば
・'了"i、i人;;V''゚'"t)t';;;;;、-ー''彡彡~''ー ''"/,、z-、
,':,'((ii|ii|ii、;;;"'t、,,/,r''"彡彡'彡"、',、-'":/'"ノ彡)_
,':,':;了リ|;;;;''';;;;;;ヽ" 't;r'~'ー-'"彡''"彡::/: j川ソ/'i      _,,,
,':'"( Yit、ii、;;ii;;;;;ヽ'、 ミ三ii彡";;;;"::::::iq, |;;;;;;,/. i| __,/  /i
/  リ;;;;iレ|i、;;ii;;;;;;;;;;ェ;、~"'、~,、-'"/ノノノ |;;;j  |ji"ツ,、-'//|r" リ
,':’r"、r-;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ `~'ミ";;;;rー''ノ-ir-ノ~;;|  |、-'" ,/:|  || /
/"ヽ'"~'-、;;)、;;;;rii;;;;ノ ̄::'"''-ii、~,、'"r":::::;;|   ,,、- '"ニ| r' |/";;;;
 /":::::    ´`" ´" ''"  ''"":::i;;;/ ,、-'"   ii ;;;;/.|ii|/ /|ツ
ーー-、、,,::::::::::        :::'''"~',r'" ,、-'|.  ノ ;;|  |;;;;;;;;i ;|. |"
::''"   ~''' 、;;;;;........::      /j  /;;;;;;;;|. /三|  |;;;r".| |. //|i
"      ,};;;;;;;;;:::::................../::://;;;ri三|. iへ;|  r';;;|  | レ''|  |ン
~'-、  ::/ノ~'-、;;:::::::::::::;;/::(::::::::/. |',,' | |ン;;|/;;;;;;| /彡;;|. r'彡
  ::~'-、-'";;;;iiiii||"~~~~~:::::::::::::(;;;;;|.  |',' | 〉,r"";;;;;;;;;;|/;;;;''",,|/",,、-
;;;;;;、-'"iii";;;;ii ~''ー 、   ::r-ー-';;;;;;|  |',';;;;| /、、,ノ",、 'Y'' ,,,,,,、-''" ,、=
''",ノii;"::iiiiii'・',;;"ii','::,':~'i,r、 i~iiii;;;;;;;;|. /;;;;;;;;|i:::,,、'/::>z'/~リ/ ,,、-'"
.:/ii '・',iiii'・';;; iii'・,・,,':"´ ヽ,jiiiiii;;;;;;;;|/;;;;;;;;:::,、':/:>";//. リ/ "
"/'・',;;;"/','::;;;iii,',・,iii",iii,/;;;;{ii ;i;i;(ヽ;ii;;;;;;;;//::/::::/;; / ヽ/|||ii|
" ;;;''・'/','::;;;; iii・,''"・iii/ii;; {ii(ii;;r" `´~::ノ /-ァ''ヽ-、'i: |i''ii iii
             /i;;ノ;;'";i;(  i::::r"ir" ソ /=///'-、iit iiii || |i ii
                 ""'' " | \イi|| ////""~'ー-iiiii| tt,,iii,,,tt
                        `" """   :::::::::~'ー、―''ー―'
                                    ~'-、~'''ー-

622 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:08:17 ID:7z./5AVU


                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ  ちなみに当時の医者は聖職者かユダヤ人だが、
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|  どいつもこいつも金を取るばかりでクソの役にも立たないヤブばかりだ。
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、                          ムヾ 川 /////〃〃/// /
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ                          タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`                         タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//                         /   〃    J ミ ニ彡彡/
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'                         { __{(( .._   ミ ニ 彡 /
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//                         }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/     じゃあ呼ばないで下さいよ!!    ,'   /   ```     りノ
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://                           !  ({ 、       ├タ<
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://                           /|  ィニ‐-、      /〃リ
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://                          r'´}! }   __ ',      / r'")
                                                      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ
                                                     /  ハ {      ̄  /    |リ
                                                   _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
                                                 /´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、

624 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:09:43 ID:7z./5AVU


        _,~ー―――--ヽ、
        |ヽー、____,- !/
        |  \ミ\ \   //
        | \ミ   \\ / /
        |\ミ     \/ |/    ぐっ…
       |\ミミ        ||     無理に動いたからキズが……
        |\ミ ヽ__,,ll、、_ |
       //ヾ ヘσλ i ヘσく     死ぬ前に懺悔を聞いてください……
       !ヽ、 i ヾi、~~! _ | ~~/ヽ __   実はこないだカキョーインに身代金として払った財宝は
   "シ彡 l⌒i !||!  __, / (~~ノ   全部まがい物なんです……
   彡シ″ \! 、l| ||i"¬ /    ̄
  彡ノ  ノノ  ||! \____/ /()、 /()、
// ノ  |/  || |!     ,/ヽ//ヽ/
  \  /   | |  / ̄/ヽ//ヽ/ _
    ー/    |!   |   〃 〃/ ヽ



 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|  気を確かに持て!!
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
. |〈:ヽ, Y  u    ::::: ,. ┴:〉:  |/   くっ、一体どうすればいいのだ!?
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、
 j .>,、l    u  _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|  U   、;;;;;;;;;;;;;,. /|
 |  |  !、           .| |
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、

626 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:10:50 ID:7z./5AVU
   |            __,.,.,.,.,.,.____,._      ヽ
   j         ,..-'"´         >-、,  /
  /      /  /´゙i ゙!:⌒ヽ   `'"´ ヽ、
 /      /   / ,.-,ニ,、゙i,::::::::\  ,..イ rニi,
       /    レ'/_::::::::〉〉::::::::::::`'":::::::|
       /彡  //_'、ヽ,=-'゙:::::::::::::::::::::::::└--‐
  ゙ヽ,  /三  /::/__:::::\\:::::::::;:;:;;;;.-、:::::::::::::::::
   ,,..-v'三 iー-':`-, r''‐ァ-、\`'',.-‐'"´゙!l;;;;:;:;:;:;:;..   \人_从人__从_从人人_从,人_人_从,/
  ´::::::ヾニ ゙i;:::::::,.ノ_ヽl゙_;;;;}ヽ;ヽ_」i::::::/:::!l;;:::::::::|「   <                      >
  >、::::::::`ヽ `,ン´::,.-`,.-‐`゙''`::〉゙ヾk::__ノ l;;:_;||:    < そんな時は             >
  ,r'゙〉::::::::::::} レ',.-'´:::::::::::::::::'::::::::::/二二,`ー--   <  ベケットウォーターだーっ!! >
  {::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::;:;/;;;ヽr';;;;ヽ,.:;:;:    <                     >
  ヽ;:::/::::::/ /:::::::::::::::::::::::,,;::::::::::::::l;;;;;;;:::゙ヾ',ノL;;:    /WY⌒WWY⌒WYW⌒WW⌒YW⌒\
   .)/::::::/ /::::::::::::::::,..-、ヽ::::::::,;:ノ;;;;;:::::::::::::;;;;;//
  ゙}/:::/ /::::::::::''∠__,...、.ヾ__ '"、::::::::::::::::__//::
  ::゙i´   j::::::::::::::l  ヽ`+、゙--、 ゙!|::::::::::/,.-7''゙ーy'
  l:::゙i,  |:::::::::::::::゙i,,  ヽ,,,_ヽ/ .!|:::::://:::/,.-__;//
   i,:::ヽノ:::::::::::::::::::::`゙'ー、    〉':::://:::://:/  //
  l,゙i,::;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;゙''ー'":::://:::/-':::ノ ///
  ;゙i,.ヽ;;;;:::ヽ、:::::::::::::::::::::;;'゙:::::/ レ'::,イ´´/ /// /
  ;;;/ \:::::::::゙''-、:::::::'"゙:::/-;:ジ) /// /// /
  / .∧  `'-、::::::::`゙゙'''";:;,..-'// ./// /// //
   /  `'''- .,_`゙゙''二,.-;;'":::/  /// /// ///
  '        `i };;;;/:::/i;ヽ, /// /// ///
           / /;;:イ:/ i゙:::::;)// /// /// /
  、        /,// l:L,ノ/::゙y、  /// /// /
   ゝ、___//;;(_,ノ::/:::/::;ハ/// /// //
  / /,.----';;;;;;;:;:;:;::l:::,.::::,..-':::::::::\/// //

      【トマス・ベケット】

628 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:11:46 ID:7z./5AVU


                            ,'  ゙、       /'    ノ l
                          .  f、  ノヽ、   _./: ノr=-‐'"   !
                          .  l 「ヽ : : `¨ ´: :/': : : i:l   l
                          ... l !: :《 : : : i : : : ヽ>_:,.:j l  /¨ヽ
                            ,.、ト.、'<: /:l : :_ノ '∠: j: :L/: :/: i
                            ヽ:V:'弋ラゥ⊥レィ'ヽヒソ: 、: : : : ):リ
                             i:l: :` ̄: l:、: : : : ̄ : : i: : /:/
                             `ハ : : : :,': :ヽ : : : : : : :! : l‐'ソ
             ほら、グイッといけ      `'; : : :ヽ-ァ : : : : : : : : !:l: :iヽ
             グイッと!!          ハ : :-、_ ニニ : : : : /:/ :リ i、
                                ヽ ー:-  イ: : :/ : :i :/ .i::\
                                 ト、: : : : : ;.イ : : : //  ';:::::::
                     冒          /::/ ̄ ̄: : : : ;.イ /   〉::::
                     l l   .     /:::::ヽ`¨ニ ¨ ̄  /   /:::::::
                    ./~ヽ.       ,'::::::::::ハ       i   /::::::::::
                    |__|        {::::::::::::ヽ、    ,,.. <:::::::::::::::::
                    || ベ ||  .     〈::::::::::::::::::`::::¨´::::::::::::::::::::::::::::::
                    || ケッ||
   |i~|~~l~|               ||  ト||
   |lli i ||               ̄
   ( ;´Д(\これ飲めば治るのかよ?
   (     \
   | | |
   (_)_)

629 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:12:50 ID:7z./5AVU


゚ | ・  | . . ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ  o。 |  *。 |
 *o ゚ |+..(.___,,,... -ァァフ|   .+・  o |*
 o○+ |  |i i|    }! }} //|...ミ、 ゚| o ○。
・+     ..|l、{   j} /,,ィ//|. ヽ ・|*゚ + |
゚ |i    |  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ. i | |!     |
o。!    |! .|リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |. |   | *  ゚ |  うおおッ!
  。*゚  l ・fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.  .|o  ゚。・ ゚  すげえ効いてる気がする、プラシーボ効果的な意味で!!
 *o゚ |! ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ+   *|
。 | ・   o  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉. .゚・ +゚ || 
 |o   |・゚ ,..ハ !ニ⊇ '/:}  V:  .  ゚   |  
* ゚  l|  ./:::丶'T'' /u' __   \ ` ..o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    >                  <

630 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:13:34 ID:7z./5AVU

                                                                        _  _ ロ ロ
 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐                                 \\\   f、_,,. `i   ///     // | |
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_                                         |,ミ{:.}彡|            //  | |
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l               一瞬でケガが治った!         |、ミV彡|           ^    ^
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ               プラシーボ効果で!!       G( ´∀` )             l^l
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l                                     ヽ    )つ                |_|
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /                                     /   ヽ
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ                                    从(_/^)_)从            lコ   l^l
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!                                                          //
   ミ   ,'     '、  l ∨                                ///            \\\     lニニ┘
           \'´_ブ
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l  よかったなポルナレフ。
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l
 . i        `¨´ ̄ニ!                                                   イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!                                                    ,': :゙`ー--――'´ rl
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ                                       .              ト=、: : : : : : :r―=ニ!
 ─----...,,、_`´: :>''´                                                 l: :え>,; : 〈<え: : :<l
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!          ベケットウォーターとは私の血と脳漿を水で薄めた物だ。     ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、                                                ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
                      万病に効くとされ、聖遺物としてイングランドはおろか   /⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
                      大陸の人間までもがこぞって求め、              \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
                          何万倍にも希釈されて広まったぞ。        .        /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                                          `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/

632 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:14:45 ID:7z./5AVU


          __ -一'^ Wハ、
        , <     ニニ、ニ二ヘ
      /       ィ´  、 !    ∧      そんなわけで今回のテーマは中世の信仰だ。
      ;    ___/!/ _   |    ',
.    !  /    \/, ─` レ、   レ!    この時代のキリスト教は、おそらく読者諸兄が想像しているものとは
.     | xく.  / \// _L∟ 、|  /`ヽ   少々異なっているだろうからね……
     V 》 |  </l_ tヒツ´ // ̄ ィく }
     l二二>_ヽ l ',   / l }   〉 } |   教科書的ではない信仰のあり方に触れようというわけさ。
..     \fでソ |'"i  〉   ヽl l  r‐' ノ、
       V l! { ´ フ    l 、  | ̄ 「ト、
        ヽ l! ` __,r=─ │ \j  l.l\\/
  .       \ ノ´ __ ノ  |  /  //()\__/
             ヽ ´     └‐/  , '/ (ヽ:::::::/:::::::
.              \   -‐ 7 / '::::::::`::::/:::::::::::
             `下--‐_'./∠:::::::::::::::/::::::::::::::
              ヽ::l ̄    V:::::::::/:::::::::::::::::
              /:∧      V/:::::::::::::::::::::
               _|::::::::∧     /::::::::::::::::::::::::::::
            _{::::::::::::::::〉--r ' /::::::;へ:::::::::::::::::::

633 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:15:33 ID:7z./5AVU


                                              /  ,/ / /   _,..-''
                                            ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
                                            } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
                                            ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
もっとはっきり言ったらどうだ?                        ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
                                           ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
この時代のキリスト教の本質は聖遺物崇敬という名の呪術的信仰だ。〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
                                          〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
多神教時代と大して変わらん。                        `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
                                               ,. --ヾ__/ ☆    \
                                               >----<,,,,)        \
                                              (||>/ ̄         ヽ |ヽ
                                               (           ヽ   | ||
三三三/             //                           \      |ノ  ノイ /
三三三l \\ ミ        //   //  ミl                    |      ヽ   |ノ /|
三三三l  \ヽ_ミ   _/ ヽミ ./ /    ミl 
三三三 l 、 ミ /   ̄ ̄     <〈~  |     ミl  相変わらず手厳しいね…
三三三三\~〉〉          〉〉   |     ミl  
三三三 | 〉〈〈 彡     彡 , -‐´―ヽ \ / ̄ヽ だが、否定しきれないのも事実だ。
三三三 | |´_三\, l   ミヽ、/三三__   / ./ イ` | 
三三三三||  、(llゝヽ     ノ、 (ll), ` ./ / / l 、 |
三三三三.|| ~ ̄   /)   ミ    ̄~ .く イ  )_//
三三三三| |      lll    .     | |  、 /
三三三三 \ミ  (/           | |   | ~|
三三三三三||    ヽ)__ノ      /~   ̄ |.三|
三三三三三 ||   _υ__      |ミ   /三  |
三三三三三 ヽ|   ‐--―‐‐ 、  \ /三   |
三三三三三三    ` ― ~     /三    |
三三三三三三三\  ⌒ミ      /三     |
三三三三三三三三\_   _/三

634 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:16:24 ID:7z./5AVU
                  ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
                 /                        ヽ
                (                   / ̄`'~ヽ   )
                 ) 奪うとしたらこんな女性の )/ノ^^ハミ (
                ( 骨がいいと思います   ζ ( ゚∀゚ ル  )
                 )                  と|   つ  (
          ,;ー-、    (                      |   |    )
         ," l  l|    )                     し` J  ノ
         |ll/`ー'|    ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
         レー'」-'!、,        O
        ∧ ー/i {、       o
      __,ノ ,'`ー' k 、ヽ_        聖遺物って聖人が生前使った道具とか遺体のことだよな。
     r'´, '´`、`^ 、,-`<゚ノ\
    {__  ' }、  〉  )Y''´ヽ、    前にカキョーインがどっかから奪ってきた
    ,「_:.:.`ヽ' ̄ ̄} ̄ `{ ' ,  ヽ    聖女ホリィの骨を見してもらったことあるぜ。
   f´、'  `ヽ/`  ̄´ ` ̄`lヽ, 、_, |
  / ‐-、_ノヘ, ' ‐_l_-   l ̄` ー'
  ( '、  `rー、;_ ` __,k、  |
   \ ー‐ノ:::ノ。゚)´ ;三アニ]
      ̄ 7`¨「::. ̄´;/:.:.:|
      /ノノ/.:.:.:::';ン.:.:.:.:|
     / ///.:.:.:.:.: l::.:.:.:.:/
     l/ / 7 .:.:.:.: /.:.:.:.:/
    /l l /l .:.:.:.:./.:.:.:.:/
    / |,/〈|.:.:.:.:./.:.:.:/



   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /: 
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :    もう少し正確に言うと、
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:    ① 聖人の遺体、遺骨、遺灰など
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:    ② 聖人が生前身に纏ったり触れたもの
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :    ③ ①ないし②の聖遺物に触れた事物
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::    だな。
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::.   初期キリスト教時代以来、
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::    「宝石よりも貴重で、黄金よりも価値がある」
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::    とされる。
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::

636 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:17:31 ID:7z./5AVU

                                                                _,,. .,_
                                                              ,バ    `ヽ
                                                              / l ハ、
                                                             /  !  丶、.,,__
           ③はどういう意味だ?                                    /  .! /    /
                                                            ハ /¨i /  / ,.'
           まさか聖遺物に触れると聖性がうつるってんじゃないでしょーね?         ハ/   l'  / /
                                                          /i/    .! ,/>''"~´
                                                          N   / "   /
                                                          ,リ  ,.ィ __,,.. 、/  ./
      _ _                                                  レr斤く ({ト、  j  / /
    /     ヽ                                                i.  `¨フ  イ゙tメ、ー' i
   r .' - 、_ ,.- i  まさしくその通り。                                  ハ   ノ_/ /  `ー'`¨ ィ
   i / Z   .Σi                                              l l  弋ノ>    ,.  r' り
  ('ニ! -ー   -、 |  聖遺物にはウィルトゥス(virtus:力、エネルギー)が宿っていて、      .l.l lー-、__,.  /´ /T¨´
   !.j    |  .|  ウィルトゥスこそが聖遺物を聖遺物足らしめる。                !! `ニ.´  / ,. イ/ !
    ;:    '  i                                               l     ,,. <   / /フ
   ..|`ー _ ̄/    だから聖遺物のウィルトゥスを浴びた事物も聖遺物扱いされる。     / `>--、=-、    /,ィレ’
  _,. 「.ー─┐-',、_  こういうのは接触型聖遺物と呼ばれ、                   { `/、 /、  〉⌒Y::::::::/
/ii:: :`,. _||__ 、 \ 巡礼が記念に持ち帰るのはもっぱらこれだ。               iヽ/  `/  `/、 ,.、!:::::/
:: ノ.:: ::l. ─ ll-- .l :: :ヽ                                           l/ -、 /ヽ ノ、__ソ V::/
:: :: :: : :` :: ::|| ::´ :: ::                                           |、__ノー‐'       V





  , /ソヘヘ
  ヽv=0=w`  こういう発想のせいで胡散臭い代物が非常に多い。
   ( ゚∀゚)
   (|   |)  イエスの吐息の瓶詰めだとか聖人の倒れた場所の土とかな。
    |   |
   し` J

637 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:18:21 ID:7z./5AVU


    ,,-'''´ ̄ ̄>、
   ./     ´,-─\
  /∧ヽ_ノヽ__ -─|  聖人や聖遺物が奇跡を起こすのはこのウィルトゥスによってだ。
  | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |
  {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   |  奇跡は魔術とは違う。
  t/フ:/   イエフ 7/7ノ  ユダヤ教徒たちはキリストの奇跡を魔術だと攻撃したが、
__}/ 〈.::::::.  ////   奇跡はあくまで神のご意思の跡だ。
::::::|| 、ニ_'  / /イ
/|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ     ウィルトゥスは聖人自身に由来する物ではなく、
:7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}     あくまで天上の神による力。
ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\  
:://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::   こうした教理の定礎者がかの聖アウグスティヌスだ。
// //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
/ //:::::::::r-、::::::::::::::::::::::  
 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::
、、  \_// ノノ::::::::::::::::::
::\   ̄//::::::::::::::::::::::
:_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::
ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::



           >-‐ "w ___ l!.">、
          / l ( (( {{ f´   l ノ _ ノ l\
            / 爪.`ヽヽ   ` @, ト、  .ムノl\
        / ≧       / ノ ノ      <ハ
         /赱.     (_ム^"        ≦ハ
       l Z                  三l
       Ⅳ                  三 !
       l l´ xへ、          >'⌒ヽ、 ≦l_
       人!    `ヽ 、   、__>"        l´ ヽ
      f l  ー--一 \   < ー--一   !  !  聖人が奇跡を起こすと記されたとしても発現者はあくまで神、
      l  ! ヽ    ノ   l     ヽ    ノ  l  l   神が聖人を通して奇跡を現すのである。
.        !  !        l           l  l
       ! l          l            l /
       \l         /              l_/
          ハ        \_, ~’        l
           l  (  巡ハルwN从ル  )    l
         Ⅳ    \ ̄ ̄ ̄ フ   .  /!
          l.\     ̄ ̄ ̄ __,     / l
         人 \  ` ̄ ̄      //l\
        / l ヽ  `ャ、     _ム-"ィ"  l .ハ_
      ,r'/  l  `>、 ` ー- '" > "´   l.  弋ヽ
.     >" /   l     `二ニ<         l   ヽ`` -- 、
 .>"  /    l     /     \        l    ヽ    ``'' ‐-

638 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:19:05 ID:7z./5AVU


                                                   イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
                                                  ,': :゙`ー--――'´ rl
                                        .              ト=、: : : : : : :r―=ニ!
聖遺物はほとんどの場合外見上は普通の遺体と区別がつかないが、        l: :え>,; : 〈<え: : :<l
腐敗しなかったり、光や芳しい香りを放ったりする。                   ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
そして一番はっきりした証拠は病の治癒のような奇跡を起こすことだ。       ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
                                              /⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
                                              \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
                                        .        /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                               `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/




三三三三三三三  (     |
三三三三三     ))    |    付け加えておくならば、聖人の遺体は往々にして保存のために布で巻かれたり、
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  /    防腐剤として大量の香辛料と共に葬られたりする。
三三三三 ((三三  6)彡//\
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) |  こうした習慣は特にイングランドで盛んだ。
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 |  イングランドに腐敗しなかったり芳香を放つ聖人の遺体が多いことと無関係ではあるまい。
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´`´

640 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:20:29 ID:7z./5AVU


                     | l i___》: : : : : : : : 《; -ァ :l l
                      │ l ト-`ー-、/: l: :ノ イ : : | l
                      │ 〉 rf::jぅ、` : : l: ィf::jフ: ヽ |
                     │/r: ´ ̄:/:/ ', ヽ ̄: : :ハ.!     聖遺物崇敬について語る前に、
                     V: :!: : : :': : : 、: :〉: }: : : : : :lj___   ローマ帝国崩壊後のキリスト教史について
                    ,.─' : : : : : : : : ,-___-、: : : : : /: :ハ  ざっくり触れておこうか。
               .    〈 : 「ヽ: l : : : : : r‐'--' フ : : : ,': }): /
                    \ー:人: : : : : `ー :‐' : : : :ハ_:_;/
                      __/ ̄:::::\: : : : : : : : : : ://
.            x<: : ̄ ̄: : :/: : : /: : l:::::丶-: ─:::-ァ':/
     ,....:::-:─<ヽ: : : : : : : : : : : : :/ : : :l:::::::::::`ー:一:/
    /:::::::::\:::::::ヽ\: : : : : :l:_: / : : : : :l : : :_:_: : : : /: :\
  /::::::::::::::::::::ヽ::::::::Vハ: : : : : : : : : : : : : :l / : :  ̄:7ヽ : : :\
. /:::::::::::::::::::::::::::::::':;:::::V |: : : :,.―---─ァ' ー:─:‐x:' : : :\_:_\_
 ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::'_|_/     ヽ f´: : : : : : :/ : :\ :く \ : :):\\
 !:::::::::::::::::::::::::/::::::::i:::::::::::/      ,ノ: : : :_ : : : : : : ノヽ --ク´ : //:\
 ∨:::::::::::::::/:::/:::/ヽ:::::/      /: : ̄: : : :}\ : : ´:f⌒ヽ‐'ニニ´ィ: ::/l:::::ヽ
.  V:::::::/::::/:::/:::::::/      〈: : : : : : : : / : : \: : \__ノ)\::::/:/:/:::::::::|
  ∧:/:::::::/:::/::::::/        _ノ: : ー:―:ァ:、 : : : ノ\ー一'   ヽ/:::::/:::::::::::l

641 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:20:53 ID:7z./5AVU

                    _r―ー―z__
                 z‐― ̄::::::::::/  ヽ ニァ
                z'::::::::    ::::ム    { /フ
           / ̄ ̄::::::::::l}zー―一 \_ ,} ム
        / ̄     ::::::::::/       `ーz_ソ
        / ::::::::t_  ::::::::::/
       l :::::::::::::::::::/ ̄
       /::::<'  ::/   \
      l:::::::::\__/  ヘ   l
     ./:: :::::::::::::/ z': : : ソ l |          4~6世紀の民族大移動とローマ帝国の崩壊からヨーロッパの文明は衰退したが、
     /:::::::::::::::::/ /_:/ヘ: : : y          これはキリスト教の拡大にとっては好都合だった。
     /:::::::::::::::::/ /トゥ: : :トタ:l:フ
   /::::::::::::::::::/ l: : : : : : : :lノ           移動に伴ってゲルマン固有の社会組織と宗教は解体され、
   l:::::::::::::::::::l  ヘ: : _: : /l  t――,      そこにキリスト教が入り込む隙間ができたわけだ。
   /::::::::::::::::::/ l::ヽニ二 ´::::l}// ̄
  /:::::::::::::::∠ヽル::::,ー‐ ,:::::lー'         で、彼らを教化するために教会人の育成が必要になるわけだが、
  /:::::::::::::::::::::::::::`::::::ー-::::::レ' ̄ ̄ーz_   その任を負って修道院が勃興する。
  l::::::::::::::::::::: ::::::::::::::     ::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  l::::::::::::::   ::::'⌒,::::::l   l::::::l \::::::::::::::::::/
  ヽ:::::     '  (:::::」   ヽ::::〉  ):::::::::::::::|
   ヽ:::::  ,⌒ー    . :  :    t_:::::::::: : |
    {l:::::l       :   :__ , ノ::::::::/
    ヽ::::`ーフ  ,ー‐:  :   l  ,::::::::::::::|
     ヽ   t_ノ  l  l  //:::::::::::::::l}

642 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:21:40 ID:7z./5AVU


   ,'  ゙、       /'    ノ l
 .  f、  ノヽ、   _./: ノr=-‐'"   !
 .  l 「ヽ : : `¨ ´: :/': : : i:l   l   元々修道院制は東方由来で苦行的色彩の強いものだったが、
 ... l !: :《 : : : i : : : ヽ>_:,.:j l  /¨ヽ  .6世紀前半にヌルシアの聖ベネディクトゥスが
   ,.、ト.、'<: /:l : :_ノ '∠: j: :L/: :/: i  .イタリア中部のモンテ=カシノに修道院を建てて西方修道院制を一新する。
   ヽ:V:'弋ラゥ⊥レィ'ヽヒソ: 、: : : : ):リ
    i:l: :` ̄: l:、: : : : ̄ : : i: : /:/   彼の掲げた清貧・純潔・従順を旨とする『ベネディクト会会則』は広く受容され、
    `ハ : : : :,': :ヽ : : : : : : :! : l‐'ソ   12世紀までは西方ではほとんど唯一の修道会規になり、以後も多くの修道院の会則のモデルとなる。
     `'; : : :ヽ-ァ : : : : : : : : !:l: :iヽ
       ハ : :-、_ ニニ : : : : /:/ :リ i、
       ヽ ー:-  イ: : :/ : :i :/ .i::\
        ト、: : : : : ;.イ : : : //  ';:::::::
       /::/ ̄ ̄: : : : ;.イ /   〉::::
 .     /:::::ヽ`¨ニ ¨ ̄  /   /:::::::
        ,'::::::::::ハ       i   /::::::::::
        {::::::::::::ヽ、    ,,.. <:::::::::::::::::
 .     〈::::::::::::::::::`::::¨´::::::::::::::::::::::::::::::



             _,. -―,.、
          _,. '" .:.   ヽト-、_
       _,. -'´   .:     丶、_ ``ー_ッ'" ̄`丶、
    _, '´    〃 >ー'""丶ソ ` ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:......:.`ヽ、
  ,. "   丶.: "":.   /彳ニ=彡'ヾミ、.:.:.:.:.:.:.:   :.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ
 /    . '.:.:.:.:.:.:.:. 、,l /r'',二,_,.、ti} .:.:.:.:.、          l
 l     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.v':,(ヾ'、r。ュ;;t,。ッf7:.._.:.:ノ    、ヽ.   l| l
 {   .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. し! `゙ラ、_)゙´l|':.:.:.:.:.:.:.:z、  _  ヽ ,トシr'
 '、  .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.,. - /,ヘ '卞= 'ライ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}   丶  :.:./
  ヽ .:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:{ヽ` ー-彡イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ-、   / :./
   l:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.|:.:>‐。‐f´:.|:.:.:.:.,、_:.:.:ヾ"'  _,ィ":.:.l
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/:.:|。:.:|:.:.:|:i:.:.:. t::.ヾ::.  .:.:.:.:.:.:.:/
   `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:{。:.:.!:.:ノ:l:.:. r- ニ..:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:|:.:.从__|/:.:.l:.:.、ヾ:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     ヽ、:.:.:.:.:.:  /:.:.:ヽノ「l:.:|:.:.:.:',:.:.:.、___,,. ィ"
     /`丶、:.:,イ:.:.:.'、;.:.:.lニ ニl!:.:.:.:.',:/ |:.:.....   ',
     !:.:.:.:.:.:`´:ト-、_',:.:.:.:l」:.:L_ノ:. ノ!:.:.:.:.....  」
     「 ̄ ̄``l:.:.:.:.:.:.:` ̄ ̄`T'ー:.'"´ L.:-‐.:'´..l

          【聖ベネディクトゥス】


  , /ソヘヘ
  ヽv=0=w`
   ( ゚∀゚) ベネディクト修道会は現在も存続しているぞ。
   (|   |)
    |   |
   し` J

643 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:22:00 ID:7z./5AVU


                                              / ̄ ̄ ̄ ヽ    ___
                                            / ニニニニ_厶  「  __ヽ
こうしてキリスト教がゲルマンに受容されていくわけだが…         /, へ  tーr‐、__ ム  ヽ  /
その過程でキリスト教自体も変質する。                    レ匕'‐フ': : :ソリ: : :\ャ__/ へム
                                           〉ソレィ : 〈l: : : t': : :/:::ニ:::\ニニヽ
なにせ信徒の大多数が元多神教徒の蛮民だ。                レ トツ: : \: : /: / ::::: _」:::/:::/ ̄ヽ
彼らから土俗信仰的な心情を消し去るのは難しいから、           l `'_: :_: : l /: 〈:l:::::「 _::/::/: : : : : : }
教会は異教信仰にキリスト教的意味を与えて存続させる道を選んだ。   ` ‐ニフ /: : :ll /へ:::l /: : : : : : : ::〉
                                               `ー': :/\ ;;:/ l: : : : : : : : : |
                                                     / : : : {l: : : : : : : : :|
                                                     //t l}_‐,: : : : : : : : l}



                          イ
                    //,ィ ィ / |イ
                  i、ノ |/ ∨レ' | |ヽ_r-v、_
               ,、___|  /  //  / | //,.-、ヽ
               | /ヽ、-/  / ∧/ ノ / /ゝ、`'   
                /  /  / / ∨ ノ  /  |    
.               /  i   / /  ノ / / /|_ノヽ
     _        r'   ヽ  / |  /  _,.-ヘ i /,.‐、(    異教の地方神や精霊は守護聖人に取って代わられ、
    /  `/`ヽ、__   \  ヽ ` `_,.-''´  ,ヘ  | r、| |    生け贄の祠は祭壇となり聖遺物が置かれた。
    (= r'__ /  \__,,,,━┓‐''´       /ハヽ_!|)| !ヽ
  _,ハ、__| ~~ | ヽ r'´'´  ヽ  _,┃|     _ノ_,ィ   ノr|、`'ー  こういうすり替えの一例を教えてやろう。
‐i´:!    _`ニヽ、ノ r'ヽ、‐'''´┃ヾ、_( ((_,.-r‐(;;)'    ト-ヘ ̄
:::l:::ヾ-、_r'   `'''i‐ヘ ヾ.ヽ・.┃:ゞで>,ゞ  ̄     |: ,.::ヘ
ヾヾ::\ ヽ    !  \,ノ:.┃・ヽ┃:l |   /  ヘ   レ::;-'´
:::\`'-、;>-、   _,.-'"´         ヽ ヽ! レ  ,.イ   /:/
:''-、,,ノ´     ̄            ヽ こ-‐彡ノ  /:_;:!-‐'´
''フ´                    ヾー'T"´ //
'´                      ヽ、_ノ/

644 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:22:59 ID:7z./5AVU


●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

フランスのディジョンでは、古塚にある石棺を人々が熱心に拝んでいた。

      __
    /  ./\
  /  ./( ・ ).\       o〇       ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧         |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ) ナムナム   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .(  ,,)~ wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr


                       /| /|
../ ̄ヽ                   | |//
..|   |               <二ヽ ~二ヽ
ヽ~─/                 /ヽ_ノ
 |二| ヽ⌒ \     . /⌒ゝ⌒ヽ/
 |  |  \  \/⌒ヽ/  /  i>|
⊂~(~)-i⌒)⌒ /.__ .__.ヽ⌒(   i>|
.⊂⊃─ヽ<iヽ⌒| i__ii__i |⌒(    i>|    これは異教徒の墓だろうが!
..⊂⊃ |;;;;|<i. )⌒i.ヽ×/´i⌒(   .i>|
 |  | |;/<i .~| |iヽ二//| |~    i>|    参詣を禁ずる!!
 |  | .|<i  i>\丶-/./     i>|
 |  | |<i    i>\/       .i>|
 |  | .|<i   /(_∧∧_)\    i>|
 |  | |<i  (( (ヽ`二´/) ))   i>|
 |  |.|<i       ̄ ̄      i>|
 |  | ヽi_ヽ________________________ _/ヽ /
..==/\∨∨∨∨∨∨∨∨ ̄ ノ \_
  ヽ/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__)
( ̄.||__/
. ̄~||

   【ラングル司教グレゴリウス】

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

645 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:23:20 ID:7z./5AVU


しかしある夜、そこの殉教者が司教の夢に現われた。


           /./            i \
         / /            . i. \
        /⌒-、              (-⌒.\
       //~//   /⌒ヽ     /⌒ヽ  i i~ヽヽヽ
      .// //(⌒__/ /~ヽ)    (/~ヽ \__⌒)i i .i i    司教よ、私はあの古塚に眠る殉教者である。
      // i i i i\  ^ソヽ      /i ^  /. i i  i i
     // i i .i i/ ___ノ      (___  \i i i i  i i   即刻禁を説き、私を納める堂を建てるのだ。
     //  i i./  /            \ \ i i  i i
    .//  ./   /i i   |\   ./|   i iヽ .\  i i
   //  .(.   (  =、 .|ノ.~⌒ ヽ.|  ,,=  )   i   i i
  /⌒i   i\   ̄ヽ) ヽ.(二ヽ_/二)/ (⌒   /    i i  i⌒ヽ
 (ヽノ<⌒i i ヽ    )⌒./~ヽ_>-<_/~ヽ⌒(   ./i   i⌒>ヽ/ .)
  ) ヽ(~ | i i iヽ__  )⌒( ||\二二/|| )⌒( __/i i   | ~)/ (
 /    /i i i i /  /ヽ丿i| | ∨ ∨ | |i ヽ/ヽ ヽi i   ヽ    ヽ
.( (─ヽ \  /  |   ~ | |     | | ~  |  \  / /─)_)
  ̄  ヽ   ̄    |    | |∧ ∧| |    |     ̄  /i i
 i i   ヽ    _/(\_ノヽ二二二/ヽ_/)\_    ノ i i
 i i    i`--""i i  | i -__ (●●) __- i |  i i""--i´i  i i



                       /| /|
../ ̄ヽ                   | |//
..|   |               <二ヽ ~二ヽ
ヽ~─/                 /ヽ_ノ
 |二| ヽ⌒ \     . /⌒ゝ⌒ヽ/
 |  |  \  \/⌒ヽ/  /  i>|
⊂~(~)-i⌒)⌒ /.__ .__.ヽ⌒(   i>|   なんと!
.⊂⊃─ヽ<iヽ⌒| i__ii__i |⌒(    i>|
..⊂⊃ |;;;;|<i. )⌒i.ヽ×/´i⌒(   .i>|   わかりました、
 |  | |;/<i .~| |iヽ二//| |~    i>|    直ちにそのように!
 |  | .|<i  i>\丶-/./     i>|
 |  | |<i    i>\/       .i>|
 |  | .|<i   /(_∧∧_)\    i>|
 |  | |<i  (( (ヽ`二´/) ))   i>|
 |  |.|<i       ̄ ̄      i>|
 |  | ヽi_ヽ________________________ _/ヽ /
..==/\∨∨∨∨∨∨∨∨ ̄ ノ \_
  ヽ/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__)
( ̄.||__/
. ̄~||


これが、サン・ベニーニュ大聖堂の起源である。

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

646 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:23:43 ID:7z./5AVU


         // / ///  / |   //
         ノ ∨///i/   l  /―'´ /
        ノ  レ ! |   | /  r‐''´
    r――'   ノ/  |    |  /
  /    r‐''´/ / /  / ) |ヽ /`ヽ
  /  i  /   L |/   /  /  | |ニ--、|
  |  ヽ、 ヽ    |   //   / / __ ノ
  L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V
    \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ
    /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ
   /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ     そしてこれから数年後にイタリアから聖ベニーニュ殉教の話が入ってきた。
  r'   /| `'''-\ /// /-'  ミ彡//)|
  ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_  つまりそれまでは皆そこに誰が眠っているかも知らずに拝んでいたのだ。
    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\
   人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川
    `'ヽ | |    | /||        |ーヘ川リ
        ヽ  | |、       //: : |川     はぁ?
         ヽ  !_-フ       / /: : : :|     じゃあそれまで異教時代のものとされてた墓が、
       /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||     誰のだかすらわかんないのに聖人の墓として認められたってことかよ!? |i~|~~l~|
     /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |                                                  |lli i ||
    /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ                                                  (゚ Д ゚ )
   /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|                                                 (     )
                                                                           | | |
                                                                           (_)_)





 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ  このように前々からあった異教の事物を
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!   実はキリスト教のものだったということにして、
   ミ   ,'     '、  l ∨    なし崩しに信者を取り込んでいった例はいくらでもある。
           \'´_ブ   
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l     キリスト教の祝日の多くも、元をたどれば異教古来の祝祭だ。
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l     イースターが女神エオステルの祝祭だったりな。
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、

647 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:25:35 ID:7z./5AVU


          __ -一'^ Wハ、       ヘンリ、いちいち話の腰を折らないでくれ。
        , <     ニニ、ニ二ヘ
      /       ィ´  、 !    ∧     こうやって異教信仰にキリスト教が取って代わっていく中で物を言うのは
      ;    ___/!/ _   |    ',     やはり聖遺物のもたらす奇跡だ。
.    !  /    \/, ─` レ、   レ!
.     | xく.  / \// _L∟ 、|  /`ヽ   異教の魔術に勝る奇跡を示すことは布教における最大の武器だった。
     V 》 |  </l_ tヒツ´ // ̄ ィく }  
     l二二>_ヽ l ',   / l }   〉 } |  こうして聖遺物崇敬は教会人の意図を遙かに超えた重要性を獲得し、
..     \fでソ |'"i  〉   ヽl l  r‐' ノ、  キリスト教信仰≒聖人・聖遺物崇敬の観を呈すに至ったんだ。
       V l! { ´ フ    l 、  | ̄ 「ト、
        ヽ l! ` __,r=─ │ \j  l.l\\/
  .       \ ノ´ __ ノ  |  /  //()\__/ 
             ヽ ´     └‐/  , '/ (ヽ:::::::/::::::: 
.              \   -‐ 7 / '::::::::`::::/::::::::::: 
             `下--‐_'./∠:::::::::::::::/:::::::::::::: 
              ヽ::l ̄    V:::::::::/::::::::::::::::: 
              /:∧      V/::::::::::::::::::::: 
               _|::::::::∧     /::::::::::::::::::::::::::::
            _{::::::::::::::::〉--r ' /::::::;へ:::::::::::::::::::

649 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:26:53 ID:7z./5AVU


      _ _          聖遺物は単なる崇敬の対象に止まらない。
    /     ヽ        まずは「宣誓」の保証物。
   r .' - 、_ ,.- i
   i / Z   .Σi       公権力が未成熟で人民の大多数が文盲の社会では
  ('ニ! -ー   -、 |       目に見える保証物にかけて宣誓を行うことが
   !.j    |  .|       取り決めや約束事を有効にし、相手に遵守を強制させるために不可欠の慣行だった。
    ;:    '  i  
   ..|`ー _ ̄/         古来ゲルマン法では、武器でも馬でも顎髭でも、
  _,. 「.ー─┐-',、_        目に入る物ならなんでも宣誓の保証物になったが、
/ii:: :`,. _||__ 、 \      カール大帝は「あらゆる宣誓は、教会内か聖遺物を介してなされるべき」と命じた。
:: ノ.:: ::l. ─ ll-- .l :: :ヽ     超自然的な権威付けを図ったわけだ。
:: :: :: : :` :: ::|| ::´ :: ::

http://clioweb.free.fr/dossiers/medievale/bayeux/h-serment1.jpg


画像はノルマン・コンクエストの物語の刺繍画である「バイユーのタペストリー」の一部だ。    /ソヘヘ
                                                          'v=0=w
イングランドの大貴族ハロルド・ゴドウィンソン(後のハロルド二世)が               ('(゚∀゚ )
聖遺物の収められた棺に手を置いて、                                  `   つ
我が曾祖父、ノルマンディ公ギヨーム(後のウィリアム征服王)に                  /   |
臣従礼をとっているのがわかるだろう。                                (_ ´ `J

650 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:28:44 ID:7z./5AVU


    ,,-'''´ ̄ ̄>、
   ./     ´,-─\
  /∧ヽ_ノヽ__ -─|   他には神判や奴隷の解放に際しても持ち出される。
  | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |
  {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   |   聖遺物は身を守り、危機を避け、敵に勝利し、怪我や病気を治し、
  t/フ:/   イエフ 7/7ノ   国土の平和と安寧を守ると信じられている。
__}/ 〈.::::::.  ////
::::::|| 、ニ_'  / /イ     農民は「祈願日」前の三日間、もしくは「キリスト昇天日」前の水曜日に
/|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ     守護聖人の聖遺物を奉じて行列を組み、豊穣を祝う。
:7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}
ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\
:://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::
// //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
/ //:::::::::r-、::::::::::::::::::::::
 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::
、、  \_// ノノ::::::::::::::::::
::\   ̄//::::::::::::::::::::::                                              _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-
:_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::                                            ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7
ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::                                           /      ,. ,.-'-' // '´ -'´
                                                   __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////
                                                 ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!
                                             _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´////
そこまで頻繁に行われるわけではないが、                  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/
戦勝を祈願して戦場に持ち出されることもある。             '´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以
                                          く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///
第一次十字軍がケルボガと戦ったときにも「聖槍」が掲げられた。   l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /
                                          |        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i
                                          |ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''
                                             )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
                                            ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|


   `丶  \/      V   リ /
  ‐‐- 、 \ /   i 、  V  / /
 ─-=、\ ,'   i   ', V!/ /
 -、==ミ、 `ノ   l   ', l' ,'
 -、ヽ三ミ、/  ,ノ     ! i ;
  ハ ∨./    L,,___j i i  あの胡散臭いやつか……
  ノ `'       r‐‐rテ‐'i l
. (    \.     \,ツ r'   !
  ノ     ヽ    / ハ  l
 二)'l    l         ゙、 l
  ::::l     l      ,.ニ-' .!
   ::l     !    _>   ',
.   :!    l   r'"´ ̄}    ヽ
.   `ヽ  l   -r '"
  l  ::::\.      ヽ
.   l  :::::::::丶、    ,!
_ ヽ  :::::r‐‐=-'
::::::: ̄:¨::二::ー-..、

651 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:30:10 ID:7z./5AVU


三三三/             //
三三三l \\ ミ        //   //  ミl
三三三l  \ヽ_ミ   _/ ヽミ ./ /    ミl
三三三 l 、 ミ /   ̄ ̄     <〈~  |     ミl    そして聖人は周辺地域の聖なるパトロンでもある。
三三三三\~〉〉          〉〉   |     ミl
三三三 | 〉〈〈 彡     彡 , -‐´―ヽ \ / ̄ヽ   各修道院の有した聖遺物=聖人は周辺住民にとって、
三三三 | |´_三\, l   ミヽ、/三三__   / ./ イ` |   現実生活にも指針を与える精神的支柱だ。
三三三三||  、(llゝヽ     ノ、 (ll), ` ./ / / l 、 |
三三三三.|| ~ ̄   /)   ミ    ̄~ .く イ  )_//    人々は近隣の世俗領主に保護を求めて宅身するように、
三三三三| |      lll    .     | |  、 /    地域の有力聖人に忠順を誓い、加護を願う。
三三三三 \ミ  (/           | |   | ~|
三三三三三||    ヽ)__ノ      /~   ̄ |.三|     具体的に求める物は安寧と、加害者への神罰だ。
三三三三三 ||   _υ__      |ミ   /三  |
三三三三三 ヽ|   ‐--―‐‐ 、  \ /三   |
三三三三三三    ` ― ~     /三    |
三三三三三三三\  ⌒ミ      /三     |
三三三三三三三三\_   _/三

652 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:31:44 ID:7z./5AVU


.          ,. --── - 、
       /   /\_/ヽ,\
     / ___/     《 ,、 ヽ
.    //`\、   /^\// ヽ∧
.    ,' l  __l/___《  l レ,ィテォ }l_ ',      修道院への加害はその守護聖人への加害でもあるから、
    ;  ∨/ _,≧ミ   〈 ̄´  jハ      各修道院では、祝日にその聖人へあてられた地権書を読み上げて、
.   i  |  く_fツ' ノ   ヽ   | |―、   聖人の権利をアピールしたりもする。
    ',   ヽ  / /   ー--',-、  Vハ ハ
    V  {V │   / 二ィ>」  Vハ  !  こうして世俗領主の襲撃からの自衛手段にするのさ。
.     ヽ. l\ {    _/´ ̄__ノ  | Lノ
.     r┴┘ ヽ!     `¨´   __Vリ\                         .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      | TT{  }\      ,..:'´: : :/ l|:::`:ー                             |\___________/|
     人 ヽー‐'つ \    / : : : : / l|::::l:::::                             | l∥∥∥∥∥l |
  __/  ` ー一'| >‐- __|: : :_: ィ  !|::::|:::::                             | l∥∥∥∥∥l |
 /  ヽ.__/ |::\          l   l !::::!::::                             | l∥∥∥∥∥l |
 |    /:: ̄:l:::::::`>:.. __     _//::::l:::::   でも結局祈って脅すだけだろ?        |=i⌒\   /⌒i=|
   i´ /:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ̄Τ  | ̄l::::/:::::   それだけで身を守れるもんですかね?   |=|    ヽ/   |=|
     /::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::l  l!  レ::::::::                              |=|           |=|
.   /:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::}   !l/l:::::::::                              |=|~r-oュ ro-ュ~|=|
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::ー--:::┼ '´l └―:                         ̄ ̄ ̄D)「ij   ̄ i  ̄  ij ]
                                                ヽ\,テ ̄ノ>    ^    <ト/^ゝ
                                                ゝー'ー'.(^_/|Y゙、ヽェェェェェフ /Y| ^^
                                                      |! ヽ     /  i|___
                                                . / ̄ ̄∧  \二/  ∧   /⌒\

653 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:32:58 ID:7z./5AVU

      _ _
    /     ヽ
   r .' - 、_ ,.- i
   i / Z   .Σi
  ('ニ! -ー   -、 |  破門や聖務停止のような教会的処罰権を持たない一般修道院でも、
   !.j    |  .|  「クラモル」と「フミリタティオ」というとっておきの切り札があった。
    ;:    '  i  
   ..|`ー _ ̄/   
  _,. 「.ー─┐-',、_
/ii:: :`,. _||__ 、 \
:: ノ.:: ::l. ─ ll-- .l :: :ヽ
:: :: :: : :` :: ::|| ::´ :: ::


「クラモル」は「叫喚」や「喧噪」を意味し、厳粛であるべき儀式を
象徴的な身振りとともに大声で騒いで乱す行為。

.   \\      ,土ヽ l 十  ├  ゝ‐、ヽ ll               尸  //
     \\  (ノ ) | Cト、.Cト、   ノ l_ノ よ  ̄ ̄ ̄ (⌒/   //
                                         ̄
      ::ノ⌒'Z::        ::___::         :: -^)::
       ::八  '(::      ::/ヽ,,)ii(,,ノ\::      ::/  /::
          ::\ \ ::  ::/( ゚ )))((( ゚ ) \::     ::′ /::
         ::\ \:/:::::⌒(__人__)⌒::::: \:: ::/ ,.イ::
           ::ヽ   |  ヽ il´|r┬-|`li  r  |/ /::
            ::ヘ \ .!l ヾェェイ l!   / /::
             ::`ヽ  `=≧r ‐i彡''´  /::
               ::\ヽ   ` ´   / /::
                ::          ,′::
                ::i  :;     :;  i::
                ::|          |::
                ::l         |::
                  ::j            ::
                 ::,′           l::
                  ::/           |::
              ::/              !::
                ::/    〉┴r      ::
                ::,′    /:: ::|     |::



「フィミリタティオ」は「フミリオ(卑しめる、辱める)」から出た言葉で、
聖人を侮蔑し汚辱を与える行為だ。

                ____
              /     \
            / ⌒   ⌒ \
           /   (●)  (●)  \
         _|__    (__人__)      |
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ
 |  |  | { .::::::●:::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´

655 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:34:15 ID:7z./5AVU

                                                         イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
                                                        ,': :゙`ー--――'´ rl
                                              .              ト=、: : : : : : :r―=ニ!
具体的に説明すると、まず祭壇を黒い布で覆い、その前の舗石に粗布を広げる。       l: :え>,; : 〈<え: : :<l
                                                        ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
そこに磔刑像をはじめ持っているだけの聖遺物を並べ、                      ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
その場にふさわしい賛美歌を低い陰鬱な声で唱した後、床にひれ伏す。        /⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
                                                    \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
そして鐘を合図にこれらの聖遺物に向かって大声で唱えるんだ。       .        /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                                     `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/





      \ 主イエスよ、汝に訴える! 邪悪にして傲慢なる者ども、                   /
       \己の武力のみを頼む者どもが四方より我らを襲い、汝の物たる聖域を侵している!/
         \さらば主イエスよ、起って我らを救え!我らと汝の僧院に仇なす怨敵を砕け! /
                                             .:
                      :.        。
                     .;         ||            .:;
                      .:;    ↑  o||   ___    从
           oノ  oノ     从人 ヽoノ|   ≡)   ` ヽoノ    从人
           ノ  ノ     `ヽ=ノ´ (へ   ll||      )    `ヽ=ノ´  o_  o_
           ,⊃ ,⊃      ||   <   __||_    <<     ||    ノ Z ノ Z
          ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''

  , /ソヘヘ
  ヽv=0=w`
   ( ゚∀゚)完全に呪術だな。
   (|   |)
    |   |
   し` J

656 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:35:50 ID:7z./5AVU

                                                  / ̄ ̄ ̄ ヽ    ___
                                                 / ニニニニ_厶  「  __ヽ
                                                /, へ  tーr‐、__ ム  ヽ  /
                                                レ匕'‐フ': : :ソリ: : :\ャ__/ へム
通常の祈りに代わってこうした儀礼で人間と神の間の秩序を乱すことで、    〉ソレィ : 〈l: : : t': : :/:::ニ:::\ニニヽ
聖人の取りなしと神意発現を停止し、神の敵への神罰を求めるんだ。       レ トツ: : \: : /: / ::::: _」:::/:::/ ̄ヽ
                                                 l `'_: :_: : l /: 〈:l:::::「 _::/::/: : : : : : }
                                                 ` ‐ニフ /: : :ll /へ:::l /: : : : : : : ::〉
                                                    `ー': :/\ ;;:/ l: : : : : : : : : |
                                                          / : : : {l: : : : : : : : :|
                                                          //t l}_‐,: : : : : : : : l}
                       __
                     __/  ̄ヽ.__
                      __∠ //〉  /)ノ‐┐
                  l /  ヽ {   {/─<Tヽ
                      ////^\rヘ,へ,__ |_| ト、   まあ言ってみれば修道士によるスト&デモだ。
                    |/l /{、_ {┴ 、_ノ、ノ ノミ}ヽl }、
                    レ'|}/小V、._i   /ィ_フ,l | / l   民衆は自分たちの聖なるパトロンが
                     ヽ〈  }`ーt:テミヽ 斤tテラjノ /  l  卑しめられたまま放置される状況に耐えられんから、
                  r┴ト、 ^ ̄i |-、 ̄  l/^!/  世俗権力は「世論」を敵に回すことになる。
                  lヘ、|    ヽヽ'  、│f/
                       ヽ〈 l.     ー ==イ   !イ|    
                     |`ー!     ヽ--‐'   ! |
                    │| \   _,. .,_ /l l,l
                   | l    丶<  _У  l.リ、      ノフ!
                      /l |_,..-─.::::: ̄::::.‐-.、|:::::l \___   /、/  __
                / /´l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::\ \ ̄/、 / ̄  \
               /  //:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::_L::::::::::ヽ  /  i \
             ,.イ  {:::_:::::--─:::::‐-:::::::::;::'´:::::::::::::::::::| ノ -┴‐┬--,-r‐ヮ
   ,.ィ´  ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::|//´ ー'二 ̄二二ワ
 / /     /⌒ 、    ∧::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::/ /  '´_L --一'
./  /    ///⌒  \⌒ヽヘ:::::::___:::::::::::::|:::::::::::::::::::::/  /  /  \
   /   //´ ̄    ヽ::::|::::「:|   ヽ/`丶、___/ /   /     )

657 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:37:03 ID:7z./5AVU


  , /ソヘヘ
  ヽv=0=w`  アンジュー伯フルクが――まあ私の祖先なのだが――トゥールを包囲した際、
   ( ゚∀゚) サン・マルタン修道院に不入特権を無視して侵入したときも、
   (|   |)  これをやられたそうだ。
    |   |
   し` J


                          , ,__,._rフノ三ニ=-
                       ト、彡彡'三彡彡彡⌒ミヽ彡ミ
                          巛 l ヽ.Vト、彡'/三ミ三ミニミミ彡ノ
                     ヽト、ll|  〉 | ハ/////彡ニニニニミヽ'
                  il|、_ハ._〉`丁川Lノ//ノ/彡⌒ミミi川ミミ三
                 ミ、ミ三三ミミV/////ノ//ミミミi川ノノ三ミミ
                ,.--、≧ミミミr‐f⌒(__)ニ入ミミ三ミ//〈__,二二ミ
        。・・。.  。_ rく___ノ __ヽソ ーヽ-' _ノ |lト、ミ三ニ、ミミミミミヽヽ
       。゚  .。・:{(__)ヽ'八ー'(_ )l\ i j/  __,,>_ヽミ//ヽ.})川|ヽミミ
      :  。゚ <二〉 / ̄ ̄ヽ<二弋テ}'-‐'f‐t:テブ´ ヾ/リ./ノハヽミミミ
       : 。゚   ,(○!: : : : : ノ○)l   /! '´ l  ̄    (⌒Yヽ巛ミミ、ヽヽ
      :。゜   / \ヽ: : : :/-ン ,ハ lノ __      f⌒V  ',川川,},}j
     .。:゚  / `ヽ /ヽ ‐,'|〈_入{__ハ ヽ-'__,.     >‐<   Vノノノ八
    。゜ : /`ヽ /∨´|lvj人 _ 〉__ハ.`ー‐_'    /└-'    ノ ̄了ミ
    .:  。゚{ ー‐、' \, |ー'`´!  /  巛',`匸  /    _... -‐::: ̄::::::{ミミ
   。゚  。゜ _i  ヽ \,ヘノ    /   __ヽー─≦-‐::: ̄::::-‐:::: ̄::__:::::\
  :  。゜ //\    _,. -‐ァ'   __rf´:::::::::_::::::::::-‐::::_ ̄::-─::: ̄::::::::::ノ:
   ゚。・__./\  丶--' _/! ,...<::_ヽ_:::::__:::::-‐:: ̄:::::::::::::::::__:::::-::::´:::::::
 ,  ´  /  丶、二二 ..ノ:; '"´ \  \:::::::::ー‐:----:─::::-=三三二
   /,'   ,.'二二、ヽ //   ,. -‐ヽ'´ ̄ ̄ ̄ /::::::::::::::::::::::::::__:::::::

                     【フルク三世ネラ】
        アンジュー伯家を歴史の表舞台に押し上げた名君にして暴君。
        狂信と残虐性で知られる。

658 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:37:31 ID:7z./5AVU

「諸聖人の遺体と十字架を地上に降ろし、聖マルタンの墓とそれらの周りにイバラを置いた。
彼らは教会堂の扉を日夜閉めたままにして、城の住人の立ち入りを拒否し、ただ巡礼たちだけが開くことができた。」

「まもなく伯は自分の行為を後悔して赦しを求め、自ら院内に入り、何人かの部下と共に
裸足で聖マルタンの前で二度とそうした行動をとらぬことを約束した。
次いで聖人たちの遺体の前、最後に十字架の前で贖罪した。」
             i'"彡─,
            ,.イ //ニ二、       _,.-,=-
           ,| ,; r=- -=,'  ,.ィ==",/´
          ,.、い, T'" ノ,、 ヽ/彡}´  i|
        ,イ´ ミ r,.ノ-="ハi  ,i_,.-"ヽ, ./!_    ,i
      ,i'"ノ ,r-、/.i、 i : ) ̄|! イir'"´, `'/`ヾ,//
     r'" / ̄_ハ r-il,   ! r、i,K ,.ο-,`‐_二|}
     //i ̄r'"  ミ|i、 .|\,.、_,./彡|!_,.il=-,i=、`ノ ̄`ヽ、
    .// | |,.r==、ミ.i|ヾ|ヾ=- 彡彡i|ノ/i( (ノ |YヾY , .i
   //  | .Y _,.-、y=ii -ィ Y /彡T=,、i|ミ  i |i Y,i| _,iヽヽ
   .| |,.r'"´/i ̄`|"i ハ〓 /Y'"ヽ|il⌒ヾi|_,|   |  |ノ!  iヽ
   .} ̄\/  |,.r─!i二i|ニ|  i/Oiヽ ヾ! i|i ./ /)| 三ノr, リ |
   | r=、  ヽ_,.ノi` i |_ト,  il、\=   "y'"/,、 i,.i、 ir'
    Y   \  | _i,.|!、 il/ |  i ヽ,    .|  / |ト-|i `/
   |゙     |_,.)i|⌒i|ヽ   | |_ _ィ、,.=-イ   ヽ, `|" i)
   ヽ__ノ  ヽ、  ̄ヽi、_,.i  |i .| .Y  / ̄`ヽ、r、i /'"
    / ̄ ̄    |    | | i、ノヾ、/-r"    /  ヽ
   rノ。o  ヾ   |    |‐'´ _i,.iイ | \__ノ |   ト、
  /         \=-=K=-、ヽ/  ,.‐'"i__,.il‐'"|i  /i)|
 ヾi,ハ,.--ヽ    i_/ .Y  \il/ iヾ  i / ─ _ | ノ⌒|
   `'    i_     ,、|   | | }─ilTr.i|   _,r-、/'"
        |i、 ,.i   \_,.i-'"i /'" ̄`──'"ヽ| ̄´
        ヾ‐'!   i|⌒\  ハ|_
          \_i|    \/ノ |


  , /ソヘヘ
  ヽv=0=w`  「世論」は聖人が長く穢され続けることに耐えられん。
   ( ゚∀゚)  世俗領主は罪の意識からと言うよりは周囲の圧力によって和解を強いられる。
   (|   |) 
    |   |   そして民衆はこの解決を聖人の取りなしによる奇跡と見なすわけだ。
   し` J

659 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:39:31 ID:7z./5AVU

                                 .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                       |\___________/|
                                       | l∥∥∥∥∥l |
                                       | l∥∥∥∥∥l |
    ところで聖遺物を拝んでも必ず奇跡が起きると        | l∥∥∥∥∥l |
    決まってるわけじゃないでしょ?                  |=i⌒\   /⌒i=|
                                       |=|    ヽ/   |=|
    そーゆー場合はどうしたんすか?                  |=|           |=|
                                       |=|~r-oュ ro-ュ~|=|
                                  ̄ ̄ ̄D)「ij   ̄ i  ̄  ij ]
                                 ヽ\,テ ̄ノ>    ^    <ト/^ゝ
                                 ゝー'ー'.(^_/|Y゙、ヽェェェェェフ /Y| ^^
                                       |! ヽ     /  i|___
                                 . / ̄ ̄∧  \二/  ∧   /⌒\
                          イ
                    //,ィ ィ / |イ
                  i、ノ |/ ∨レ' | |ヽ_r-v、_
               ,、___|  /  //  / | //,.-、ヽ
               | /ヽ、-/  / ∧/ ノ / /ゝ、`'
                /  /  / / ∨ ノ  /  |   11世紀以降になると教会階層性の発達によって教会に嫌われるようになり
.               /  i   / /  ノ / / /|_ノヽ  次第に廃れていったのだがな、
     _        r'   ヽ  / |  /  _,.-ヘ i /,.‐、(  非常にシンプルかつ原始的な解決法があった。
    /  `/`ヽ、__   \  ヽ ` `_,.-''´  ,ヘ  | r、| |
    (= r'__ /  \__,,,,━┓‐''´       /ハヽ_!|)| !ヽ
  _,ハ、__| ~~ | ヽ r'´'´  ヽ  _,┃|     _ノ_,ィ   ノr|、`'ー
‐i´:!    _`ニヽ、ノ r'ヽ、‐'''´┃ヾ、_( ((_,.-r‐(;;)'    ト-ヘ ̄
:::l:::ヾ-、_r'   `'''i‐ヘ ヾ.ヽ・.┃:ゞで>,ゞ  ̄     |: ,.::ヘ
ヾヾ::\ ヽ    !  \,ノ:.┃・ヽ┃:l |   /  ヘ   レ::;-'´
:::\`'-、;>-、   _,.-'"´         ヽ ヽ! レ  ,.イ   /:/
:''-、,,ノ´     ̄            ヽ こ-‐彡ノ  /:_;:!-‐'´
''フ´                    ヾー'T"´ //
'´                      ヽ、_ノ/

660 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:41:23 ID:7z./5AVU


 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! / 契約不履行の咎で侮蔑の儀式を行うのだ。
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!   もちろん原則聖職者が行うのだが、時として農民がやることもある。
   ミ   ,'     '、  l ∨    当然そういう場合、手口はストレートかつ荒っぽくなる。
           \'´_ブ
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l     フルーリー修道院の『聖ベネディクトゥスの奇跡』によれば、財産を不当に奪われた一農婦が
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l     教会堂に走り、祭壇の布を投げ捨てて叫びながら祭壇を打ち始めたそうだ。
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!     他にも像を引き倒して打擲したり、川に投げ込むぞと脅迫した例もある。
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、




 ゴガギーン
      ドッカン           ベネディクトさま、あなたは無精で怠け者だ!!
       ドッカン
              ☆       何をしておられるか!何故眠ってばかりおられるのか!
             /
   ______    ∧_∧  神の僕が理不尽な仕打ちを受けているのを何故許していられるのか!!
   |    |    ||   (´Д` )
   |    |    |/    「    \
   |    |    ||    ||   /\\
   |    |    |  へ//|  |  | |
   |     ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
   |    |    |/  \  / ( )
  〈    |    |     | |
   |  /  |    〈|     | |
   |    |    ||      | |
   -----=--------     | |


              ,,,ノニミ=ミ-、、
     .∩「)')     /=7 ̄ ̄~7)、、
    n._|_{|_||_|    |彡二フ''"~^^"`}.))
    ヽー`  },r'フ ,へノノ   、、 ,, }ノ  わかったから落ち着きなさい!!     ,、-ーっ
     { ' ̄ ( ノ―-〉} !   イ迯 '〈ョ{                           _ノ 二ニフ
     ヽ   .∧   ヾ i  u フ,” j`〈                         ,,,/  ,/
   ノ^~}   {ー=7、  \ イー=='/ー---、,,,,、_,-ー~' ̄ ̄! ̄)ー-ー―――;;「{'"   ∠ニ 、
   ノ |  ヽー フ ヽ   \. \___二}'     ヽ ヾ  }  // /  --- ー―-{ ヾフー--ーー'
   | |_,,,ノ" 入 \   ミニ/  {      ヽ } } / / /  ̄ ̄       {―"
  ノ| └―''''`   } 、 \  \ V''""ヽ      レ /// /           |
 /|       入ゝ ヽ   ヾ `旦 ヽ      V  / /    ,,,,,-―ーー"" ̄
 | {      ノレ ノノヽ 〉   \ \ 〉      }//,,,-ー'''"
 | |人ー―'''" ノ   ヽ_|    ヽ  〉 ヽ     } //
 | |  |ヽ ,ー<     |     } }∩ }      |
 | |  | ’       | '|     .} <○、}      |
 | |  |  ノ      〉 |      |() 〉 `<)     {
 ヽ { |  /       ` |      | ^ヽ 〈     |
  り |          |     |  `ー'|     |

661 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:42:02 ID:7z./5AVU


        | /      ヽ    /    / l  \
        ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
       / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
      /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
     /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉
     |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
     _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
     ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
      ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /   聖人の方もやられっぱなしではない。
       | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/
       ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,     農民が誓願保証物を納めねば
        .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |     夢に出て催促したり病気を再発させたりした。
        |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|
        | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ
        .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´
        |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|
      _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
     // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
    / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
   / /    /    \ \      //   |   \      l.L
  //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_



   `丶  \/      V   リ /
  ‐‐- 、 \ /   i 、  V  / /
 ─-=、\ ,'   i   ', V!/ /
 -、==ミ、 `ノ   l   ', l' ,'
 -、ヽ三ミ、/  ,ノ     ! i ;
  ハ ∨./    L,,___j i i   完全に同じレベルで争ってんじゃねーか……
  ノ `'       r‐‐rテ‐'i l
. (    \.     \,ツ r'   !
  ノ     ヽ    / ハ  l
 二)'l    l         ゙、 l
  ::::l     l      ,.ニ-' .!
   ::l     !    _>   ',
.   :!    l   r'"´ ̄}    ヽ
.   `ヽ  l   -r '" ,.、   ,.、 \              __/
  l  ::::\.      ヽ //  「l二、 ` ー‐-、  ,.---─'´
.   l  :::::::::丶、    ,! { (_ノ7  ̄) )r~~┐//
_ ヽ  :::::r‐‐=-'  `¨´  `¨´ ^⌒´~./r─ 、
::::::: ̄:¨::二::ー-..、                 ̄)_ノ

664 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:44:08 ID:7z./5AVU
                                                        __ -一'^ Wハ、
                                                    , <     ニニ、ニ二ヘ
                                                   /       ィ´  、 !    ∧
                                                  ;    ___/!/ _   |    ',
こういった軽神の濫用は望ましい物ではないね。                 .    !  /    \/, ─` レ、   レ!
やはり神や聖人への取りなしは教会人のみが然るべき方法で行うべきだ。 .     | xく.  / \// _L∟ 、|  /`ヽ
1274年のリヨンの第二公会議は、儀式の恣意的中止に反対して「侮蔑」を非難した。V 》 |  </l_ tヒツ´ // ̄ ィく }
                                                   l二二>_ヽ l ',   / l }   〉 } |
問題があればただ信徒側が反省すればいい。                  ..     \fでソ |'"i  〉   ヽl l  r‐' ノ、
                                                     V l! { ´ フ    l 、  | ̄ 「ト、
神の敵への処罰のために聖人を卑しめるのなどもってのほか。               ヽ l! ` __,r=─ │ \j  l.l\\/
許される手段は破門と聖務停止のみだ。                       .       \ ノ´ __ ノ  |  /  //()\__/
                                                        ヽ ´     └‐/  , '/ (ヽ:::::::/:::::::
                                              .              \   -‐ 7 / '::::::::`::::/:::::::::::
                                                           `下--‐_'./∠:::::::::::::::/::::::::::::::
                                                            ヽ::l ̄    V:::::::::/:::::::::::::::::
          ,;ー-、                                               /:∧      V/:::::::::::::::::::::
         ," l  l|                                               _|::::::::∧     /::::::::::::::::::::::::::::
         |ll/`ー'|                                              _{::::::::::::::::〉--r ' /::::::;へ:::::::::::::::::::
         レー'」-'!、,   それはそれで味気ねーな。
        ∧ ー/i {、
      __,ノ ,'`ー' k 、ヽ_
     r'´, '´`、`^ 、,-`<゚ノ\
    {__  ' }、  〉  )Y''´ヽ、
    ,「_:.:.`ヽ' ̄ ̄} ̄ `{ ' ,  ヽ
   f´、'  `ヽ/`  ̄´ ` ̄`lヽ, 、_, |
  / ‐-、_ノヘ, ' ‐_l_-   l ̄` ー'
  ( '、  `rー、;_ ` __,k、  |
   \ ー‐ノ:::ノ。゚)´ ;三アニ]
      ̄ 7`¨「::. ̄´;/:.:.:|        , /ソヘヘ 
      /ノノ/.:.:.:::';ン.:.:.:.:|        ヽv=0=w`  まあ、いつまでも呪術的慣習を
     / ///.:.:.:.:.: l::.:.:.:.:/       (( б ゚∀゚)  引きずっているわけにもいかんだろう。
     l/ / 7 .:.:.:.: /.:.:.:.:/              |)
    /l l /l .:.:.:.:./.:.:.:.:/           |   |
    / |,/〈|.:.:.:.:./.:.:.:/            し` J

665 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:45:04 ID:7z./5AVU


              _,,. - ..,_
            ,.イ‐-、     丶、
           / i   ',       ハ
 .           ,'  ヽ.  }、       !i
           i   F‐、{ \     ,ィ.!
           /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'     教会史の話に戻ると、10世紀末あたりから外民族跋扈が一段落するにつれて
        ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}     終末論的観念と共に修道院の新設ラッシュがおきる。
       /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ
 .    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、     それに伴い聖遺物の需要が増加し、膨大な数の聖人が発見されるに至る。
   /::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ    中世を通じて聖遺物の発見譚は山ほどあるが、9~11世紀のものが特に多い。
 ./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',
 ::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i    見つかるのはまずローマの殉教者、
 ::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ    次いでガリアの半伝説的殉教者や初期司教、
  ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/     そして異教徒との戦いで命を落としたヒスパニアの殉教者だ。
 :::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.
 :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、
 :::::::::::::::::::::::::)、::\ / l/: : : 、: : /: : }、
 ::::::::::::::_:_:/::::ヽ::/l /l: : : : : :.}/: : : /: i
 ::::::::::::::::::::::::_\:::/ l/l i: : 、_ノ": : : : /: : iヽ.
 ::::::::::;:::::'"´:/ 几 /i l ';: : : : : : : :l / : :/:./            _
 ::::::::::::::::::::// /::::::`::ー.、 V: : : : -‐' : i: i: / __..、,.. -‐y…ニ¨ ̄ ヽ
 :::::::::::::::::::l i i:::::::::::::::::::l_,,..ヽ-‐…''ニヤ¨二....f.⊥=ニカ ! rニ¨`>-‐‐
 :::::::::::::::::::〉.〉 ヽ-‐ニ丁Lー{ニ⊂ニヽ「r‐‐、 \‐‐-、 .i´ ̄  ( _
                                                        /'rイイvイ ノ|イ,へ、
                                                      lV l~V,イ^レ' ν;;/ ノ て、
発見譚には、今まで何世紀も所在不明だった聖人が            .             /し' / ,ィγ'`ヽ ヽ ノ ̄;; `>
廃墟と化した教会堂や地下室から聖職者の夢や幻視に現れたり、             `> /ヽノ ♡,三ヽハイィ ;,,'`て
異常な光や芳香を放って発見されるパターンが多いな。                    〃 _イヽレ /  し| l │て'"
                                                      | / ●    ●   V|て
酷いのになると、農夫が畑から掘り起こした人骨が、                      ヽ|,⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ;;メ,
夢によって布教に来たペルシア司教一行のものだということになった話すらある。  /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._)   ,j '/⌒i
                                                   \ /:ノ:ィ:| l>,、 __, イ★/;;;;;;/
                                                    \'  〈《:::::::::::::::::》 〉人. ∧

667 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:47:39 ID:7z./5AVU


.          ,. --── - 、
       /   /\_/ヽ,\
     / ___/     《 ,、 ヽ
.    //`\、   /^\// ヽ∧
.    ,' l  __l/___《  l レ,ィテォ }l_ ',
    ;  ∨/ _,≧ミ   〈 ̄´  jハ         そしてゲルマンの教化が進む中、改宗の遅れたイングランドやドイツでは
.   i  |  く_fツ' ノ   ヽ   | |―、       聖遺物収集が司教や修道院長の第一の仕事になったが、
    ',   ヽ  / /   ー--',-、  Vハ ハ      直接入手できる数はタカがしれている。
    V  {V │   / 二ィ>」  Vハ  !
.     ヽ. l\ {    _/´ ̄__ノ  | Lノ      供給は当然追いつかず、そこに殉教者の遺体を売り歩く商人や修道士が
.     r┴┘ ヽ!     `¨´   __Vリ\      付け入るスキがあった。
      | TT{  }\      ,..:'´: : :/ l|:::`:ー
     人 ヽー‐'つ \    / : : : : / l|::::l::::::    早くも4世紀から、聖アウグスティヌスは
  __/  ` ー一'| >‐- __|: : :_: ィ  !|::::|:::::    殉教者の聖遺物と称する物を売り歩く恥知らずの多いことを嘆いている。
 /  ヽ.__/ |::\          l   l !::::!::::
 |    /:: ̄:l:::::::`>:.. __     _//::::l:::::
   i´ /:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ̄Τ  | ̄l::::/:::::
     /::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::l  l!  レ::::::::
.   /:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::}   !l/l:::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::ー--:::┼ '´l └―:
                                             /  ,/ / /   _,..-''
                                           ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
                                           } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
                                           ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
有名どころには9世紀のローマ教会の助祭、デウスドナがいる。    ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
兄弟共々カタコンベを盗掘し、ドイツ各地で大量に売りさばいて    ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
財をなしたそうだ。                              〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__
                                         〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
原価はほぼゼロだし、骨片などは運びやすく高値がつく。       `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \
                                              ,. --ヾ__/ ☆    \
                                              >----<,,,,)        \
                                             (||>/ ̄         ヽ |ヽ
                                              (           ヽ   | ||
                                               \      |ノ  ノイ /
                                                |      ヽ   |ノ /|

668 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:48:43 ID:7z./5AVU


 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/   ローマからの盗掘品を含む聖遺物の流通は、
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、   信仰の焦点たるローマ市と教皇を信徒に常に意識させるという作用があった。
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))   ある意味では教会の広告だ。
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|
 |  |  !、           .| |    盗掘や取引の禁止が空文に等しかったのも当然だな。
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、


   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /: 
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:  聖遺物の買い手は聖界に限らない。
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :  自らの威信や領国の権威を上昇させるべく、
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ  カール大帝をはじめ王侯貴族も買いあさった。
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::   不慮の事態に備えての蓄財という意味もある。
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::.
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::


              // ̄ ̄|ヽ
         _  / |    ||\
        /  ヽ   |   |||  ヽ
       /   ヽヽ      //  /
      /     ヽヽ     //   ヽ
     /ヽヽヽノヘ ヽヽ | // //  /
     /ヽヽヽリ  V/\| ///ヘ// /
     |ヽヽヽノ       \/  |/ /
     |ヽヽ、|         / ノ |/!
    /ヽヽ./ ,.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  r'´  |リ   そんだけ需要があったんならまがい物も相当出回ったろうな。
    |,.、ミ | =モtラー、:::r .r,.ミ_-、_レ、
    /,、∨    ̄  '´| |ゞニ゙ゝ//!  ああいうのは言ったもん勝ちなとこないですか?
    //rヽヾ      /'7!   / し!
   〈ヾヽ`  l     \_ノ   i l,゙!_ヘ
   |リヾ〃,  l  ,.=-⌒ニ、_、_ ∧ ', ヽ
  ,.--io'イ゙´l  l   `'ー:-....-, //iヘ ヘ ヽ
 |  |リ/  ヽ      _   /r-!、l, ヽ
 l, r"/   \  ,.-:'´:::`ヽ /∧  ヽ!
  Y゙ l     \::::::::::::::::/´:/ ノヽ_,.入
    !        ̄ ̄/:::::/ ヽ/ヽ イ

669 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:50:37 ID:7z./5AVU


三三三/             //
三三三l \\ ミ        //   //  ミl
三三三l  \ヽ_ミ   _/ ヽミ ./ /    ミl 
三三三 l 、 ミ /   ̄ ̄     <〈~  |     ミl 
三三三三\~〉〉          〉〉   |     ミl 
三三三 | 〉〈〈 彡     彡 , -‐´―ヽ \ / ̄ヽ  もちろん偽物は出回った。
三三三 | |´_三\, l   ミヽ、/三三__   / ./ イ` |
三三三三||  、(llゝヽ     ノ、 (ll), ` ./ / / l 、 |   そのため大司教が真贋の鑑定をしたり
三三三三.|| ~ ̄   /)   ミ    ̄~ .く イ  )_//   司教が真物だと宣誓したりする。
三三三三| |      lll    .     | |  、 /
三三三三 \ミ  (/           | |   | ~|     教会文書や幻視によって証明されたりもするね。
三三三三三||    ヽ)__ノ      /~   ̄ |.三|
三三三三三 ||   _υ__      |ミ   /三  |
三三三三三 ヽ|   ‐--―‐‐ 、  \ /三   |
三三三三三三    ` ― ~     /三    |
三三三三三三三\  ⌒ミ      /三     |
三三三三三三三三\_   _/三




         // / ///  / |   //
         ノ ∨///i/   l  /―'´ /
        ノ  レ ! |   | /  r‐''´
    r――'   ノ/  |    |  /
  /    r‐''´/ / /  / ) |ヽ /`ヽ
  /  i  /   L |/   /  /  | |ニ--、|  聖遺物の真贋は信仰心と利権の絡み合ったセンシティヴな問題なので、
  |  ヽ、 ヽ    |   //   / / __ ノ  疑念の表明には非常なリスクがつきまとう。
  L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V
    \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ  その聖遺物を崇敬している連中は、批判者を堕落した教会の敵と見なすのだ。
    /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ  批判者に神罰が下ったなどという話も多い。
   /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ
  r'   /| `'''-\ /// /-'  ミ彡//)|   一例をあげてやる。
  ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_ 1162年、ルイの治世末期のことだ。
    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\
   人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川
    `'ヽ | |    | /||        |ーヘ川リ
        ヽ  | |、       //: : |川
         ヽ  !_-フ       / /: : : :|
       /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||
     /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
    /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ
   /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|

670 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:51:56 ID:7z./5AVU


●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

大変ですよみなさん!
聖女ジュヌヴィエーヴの首が聖遺物函から
盗み出されたそうです!!

      ∧__∧                  な、なんだってー
     /       \       /)
     |   ・    ・ |    //        \从/   \从/
    |       ∀   |   / _つ
      \      / / /           ∧_∧   ∧_∧
   / ̄          ̄  /                (・∀・ )  (・∀・ )
 /           /                  |    |     |    |

                 【パリ市民】

671 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:52:30 ID:7z./5AVU


  、__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::/: /::/::::::\ヘ
   >::::::/::::::::/::::::::::/::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::/::::V:::/:i::::::ヘ:::\
    /:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::: : |::::::::::::::ト::iト::┴<:::|:::i::::::\::\
   /:::::::::::::::::/:::::::: /::::::::::::::::::: ::イ::::::::::::::ハ::|    Vノ: |:::::::::ハ ̄
.  /:::::::ィ:::::::/::::::::: /::::::::::::::::::::::/-∠ヽ:::::', ヽ  .イ:::/:::::::::i::ヽ
 /:::/ |::::: {::::::::::::i:::::::::::::::::::/__≧:::::ハ  _∠:/:::::::::人:::::ゝ
.//  .}::::::i::::::::::::|::::::::::::/ ||' r ̄ (:::). Yヾ:::i  r===レi::::::/:}\i
     ノ::::::|::::::: : |::::::/|  .|| \ _ i ハト=イ(::)ヽ{:l:: /:::i
     ハ:::/i::::::::::ハ/ヽ/  ヾ___ノ   }、- i::./ハ.|
   /=\ レヘ::ハ ヽ {     ̄ ̄ ̄    ノ  |'´    修道僧たちは何をしていたんだ!
  /'´   \\::::ヽ ヽi        _ _    /
  {       ̄\ ̄`ー 、      'ー-'   /      ベツレヘムの聖人の名にかけて、もし聖遺物が見つからなかったら
  ノ`ー ─ ミ、  .\\   ̄}     ` /┐       サン・ジュヌヴィエーヴ参事会員全員を鞭打ち刑にした上で追放してやる!!
. ( /      \   \\  i  >──'´  ヽr-、
 .Y         \   \\廴r >'´   /   /
 /          ハ    ミ=V    //  イ

             【ルイ七世】

672 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:52:54 ID:7z./5AVU


                  /    ,,ィ
                 〃  ,,ィ;;''´
                ,イ; /;;''´,,;;==-
         ______iv;/::/r==-::...,,,,,_
         `'''- ;;;;: : ィ il: V: ilハ: : : : :ミ: : : `ニ=-...、
          ,,ィ彡イ: /llMⅥll ハ; ; ;i: :ヾ\: : `ヽ
        ,,ィ;;''´フ: :/:∧.ll   ハl;;l; ; ;lヾ: :マヾ>、;; ;`;-,、
          /イ: :/:/: /il u ,i jハ: :',;l; ; ; ∧: : : ハ: ト、 ̄
         / /: 〃::レハ ',  l: 从:ヾ: :::乂::ヾ : ハ ';: ト'、
         /イ: : ://≧=、   i: ::ハ: : \: lj: :'; : :';: ::ハ   兵士たちは他の聖遺物を警備しろ!
          /ハミ/ (::) ノヾ'' ヾ/ ヾハt:j i:!: :ヽ: : : ', \
          从iヽ """ / 、, z≧=<ハ: : : : ';: : ミ;、   サンス大司教と付属教区長たちは
           ハ  ̄ ̄- 、  / (::) ノハ: : :jハ: : il    ただちにこの件に関して調査するように!!
          , -、ハ.u /   ヽ ヽ """ /:∧: ハjリヾハ
      r- 、 /   \、 .i    ノ  ニ/ノハ ヾ',ij   'ヾ
  _ ノ   ''::::...  / \`ー'  / ̄ヽ  _
/  ,,- ─     i ヾ;  ̄ /     'ーミ、
    ヾ 、:::::::::...  、 ヽ   /      ,    、ヽニーi___
      `    ヽ    rイ      /     `ーミヽ ハ    ヽ
           ',  //     /     〃   } l ト、    }
    ヾ...       / i      /     /ノ   , ヽ }}   /
     :.:.:.:.:...    ヽ \   /    ./rtjフミィイ   i //    }}
      \::::..    \   (    ,/YKtjhァアソ  Y /イ   /}
        `      ヽ  ,`  /≧≠ijト=イノ  /,/:::.    /
  、_ _  _   ,    `-´ ̄{     il>''´  〃./::./  /
      ̄   ̄ :::::''        ヽ_, -''´ ,,,,ィ::''´::/ '' /ノ
  、_       ィ::'::'::´:: ::. . .    ヽ ''´  ̄ヽニ、_//

673 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:54:04 ID:7z./5AVU


参事会員たちも悲嘆に暮れていたが、管理責任者の修道院長ギヨームの被った打撃は大変なものであった。


                _.. -‐'⌒\_
            ___ノ´        \                        (ヽ、00  ∩
          ノ´      /⌒ヽ     l                      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
        / r‐-、___..-''" /∩ \   \                     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
        |ノ ヽ `ヽ._// / / | u  } _ |                    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
         | (\\ヽ._ノ / ,ノ  { u ノ /__`!|                    `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
          |u' ) \\, ノ 〈@   》〉( {ノ ,}|ヽ_              / ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
        |  (_ @Y  u.ヽし'=彡'゙,.-\ヽ_} |  |   `ヽ、           :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
        \ { 八.u  └-、、_ノノ~ , ヽ.V  ヽ    \ ̄ ̄ ̄    :::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
          }r゙ ノ /  J  r‐'  ,;:=''"__ uヾ\____\    |        :::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
           (_;_ノ `ーl"iー'゙;;=''"__,.-く._L> ヽ    /ト、   \       :::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
           〉,,,;;:=し'  /ヽ__>ー'゙ .イ} ヽ.u / | ヽ    ヽ      :::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
          /〉u' __,. ィ" >‐'゙   ,.へ/  ノ  / |  ヽ    ヽ     ::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
         / 'ー'"[__.ト‐'´  _,. イ_>' /  / |   l、     \   :::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
       /        >匚L -''" u .ノ u' /   |   | |      > ::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
     /ヽ       {____ u' _,.-''"    /   |   ||    <_  ::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
    /    \        l.__/ | | \ U /   |   |   |      | :::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
   ノ       \       |    \ヽ \,/    |   |   |        i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

              【修道院長ギヨーム】                              【参事会員のみなさん】

674 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:54:28 ID:7z./5AVU


そして聖女の遺体が無事か調査する当日、
教会堂には国王とその家族、司教たち、修道院長たち、野次馬たちで溢れかえった。


   (ヽ、00  ∩
 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
  ,, -‐- \   | |/⌒ヽ        (ヽ、00  ∩
 ( ⊂ニニ   / /⌒) )      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
  `ー――'′ し∪  (ノ       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                     ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                     `ー――'′ し∪  (ノ
        /l                                     , -'  ̄ ̄ ̄`  、
     Λ/ 〈 へ、              ,..-‐':´::.::.::.::.:`ヽ、         / /   i  {    ヽ
   ヘ|        ,>           /::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l::.:、\       /ハ {    ヽ \ \   ' ,
 ∠  /   〉ヽ   ̄\         /::/::/ヽ::.ヽ::.:l::.::.|::.::l::.:ヽ     /  |  、     \ \ ヽ   }
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l.        ,'::/:|::.,′ `、::.l::.|::,イ::.::.|::.::.|    . {  l ト、`ー- ___`ー`ニ=‐ |
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ        {::.|:∧:|ノ  |:ノ`ヽ/::|::./::.:.:}     |  ヽ \ ̄\ヽ ̄\  ノ / i
   l/  |‐|   |―ヽ_|.         ヽl:|N ●  ′●.!イ::.::. /     |ゝ\} ‐-ヽ  } , -一'./ / /
    |  ̄ c  ̄  u 6 l          l::.:ハ⊃ 、_,、_, ⊂⊃::./⌒i   .  !ハ\i 、_, \ノ 、__ // ./
.   ヽ (____  ,-′      /⌒ヽ__ヽ:ヽ、 ゝ._) /:/:: /  /       lイ 、  ̄  i   ´ ̄ / /
     ヽ ___ /ヽ       \ /   ヽ/>,、 __,イ_厶/、__∧   .    l/ ヽ  一    /リ/
     / \∨/ l ^ヽ        <   ヽ:::::|-─-|:::::::::/   l          ` r-‐ マ
     | |      |  |        ヽ   丶::\/:::::::/    l           /7不ヘ/\



      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |

675 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:54:51 ID:7z./5AVU


箱のふたが開かれると――


    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                       ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                      ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,, _r----_r-------ヵ、_ '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;''' //    l l       .∧',   ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,,;;;''''''    //    l l,       ∧','';;'       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''        //    l l        ∧ム          ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;'''''''' .      //     l l,'          ∧;ム
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''            /./       l l,          ∧:ム   ';,       ,;
                       .     /./       l l,'            ∧ム     ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                          /;/       l:l;,'     .r======ヵ .∧;ム      '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'      /l/        lll,'    i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!  ∧;ム  ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''         /;;/       l;;l,'    └===┘  .∧;:ム ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';           /;;/        l;;ll               ∧;;:ム    ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';           .  /;;/       /;;/マ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨∧    ''''';;;;,,,,,,  ''';;,
                   /;;;;ム──── /;;;;ム───────────∨∧
                    ∨  r≡≡≡仏ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニマ
                    ∨ .∨ ,ィ<二二≧≦二二>、 ./ /
                     .∨ .∨  _,/ ¥ ∨_  / /
                 .    ∨ .ヾ>_、__二二二__, ィ<./ /
                     .ムニニニニニニニニニニニゝ

677 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:55:19 ID:7z./5AVU


聖女の首は他の聖遺物同様完全な状態で納められていることが認められた。

         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \
                   .           . '  ̄_ 二二 _ .、              ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         /   /´ -‐ … ‐-.`\
                          /    /´    i   ! `ヽト、            -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――  .     ,ヘ ,'   i   !  !  | |i  |ハ i  ヽ
____________           / ゝ ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i  | |             -----------
            二二二       \.| .:i i :i i |´   一  ー   `!、ハ:i         === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      .       | YハiハN rr=-,   r=;ァ ;'::::N                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐        | iヽi  .!""         "" !Y!         ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                          .| |ヽ∧ _!   'ー=‐'     ,':::|
             ---‐‐‐‐‐ .      ////∧. ヽ、         ィ´゙Y|       ‐‐‐‐---
                   .      ///// ∧  ヽー--一,´∧, .|:|
               /  /
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \

678 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:55:53 ID:7z./5AVU

                                            テ・デウム
喜びのあまり感極まったギヨームは、教会中に響きわたる美声で「感謝頌」を歌い始めた。


        ,, -‐''"^⌒⌒⌒⌒⌒゙^'''‐- 、、
      ,r''´ ,.、            ,.、. `ヽ
     r' ./  `''‐ 、      ,. ‐'"´ ヽ. ゙i
.     i ./ ,. -‐- 、.`'ー--‐'´ ,. -‐- 、. ヽ. !                               . . : :♪
     l ./         `''ー--‐''´       ヽ i    .                         . : ∮ :
      {〈.  ,.r''"⌒'ヽ、    ,r'"⌒'''‐、  〉}              . . . .          . : : : :
     {.ヽ ´ ,. -‐-       " -‐- 、  `,/ }           . . : : : : :|ヽ: . .     . : : :#: :
    i'⌒l│   ==。=     =。==  | l⌒i         . : : r‐┐ : C|: : : : . . . :c/⌒: : :
   l i´.|.|    `ー--‐'l      lー--‐'´  .|.!r´ !      . : : : d d : : :   : :♭: : : :
.   !.r‐||   `‐--‐l.      l‐--‐'    || ヘ !     . :c/⌒: : : :        : : :
    ヽ._|! ,r'⌒ヽ、_.ノl       lヽ.__, -‐-、|!_,ノ  . : :♪: : : :
      │l. lヾi;、.,,,,,,,゙ー^ー'^ー',,,,,,,,.:ッ:;シ! !     : : :
.      !  ゙、L工工工工工工工工工」ノ l
       !  ヽ、匚匚匚匚匚匚匚匚レ' l
      ./!、        ___        !\._
.-‐''"´/::┃::`'i‐ 、     ̄ ̄     ,. ‐i´::┃ヽ`''‐- 、.._
::┃::::/::::┃:::::l;;ヽ `''‐ 、.     ,. ‐'´ /;l::::┃::::i、:::::┃::
::┃::/::::::┃:::::|;;;;;;\   `'' ー '"´  ./;;;;;;;|::::┃::::::i、:::┃::
::┃/::::::::┃:::::|;;;;;;;;;;;;\        /;;;;;;;;;;;;;|::::┃::::::::i、:┃::
:::::/::::::::::┃:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::┃::::::::::i :┃::

679 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:56:30 ID:7z./5AVU
               i.     i'ヽ、        ,
   、       !ヽ、 _  i.ヽ,.--、 i  ノヽ      ./i           _,.-
   ヽ丶、._   ノ,.._ヽヽ ̄ヽ,._ヽ、`' ´_,.!ヽ 、__ /. |        _. -'./
    ヽ  _.. '´  iヽ、i. '´ .`'´,.ィ ."'´〉.<      !、  __..-‐' ´ /
   ___ ..`''´ ._. -'! 、.!-‐'´ _ .. -<' _,. .'´'´、 <ヽ      ̄       /
  <  _..-'! `''´.、 .ヽ、,シ'´_.ィ',.:'´、.'i i'.ゝ'、ヽ          / ___
   i `-'´,.  !-' _ノ i、_-'´_._-、. r'" ,. ヾ、_.ィヽ    ____    /´  `ヽ、
    !  !.-'´_,.、 !_'´ヽ_> 、´" .'´ : ';'、 /´ >! ヽ..__ ヽ、  `.i、.,'      iヽ
 .  i ,ri `'´_i ''"´ `!  i'´! .、-‐ヾィ.、 `'''´ .i´  `)ヽ.!   ! i    ,. ' _!
   _,`r'"_, `'´_,.._. =ニ、.'i  !''、_/i   ) _> ̄ヽi  /´,、.ィ|  .i i    / /
 ーニ_,. >'´  -、ヽ.   ノ!_.ノ i'ヽ!   '´_...  _ノi   ! /./. 〉!  .||  / /、_
   ヽ_,..イ  / ソ ,.-'´ノ、ー-'‐'´  i''、-‐ 、二!  .'' .| .,' !.  ∥ / /---‐'
     >' / .ハ、_,.:-'´. ヽ、__ノ,i  '´  ,.、_  ヽ.  `iノ   /.| ,:' /
.   < '´_.,.-'´        .>'´_,  !' /. /!.  !`'´   _.-' .!i /
     `´/  _. - ' ´ヽ   /  / !  / //  // _..:‐'´_.. -'ノヾ、ヽ
   . /, -'´       |  _!、_ '、/ .,、!,_/'_.-'/_ : ' _. -'´ r'´   ヽ、ヽ
   -'´        !./  ヾi、__/. 人 _/-'´_ 、'.i'    ヽ_ ...-'. !`ヽ
            !     .ヽ--'  < _ -'´ ヽ     `ー‐''´

680 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:56:52 ID:7z./5AVU

                     , =-、
                ,'´三`::"三ミi_,,...,,         インチキ!
             , ='"彡 ミ::::彡 ミ::::::::::::i        インチキ!
             ,'((,、シノイ{{ }} ヽ)) )ミミ::::::::ヽ、       インチキ!
            ヾ巛、ノ{{ )}( ./)} {(ヾミ、 ))))
             ))), =-、ヽ)/ , "⌒ii》,-、//       この首はインチキ・・・・!
            ,i'"リ|{  ヽ  /    }|r i.i《(ヽ
            ヾ《〈| ト、 o|u |o  ノ''|:ト!|ミ:(      偽物・・・・・・
             )リ||v゙=|  |゙="u !|ンミ:::::)      イカサマっ・・・・・・・・!
             ((( !ト,,_⊂、_, ⊃_,.._r ト、ミ::::(
             ヾ))|.!rェェェェェェエi |.| ヽミ::::ヽ、    イカサマざんすっ・・・・!
              >;;!||-― y―‐-| !|  iヘ;;;_ヽ
           ,. - ''" !!ヒェェェェェェ」.!|  /|  |   ̄``
          /|_,,. ‐ ''"ヽ二三三二 ノ./::i  | ̄r 、`゙゙゙
.  .,''''つ/)  /  |     /  /ヽ  ./::::::i  i ヽ ! !(,ヽ
. / ///ノ´)/  |     /  /:::::ヽ/::::::::::i / )ト .| | | | i
. 〈 Y ∠//,' )  |     /  /::::::/ヽ;:::::::::i〈 〈 .| | | |/ ./

      【オルレアン司教 マナセ・ド・ガルランド二世】

681 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:57:35 ID:7z./5AVU


       , -- 、    ,. -- 、
      j 三ミ、ヽ./ 三ミ、ヽ
.    r彡'⌒      三ヾ、L_
     }〃fr三ヽ r彡ニヽ ヾヽ. ヽ
    r'ノ ノリ ,イ/ハ ハ 三 }}  ))) )    大司教殿の許しもなく勝手に感謝頌を歌うとは・・・
   ノノ,ノノ,イノ`{{ー{{‐ヽ,ミ リ (( (. (     策を弄するにも程があるざんすっ・・・・・・
  (((.〃/ {f\`:::ij~ソヘにヽ、}}} 、\
   ))n|'/'´\ヽ~://'⌒ヾ、r,ニヽ }} j    何が嬉しい・・・ 
   (((| ||{{  @| v:|  @ jリ:|l-、|.| {(    どこの誰ともつかぬ老婆の首が見つかって何がそんなに嬉しいざんすか!?
    )}l ||:`ミ=彡!ij :|ミ==彡'::||^ソノ ,j )
.   (((ハ|!`!u'こ′j`つ v j「 l|ニイ {{.{    決まってるざんす・・・ こんなもの・・・
    ヾミ| r'ニヽ.`ー'´ノ,ニヽ |\ヾ ヽ`ー 、  誰かがこっそり入れといたに決まってるざんすっ・・・・・・!
     `|.||⊥工工工.⊥|.| |  )川 `,っ j
        |.||-─ーr──-|.| | ( ゝニ._( (
      |.|lココゴココココj.| |./:`ァー、ヾ. )
      ヾ二三三二二/::::/ : : ;ゝ._ヽ
             >:'´::::::/: : :∠-─-リ、
.             ∧::::::::/ : ;.ィ´: : : : : : : : :\
           L:_〉/: ://: : : : : : : : : : : : ヽ
            |: |:/: : /: : | : : : : : : : : : : : : : |

682 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:57:57 ID:7z./5AVU


        ,  -───‐- 、
        /,. ─- 、.__,. -─ 、ヽ
       l |  ─-、 _ , -─  l l        このわしが誰だかご存じないようだが、故なき中傷は控えてくれ。
.      l | -─-、   ,.-─- | |        わしは策士じゃない。聖女にお仕えする身だ。
     r=、ヽ ,.-‐-   -‐-、 .}.r=:、
      {.F,|.|.  ー-‐i   iー-‐' :|.|ヨ |      なるほどご覧になった首は老婦人の物だが、
     ヾ=||. ,..二ニl   lニ二 、||= "      汚れなき純潔の一生を過ごされた聖女様が亡くなられたとき
       │|,,,,,,,,,└‐-‐┘,,,,,,,,,| |        70を過ぎていたことは周知の事実、疑問の余地はないだろう。
       ,.1   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ト、
    , イ   `ト 、  ̄ ̄  ,. イ   `r、      さあ薪を燃やしなさい。
-‐''"´  .l    ト、  ` ー-‐ '  ,.|    | `'''ー-  聖女の首を捧げ持ちて火をくぐって見せようじゃないか。
     |   | \      / |   |
      |   |、   `r‐r く    |   |
      ,> | ヽ   !f.Tヽ|  /|  <
      |   |. ヽ. |.|r:h.|.|、./ |   |
     |   |    |.||│||.| '   |    |
       !    |   | 1∥:!│   |.   |
.      l    |  | ;' | ; ;|  |   |
       _,L.. -┴ ''|.   |  `l`ー'- 、.L_
-‐‐'''"´       l   人  |      `'''ー-

683 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:58:19 ID:7z./5AVU


            ,,-―-、  ,-―-、
            ! _--、`-'  、ヽヽ           _, ◎
          ,-'  ⌒ 、  ⌒ヾ、 し      -==ヲ/
           l / ,',' ; !' ’ ``; ヾ、丶ヽ        //
         j ' // 'ノy'~y'(lヾ `j 丶 j       /'
        r'','rー、/~|メ、'' u`! !、j `γ        |! |! ノフ
        ,j ノ'lγj ,,-''⌒ヽ ,,エ~ l ;; `l          /'
       ノ ,, ! y' ー、_‘’, 、' o ヾ〉、"/
     ,ノ〃,,-'`7l |ヽu -v' (ヽ- '// ,ヽ   その首のためになら杯の湯に手を突っ込むのもごめんざんす。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  / | ||ヾ、`i_ _⊃' /' 〃 )
― ―――7   ,' | !ヾL|`i〒iフ./、、jγ   火の上を渡りたければ勝手にやるがいいざんす。
      /   ! .| ``ーニニシ'/、、`ー-、
.     /   ∧ L  == u /  `ー、_ `)、
     /   / ヽ `ー---イ     ヽ/ i
.    /    /  ヽ/ / |     /  |

684 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:58:40 ID:7z./5AVU
            ,.ィ ,.ィ  ,
         /l/ レ'  l/.レ1
       /l'  ′         lィ
.     ,'  ,.、   ,.、     イ
    │ / u`ー''´  ヽ    |    ままま、司教もその辺にしとけ。
.      Vニ'_┐ ┌_''ニ-ヘ    |
      │==。> ゙=。= :|∩ !    それにしても流石はギヨーム殿、
     |. ニ!: v  ニニ  l.|f}│    聖女を守ろうとしたその献身と熱情、誰にも真似できますまい。
.       | r‐し -丶‐-、 |レ' ト、
     _,l.l ⊂ニニニ⊃ l ト、 j:L!¨T:iー-
-‐ i:T¨: :,ヘ _ , ,ー, , , _ノ V|::H: :|::| : :
ニニ|::|ニ:/」::L:| ̄ ̄ ̄  ./l_」::l_」ニ|::|ニ
: : :|::|: :l-|::|‐| \   /  .|ー|::|‐|: :|::|: :
:ニ|::|ニ| :|::| :|   X.     | : |::l: :|ニ|::|ニ

     【サンス大司教】

        ,. -‐- 、 /´  ̄ `ヽ      n
       /  ニニ、ヾ r',.ニ二ヽ }-=ニ二,¨スリ
.      { r',ニ--   ′-‐ニ.ヽ {.   //
      } ! r jニ,ヘ frヽ\ヽ\.ヽ. /
     ノノノ,.イ/  }.ハ. 、 l│、ヽ,レ7 l\
    (.く ,イf十- {(-}.}‐!ト、ヽ ! / /!  \ヽ.
    rリ ハい)  jハ(__{! し !.|'イ {  _.二,   ケッ。
    ノ, ) |.⊆ニ・! .i⊆ニ.・う, `i.f,ヽ ) ) ーtマノ
  ( (r | ┐_´j  | ` ̄┌ ||rj }{(   jノ´
   ) ) |ト、 ヽ、 _つ  _,..イ.レ‐く.ヽ.ヽ,イ  , -─
~‐く.'_ ||lゝソノ='{ し-ーくl」/ ,_- 、`ー((、_ノ r'´ ̄
二ニ=‐-¨,ニ´<Zエ`ェ'エ7ヽ. くl_:_ン.ノニ))‐-、二 ̄
  _,r- イl.ヒテテテテテテテテ'//`;‐-:イ‐-((¨ニ._ー-
ニ:-‐_'ニ| ヽ.ニニニニ二ノ./ /|: : : :|: : : jノ: : : : :
‐'' ¨: : : L.__ー一   _/ /::|: : : : |: : : : : : : : :
: (:_: : : :./: : : :「 ̄ `¨  ノ :::|: : : : :|: : :O: : : : :
、 ヾ' ̄ ̄'\:|::\.  /::::::: ! : : : : |: : : : : : : :
´) ノ_7:7ヽ._くヽ;::::::X::::::::::::: |: : : : : |: : O: : : :
( (: ././ー;:- ,二;__:' : :ヽ:::::::::|: : : : : :|: : : : : : :
.¨)j/./ー-;- ,_.二フ: : :.∧:::/| : : : : : | : : : : : :
:-ヾシ─-;-_.二ノ::::〉ー〈:::::V::|: : : : : : |: : : : : :
,.-─‐----イ::::::::l: : : :l:::::::::l: : : : : : :| : : : : :

サンス大司教の取りなしにより、この場は丸く収まった。

685 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 21:59:13 ID:7z./5AVU


                            ,/"゙'' 、
                            /::::::::::::::ヽ.,_,,.. .,,
                          _,.ノ:::::::::::::::::::;!:::::::::::ミ゙'i,
                        , '"~::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::;;iiリ)
                       i:::::::::::::::::::::::::::::::;、;、=ミミ::::(((_
                      ,,. .ノ::::::::::;..、::ノ'メr,.ノ.〃!::::ミ::::::ii !!)
                     i:::::::::::::::::/r//  リ | ヽ!! )ノ!::::川::リ
                  ,,. ..ノ:::::::::::::::///' _ \i ! 」」_{(巛(/
                  ):::::::::::::::::::::i /u~ ̄7u./__υ/!((
          ー――---=ニ三/ ̄7'"~7,,.、'  ,.、/ /\ /彡ノ
          .i――--- :.:.:,;,;,/: : /i  /〃ス/メ、゙i  〈υ/《(
          / : : : : : : : : : / : : /:::|. /《///メ/7テラ'》/ノリツ
          .: : : : : : : : : /: : : /:::::.Vυ゙==、ク'メ//巛i"
          : : : : : : : : :/: : : :/:::::::::ヾ'' -、.,,ヾ=/:\'"
          : : : : : : : :./ : : : /::::::::::::::\/!:゙.-"i: : \:\
          : : : : : : : 〈: : : : /::::::::::::::/ヽ:::|: : : :|: : : : \:ゝ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「ギヨームを嘲笑した司教はというと、やがてその罪のために罰を被ることとなる。
 数年のうちにあらゆる種類の非難をその身に浴びて、
 彼は司教座を放逐され、哀れな余生を送ったあと、見るも惨めな死に方をしている。」

                                                『聖ギヨーム伝』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

686 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:01:09 ID:7z./5AVU


   |i~|~~l~|
   |lli i ||   まっとうな疑問を口にしたばっかりに人生棒に振っちゃったわけかよ。
   ( ;´Д(\
   (     \| ひっでー。
   | | |
    (_)_)

                      ,'  ゙、       /'    ノ l
                    .  f、  ノヽ、   _./: ノr=-‐'"   !
                    .  l 「ヽ : : `¨ ´: :/': : : i:l   l
                    ... l !: :《 : : : i : : : ヽ>_:,.:j l  /¨ヽ
                      ,.、ト.、'<: /:l : :_ノ '∠: j: :L/: :/: i
いや、別に棒に振ってないぞ。   ヽ:V:'弋ラゥ⊥レィ'ヽヒソ: 、: : : : ):リ
                       i:l: :` ̄: l:、: : : : ̄ : : i: : /:/
                       `ハ : : : :,': :ヽ : : : : : : :! : l‐'ソ
                        `'; : : :ヽ-ァ : : : : : : : : !:l: :iヽ
                         ハ : :-、_ ニニ : : : : /:/ :リ i、
                          ヽ ー:-  イ: : :/ : :i :/ .i::\
                           ト、: : : : : ;.イ : : : //  ';:::::::
                          /::/ ̄ ̄: : : : ;.イ /   〉::::
                    .     /:::::ヽ`¨ニ ¨ ̄  /   /:::::::
                         ,'::::::::::ハ       i   /::::::::::
                         {::::::::::::ヽ、    ,,.. <:::::::::::::::::
                    .     〈::::::::::::::::::`::::¨´::::::::::::::::::::::::::::::



  |i~|~~l~|
  |lli i ||  へ?
  ( ゚ Д ゚)
  (     )
  | | |
  (_)_)





 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!
   ミ   ,'     '、  l ∨
           \'´_ブ   実際にはこの司教は20年以上も司教の座にとどまって安らかに死んでいる。
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l    年代記作家にとっては、聖遺物に疑念を持つとどうなるかという「教訓」のほうが、
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l   歴史的事実よりも重要なようだ。
 . i        `¨´ ̄ニ!
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、

688 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:02:37 ID:7z./5AVU


                                   そもそも聖人伝の類いの記述はアテにならん。
                          イ
                    //,ィ ィ / |イ        『ラヴェンナ大司教列伝』の編者アグネルスなどは、
                  i、ノ |/ ∨レ' | |ヽ_r-v、_   「記録はおろか口伝による資料すら全くない若干の聖者がいるが、
               ,、___|  /  //  / | //,.-、ヽ  神の助けと兄弟たちの祈りにより、彼らの生涯を知りかつ書き記すを得た」
               | /ヽ、-/  / ∧/ ノ / /ゝ、`'  などと抜かしているぐらいだ。
                /  /  / / ∨ ノ  /  |
.               /  i   / /  ノ / / /|_ノヽ   それはさておき、真物の一番確かな入手法は、
     _        r'   ヽ  / |  /  _,.-ヘ i /,.‐、(   すでに評価の定まった物をよそから盗んでくることだ。
    /  `/`ヽ、__   \  ヽ ` `_,.-''´  ,ヘ  | r、| |
    (= r'__ /  \__,,,,━┓‐''´       /ハヽ_!|)| !ヽ                              ムヾ 川 /////〃〃/// /
  _,ハ、__| ~~ | ヽ r'´'´  ヽ  _,┃|     _ノ_,ィ   ノr|、`'ー                            タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
‐i´:!    _`ニヽ、ノ r'ヽ、‐'''´┃ヾ、_( ((_,.-r‐(;;)'    ト-ヘ ̄     聖遺物を盗む!?            タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/
:::l:::ヾ-、_r'   `'''i‐ヘ ヾ.ヽ・.┃:ゞで>,ゞ  ̄     |: ,.::ヘ                             /   〃    J ミ ニ彡彡/
ヾヾ::\ ヽ    !  \,ノ:.┃・ヽ┃:l |   /  ヘ   レ::;-'´     そんなことしていいのかよ!?     { __{(( .._   ミ ニ 彡 /
:::\`'-、;>-、   _,.-'"´         ヽ ヽ! レ  ,.イ   /:/                               }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)
:''-、,,ノ´     ̄            ヽ こ-‐彡ノ  /:_;:!-‐'´                            ,'   /   ```     りノ
''フ´                    ヾー'T"´ //                                !  ({ 、       ├タ<
'´                      ヽ、_ノ/                                 /|  ィニ‐-、      /〃リ
                                                            r'´}! }   __ ',      / r'")
                                                         ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ
                                                        /  ハ {      ̄  /    |リ
                                                      _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
                                                    /´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、

690 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:03:50 ID:7z./5AVU


                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく    いいか悪いかはさておき、盗掠はそう珍しいことではない。
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7   利益(りやく)のありそうな聖遺物の有無は寄進の額に直結することだしな。
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ   
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|   少々面白い話をしてやろう。
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://

692 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:05:08 ID:7z./5AVU


         | /      ヽ    /    / l  \
         ,イ   l   ヽ l  /    /  /   /
        / |   !,、   l l /    /     ノ レ‐i
       /  |  /  `'-  l|    /_,.‐ヽ   /    |
      /  | /  /ヽ/'''''‐、   |´   ヽ_// ヽ  〉
      |    |  |ミ./  _ `!  レ    l   _ ミ l /
      _,.-‐ヽ |  /-l  /_ミヽ,| __,.-、   レ-‐´ | l く
      ´ ̄\`''´ /三l  | r''''''-'''ヽ! |  /三彡-ク  )
       ヽ L_/'/ ̄ヽ l―\:::::ノ-/ /―フi'´/  /
        | r‐、 ト、,_ |/ ヽ'i `´l / / //'| l/                                            f、_,,. `i
        ヽ| r-| ノ 、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. | l,    リンカーン司教ヒューを知っているな?                 |,ミ{:.}彡|
         .lヽ 川  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ  人 |                                            |、ミV彡|
         |. | |り、  `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´   | /ヽ|             ヘンリ様とジェスチャーゲームした人ですよね。  (´∀` )
         | y-| l,      l |  l     |ノ ノノ                                               (    )
         .| ,i、し!  .    l .| /.     | r'´    ヤツにはちょっとした「特技」があってな……              | | |
         |  | `´!     ヽ!___レ      .!.|                                                   (_(_)
       _,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_

694 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:05:47 ID:7z./5AVU


●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

これはヒューがノルマンディーのフェカン修道院を訪れた時の話である。


             _,,-‐'''" ̄"`'‐:、
          -=ニ" _,, -"`''z-'-`-、`''Z
          -=ニ二-__‐‐z"-、,,_ `"|'
          ‐"z .i゙r、ヽ" .i'T;j'' ,.r゙  はるばるフランスまで来たのです。
            `i '、!,;       _ |
             ',,r'"l    _,,,,,,_「  名高い聖マリ・マドレーヌ(マグダラのマリア)の腕、
              !  `    ''/   どうか一目だけでも拝観させていただけませんか?
            ,.:''i"`'‐:、_ `ー,-'"
     ___,,,,.... -'i"  \   `''ァ<,'、
.   r'"ー-:、    |    ',、_  ,' ̄'i `、、_
   i     ヽ   ''''ッ''" ':,':、!ヽ,,,|',、ヽ `-、_
  r'.      ',    く.    ':、 | ',i `"、  ', ヽ
 ,!.         i     `ヽ、   ヽ.|. .| ゚ ,'  .', i
-'          |       \  ヽ .| .,'   i .|
        ノ        \  ':, |. ,'   .| |
       /           `ヽ 'i./ ´ ̄` | |
      /i              ゙i"     i |
   ./  ',                |O    | |
   く    ',                |     | |
__ \   ',                |      | .|
┌‐────┐――-----  ,,,,,__.|____   |  |
│ヒュー司教 |               ̄ ̄ ̄ ̄
├───‐─┴────────────────────────

696 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:06:45 ID:7z./5AVU


                 ,、- '' ゙ ̄,ヽ、_
                /  ,、-''`゙ヽ  `ヽ
              /   !゙     |   `.    いかにヒュー猊下のお頼みといえど承諾しかねますな。
               ├--''゙    /    i
             , .,L _;.;;;;、  ヽ ゙ヽ、./´`!i   なにせ、私をはじめ修道僧の誰一人として
          ,、-';;、-''゙!,.、ヽ-- '゙`_,/'゙!G.ノ!    包みを解いたことすらございませんので。
         /,;-'゙ ,,-';゙!--゙i-i'"  ̄ ',  Yi,
        /   "./ヽ,   ! ゙;;_,,ノ    ! ゙ヽ,
       /    ./    ̄;T!  ,/   ノ.  丿i ┬-─ '',゙ニ'- 、
       /   ,,/      ゙''ニ゙-   / i/ / i   /    `i
     .,_,i _,;;'゙      ,、-''゙ヽ、_/,、-''`  /  i  /      i
     i  ̄_,.フ     /i   / ! i´ )、  ,/   !  i       i
     ! ̄ ̄    !     / !  / ,i !'i゙ './!-、,/ /        !
     i  ○   i     ! !   `y゙i .i !.  /  ゙> ノ          /
      !       !、-ヽ;゙↓  / i !  ! ./   /./          /
     i  ○   !`'   ゙i.  i   !  i. /   //        /i
      !       !    i_,,_ !  !   .i/.  //        / i
       !       !   //゙ ゙̄'' - '゙´ ̄ ̄        / i
┌‐────┐    ヽ_/ i´                    /  !
│  院長.   |     ! !                  /   !
├───‐─┴───────────────────────

697 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:07:29 ID:7z./5AVU


              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'   ふむ……
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)   君、ナイフをよこしたまえ。
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,
┌‐────┐          \,.)ク, ‐'    ヽi,
│ ヒュー司教|           |'´{,      `!i
├───‐─┴───────────────

                  ヾ`‐-;;,ヾ ヽ,,,_
                   ヾ;;,,,:::::::;;;,,,  ̄ ̄`―、
                  ゞ二”;;;;,,::::::;;;;;,,,,,,,,,,_:::: `i
                     `i i"   `‐-‐"  `i i _
                     | |   .::.. ..::.   i |//
                    i~ソ ==、::::=== `ir‐y  ナイフ?
                    i"」. r' ・ ソ  r"・`> it" i
                    ゝi   ~ .ノ ヽ ~  .i kノ,
                   /"`ト ,;  ` ―"  ノi~" \
                 /  ,,ヘ ' ー―― , ヘト ,   ヽ
                /    /  \`'''   (/i i      ヽ
              /     i   ゝ `――''',,,;;''  i      >
             /\     i    /ヽ   ∧.   ノ     /\
           /   へ   iii.   /  i ヽ  i  i   /i  /   ~\
          /"~   ,,;;;;;;;;,,ヽ iii  /、  i.  i" ノi / iii  ヽ      ~`i;;,,__
        / i    ;;;;;;;;;;;/ iiiii i `ヽ. i  i  ソ ゝ" iiii   \        |~ヽ
       i"~    i     /   iiiii`~`ヾ. ヽi_i,;'" /  iiiii,    \      i   `i
     i"   ,,|     /    iiii    `ソ   .Y    iiiii     \    |   |
      |    |  ./     .iiiii    ヾ,_,,/    .iiiii       \  |   |
     .|    .|   ヽ       iiiii.     i"  `i    .iiiii       /   |.    |
┌‐────┐|    `i     iiiii      |   |     iiiii      i"    |    |
│ 伴の僧 . ||    `i     iiiii      |   |    iiiii     i"     |    |
├───‐─┴───────────────────────────

└─────────────────────────────────

698 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:08:12 ID:7z./5AVU


ヒューは伴の者からナイフを受け取ると、やにわに包みを切り開いた。

                     、  !ヽ、、 、
                  、ヽヽ、ヽ ヽ'ヽ、!ヽ
                 、ヽヽi ヾ  ヽ、ヽヽ、
                  ヽヽ`  ヽ   ヽ.ヽ.ヽ、
                  `i ,.‐ヽ _i'ヽi'、  i. ヽ ヽ
                       / !、r'.'´ 、 `ヽ_,ィ_'i´
                _,.ノー''i´   、ヽ_  /
               //.`ヽ、!      `´`/´   ううむ、実に神々しい!
         __,.. -‐''i´  ヽ   ヽ  --、, ー'
      r'  ̄ ヽ、    !    ヽ、 `rー‐i´ヽ、
     i      ヽ   ー-,‐'´`ヽヽ.!、_ .i !.、ヽ`ヽ、_
.    r'        i     ヽ、   ヽ  | !.i `'、  ',.`i
    !       ::      ヽ    ヽ.l   i ゚ !.  i i
   /       :       `ヽ、 ヽ  | ,!    i l
. ノ            !            ヽ、 ', ! ,' _ i |
./         /              ヽ、/./ ´  `.i |
┌‐────┐´                  /'´.      ! |
│ヒュー司教 |ヽ                 | O     i'  .l
├───‐─┴────────────────────────

└─────────────────────────────‐


          ,.rrr'' ̄ ̄、゙゙ヽ、
           /~ニ  u  >llllllヽ
         j_ ヘ ヽu <llllllllllllllヽ  ヒュ、ヒュー猊下!?
        /、__,.=ニニ===、lllllllllll}
       ,.-‐フ''f   j!  ノ,.イ))lllj
       |_(,.。`ー''"  " ノノlll<
        { i__ 、  r'  〉}ヽr- 、_
        ヽrー- ヽ) _ン 、/ ゙| |   ` ヽ 、
         t __,. -''<  /  |  |      ,.`ー 、
         ,.-'' `TTtヾ、/  |  |     /    ヽ
        f    | ヽt;;:`>、!   〉    {      ヽ、
         | l    | ヽ`!:::l l`ー<     |       i、
        l ヽ    > ヽ !::ヽ!   |    |        ヽ
        ヽ ヽ   \ ヽ!::::ヽ  |     t         ヽ
          ヽ ヽ -‐ ヽ ヽ::::|   |     ヽ         ヽ
           \ ヽ   \ヽ、|  j      ヽ         ヽ
┌────┐    \ヽ    \! /       ヽ         ヽ
│  院長  |      \ヽ    \         ヽ         ヽ
├────┴─────────────────────


そして尊い骨をうやうやしく検証し口づけた後――
.

699 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:08:54 ID:7z./5AVU
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

                     :::::i            :::::::::::::::::::::::::::::       .,-イ .,,,、、 ,,,,、
               :.      :::::|   ,.-''"厂 ̄丶、   :::::::::::::::::::::::::       .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
                ::::...    ::::i /、_/|/`¨ く. \    ::::::::::::::::     ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
                 :::....   ::::|ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`く_ \:::::::::::::::::::::::     .ト'",l゙ l゙ l゙ │
                  :::::::.... ::::|>'‐- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ_ハ:::::::::::::::::::::      l゙ ,l゙ .l゙‐'"
                     ::::::::::::|   : : :\;;;;;;;;;;;;;;;;;;∠.ノ:::::::::::::::::::::      .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
                     \:|    : : : :ヽ、;;;;;;;;;;;;∧|:::::::::::::::::::::::         {-!ト''゙l゙,i´
                  ,,..._     ヽ、    : : : ヽ;;;;;;;ヽ/:::::::::::::::::::::::           ,レ"
             ‐--‐ く_ノ}    ::\     : : ノヽ;;;/:::::::::::::::::::::::::           l"
                 ...:::/      ::丶、  /ヽレ:;;::::::::::::::::::::::::::
             ---‐'''"´    _,,,,_    ::`<  /;;;:::::::::::::::::::::::::::::
              , -------‐ 7  .ハ     ::`ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::/
             /         -‐'ノ         `>''"´ ̄ ̄ ̄

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

700 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:09:22 ID:7z./5AVU


まず指で揉み潰そうと試み、次に前歯で、挙句の果てに奥歯で噛みちぎった。
こうして骨を二切れかき取ったのである。

                __ーニ、 ''' ― ...,,__
                 `、ー、_` - 、 ._  ヽヽ、
                 、ニ_、 `ー- 、 ` ,、、ヽ `ー,
                 `ヽ` ,.‐、 、ゝ´`  `ヽi_, '>
                     i l ゝ' !´  ヽ、   !´
                   ! ,!、'    iT;r.ー' ノ  よし!
                     _/'  !          |
                  ノ人  ヽ  !゛=-, _r‐'   僕の代わりに大切に持っていたまえ!
       _____ _ _ ,-'i´ i´  ヽ、.\ ` ー'/
      ./   ヽ       ノ   \   `ヽ`ー<
   __/      .ヽ    ヽ、   ヽ、  /´.`i.`ヽ、_
  /         ',     >' ´ .ヽ./ヽ,-!',ヽ、> ` ̄ヽ
../          i    ´ヽ      ヽ ! ',',. ヽ,   '., .ヽ
            :       \     ヽ|  ',.i ゚ i   ',  ヽ
                    \   ヽ  '.| !    ',   .\
           ,'          \   ',  | ,'      i    ヽ
   \      ノ                 \ .', .!/  ̄ ` ‐|       \
     !、 _, _∠               `、i'       |.       \
┌‐────┐ヽ             i         | O   i  |、   ,.-‐、  ヽ
│ヒュー司教 |.  ヽ        |      |      l  |.ヽ,/      i
├───‐─┴────────────────────────

└─────────────────────────────‐


                  ヾ`‐-;;,ヾ ヽ,,,_
                   ヾ;;,,,:::::::;;;,,,  ̄ ̄`―、
                  ゞ二”;;;;,,::::::;;;;;,,,,,,,,,,_:::: `i
                     `i i" u `‐-‐"  `i i _
                     | |   .::.. ..::.   i |//
                    i~ソ ==、::::=== `ir‐y  持っていろって……
                    i"」. r' ・ ソ  r"・`> it" i
                    ゝi u ~ .ノ ヽ ~  .i kノ,
                   /"`ト ,;  ` ―" uノi~" \
                 /  ,,ヘ ' ー―― , ヘト ,   ヽ
                /    /  \`'''   (/i i      ヽ
              /     i   ゝ `――''',,,;;''  i      >
             /\     i    /ヽ   ∧.   ノ     /\
           /   へ   iii.   /  i ヽ  i  i   /i  /   ~\
          /"~   ,,;;;;;;;;,,ヽ iii  /、  i.  i" ノi / iii  ヽ      ~`i;;,,__
        / i    ;;;;;;;;;;;/ iiiii i `ヽ. i  i  ソ ゝ" iiii   \        |~ヽ
       i"~    i     /   iiiii`~`ヾ. ヽi_i,;'" /  iiiii,    \      i   `i
     i"   ,,|     /    iiii    `ソ   .Y    iiiii     \    |   |
      |    |  ./     .iiiii    ヾ,_,,/    .iiiii       \  |   |
     .|    .|   ヽ       iiiii.     i"  `i    .iiiii       /   |.    |
┌‐────┐|    `i     iiiii      |   |     iiiii      i"    |    |
│ 伴の僧 . ||    `i     iiiii      |   |    iiiii     i"     |    |
├───‐─┴───────────────────────────

└─────────────────────────────────

703 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:11:25 ID:7z./5AVU

      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

             【修道僧のみなさん】


          ,.rrr'' ̄ ̄、゙゙ヽ、
           /~ニ  u  >llllllヽ
         j_ ヘ ヽu <llllllllllllllヽ  な、な、なななななな
        /、__,.=ニニ===、lllllllllll}
       ,.-‐フ''f   j!  ノ,.イ))lllj
       |_(,.。`ー''"  " ノノlll<
        { i__ 、  r'  〉}ヽr- 、_
        ヽrー- ヽ) _ン 、/ ゙| |   ` ヽ 、
         t __,. -''<  /  |  |      ,.`ー 、
         ,.-'' `TTtヾ、/  |  |     /    ヽ
        f    | ヽt;;:`>、!   〉    {      ヽ、
         | l    | ヽ`!:::l l`ー<     |       i、
        l ヽ    > ヽ !::ヽ!   |    |        ヽ
        ヽ ヽ   \ ヽ!::::ヽ  |     t         ヽ
          ヽ ヽ -‐ ヽ ヽ::::|   |     ヽ         ヽ
           \ ヽ   \ヽ、|  j      ヽ         ヽ
┌────┐    \ヽ    \! /       ヽ         ヽ
│  院長  |      \ヽ    \         ヽ         ヽ
├────┴─────────────────────

└──────────────────────────

704 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:12:49 ID:7z./5AVU


                   ,.イイ
                 /二 ゙゙̄ヽ、
                ,.へ ー-、  )ヽ
               __l___!__,.r===ァ'<ミミ     なんという涜神行為!
              |   jハ、___ノ ヽミ}
              `┬プ ゚ー、    ノ/))    崇敬すると見せかけて犬のように食いちぎるとは!!
                i ヾ===、  }  rノ ,._'フフ
           ,. ‐--、_ ゙、} /γ} }  ィj,.-''"ノノ
     ,.r-=ニ二二ニ=ー---L`==',.-‐''" -'',-'
   ,.-''"              ̄! |  _-'_ノ--っー--、-、
  r'                | |_ノ  ,r‐''"~、   `i `!
  |            O O  { し`ー´  j  ヽ    | ヽ
  \               _Y" |:::::| ノ-、∠     |  \
   `ー‐---‐‐、───'''""ヾ  |  |:::::| j   /   |     \
           し   r---ヽ   | |:::::レ   /    j       \
           |        ヽ | |:::::::j  /     /        \
┌────┐  .|      l   ヽ Y::::::/  /  l  /へ、
│  院長  |      l    ヽト::/  /   l /    \
├────┴─────────────────────

└──────────────────────────

院長はじめ僧たちは初めのうちは恐ろしさで口も利けなかったが、やがて怒り狂って騒ぎ立てた。

.

706 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:14:03 ID:7z./5AVU


            、-`=- `_`'''‐--:、,_
            -=_- 、,,__`''‐-、 ヽ`‐、_
            `=,‐- _- r‐-`‐-、 ! r'
                 'i i´)`r'".-、,_  `'i‐'  涜神?
              |,!、'!.   lT;j'‐ ,r'   何をおっしゃる。
              /" |      ._|
           ,.-'/ '、 ヽ `''‐-r'     つい先ほども、僕は主の神聖極まりない肉に指で触れ、
    r―,――‐:''"| ヽ. `‐:、` ,-'"      口でも歯でも触れたではありませんか。
  ,r'゙   ヽ    !_.  \  `/-i`,、_
'"´      ',      `ニ=-\./、,, !',.ヽ`''ー,-:、
.         i    く.    ヽ .! .',`i".、  ヽ ヽ
          |     `:.、.   ':! .',.| ゚.l   ヽ `':、
          i       `:.、.  ',. '| .,'    i   ヽ
        ,'         \. ', |.,' _______ i    \
ニ-、  __  ノ           ヽ'、/     |     \
  `く´ `:<              |O     .|、  _.-  \
    \   ヽ              |      !ヽ_.r     .',
      \  ':,.             |      |.,:'"      i
┌‐┴───┐             |O    /          ノ
│ヒュー司教 |             |     i        /
├───‐─┴────────────────────────

└─────────────────────────────‐





          ,.rrr'' ̄ ̄、゙゙ヽ、
           /~ニ  u  >llllllヽ
         j_ ヘ ヽu <llllllllllllllヽ  ……
        /、__,.=ニニ===、lllllllllll}
       ,.-‐フ''f   j!  ノ,.イ))lllj  ひょっとして聖体拝領のことをおっしゃってるので?
       |_(,.。`ー''"  " ノノlll<
        { i__ 、  r'  〉}ヽr- 、_
        ヽrー- ヽ) _ン 、/ ゙| |   ` ヽ 、
         t __,. -''<  /  |  |      ,.`ー 、
         ,.-'' `TTtヾ、/  |  |     /    ヽ
        f    | ヽt;;:`>、!   〉    {      ヽ、
         | l    | ヽ`!:::l l`ー<     |       i、
        l ヽ    > ヽ !::ヽ!   |    |        ヽ
        ヽ ヽ   \ ヽ!::::ヽ  |     t         ヽ
          ヽ ヽ -‐ ヽ ヽ::::|   |     ヽ         ヽ
           \ ヽ   \ヽ、|  j      ヽ         ヽ
┌────┐    \ヽ    \! /       ヽ         ヽ
│  院長  |      \ヽ    \         ヽ         ヽ
├────┴─────────────────────

└──────────────────────────

707 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:15:02 ID:7z./5AVU


                  _,,....,_
              ,.-‐''" -- 、`"'‐- ,,_
          ‐=、'ニ´-  ̄` zー'ー- 、  ',
             -=ニ,.=-‐,..、 z` - ,_  `´!'
           `ーz‐' i.r ;ヽ'   rr;jー r'  そう、誰もが主イエスの肉と血を口で扱うのです――
             `i. '、(i       l
              ',,.r`'i.      _i´              ,、_
               |  `     'ー,'            /  `'' - .,_     _,,
.             ,. '/`'‐.、   'ーr- '              /       `''ー '",.'
       __ ,.-i" .ヽ   `'ー ,、'、.      ,.、     /           , '
    ,.-'-´- 、    l   ヽ   ,'""i;\     | ',、.  /          ,.'
   ,.'       ヽ  '--.、,. '´'、-.、l、_!',. ヾ'.、 r'=! l. i ./         , '
   !        i  ./    ヽ ` l '、!ヽ,ゝ/.,ノ ,! l ./        , ,.'
   l        、  `' 、.   ヽ. |  ヾ ゚,.'  '  ィ i/    r;- .,_ ,.'.,.'
.   ',           ヽ     `' 、.  ヽ!. ,...!、!,_     '/     `'-、'ヽ;'
.    ヽ        ヽ     `' 、,.r'"  `"ヽ、_,,. '゙i ``'ー- .,,r'´;`ヽ ',
.    ヽ        ヽ   ,. ‐'         ヾ、 ! !    r'´;"'ー  i'
      ヽ       ,`ー'"          | `!. !   ,.ri"´`- , r'
       ヽ      '            ,. ‐'  |   ', ,. !,' `''  ,)'.´
        ',、               , ‐'     !  / ','- .. ィ´l
┌‐────┐、            ., ‐'.!    |  ! '    `' 、' .,'
│ヒュー司教 |. ヽ        ,. ‐'  .|    |  !       >'
├───‐─┴────────────────────────

└─────────────────────────────‐

709 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:16:11 ID:7z./5AVU


     `ー-、_-- ,,`ー--    `ー-、_ `‐-、ヽヽ.`-、_
     ,,___`''‐、 ` - _      、_ ` ‐、 `ヽ ' l .i 'ー'"i   -------------
     `''‐、_ ̄ ` - _ - --   ` - ` 、`:、ヽ  | ,' ' .,'
------- -、,,,ニ、`ー- _ ニ _  .("`''ー、=-,_、-:、ヽノ //ノフ______________
       `ー、 `, '"_`':、- >''''      `  `ー" '.i/
   -------.,r'-/ ´.`i ':, ,!.   _,,         i"      ________________
         `i ! r‐-,.! `l     ""ヽ、     .l_______
__________________ ,:r', '、'(__|       i'".l":';i`ー ノ ,,r'     ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
       _r‐'/ i-、'、__       ` -`"' .::   .|i        )
.    __/" ,' l゙ `  |.              |!    ‐=、´ 聖女の骨を同様に扱ってはならぬ理由があるでしょうか!!
__,.:-''" ./  .l  .',     |.           __   i       ) 
     /   .|.   ',  l |         _,,,,_   .i'''''´      , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
.   /    |   ヽ l. ヽ     r'"'ー-"==r"
.   /    |    `'、.  \   ヽ=,,_r',i_           -----------------
  /       i       `-、  `:、_   ....-r' `:、
/       |       `'=--、=‐-,--:'i    `'‐:、_
`ー-、_      .l、      /-‐-:、,|  ,'.  ',      `-、----------
    `‐-、_ -.|ヽ    /    |. !   ',        `‐、
┌‐────┐':、 ,.:'i    ,.:'| |、  _, !       i  .',
│ヒュー司教 |  '、/ .)  / |/| `、"         |  ',
├───‐─┴────────────────────────

これでゴリ押ししたという。

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■



         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『高位聖職者の逸話を聞いていたと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        公然と盗みを働いた上で居直る話だった』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何の話だか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   ペテンだとか万引きだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…

710 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:17:52 ID:7z./5AVU

     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     | 『聖ヒュー大伝記』はこの手の逸話で溢れているぞ。
     | もちろん数多くの聖遺物をリンカーン大聖堂に持ち帰った
     | 『献身』と『功績』を讃えてのことだ。
     _乂________________________ ノ

「別の時、輝かしき王にして殉教者たるオズワルドの腕、骨、皮膚、
先ほど生者の体から切り取ったと思うばかりに血にまみれた肉を捧持するピーターバラでは、
はみ出したしなやかな腱を一本、小刀で切り取った。」

「マーランで聖ニカシアスの墓を詣でたときには、敬虔な祈りと黄金の供物を捧げた上、
己の手で聖なる頭蓋から大きな骨片を取り外した。」

「パリに赴く道中、道を曲げてサン・ドニに赴いた。
聖者の頭骨に覆いが掛けられていなかったので歯を一本抜き取ろうとしたが、失敗した。
そこで、かつてキリストのかぐわしき息を呼吸した鼻孔に指を巧みに差し入れ、
眼窩の縁にあたる小さな骨をつまみとった。」
    , /ソヘヘ     o
    ヽv=0=w`  /
 ━ζ ( ゚∀゚) /━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   旦0   つ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    名 君     |                                      |~l~~|~i|
 |              |               ひでえ話だ。            || i ill|
                                             /)Д`; )
                           って、『聖』ってまさか……   |/     )
                                              | | |
                                              (_(_)

      _ _
    /     ヽ
   r .' - 、_ ,.- i
   i / Z   .Σi   1220年に列聖されているね。
  ('ニ! -ー   -、 |
   !.j    |  .|   イングランドの聖人では私に次いで人気がある。
    ;:    '  i
   ..|`ー _ ̄/
  _,. 「.ー─┐-',、_
/ii:: :`,. _||__ 、 \
:: ノ.:: ::l. ─ ll-- .l :: :ヽ
:: :: :: : :` :: ::|| ::´ :: ::

713 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:20:56 ID:7z./5AVU


三三三三三三三  (     |
三三三三三     ))    |
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  /   とまあ、列聖されるような聖職者ですら盗みまくったのだ。
三三三三 ((三三  6)彡//\
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) | 下級聖職者がどうだったかなど言うまでもあるまい。
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 |
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´`´

                                              イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
                                             ,': :゙`ー--――'´ rl
                                   .              ト=、: : : : : : :r―=ニ!
                   まあ信仰心からなしたことだしね。      l: :え>,; : 〈<え: : :<l
                    フルタ・サクラ                   ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
                   「聖なる盗み」というやつさ。        ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
                                         /⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
                                         \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
                                   .        /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                          `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/


  |l、{   j} /,,ィ//|.
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |.     それでいいのかよ……
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ.
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ.

714 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:21:22 ID:7z./5AVU


 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |    無論、盗掠は罪悪だ。
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ    聖遺物の盗掠は単に財産を奪うという以上に、
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|    相手が聖人から被っていた加護と恩恵を奪うこと、
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/     すなわちキリスト教徒への加害であるから、盗掠への避難と禁令が繰り返された。
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、      ――が、往々にして盗掠は様々な言い訳で正当化された。
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|
 |  |  !、           .| |
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、




          __ -一'^ Wハ、
        , <     ニニ、ニ二ヘ
      /       ィ´  、 !    ∧    一番多いのは「救出」だね。
      ;    ___/!/ _   |    ',    聖人の「旧家」が破壊されたり焼失したり異教徒に襲撃される恐れがある(とされた)場合
.    !  /    \/, ─` レ、   レ!   他院から修道士が派遣されてくる。
.     | xく.  / \// _L∟ 、|  /`ヽ
     V 》 |  </l_ tヒツ´ // ̄ ィく }
     l二二>_ヽ l ',   / l }   〉 } |
..     \fでソ |'"i  〉   ヽl l  r‐' ノ、
       V l! { ´ フ    l 、  | ̄ 「ト、
        ヽ l! ` __,r=─ │ \j  l.l\\/
  .       \ ノ´ __ ノ  |  /  //()\__/
             ヽ ´     └‐/  , '/ (ヽ:::::::/:::::::
.              \   -‐ 7 / '::::::::`::::/:::::::::::
             `下--‐_'./∠:::::::::::::::/::::::::::::::
              ヽ::l ̄    V:::::::::/:::::::::::::::::
              /:∧      V/:::::::::::::::::::::
               _|::::::::∧     /::::::::::::::::::::::::::::
            _{::::::::::::::::〉--r ' /::::::;へ:::::::::::::::::::

716 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:22:27 ID:7z./5AVU


                     | l i___》: : : : : : : : 《; -ァ :l l
                      │ l ト-`ー-、/: l: :ノ イ : : | l
                      │ 〉 rf::jぅ、` : : l: ィf::jフ: ヽ |
                     │/r: ´ ̄:/:/ ', ヽ ̄: : :ハ.!
                     V: :!: : : :': : : 、: :〉: }: : : : : :lj___
                    ,.─' : : : : : : : : ,-___-、: : : : : /: :ハ
               .    〈 : 「ヽ: l : : : : : r‐'--' フ : : : ,': }): / 次に多いのは、盗掠を他ならぬ聖人の意思に帰することだ。
                    \ー:人: : : : : `ー :‐' : : : :ハ_:_;/
                      __/ ̄:::::\: : : : : : : : : : ://     軽神の院を住家とするのは聖人の耐えられぬところ。
.            x<: : ̄ ̄: : :/: : : /: : l:::::丶-: ─:::-ァ':/     よりふさわしい「新居」への移送は神意だし、
     ,....:::-:─<ヽ: : : : : : : : : : : : :/ : : :l:::::::::::`ー:一:/         そういう場合聖人も奇跡を起こして盗みに手を貸してくださる。
    /:::::::::\:::::::ヽ\: : : : : :l:_: / : : : : :l : : :_:_: : : : /: :\
  /::::::::::::::::::::ヽ::::::::Vハ: : : : : : : : : : : : : :l / : :  ̄:7ヽ : : :\
. /:::::::::::::::::::::::::::::::':;:::::V |: : : :,.―---─ァ' ー:─:‐x:' : : :\_:_\_
 ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::'_|_/     ヽ f´: : : : : : :/ : :\ :く \ : :):\\
 !:::::::::::::::::::::::::/::::::::i:::::::::::/      ,ノ: : : :_ : : : : : : ノヽ --ク´ : //:\
 ∨:::::::::::::::/:::/:::/ヽ:::::/      /: : ̄: : : :}\ : : ´:f⌒ヽ‐'ニニ´ィ: ::/l:::::ヽ
.  V:::::::/::::/:::/:::::::/      〈: : : : : : : : / : : \: : \__ノ)\::::/:/:/:::::::::|
  ∧:/:::::::/:::/::::::/        _ノ: : ー:―:ァ:、 : : : ノ\ー一'   ヽ/:::::/:::::::::::l



  |l、{   j} /,,ィ//|.
  i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
  |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |.    盗んでおいて神意かよ……
  fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人.
 ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ
  ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉.
   ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ.
  /:::丶'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ.




    /  ,/ / /   _,..-''
  ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
  } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
  ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
 ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''" ラムジーの修道士がイーリから聖フェリクスを盗んだとき、
 ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__    霧が出て追っ手から逃れられたのが
〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__   奇跡であり聖人の意思の現れということになった。
〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
 `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \       不意の嵐、落雷、増水、見知らぬ人物の手助けetc…
     ,. --ヾ__/ ☆    \      何であろうと正当化の材料になる。
     >----<,,,,)        \
    (||>/ ̄         ヽ |ヽ  近くの便所が臭くてかなわんから何とかしてくれと頼んだ聖人もいたそうだ。
     (           ヽ   | ||
      \      |ノ  ノイ /
        |      ヽ   |ノ /|

719 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:24:09 ID:7z./5AVU


      _ _
    /     ヽ
   r .' - 、_ ,.- i
   i / Z   .Σi  そもそも聖人が望んでおられなければ移葬自体が失敗するはずだから、
  ('ニ! -ー   -、 |  成功した盗み=聖人のご意志とも言える。
   !.j    |  .|  
    ;:    '  i   聖人が「新居」に到着すれば全院を挙げて歓待され、
   ..|`ー _ ̄/    聖人の方も奇跡を頻発させて答えるんだ。
  _,. 「.ー─┐-',、_
/ii:: :`,. _||__ 、 \
:: ノ.:: ::l. ─ ll-- .l :: :ヽ
:: :: :: : :` :: ::|| ::´ :: ::




                  _,.. ----=ニ_''''ー-、_,.._-
               ,.-'´'""'''''‐-、::::::::;:-'''´ /_,.-7
              /      ,. ,.-'-' // '´ -'´
          __-‐ニ7゙     ,.-'゙l/ //////
       ,.-'´   /      | ヘ/ /  __  _,.-ァ/!
    _,._-ニ--‐: : : ゙ : : :i: :  / /  / r‐'´////
  ‐'´'´         ノ   | / |//ノ ノ/ _,-フ /フ/  こうやって修道院は新聖人の入山を大々的に喧伝するわけだな。
'´/            /_,.-'i'ノ i:| /  ,.、/7"´//レ‐フ以
く          : : :::|::::::::://||:|ノ / ノ ´-‐フ'´/_///
 l          : ::_,イ::::::/ l,(l,リ ノ/    __ フ,.-'7 /
|        _,.-''´ _|:::/  >!//>___,.-ニ- /''/,゙i
|ヾ:.  _,.. -‐'´'"'''''"´ |::| , //,-ヾ=t;テテ'''´ テr‐'゙/ ゙''''
   )'´         ゙|∧と_゙/   ̄ /テ'゙::::::::|
  ノノ          .| ヾミー-    //:::::::::::::::|

720 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:25:11 ID:7z./5AVU


                                                    / ̄ ̄ ̄ ヽ    ___
                                                  / ニニニニ_厶  「  __ヽ
                                                 /, へ  tーr‐、__ ム  ヽ  /
あとこれは珍しいパターンだが、                              レ匕'‐フ': : :ソリ: : :\ャ__/ へム
疑問の余地なき聖なる時代たる「大迫害」期と続く教父時代の先例になぞらえて 〉ソレィ : 〈l: : : t': : :/:::ニ:::\ニニヽ
正当化する場合もある。                                   レ トツ: : \: : /: / ::::: _」:::/:::/ ̄ヽ
                                                  l `'_: :_: : l /: 〈:l:::::「 _::/::/: : : : : : }
                                                   ` ‐ニフ /: : :ll /へ:::l /: : : : : : : ::〉
                                                     `ー': :/\ ;;:/ l: : : : : : : : : |
                                                           / : : : {l: : : : : : : : :|
                                                           //t l}_‐,: : : : : : : : l}
                 _____ /::::::::::/´::::::::::::::::::`ヽ
                   /::::::::::::::::::`ヾ::::::::::::::⌒ヾー─==ミ、
             /´ ̄ >:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::: ̄ミ、 \
                 /::::〃〃::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::\
              / :::/:::::〃〃:::i!:::::i!:::::ヾ::::::::::::ヾ`ヽ::::::::\
                / イ/::::::::::::,::::::/:/Ⅵ\、:::::: ヾ::::ヾ:::::\`ヽj  聖プルデンティウスを盗んだ?
 .              /′i|:::::::,::::/ ::/:/  i|∨ヘ\::::::::::`ヽ :::::i
                  リ!:::/::厶イ升ミ、リ 刈云戈、、::::: Y::!    やだなあ、これは聖ステパノが4世紀に
                   川:://乂´ ̄`   ´`ヽ⌒ヽY::::: ハノ     エルサレムからコンスタンティノープルに遷座したのに倣ったんですよ。
                    {⌒Y!癶彡=ミ、  彡=ミ癶 |i⌒}
                Vヘリ      :i         リh/      聖なるモデルに倣うのは等しく賞賛すべき行為でしょ?
                弋_ハ      .:|      厶ノ
                   |:ヘ   ,____`__, イリ
                    __从::\   _    //八__
           __ -=ニ二三7 '乂| \ `::/ /:!/ ∨二ニ=- __
       ,r-=ニ二三三三三7    |     __/ .::|   ∨三三二ニ==-- 、
     ∧ニ三三三三三三7   ∧      /∧   ∨三三三三三三,∧
     ∧∧ニ三三三三三〈    //∧、_____,///∧  ∧三三三ニニニ∧∧
.    ∧//∧ニEニCニRニC=>-〈//////////////∧/三三三三三三∧//∧

                  【ベーズの修道士】

722 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:26:07 ID:7z./5AVU

                                          |~l~~|~i|
                                         || i ill|
           でも盗んだ側がどう言い繕ったところで      /)Д`; )
           盗まれた方が納得するわけじゃないだろ?   |/    )
                                        | | |
                                            (_(_)




三三三三三三三  (     |
三三三三三     ))    |
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  /   当たり前だ。
三三三三 ((三三  6)彡//\
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) |  その手のトラブルを例示してやる。
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 |
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´`´

724 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:26:37 ID:7z./5AVU


                          イ
                    //,ィ ィ / |イ
                  i、ノ |/ ∨レ' | |ヽ_r-v、_
               ,、___|  /  //  / | //,.-、ヽ
               | /ヽ、-/  / ∧/ ノ / /ゝ、`'
                /  /  / / ∨ ノ  /  |
.               /  i   / /  ノ / / /|_ノヽ  聖ベネディクトゥスの遺体はモンテ・カシノに葬られていたが、
     _        r'   ヽ  / |  /  _,.-ヘ i /,.‐、( 9世紀後半、フルーリーの修道士アドレヴァルドがこんな説話をデッチ挙げた。
    /  `/`ヽ、__   \  ヽ ` `_,.-''´  ,ヘ  | r、| |
    (= r'__ /  \__,,,,━┓‐''´       /ハヽ_!|)| !ヽ
  _,ハ、__| ~~ | ヽ r'´'´  ヽ  _,┃|     _ノ_,ィ   ノr|、`'ー
‐i´:!    _`ニヽ、ノ r'ヽ、‐'''´┃ヾ、_( ((_,.-r‐(;;)'    ト-ヘ ̄
:::l:::ヾ-、_r'   `'''i‐ヘ ヾ.ヽ・.┃:ゞで>,ゞ  ̄     |: ,.::ヘ
ヾヾ::\ ヽ    !  \,ノ:.┃・ヽ┃:l |   /  ヘ   レ::;-'´
:::\`'-、;>-、   _,.-'"´         ヽ ヽ! レ  ,.イ   /:/
:''-、,,ノ´     ̄            ヽ こ-‐彡ノ  /:_;:!-‐'´
''フ´                    ヾー'T"´ //
'´                      ヽ、_ノ/

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■


     __―― ̄ ̄ ̄ヽ
    /          \
   ノ            ヽ
   )  _     ______    |
   | / _\___/    )    |   7~8世紀頃、ウチの初代院長オモルドが幻視の指図を受けて、
   | // ヽ ー-、__ /    |   ランゴバルド侵入で荒廃したモンテ・カシノから
   | | /`ヽ |^`ヽ  < へ /    聖ベネディクトゥスの遺体を救出すべく修道士を派遣したのよ。
   )> ゝ(_|  |_) ノ  | |r |/
   |,|   く   ~″ /ト_/
    |________________ノ /ヘ/
    ヽ  〟   // |
     \     /~   |ヽ
 ,―――-ヽ___イ______/ | \
/       /  | (  ヽ  |  |\_______
       /   |冫-く  /   |     \
      |   ||   | /   |      \

726 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:27:04 ID:7z./5AVU


彼はル・マンから聖ベネディクトゥスの妹、聖女スコラスティカの遺体を求めてきた修道士たちと同行し、
一行は奇跡の助けを得て墓を見つけ、首尾良く両聖人の遺体を見つけ出し、追っ手を振り切って帰国。

    r'''"     ゙l,
     `l       `l、__                ,r‐ー-、
     |             ) /" ̄ ̄ ̄\    /     ヽ、
     l   ,r'"" ̄ニ、  .,//        ヽ、 /        i
    / _,r"∠ニ、'L- l,,/ l   ,rー---ヽ、 l /      ,,r 、 ゙l
  <" ,,r'" l 、___`_|.   |  / ,,/" ``ヽl l/    ,,,,ノ" ,,ハ ゙l
  `>i`|.l ヒーーーラli.   |.i´l.|  '⌒ L ⌒ l/    l" ニ= r-‐ l  l
  〈  ゝ'ヘ、\., - 、/.li____ゝ || 、___イ_, 〔   r、 !、   ヽ l 丿
   vヘ、  ヽ、 ヽ==l,,ハ,,   ハミ lーー--ー-//ゝ、 ゝゝ7 、__ ' //
  ,,_.n ,,ゝ、,,,,,,,゙゙''''^'',,,,,,彡ーく./ ミ \, ‐-‐.//  l`ー‐=ト、`ー' /l ̄\_
. / l,,l,,厂  l\∧l'''''l∧l    ヽ \`ー-' イ  ノ,,r‐'''| | ヽ ,,イ .l  l'",,,、 ヽ
/,∪     l,   >‐i  l     l   >ー‐ヘヽ /   l l    | .|  ∪ l |.゙ト、
ゝ      |   l  l  l      |   ヽ_l  l ヽ   | |    | |    l,,,l,,l,l |
        |  |  |  |.     l    /  l  |  ヽ |  |

728 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:27:55 ID:7z./5AVU


                __ _
            _,、-‐‐'ー- 、,_ヽ_           こうしてめでたく聖ベネディクトゥスはフルーリーに葬られた。
           / ,、 -‐ ''"´;: ; ヽ          カシノ側はフランク王や諸司教に呼びかけて返還を催促したがぜえ~んぶ失敗。
          / / ,、‐''"´´  ;: ;;`ヽ
         / (/  ,、-‐''"´´ _, ,丶         そしてその後もフルーリーで、何世紀にもわたって
         i  (ゝ /, , 、ー''"、´   _ヽ        聖ベネディクトゥスは様々な奇跡を顕してくださいましたとさ。
         |  /'''_ー-<___, -'´ lー''"ノ ヽ.  , へ、 _
         、 'l { `ヽ;ー-、-,ー‐,r''1 ; ;ヽ<''ヘ  ヽー---‐'''"""""
          r、 iヽ  ヽ' `'   .|、  ,. |  |
         {λヽ.ヽ       ,,ソ ヽ-' t' __ノ   ,______
         \ゝ、iヽー '`ー'''`1´     ~ヽ、、、/~    ̄ ̄,~"=
   、‐'''''ヽ    `'ヘ.',ヽ   , 、 {              ,、- '´
  /     \    ヾ ヽ⌒ヽ ヽ {       , ‐、_   /
.  |        ゛‐-ー'.,!\\__  `ヽ. ,、   /   `'´        ,
  、        / / | \ \゛、ー'>' ノrー' ´    | ,       /
  r;       / /  |\,_\ `""´r''| ト、      | |     /
   i        /  |   フ 丶、___ノヽ.      |/ /  /
  rヽ\      (   |   ,ヘ   | | ヽ \     ∥/ /




        ( ̄ ̄ヽニニ_, )
        冫        |
        / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\   ふざけんなフルーリー!
    /  ヽ______/  /   11世紀後半にウチの院長デジデリウスが建物を再建したとき
   く               /     祭壇の地下から両聖人が出てきたし、彼らによる奇跡が起きたぞ!!
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(      間違いなく聖人はウチにいる!!
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ   \ く
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / /
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |
   ヽ       |  |    |  |    /   |

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■


  , /ソヘヘ
  ヽv=0=w`  時代が下るにつれて多少の歩み寄りはあったが、
   ( ゚∀゚)  遺骨の所在に対しては延々平行線をたどり、
   (|   |)  現代に至っても未だに意見の一致を見ていない。
    |   |
   し` J

730 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:29:31 ID:7z./5AVU

 '´  _,. -‐'^ヽ  i ヽ┐
 \  l   r'^ヽ \ノ / l_
 \ _/  ,.-、/  ヘ、 //  l
 ,三.l   i-‐‐,! ,!ミr‐v‐<^i ハ
 ーァ'  /__.二/-弋 、 ,ハ¨i l l
 <_ノ`゙ニ_‐-x  )`ヾV ! /
 '´/i _ヽ.\でアミ、.、ノ _,.ォ'"ノ
 ト-'i"  l ` ̄ /-‐キイヲ'´!
   ミ   ,'     '、  l ∨
           \'´_ブ   同じような話をもう一つ。
 ハ.    i. r'   ,. _`',.l
  i.     ', 弋ニ´-‐‐〈!l   イングランドにおける10世紀最大の国家的聖人、聖ダンスタンの遺骨について、
 . i        `¨´ ̄ニ!   11~12世紀頃にグラストンベリの修道士がこんな話を言い触らした。
   ヽ、   ヽ `¨"´T^!
 ノ    丶、 '、_,,.. 二ノ
 ─----...,,、_`´: :>''´
 :::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!
 ト、::::::::::::::::::::::::::::::|、


●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

        ,,,,,┯,,,,,
       彡    ミ
      彡. (・) (・) ミ
      彡       ミ          11世紀初めにカンタベリはヴァイキングの放火を受けて、聖堂は焼け落ちて無人となりましたが、
      彡  ▲   ミ     彡ミミ,. そこへ聖ダンスタンを救出すべく、我らがグラストンベリから修道士が派遣されてきて、
    彡彡   "   ゛  ミミ彡   ,し  密かに遺骨を持ち帰ったのですぞ。
   彡      ",,,,,.,, "       彡
   彡   ミ  ""   ミ 彡彡彡    それ以来、聖ダンスタンはわたしたちの誇る財産になったのですぞ。
    彡,,щ9        ミ
     ミ""         ミ
      ミ           ミ
       ミ           ミ
       ミミ          ミ
      彡    ミ         ミ
     ミ     彡ミ,,,       ミ
     ミ    ミ   "ミ,,,     ミ
      ミ   ミ     "ミ,,,   ミ
       彡 彡       彡  彡
        """"         """"



          /⌒\
         / ┛┗  ̄ ̄ ̄ ̄\
         |/ ┓┏         \
         /   ∠,,_ノ ソ _ ,,.. _) デタラメ抜かすな!
        /|  '',,((ノ )   ノ (\)  |  ダンスタンの遺骨は今でもカンタベリに憩っている!!
        | |     ̄'      ̄ イ  
        \| υ     、_/ロロロ)_ ノ
        /         ̄ ̄  \
        /|    υ          \
        ( .|    /  ノ ̄ ̄ ̄)  ノ  \
       ヽ.|◯  |   ノ ̄ ̄ ̄)  /\ ○\
       /.|  o .|  ノ ̄ ̄ ̄) /  \ o゚ \

732 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:29:55 ID:7z./5AVU


しかし一世紀後、グランストンベリが大火に見舞われ、伽藍の大部分を焼失するという事件が起きた。
これを期にグラストンベリはまた問題を蒸し返す。


           ,,,,,┯,,,,,             |. `|  |  l  l.  |
          彡    ミ     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
         彡. (・) (・) ミ    |           ヽ_j  / //     |
         彡       ミ    |     所蔵院宝ヽ_ハ/′    │ 焼け跡からダンスタンの遺骨を再発見しましたぞ!
         彡  ▲   ミ    |                    |
       彡彡   "   ゛  ミミ彡|       聖ダンスタン       |  ほれこの通り、ちゃんと所蔵院宝リストにも載ってますぞ!
      彡      ",,,,,.,, "      |     ・・・ ・・・ ・・・       |
      彡   ミ  ""   ミ 彡彡|     ・ ・ ・・ ・・・        |
       彡,,щ9        ミ  |                    |
        ミ""         ミ .| :::::::::::::::::::::::: |
         ミ           リ :::::::::::::::::::::::: |
          ミ          | :::::::::::::::::::::::: .|
          ミミ        |                     |
         彡    ミ      |                      |
        ミ     彡ミ,,,    |   ::::.....          |
        ミ    ミ   "ミ,,, |   ::::                   |
         ミ   ミ     "ミ|                    |
          彡 彡       .!                 グラストンベリ  |
           """"        └─────────────┘


         _, ─''''''''─ ,、 _
       , '´         `‐、
      / 儿            ヽ
      |  フ「__ ノヽ __    |    いい加減にしろ赤モップ!
     .|  (/●)  (●\)   .|
      |    ̄ ̄    ̄ ̄    .|    何度戯言吐けば気が済むんだ!
      'i      ___    _ ノ'
       `''─ ノ´└┘`ヽ ─''
     , '´            ` ヽ、
          ./ ̄ ̄ ̄\
         ├────┤
         ├────┤
         ├────┤
         ├────┤

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

734 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:30:20 ID:7z./5AVU


         // / ///  / |   //
         ノ ∨///i/   l  /―'´ /
        ノ  レ ! |   | /  r‐''´
    r――'   ノ/  |    |  /
  /    r‐''´/ / /  / ) |ヽ /`ヽ
  /  i  /   L |/   /  /  | |ニ--、|
  |  ヽ、 ヽ    |   //   / / __ ノ
  L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V   以後も両者の諍いは事あるごとに再燃を繰り返し、
    \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ   これまた決着のつかぬまま近代初頭まで継続する。
    /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ
   /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ    この件では被害者ヅラしているカンタベリも、10世紀にリボン修道院が焼けたとき
  r'   /| `'''-\ /// /-'  ミ彡//)|    聖ウィルフレッドを盗んできたと喧伝しているのだから
  ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_  盗人猛々しいとしか言いようがないな。
    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\
   人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川
    `'ヽ | |    | /||        |ーヘ川リ
        ヽ  | |、       //: : |川
         ヽ  !_-フ       / /: : : :|
       /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||
     /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |
    /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ
   /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|




    ,,-'''´ ̄ ̄>、
   ./     ´,-─\  聖オーストルモワーヌを巡るモザックとイソワールの争い、
  /∧ヽ_ノヽ__ -─|  聖ドニを巡るサン・ドニとサン・テティエンヌの争い、
  | ノ 〉〉 ,,、 /,'フ  |  聖オールバンを巡るセントオールバンズとオーデンセとイーリの争い……
  {、〈t、〈//ヾ〉|_,,/   |  同じような話は他にもある。
  t/フ:/   イエフ 7/7ノ
__}/ 〈.::::::.  ////   やはり高名な聖人の移葬はトラブルがつきものだね。
::::::|| 、ニ_'  / /イ
/|ヘト、`‐-´ ./_/ノナ
:7ノ/,、ヽ=='´=彳イ:::}
ヽ//  ̄`7/ ̄/ノ::/::\
:://ヽ_// /」::::ノ:::::::::::
// //::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::
/ //:::::::::r-、::::::::::::::::::::::
 \::::::::::)) ||:::::::::::::::::::
、、  \_// ノノ::::::::::::::::::
::\   ̄//::::::::::::::::::::::
:_ノノ ,,、、_\:::::::::::::::::::::::
ヾ='':::ヾ='':::::::::::::::::::::

735 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:31:29 ID:7z./5AVU


  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  | もういちいちあげつらうのもバカバカしいので詳細は省くが、
  | 9世紀から12世紀にかけて、およそ100を数える盗掠譚が伝わっている。
  _乂______________________________ ノ

ヴェネツィア商人のアレクサンドリアからの聖マルコ盗掠
バリ(南イタリアの都市)商人のミュラからの聖ニコラウス盗掠
コンク修道院のアジャンからの聖女フォア盗掠
ヴェズレー修道院のプロヴァンスからのマグダラのマリア盗掠
セント・オーガスティン修道院のサネト修道院からの聖女ミルドレッド盗掠
ラムジー修道院のウェーカリング修道院からの聖エゼルレッド・エゼルベルフト盗掠

    , /ソヘヘ     o
    ヽv=0=w`  /
 ━ζ ( ゚∀゚) /━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   旦0   つ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    名 君     |                   ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
 |              |                  (.___,,,... -ァァフ|
                              |i i|    }! }} //|
                              |l、{   j} /,,ィ//|
                              i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
                              |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |    …………
                            /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
                           /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ
                          ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
                          |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ
                          // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
                         /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
                         / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
                        ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
                      _/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

736 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:33:26 ID:7z./5AVU


三三三三三三三  (     |   まあ実際のところ、この手の盗掠譚の大部分は盗んだ側の捏造だろう。
三三三三三     ))    |   自分のところに「本物の」聖遺物があると喧伝するためのな。
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  /
三三三三 ((三三  6)彡//\ 件の聖ダンスタンも十中八九グラストンベリ側の捏造だろう。
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) | 連中にとっては、あらゆる手練手管を尽くして一つの修道院の都合を真実に優先させるのが
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 | 敬虔な信仰の現れらしいな。
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´`´




   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /:   確かに盗掠譚はいくつかのパターンが決まっているし、
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :  後代ほど説話を裏付けるため偽造されたと思しい小骨片が多くなるが……
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}:  実際になされた盗みの正当化のために他の説話を借用したのかもしれないし、
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:  断言はできないね。
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : : 
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::.
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::



   |i~|~~l~|  盗んでないヤツが「盗んだ」って言い張るとか、
   |lli i ||  ワケわかんねー世界だ……
   ( ;´Д(\
   (     \
   | | |
   (_)_)

738 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:34:32 ID:7z./5AVU


          ,;ー-、
         ," l  l|
         |ll/`ー'|
         レー'」-'!、,     こういう風に互いに同じ聖人を持ってるって言い張ってる場合、
        ∧ ー/i {、    どっちが本物か調べる方法ってねーんすか?
      __,ノ ,'`ー' k 、ヽ_
     r'´, '´`、`^ 、,-`<゚ノ\
    {__  ' }、  〉  )Y''´ヽ、
    ,「_:.:.`ヽ' ̄ ̄} ̄ `{ ' ,  ヽ
   f´、'  `ヽ/`  ̄´ ` ̄`lヽ, 、_, |
  / ‐-、_ノヘ, ' ‐_l_-   l ̄` ー'
  ( '、  `rー、;_ ` __,k、  |
   \ ー‐ノ:::ノ。゚)´ ;三アニ]
      ̄ 7`¨「::. ̄´;/:.:.:|
      /ノノ/.:.:.:::';ン.:.:.:.:|
     / ///.:.:.:.:.: l::.:.:.:.:/
     l/ / 7 .:.:.:.: /.:.:.:.:/
    /l l /l .:.:.:.:./.:.:.:.:/
    / |,/〈|.:.:.:.:./.:.:.:/                                                / ̄ ̄ ̄ ヽ    ___
                                                            / ニニニニ_厶  「  __ヽ
もちろん奇跡を顕した方だ――と言いたいところだが、                          /, へ  tーr‐、__ ム  ヽ  /
双方共に自分の聖遺物の奇跡を喧伝するから、実際は難しいね。                   レ匕'‐フ': : :ソリ: : :\ャ__/ へム
                                                           〉ソレィ : 〈l: : : t': : :/:::ニ:::\ニニヽ
神判にかけるという手もあるが、焼けて台無しになる危険も大きいし聖人からの懲罰も恐ろしい。 レ トツ: : \: : /: / ::::: _」:::/:::/ ̄ヽ
情報伝達が困難な時代、遺骨の細分も手伝って解決はほとんど不可能だ。               l `'_: :_: : l /: 〈:l:::::「 _::/::/: : : : : : }
                                                             ` ‐ニフ /: : :ll /へ:::l /: : : : : : : ::〉
                                                               `ー': :/\ ;;:/ l: : : : : : : : : |
                                                                     / : : : {l: : : : : : : : :|
                                                                     //t l}_‐,: : : : : : : : l}

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉─_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ
〈´//´| `'tt_ゥ‐=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |ゞ'"フ/i/
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/   論争になればたいていの場合相手の言い分を黙殺して終わりだが、
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、   新たに対抗する説話を捻り出して張り合うことも少なくない。
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|    そうなれば前述のように憎悪と宿怨を増幅させながら
 |  |  !、           .| |    何世紀にも渡って争い続けることになる。
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、

740 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:36:12 ID:7z./5AVU

                                                       イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
                                                      ,': :゙`ー--――'´ rl
しかし双方が納得して無事解決する場合もあった。             .              ト=、: : : : : : :r―=ニ!
                                                      l: :え>,; : 〈<え: : :<l
6世紀の修道士、聖アヴィアヌスは自身が創建した修道院で没したと言われるが、    ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
彼の生地の人々が遺体を盗んだと言い出し、両者は戦いに訴えようとした。       ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
                                                 /⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
                                                 \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
                                           .        /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                                  `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■


                          __ / / __/ / /
                     \ r', ―、/イV_,   / /
                       ゝV',.二ヘV_/<_ ̄
                      _〈〈  _V_/ (0广ト、              /
                   _/ r=ヘ7´  / ___‘ー'  \_       /
              \ _/ __/ /{__/ /::::::::::::::`¬テ(0丁\    /  /
              -‐rr―'       (l/二/::::::ス二フ::行ニマ⌒ヾハ /  /
                | \      |j::::/フイニ〒 ̄ ̄l |:::::', ヽ ∠V∨./
                ∨ \    ∧:::Yl〈! |   l V:::::', ', ∠V´
              ― 、V  ヘ  /ニ冖l! レ'´ ̄}\  、V::::l |∠/
                 \  |  l| ::|  | lレ―〈  \/∨ー' / /
                   \ |  l| ::|  | {   \  ∨ヘ../ /     -―
              -       \ハ.J  | 、   _]_ /  `7ァ/    // ̄
              二二二二二.._ \_ l  'く_/lレ-―‐《7    〃/ ̄
              ――――― ┴‐┴`二三] _/, -―z≠|     l| |!::::::::::
                }冂 }冂 }冂 }冂   // _/   /′|     l| il::::::::::

                        【聖アヴィアヌス】
          (⌒⌒)                              (⌒⌒)
           | | |                               | | |
          ∧_∧                                  ∧_∧
         (♯´曲`)                            (´⊆`♯)
          ( つ  つ                               と   と)
          | | |                             | | |
          (_)__)                            (_(__)

741 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:37:27 ID:7z./5AVU


しかし流血寸前で奇跡が起こって同一の遺体がもう一つ出現し、
双方が所有できて争いは収まったそうだ。

          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \
                         \WWWWWWWWWWWWWWWWW/  ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---       ≫                   ≪
                         ≫ 聖人分身ゴッドシャドー!! ≪      -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――        ≫                   ≪
____________            /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\         -----------
            二二二                                   === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        __ \ ヽ回/ /  __       __ \ ヽ回/ /  __ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐   \\ \向|ヽ/  //      \\ \向|ヽ/  //‐‐‐-----
                      \ 〉_▽∠e, .//         \ 〉_▽∠e, .//
             ---‐‐‐‐‐  mヽゝ〔| Y=Y |=ヨ〕/~        mヽゝ〔| Y=Y |=ヨ〕/~---
                   ∈YっFヲヒ6ヒ| 【 フノ =こ>    ∈YっFヲヒ6ヒ| 【 フノ =こ>
               /  /   // < \/| >mノ\\         // < \/| >mノ\\
              /  /     ~ ムV  ヒキヽ  ̄          ~ ムV  ヒキヽ  ̄
            /  /  /           ̄                    ̄ \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \

                               ゚・ *:  : *・
                           *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
                        * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
                      。. ・ ・*:.。                 .:* ・゜。.
                        ∧_∧              ∧_∧
                       (*´曲`)               (´⊆`*)
                            ( つ  つ              と   と)
                           | | |            | | |
                          (_)__)           (_(__)

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

743 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:38:22 ID:7z./5AVU


              _,,. - ..,_
            ,.イ‐-、     丶、
           / i   ',       ハ
 .           ,'  ヽ.  }、       !i
           i   F‐、{ \     ,ィ.!
           /¨ヽ. l: :l :〉>: `:ー一';ル'
        ,..ィi:f:ゝヽ {<ヽ〉: :i : : : :》:}
       /_;.::l入__、 :l.i: ィt:ッ、シ、 ;.ィfフ    ウェールズの聖ティロの遺体も三体に増えたそうだ。
 .    /:::L.ノ:::i: : :.l: : )): : ̄ : : ,:i `/、
   /::::::::i::r‐'ハ: : \' i.: : : :._'´: !:/:::::ヽ   神の粋な計らいだね。
 ./:::::::::/ト、ー'::::::;\: :\: : ←-`オ:::::::::::::',
 ::::::::::::/::::::l::::\::( ):::/. ̄ ヽ:`ニ/::__::::::::::i
 ::::::::::〈:::::::::i::::::::::>::⊥..__,,.彳ヽ::(_  i::::ノ
  ̄`ヽレ-、:::\::::::::___:::::\ ll. レ'" /:/
 :::::::::::ノ:\:::::::::∨  r':__..ノ__ll    〈::}.
 :::: ̄::::::::::\:::::::}    / i >':´ ̄: 〉、
 :::::::::::::::::::::::::)、::\ / l/: : : 、: : /: : }、
 ::::::::::::::_:_:/::::ヽ::/l /l: : : : : :.}/: : : /: i
 ::::::::::::::::::::::::_\:::/ l/l i: : 、_ノ": : : : /: : iヽ.
 ::::::::::;:::::'"´:/ 几 /i l ';: : : : : : : :l / : :/:./            _
 ::::::::::::::::::::// /::::::`::ー.、 V: : : : -‐' : i: i: / __..、,.. -‐y…ニ¨ ̄ ヽ
 :::::::::::::::::::l i i:::::::::::::::::::l_,,..ヽ-‐…''ニヤ¨二....f.⊥=ニカ ! rニ¨`>-‐‐
 :::::::::::::::::::〉.〉 ヽ-‐ニ丁Lー{ニ⊂ニヽ「r‐‐、 \‐‐-、 .i´ ̄  ( _




三三三三三三三  (     |    同一聖人を巡るトラブルの解決策は
三三三三三     ))    |    こうやってコピーを作ることだ。
三三三三)ミ,((^^彡ミ彡  /
三三三三 ((三三  6)彡//\  洗礼者ヨハネをはじめ何人かの聖人は遺体や頭が複数ある。
三三三∩三ミl三三  /ミ彡 /) |
三三三|彡ミ三l三 / \ / /、 |  はじめは疑念が持たれても、奇跡が報告されるようになると
三三三ヽ_)二 | ̄ ノ / ミl :l、\ どっちがオリジナルだかわからなくなり、同一視されていくようになるのだ。
三 /二 /ミ ‐v-― ´/ )ミ/ / /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
三/  ̄ /ミ   lミ   (_/ 三`´`´`´

745 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:39:01 ID:7z./5AVU


  , /ソヘヘ    また時として、無名の聖人の方が好都合な場合もある。
  ヽv=0=w`
   ( ゚∀゚)   フランドルのベルグェス・サン・ウィノックの移葬記によると、
   (|   |)    11世紀半ば、ベルグェスの修道士がイングランドのサセックス海岸に漂着し、
    |   |    付近でしばしば奇跡を起こす聖女レウィンナの噂を耳にしたそうだ。
   し` J


●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

             ____                     ミ /〉
         / ̄      `  、                  // 
       ,. ‐'            ` ー-、     人_     ミ//  
      /  / /    /   i       \   `Y´      //
     /  / /  / /    |   \  ',   _!_        //
     |  |  T ´厂 「`メ / i_」_    i   |    !       /,イ  _!_
人    |  |  |r坏テミリiイ/ / 「ノ `メ、  | | |          _///   !
'Y´   |  |  | トr:::リ  ∨ rテi{∨/  / |/リ       ///,イ                  /.:| z -――z___
.    /  ∧ ハ ゝ‐'    ハr:リイ/__ノ/        ノ//.ノリ  _!_              /∠.:.:.:.:.:.:.:. : : : :.:.:.:.:/
 * /  / .∧  ヽ    __ ' `'´ ハ   \      {〈/レレヘ}   !             /.:._:フ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<
 __/  / / ∧   ', {  ノ   .ハ \   \      | / ` /                 l/ \:::.:.\.:.:.:.\.:.:.:.:__>
´    / /⌒マi   ',.    _. ィ  \ \  \    |` ー-く   *            l z\ _メ`ーl-.::_\.::.:\
     __/::::::::::::i i  i` f´、::>'⌒::<ヽ ヽ   ヽ rへ _/                 }⊂⊃ ⊂⊃ V::::::::::::::::::::__>
-‐  /::::::::::::::::::::ノ  i   |.>r‐r|:::::レ-―┴'  ____,ノ |     〉 *              / ミ    彡  lヘ:| ):::::::::>
.  /:::,. ―‐' ´ -‐ ''   |::\女|::/     ,<  (  |     |__              ヽ、 、 -―っ ムニイ.:.:.__>
/ {:::::|  /´  ,. -―::く::\ Ⅴ::|     {:::::::>、`ー|     |、  \            r=>┬ェ―=-―-く⌒
  /:::::ハ  i.  (::::::―:::―::‐- !::∧     \:::::―`ー|ノ|从   |__ヽ  \           ト、`ry'´_.:.:.:.:.:.:.:./
                                                   人___||__,. -―‐く:)
                                                  / 〃〃∥      >、
                                                 /l.  〃〃 ||     /: : ',
                                                / :| 〃 ff.  |l     /: : : : :|
                                               /: : l__.||___l| /: : : : : :|

746 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:39:24 ID:7z./5AVU


修道士は金で買おうとするが断られて盗みに走る。
聖女本人が嫌がったのを懸命の祈りで説き伏せたり、船に乗り遅れたり、色々手違いが起きたり……
紆余曲折の冒険を経て、やっとのこと遺骨はベルグェスに収まったそうだ。


        _, -―――- 、    _ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:_>
      _〃          \_  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : :\
     /                 ヽl: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : l
.    /  /    〃  \     | /l: : : : : \ : : : : : : : : /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
    l  /  / / l{   ハ ヽl ヽ j∧!: :',ヽ: : : : : : : : : :./           `ヽ、
    |   l   l j 八_  リ>'7! ハ  jハ: :}ベヽ: : : : __,ノ    . : : : : : : : : : : : : : : ノ
    |   l  _l:ィ‐七「ヾ :/ィ丈イ ノリ X ヽ| ゝ ン∠ ___ _: : : : : : : : : : : : : : : : {‐ヽ、
    j/ .∧  :代::汀 ル' j_;ソ {'!:::了 ヽ  { ̄ ̄ ̄    \  ̄ ̄`ヽ、: : : : : : : : : : (
  / 厂弋  ヽゞ'´   ヽ   ノ|::::/\/  l>‐- _            ヽ: :
_/ /´::::::::::ハ   \  r 7 ィ ヽ、:::::: >‐′    ヽ ̄ : .
   {:: '⌒ヾ_ム.    ヽ≧r<∧  /二ヽ        ヽ: : : .
   /::::::::::::::::::::ヽ、   `ヽ ノ::::>'´_, ==、_う     .: : : : : :.\: : : .
.  /::::::::::::::::::::::::::::::>、   ヽ::l _ ー‐、ー'   .: : : : : : : : : : : `ー- 、: : : . .       /:
  j:::::::::::::::::::::::::::::/:::::: >‐/^>┤_,ィー‐' \ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : . .     /: :
 /:::::::::::::::::::::::::::/:::: / / /   | }.    . : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : .: : : : :/: : :
./:::::::::::::::::::::::::::/:::::/ / イ   ゝl    : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ヽ_ノ: : : :
::::::::::::::::,'::::::::::/:::::/    \_/|    : : : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■▼◆●▲■

748 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:39:48 ID:7z./5AVU


                 」ヽr‐-ゞ``viレヽ∧
              、-ミ' 人 `゙‐-' ''、 ´V__7
              __ゝ__,、-,z |二二ニ、__ヽ、ニく        が、イングランド側に聖レウィンセナに関する伝えは全く存在しない。
          ,ヘ_-‐ヾ〈 (、:´ //ヾl/  _/ノ、_‐-ゝ7       彼女が奉られていたと言う修道院は所在不明、
         f  へ「llノ\ヽ/';/';‐=二-7 ヾ,、l'´ヽ       サセックス地方で崇敬が行われていたという話すらない。
         ( (_:::フ-ヾi :): :{/、_ ノ /rュ/ ; V lヽ|     
          ヽっ(::レ=トゝ、」ヾ-'、` ̄,,_  ゙,  了_l、       同時期、ベルグェスは堂塔を新築している。
           / ,J i::)):::::::::::|'__ ヾ,'´´  ;   V、`,      まあ建築費捻出のため、信徒と巡礼の関心と布施を集めるべく
            ゝ_7、ヾ、l:::::::::::::ヽ、7   _  ;   !)」 ヽ     ゼロから話をデッチあげたのだろう。
 _         ´  丶ゝ、:::::::::::::,:_-‐ニフ'   :  /::、 \`'、
 } ヽ                lゝ、:::::::、`‐ ̄__;;    /:: ;  V、   盗掠合戦はこうした伝記作家の腕の見せ合いでもある。
 |  l             ヾ、ハ:::::::`:::´;; __   /::::  ; ; ; ヾ   この場合は文句を言う被害者は存在しないがな。
 ! ノ、                 liヘ::::::. ,´////>'::::::  _ -‐フ`
 i : }              l」`、\:.' ////:::::::;;/.....o..//
 i、:´ i ___┌‐-、           ヾ:::`:::::´:::::_:/....0.......// ,'
 l、:  V  }} 」._ |          i:ヽ:;;;┌l「l..................//
 ゝ 、/  へ」l_ `iノ、           l_:::::::::| | L....../::/
  >'´,, '/  }}ヽ=´ 7            「V-'\ヽ../:::::://
  )  _ ,,-‐へ \ .l            [l|...o...../:::::::::://
 ヽ´  ̄   }}\l .|          //'ゞ‐'´:::::::::::::::://



           l l /  i l   /  ヽ、  /
          l l'   V i  ./     iノ / l
.            l ! i   \. /   U l / .l 
.          ll j J   ^      ,ゝ .| 
           〉、        u  ,,.ヘ\ | もう何言われても驚かねえ……
            lヽ.ヽ、..,,__ v--‐''"::::::/ i | 
           ヽ ト、::::::::::::::}nヽ-、:::::_ノ /l | 
            \! `¨';::i´l::l U jノ´ ./ l::.l
           _/ Vヽ ゙、ヽ::!,.、' U f l:: \
          i´ そ ';、',  `゙ー'__.....、 i /::ヽ i ヽ、_
.           l/_,,...';:\ '"¨´__, ̄ ./::  ', lヽ--..,レ ̄ ̄ ̄
      _,,..,.ィ'¨´   ';::::ヽ `゙i  u /::    i l ヽ:::::::゙ヽ-
   ,. '´ _,,.. ´      ハ\:ヽ、 l.__ノ::      l l  i:::::::::::l
 /  '´  /     U l::::', \ ̄::::::   J  !    l::::::::::l
/ / _,.ノi        __l:::::ヽ  ヽ::::: u     `ー-/::::::::::!

751 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:43:41 ID:7z./5AVU


   l i: : : :\\ : : : : : : : : : : : : : //: : : ___ヽ:V
.  l ん : : : / /: : : : : : : : : : : : :└、 ヽ'´ >'"´:リ
   l { ,、 \/./:_: : : : _/: : : : : : : :/ >'" :_: : :/ ー、  /: 
..  LK: :`: ー- _¨ Y´ : : : :/ ィ,.ィ" __竺三-ミ : : : : l /: : :
  /´ヽ: : イ¨迂疋トミヽト-‐ '¨  ィ_´ 辷仄レ': : : : : :l /: : :/「
  \: ハ.:.`: :ヾ┴': : / }:.: : : : :.、: : `¨  ̄ ´: : : : : :// : : 〈 :}: 
.    V i.: : : : : : :// i:_:_: : : : : ヾ: : : : : : : : : : :.//: : : : :)リ:   ……ヘンリ、前々から思っていたが、
.    ヽi: : : : : : : : i. ,': : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : ://: : : :i:ノ: : :   やはり君のそういう穿った見方は感心しないね。
.      l:ヽ : : : : : : V : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : :.(: : :_;.ィ
     ヽ:_!: : : : : : :{ : : : : : :_: : : : : : : : : : : | l: : : : : l: ̄:/:::   大体君だってルイに負けそうになった時、
       ',: : : : : : :ヽ:ー'::::ノ: : : : : : : : : : :l l: : : : : i: : /::::::    私の祟りだと思って墓前で鞭打たれたじゃないか。
.        ハ: : : : :_/ヽヾ-" ‐- .._: : : : : : : :! l : : : : ;!: /:::::::::.
     _,,. -‐'; : : : r‐ 、`_´==‐- ニ): : : : :! l: : : :/ :/:::::::::::
 _.. -:::¨:::::::::::::ハ: : : ヽ       _.ノ: : : : : l l: : :/: :/:::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::'; : : : `¨: :´  ̄: : : : : : : : : :j !: / : /::::::::::::::::



         // / ///  / |   //
         ノ ∨///i/   l  /―'´ /
        ノ  レ ! |   | /  r‐''´
    r――'   ノ/  |    |  /
  /    r‐''´/ / /  / ) |ヽ /`ヽ
  /  i  /   L |/   /  /  | |ニ--、|
  |  ヽ、 ヽ    |   //   / / __ ノ
  L_   |\ ヽ  |  ヽ|  i / / / | V
    \/  ヽヽ  |  __\ |/ / / | ヽ
    /     \ |__/  | `|,./ ,.-'´ミ-ゝ
   /   r‐--i´`'´ヽ) / /´ / 彡ミ    うるさい上院議員ぶつけるぞ。
  r'   /| `'''-\ /// /-'  ミ彡//)|
  ヽ  | ヘ\   `´ / / ,.-ニヘヽ/)/ノヽ,_   そういうお前は大法官だった頃は
    |  | \-、_((( | /_,.=tラフ  Y//ヽ\\ 一皿1000シリングもする鰻料理を食うような
   人  ヽ ヽ\ゞゞ  | | `''''''´   |J |川川  クソ坊主だったろうが。
    `'ヽ | |    | /||        |ーヘ川リ
        ヽ  | |、       //: : |川                                           |~l~~|~i|
         ヽ  !_-フ       / /: : : :|                                          || i ill|
       /: ヽ r三ニ‐、  //: : : : ||                              まあまあ。  /)Д`; )
     /: : : : : ヽ ー―  //: : : : : /: |                                          |/     )
    /: : : :: : : : : ヽ,    '´‐': : : : : : /: : :ヽ                                      | | |
   /: : : : : : : : : :ヽ: ̄ ̄: : : : : : : :/: : : : : :|                                     (_(_)

754 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:45:28 ID:7z./5AVU
                                       .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                             |\___________/|
                                             | l∥∥∥∥∥l |
                                             | l∥∥∥∥∥l |
                                             | l∥∥∥∥∥l |
そういやお二人は以前法律がらみで仲違いしたって聞きましたけど、    |=i⌒\   /⌒i=|
一体何があったんすか?                              |=|    ヽ/   |=|
                                             |=|           |=|
                                             |=|~r-oュ ro-ュ~|=|
                                        ̄ ̄ ̄D)「ij   ̄ i  ̄  ij ]
                                       ヽ\,テ ̄ノ>    ^    <ト/^ゝ
  , /ソヘヘ                                 ゝー'ー'.(^_/|Y゙、ヽェェェェェフ /Y| ^^
  ヽv=0=w`  アレか……                             |! ヽ     /  i|___
  (( б;゚∀゚)                               . / ̄ ̄∧  \二/  ∧   /⌒\
        |)  正直あまり話したくないな。
    |   |                                   イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`;、
    し` J                                   ,': :゙`ー--――'´ rl
                               .              ト=、: : : : : : :r―=ニ!
まあその話は次回にしようか。                       l: :え>,; : 〈<え: : :<l
                                         ri: :●: : : : :●: : :::リ-、
それじゃあ次回、「ヘンリと学ぶ聖人崇敬」でまた会おう。      ⊂⊃: 、_;、_,: :⊂⊃: :6ノ
                                     /⌒ヽ__ ヘ: : : :ゝ._): : : : :/⌒i
                                     \ /  / 「>,、 __, イ-/  /
                               .        /  /:::::::::::r=|o='イ/ ヘ、_∧
                                      `ヽ<::::::::::::」! iニ」iLヾ___,,/

                                             __  __. ``   /
                                                ヽ     ヽ   <
                                               _ノ    _ノ     \

759 名前: ◆OkhT76nerU[] 投稿日:2011/06/24(金) 22:48:43 ID:7z./5AVU
今回はこれで終わりです。
盗掠譚は詳しく説明してないのがいくつかありますが、
どれもこれも大同小異なので省略しました。

それにしてもどの盗みも敬虔な信仰の表れとして誇らしげに書いてますね。
現代人からは想像しがたい感性や。


スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/08/28(日) 23:27:26|
  2. やる夫が獅子心王になるようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<やる夫が獅子心王になるようです 小ネタ「アブー・バクル」 | ホーム | やる夫が獅子心王になるようです 小ネタ「聖アンデレ伝」>>

コメント

大英博物館もキュー博物館も盗品であふれかえってるからな。
白人って盗みが仕事だと思い込んでる節がある。
下はシーチワワのような雑魚から上はイギリスの銀行協会まで
  1. 2012/03/05(月) 04:39:41 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

>>638
>イングランドに腐敗しなかったり芳香を放つ聖人の遺体が多いことと無関係ではあるまい。

気候の関係でミイラ化しやすいんじゃねーの?
日本も奥州藤原氏が3代にわたってミイラ化に成功してるし。
  1. 2012/03/05(月) 04:42:14 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

聖遺物を悪しき場所から「お助けする」って感覚なのかw
詐欺師と聖職者は紙一重だな。
  1. 2012/03/05(月) 07:05:52 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ゲヒ殿だらけだな〜
  1. 2013/05/10(金) 23:02:37 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

東洋の仏舎利信仰なんかと比べると中世ヨーロッパが如何に頭がおかしかったかが分かるな
  1. 2013/05/19(日) 22:16:40 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yromtm1059.blog117.fc2.com/tb.php/244-f684f855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。